RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

04 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
41位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mario Vazquez「Mario Vazquez」
mario-mvcovs.jpg


米人気オーディション番組『American Idol』を勝ち上がり辞退したPuerto Rico出身の男性シンガーMario Vazquezのデビューアルバム『Mario Vazquez』を御紹介。僕は最近ほとんど黒人以外の音楽は聴きません、どっちかといえば意固地になっている部分もありますが(笑)。でもとにかく黒音楽をこよなく愛しているんです、それは事実なんです。ですから聴くシンガーも黒人ばかり、なんですがそんな中でも白人やらも混じっています(Justin Timberlakeなどが好事例)。Mario Vazquezもその一部除外の一人、製作陣も豪華(黒音楽寄り)だったんで購入しました。
それでは内容はどうだったかといえば……これが一筋縄ではいかないスキッと爽快なメロウアルバムとなっています(最高)。まずは先行シングルとなった「Gallery」の登場、皆様もう御存知Shaffer SmithことNe-YoとStargateの共作(強作)で御座いまして。最初聴いた時は“確かに彼ららしくて、でもパッとしないかなぁ”なんて思っていたんですが、聴けば聴くほど美しくも切ないメロディと、Mario Vazquezの甘酸っぱい清涼な歌声に嵌っていました(浸)。やっぱNe-YoとStargateのコンビは凄い、驚異的な破壊力です。続く「I Bet」もStargateによる製作、ここではソングライティングをNe-Yoに代わってJohnta Austinが担当(賢)。これぐらい女性に強気でいける魅力があればと悔しくなる歌詞も良いし、Stargateによる昇天確実なミッドチューンもたまらない。あのScott Storchが製作(総製作をSean Garrett)を担当した「Cohiba」はMario VazquezのPuerto Rico風味を活かしたアッパーチューン、同郷のFat JoeとNoxがゲスト参加。Noxのレゲエ風味のラップも良いケド、やっぱりFat Joeの野太い漢なラップが良い味してます。Lester Mendezなる人物が製作し、Johnta Austinが再びペンを執った「One Shot」も失神しそうな程に爽やか。少しラテン風味なギターが切なさ爆発だし、真摯な愛を宣言する純潔な歌詞もMario Vazquezの歌声にばっちりマッチ。「We Gon' Last」は再びStargateとJohnta Austinの組み合わせ、これがまた俺の心臓をトントンと叩くんだよなぁ~(響)。Johnta Austinって本当に素敵な歌詞を書くんですね、この曲の歌詞も凄く好き、Mario Vazquezのこの癒し声も美しすぎるよ(涙)。Fernando Garibayが製作を担当した「Don't Lie」はかなりポップな仕上がり、夏の暑い日差しの中で缶ジュース飲みながら聴きたい(詳細)。Jim Jonsinが製作を担当したメロウ曲「Just A Friend」もかなり良い感じに仕上がっている、こういう曲でのMario Vazquezの輝き方は半端じゃないです(驚異)。まるで50 Cent「Candy Shop」を彷彿とさせるトラックでScott Storch製作かと思われた「Fired Up」は、意外にもStargateとJohnta Austinのタッグ、Stargaetってこういう引き出しも持ってるんだぁ。これまたポップな仕上がりながらもMario Vazquezの魅力が存分に引き出されている完璧な「4 The 1」、製作はSteve "RockStar" Moralesが担当。「Everythime I...」はベテランであるSoulshock & Karlinが製作を担当。このタッグは御無沙汰だなと思いましたが、やはりそこはSoulshock & Karlinだからツボをきっちり押さえている、こういう清涼トラックにMario Vazquezはもってこいなんだよ(断言)。最近のR&Bでは御馴染みとなったハンドクラップを散りばめた「How We Do It」はThe Underdogsが製作を担当、シンセの響きが胸をキュンと締めつける柑橘ソング(流石)。太鼓の音が細かく響く「Like It Or Not」はAnthony "Dent"(Co製作をSean Garrett)が担当、これはもう最近のHip Hop寄りR&Bの定番みたいなトラック。「We Supposed to Be」は再び僕の大好きなThe Underdogsコンビが製作を担当、きちんと刹那系トラックながらも他の(特にStargate製作)曲とは一線を画す創りは一流の証ですな。これに加えて国内盤にはSwizz Beatz製作(ソングライティングはJohnta Austin)の「Ask About My Love」が収録されていまして、これがギターを良いスパイスにした迫り来る煽りトラックで素晴らしい締めの一曲に仕上がっています(最高)。

Mario VazquezはあのMichael Jackson『Invincible』でバックボーカルを務めていたってのも、僕がMario Vazquezアルバムを購入する強い動機となりました。Michael Jackson『Invincible』は今でも聴き返す僕のお気に入りの一枚なんです、Michael Jacksonって本当に凄いんです。ってMJの話は良いんです、兎にも角にもこのMario Vazquezは素晴らしいシンガーで御座います(折紙)。このMario Vazquez『Mario Vazquez』が素晴らし過ぎて、Ne-Yoの『Because Of You』を物足りなく感じたと言ってもけして過言ではないと思います。

スポンサーサイト

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ne-Yo「Because Of You」
ne-yo-becausecovs.jpg


裏舞台から表舞台へと華やかに登場したソングライターNe-Yoの通算二作目となる『Because Of You』を御紹介。体もキツくて仕事終わったら一刻でも早く帰宅したかった連日の最中、それでも這って購入しに行ったのがこのNe-Yoの新作『Because Of You』でして。なぜならそれはNe-Yoだからです、前作『In My Own Words』がかなり秀逸な仕上がりで、やはりこの2ndも以前からなかなか楽しみにしていたんです。
それでは早速内容にちょこっと触れたいなと思います……本作もプロダクション的には前作となんら変わりません、有名な大物製作陣が参加している訳でもありませんし。ただNe-Yo「So Sick」で一気に大物Producerへと昇進したStarGateが本作にも関与、皆さん御存知の先行シングル「Because Of You」がそれです(周知)。この曲ですぐに卒倒しそうになった方も多いはず、かく言う僕もその一人です(失神)。StarGateの相変わらずキャッチーでポップな音はずるいし、けして黒くもないんですが、それでもやっぱりNe-Yoとの相性は抜群なんですよ(見事)。柑橘系の甘酸っぱい爽やかメロウチューンに、Ne-Yoの一癖ある高い歌声が乗って胸撃ち抜かれるのは必至です(断言)。愛する女性にどっぷり浸かって抜け出せない男の欲望を、こんなにも切なく(清潔に)歌えるのはNe-Yoだからです。「Crazy」ではNe-Yoを輩出したDef JamのCEO、Jay-Zが冒頭でセンス良いラップを披露(鳥肌)。なんか久々にJiggaらしいラップを聴きましたよ、しっかし冒頭だけでなく途中でも挟んで欲しかったなぁ(悔)。製作を担当したのはRon 'NEEF-U' Feemster、煌びやかに伸びやかながらも可愛げなトラック。これまたNe-Yoの昇天しそうな階段歌声が僕を高みに連れてゆく「Can We Chill」、これはEric Hudsonなる人物が製作を担当。僕個人としては一番初めのNe-Yoの深い溜息で一気に惹き込まれた「Do You」はThe Heavyweightsの製作、この方はNe-Yo率いるCompound Entertainmentの一員の様です。この「Do You」はあの「So Sick」の続編らしく、あの時忘れられなかった彼女が、結婚し娘を産んでいる知ってもなお引きずっているという内容、この時点でかなり泣けますね(凹)。こういう質問ってしちゃいそうですよねぇ、聞くだけ無駄だしもう遅いんだけど……ジレンマですよねぇ。続く「Addicted」はShea Taylorが製作を担当、裏声も駆使したこの歌唱法もトラックも僕はイマイチな気がして。そして誰もが楽しみにしていたのがこの曲「Leaving Tonight」、今が旬の実力派Jennifer Hudsonとのデュエット曲(流石)。勿論Jennifer Hudsonは歌が凄く上手いし、それはNe-Yoも同じ、しかし互いの声質が違うせいか思った以上の化学反応では無かった気も(惜)。Knobodyが製作した心地良さ抜群のこの脱力トラック、このトラックとJennifer Hudsonの相手にAnthony Hamiltonはどうだろうかと僕は思いました。まぁそう言いつつも好きな一曲、美曲ですね。Eric Hudsonが再び製作を担当した「Ain't Thinking About You」は、本作唯一のアッパーな一曲、がしかし前作収録の「Stay」には遠く及ばないかなぁ。ふわふわとした浮遊感と適度なキラキラ加減が綺麗な「Angel」はPrinceを意識したんだとか、製作はJay-ZとBeyonceが共演した「Hollywood」を担当していたSyienceで御座います。“二人で力を合わせよう♪うまくやってゆこう♪”と優しく歌うNe-Yoに胸が疼く「Make It Work」はShea Taylor製作、途中の“えお♪えお♪おー♪”のフックが耳に残る大好きな一曲。ポロポロとピアノ音が儚く鳴る「Say It」はKeysなる人物の製作、今一歩で琴線に触れず。悔しいほどに黒さが抜け切っているのにそれでも素敵な「Go On Girl」はStarGate製作曲、ギターをアクセントにたこれまた刹那系な失恋見切り曲、こういう素直なポップ路線がNe-Yoには結局似合ってる。この曲が本作の最高傑作かもしれませんね、Shaffer Smithのソングライティング能力のずば抜けた高さに感服です(撃抜)。これらに加え国内盤には、音楽の持つ力を切々と謳うShea Taylor製作の「That's What It Does」と、可愛く軽快に踊るThe Heavyweights製作の「Spotlight」の2曲がボーナストラックとして収録されています。

