RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mali Music「The Transition Of Mali」
THE-TRANSITION-OF-MAIL-album-artwork-2017-billboard-embed.jpg

デビューして瞬く間にR&B界に旋風を巻き起こした、Mali Musicの通算二作目となる『The Transition Of Mali』を御紹介。Mali Musicと言えばMiguelも所属するBystorm Entertainmentに所属している点と、やはりグラミー賞にノミネートされた1st『Mali Is...』が大絶賛されたのが記憶に新しいですね。しかしよくよく調べていると、あのAkon率いるKonvick Musicとも契約していた過去もあるそうで、本当に引く手数多な逸材だったのですね。前作もそうでしたがMali Musicはジャケットセンスが秀逸で、本作もジャケットだけで言えば年間順位で三指に入る出来映えかなと。
それでは誠に僭越ながら感想を書かせてもらいましょう・・・・・・まずは、昇る朝陽の眩さに眠った大地がゆっくりと目醒めるような、壮大オーガニックなミッド「Bow Out」。制作はHarmony "H-Money" SamuelsとMali Musicが共同で、Mali Musicのちょっぴり熱で灼けたようなヴォーカルが、このトラックにピッタリでじんわりとハートを温めて焦がしてくれます。冒頭のTake 6「Spread Love」のサンプリングの妙技がとてつもない切れ味を生み出している「Gonna Be Alright」、制作はSalaam Remiという事で納得の技術。あとはIke & Tina Turner「Cussin' And Carryin' On」も同時サンプリングし、はらはらと舞い散るような鍵盤音と乾いたシックなビートでキメて、Mali Musicの焦がしキャラメルみたいなほろ苦いヴォーカルが優しく鼓膜に溶ける美曲でグッド。Kortney "Mali Music" PollardとDernst "D'Mile" Emileが共同製作の「Loved By You」では、客演のJazmine Sullivanとの切なくも艶やかな共演が実現。男女がじれったい距離で重ねる吐息のように奏でられる柔らかなストリングスに、どちらもほんのりとビターなヴォーカルで共振しながらひらひら堕ちてゆくのが切なく素晴らしい。それこそポロポロと涙を零すようにアコースティックギターの弦音が溢れる「Cryin'」、制作はButta-N-Bizkitが担当。トラックは中盤で転調してHip Hop調ビートに砕けるのも面白いし、Mali Musicのどこかレゲエ風味にレイドバックした日暮れのようなヴォーカルが響きます。美しく旋回しながら熱を奔放に放出する「Dolla」はDernst "D'Mile" Emileが制作した、ピリリとスパイシーなトラックがWyclef Jean的なミッドで、これも焙煎されて黒光りするMali Musicのヴォーカルがばっちり似合っていて鼓膜が気持ち良くヒリつきます。満天の星空を眺めるような壮麗さがたまらないクラシカルなバラード「Still」、制作はMali MusicとDernst "D'Mile" Emileが共同で担当。ファルセット混じりにキラキラと歌い上げるMali Musicの、夜空を焦がすように昇る夜明けヴォーカルがまた静かに鮮やかでグッド。キーボードを打つようなカチカチ音に、強いアルコールで意識がトロトロと淡く揺れて歪曲するようなメロディが刺激的で艶っぽいスロウジャム「Contradiction」。レゲエテイストなこの曲は制作をSunnyが担当し、客演にはこれまでにない感じでJhene Aikoを起用しており、いつもより輪郭のキリッとした色香たちこめるパルファム声で妖しく支配。再びDernst "D'Mile" Emileが制作の「My Life」は野太く硬いビートが荒涼としたトラックを弾けさせ、嗄れた声でシャウトするMali Musicの焦がしキャラメルヴォーカルがビターで美味。粉雪が深々と舞う白銀のバラード「Sit Down For This」はPeter "Baxsta" Martinが制作、Seal風味なのが僕的には完璧に好み。雪景色を窓に見ながら暖炉に火を焼べたように、メラメラ煌々と響き鼓膜を温めるMali Musicのヴォーカルがなんとも優しく心地良い(溜息)。冷たい水の中を揺蕩うようなウォータリーなミッド「Worth It」はDJ Khalilが制作を担当、熱っぽいMali Musicのヴォーカルが水を浴びて熱を失い青く染まってゆくのがとても鮮烈で鼓膜を潤します。Mali Musicの出自を思わせる最もゴスペルチックな「I Will」はHarmony "H-Money" Samuelsが制作、H-Moneyらしい光に満ち溢れた透明感のある眩い美曲で、Mali Musicのそっと羽ばたく様に奔放なヴォーカルがまた素敵。最後はMali MusicとDernst "D'Mile" Emileが共同制作した「What You Done」、ゆったりと木漏れ日の下で転寝するようなトロミがなんだかドリーミーで気持ち良過ぎます。

本当にMali Music独特のR&Bに仕上がっていて唯一無二、前作よりも洗練されてサッパリとして聴き易かった印象も受けました。製作陣も僕の好きなProducerばかりなのでやはりツボ、とにかくMali Musicの焦がしキャラメルみたいな絶妙なほろ苦さの歌声に痺れるばかり。本作もグラミー賞にノミネートされ念願の獲得までしてしまうか、とっても楽しみですね。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Big Sean「I Decided.」
bigseanide.jpg

気難しい(?)Kanye Westにも認められたDetroit出身の急成長MC、Big Seanの通算四作目となる『I Decided.』を御紹介。これまで『Finally Famous』『Hall Of Fame』と立て続けに出していたんですが、僕の中では全く引っ掛からずに正直聴き流していたのがBig Sean。その評価を一気に180度変えさせられたのが3rdとなる『Dark Sky Paradise』で、ルックスと違わずに壮絶クールな仕上がりでその年の第三位に選出した程の個人的大逆転劇に脱帽でした。その3rdからおよそ二年ぶりとなる本作はやはり楽しみになっている自分がいましたし、Big Sean本人曰くあのAndre 3000に聴かせると“ひとつのラインも無駄にしていない”と褒められたと言うから俄然期待しちゃいます。
という訳で全体をじっくり聴いてみての感想を・・・・・・まず本作のExecutive ProducerにはBig SeanとKanye Westが名を連ね、Kanye West制作の楽曲こそ無いもののかなりの影響を受けているとBig Seanは話しています。まずはAmaire JohnsonとBig Seanが共同制作した「Light」は、サンプリングにEddie Kendricks「Intimate Friends」を使用した夜露のようなしっとりメロウ。ぼんやりと浮かぶ薄い月明かりのように、妖しくもしとやかに射し込む静寂トラックが綺麗。Big Seanのポツポツと呟くようなラップは長雨のようで、客演のJeremihの甘ったるい歌声はそれに揺れる草木のよう。Hitmaka(Yung Berg)とMetro Boominが共同制作した「Bounce Back」は酸があちこち溶かすように虫食う齲蝕トラックに、Big Seanの速度や発音の緻密で端正なラップがプログラミングされた様に繰り出されて、美しく整列した異様なバウンスを生み出しています(独特)。WondaGurl制作の「No Favors」では、同郷DetroitよりまさかのEminemが客演参加、静かに揺らめく水中にゆっくりと宝石が沈んでゆくような煌めきトラックに、流線形なのにキリリとしたBig Seanのラップと、Renegade常習犯のEminemが殺人ウイルスみたいなラップを蔓延させるのがやはり肝。暗闇の中で光を培養するように、ウジウジとサウンドが波立つのが鼓膜をゾワゾワさせる「Jump Out Window」はKey WaneとHey DJ Camperが共同で制作。少しずつ培養した光はBig Seanのネオンのようなラップと反応し、なんともいえない摩訶不思議な発光をして聴き手を幻惑してくれます(恍惚)。808 Mafiaが制作を担当した「Moves」は、仄暗い水の底から砂金を掬うように、キラキラとしてキメ細かなBig Seanのラップが品良くさらさらと輝くのがたまらなく美しいし中毒性も抜群(虜)。Amaire Johnsonが制作し恋人であるJhene Aikoが客演参加した、二人のTwenty88名義の「Same Time Pt. 1」は、真っ暗な浴室でピチャピチャと滴る雫の音色をエコーさせたようなトラックの中で、二人のクールでウェットなヴォーカルが官能的に絡み合うのがグッド。ドボドボと濁水を注ぎ込むような暗澹としたトラックの中で、Big Seanのラップの浄化作用で濁った部分と透明な部分がマーブ模様を彩る、DJ Mustard制作の「Owe Me」も病み付き度高い。「Halfway Off The Balcony」はAmaire Johnson制作で、妖しく歪んだ色で明るさを滲ませる明け方の夜空みたいなトラックで、Big Seanのカフェインみたくキリリと苦味のあるラップが輪郭を覚醒させるのが心地良い。「Voices in My Head / Stick To The Plan」はDJ DahiとMetro Boominが共同制作しており、どこか歪な美しさがたまらない深海魚チューンでやはり耳に残るのは確か。Amaire Johnsonが制作したメロウ「Sunday Morning Jetpack」では、客演に僕の大好物のThe-Dreamが参加。Big SeanとThe-Dreamのヴォーカルの溶け合いはまるで、夜空と朝焼けがほつれてゆくのを眺めるような美しさ。夜の静けさに胸の鼓動が浸透して甘い耳鳴りがするような、そんな甘美はメロウチューンで間違いなく本作のハイライト(昇天)。言葉を紙のように薄く研いで、ペラペラと捲り飛ばすようなBig Seanのラップがなんだかサクサクと鼓膜に刺さる「Inspire Me」。Detailが制作したトラックも黒薔薇のような色味でフローラルで芳しく、花弁を舞わせたようなBig Seanのラップの花吹雪でなんだかとてもエレガントで絢爛。Metro Boominが再び制作を担当した「Sacrifices」では17年を代表するMC三羽烏、Migosを客演に迎えて言葉の弾丸をバツバツと撃ちまくるのが痛快。最後を飾る「Bigger Than Me」は、客演にFlint Chozen ChoirとStarrahが参加。制作はRobGotBeatsとAmaire Johnsonが共同で担当しており、サンプリングにはSteve Jeffries, Tommy Blaize and Juliet Roberts「Get the Feelin'」を使用。真夜中と静寂と明け方の層のコントラストが描き出す紫やオレンジの混ざった鮮やかな一曲で素晴らしい。

