RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mya「Fear Of Flying」
mya-fearcovs.jpg


そのキュートでセクシーな容姿と歌声で世の男性をガッチリ虜にしちゃっているMya HarrisonことMyaの通算二作目『Fear Of Flying』を御紹介。Myaの歌声はいつ聴いても可愛い小悪魔ちゃん声、体つきもエロい感じで、僕も結構好きな女性シンガーだったりします(下心)。本作もそんなこんなで購入、これがなかなかの力作で、(良い意味で)かなり売れ線狙いな一枚に仕上がっています。
それでは気になる内容にバツバツと触れていきましょう……まずは「Turn It Up(Intro)」からして豪華、あのSwizz Beatzが登場します。「Case Of The Ex」はC. "Tricy" Stewartが製作を担当、エッジの効いたクールなトラックにMyaの挑発的な歌声が嵌っています。「Ride & Shake」はAnthony Dentが製作を担当した、She'kspereがMonicaかTLC辺りに提供してそうな跳ねる系の一曲。ビートをシンプルに連打して繋いだトラックは疾走感抜群で気持ち良いし、これまた分かりやすく繰り返す歌フックも耳に残るし好き。「That's Why I Wanna Fight」はRodney "Darkchild" Jerkins製作のヒンヤリしたムード漂う一曲、一癖あるシンセ使いは御見事です。Myaの囁くような小声歌唱が限りなくセクシーで、小気味良い電子トラックが浮遊感バッチリで嵌ります。タイトル通りに子猫の鳴き声をあしらった「Pussycats」はWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisの共同制作、Myaの微細く伸びやかなファルセットが妖しげで、猫そのものなお似合い曲。「Best Of Me」はSwizz Beatzが製作を担当しあのJadakissがゲスト参加した完全にRuff Ryders仕様な一曲。今みたいなバンギンチューンではなく抑え目シックな装いのシンセ曲に、Jadakissの燻し銀なラップが冴え渡ります。Jadakissも客演数多いし、いつも間違いない隠し味になってるから凄い、Myaとの相性も抜群です。「Lie Detector」は再びWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisが製作を担当したかなりダークで不気味な一曲、ここではあのBeenie Manが独特なラップを提供しています(目立)。「How You Gonna Tell Me」は今度こそ本物、She'kspereとKandiの黄金コンビ(カップル)が製作を担当、この二人の作るこういうメロメロ跳ねる綺麗な楽曲が僕はかなり好き。だからこのコンビには息を吹き返して欲しいなぁ(熱望)、やっぱ恋人同士でないともうああいった楽曲は作れないのかなぁ。この曲はかなり素敵な仕上がり、Myaの歌声にもバッチリ合っててしっくりきてます(秀逸)。「Grandma Says(Skit)」はCarl "Chucky" Thompsonが製作を担当、この人はかなり良い曲作るのにこういうInterlude物を作る事が多い(残念)。「Takin' Me Over」は驚くなかれ、あのRobin ThickeとProJayが製作を担当した全く黒さを感じない可愛い一曲。ここではTLCのLeft Eyeがラップ参加、かなり異色な組み合わせですよね。続く「Now Or Never」もRobin ThickeとProJayが製作を担当した可愛くて夢溢れる一曲、Myaの歌声自体があまり黒さを感じない声なだけに結構イイ感じに仕上がっていますね。せっかくならRobin Thickeも、十八番のファルセットで参加してれば面白かったのに。「Fear Of Flying」はJerome "Knobody" Fosterが製作を担当したのんびりナンバー、Myaの歌声が心地良く広がります(癒)。ストリングスが美しい「Can't Believe」はベテランSoulshock & Karlinのコンビが製作を担当、この麗しいメロディはなんですか(鳥肌)、透明度抜群の癒し曲に思わずうっとり。「No Tears On My Pillow」は三度Robin ThickeとProJayが製作を担当した珠玉のバラード、Robin Thickeが遂に本領発揮って感じで凄まじく素晴らしい仕上がり、これでRobin Thickeの歌声もあったらばと欲が出てしまいます(人間)。「For The First Time」はDarryl "Day" Pearsonが製作を担当、しんみり響くトラックに囁くようなMyaの歌声がたまらない一曲。「Man In My Life」はThe Mercenariesなる人物が製作を担当したスロウ曲、うん良いですよ。

いやはやこれは本当に力作で御座います、今出しても充分に売れる要因が詰まりに詰まった豪華な一枚といえるでしょう。Myaの歌声でギリギリなんですよねぇ、あんまり可愛すぎてポップになりそうでならないようでなりそうな感じ、伝わりますかねぇ(笑)。踊りも上手なMya、これからも永遠の小悪魔でいてほしいです。

スポンサーサイト

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Pras「Ghetto Supastar」
Pras-Ghettcovs.jpg