勿論Ne-Yoは歌も上手いしソングライティング能力にも非常に長けていると思います、がしかし今回はNe-Yoの良さが微妙に軽減していた気も。もうここは鉄板でStarGateに半分近く楽曲を作らせていても良かったかな、皆頑張っているんですが月並みなトラックが目立ったかなぁと(残念)。前作があまりに出来上がりが素晴らしかった為か、こっちの期待が大き過ぎたってのもあるかも(笑)。豪華ゲストであるJay-ZとJennifer Hudsonもイマイチな使い方だった気がする、Jay-ZとNe-Yoの「Minority Report」も不完全燃焼でしたし(個人的見解)。それでもやっぱりこれは購入すべき、良かったですよ普通に、Ne-Yoの次回作(もしくは他人への提供曲)にもっと期待したいですね。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Faith Evans「The First Lady」
faith-firstcovs.jpg


元Bad Boy Recordsの歌姫ことFaith Evansの通算四作目となる『The First Lady』を御紹介。Faith Evansといえば、あのThe Notorious B.I.G.の元奥方であり、Diddy率いるBad Boy Recordsの歌姫って感じですよね。しかし本作『The First Lady』はそんな古巣Bad Boyを離れ、Capitol Recordsからのリリース(友好的移籍だそう)となりました。そんなこんなで今までのBad BoyサウンドでのFaithEvansに慣れ親しんでいる僕としては、当初はちょっと不安もあった訳で。
ああ不安だなぁと思っているあなた……そんな心配は微塵も要らないなんとも素晴らしい仕上がりに驚き、Faith Evansの底力をまざまざと魅せつけられました(褒)。まずはピコピコ印象が強いThe Neptunesが製作を担当した「Goin' Out」の登場、ゲストにPharrellとClipseの片割れで実力派と名高いPusha Tが参加しています。The Neptunes仕様の可愛いらしいビュイビュイ跳ねる電子トラックに、Pusha Tの甲高いラップが見事に絡んだ一曲。Faith Evansのフックでのファルセット具合がどことなくPharrellっぽくも感じたりします、というかFaith EvansとThe Neptunesって相性抜群ですねぇ。「Again」は本作からの先行シングル、製作を担当しているのはベテランコンビのIvan "Orthodox" BariasとCarvin "Ransum" Hagginsで御座います。本作ではこのコンビが最も多くの楽曲を提供していて、それが本作の質をぐんと高めているのは明らかで御座います。この「Again」も懐かしさ漂うあったかい曲で、The Whatnauts「Genuine」を下敷きにしたレコード曲(懐)。このノスタルジックに包まれた温かさがなんとも心地良い、なんかこう何かしらに向かって立ち上がろうとさせてくれる、希望に満ち溢れた一曲です(感動)。続いてもIvan BariasとCarvin Hagginsの二人が製作を担当した昔風味が抜群に効いた「I Don't Need It」も最高にクールでカッコ良い、The Jones Girls「Nights Over Egypt」をサンプリングした、良質クールグルーヴのR&Bとなっております(最高)。「Stop N Go」もIvan BariasとCarvin Hagginsが製作、絶えずFaith Evansが高い旋律を行き来するシルキーな一曲で肌触りが気持ち良い、儚い感じがたまらない世界。ベース音が聞いた切れ味ある「Mesmerized」は、昔からの馴染みのChucky ThompsonとAndre "AJ" Johnson、それからFaith Evansの夫であるTodd Russawが製作を担当。⑥「Tru Love」はいつも引き出しの多さを感じさせるJermaine Dupriが製作(Additional ProductionにBryan-Michael Coxが参加)を担当したギター旋律に涙が流れそうになる切ないメロウ曲、今にもUsherが出てきそうな極上スロウにFaith Evansの切ない歌声がたまらなくて涙腺刺激されまくり(潤)。ここでのFaith Evansの“らぶ♪らぶ♪らぶ♪らぶ♪”の繰り返しフックがまた胸の奥にこだまして響くんですよ、これが技有りですよね(撃抜)。「Jealous」は再びIvan BariasとCarvin Hagginsの共同制作曲、ここでもLos Angels Negros「Esta Noche La Paso Contigo」をネタ使いした古き良きソウルフル曲でFaith Evansを輝く歌姫に仕上げています。「Ever Wonder」はDiddyの右腕であるMario "Yellow Man" Winnansが製作&ゲスト参加、少し乾いたトラックも一聴してすぐにそれと分かるMario Winnas御得意の刹那メロディでたまらんです(失神)。しかもここではMario Winnasもガッツリ歌ってて、これはもう完全なデュエットですばい(最高)。ゆらゆら昇天系の超スロウ「Catching Feelings」はBryan-Michael Coxが製作を担当、もっとベタに切ない感じの楽曲で攻めて欲しかった気も。「Get Over You」ではまたまたIvan BariasとCarvin Hagginsの二人が製作参加、フィリーっぽいノリを存分に取り入れた生楽器が温もりある一曲で、本当にレコードを掛けているかのような懐かしさ感じるグッドソウルミュージック。Ivan BariasとCarvin Hagginsはその後も和やかに伸びやかな極上スロー「Until You Game」を製作、これももうFaith Evansの優しく熱っぽい歌声にただただ溺れるばかりの美曲です(安心)。「Hope」はもう皆さん聴いた事のある、映画『Coach Carter』サントラに収録された一曲を収録。御存知TwistaがCee-Loをfeat.していたのが原曲(製作はToxic)、それをFaith Evans版にした(だから同じ曲でも聴こえは全く違う)一粒で二度美味しい的な一曲です。この曲は本当に素敵な夢曲、Twistaが上手いですよねぇ。国内盤にはボーナストラックとして最後に「Do My Thang」を収録、Scott Storchが製作したベンベン飛び跳ねるバウンシーなトラックは躍動感抜群で最高に熱い、Scott Storch御得意のダークさは皆無で聴き易い、やっぱりScott Storchって曲作りが巧いですよね(感服)。

いや~やっぱりMary J. Bligeも素敵だけど、Faith Evansも全く負けてないなぁって感じですな(互角)。MJBに比べてここ日本ではそれほどまでに認知されてない感があるけど(個人的見解)、本当に素敵な曲を沢山歌ってるんですよねぇ。このアルバムはもう完全なる正統派R&Bって感じ、絶対に聴いて欲しい力作で御座います(薦)。この一枚で賞賛を送りたいのはやはりIvan "Orthodox" BariasとCarvin "Ransum" Hagginsの二人、温もりに満ちた素敵なソウルミュージックを聴かせてくれました(功労賞)、彼ら無しではここまで素晴らしいアルバムは完成しなかったでしょう(断言)。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

DMX「The Great Depression」
dmx-greatcovs.jpg


いつだって豪気溢れるラップで僕らを打ち負かしてくれるDMXの通算四作目『The Great Depression』を御紹介、本作は完全無敵のDMXの作品の中でも、最もセールスが芳しくなかった一枚だったではなかったでしょうか。まぁそうは言っても余裕で全米No.1を獲得していますから問題は無いんですけどね、本作も俄然豪快に吼えて噛み付いて、破壊力抜群のラップで突進します。
という訳で内容はと言いますと……もうそんなの決まってDMX節全開、DMXがラップする時点で彼の世界がドバッと広がる訳で(一流)。Damon "Grease" Blackmanなる人物が手掛けた「School Street」は始終銃声が鳴りっ放しなギャング曲、雰囲気的にはG-Unit辺りが好んで使いそうな感じ。「Who We Be」はBlack Keyが製作を担当したエレキギターっぽいリフで刻むビート、それに合わせて今までとは違った韻を踏むDMXが新鮮に聴こえる特殊な一曲。Damon "Grease" Blackmanが再び製作を担当したメロディアスながらもドカドカと攻める「Trina Moe」もカッコイイ、DMXの歌う様なフロウもめちゃ冴えていて、完全に鼓膜をガッチリキャッチされます(虜)。これまたDMXの歌フックがたまらない「We Right Here」はBlack Keyが製作を担当、ちょっと高めの電子音(とスクラッチ)がセンス良く組み込まれた秀曲でこういう鋼鉄曲がDMXにはピッタリとマッチするんですよ。DMX自身が製作を担当したロキッシュな「Bloodline Anthem」、これはあんまり好きじゃないかな(笑)。古くからの馴染みであるP.K.が製作を担当した続編「Damien III」、不気味なオカルトサウンドがあまりに前に出過ぎていて、あんまり好きになれないイロモノ曲。またまたDMX自身が製作を担当した「When I'm Nothing」はかなり素敵なメロウ仕上がり、Stephane Mills「Whatcha Gonna Do(With My Lovin')」を下敷きにしたソウルフルなメロディアスな流麗トラックに、本家Stephane Mills本人を引っ張り出してフックを歌わす高揚曲です(最高)。Kidd Koldなる人物が製作を担当した繊細なシンプルループで紡がれた「I Miss You」もなんだか耳に残る、それもこれもゲスト参加のFaith Evansの綺麗な歌声が添えられているからでしょう(断言)。こういう静寂系統のメロウ物でもDMXの吼え声は上手く乗るから不思議、流石は一流だと感心します(鳥肌)。「I'ma Bang」は我らがJust Blazeによる製作曲、なんですがJust Blazeファンの僕でさえ納得のいかない感じのする不完全燃焼なトラックメイク(残念)。いや、まぁJust Blaze好きの僕だからこそ納得出来ないだけで、普通に考えればこのシンプルなエッジループは斬れ味鋭くて合格点なのかもしれませね(実際に点数をつければ85点ぐらいの出来映え)。そんな物足りなさを挽回させてくれると踏んでいた本作唯一のSwizz Beatz製作曲「You Could Be Blind」も今一歩(愕然)、Swizz Beatzの奥方であるMashondaまで引っ張り出しているんですがそれでも物足りない、やっぱりDMX作品の出来不出来はSwizz Beatzとどれだけの化学反応を起こせているかに掛かってると思う。そんなSwizz Beatzがいつもと違ったちょっぴりスピリチュアルな高音使いを披露した「Minute For Your Son」はなかなかの味付け、ここでMashondaを使ったら良かったんでは。あと国内盤では隠しボーナストラックとして冒頭にDJ Kay Slayが登場する「Bloodline Preview」、MysonneとDrag-Onが参加した「Problem Child」「Shit Still Real」の3曲が収録されています。