うーーーん、結局はやっぱりBig Seanが男前だからこそ、このダークなサウンドも凛々しく端正に聴こえてしまう魔法が本作も発動しております(惚)。最初はスマートがゆえにあまり個性の無いように感じていたけれど、ここまでダウナーなトラックの中で御洒落に格好良く聴かせられるのは大したものです。ただBig Seanはラップのアクセルも自在で疾走感あるアッパーな曲もバッチリなので、そろそろそういう曲も聴きたいかも。最後に注文つけたけれどとにかくカッコイイ、Big Seanイコールスタイリッシュを公式化してしまいました。












テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Snoop Dogg「Neva Left」
snoop-dogg-neva-left.jpg

音楽だけでなく様々な話題を振りまく西海岸のレジェンド、Snoop Doggの通算十五作目となる『Neva Left』を御紹介。デビューからもう15作も出しているSnoop Dogg、昨年リリースされた前作『Coolaid』も本当にすこぶる快作で、年間Top10入りもギリギリまで迷ったほどでした。そんなSnoop Doggが一年ほどの短いスパンでまたまた新作をリリース、ジャケットの若かりし頃の殺気立って尖ったSnoop Doggが懐かしいですね(涙)。このジャケットから見ても分かる通り、本作の内容もなかなかデビュー当時のSnoop Doggを彷彿とさせるものになっているのです(予告)。
それではなんとも質素にはなりますが感想を書き書き・・・・・・まずは、煙を吐くようにモワンモワンと柔らかなトラックが充満して聴き手を包み込む「Neva Left」、製作はMike & Keysでサンプリングにはもはや大ネタのThe Charmels「As Long As I Got You」をネットリ使用。飾り気のないソウルフルで滑らかなトラックは地味ですが、だからこそ年季の入ったSnoop Doggの紫煙ラップがより美しく品良く際立ちます。客演にRick Rockを迎えた「Moment I Feared」は勿論Rick Rockが製作、これはもうシンプルに西海岸産のビヨンビヨン跳ねるトラックで水を得た魚状態のSnoop Doggがジャブジャブと泳ぐ快感。流れるように切れ目の無いなだらかなラップ運びで、不穏な空気を鼓膜まですんなり注いでくれます(痺)。サンプリングにA Tribe Called Quest「Check The Rhyemから、のQ-Tipの声ネタループを繰り出すだけで反則スレスレで興奮してしまう「Bacc In Da Day」は、J-Massiveが制作を担当。これも若い世代が単純にQ-Tipの声を挿したら薄っぺらいだろうけれど、同じ黄金期を歩んだSnoop Doggだからこそ(しかもどちらもラップが柔らかくも鋭い)の相乗効果。アメーバのように四方八方に変形するトラックも、西海岸ならではの変形エッジでかなりグッド。Dupriなる人物が制作した「Promise You This」は、沼地の様なグチョグチョしたサウンドの泥濘の中で、毒蛇のように冷徹に牙を剥くSnoop Doggがヒリヒリしてカッコイイ。Musik Majorxが制作した「Trash Bags」では客演にK Campが参加しており、K Camp世代が得意とする音色の沈殿気味なトラップ風トラックでのK Campのクリーミーなフックもナイスですし、Snoop Doggのそれを優しく撹拌してマーブル模様を描くようなラップも催眠効果抜群。無数の結晶が集まり固まったような鉱物系のトラックが硬く尖って輝く「Swivel」はRick Rock制作、客演にStresmaticを起用しブリザードのようにラップを突き立てます。Brody Brownが制作を担当した「Go On」が個人的にはナイスで、こういう星空を思わせるしとやかなトラッでは、夜風のようにウェットで流麗なSnoop Doggのラップがお似合いだし、客演のOctover Londonがなんとも滑らかな流星のようなファルセットな歌フックを光らせるのもナイス。刺々しいドラムスがあちこちに弾け飛び散る破片トラックがゾクゾクする「Big Mouth」は、西の大御所であるDJ Battlecatが制作を担当。かなりシンプルにザクザクとした音色を詰め込んだトラックの中で、若かりし頃のSnoop Doggの静かなる殺気が蘇っている一曲でハード。Dnyc3が制作を担当した「Toss It」では、Too $hortとNef The Pharohが客演参加。ゆっくりトロトロと弱火で煮込まれたGファンク仕込みのトラックも三十路にはたまらない感触ですし、そこにSnoop DoggとToo $hortのユルユル軟体なラップがトラックと鼓膜を這うのが超クール。水面に映る波紋のように広がってゆくトークボックス混じりの音色がなんともいえない哀愁を漂わせる「420 (Blaze Up)」、制作はDJ BattlecatとMars(1500 Or Nothin)が共同で担当。しなやかウェットな水煙チューンも滑らかで素晴らしいし、そこに客演でDevin The DudeとWiz Khalifaの朧三人衆で揃い踏み、うっすら透けるスモーキーで儚いラップを充満させる燻製メロウ。BADBADNOTGOODとKaytranadaが制作&客演した「Lavender (Nightfall Remix)」も、彼ららしい真夜中の空気感を纏ったサウンドがSnoop Doggの夜の静寂に似たラップにシンクロ。DJ Battlecatが制作した「Let Us Begin」では客演にKRS-One御大が登場、もう一語一音全てが弾丸のように鋭く破壊力抜群、相変わらず教鞭のごとくスパルタなラップをふるいます(殴打)。ビカビカに火花散らして研磨するような金属チックなトラックも秀逸で、燻し銀な両者のラップが骨の髄に響きます。Dr. Evo制作の「Mount Kushmore」では、RedmanにMethod Manの名コンビに加えて、B-Realまで引っ張り込むという念入りに火薬を搭載した大暴発チューン。シームレスに煙たく紡ぐSnoop Dogg、火を吐くRedman、鋭く八つ裂きにするB-Real、黒煙で支配し飲み込むMethod Manと、もう誰も止められない団体芸で息を呑むばかり。2nd『Tha Doggfather』収録曲をDJ Battlecatが焼き直しした「Vapors (DJ Battlecat Remix)」もやっぱり色褪せぬ格好良さが滲んでいて、じっくりと充満して絞め殺すような煙たいSnoop Doggのラップがイル。冒頭にKedrick LamarがSnoop Doggを讃える「Still Here」はトロピカル要素を足した爽やかなメロウで、こういう甘いトラックで聴くSnoop Doggのふわふわと柔らかなラップもグッド。客演参加のBig Bubの重厚なバリトン声でしっとり濃厚に仕上がっているシルキーソウルフルな「Love Around The World」はBig Bub制作、サンプリングにBrenda Lee Eager「When I'm With You」を使用し、大人なビターテイストでばっちりキメます。最後はJhalil BeatsとDon Cannonが共同制作した「Transition」で、殺人ウイルスのように細胞に侵入し破壊するようなメロディがビリビリとカッコイイ一曲(冒頭の語りはBiggieか?)。

