RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

03 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kelly Price「Mirror Mirror」
kellyp-mmcpvs.jpg

僕はとても大好きな実力ある素晴らしいシンガー、Kelly Priceの通算二作目となる『Mirror Mirror』を御紹介。昔はMary J. BligeやFaith Evans周辺でソングライティングやバックボーカルを務めていたKelly Price、そんなKely PriceはMary J. BligeもFaith Evansも顔負けな歌声を持つ実力派シンガーです。
気になる内容はと言いますと……もうこれは完璧な仕上がりなのが当たり前、抜かり無しというのはこういう事を言うのですね(失神)。まずはKelly Priceいよるフックの多重録音によるコーラスワークが卒倒モノな「Good Love」で幕開け、疾走感あるこの曲の製作はWarryn "Baby Dub" Campbellによる製作です。Paul D. AllenとJ.MossによるコンビPAJAM Productionsが製作した「You Should've Told Me」、感じ的にはR.Kellyが歌いそうなちょっぴりゴスペルライクな優しい一曲。なんて思っていたらそのR.Kelly本人が製作した「At Least(The Little Things)」が登場(笑)、ギター音の効いた哀愁漂うトラックでKelly Priceの歌声が寂しげに切なく絡みます。この曲は本当に美しいんですよねぇ~、R.Kellyって本当に天才的、こういう旋律をKelly Priceみたいなきちんと実力あるシンガーにバチっと提供しているんですから(賛辞)。そんなR.Kelly自身が熱い喉を奮わせて、Kelly Priceと一緒に情感たっぷりに歌い上げるバラード「National Anthem(Interlude)」、その名の通りこれがInterlude扱いなのが驚愕(贅沢)。ここからそのまま流れ込む「She Wants You」の二曲をShep Crawfordが製作、そりゃ美メロなはずですわ(涙)。「She Wants You」ではもうR.Kellyは絡んでいませんが、それでもやっぱり素敵な一曲である事は間違いありません(断言)。とても爽やかなちょっぴりアッパーな「3 Strikes」は再びWarryn "Baby Dub" Campbell製作曲、やはりMary Maryを彷彿とさせちゃいますよね(単純)。アルバムタイトル曲である「Mirror Mirror」はKelly Price自身による製作曲、歌も歌えてこういうしっかりした楽曲まで作れるんだから本当に凄い(感服)。再びShep Crawfordがその手腕を揮った「Married Man」の悲しみ満ち溢れ返る楽曲、サンプリングに「Nadia's Theme」なる曲が使われています。「Like You Do」ではMethod Manが参加し相変わらずの渋~いラップを披露(痺)、Silver Convention「Fly Robin Fly」を下敷きにこの曲を製作したのはBenny TillmanとCarlos Thorntonなるコンビ。Warryn "Baby Dub" Campbellが製作した鉄板哀愁バラード「All I Want Is You」では、あのK-CiとGerald Levertが客演参加(狂喜)。まぁ~~~~~またK-Ciが熱い歌声を披露、そこにGerald Levert師とKelly Priceの温かな歌声が混じって……もうあっという間に昇天です(涙)。Shep Crawford製作の神々しさで眩し過ぎる「As We Lay」、心身共に疲れている方はこれで体の中の毒素を排出して下さい。これに負けじと敵対心を持ったか(無)、Warryn Campbellもゴスペル一直線な「I Know Who Holds Tomorrow」を製作、ピアノの伴奏だけのトラック上で高らかに歌い上げるKelly Priceは天使、さすがはゴスペル畑の方なだけあります(拍手喝采)。そして最後の「Love Sets You Free」が凄まじい、Teddy Riley製作のエッヂの効いたビートの上でMontell Jordan、Dru Hill、Case、Kandice Love、Playa、LovHerといったDef Soul仲間が挙って共演(豪華)。全員の歌声が鎬を削る厚みある一曲、これはもう聴かなきゃ損です、こんな曲にはそうそう出会えませんから(絶賛)。しかもこの曲、クレジットの表記は“feat. Friends”ってなっているんだから洒落てる、Kelly Priceだからこその友達の輪で御座います。

兎にも角にも歌心に溢れ返った濃~い一枚、純粋にR&Bを聴きたい時はこういう一枚に限ります(痛感)。Kelly Priceの新作(って言っても結構前だけど)『This Is Who I Am』も欲しいんですがまだ購入出来ていない(焦)、欲しい物が沢山あるんでですねぇ、もうちょっとの辛抱だ、絶対に購入してやる~(執念)。

スポンサーサイト

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Amerie「All I Have」
amerie-allcovs.jpg