やはりDMXは凄まじいですね、DMXがラップしているってだけで充分に楽しめます。相も変わらず吼え捲くっている訳ですが全然煩いとは感じないから凄い。Ja RuleとのBeefも終わらせたみたいだし、Swizz BeatzのトラックでDMXとJa Ruleの共演なんか聴けたら面白いんだけど(夢)

Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Foxy Brown「Chyna Doll」
fb-cdc.jpg


Ill NanaことFoxy Brownの通算二作目となる『Chyna Doll』を御紹介。Foxy Brownといえばまたの名をIll Nanaというのは有名ですが、もう一つの名前がこのChyna Dollらしいです、まぁ定着してはいないですよね。Lil' Kimと並んでHip Hop界を代表する女性MCであるFoxy Brown、ジャケットはちょっと不味いかなぁと(苦笑)。
それでは内容も不味いかと言いますと……けしてそうではなく、そこはやはりFoxy Brownだけあってかなりの力作となっております。まずはRobert "Shim" Kirklandなる人物による製作の「Chyna Whyte」で幕開け、静かながら緊迫感あるトラック上でクールにラップするFoxy Brown嬢が格好良過ぎます。ちょっと跳ねる様なビートながら生楽器っぽい鳴りがたまらない「My Life」はなんとKanye WestとBad Boyお抱えの製作チームThe HitmenのDeric "D-Dot" Angelettie(MixはKen DURO)が製作、組み合わせも超強力ながらトラックもかなり良い味してて最高。サンプリングにGeorge Benson「California Dreamin」を使用、マジでカッコイイっす(褒)。続く「Hot Spot」はIrv GottiとLil' Robによる製作(ソングライティングにはS.Carter(Jay-Z)の名も)、ここでも切れ味鋭いエッヂ効いたトラックがFoxy Brownのラップを加速させます。「Dog & A Fox」はタイトルそのまま、狐ことFoxy Brownと犬ことDMXの強力競演、製作は勿論Swizz Beatzが担当しています。Swizz Beatzの十八番シンセトラックは今となってはちょっとありがちだけれど、やはりDMXの咆哮で風味が増すんですよねぇ(流石)。Charly "Shuga Bear" Charlesなる人物が製作を担当した「Job」は爽快疾走チューン、ゲストには小悪魔Myaが参加。もうこれはMyaのフックの妙技でしょうね、Foxy BrownのクールさにMyaのキュートさの対比が素晴らしい。「I Can't」 はTyrone FyffeがWham「Everything She Wants」を下敷きにしたメロディアスなトラック、ゲストにBad Boy Records所属の女性ボーカルグループTotalが参加、妖しくフック歌ってます。「Bonnie & Clyde Pt.Ⅱ」では我らがKing Of N.Y.ことJay-Zがゲスト参加、制作はTyrone FyffeでサンプリングにAngela Winbush「Secret Rendezvous」を使用。ここではもうガッツリJay-Zがラップかましているんで僕は大満足、Jay-Zは後に恋人Beyonceを迎えて「Bonnie & Clyde '03」という曲を発表しています。続いて「4-5-6」ではそのJay-Z率いるRoc-A-Fellaの三本指、Beanie SigelとMemphis Bleekが援護射撃、Bernard Parkerなる人物による製作のガチャガチャトラックで暴れ回ります。「Ride(Down South)」はMo-Suaveなる人物が製作したシンプルでシリアスなトラック、タイトル通りサウスより8 BallとMJG、それからJuvenileが参加の凶力チューン。なんですがそんなに灰汁が強くない、現状のサウスみたいなバウンスではないですからね。「Baller B****」ではウェストよりToo ShortとPretty Boyが参加、相変わらずちょっと可愛い感じのToo Shortが憎めません。Tyrone Fyffe製作の「Trampoline」ある曲使いの「Tramp」が面白跳ねビートで聴いてて面白い、ですがきちんと王道Hip Hopは硬質さが残ってて絶妙。最後を飾る「It's Hard Being Wifee」ではNoreagaが参加、この二人といえばRoc-A-Fellaと最近契約してましたし、Raggaeっぽい風味を効かせる辺りも似ていたりしますね。しかしここではRobert "Shim" Kirkland製作のシリアスビートで冷たく激突、こうやって聴くとNoreagaもなかなかですね。

この作品も素晴らしい仕上がり、この頃で言えばLil' Kimと互角のクオリティですね。その後の作品ドロップが上手くいっていないのが痛恨のダメージなのは明らか、しかし今でも彼女のファンが新作を町望んでいるのも明らかですよね。

Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil' Kim「Hard Core」
Lil_Kim_-_Hard_Core(album).jpg


“Queen Of Bitch”の異名をとる女王様Lil' Kimのデビューアルバム『Hard Core』を御紹介。もう誰でも知ってるベテラン女性MCで“Queen Of Bitch”を自身で名乗るLil' Kim様の記念すべきデビューアルバム。女性MCと言ったらLil' KimとFoxy Brownでしょう、やっぱり(断言)。そんな僕の中では特別好きなLil' Kimのデビュー盤、チェックしない訳にはいかないクラシックな仕上がりとなっています。
この頃のLil' Kimと言えば……やはりThe Notorious B.I.G.の愛人時代って感じでしょうか、まだ公にはしてなかったのかな……というより公言はしてないんだっけ、まぁとにかくBiggie率いるJunior M.A.F.I.A.の紅一点として、この作品から華々しい活躍を続けている訳です。最初からいきなりクラシックな匂いがプンプンのネタ使い曲「Big Momma Thang」はStretch Armstrongによる製作、下敷きにSylverster「Was It Something I Said」を使用。短いループ効果的に配した極上グルーヴなトラックだけでも充分に御機嫌なのに、なんとJay-Zまでが参加してクールなラップを聴かせてくれるんだから文句無しですよ(興奮)。「No Time」はDiddy(現在)ことSean "Puffy" Combsが製作を担当、下敷きにLynn Colins「Take Me Just As I Am」を使用しています。これまた超クールなネタ使いのトラック上で、The Notorious B.I.G.とPuff Daddy(当時)の声がちょっぴり聴こえるのが味噌ですな。「Spent A Little Doe」は玄人であるSkiが製作担当のメッチャ渋い昆布茶曲(褒)、悲哀のこもった繊細なピアノの旋律が美しいこのトラックはFrank Chacksfield & Orchestra「50 Ways To Love Your Lover」を使用した美麗曲。Andraeo "Fanatic" Heard製作でJeff Lorber「Rain Dace」使いの渋甘メロウ「Crush On You」なんかはモロにこの時代を反映したナイストラック(鳥肌)、ここではLil' KimだけでなくJunior M.A.F.I.A.の面々がマイクリレーを展開。ちょっぴり隠し味程度に使われているBiggieのフックがまた絶妙な匙加減でたまらない(鼻血)、全体的にこういう形でBiggieが関わっていてそこのこのアルバムの魅力。Fabian Hamiltonが製作を担当した「Drugs」も僕の涙腺を刺激するぽわわんと音が浮かんで弾けるメロウ系のトラック、フックではBiggieが思いっきりくぐもったあの声を聴かせてくれますし(鳥肌)。Lil' Kimを象徴するトラック名の「Queen B@$#h」はBad Boy Recordsお抱えの製作チームThe HitmenのCarlos BroadyとNashiem Myrickが担当、このトラックも緊張感漂う感じがヒリヒリしてLil' Kimに非常に合っている、しかもBiggieがちょっとラップ入れてるし。またまたThe HitmenよりPrestigeが製作を担当した「Dreams」は、たる~くも黒いトラックはJames Brown「Think(About It)」使いって事でちょっぴりファンキー。今やLil' KimとはBeefの真っ只中にある元同胞であるJunior M.A.F.I.A.が参加した「We Don't Need It」、ちょっぴりメロウでかなりイケてる、また再結成しないかなぁ。「Not Tonight」では驚く事にJermaine Dupriが製作で登場、これまた大ネタ中の大ネタであるGeorge Benson「Turn Your Love Around」を使用、おかげで清涼感ある一曲に仕上がっていてどこまでも爽やかな香りを残します(素敵)。一番最後の「**** You」はThe Notorious B.I.G.が製作&ゲスト参加、そんな良いトラックではけしてないけど、やっぱりBiggieの製作ってのは大きいか。

最近のLil' Kim作品を聴いている人がコレ聴くとビビるでしょうね、あまりにタイト過ぎて(尖)。本当に通なトラックメイキングで格好良い、地味に感じるその直向さがキラリと輝いています(最高)。Lil' Kimのラップってなんか格好良くて好きなんです、昔も今の作品もね。最近ではTVの仕事が忙しいみたい、早く新作を聴かせて欲しいな。

Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Missy Elliott「Supa Dupa Fly」
missy-supacovs.jpg

