RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2006
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
40位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z「Kingdom Come」
jayz-kingdomcom-pic.jpg

一度は引退したが見事カムバックを果たしたKing Of Hip Hop、Jay-Zの通算九作目となる『Kingdom Come』を御紹介。引退作となった前作『The Black Album』から三年、遂にJay-Zが沈黙を破り新作を完成!……と言いたいところですが、皆さん御存知の通り彼方此方で普通にMCとして仕事してましたよね(笑)。結局引退なんかしてなかったも同然なんて見方もありますが、それでもやはり三年ぶりのオリジナルアルバムが届いたとうのは、僕みたいなHovaファンとしては涙出るほど嬉しいものなんです。何曲かリークされていたりしたので発売が延期されるのではとそればかりが心配でしたが、こうやって僕の誕生日の次の日に発売されて良かった(安堵)。
そんな皆の期待を一身に背負っての完成となった本作の内容はと言いますと……やはり安定感抜群の貫禄ある一枚となっています。静かに幕を開ける「Prelude」はまるで朝陽の差し込む目覚め、ここからもうHovaの独壇場となる訳です。製作はB-Money、サンプリングにMel & Tim「Keep The Faith」を使用。“Young H.O.V”の掛け声で始まる「Oh My God」はお馴染みJust Blazeが得意のネタ早回し製作曲。Genya Ravan「Whipping Post」なる曲が下敷き、途中の女性の唸る様な歌声が勢いつけていてガチガチ攻めてます。続く「Kingdom Come」もJust Blazeによる製作曲、これまたJust Blazeが得意とする跳ねる様な電子鍵盤叩き回す様な連続音が最高にクール、下敷きにRick Lames「Super Freak」を使用。先行シングルとなった「Show Me What You Got」もJust Blazeが製作、ネタ元はもうご存知Johnny Pate「Shaft In Africa」とLafayette Afro Rock Band「Darkest Light」で御座います。最初聴いた時は少しパッとしないかなぁと感じたんですが、何度も繰り返し聴いているうちに病みつきになりました(中毒)。運転している時に聴いたらこの曲の疾走感にガッツリやられます、冒頭でセクシーに響くホーン、バンドチックな派手なメロディ、途中のドラムラインの崩れ方なんかはもう神業でJust Blazeはやはり心得ています(賞賛)。途中の“Wave, Wave♪”は絶対に口ずさむ事間違いなし、Jay-Zの神業フロウも炸裂していて痛快。「Lost One」ではDef Jamイチオシの新人女性シンガー、Chrisette Micheleが客演参加しています。製作はなんと大御所Dr.Dreで、Dr.Dreはこれだけではなく、なんと全曲のMixをDr.Dreが請け負っています(驚)。こんなピアノのループだけなシンプル曲をDreが作るだなんて驚き、Chrisette MicheleもJazzyな伸びた歌声も良い味出しています。「Do U Wanna Ride」はKanye Westが製作を担当、John Legendが客演参加ています。最初この組み合わせ見た時は果たして合うのかと疑問だったし、一聴した時もちょっとピンと来なかったんですが、やはり二度目にはしっくり来た。ここでのJohn Legendの雰囲気作りには完敗です、Jay-Zもやっぱ負けずに格好良くて、少し曇ったビートが気だるくてスモーキー。「30 Something」 は再びDr.Dreによる製作曲、ここでもやはりちょっとスカッたトラックを起用しており、でもこの隙間感がJay-Zのラップを際立たせていて逆にグッドです。煌めきソウルフルな「I Made It」はDJ Khalilによる製作、この曲かなり好きなんですが如何せん短いのが難儀、もうちょっと長めが良かったなぁ(惜)。「Anything」は盟友The Neptunesによる製作曲、ゲストにUsherとPharrellと色男二人を従えます。ん~確かにカッコイイんですが、もうちょっとUsherを存分に使って欲しかった気も……Pharrellに関してはちょっとしか声聴こえない、まぁ主役はJay-Zだから良いんですが(笑)。でもガチャガチャしながらもすっきりスマートな疾走チューンは流石The Neptunesなクールさ、Jay-Zのラップも走ってて素晴らしい。Syience製作の「Hollywood」ではガールフレンドのBeyonceがバッチリ内助の功を演じます。ライト!カメラ!アクションな騒々しくも華やかなトラックが印象的で、派手さでいえば合格点かなと。「Trouble」はDr.DreとMark Bastonによる製作、やっぱりトラックがスカっています(ちょっとロキッシュでそれがカッコイイ)。「Dig A Hole」はSwizz Beatzがいつものアゲアゲでなくシリアスな重低音トラックを提供、客演にはDef Jamの新人男性シンガーSterling Simmsを起用。この曲は所謂ディスソング、Cam'ronの「You Got It」「Swagger Jacker」などでの度重なるディスに遂にHovが応戦、そのラインは“He sells in the 2's/Only time you went plat/My chain was on your neck/That's an actual fact(お前がゴールドディスクを獲った時、お前の首には俺がやったROCのチェーンがかかっていただろ”というもの(痛快)。Dr.Dre製作の「Minority Report」はハリケーン“カトリーナ”被害に対する国家の対応に言及している社会的メッセージを含んだ一曲、最近のJay-Zは世界の水問題に取り組んでいだり、社会奉仕&慈善事業に熱心で感心。こればかりは対訳を読みたいのに付いてないし、楽しみにしていたNe-Yoの使い方が不味い気がする、もうちょっとNe-Yoの上手さが出るトラックに乗せて欲しかった(残念)。「Beach Chair」は今回一番楽しみにしていた一曲、あのColdplayのChris Martinが製作&ゲスト参加。ゆったりとしながらもどこかミステリアスで深遠な音の響きが、Chris Martinの持つ芸術性みたいなものを滲み出していて、最後を飾るに相応しい共演だったでした(期待以上)。これに加えて国内盤には「44 Fours(Live)」「Can't Knock The Hustle(Live)」の二曲をボーナストラックとして収録。Jay-Zの1st『Reasonable Doubt』からのファンである僕としてはどちらも嬉しい曲、前者ではサンプリング元でもあるA Tribe Called Questの「Can I Kick It?」が顔を出すし(興奮)、後者」ではMary J. BligeのVerseをBeyonceが歌っているんですから(興奮)。

