RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 日記  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

僕の蒐集癖は治るだろうか
PA140466.jpg

僕がCDを買い始めたのは、それこそ中学一年生の時。
初めて買ったCDはLauryn Hillのソロデビューアルバムでした。
それから、月1000円のお小遣いをコツコツ貯めては、洋楽のCDを買っていました。
たしか、二番目に買ったのはWill Smithの『Willennium』、その次にTLC『Fanmail』とMonica『The Boy Is Mine』という順だった気がします(その後にThe Fugees『The Score』を買った筈)。

それからバイトを始めて、社会人になって、結婚して、それでもまだCDを買い続けています。
結果、こういう事になってしまいました(笑)。
写真で見たら、そんなに無いように思えるのですが、これが実際に見ると結構な量。
裕に3000枚はあるかと思います、棚を次々と買い足して重ねて増築し、結局はそれでも収まらず、天板から天井までビッシリとCDが積まれた状態になっています。

なぜこんな記事を書いているかと言うと、Twitterのお友達さんと「他人の持っているCDコレクションを見るのは楽しいですね」って話になり、見せて下さいと仰って頂いたので。
ただ、これでは何が並んでいるのか小さくて見えないので、一部分だけ試しにアップしますと......

PA140467.jpg

クリックしたら大きな画像も見れますが、ちょっと見えないか(笑)。
もっとデカイ画像を載せたいけれど、アップファイルのサイズの許容量の問題で、これが限界。


スポンサーサイト

Category: 日記  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2012年の御礼
qssmallilust201212300025346ab.jpg

僕の下手くそなイラスト載せました。
という訳で、2012年も終わりますねー、年々過ぎるのが速い。
今年は職場での役職が代わり、それからはもう日々をこなすので必死。
それでも音楽は聴いてた訳ですが、それでも音楽漬けとまではいかなかった。
なのに音楽ブログを書いているなんて、失格です(猛省)。
それでも何人かはブログを覗いて下さっているみたいですし、時にはコメントを頂いたりして、それが本当に嬉しくて励みになって、それでこの拙いRocBox 2ブログは継続している訳です。
という訳で、もしこの記事を見ている方がいるなら、来年も遊びに来て下さい。
コメントなんかあると、とっても嬉しいです。
また、Twitterやっている方は、そちらでも呟き合えれば幸いです。
結構、Twitter上で色んな方と音楽談義できるのが楽しい。
Twitterで僕宛にTweet頂けたら、即フォロー致します。
では、皆様よいお年を......

※イラスト拡大は下図をクリック
スキャン_2

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 日記  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Queen所蔵作品が2000枚突破
cdbox-high-qs_20120824030312.jpg

こんばんわ、RocBox 2管理人のQueenで御座います。
最近は仕事が忙しく、なかなかアルバムの記事を書けない毎日。
別に誰が見ている訳でもないし、たいした内容でもないのですが(笑)、やはり書かないままに日々が過ぎると、少し調子が狂うというか、なんとなく気がかりになるのも事実で。
思えば、大学生の頃に前身であるRocBoxを立ち上げたので、かれこれ10年近く経つ訳で。
まあ、途中でポッカリ穴空く程に止めていた期間もあるし、実質はもっと短いかも。
いや、それでも5年以上は書き綴っているか。

そんな風にブログに書けない事も多いけれど、音楽は肩身離さず持ち歩き、共にいます。
昔からCDを買い集めるのが趣味で、大体そうやってコレクションした物を忘れないようにと、一枚一枚のメモ程度に書き始めたのが本ブログ(当然、誰かに向けてという文体はとったが、やはり自己満足の域でやっている)。
そしてもうひとつの目的は、これからアルバムを買おうという人の、少しでも参考になればと。
僕自身、まだブラックミュージックも知らず(そして現在ほどに情報も媒体も豊富でなかった)、なにかを買う時に参考にしていたのが、ネット上に転がる一般愛好家の方のレビューだった訳です。

僕は本ブログで、Producerやサンプリングネタまで書くのはその意味。
ちょっとでも、そういった情報があったら、僕なら助かると思うので。

という訳でいろんな方のレビューを読みながら、中古屋などを漁りながら集めた愛するアルバム。
いま現在で何枚ぐらいあるだろうと、Audiogalaxyでサクっとアルバム枚数を見たら......