見た目も大型な新人だったMissy "Misdemeanor" ElliottことMissy Elliottのデビューアルバム『Supa Dupa Fly』の御紹介。今ではもう知らない人は居ないってぐらいに女性MCの中でもトップの人気を誇っているMissy Elliott、そんなMissy Elliottのデビューは勿論、旧知の仲であるTimbalandが全曲を製作している力作で御座います。当時この二人が打ち出したビートは革新的過ぎて一部では受け入れられなかった様ですが、今では完全に全国区、一つのブランドになっていますよね。
と言う訳で本作の内容を楽しむとするならば……やはりTimbalandサウンドが日の目を見たって事ですよね。Timbalandの創る奇天烈トラック(通称チキチキ)は当時あまりに斬新過ぎて、あまりウケは良くなかったらしいです。がしかしその後すぐにTimbalandサウンドは広く世に受け入れられ、あっという間に人々を洗脳したのでした(当然)。本作でもそんなTimbalandのぶっ飛んだ音が満載、まだキャラが立ってないMissy Elliottなせいか、どうしても音に耳を奪われてしまいます。「Busta's Intro」はBusta Rhymesが登場、イントロだけでラップさせないんだから贅沢、というか勿体無い。「Hit 'Em Wit Da Hee」では大の仲良し(の筈)のLil' Kimが登場、ここはやはりLil' Kim女王に軍配が上がりますな。かなりロウなテンポながらもMissy Elliottの歌声と小鳥の鳴き声で明るさも感じる「Sock It 2 Me」、ゲストにはDa Bratが参加。「Rain(Supa Dupa Fly)」ではTimbalandの口スクラッチが後ろで鳴ります(痺)、うねる様なトラックとMissy Elliottの怪奇なラップがなんとも不気味。これまたTimbalandの口音連続録音で構成された今じゃお決まりのトラックが用意された「Beep Me 911」、ここでは女性グループ702とTimbalandの相棒であるMagooが参加。702のボーカルで少し空気が浄化されるも、Magooのあのぶっ飛んでる鼻声ラップで旋風が起きてやはり中毒起こしてしまいます、あのねっちょり鼻声ラップがたまらんです。「They Don't Wanna Fuck Wit Me」でやっとTimbalandが表舞台に登場、相変わらずクールなラップを澄ましてブチ込みます(流石)。僕はTimbalandのあの低い声がかなり好き、だからPharrellみたくもっと前面に出て頂きたい(笑)。引き続きTimbalandがゲスト参加した「Pass Da Blunt」もイカシテル、硬質なDrumsにシンセ音がふんわり絡む心地良い一曲。ぐにゃぐにゃとした夢世界に誘われる激メロウな「Friendly Skies」では元Timbaland一派のGinuwineが参加、Missyも歌っていますしGinuwineがまったりと溶け込みます。「Best Friends」では今は亡き才女、Aaliyahが艶かしい歌声で僕らを魅惑します(惹)。Timbaland御得意のダークでスロウなR&Bトラックに、仲良く身を委ねる二人に思わず涙。ヒューマンビートボックスがぶっ飛んでいる先鋭的な「Gettaway」ではSpaceとNicoleなる二人が参加、トラックは最近のTimbalandっぽさを感じるバチバチ音が癖になる。

本作はMissy Elliottがラップというより歌っている感じが強いですね、なんてたってMissy Elliottは昔、Sistaという女性ボーカルグループを組んでいたんですからね(周知)。Timbaland熱が再燃している現在、原点に戻ってこの作品に触れるのも良いかもしれません。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Monica「The Makings Of Me」
monica.jpg

大ベテランであり、母親にもなったMonicaの通算五作目となる『The Makings Of Me』を御紹介。一見地味な印象を受けるMonicaではありますが、毎回なんだかんだでヒット作となっているのはやはり実力があるから(一流)。皆様と一緒で僕もMonicaは大好きです、Lauryn HillとTLCとMonicaのアルバムを昔はずっと聴いていましたから(懐)。そんなMonicaの最新作って事で、ずっと気になっていてだいぶ経ってから購入しました(遅)。ジャケットの上半身裸に縄ってのはどうゆう意味なのかな、髪の毛もバッチリとイメチェンしてますね。
気になる内容はと言いますと……もう御約束の良質R&Bって感じでもうこれは当たり前、安心して聴けるのは勿論で御座います。まずは先行シングルとなった「Everytime Tha Beat Drop」の登場、この曲を最初聴いた時は本当にMonicaなのかなとちょっと疑いましたね。正統派って感じだから意外だったし、それが功を奏しましたね、歌声はMonicaで安心です。Jermaine Dupri(製作総指揮をL-Roc、ソングライティングにJohnta Austin)が製作したDem Franchize Boyzのヒット曲「Lean Wit It, Rock Wit It」をガッチリ下敷きのパンチあるトラックに、御本人であるDem Franchize Boyzが援護射撃、ガツンとヤラレました。続いては前作からの繋がりでMissy "Misdemeanor" Elliottが製作した激メロウな「A Dozen Roses(You Remind Me)」、この曲はCurtis Mayfield「The Makings Of You」をサンプリングしています。Missy Elliottはこういうの作らせたら上手いなぁ~(感心)、この曲は本作を象徴する一曲ですよね、懐かしさ溢れる温かい45回転トラックがたまらないです(惚)。「Sideline Ho」はR&B作品にはもう欠かせないThe Underdogsが製作を担当、今回は哀愁抑えめで少し軽めのスロウで僕を昇天させてくれました。ピアノ音がどこまでも心地良く響く「Why Her?」はJermaine DupriとManuel Sealのコンビ(久々かな)が製作を担当しています、晴れやかに爽やかなシンプル曲に、Monicaの歌声が綺麗に重なり思わず空を見上げたくなります。「Hell No(Leave Home)」はBryan-Michael Cox(製作総指揮をSean Garrett)が担当した、これまた流れる様なメロディと様々な音が混じった緻密な一曲。ここで力を貸すのはTwista、こういうメロディアスなトラックでのTwistaの仕事は本当に冴えている、雰囲気を全くぶち壊さず味わいを増すんです。「Doin' Me Right」は再びMissy Elliottの製作曲、ここではThe Whispers「Chocolate Girl」を綺麗にサンプリング。途中でギュイギュイとスクラッチとMissy Elliottの奇声が入るまたまた美味しい一曲、やはりMissy Elliottは巧い。「Raw」ではこれまた以外なSwizz Beatzの参加、少し静かな感じではありますがそれでもやはりSwizz Beatzの煽りラップが挟まった可愛く弾けた面白い一曲に仕上がっています。うるさいのか静かなのかどっちかつかない感じが聴いてて癖になる、Swizz Beatzって本当に面白い。「My Everything」はThe Underdogsが正面から真っ向勝負、正統派で王道でこれぞMonicaって曲を用意してくれた安心しきってしまう極上スロウ。最後を締め括る「Getaway」には文句なしに心臓撃ち抜かれましたねぇ(必殺)、ピアノを基調とした柔らかで美しいキラキラトラックにMonicaの潤いに満ちた歌声が響き渡る最高のバラード。製作はJermaine Dupri、PianoとKeyboardsを担当しているP.J. Mortonなる人物がソングライティングもこなしているみたいです、凄い注目しちゃいますね。

全部で10曲ってのはやはり物足りない気もしますが、勿論それでも充分に楽しめる極上の一枚となっております。結婚と出産を経てより素敵な女性へと進化したMonica、いつまで経っても彼女の作品は楽しみで仕方ありませんねぇ(期待)。曲数こそ少ないですがかなりお薦め、是非聴いてみて下さい。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Wyclef Jean「The Preacher's Son」
Wyclef_Preacherscovs.jpg

言わずもがなThe Fugeesの頭脳的存在であったWyclef Jeanの通算四作目となる『The Preacher's Son』を御紹介。最近ではもっぱらThe Fugeesの再結成話が浮上してはそのままプカプカで御座いますが、早く復活して頂きたいものです(期待)。まぁとにかく、僕はこのWyclef Jeanも大好きなアーティストです。
気になる内容はどんなものかと言いますと……毎回普通のHip Hopとは違った味付けで僕らを楽しませてくれるWyclef Jean、今回もその趣はそのままにかなり魅力を振り撒いてます(最高)。まずは完全なThe Fugees味がたまらなく鳥肌モノな「Industry」、製作はWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisの御両人。この二人といえばYing Yang Twinsの最新作『Chemically Imbalanced』でその手腕を揮っていましたね、この後もずっとこのタッグで曲は製作されています。「Party To Damascus」ではMissy Elliottがまさかの参加(驚)、もうこれは完全なTimbaland趣味って感じのトラックで、かなりMissyを意識した仕上がりで御座います。がしかしきちんとWyclef Jeanの味も活きてて、ちゃんとまとまっているんだから凄い。「Celebrate」では大御所であるPatti Labeleがその素晴らしい歌声を惜しげもなく披露、これがまたたまらんのですわぁ。そしてもう一人あのCassidyがラップで援護射撃をかましてます、こんな若手を起用するWyclef Jeanも、そして起用された(しかも一聴してすぐCassidyだと分かる)Cassidyもかなり凄いし格好良い(悔)。完全Wyclef風味なギター絡む「Baby Daddy」では、元気一杯にキレているRedmanが相変わらず勢いのあるラップを披露。「Three Nights In Rio」はもうHip Hopではありません、Wyclef御得意のカリビアン風味のノリノリ曲(踊)。しかもこの曲にはCarlos Santanaがゲスト参加、Carlos SantanaはLauryn Hillの名曲「To Zion」にも参加していましたね。そして僕的な本作の超お気に入りの一曲が「Class Reunion」、心地良い風が吹き流れるゆったり南国トラック上でWyclef Jeanが歌ったりラップしたり。そしてここで華を添えるのがあのMonica、Monicaって本当に歌声が女性っぽくてカッコイイ、たまらん組み合わせです(溺)。「Baby」ではWyclef Jeanが裏声で完全に歌っちゃってます(昇天)、製作はWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisに加えて、あのTeflonが参加しています。「I Am Your Doctor」はElephant ManとWayne Wonderを迎えた完全なRaggae調な曲なんですが、良い感じで肩の力が抜けてて気持ち良いんですよ~。Sharissaなる女性シンガーを招いた「Take Me As I Am」も良い感じでキラキラしてて素敵ですね、爽やかな風が心の中を吹き抜けます(爽快)。「Next Generation」では最近Busta Rhymesの元を離れたRah Diggaと、南部の生ける伝説Scarfaceがゲスト参加。Rah Diggaには申し訳ないけれどScarfaceがとにかく格好良過ぎる、この渋さはもう本当に必殺でたまらんです(卒倒)。中近東スパイスなトラックで怪しく迫る「Rebel Music」、この曲ではMobb DeepのProdigyがゲスト参加(燻銀)。しっかしせっかくならばHavocも参加して欲しかった、そしてHavocの作ったビートにWyclef Jeanが乗っかっても良かった(欲張)。