あの頃のサウンドを引っ張り出しながらも、衰えは全く無いまま格好良さを顕示してみせるSnoop Doggの圧倒的現役感に頭が下がるばかり。やはり三十路過ぎた僕にはこういうGファンクサウンドの中でギラつくSnoop Doggは無条件に堪りませんね、全17曲のこれだけのボリュームなのに全く途中で飽きを来させないのも流石の腕前です。






テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Wale「Shine」
waleshine.jpg

ワシントンDC出身でナイジェリア南西部のヨルバ人系である、Waleの通算五作目となる『Shine』を御紹介。Rick Ross率いるMMGの実質二番手であると言えるWale、毎作きちんとカッコイイアルバムをドロップしてくれて流石です。本作のタイトルである『Shine』は、“Still Here Ignoring Negative Energy(ネガティヴなエネルギーは無視して今ここに立っている)”の略なんだそう。1st『Attention Deficit』2nd『Ambition』3rd『The Gifted』4th『The Album About Nothing』と、Waleは毎度と結構ジャケットが格好良くて好きなんですが、そういう意味では本作のジャケットはそこまで好きじゃない僕がいます(無駄口)。
さあ感想をちょこまかと書きたいなと思います・・・・・・まずは僕の大好きなCool & Dreが制作を担当した「Thank God」は、Donald Byrd「Wind Parade」をサンプリングした一曲でもうスタートでグッと来ます。花吹雪のように鮮やかに吹くトラックはとても華麗でソウルフル、音程も剛柔の質感も変幻自在に変えるWaleの汎用型フロウは万華鏡の様でこれまた秀麗(途中で聴こえるRotimiのヴォーカルも素敵)。Spinz Beatsが制作した風船のような音色がプカプカ浮かぶ「Running Back」では、なんだか久しぶりに感じるLil Wayneが客演参加。春の陽気のように誘われて花園に彷徨うようなトラックがなんだかドリーミーで、Waleのモゴモゴとした欠伸みたいなラップと、Lil Wayneのトロトロとした“春眠暁を覚えず”なラップが微睡んで響く一曲。Go GrizzlyとDreamlifeが共同制作した「Scarface Rozay Gotti」(これはあの三人のことなのか?)は、シャンパンゴールドでラグジュアリな宝飾ミッドで煌びやか、Waleのラップもスルスルと滑らかシルキーで歌うようなフックもお洒落。Major LazerにWizkid、Dua Lipaと豪華な客演陣が鮮やかに華を添える甘酸っぱいトロピカルなナンバー「My Love」(Back VocalにはEric Bellingerも参加)もやはり巧い、制作はDiploとThe Picard Brothersという事でここも鉄壁ですね。火照るように踊るWaleやWizkidの陽光ヴォーカルで鼓膜は疼き焦がれて、そこにDua Lipaの波しぶきのような涼しいヴォーカルが跳ねて火照りを鎮めてくれるのがまた気持ち良い、これはもう客演の妙でもあるけれどそれを乗りこなすWaleも器用。乾いたビートがパキパキとへし折れる様に鳴り土煙舞う土着アフロなトラックがなんともファンキーで格好良い「Fashion Week」、制作はChristian RichでサンプリングにKenna「Kharma Is Coming」を使用。竹細工のようにしなって打つビートと踊るWaleのラップに、伊達男G-Eazyを客演に迎えて彼もまた鋭く尖ったラップで鼓膜をくすぐってくるのが痛快クール。Don Cannonが制作を担当した「Colombia Heights (Te Llamo)」ではJ Balvinが客演参加、透き通った水の中にゆっくりと静かに沈んでゆくようなトラックはなかなか深遠で、その中で自由に泳ぐ金魚のようなWaleのライムがなんだか幻想的で美しいアクアリウムチューンでクール。Maxwell「Till The Cops Come Knockin」をネタ使いしているだけでも興奮モノの「CC White」はCedとDreamlifeが共同制作、優しくてなだらかなトラックの中でWaleのラップが空を切っては溶けるバターみたく鼓膜に甘さを残すのが美味。「Mathematics」はKane Beatzが制作を担当したシリアスな一曲で、石の礫のように硬く尖ったWaleのラップが静かに降ります。Nez & Rioが制作した「Fish N Grits」ではTravis Scottが客演で参加、WaleもカッコイイんですがこれはやはりTravis Scottが自由に滑空できるように闇を生み出し、言葉の黒い翼を闇にバサバサと羽ばたかせるのを聴くのみ(不気味)。Marce Reazonが制作し、客演にDavidoとOlamideが揃って参加した「Fine Girl」は、沈む太陽のオレンジと微熱をキラキラと散りばめた様なサンセット美曲。Super Miles制作でYuna「Lullabies (Adventure Club Remix)」をサンプリングした「Heaven On Earth」では、客演にChris Brownが参加。やはりどこかトロピカル風味なトラックにWaleのラップと、相変わらずキラキラとして甘酸っぱいChris Brownのヴォーカルが混じって喉越し抜群のカクテルチューンに仕上がっています。Michael Jackson「P.Y.T. (Pretty Young Thing)」とMarvin Gaye「Sexual Healing」をダブルサンプリングした反則スレスレの「My PYT」はThe Dope Boyz制作、フルーツをぎゅっと絞ったような果肉食感の残るトラックがフルーティで甘美。Lee Majorが制作の「DNA」は途中で入るドラムブレイクなんかにオールドスクールを感じるし、空を眺めるように弧を描くWaleの歌う様なフロウがなんだか心地良い。それよりももっとオールドスクールにビートを撒き散らす、Pro Reeseが制作の「Smile」で、客演にはPhil Adeと愛娘Zyla Moonが参加。Marvin Gaye「I Wanna Be Where You Are」をネタ使いしたトラックはクラシカルな美しさがキラリ光っていて、まるで花束を握りしめ踊るように微笑ましく温かなWaleのラップも優しく沁みます。

結構、歌ネタモノな楽曲が多いのでR&B好きも素直に楽しめそうな一枚。考えるとMMGに加入する前の1stに近いポップな感覚の一枚で、Waleの振り幅の大きさを再確認することが出来ます。ハードなのもソフトなのも難なく(違和感無く)やれてしまう汎用型のWaleなので、良い意味で全方位守備な手堅いアルバムに仕上がっていると思います。








テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Big Boi「Boomiverse」
ce4997a0-e384-4c40-982a-4a8da2469bfd.jpg

Atlantaをラップの聖地にした張本人、Outkastの片割れであるBig Boiの通算三作目となる『Boomiverse』を御紹介。どちらかと言えばOutkastというとAndre 3000のイメージが強い気もしますが、芸術家なAndre 3000に比べてBig Boiはそれこそ客演なども多くて仕事人といったイメージ。Outkastとしての活動も最近は少なくなり、すると意外にもBig Boiの方がソロ活動を早速と開始し、1st『Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty』2nd『Vicious Lies and Dangerous Rumors 』と立て続けに良作を発表しております。特に最近では2ndで組んだPhantogramと本格的にグループを組み、Big Gramsと名乗ってEPまでリリースしていました。そんな感じで今なお走り続けるBig Boiのおよそ五年ぶりとなる新作、宇宙を思わせるジャケットがなんだかOutkastの延長線上にある気がして良い。
それでは怯まずに感想をババッと書いてしまいますと・・・・・・まずは同胞であるOrganized Noizeが制作を担当し、Big Rubeが客演に参加した「Da Next Day」で幕開け。大振りなストリングスのスイングの中で、バツバツと叩くビートは宇宙で起こるビッグバンのようで、電撃のように走るBig Boiのラップが体を突き抜けるのが痛快なアッパー。ここ日本でも話題になった(?)初音ミクの声をサンプリングした「Kill Jill」、制作はBig BoiとOrganized Noize、Young Caliが共同で担当。ダークなトラックの中でひらひらと切り刻まれた初音ミクのヴォーカルは夜桜が散る様な情景で、その中で客演のKiller MikeとJeezyの甲冑装備の強靭で鋭利なラップが空を裂くのはかなりカッコイイけれど、どうしても初音ミクの声が聴こえるとゲンナリするのは僕だけでしょうか(笑)。ScarにSleepy BrownというBig Boi率いるPurple Ribbon軍に加えて、Maroon 5のAdam Levineまで招聘するという豪華さにヨダレが止まらない「Mic Jack」はDJ DahiとDJ Khalilが共同制作。ベッタリとした電光がピカピカと明滅するSFチックなトラックはディスコ風味で軽快でいいし、だからこそBig Boiの流星のように滑らかで一瞬に駆け抜けるラップがクールに冴え、Adam Levineのスウィートでいて洒脱な歌フックも素敵。Cory MoにTM 88、Organized Noizeの濃厚な面子が共同制作した「In The South」では、Gucci Maneに加えて今は亡きPimp Cを客演で迎え濃厚そのもの。そのものズバリ南部仕様な泥臭くて重厚なトラックで肉弾戦よろしく三者が戯れるのが最高にホット。ちょっぴりスロー気味にラップを煙らせるGucci ManeとPimp Cを煙幕にして、Big Boiが10万ボルトのラップを走らせるのが痛快。ゆらゆらと揺れるトラックがリキュールのように心地良いほろ酔い気分にさせてくれるミッド「Order Of Operations」は、最近また復調気味のScott Storch(Co制作にDiego Ave)が制作を担当。本当にしっとりと滴るようなまろやかなトラックでも、Big Boiの速射式のラップが乗っかると炭酸のようにアクセントが出来てとても綺麗で美味。Dr. LukeとCirkutが共同制作した「All Night」なんかは、どこかの酒場で陽気に弾き鳴らすようなオルガンに乗っかって、珍しくヘベレケ気味にラップを飛び散らす(でも撃ち所はもちろん正確)Big Boiが面白い。客演にSnoop Doggを迎えて、ゴボゴボと波に飲まれるようなG-Funk風味なトラックで燻し銀に暴れる「Get Wit It」はOrganized Noizeが制作を担当。これはもうSnoop DoggありきなんだけれどBig Boiは全く喰われないし、Snoop Doggの脱力しながらも殺気を放つラップに対比し、バチバチと電撃を繰り出すのがカッコイイ。デビューが待たれる(本当にいつなんだろうか)Eric Bellingerを客演に迎えた「Overthunk」はOrganized Noizeが制作、どこかTVゲームっぽいチープな電子音がピコポコと鳴るSF趣味なトラックに、光線銃のようにピュンピュンと鼓膜を突き抜けるBig Boiのラップが超クール。本作で最もお気に入りなのはやはり、Trozeを客演に招いたJake Troth制作のエレクトロファンクな「Chocolate」で決まり。ボムボムと跳ね回す野太いビートはエレクトロなのにアフリカンで血湧き肉踊るし、そのビートに合わせて暗闇の中で鮮烈な光で放電しまくるBig Boiがまた眩くて眩暈して感電死してしまいます(鳥肌)。Siege MonstrocityとBeat Butchaが共同制作した「Made Man」では、Killer MikeとKuruptという通好みな客演にまず痺れる。これは魔界侵略でのSEみたいなトラックがなんとも安っぽいんだけれども、やはり役者の巧さでガッチリ引き締まっている一曲。Ian Kirkpatrickが制作した「Freakanomics」がなんとも妙味で、フランス映画に挿入されるようなメロディをぶつ切りにして捏ねたような不思議なコラージュチューンで、この継ぎ接ぎ感がBig Boiの速射式のラップのミシン目と見事にマッチしていて綺麗。最後はCurren$yとKiller Mikeを客演に迎えた「Follow Deez」で幕切れなのですが、これがなんとあのMannie Freshが制作という嬉しい驚き。いかにもMannie Freshらしい鼓膜がヒリヒリする程にスパイシーなトラックは依存度が高く、Curren$yがかろうじてクルーミーさを加えてBig BoiとKiller Mikeのパンチのあるラップ(とMannie Freshのトラック)をまろやかにしています。

あれ、おかしいな、元々はあまり好きでないなと思って辛口な感想になるかなと思っていたけれど、案外このアルバムが好きなんだと思ってしまう僕がいました(驚)。なんだか客演やらトラックやらが、Big Boiとチグハグしている気がして違和感を覚えていた筈が、慣れると“相変わらずBig Boiは自由に音楽で遊んでいるな”とにやついている自分。まあしかし、それもこれもやはりBig Boiがなによりラップ巧者だからという理由に尽きるのですが。とにかく「Chocolate」の格好良さが半端じゃなく、この一曲だけ聴きたくて買っても損はしないってぐらい。








テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Brian McKnight「Genesis」
brinmc-genesis.jpg