アフリカン・アメリカンと韓国系のハーフであるAmerieのデビューアルバム『All I Have』を御紹介。そのアジアテイストな顔立ちもあって、なんかこう親近感の沸くAmerie、個人的には結構綺麗だと思うんですがね。歌声もかなり綺麗だし、その美脚は最高で御座います(興奮)。
容姿の話はこのくらいにしてそれでは内容を……まず本作はあのRich Harrisonによる完全バックアップによって製作されています、AmerieはRch Harrisonに見出されてデビューしているので、Amerie×Rich Harrisonのお約束の強力タッグな訳で御座います。まずは幕開けを飾る「Why Don't We Fall In Love」からして、切なくも儚いキラキラトラックが胸を撃ち抜きます(聴惚)。Amerieの歌声は透明感ありながらも、高く突き抜ける力強さもあって素敵です。ゆったりした雰囲気でMary J. Blige辺りが歌いそうな「Talkin' To Me」も完全に乗りこなしています、というかフックでの歌声の伸びなんかはまるでMary J. Bligeのそれ。ちょっぴり宇宙空間を思わせる浮遊感漂う脱力系なトラック「Nothin' Like Lovin' You 」は、そのシンプルさがAmerieの歌声を際立たせていてグッド。ストリングスと共に静かに感傷的に流れ込むこれまたキラキラな「Can't Let Go」も上手い、Rich Harrisonの引き出しの多さを感じます。Rich Harrisonが得意のサンプリングを使用した「Need You Tonight」の元ネタはMiroslave Vitous「Synthesizers Dance」、隙間を活かした感のあるガチャガチャと軽くファンキー宇宙的トラック。続く「Got To Be There」ではEmerson, Lake & Palmer「From The Biginning」を45回転早回しサンプリング、ギター音がアクセントになった一曲でその軽快さが痛快で嵌ってしまう一曲。Amerieの吐息交じりの歌声がなんとも悩ましい「I Just Die」も、Janet Jacksonっぽいアプローチで可愛くて好きです。Rich Harrisonってこういう曲も作るんだと思ったのが「Hatin' On You」、もう完全なシンセ構成の一曲なんですがコレがしっくりくるんです、Amerieのウィスパーな歌声にマッチしていてなかなかの美味。ピアノ旋律の美しさにまず耳奪われる「Float」、ひんやりクールなイマドキR&Bでカッコ良さも抜群。完全ど真ん中なR&B曲「Show Me」は落ち着く、やっぱりこういう曲を僕の鼓膜は欲しがっているみたいです。アルバムタイトル曲「All I Have」はアルバムの最後を飾るに相応しい一曲、Amerieの可愛く艶っぽい声と美しい旋律のメロディが見事に混ざり合っていますよ。

確かにAmerieの歌声はそんな特徴的ではないかもしれません、がその分メロディがとても引き立つし、逆にどんなトラックにも無理なく対応できると思います。これからもっとHip Hopアーティストの客演なんかもこなして実力をつけてほしい、そして新作でもそのエキゾチックで色っぽい容姿を活かしたPVを期待しています(下心)。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mystikal「Let's Get Ready」
mystica-letcovs.jpg

New Orleans生まれの凶暴男、Mystikalの通算五作目となる『Let's Get Ready』を御紹介。Mystikalといえ僕の中では、Ludacrisのヒット曲「Move Bitch」で客演していた、暑苦しいMCって印象が強かったです。本作でもMystikalは今にも血管がブチ切れそうな熱~い叫びラップで斬り込んできます(汗)。
それでは内容を御紹介しますと……まずはやはりシングルヒットした「Shake Ya Ass」を御紹介すべきでしょう、製作はあのThe Neptunesが担当しています。The Neptunesらしい電子音がピコピコ鳴るスカッたトラックに、Mystikalの暑苦しい声でのストレート過ぎる“ケツ振りなぁッ♪”がぶっ飛びます。そんなMystikalをクールダウンさせるかのような、Pharrellの相変わらずハイなファルセットがナイス比率でグッド。Neptunesは他にもあと三曲手掛けており、N.E.R.D.で聴かせるようなちょっぴりロックな「Jump」、Niveaをゲストに迎えちょっぴりエキゾチックに仕上げた東南アジア風の「Danger(Been So Long)」、宇宙的なレーザー音がピュンピュン錯綜する実にThe Neptunesらしい「Family」(Back Vocal務めるLatrelleなる女性シンガーがいい歌声してます)と、どれもThe Neptunes仕様のいい仕事してくれています。次に多くの楽曲を製作しているのがEarthtone III、これはあのOutKastが製作時に使う名前で御座います。そんなEarthtone IIIが製作した「Ain't Gonna See Tomorrow」してもう完全にOutKast節全開、ピアノ旋律にどこまでも細かく刻まれるハイハット、それに合わせて激走するMystikalがより暑苦しく感じます。スクラッチかましながらどこまでもグチャグチャなトラックで聴き手を煙に巻いてしまう「Braids」もOutKastらしい。でも一番素晴らしいのは「Neck Uv Da Woods」、これなんかはガチャガチャしながらもどこかエレクトリックな美しさが輝く一曲で、OutKastの二人も参加しています。いやぁ~これはもうOutKastの曲として発表して欲しかった、こうなるとMystikalが邪魔にさえ感じてしまいます(失礼)。MystikalはOutKast節にはちょっと向かない気がします、OutKastみたいなクールさを感じないから勿体無い。他にも目玉曲はありまして、PA製作でDa BratとPetey Pabloが参加した「Come See About Me」なんかも良い、MystikalとPetey Pabloという極暑タッグってのも面白い。あと僕的に注目なのはあのB!nkが製作した「Mystikal Fever」、かなり地味ではありますがやはり他曲とは違った味わいがあります。

The Neptunesとはなかなか相性が良かったですが、OutKastとの相性はちょっと疑問でした。というかOutKast製作の時点で、既に鼓膜がOutKastを欲しがってしまいます(条件反射)。暑苦しさでいってもPetey Pabloの方が僕は断然好き、どうもガツガツ過ぎてMystikalは疲れる、客演であれば面白いのかもしれません。