合計、2346枚。

二枚組作品も二枚でカウントされますし、無料で落としたMixTapeもiTunesには入っています。
でも、そういったのを割愛したとしても、2000枚以上はある訳です。
“塵も積もれば山となる”とは、正にこの事。

IMG_2782.jpg

いや、もう棚もパンパンで、ここには写り切っていませんが、今では天棚にも積まれています(笑)。
ちょっとした地震がきたら即K.O.ですね、全て水泡に帰すことでしょう(覚悟)。
しかもこれら、全く順不同で並んでいます。
だから意中の一枚を探すのが本当に一苦労、なんかもう樹海を彷徨う気分。
でもこれらを背表紙でぼーっと眺めているのが幸せ。
酒の肴になりますね、自分の愛するCD達を眺めながら酒をチビチビと......
いや、自分は下戸であります(笑)。

qs-digcd-poseIMG_5618.jpg

以前にTwitterで“CDはいずれ無くなる”的な話題が出ていました。
いや、会話の中身はもっと高度でそんなザックリした議論ではなかったですが(笑)。

しかし、僕は絶対にCDは無くならないと確信しています。
商業媒体側面とか、物質的価値側面とか、そういう小難しい話は分かりません。
でも、僕みたいに音楽とCDを一体として考える愛好者も絶対的にいる訳で。
確かにCDじゃなくても音楽ファイルで購入可能だし、そういう音楽ファイルの方が管理も携帯も断然とラク。実質としてCDのセールスは下降を辿る一方だろうし、もはや歴史の遺産になりつつあるのかもしれませんね。

でもジャケットの表紙や中身のアートワークや写真、アーティスト名やアルバムタイトルのロゴ、はたまたデジパック仕様などのケースへのこだわりだったり。そのどれもが芸術作品のひとつ、音楽だけではないのです。
そういったものもアーティストのこだわりやセンスが詰まっている気がして、だからこそやっぱり僕はCDを絶対に購入してしまい、こうやって蒐集している訳です(病的)。
それにやっぱり想い出と共に形に残しておきたい、音楽を聴いて想い出が蘇る事は多々あることで、その時にはジャケットとかそれを店頭で手にした時の感覚とか、そういったものも一緒に蘇る訳で。

そういうのって、現実にCDを探し回って、手に取って喜ばないと、得られない音楽。

だからこそ、中古屋巡りをしては、CDを掘って買い漁る日々が、もう何年も続いている。
ハッキリ言って、買う枚数と聴ける枚数は全く比例していない。
それでは本末転倒ではないかと、糾弾される(大袈裟)。
でもこれだけCDをコレクションしているのは、結婚するまでに集めておきたいから。
僕の安月給では、結婚したらきっと雀の涙ほどの小遣い制になるだろう。
となれば、今みたいにドカドカと新譜を買う事もできないだろうし。
だから今のうちに買い溜めしておいて、結婚後はじっくりコレクションと戯れたい。
2000枚あれば、一日一枚じっくり聴いて、2000日は音楽に浸かって過ごせる。

という言い訳をしながら、いつもフラフラとCDを買い集めている(笑)。
あの中古屋のワゴンとかで幻の逸品級の作品を激安で掘り当てた時の快感。
そんな時は静かな店内で思わず「おおおおおお!」と小さく叫んでしまう僕。
Amazonでも中古品が安く出回っているんだれど、その衝撃は味わえない。
なので、本当に極力Amazonの中古品はあまり買わない。
(新品は買っています、Amazonさんごめんなさい)