R&B界屈指のバラードの名手、Brian McKnightの通算十四作目となる『Genesis』を御紹介。御年48歳となるBrian McKnightですがいまだにその制作意欲は衰えず、本作も前作『Better』からおよそ一年という短いスパンでのリリースは嬉しい限り。僕の今のR&B好きの原点はやはりこのBrian McKnightにあると言ってもけして過言ではないですし、今でもとても大好きなシンガーの一人です。年齢を重ねた今でもまだまだこれだけ甘い歌声と端正なルックスを維持してくれているのも嬉しいし、そうでないとこのBrian McKnightのドアップ顔ジャケットは成立しませんね。
さあさあ、中身を聴いて感想を書こうじゃありませんか・・・・・・まず本作に関しては絶対に書かないといけない重要な点が製作陣、当然Brian McKnight(以降はBMと省略表記)がソングライト&制作しているのですが、制作にはもう一人が関与しているのです。それはあのTim Kellyでして、あの名コンビTim & Bobの片割れで御座います。そのBMとTim Kellyが組んで制作した楽曲から触れます、全12曲の中で半分の6曲がそうなのです。まずは、そっと夜が更けて月光が射すように淑やかなトラックがクールでスムースな「Genesis (Prelude)」、もうここからしてBMの円熟したセクシー過ぎるヴォーカルがしっとり鼓膜を包み込んで滑らか。多重録音されたフックなんかも月の煌めきの様でなんだか神秘的で、とにかく静かに惹き込まれます。これぞBM製なピアノ鍵盤の音色でもう胸がきゅっと締め付けられる「I Want U」、もうこの曲が流れた途端に僕は涙を零しそうになったほど(溜息)。ほんの少しずつ明度と温度を上げてゆく美しい朝焼けのようなスロウで、そんなトラックの緩やかな温もりに触れてBMのヴォーカルが朝露のように凛として響くのです。満天の星空のように瞬くキラキラした星屑サウンドに鼓膜が眩む天体観測スロウ「10 Million Stars」は、恋人が星空の下で愛を囁くように、言葉は白い吐息に変わり、そのまま星屑となって、BMのしっとりしたヴォーカルがこういうロマンチックなトラックをシンプルに彩ります(幻想的)。やはりBM産のこの切ないピアノ鍵盤の音色でハートを撃ち抜かれてしまう純朴バラード「Don't Leave」、素晴らしいと思わず叫んでしまったぐらいに素敵(鳥肌)。過去と現在とこれからの未来、それぞれの一秒一秒を糸で紡ぐような鍵盤音に、BMの清廉として優しく祈るようなヴォーカルが深々と響くだけで心が洗われるのです(感涙)。本作でも唯一(これまでのBM作品を振り返ってみても珍しい)低いヴォーカルレンジで歌い上げる「So Damn Real」は、ちょっぴりビターなブラック珈琲のように香ばしくてそれも美味。冒頭の楽曲をそのままに引き継ぐ〆曲「Genesis」は、ちょっぴりスリリングでロマンチックな月夜の下で夜通し、華奢な女性の体を抱き締め愛し合うような静かな情動ミッドでやはり綺麗。とここまでがBMとTim Kellyの共同制作の楽曲で、あとの半分は面子こそ同じですが違っています。Tim Kellyが単独で制作を担当した「Hungry 4 U」は、まるでネオンのように妖しく光る電子的なサウンドがなかなかダークでエッジーな深夜チューン。最近ではこういうメタリックでソリッドなトラックは少ないから痺れるし、若作りと思われるかもだけど毎作とこういうエッヂの効いたトラックもそつなく混ぜ込んでくるBMが大好き。愛することでしか到達できない天上へと昇天し遊泳するような、どこまでも神々しく瑞々しい光芒ミッド「Forever」はBMとその息子のB McKnight Jr.が共同制作。これはある意味では無味無臭になりがちな透明なポップバラードなんだけれど、そこはBMの澄み切った歌声が綺麗な天然水のように湧き出て稀少価値を生み出しているのです。フワフワとして鼓膜が浮いてしまうほどの柔らかさながらも、正確無比に聴き手の切なさのツボを突いてくるのが憎い「UDONTHAV2BLONELYNOMO」はTim Kellyが単独制作。遠い彼方の宇宙で星が瞬くのを思わせるシンセの点滅がなんだか壮大で、BMの色気たっぷりな歌声が舞い上がるように響くのが、女性を抱いてゆっくり揺れて昇天するような感覚に陥るのです。これぞBM流奥義ともいえる永遠の輝きに包まれるプラチナ製バラード「Everything」、これはBrian McKnightが単独で制作ということで納得。BMの清らかな歌声をただただ聴いているだけで、愛し合う二人の人生の一頁一頁を捲るような、そんな場面が鼓膜に映写される極上の純愛映画のようなバラードなのです(感動)。BMとB McKnight Jr.が共同制作した「Die For Your Love」は、彼らが組んだ時によく聴かせるエレキギターの弦音も響く静かに悶えるミッド。折り目正しい端正なヴォーカルが響き踊るドレスコード付きのトラックに、結んでいたタイをスルリとほどくような艶っぽくセクシーエレガントなBMの歌声に失神寸前(骨抜)。レトロソウル回帰したBM単独制作の「Blow Your Mind」も、やはり品のある紳士なBMだからこそのスマートさが聴いていて心地良い。

もはや伝統工芸の域に達したバラードの数々、ここ最近は息子らと制作したりしてなかなか若く尖ったR&Bをやっていた感があるけれど、そういう意味では今作は原点回帰したように純正のBrian McKnight節を搭載してくれていて嬉しい限り。しかし、この正統派クラシカルで上質なトラック群を支えたのは、やはりTim Kelly無くしては実現できなかったと思います。90年代のR&B黄金期を支えた鉄人二人が組んだ事によって響いた極上のハーモニー、やっぱり三十路には沁みますね(墨付)。






テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Cody ChesnuTT「My Love Divine Degree」
my_love_divine_degree_-_web_2.jpg

作曲から演奏まで全てこなす本物のソウルシンガー、Cody ChesnuTTの通算四作目となる『My Love Divine Degree』を御紹介。Cody ChesnuTTに関しては前作となる『Landing On A Hundred』である程度触れているし、それ以上のことは今でも知らないので説明が出来ません(苦笑)。その前作がなかなか僕のツボを突いていたものですから、しれっとこの新作が出ているのを知った時に速攻で買っておりました。このイラストによるジャケットが恰好良いし、前作のジャケットも僕は好きだったので、こういうジャケットセンスもCody ChesnuTTは高得点です。
それでは甚だ簡単ではありますが感想書かせてください・・・・・・まず本作の全曲のソングライトと演奏をCody ChesnuTTが行っており、制作に関してはCody ChesnuTT当人とAnthony "Twilite Tone" Khanが共同で担当している様ですね。まずは、昼下がりの陽気に誘われて木陰でウトウトとしながら、鼻先を野花の香りがくすぐるようなほろ甘いトラックとヴォーカルが素敵な「Anything Can Hapen」が、とっても短いながらもハートをほぐしてくれて凄く良い。地を蹴って踊るような躍動感溢れる土埃立つ原生ファンクチューン「Africa The Future」も、尖った弦音に無骨なビートがぶつかっていてバキバキで格好良い。Cody ChesnuTTのヴォーカルもしなやかにして強靭で縦横無尽、トラックに負けずと美しく野生的に暴れていてそれがとてもグッド(痺)。カラカラに乾いた風を絡ませて走るCody ChesnuTTの微熱混じりなヴォーカルが眩いアッパー「She Ran Away」、レトロなトラックに乗せてトラックはキラキラと照り返しが強く眩しいのだけれど、Cody ChesnuTTの爽やかな風のような歌声が優しく吹き抜け、中盤からのファルセットによるスロウダウンで夕間暮れを迎えるのも小粋。あのRaphael SaadiqをBass客演に招いた(個人的にはコレ狙いで購入した)「Bullets In The Street And Blood」は、やはりRaphael Saadiq関与らしいレトロなセピア色のメロディが淡く綺麗で、澄んだ青空に浮かんで風に流れる雲のような、和やかなサウンド&ヴォーカルがなんとも心地良い(溜息)。しかし、終盤では直角ビートを突き立ててHip Hop風味にするという隠し味も準備していて、こういう技巧に鳥肌が立ったり。冬の朝の陽射しが冷たさを溶かすように、温かみがかじかむ指先までじんわりと伝わり溢れてゆくメロウ「So Sad To See (A Lost Generation)」も文句無しに素晴らしく、その冷たい空気を震わせて差し込む陽光のようなCody ChesnuTTの煌びやかな歌声は神懸かり。陽の光が燦々と降る情景をそのまま音色にしたように、きめ細かな光の粒が積もる「Always Sebrena」は、木漏れ日の中を耳を澄まして鳥や風の音を聴きながら散歩するように、そっと優しく響くCody ChesnuTTのボタニカルな歌声がハートに浸透します。僕的にCody ChesnuTTっぽいなと思ったのがガツンとファンキーに吠える「Make A Better Man」で、たまにこういう率直に生演奏に体を揺らす曲も聴きたい。ズタズタ叩くドラムス、旧車のエンジンが火を吹くようなビンテージダメージなトラックが燻し銀な「I Stay Ready」も、やっぱりCody ChesnuTTの良い意味で錆び付いたような風合いの鈍色のヴォーカルが美しいのです(痺)。古めかしくありながらどこかフューチャリスティックにも感じるエッヂーアッパー「Image Of Love」、硬質ドラムスに共鳴しながら金属的に響くCody ChesnuTTのアルコール含んだような熱いヴォーカル、これはCody ChesnuTT流儀のディスコファンクだと思います(勝手)。電子音も交えながらちょっぴりサイケな光線も交錯する「It's In The Love」も、幾重にも重ねられたヴォーカルがまるでプリズムのように色を変化させるのがまた美しい。もう大自然の中で沐浴するように、アコースティックギターの純朴な音色と天然水のようなCody ChesnuTTの歌声を飲み干すだけの無添加ミッド「This Green Leaf」も美味。オレンジに輝く太陽を閉じ込めて、そのまま蜜にしたような甘美なネオソウル風味の「Peace (Side By Side)」もなんとも甘美で、琥珀のような輝きとまろやかさを放つCody ChesnuTTのヴォーカルがまたなんとも綺麗。ぐしょぐしょに濡れた心も爽やかさらりと乾いてしまうレゲエ風味の速乾ミッド「Shine On The Mic」、これを聴くだけでまるで虹が架かるのが聴こえます。陽だまりの中で光とじゃれあう様な高触媒ブルージーな(Raphael Saadiq客演)「Have You Anything From The Lord Today」も温かで、Cody ChesnuTTの焙煎されたビターな歌声が心地良くハートに響くのが沁みます(涙)。