作品としてはかなりまとまりもあるし、ゲストも有名スターばかりでゴチャゴチャしてなくてスッキリ聴ける一枚に仕上がっています。これから夏に向けて購入しておいても良いんじゃないでしょうか常夏爽快を味わいたい方は是非聴いて頂きたい、あとThe Fugeesファンの方にもね。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Dwayne Wiggins「Eyes Never Lie」
dwayne-enlcovs.jpg

僕も好きなグループでもあるTony!Toni!Tone!に所属していたDwayne Wiggins初のソロアルバム『Eyes Never Lie』を御紹介。Raphael Saadiq、Timothy Riley、そしてこのDwayne Wigginsで結成されたのが言わずと知れたTony!Toni!Tone!で御座いますね(拍手)。彼らの世界観が僕はかなり好きだし、何よりRaphael Saadiqのファン(歌声も製作曲も)でもあります(公言)。そんな僕だからDwayne Wiggins(Raphael Saadiqと兄弟、Timothy Rileyは従兄弟)は勿論知っていましたし、彼Dwayne Wigginsが関わったAlicia Keys「Diary」は最高の仕上がりでした(涙)。
元々Tony!Toni!Tone!の中でもギターを担当していたDwayne Wiggins……だからこのソロ作もきっとギター主体だろうと思ってましたが、当然のようにそうでした(笑)。勿論製作も全てDwayne Wigginsが担当、ゲストは一切ありません。色っぽくゆったりと奏でられるギターと共にDwayne Wigginsのリラックスした歌声が響く「Fly Me To The Moon」、Raphael Saadiqでも出てきそうなグルーヴとホーンが心地良い「R&B Singer」、アダルトな雰囲気醸し出しまくりの完全歌モノな「What's Really Going On(Strange Fruit)」は個人的にかなり好き、Dwayne Wigginsは普通に歌も上手く歌えるんですよ(驚)、まぁRaphael Saadiqとちょっと似てるんですが。少し不安定な浮遊感あるトラック上で神経質に波打つ「Move With Me」は不思議、幾重にも重ねたDwayne Wigginsのこもった歌声にヤラれる事請け合いな「Flower」、Dwayne Wigginsの完全なギターソロ曲「Tribecca」、そこから流れ込む極上の歌モノミッドチューン「Eyes Never Lie」、イマドキなHip Hop色ある隙間を活かしたR&Bトラック「Don't Sleep」はDwayne Wigginsの裏声フックが最高、そんなDwayne Wigginsの必殺ファルセットが始終聴けるEW&F顔負けな極上スロウ「Let's Make A Baby」、Tony!Toni!Tone!時代からの十八番トラックを拵えた「Rollin' Mountain」、最後の最後にかなりイマドキなトラックを叩き込んだセンシティブなスィート曲「Pushin' On」も僕は大好きです。

僕は楽しめた一枚だけど、普通の方にはあまりその心地良さが伝わらないかも(哀)。インパクトという点ではきっと欠けていると思うし、Dwayne Wigginsの歌声もありがちっちゃぁありがちかも。それでもTony!Toni!Tone!が好きな僕としては嬉しい一枚でした、Raphael Saadiq同様いろんな方に極上トラックを提供して頂きたいです(期待)。

Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Destiny's Child「Destiny's Child」
destiny-destinycovs.jpg

今世紀を代表するガールズグループとなったDestiny's Childの衝撃デビュー作『Destiny's Child』を御紹介。この時まだ確か16歳の彼女達、本当に恐ろしいです米国(笑)。今こうやって聴いてもきちんとDestiny's Childしてるのが凄い、実力もきちんとあってブレなど全く無し。相変わらずリードを執るのはBeyonce、もう完成されていますよね。
気になる内容はと言いますと……これまた豪華な製作陣が脇をガチッと固めていて間違いの無い素敵な仕上がりとなっています。まずは幕開けを飾るしっとりと美しい光を放つ「Second Nature」、Raphael Saadiq率いるTony!Toni!Tone!のDwayne Wigginsが製作を担当。Dwayne Wigginsが奏でるギターが渋く切なくたまらない、サンプリングにIsley Brothers「Make Me Say It Again Girl」をベッタリ使用しています。「No,No,No, Pt.2」はもう皆さん知ってるDestiny's Childの代表曲の一つ、コレ無しにDestiny's Childは語れません。製作は御存知Wyclef Jean、エッヂの効いた鋭いビート上でクールなフックが光ります、Wyclef Jeanの独特なラップもカッチョエエ。「With Me, Pt.1」はこれまた今や大御所のJermaine Dupri(とManuel Seal)が製作を担当、軽くバウンスした近未来的なチキチキサウンドを展開。JD得意の鼻声へなへなラップも良い味出してます(笑)。「Tell Me」はこれまた今や黄金タッグのTim & Bobが製作を担当した大人なスロウ曲、Beyonceはこの時から既に色っぽかったんだなぁ(優雅)。「Bridges」はDwayne Wiggins製作の完全なるTony!Toni!Tone!仕様な一曲、いつどこでRaphael Saadiqが出てきてもおかしくないです(笑)。生楽器っぽいゆったりグルーヴが心地良い一曲、Raphael Saadiqも参加していれば(期待)。世間的には全く知られてない「No,No,No, Pt.1」はVincent HerbertとRob Fusariの二人が製作、これはまた全く違ったまったりスロウで僕はコッチも好きです。これまた続編の「With Me, Pt.2」はKLC、Odell、Craig Bの三人、ゲストに南の金持ちMaster Pが参加したなかなかクドイ一曲。サンプリングにMaster P「Freak Hoes」を使用したサウスで安っぽい電子音がイカシてるトラック、Master Pの迫力も凄い。またまたDwayne Wigginsが得意のギターで僕を泣かせようとする哀愁たっぷりな「Killing Time」、全ての楽器を演奏しているDwayn Wigginsって本当に凄いよなぁ(感動)。Wyclef Jeanが製作を担当しThe Fugeesから相棒のPrasを連れてきた「Illusion」、これは他の曲とは全く味付けが違ってて面白い、Prasもなかなかラップが格好良いですわ。Corey RooneyとMark Maralesのコンビが製作したピアノが主の神々しい一曲「Sail On」はかなり好き、心がスーっと清められていくのが自分で分かるんです。こういうキラっとした清涼曲を、青空広がる野っ原に寝転がりながら聴けたら最高です。最後の「My Time Has Come」は完全にピアノ独奏って曲にBeyonceの歌声が凛と響く、Destiny's Childが単なるアイドルグループでない事をこの曲が証明しています。

いや~大満足です、最近のDestiny's Child(もしくはBeyonce)しか知らない方は是非聴いてみて下さい。彼女達がこれまでずっとトップを独走していた意味を、完璧に思い知らされる事と思います(断言)。とにかく通な製作陣がたまらんです、要チェックな一枚で御座います。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Beyonce「B'Day [Deluxe Edition]」
beyonce-bdaydeluxes.jpg