The Fugeesの一員であるPrasのソロデビューアルバム『Ghetto Supastar』を御紹介。スーパーグループThe Fugeesの一員ながらも、やはりWyclef JeanやLauryn Hillに比べるとあまりに地味な事は否めないのがこのPras MichelことPras。The Fugeesの傑作『The Score』でも結構良いラップ聴かせてくれてたんで、このソロ作も興味本位で購入してみました。
それでは内容はというと……ジャケットはなかなかキラキラしてて格好良いんで期待して、早速聴いてみたんですが、これがなかなか地味なんです(笑)。目立つ楽曲といったら「Ghetto Supastar(That Is What You Are)」かな、Wyclef JeanとPrasが製作を担当し製作総指揮をJerry Duplessis(Wyclef Jeanの従兄弟)が担当、ゲストに小悪魔Mya嬢と狂気満点なOl' Dirty Bastardが参加したなかなか強力な一曲。James Brown「Get Up, Get Into It, Get Involved」をサンプリングしたちょっぴりおどろおどろしいトラックがOl' Dirty Bastardの存在感を際立たせているし、そんな中で挟まるMyaの可愛い歌声がなんとも面白い一曲、Prasも頑張っています。「What'cha Wanna Do」からは基本的にPras製作×Jerry Duplessis製作総指揮×The Product G And BなるRefugee Campの軍団がゲストという構図が続きます。そんな楽曲群に触れていきますと、結構僕が好きなのが男性シンガーの甘~い歌声フックが爽やかに耳に残る「Blue Angels」とかは素敵です。「Can't Stop the Shining(Rip Rock Pt.2)」ではLL Cool Jにこてんぱんにされて消えた(感のある)CanibusとLenny Kravitzがゲスト参加、Lenny Klavitz参加もちょっとしたロックテイストに仕上がったという程度(惜)。またまた男性シンガーの甘い歌声をフックにあしらった「Get Your Groove On」なんかはかなり秀逸、トラックもかなり細やかに作り込まれていてしっかり仕上がっている。最近で言えばBlack Eyed Peas辺りがやりそうな隙間を活かしたドラムス効かせた「Low Riders」もまぁまぁ面白い。ライトな風吹き抜ける感がまったりして気持ちの良い「Yeah 'Eh Yeah 'Eh」は、西のベテランMack 10がゲスト参加。あと例外的に他の組み合わせで作られている曲がありまして、一つは「Frowsey(Pt.2)」、これはあのSalaam Remiが製作を担当、ちょっと変わった歪んだ音にホーンの鳴りを使ったトラックはなかなかの変り種、これはこれで僕は結構好きかもしれません。あと「For the Love of This」はPras製作のSoul Diggaz製作総指揮、う~んこれといって目立ってはないかな(苦)。でも硬質な叩くビートに真摯なラップをぶつけるPrasはカッコイイんで、なんだかんだで結構好きな一曲かもしれませんね。あとちなみにこのアルバムはしれ~っと二枚組になっていまして(驚)、そちらのDisc2にもなかなかカッコイイ曲が収録されています。まずは「What's Clef」はSalaam Remiが製作を担当、無感情なシンセの連打と硬質なドラムスがメッチャ格好良い一曲。John Foneなる人物が製作を担当した「The Right One」もなかなかこじゃれたトラックでイカシテル、良い具合に地味なんですよ。「Another One Bites The Dust」はあのQueenの名曲をベ~ッタリとサンプリングした反則曲(僕の母がQueenを好きで、その影響で僕は毎日聴いていたから)、製作はWyclef Jean、Wyclef Jean自身もガチッと参加しています。続いてもWyclef Jeanと加えてFunkmaster Flexが製作を担当した、カリブな香りと歌フックが雰囲気バッチリの「Here We Go」が収録されています。

ん~~~~~~~やはりPrasはThe FugeesのPrasって事なのかな、他の二人があれだけクリエイティブなだけに目立って地味に感じてしまいますよねぇ(苦労)。ここ最近のNewsでPrasが“The Fugeesの再結成はない”と発言していましたね、かなり楽しみにしているだけに結構ショックですね。せめてLauryn Hillが復活してくれないだろうか、僕にBlack Musicの扉を開いてくれたのは彼女だから。など言いつつもなかなかこれはこれでHip Hopしていて随所に格好良さが感じられます、それに彼が率いるThe Product G And Bなる軍団がかなり良い仕事っぷりで褒章モノです。

Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fergie「The Dutchess」
ferg-duchcovs.jpg