僕はあまり音楽に詳しくないし米国に詳しくもなく、どこの地域やスタジオがどういった気候で録音できるとか知りませんが、とにかくこのアルバムからはからっとして温かく乾いた空気を、トラックからもCody ChesnuTTのヴォーカルからも始終感じることができます。正に形容するならば、“天日干しソウル”とでも称すべき名盤で御座います(意味不明)。現行のR&Bのトレンドはやはり沈鬱としたというか、光の届かない影のようなサウンドが際立っていて(それも無論嫌いではないけれど)、だからこそCody ChesnuTTの本作のような日向ぼっこばりに陽が注ぐ作品が際立って、ハートを揺さぶってくれます。






テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

6lack「Free 6lack」
6lack-free-6lack.jpg

Atlanta出身の新進気鋭の若手SSW、6lackの記念すべきデビューアルバム『Free 6lack』を御紹介。本当に次から次へと才能あるアーティストを輩出しているAtlanta、そこからまた新たに登場したのが“6lack”と書いて“ブラック“と読ませる彼。新進気鋭だの若手だのと書きましたがそのキャリアはなかなか長く、彼曰く“ここまでくるのに8年かかった“とインタビュー記事もあったけ。その昔はフリースタイルラップなども得意としてラッパーだった6lackは、ある時期から歌唱に目醒めてシフトチェンジ。とあるレーベルにも所属していたらしいのですが、あまり自由にやらせてもらえず、結構苦労したのだそう。彼のトレードマークが熊らしく、そんな経緯から彼が立ち上げたサイトには檻に入れられた熊のマークがあったり。現在はLVRNなるレーベルと契約をした6lack、ここはあのRauryが所属しているという事でアーティストの尊厳は守られそう。
とまあ四方山話はこの辺で済ませて本題に・・・・・・まずはFWDSLXSHにMDS、Alex Leone、そしてFrank Dukesが共同制作した「Never Know」で幕開け。地下水脈を思わせる暗澹と雫の滴りのようなトラックの中で、6lackのヴォーカルがじんわりとトラックという大地に滲み込んでゆき地下水のように広がり響く一曲。仄暗い洞窟トラックの中で蠢くような6lackの歌声がひんやりと冷たく響き渡る「Rules」、制作はSyk SenseとOZ Singawdが共同で担当しております。サンプリングネタにはAqua Nebula Oscillator「Shadow Knows」を使用し、このボタボタと黒インキを滴らせたようなビート勝ちのトラックの中で、幾重にも屈折しながら浸食する6lackの皆既日食のようなヴォーカルがクール。Forest Swords「Irby Tremor」をサンプリングに用いた「Prblms」は、Novaなる人物が制作を担当。まるでモノクロ映画のスローモーションを観るようなトラックに、ヒューヒューと金切り声のように吹く隙間風のような音色と、6lackの光をモグモグと咀嚼するように繰り出すラップシンギングがやはり皆既日食のよう。ジメジメした質感の中で菌を培養するようなメロウ(けして悪口ではない)「Free」、制作はNovaとSingawdが共同で担当しており、そんな湿度の高いトラックの中でモヤモヤと広がる6lackのヴォーカルは、まるで美しくも危険な毒の花の香り。SingawdとRabitschが共同制作した「Learn Ya」はどんよりとした曇天のように重たくて色味も枯れ果てて、6lackの遠雷のように鈍く光り響くヴォーカルが胸にゆっくりと沈殿するのが中毒性高い一曲。VHSのように色褪せてピリピリとノイズのようなビートが被さる「Mtfu」はFWDSLXSHとBizness Boiが共同制作、それこそ6lackの少し色褪せたような柔らかなヴォーカルもVHSみたいな質感で、だからこその独特なノスタルジアが滲んでいるのが肝かと。Singawdが制作を担当した「Luving U」は、くらりくらりと揺れるような痛みを静かに和らげ鎮静させるようなアスピリンスロウで、鎮痛作用のある錠剤のように意識の中で崩壊して溶けてゆき、幾重にも輪郭をぼやけさせて滲む6lackのヴォーカルがまるで愛すべき眩暈のよう(耽溺)。雨上がりの海辺のように、まったりと湿っぽい空気が鼓膜を撫でるのが心地良い「Gettin' Old」はIsaacが制作を担当。濡れた光がしなやかに包み込む情景のように、凛として優しく透けて広がる6lackのヴォーカルに浸るのみです(感動)。秋風に吹かれる落葉のように、ピアノ鍵盤音がはらはらと流れて落ちるバラード「Worst Luck」はJakob RabitschにJT Gagarin、Singawd、Childish Major、Roofeeo、Karl Rubin、Take A Daytrip、そして6lackが共同制作。6lackのヴォーカルも涙に滲んだようなヴォーカルが揺れる様はまるで、冷たい風に吹かれた樹々と葉が揺れてざわざわと鳴るみたいで寂しく切ない。6lackが少しラップ気味に早く歌い上げる「Ex Calling」も、ピアノ鍵盤のヒビ入るような冷たく尖った音色が印象的なバラード。制作はDZLとSouthsideが共同で行っており、サンプリングにFuture「Perkys Calling」を使用して話題になっていまして、6lackが沈鬱なラップの名手であることも証明。最後を飾るのはJakob RabitschにSingawd、Dot Da Genius(!)に6lackが共同制作した二曲使いの「Alone / EA6」。The Weeknd的なあの影が動いては消えるような漆黒チューンで、その中で微かにフラッシュのように瞬く6lackの曇った歌声が美しく散るのが素敵。

VHS的な少し縒れた映像を思わせるノスタルジックなサウンドがなかなか美味で、6lackのヴォーカルはどことなくFrank Oceanにも似た感触で、彼をもっとモノクロ調にしたような感触。最初はなんだか暗くてあまり聴いていなかったんだけれど、聴くうちに6lackのヴォーカルが持つノスタルジックな微熱を感じて、近頃はなかなか乙に思っております。もう少し先に振り返ると、もっと良さが分かりそうな予感あり。








テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil Yachty「Teenage Emotions」
yachtyteenage.jpg