僕の大……ッ好きな女性であり歌姫、Beyonceの毎度の御約束の後発豪華盤『B'Day [Deluxe Edition]』の御紹介。勿論分かっていましたよ、最初に『B'Day』を購入する時から、絶対に後から何かしらを追加した特別盤がリリースされるであろうと(確実)。ですがやはり後発盤をおとなしく待つなんてBeyonce好きの僕には出来なくて購入したんです。で案の定今回の豪華盤が出ました(笑)、しかし新曲5曲を追加収録した上にDVDまでが付いて、なんと3200円ってのは安いと思い迷わず購入。ホント、Beyoneの思うツボですよ。
それでも本作を購入してよかったとは思っていますよ……今回の『B'Day Deluxe Edition』は通常の『B'Day』とはまず収録曲順が違うんです、その為かまたちょっと違った印象を持つ(違った面白さを持つ)モノに仕上がっているかと。まずはなんといっても今回の要注目曲である「Beautiful Liar」が登場、なんとあのShakiraと豪華な共演です(興奮)。僕的にShakiraといえばWyclef Jeanとの「Hips Don't Lie」が最高に熱かった、二人の相性は抜群だったしShakiraは綺麗で艶っぽいし(溶)。そんなShakiraとBeyonceって事でセクシー爆発、お互い一歩も譲らぬ歌声で思った通りの出来上がり。Shakira仕様かちょっとラテンなこの曲の製作はStargate、こういう曲も容易く作っちゃうのね。続いては同じくStargateが製作を担当した超ロングヒット曲「Irreplaceable」、最初に聴いた時はあまりにポップ過ぎていかがなものかとも思ったけれど、男性に見切りをつける力強い女性の歌詞とBeyonceのあの“とぅ~ざれふ♪とぅ~ざれふ♪”で指を左にやるあの振り付けで完全にヤラレました。パーカッションが始終鳴り響くもどこかクールさの残る「Green Light」はThe Neptunes製作、この曲は今こうやって聴き返すとかなり癖になる病み付きトラック、これでPharrellのフックとかあったら最強だったのでは。そのままThe Neptunesが高音シンセを活かしたゆったりトラックを提供した「Kitty Kat」、どこか妖しげで可愛い女の子っぽい一曲。「Welcome To Hollywood」はJay-Z『Kingdom Come』でBeyonceが客演していた曲、ここではJay-ZのパートまでをBeyonceが歌い上げています、恋人同士だとこういう事も簡単に出来て良いですね(笑)。Cameron Wallaceなる人物(あとSean Garrettも一枚噛んでます)が製作を担当した「Upgrade U」はサウス仕様な一曲、Jay-Zのラップもいつもとちょっと違った韻の踏み方でカッチョエエ~(惚)。この曲は歌詞もまた面白い、二人の掛け合いも面白くてハマッてる。「Flaws And All」は新曲でShea Taylorが製作を担当、加えてソングライティングにはShaffer Chimere SmithことあのNe-Yoが参加しているんです。朝の目覚めの様な柔らかなトラックと、とにかく愛に溢れた歌詞とがとても素敵、誰かを心底信頼できて愛せるって凄いなぁ。続く「If」も新曲です、Stargate製作&Ne-Yoソングライティングの最強タッグ。御得意のドラマチック(悲劇的)なトラックに合わせて切々と丁寧に歌い上げるBeyonce、映画を彷彿とさせますよねぇ。「Get Me Bodied(Extended Mix)」はオリジナルとはちょっと違う、最後の方がかなりアレンジされててより面白い弾け方になってます(笑)。Swizz Beatz趣味が爆発って感じですな、この曲が掛かってる間はずっと体を跳ねて揺らしちゃいますよね(上下)。Rich Harrison製作のジリジリと高揚する「Freakum Dress」も良いけど、同じRich Harrison製作なら生楽器ジャカジャカな完全Rich Harrison風味の「Suga Mama」の方が好き、Beyonceの跳ねる歌い方も面白いし。「Deja Vu」「Ring The Alarm」はずっとかかってたから、今更触れる必要ないでしょう。あとはThe Underdogsが製作した美曲「Listen」をちゃんと収録、これは絶対に収録しなきゃならなかった、Beyonceの実力を皆にきちんと知らしめる為にも(披露)。あとはBun BとSlim Thugをゲストに迎えたSwizz Beatz製作の跳ねた「Check On It」も収録、この曲はホント可愛いですよね。一番最後に収録された「World Wide Woman」も新曲、製作をRodney "Darkchild" Jerkins(Sean Garrettも参加)が担当。この曲がまた涼やかと親しみやすさを併せ持った快作なんですよ~、Rodney Jerkinsは本当に引き出しが多いですよ(頭下)。高いところをテンポ良くゆくBeyonceのフックが耳に心地良く響く、これシングルにしても売れるだろうなぁ。

『B'Day』既に購入していますって方でも、この『B'Day Deluxe Edition』はかなり楽しめるんじゃないかと思います(薦)。まだ購入してなかったという方は幸運、この特別盤はかなりお得で御座いますよ。僕はやっぱりBeyonceが大好き、聴いてて落ち着くし元気にもなるし、本当にエンターテイナーだなぁと感心。あと金稼ぎも上手いね、彼氏に似て(笑)。

Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Goodie Mob「One Monkey Don't Stop No Show」
GoodieMob-onecovs.jpg

Goodie MobはKhujo、Big Gipp、T-Mo、それからCee-Loから構成される四人組Goodie Mobの通算四作目『One Monkey Don't Stop No Show』を御紹介。……だったんですがCee-Loは本作前にGoodie Mobを脱退、てな訳で本作はCee-Lo以外の三人で製作されています(残念)。このGoodie Mobの面々はあのOutkastの作品に頻繁にfeat.されていますね、何故ならOutkastとGoodie MobはDungeon Familyというクルーを組んでいます。
そんなこんなで内容に触れていきますと……かなりサウスで胃に負担のかかるダーティトラックが詰まってるのかなと思っていたんですが、これがなかなか清涼感のあるメロウトラックも思いの外詰まってて。しんと静まるトラックの中で三人がきちんと色の別れたラップを聴かせる(フックをWitchdoctorが担当)「God I Wanna Live」、製作はRay "Yoda" Murray(Organized Noize)が担当。シンプルなビートながら耳にこびり付く「123 Goodie」はDJ Paul製作、これってThree 6 MafiaのDJ Paulでしょうか(疑問)。Nelly「Na-Nana-Na」の元ネタである「In Da Streets」はJasper Cameron製作&ゲスト参加、Nellyの時もJasper Cameronは参加していました。曲のイントロからしてもう気持ち良さが爆発してしまう激メロウな「Dead Homies」はCool & Dreが製作を担当、本当にクルドレ(Cool & Dre)はこういう曲作るのが上手い(一流)、これでDreの歌声が挟んであったら(惜)。Speedyなる人物が製作を担当した「Grindin」は完全なサウス仕様、只でさえ暴れ回っているトラック上でゲストのBone Crusherが更に破壊しまくりで御座います(笑)。同じくSpeedyが製作を担当した「High & Low」はゆる~くサイレンが流れる不穏な一曲、ゲストにMario Simpsonが参加し歌声を披露。またまたSpeedyが製作、さらにスクラッチし捲くる激走トラック「Big City」はもうそのスピードが病みつきですな。最後を飾る「Play Your Flutes」はJ.Wells製作、KruptとSleepy Brownと本作で唯一の豪華ゲスト参加曲。これまたゆる~い爽やか系トラックにSleepy Brownの御洒落過ぎる歌声が空気を清浄化、Sleepy Brownは本ッ当にたまらんです(惚)。

Cee-Lo在籍時のGoodie Mob作品を知らない僕ですが、そんな僕でも(そんな僕だから?)楽しめた一枚でした。これでCee-Loが居たら確かに最強でしょうねぇ、かなり中毒性の高い軍団だったろうなと想像するに易いです。でも三人でも充分頑張ってます、サウス好きなら一度は聴いてみて下さい。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Cee-Lo「Cee-Lo Green And His Perfect Imperfections」
CeeLoperfect-Covers.jpg

怪鳥の様な歌声(鳴き声?)で存在感抜群なCee-Loのソロ第一弾『Cee-Lo Green and His Perfect Imperfections』を御紹介。まず何よりこのジャケットからして怪しさ満開の輝きでギラギラ、もうこれは購入せずにはいられないでしょう(笑)。その容姿だけでなく歌声からキャラまでが奇怪なCee-Loのソロデビュー作、てな訳で否が応にも期待は高まるばかりな訳で。
で内容はどうだったかと言いますと……やっぱり奇怪なファンキーがガッツリ詰まってて痛快、面白くてたまらないです。まず全ての楽曲をCee-Lo当人が手掛けているってのが凄い、彼が芸術家肌な男なんだという事を改めて思い知らされました。民族楽器の様な打楽器が鳴り響く中を鳴き声発して飛び回る「Bad Mutha」は、Primus「Wounded Knee」をサンプリング。尺八みたいな笛(オーボエ?)の音がアクセントになったラップ曲「Close Encounter(Break)」はとにかく全力激走、そのままホーンの効いたトラックをCee-Loが駆け足で駆け抜ける奇想天外な「Closet Freak」、エレキギターをぶち込んだサウスっぽい印象の強い“いえっさ~ぁ♪フックが売りのロキッシュ曲「Live(Right Now)」、ぽわんぽわんと鳴る音とシンセの絡みがたまらなくファンキーな「El Dorado Sunrise (Super Chicken)」、ぽろろんと鳴る弦楽器とリラックスしたホーンの音の下で低いシンセ音が鳴り続けるロウな「One For The Road」、まどろんだ空気感が夏の蒸し暑い夜の様な魅力のある「Spend The Night In Your Mind」、Big GippとBackboneをゲストに迎えためちゃ可愛い遊園地トラック「Suga Baby」、乾いたピアノ音と共にCee-Loの洒落た歌声が跳ねて回る勇気溢れる「Gettin' Grown」、歪んだ音の中をCee-Loが自由に歌い回るこれまた癖のある「Under Tha Influence(Follow Me)」、とにかくどれもCee-Loによる製作で一筋縄でいかないものばかりです。そんな中でも最も素敵なのが一番最後に収録されている「Young Man(Sierra's Song)」、天に誘われて神様に抱かれてしまいそうなピアノを基調とした優しいトラックで、Cee-Loは若者を道を踏み外さぬように道を示してあげています。

本当に濃い一枚、あまり素人受けする感じではないかもしれませんね。でもgnarls barkleyはあれだけの爆発的大ヒットを記録した訳だから、Cee-Loが馬鹿ウケする日もそう遠くはないハズです。Cee-Loの作品、早いとこチェックした方が良いですよ(薦)。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Trick Daddy「Thug Matrimony : Married to the Streets」
trick-thugmcovs.jpg