これだけ集めたら「もう流石にないか」と思いながら、CD屋に行く。
でもやっぱり一枚は見つかる、で永遠にCD掘りは続く。

レコードだっていまだに在る、僕はレコードもちょっと集めている。
蒐集家はいつどの時代も存在する、だからCDは永遠に残る。
CDは消えない、消えないで欲しいなー。

これからはマイナーっぽい旧譜も紹介したいな。
それがこのブログの本来の目的、ちょっとした参考になればと。
まあ、そんな詳しくないし、マイナーなの持っていませんが(笑)。

また3000枚を目指して集めよう、そして聴こう(意味不明)。

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 日記  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fatest Tubeの導入
YouTubeのダウンロードツール

Category: 日記  Tags: ---

Comment: 12  Trackback: 0

50 Cent監修のヘッドフォンを購入
50smsaudiopromoCent.jpeg

Beefを戦略的、効果的に使いHip Hop界を席巻した、50 Cent。
彼はレーベル運営などの音楽活動だけでなく、映画やゲームや飲料なども手掛けるビジネスマンっぷり。
そんな50 Centですから、最近はCDセールスこそ落ち込んでいるものの、Jay-ZやDIddyやBirdmanなどと並んで、経済誌“Forbes”にも度々名前が登場するほどの稼ぎっぷり、サイドビジネスがよほど好調なんでしょうね。

そんな50 Centが新たに進出したのが、ヘッドフォン業界。
御存知、あのDr. DreがMonster社と監修するヘッドフォン“Beats By Dr. Dre”シリーズが大人気。
他にもLudacrisが監修する“SOUL By Ludacris”なんてのも登場、賑わっています。
そして50 CentもヘッドフォンをSleek Audio社と監修し発売、これはずっと気になっていた!
こうやって見ると、カラーバリエーションも豊富にあるようですね。

50Centsyncaudioqs_SC2.jpeg

しかし僕は上画像で50 Centが付けている、黒色を注文。
このSMS Audio 50 Centには、ワイヤレスモデルの“Sync”とケーブル専用(取り外し可能)の“Street”の二種類のモデルが存在。僕が欲しかったのは“Sync”の方で、毎度歩いてたら引っかかるコードを気にしなくて良いのが魅力的。
といってもAmazonではまだ“Sync”が出品されておらず、唯一出品されていた“Street”を間違えて注文。キャンセルしてから、あれこれと連絡取り合って遂に“Sync”を入手するという執念での購入。

qbuysyncphotoIMG_1894.jpg

qbuysyncphotoIMG_8532.jpg

43000円とかなり高いのですが、ずっと迷っていたし(当初はBeats By Dr. Dreを購入する予定でしたが、天邪鬼の僕としてはやはり、皆が持っていない物にしたかった)、とにかくいつも買い物中にコードが邪魔だったので思い切って購入。これからこれを付けて歩き回るのが楽しみ、かなりデカイですし青く文字が光るし目立ちますがね(苦笑)。
ワイヤレスモデルはBluetoothではなく、新たなワイヤレス技術“Kleer”を採用。聞いた事ないしどうだろうと思ったのですが、音はすごくクリアですし、これからもっと伸びるのかもしれませんね(憶測)。
外人が着用するのを想定して作っているだろうから、もしかしてかなり大きくブカブカになるかなとも心配したのですが、そんな事もなくジャストフィットしております(僕は眼鏡着用なので少しキツイかも)。





......どうですか?コレ観たら無性に欲しくなりませんか(誘惑)?
という訳で、新たに50 Centの4作品をiPhoneに装填。これをSync by 50 Centヘッドフォンで大音量で聴きたいと思います。なんだかんだ紆余曲折はあったけれど、買って良かったと今は満足しています。
しかし四万の出費は痛い、少しCDを買うのを抑えないと......出来ないけれど......。
今は少ないかもしれませんが、僕みたいな50 Centファンは買って損はありませんよ。あと皆と同じは嫌だという方、これはまだそうそう持っている人はいないんじゃないかなと思います(憶測)。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