Atlanta出身の21歳の新世代MC、Lil Yachtyの記念すべきデビューアルバム『Teenage Emotions』を御紹介。Lil Yachtyといえばやはり登竜門“XXL Freshman Class”で2016年に選出された若きMC、そのビーズを編み込んだ赤髪とファッションでも人気と注目をかっ攫った感が強いです。実際にファッション界でも注目を浴びており、Kanye West主催の“Yeezy Season 3”ではモデルを務め、自身が好んで着続けていたスポーツウェアブランド"Nautica”のクリエイティブディレクターにも就任し、コラボコレクションのリリースを発表するなど大忙し。その反面、熱心なRapファンから“Lil Yachtyはラッパーじゃない”などの批判を食らうなど、とにかく話題に事欠かない若者です。しかしそんなのもどこ吹く風といったLil Yachty、デビューアルバムとなる本作『Teenage Emotions』のジャケットでは様々な人種やマイノリティと共に笑顔で写る、とてもピースフルな写真が微笑ましいです。
とまあこんな感じで感想に移りたいと思いますね・・・・・・まずはD33Jが制作を担当した「Like A Star」で幕開け、もうここからしてLil Yachty世界が緩やかに爆発します。誰もいない真夜中の遊園地にそっと忍び込んで、メリーゴーランドだけ明々と点けて動かしたようなメルヘンなトラックが柔らか。Lil Yachtyのヘロヘロと高低を変えながら巡るヴォーカルもまるで回転木馬、光の筋を残しながら流れてゆくのが幻想的。一転してなかなかハードな荒く削り尖らせたラップをゴツゴツした感触で聴かせる「DN Freestyle」はDigital Nasが制作、トラック自体もシンプルでキリキリと金属的な音色が谺しビートが弾けるという作りに、Lil Yachtyのマーブル模様に渦巻くラップが催眠効果を伴い聴き手を魅了する一曲。今のトレンドを作り上げた客演のMigosと共に、俗にいう三連符でラップを繰り出す「Peek A Boo」はRicky Racksが制作。耳鳴りのように遠くで膨張と収縮を繰り返すアメーバみたいなトラックはやはりシンプルで、だからこそMigosプラスLil Yatchyのマイクバトンの淡々としたリズムを楽しめる一曲。多面的な光の構築で彩られたステンドグラスみたいなトラック「Dirty Mouth」は30rocが制作を担当、シンプルにラップを吐き出し繰り出すLil Yachtyもなかなかクールでカッコイイ。ヘリウムガスを入れたカラフルな無数のカラフルな風船がふわふわと飛んでゆくように、軽やかエアリーなLil Yatchyのラップが響いては消える「Harley」はK Swishaが制作を担当し、このなんともいえないアホウドリの鳴く様にラップするLil Yachtyが愛し易い(笑)。まるで金平糖のように粒々して綺麗なメロディーとビートがやはり甘くて美味な「All Around Me」、制作はLex Lugerが担当しております。トラックとホイップクリームのようなLil Yachtyのモコモコしたラップがなんとも甘ったるくも、客演にはKamaiyahとYGを揃えていることでただただ甘いのではなく、きっちりほろ苦さもあったりと巧い。どこまでもふわふわとしてドリーミーなLil Yatchyの綿飴のようなラップが漂うのに、鼓膜を委ねてフワフワして弾むのみの「Say My Name」はBL$$DとReefer Alstonが共同制作、こういう可愛いトラックでもポップで甘美に着こなすLil Yachtyの面白さ。メープルシロップみたいにとろっと甘く、黄金色に輝くラップで鼓膜をコーティングするLil Yatchyに鼓膜が虫歯になってしまいそうなメルヘンメロウ「All You Had To Say」はEarlが制作。夕暮れに染まる海を小さなボートを漕いで進むような夕涼みトロピカルミッド「Better」、制作はThe Stereotypesで客演にはSteflon Donが参加。こういう海辺で揺蕩うようなトラックでもLil Yatchyの魅力は爆発していて、なんだか波音のような揺らぎを施した彼のヴォーカルがすべてを泳がせて洗い流します。Diploが制作&客演参加の「Forever Young」は、Lil Yachtyのラップが速度と音程をを変幻自在に操り、まるで白い水飛沫を上げて反射し輝く波打ち際のような美しさが弾けるのも良いし、トラックも長閑にレイドバックして水面のように揺れるのが心地いいのです。たっぷりと蜂蜜をかけたようにトロトロと甘く輝く金色のミッド「Lady In Yellow」、WondaGurlが制作したこの曲は本作中でも最も僕のお気に入り(悶絶)。これはLil Yatchyの色気が楽しめる艶美なハニー曲で、そんな蜂蜜みたいな音色の中にどっぷりとそのキャラメルみたいなフロウを漬けてより甘美にし、鼓膜の髄まで甘く溶かしジャムにします(骨抜)。Mitus制作の「Moments In Time」も甘い耳溶けの極上スロウジャムで、まるでメレンゲのように泡立てたようなLil Yatchyのヴォーカルがふわふわと舞うのがとびきりスウィートで美味。ザラメ砂糖のようなジャリジャリして甘い粒ビートが散らばってナイス食感を生み出している「Otha Shit (Interlude)」、こういうちょっと角のあるトラックでもLil Yachtyはいい塩梅でビターなテイストを足し格好良くキメるから憎い。氷結系のクールな透明トラックの中でLil Yachtyがエッヂーなシャーベット状のラップを滑らせ斬ってくる「X Men」は、Pierre Bourneが制作でEvander Griiimが客演参加。ぽっかり空いた穴隙間を埋めるように、暗闇の中で柔らかに光やメロディがぼんやりと瞬くのが幻想的な「Bring It Back」はFree Schoolが制作で、Michael Jacksonみたく吐息をビートにしつつ光を吐くLil Yachtyのミュータント感がグッド。The Good Perryが制作を担当した「Running With A Ghost」では、客演にGraceを迎えているのがちょっと驚き。キュービックな電子音がゴロゴロと転がる様なトラックに、ゼリーのようにプルプルしたLil Yachtyのラップと、Graceの滑らかで艶麗なヴォーカルがきらりと光るのが素敵。ILoveUPeterなる人物が制作した「FKI (Know Now)」はまたもや真夜中の煌めく遊園地へ迷い込むようなトラックで、Lil Yachtyが綿飴チックなラップを響かせるのがなんともドリーミーで毒々しい。K Swishaが制作を担当した「Priorities」もどこかファニーで可愛く、まるでぬいぐるみのような縫い目のある言葉を紡ぐLil Yachtyのラップがキュート。本作中最も芸術的な美しさを誇るのが、Mitusが制作した美しき悪夢のようなダウナー「No More」で、煌びやかな星屑を飴玉のようにポリポリと貪るようにして食べ、じんわりと暗闇を作ってゆくようなLil Yachtyの無邪気なラップがなんだか美しい。続くFree SchoolとR!Oが共同制作した「Made Of Glass」ではまたまた回転木馬に跨がり、そのまま星空へと駆け上がって綿飴みたいな白雲の中で戯れるような感触がなんとも幻想的。最後はTrapMoneyBenny制作で、客演にSonyae Eliseが参加したママ讃歌「Momma (Outro)」で、エフェクトを施したことでまるで涙を浮かべ滲んだようにヴォーカルが響き、とても優しく感動的に幕切れします。

なんだろうか、こののほほんとした空気感(笑)。それこそ“Lil YatchyはHip Hopじゃない、ラッパーじゃない”論争みたいなのもありましたが、そんなのは当のLil Yatchyもそもそも気にしていないだろうし、それはこのアルバムの自由度から考えても明らか。枠に囚われずに無邪気にはみ出して色を塗るような、そんなLil Yatchyの遊び心にしてやられた感じ(衝撃)。僕の中でこんなにLil Yatchyが再生回数を伸ばすと思ってなかったので驚き、このピュアな奔放さは21歳と若い今現在のLil Yatchyでないと出せないカラーかもと思うと、とても重要なデビューアルバムかもしれません。何度か書いたけれど、真夜中の寂しげな遊園地に、ほっと少しずつ明かりが灯って遊具が動き出すようなメルヘンさを感じました。










テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bone Thugs「New Waves」
bonethugswaves.jpg

90年代のRapシーンを席巻し今でも唯一無二の存在であるBone Thugs-N-Harmony、その一員であるKrazie BoneとBizzy Boneが初タッグを組み、Bone Thugsを名乗り作った『New Waves』を御紹介。Bone Thugs-N-Harmonyといえばその類希なハーモニーと早口でのラップが特徴のグループで、そんなグループの中でも最も対極のヴォーカルを持つのが、このKrazie BoneとBizzy Boneじゃないかと僕は思います。自分の印象ではBizzy Boneは薬物依存などで脱退させられた経緯もあり、Lazie Boneとはタッグを組んでいたけれどKrazie Boneと組んだのは聴いていないので(前作『Art Of War III』もKrazie BoneとWish Boneは実質不参加だった)、この二人が組んだこと自体が驚きでした。やはり五人でなければ完全なハーモニーが出来ないということで、グループ名をHarmonyを抜いたBone Thugs(以降はBTと省略表記)にしたのでしょうか(憶測)。
それでは四方山話はもう止して感想に参りたいと思います・・・・・・まず本作を語る上で大きいのが製作陣、Avedonなる人物が全曲の制作に携わっておりまして。このAvedonを調べたところオランダ出身のEDM系のProducerらしく、少しだけ不安が過ったのも事実ですが如何に。まるで荘厳な大地を俯瞰するようなトラックがまるで自然的で美しく、BTの高低が見事に折り重なったラップハーモニーが勇壮な風となって吹き抜ける「Coming Home」でスタート。Clifford GolioとAvedonが共同制作したこの清涼感溢れるトラックも良いし、そこに客演のStephen Marleyのなんともオーガニックな歌フックが踊るのも鮮やか。静かにしとやかな夜風を思わせるスムースな音色が艶やかな極甘なメロウ「If Heaven Had A Cellphone」、制作はDamizzaとAvedonが共同で担当。BTのラタタタタタタと繰り出すラップはまるで、深夜の高速道路を走り抜けるヘッドライトのような滑らかさで流麗。客演にTankが参加することによって、逞しくも色香の滴る光芒トラックへと昇華されているのが素晴らしい(溜息)。「Good Person」はAvedonが単独で制作を担当し、柔らかに甘い霧のようにしっとりと辺りを支配するトラックはなんとも幻想的で、その中で花弁が舞う様なBizzy Boneのラップと、そんな風に散らし舞わせる風のようなKrazie Boneのラップ、艶やかに雨のように降るJoelle Jamesのヴォーカルとすべてがシンクロした花鳥風月メロウ。同じくAvedonが制作の「Fantasy」はどこかレトロなカッティングで跳ねる軽妙ファンクで、そんな跳ねるトラックに乗せてBTのラップもキラキラとめくるめくのが綺麗だし、Cee-Loっぽい歌声のJesse Rankinsの嘶くようなヴォーカルもド渋くてカッコイイ(痺)。なんだかファンタジーな雰囲気に溢れる桃源郷的ミッド「That Girl」、Avedonが制作を担当しており、乾いた感触のKrazie Boneが砂漠ならば潤んで溢れるBizzy Boneがオアシス、そしてそこに咲く一輪の大きな花が客演のKaci Brown嬢といった感じで素晴らしい。Avedon制作の「Let It All Out」は荒涼とした大地を思わせる赤土のようなトラックに、これでもかと早口で駆けるBTの二人のラップがまるで砂塵のように舞い、極めつけは遊牧民的に伸びやかに漂うJazze Phaの歌フックが昇天させるカラクリでグッド。Lazie BoneにWish Bone、Flesh-N-BoneとBone Thugs-N-Hamoryが集結した「Waves」はその事実だけで興奮確実、しかも制作はあのScott Storchというのも三十路には嬉しい特典。やはり巧者であるScott Storchが手掛けたトラックは息をのむ美しさで、まるで地中海を沈んで泳ぎ、見上げた水面のようにキラキラと澄んで美しく、そこにBone Thugs-N-Harmory全員の波紋のように半ば催眠効果を含んで広がるハーモニーラップが滑らかで綺麗。Clifford Golio制作の「Whatever Goes Up」では、KORNのJonathan Davisが客演参加しているのも面白い点。ザクザクと奏でる乾いたアコースティックギターの弦音はまるで荒野を吹き渡る風のようで、そんなトラックに乗せてBTのラップがはためくのがなんとも壮麗な土埃チューンがクール。漆黒を背景にさらさらと白い粉のような音色が舞うのがシリアスな「Cocaine Love」、制作はAvedon制作ながらもなかなかBTNHっぽいヒリヒリと低温でスリリングなトラックはナイス。それも客演にBun Bが参加することでよりハードでぶっとい鉛のようなマットな輝きが加わったのも大きいし、Jesse Rankinsの怪鳥のような歌フックもやはり乙です。小気味良く滑走するファンク風味な「Bad Dream」はAvedonが制作を担当し、ちょっぴり懐かしいIYAZが客演で参加。Krazie BoneとBizzy Boneがキメ細かなドット柄のようなラップが曲線美を描くのが流線型で滑らかになり、そこにIYAZのミント風味の歌フックが挿入されることで爽やかに鼓膜を吹き抜けるのがグッド。Far East Movementが制作した「Gravity」は、辺り一面に尖ったビートが浮かび空中で震えて止まるようなマトリックス的360度トラックが格好良い。その中で音速で飛び交うKrazie BoneとBizzy Boneのラップと、客演参加のYelawolfの負けじと弾丸みたいに速いラップが正面衝突して火花を散らすのが美しい。多分これこそAvedonの真骨頂であろう、EDMなシンセの眩い瞬きとテンポが炸裂している「Bottle Service」は閃光弾のようなアッパーで、そこから放射状に光線のように放たれる二人のラップはビカビカと鋭く刺さります。標高の高い山頂で澄んで冷たい空気を吸い込むような青いトラックが壮麗な「Change The Story」もAvedonが制作で、こういう少し白んだような秘境めいたトラック上で聴くBone兄弟の流水のようなラップはもはや鍛錬を終えた仙人の域に達したメロウさで、客演のUncle Murdaは恰好良いものの不必要だったかと思える程。Layzie BoneとFresh-N-Boneの二人も合流しまたもやBTNHの面々が揃い踏み、なんともブルージーなラップを聴かせてくる「Ruthless」もAvedonが制作を担当。乾いた空気を転がして鳴る風のようなBTNHのラップハーモニーに、Eric Bellingerの甘美で切ない歌声がしんみり響くのがまた憎い演出。最後はボーナス曲扱いなんですが、フローズンジュースみたいにキラキラと冷たくてキーンと鼓膜に響くのが美味な「Don't Let Go」。AvendonとVincent Berryが共同制作した曲で、こういう甘酸っぱいトロピカルな味を客演のRico Loveが演出し、そこにKrazie BoneとBizzy Boneの速射ラップがまるでシャリシャリとした氷食感に似た食感を生んで、つまりフローズンみたいな喉越し(ならぬ鼓膜越し)でたまらなく美味い。

裏方の主導者であるAvedonがそこまでEDMに振り切らずポップ程度に味付けしたトラック群は、元々よりメロディアスでハーモニーもあるBone Thugsにはなかなかお似合いで違和感はありませんでした。あとはKrazie BoneとBizzy Boneの二人に、ここまで明度の高い楽曲を求めるのかどうかかな。せっかくBone Thugs-N-HarmonyでなくBone Thugsとしてやるのだから、同じ路線でやっては面白くないだろうという判断だとは思います。僕はこの聴き易さは全然嫌いでなく、コアでなく広く聴いてもらうには成功だったんじゃないかと思います。もっと尖った曲は、Bone Thugs-N-Harmonyが勢揃いしてやればいいですし。







テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