Trinaと共にSlip-N-Slide Recordsの看板スターである南のベテラン、Trick Daddyの通算六作目となる『Thug Matrimony : Married to the Streets』を御紹介。彼方此方で客演をこなしているTrick Daddyですので、南を敬遠していた僕でもそのラップは耳にした事があったので購入しました。
気になる内容はと言いますと……まず先行シングルである「Let's Go」を聴いてサウス丸出しのお祭りな一枚だろうと思っていました。だって客演にLil' Jon(しかし製作はJim JonsinとBig D.)でサンプリングにOzzy Osbourne「Crazy Train」使いですよ、イカれていますよね(笑)。ロキッシュトラックも不得意な僕にとっての唯一の救いとなったのがTwista、彼がいるおかげでなんとか聴けた感が強いかも(笑)。しかし一枚通して聴いてみるとこれが意外とバラエティに富んでて、僕の好みな曲も結構見つかりました(発見)。Chronic Chris製作の「Fuckin' Around」ではYoung JeezyにT.I.、それからKase 1が客演、Young JeezyとT.I.が揃って客演しているってだけでサウス好きなら鳥肌モノでしょうね、この僕でもちょっとテンション上がりましたし。フックの声がどうしてもTimbalandに聴こえて仕方ない「Gangsta Livin」はChronic Chrisによる製作、勿論Timbalandは全く絡んでいません(空耳)。可愛らしいトラックでハッピーにラップする「These Are The Daze」もChronic Chrisによる製作、サンプリングにThe Brothers Johnson「Never Leave You Lonely」を使用。Eddie ScoresazyがFoster Sylvers「I'm Your Puppetを下敷きにしたこれまた可愛い「I Wanna Sang」、ここではMiri Ben-AriがViolinを弾いていて、そのせいかなんだかKanye Westチックに聴こえちゃいます(笑)。ストリートの過酷な現実を訴える「The Childrens Song」はGorilla Tek製作、子供達によるフックが凄く印象的。そして僕が最も期待を寄せていたのがLudacrisとCee-Loという間違いないゲストが援護射撃をかます「Sugger(Gimme Some)」で御座います、Mike Caren製作のちょっとスパニッシュなトラック上でTrick DaddyとLudacrisが縦横無尽に暴れ回り、Cee-Loの熱いボーカルが絶妙なスパイスになっております(最高)。「Menage A Trios」はJazze Pha製作&客演、加えてField MobのSmokeとMoney Markが客演参加しています。これよりも「4 Eva」の方がJazze Pha製作で彼らしい作り、Jazze Phaの味のある歌声も堪能できるし。意表を突かれたのが「Thugs About」、あのCool & Dreが製作していたってのもそうだけど(しかもやはりトラックは小気味良いシンセ使いで上手い)、歌フックが凄く良いんです、これはDreが歌ってるのかな、この声めっちゃ素敵だぜぃ。Happy PerezがNew Edition「If It Isn't Love」をモロ使いし、そのフックをTrey Songzがモロに歌っている「Aint A Thug」なんかは鉄板ですよね(必殺)。最後の「Down Wit Da South」はTrinaとYing Yang Twinsを呼んでもうお祭り騒ぎ(笑)、やっぱり音楽は楽しいのが一番です。しか~し、本作のハイライトはなんといってもやはりScott Storch製作の「I Cry」でしょう(当然)、R&B界の現God FatherであるRonald Isleyが情感溢れる柔らかな歌声で包み込んでくれます(涙)。内容も凄くシリアスで繊細、この曲は本当に心に響く一曲。

いや~結構好きな一枚でしたねぇ、メロウ系の楽曲がどれも良かった、高水準でシングルカットしてもヒットさせる事が出来たと思います。やはりそこはベテランのTrick Daddyだからこその腕なんでしょうねぇ。なかなかよろしいです、皆様是非チェックして頂きたい。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Anthony Hamilton「Ain't Nobody Worryin'」
aintnobodyworryincovs.jpg

温もりと渋みが共存する歌声を持つAnthony Hamiltonの通算二作目となる『Ain't Nobody Worryin'』を御紹介。いや~~~いつ見ても渋いのが格好良い苦労人Anthony Hamiltonではありますが、このジャケットはあまりに渋過ぎる(好物)。これはAnthony Hamiltonだからキマるジャケット、ディスクの方も本当のレコードみたいな作りでこれまた超グッド。この時点でもう僕は完敗してしまいました、聴く前にです(笑)。
まぁそれだけではこのブログの意味が無いので(元から意味など無いが)……内容にもちょこっと触れたいなと思います。ぽわわんぽわわわんとパーカッションで始まる「Where Did It Go Wrong?」はMark Batsonによる製作、静かにジリジリと迫る幕開けには相応しい一曲。続いて「Southern Stuff」も同じくMark Batsonによる製作、キラキラとゆったりと奏でられる温もりあるトラックがAnthony Hamiltonの柔らかい歌声にばっちり合致してます。もう完全にAnthony世界に連れてゆかれる「Can't Let Go」は懐古主義、古き良き時代にグーッと引き込まれる佳曲(Mark Batson製作)。「Ain't Nobody Worryin'」は個人的にはお気に入り、大好きなRaphael Saadiqが製作を担当しています。Raphael Saadiqらしいちょっと土臭さの香るトラックでよろし、これでRaphael Saadiqがデュエットしてたら最高だったのに~(熱望)。落ち着きある優しいキラキラ感ある「The Truth」は名コンビAndre HarrisとVidal Davisによる製作。この曲のサビが僕は大好き、何故かざわざわと感情を掻き立てられる力強さと美しさが好み。Tarsha McMillianなる女性シンガーをfeat.した「Preacher's Daughter」はChristopher "Wurlwyde" Pottingerなる人物による製作曲。聴いた感じで哀しみが先行する暗めトラックで、Tarsha McMillianはあくまでバックボーカルで御座います。これまた古~い感じがたまらなくくすぐったい「Pass Me Over」はKelvin Wootenが製作を担当、この曲はなんだか耳馴染みがあって心地良い、もちろんあったかいし綺麗でなんだか泣ける、最近は涙腺緩んでるなぁ(潤)。一曲だけかなり雰囲気が(良い意味で)違ってる気もする「Everybody」、ちょっぴり南国なこのトラックはなんとJames Poyser製作です。そして僕が本作で最も好きだと言えるかもしれないのが「Change Your World」、James PoyserとAhmir ?uestlove Thompson(The Roots)が共同で製作しています(最高)。まぁ綺麗なんです、ビューティフルです、生楽器主体の曲が素晴らしい(StringとCelloをLarry Goldが演奏)情緒豊かな抱擁曲に仕上がっています。Kelvin Wootenが再び手掛けた「Never Love Again」も素敵だし、Kelvin WootenとAnthony Hamiltojn共同制作の「I Know What Love's All About」もばっちりキマッてます。

この一枚にはグッドミュージック(良き音楽)がギッシリ詰まってます、うっすら埃を被った宝箱です。いや、何も古臭いとかそういう意味ではなく、なんと言ったらいいのか……昔を感じさせる音がどこか懐かしいんです、素敵なんです。これは普通のシンガーではそうそう表現出来ない、Anthony Hamiltonだからこそ成せる業だと断言できます。絶対に聴くべき一枚、晴れたの日の昼下がりに小説読むときに(趣味)。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2Pac「Better Dayz」
tupac-bettercovs.jpg

2Pac亡き後に残された音源を元に製作された『Better Dayz』を御紹介。今なお絶大な人気と支持を誇るTupac Amaru Shakurこと2Pac、Biggieと2Pacってのは本当にもう別格のMCとして崇められていますね(当然)。死後も何枚と作品がリリースされ続けている2Pac、そのどれもが未発表音源(しかもが高い)ばかりな為に、2Pac生存説まで実しやかに流れていたり……本当に凄いですよね。この『Better Dayz』も没後に作られた一枚、しかも二枚組なんです(圧巻)。ハッキリ言って、没後に作られるアルバムってのは個人的に好きではありません。やっぱり本人の意図する仕上がりではけしてないだろうし、物足りない()物に仕上がっているケースが多いのも否めないし。でもやはり2Pacは好きなので、本作を試しに購入したんです……驚くほどの完成度の高さ、購入して本当に良かったです(宣言)。
まずはDisc1の内容から触れてゆきますと……バツンバツンと叩きつける様な電子ビートが2Pacの力強いラップと相俟ってたまらない「Still Ballin」はFrank Nitty Pimentel製作、ゲストにはこれまた味のあるTrick Daddyが参加(渋)、Trick Daddyもまたラップが格好良くて初っ端からアクセル全開です。兎にも角にも音がオシャレでカッコイイ(あと本作では数少ない2Pacのソロ)「When We Ride On Our Enemies」も痺れる、製作はBrissなる人物。そして最強の一曲と言えるのが「Changed Man」、援軍にJazze PhaにJohnta AustinにT.I.が参加しています(絶叫)。ヒット曲量産している製作者Jazze Pha、ヒット曲に必ずソングライティングで参加しているJohnta Austin、南だけにとどまらず現ラッパー陣でもトップの人気と実力を兼ね備えるT.I.……今この曲をシングルカットしたら凄い事になります(開口)。T.I.の斜に構えたラップも相変わらずだし、Johnta Austinの歌うフックも心地良すぎ。僕の大好物な2Pacのメロウ側面が出た「Mama'a Just A Little Girl」はやっぱり最高、憂いを帯びた(可愛い)歌声を披露しているKimmy Hillなる女性シンガーもナイス。御馴染みJazze Phaの“れでぃ~すえんじぇんとるめん♪じゃじふぇぞ~る♪”掛け声で流れ込む「Fair Xchange」はJazze Pha製作&ゲスト参加、相変わらずな跳ねるビートと癖のある歌声が痛快、単純にノッてしまいます。夜風にあたっている様な心地良いトラックが反則技な「Late Night」はベテランDJ Quik製作、この曲掛けて夜の高速走りたい(憧)。「Thugz Mansion(Acoustic)」はNasとJ. Phoenixが参加した感涙必至の美曲、とは言ってもこの曲はNas『God's Son』にも収録されていましたね。
続いてDisc2の内容に触れてゆきますと……子供達による合唱フックが印象的な「My Block」で幕開け、Frank Nitty製作のギター味トラックが最高に泣ける。「Thugz Mansion」は7 Aurelious製作のメロウトラック、ゲストにはこれまた通にはたまらないAnthony Hamiltonおじさんが参加。この曲はもうAnthony Hamilonの温かみある歌声の素敵さに尽きる(涙)、とにかくこの曲は聴くしかないでしょう。続く「Never Call U B**** Again」も嬉しいことに歌モノなんです(笑顔)、ここで援護するはTyrese、例の色っぽい撫で歌声で女の子昇天は確実かと思われます。Johnny "J"製作の優しいトラックもバッチリきまってる、Tyreseが伸びやかに歌ってて気持ち良い~。そのJohnny "J"が引き続き心温まる幸福トラックを提供した「Better Dayz」も歌モノ、ゲスト参加はMr.BiggsことRonald Isley師で御座います。またRonald Isleyの一筋縄ではいかない悩殺歌声がたまらん、僕の脳天を間違いなく直撃です(失神)。「U Can Call」はJazze Pha製作&ゲスト参加、これは完全なJazze味って感じ。CoCo BrothersとBuckshotがゲスト参加した「Military Minds」、派手じゃないトラックだけにラップが際立つ。「Fair Xchange」では小悪魔Myaがゲスト参加、相変わらずの魔性エロ声で僕を誘惑しまくりです(秀逸)。