※ちなみに僕はこのアルバム、輸入盤『Kingdom Come(Deluxe Edition)』を先立って購入していました(つまり二枚も所持しているのです)。このDeluxe EditionにはDVDが付いてまして、そのDVDには「Live at Royal Albert Hall」「Behind The Scenes of "Show Me What You Got" Video」が収録されています。Liveの方の曲目は「What More Can I Say?」「Public Service Announcement」「Izzo(H.O.V.A.)」「Jigga What, Jigga Who」「Dirt Off Your Shoulder」「Excuse Me Miss」「Encore」となかなか豪華、特に「Dirt Off Your Shoulder」「Excuse Me Miss」はLive観た事が無いから嬉しかった。観客との一体感も素晴らしいし、途中のアカペラも凄い盛り上がりで格好良い、オーケストラの演奏も美しいです。

引退作『The Black Album』を一言で表すなら“シック”、今回の復帰作『Kingdom Come』を一言で表すなら“スタイリッシュ”かなと。『The Black Album』は自身の生い立ちから今までのMC人生を振り返った内容が非常に繊細だったし、製作陣もRick RubinやDJ Quick、9th Wonderなどといった通な人選だった。ビジネスマンJay-Zの事だから今回のアルバムは狙ってこういう人選だったんだろうけど(MCの参加一切無し、シンガーのみ)、やっぱり当初の弾けた豪華面子でやって欲しかった。せめてNasとの共演曲が欲しかったし、DJ PremierやRick RubinやTimbalandの参加が欲しかったなぁ(欲を言えばSkiやB!nkも)。あと国内盤に歌詞対訳が付いてないのが本当に残念、がしかしBonus Track目当てに国内盤を購入する事をお薦めします。でも凄く秀逸な一枚になっているのは当然、一定水準を遥かに超えたものを今回の届けてくれました(贈物)、さすがは“King Of Hip Hop”です。売れ行きも絶好調の様で、初週売り上げだけで85万枚を越える見込みで、これは今年発売されたHip Hopアルバムの中で最高の数字となり、次週のBillboard Album ChartでもNo.1を獲得する事が確実視されている様で、もう今から次回作が楽しみで仕方ありません(ここ一週間は『Kingdom Come』しか聴いていない)。

スポンサーサイト