残りの楽曲は全てThe Outlawz参加の楽曲です、そこをきちんと御紹介するべきなのかもしれませんが(笑)。とにかくゲストがあまりに豪華だったのに驚き、しかもそのどれもが上手く機能していて無駄の無い作り、これでもかってぐらいに全員が総攻撃を仕掛けてきます(拍手喝采)。しかしそんな中でもしっかり2Pacの楽曲なんです、主役はいつだって2Pacなんですよ(鳥肌)、そりゃ皆が神の様に奉るに決まってる。Tupacはやっぱりカッコイイ、生きてたら良いのに、僕的にはBiggieの方が僅差で好きなんですがね、Biggieも生きてたら良いのに。。。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Toni Braxton「More Than Woman」
toni-more.jpg

90年代から活躍し続けるベテラン女性シンガーToni Braxtonの通算四作目となる『More Than Woman』を御紹介。僕は個人的にToni Braxtonのあの女性とは思えない程の低~い歌声が好きだったりするんです、お顔も綺麗だし(整形しているらしいけれど)そのお色気もたまらないです(下心)。
それでは内容はいかがなものかと言いますと……これまた実力派な製作&ゲスト陣が援護した色彩豊かな一枚で最高です。まずは初っ端から味わいあるサンプリングトラックで幕を開ける「Let Me Show You The Way(Out)」で僕はすぐに気絶しました(笑)、クレジットを見ればあのNo I.D.が製作しているではありませんか(興奮)。Curtis Mayfield「Love's Happening」を早回しした極上グルーヴの一曲、流石はNo I.D.と頭が下がります。「Give It Back」は完全にイマドキな音、製作は南部の曲者Mannie Freshで御座います。Mannie Freshらしいパーカッション鳴るトラック上で、The Big Tymers(BabyことBirdmanとMannie Freshのコンビ)が脱力した味のあるラップをぶちかましてます。錆びついた様なシンセ音とプカプカとした遊泳感が癖になる「A Better Man」、製作はIvan Matias、Andrea Martin、Gerrard C. Bakerで御座います。キリキリしながらもなんだかキュートでメルヘンなメロディが病み付き、Toni Braxtonの歌声も気のせいか柔らかい。本作からの先行シングル「Hit The Freeway」は聴いたその途端に卒倒する事間違い無し、The Neptunesがまたセンスの良~い先進的な曲を提供しています(最高)。タイトル通りに高速道路を猛スピードで駆け抜ける様な疾走トラックに、LoonのナヨったラップとPharrellの合いの手が挟まる中毒性高い一曲です(最高)。このひんやりクールなカッコ良さはThe Neptunesならでは、Toni Braxtonと合うのか心配だったですがこれがピッタリで素晴らしい一曲です(絶賛)。「Lies, Lies, Lies」「Rock Me, Roll Me」はどちらもToni Braxtonの旦那様である(そして元Mint Conditionのメンバーでもある)Keri Lewisによる製作で、僕が好きなのは後者。深々と鳴り響く神秘的な美曲に、Toni Braxtonのウィスパーボイスが優しく包み込むあまりにも絶品な仕上がり(恍惚)。続くRobert "Big Bert" Smith製作の「Selfish」も、清々しく透き通ったメロディが心を綺麗に洗ってしまう美曲でグッドです。ピコピコと跳ねるビートがくすぐったいケドToni Braxtonの歌声で絶妙なバランスをとっている「Do You Remember When」、製作はRodney "Darkchild" Jerkinsが担当しています(一流)。「Me & My Boyfriend」はもう誰もが声を上げて歓喜する一曲、Tupac(Makeveli)「Me & My Girlfriend」をモロに下敷きにしています。製作はChink SantanaとIrv Gotti、Ashantiもソングライティングで参加しています。Tupacの“るっくふぉみ~♪”が絶えず挟まるのがたまらない……んですがこの曲は問題も起こしまして、Jay-ZがBeyonceを迎えて同じくTupac(Makeveli)「Me & My Girlfriend」をネタ使いした「'03 Bonnie & Clyde」、あまりに酷似していてアイデアを盗まれたとToni Braxtonはカンカンでした(激怒)。結局どうなったかは覚えてない、そのまま流れたのかな。「And I Love You」はBabyfaceが製作を担当した哀愁漂う力強い一曲、Toni Braxtonの決意固い歌声が愛の強さを物語っています。最後の「Always」も雰囲気バッチリで素敵、Toni Braxtonの深みのある歌声がどこまでも広がる雄大な一曲、製作はRobert "Big Bert" Smithで御座います。

いや~~~素晴らしいですなぁ、勿論トラックもそうなんですがやはりToni Braxtonの歌声に僕は感銘を受けますよ(感涙)。音域の幅が滅茶苦茶広い、上から下までこんなに違う声を一人が出せるものなんですかね(驚異)。時に優しく時に力強い、Toni Braxtonの歌声に酔い痴れてみて下さい(薦)。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tamia「More」
tamia-more.jpg

Quincy Jonesに見出された美女シンガーTamiaの通算三作目となる『More』を御紹介。容姿も端麗でその歌声はかのQuincy Jonesが惚れ込んだというこれ以上ない素質に恵まれたTamia嬢、なのにセールス的にはなぜかパッとしないという印象があって残念。がしかし、本作の内容はかなり充実していて、絶対に買って損は無い一枚になっています。
そんな僕の太鼓判の楽曲群を簡単に紹介します……魅力が伝われば良いんですけど(不安)。まず「On My Way」はTone & Pokeが製作を担当したパーティー仕様な一曲、Red CafeなるMCがなかなか味のあるラップを披露しています。続く「More」もTone & Pokeによる製作、ここでもFreck The BillionaireなるMCを起用しています。僕個人としてはPoke & Toneの楽曲のファンなので二人の参加は嬉しい、この「More」も静けさの中にひしひしと迫るものがあってカッコイイんですよ。「Officially Missing You」は本作からの先行シングル、7 Aureliusが製作を担当したギターを基調とした夏の日の木漏れ日の様に優しく輝く一曲。Tamiaの繊細な歌声がとても似合ってる、派手ではないけど嫌いになれない一曲です。「Still」はJermaine Dupri(製作)×Bryan-Michael Cox(総製作指揮)×Jonta Austinによる黄金カルテットな一曲、JDもこういうの作らせたら上手いんですよねぇ(感心)、ちょっとTLCっぽさを感じる青空爽快系のミント曲。「Questions」ではあのR.Kellyが製作を担当、これがまた極上のスロウR&Bを提供しているんですよ~(流石)。どことな~くTamiaの歌い方もR.Kellyっぽくなってる気がするんですが(笑)、これでR.Kellyも参加していたらもっと良かったのに(我侭)。「I'm Yours Lately」はTone & Pokeによる製作、彼らがJay-Z&R.Kelly作品の時に手掛けた様な中近東ぽさ香る一曲。「Into You」はもうBonus Trackって感じかな、元はFabolous「Into You」への客演曲で大ヒットを記録しました。本当にこの曲でのFabolousとTamiaは素敵(製作はDJ ClueとDuro)、Ashanti版も良かったしね。これまた風薫る心地良い曲となっているのが「Smile」、製作はこういう曲を作らせたら右に出る者はいないBabyface氏で御座います(天晴)。ここでのTamiaの透明感がまた非常に素晴らしいんですよ、これもBabyface自身がバックコーラスとか吹き込んでくれてたら(我侭)。そして僕が本作で最も楽しみにしていたのが「Mr Cool」、理由は僕の大好きなMario "Yellow Man" Winansが製作&参加しているから(拍手)。音は隙間を活かしたキレのあるイマドキR&Bで、Mairo Winansの滑らかな歌声も聴けてたまらないです(御馳走)。「(They Long To Be)Close To You」が素晴らしいんです、今は亡きGerald Levertその温もりに満ち溢れた歌声で全てを包み込んでくれます(感涙)。製作はGerald LevertとEdwin "Tony" Nicholas、愛に溢れた名デュエットで御座います(鳥肌)。「Why Ask Why」ではMario Winansが製作で再び登場、歌参加はしていませんが(残念)全身に行き渡って心和ませる神秘的な一曲を提供してくれています(浸透)。最後の「Tomorrow」はShep Crawfordが十八番のゴスペル曲(賛歌)を提供、この神々しさは眩しいばかりです、ありがたやありがたや(祈)。日本盤ではこれに「Officially Missing You(Remix)」が収録されています、製作は実力派のMidi Mafia、パーカッション音が散りばめられた小気味良い痛快Remixとなっています。

いや~~~大満足ではありませんか、さすがはTamiaというしかありませんな(絶賛)。これほどの力作ながらもあまり目立ってないのは何故なのか不思議でならない、やはりレーベルの宣伝とか戦略が不味いのかな(不憫)。でもま知ってる人は絶対に知ってるし、売れてない訳ではないから良いんですけどね(笑)。とにかく色っぽくて綺麗、これからも頑張ってくれTamia。