Black Eyed Peasの紅一点Fergieのソロデビューアルバム『The Dutchess』を御紹介。will.i.am率いるBlack Eyed Peasの現在の躍進ぶりは凄まじいですね、飛ぶ鳥落とす勢いってのは正にこの事。Black Eyed Peas(以下BEP)はそれこそ昔から活動していたグループで、通な方々は皆が知っていた訳で。しかしそんなBEPがここまで全国区の人気者になった影には、やはり途中加入したこのFergieの存在が大きかったと思います(断言)。しかしソロ作までリリースするとは思いませんでした、will.i.amがどれだけFergieに信頼を寄せているかが分かりますね。
そんなこんなで発表されたFergie初のソロ作……当然ながらwill.i.amが完全バックアップしているんでなかなかの痛快作となっています。まずはそのwill.i.am製作の「Fergalicious」で幕開け、これがまた騒がしくて恐ろしいほどの激走ぶり(汗)。本当に面白いトラックながらもFergieが上手~く乗りこなしています、will.i.amは当然ながら癖のあるラップで援護射撃。ここでサンプリングされているのは、Afro Rican「Give It All You Got」で御座います。続いてもwill.i.am製作の「Clumsy」はLittle Richard「The Girl Can't Helpit」をサンプリングした可愛い一曲、どことなく昔のロックぽさを感じますね。「All That I Got(The Make Up Song)」は本作の最高傑作、僕の超お気に入りの一曲で御座いまして(薦)。製作はKeith Harrisとwill.i.amの共同、Commodores「Zoom」を下敷きにしためっちゃキラキラなメロウ曲にうっとり。しっとり聴かせて惹き込む、Fergieの実力ある歌声も存分に楽しめるし、will.i.amの色男なラップもばっちりキマッテます(拍手)。「London Bridge」は本作からの先行シングルであり、大ヒットを記録した一曲。この曲はwill.i.amではなく、あのPolow Da Donが製作しているってのも興味深い。これはもうFergieのクールさと切れ味が突出した、Fergieならではの一曲ですね。「Pedestal」はPrintz Boardなる人物が製作を担当、誰もが聴いた事のある童謡……なんだけど名前が思い出せない、そんな曲がちょっぴり使われています。「Voodoo Doll」で再びwill.i.amが再登場、ここでの音の感触はかなりBEPっぽいと思われます。「Glamorous」はPolow Da Donが製作を再び担当、しかもゲストにはあのLudacrisが参加という心強い一曲。けして黒くはない爽やかな静寂曲に、Ludacrisの余裕綽綽なラップがメッチャ格好良いです(流石)。始まった途端にその懐かしい香りとファンキーさに心躍らされる「Here I Come」はwill.i.am製作、The Temptations「Get Eady」をサンプリングしています。「Big Girls Don't Cry」もwill.i.am製作でこれがとっても素晴らしい、かなりポップさを含んだフォーキーな楽曲で黒人ではないFergieならではの一曲なのかも。こういう曲も聴かされると、つくづくwill.i.amも引き出しが多いなぁと感心しちゃいます(笑)。Bob Marleyの奥方であるRita Marleyをゲストに迎えたレゲエ一直線の「Mary Jane Shoes」(will.i.am製作)もなかなか好き、ただ途中でのロック転調は頂けない。「Losing My Ground」はRob BoldtとRon Fairが共同で製作、ちょっぴりスパニッシュ(?)なギターが良いアクセント。そして最後の「Finally」は驚き、あのJohn LegendとRon Fairの共同制作、歌こそ歌っていませんがJohn Legendはピアノで参加しています。この曲がまたとっても健やかで美しくて、John Legendのピアノなんか心の琴線に触れまくりです(痺)。Fergieの優しい歌声も素敵、浄化作用抜群な一曲。最後の最後にはBlack Eyed Peasが勢揃いした「Get Your Hands Up」を収録、ソロ作聴きながらこんな事書くのは失礼かもですが、やっぱこの面子が一番しっくりくるんですよね(安心)。

もともと歌唱力も充分あるStacy Fergusonだけにきっちり芯が通っています、ソングライティングまで自身で手掛けているんだから大したもんです(褒)。でも僕的にはやはりポップ趣向が強過ぎたかなぁ、もっと黒い音が好きなだけに。でもFergieのやりたい事も魅力も充分に伝わる一枚。女の子は必聴でしょうね。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Macy Gray「Big」
macy-bigcovs.jpg


Macy Grayの通算四作目となる『Big』を御紹介。そのソウルやらロックやらが混じった感じと、顔に似合った癖のあるしゃがれ声張り上げる歌声がなんとも奇抜で、黒人ながらもなかなか手が出なかった感のあるMacy Gray(個人的感想)。それでも一枚は所持しているんですが、まだそんなに聴き込んでいないというのが正直な所。そんな中での本作発売だったので、当初は購入をためらっていました。がしか~し、あのwill.i.amのレーベルからの移籍第一弾という事ですぐに購入しました(ジャケもかなり格好良いので)。
そんなこんなで勢いで購入した本作……勢いで購入して本当に良かったです(慧眼)。まず最初に断っておくと、当然ですがwill.i.amがほぼ全曲の製作を担当、だから雰囲気も今までのMacy Grayとはかなり違うハズです。幕開けに相応しい古き良き音楽を神々しく輝かせた「Finally Made Me Happy」、製作はMacy Grayとwill.i.am、Ron Fairの三人で御座います。この曲には通にはたまらんであろうあのNatalie Coleがゲスト参加(驚)、サビでその綺麗な高音を聴かせてくれていて、Macy Grayのしゃがれ声と良い対比です(合致)。これまたどこか古めかしい匂いを感じずにはいられない「Shoo Be Doo」はJared GosselinとPhillip White、そしてまたまたRon Fairが共同で製作を担当。この曲の後ろの“シューデュシューデュ♪”がたまらなく心地良い、Macy Grayの伸びやかな歌声も昇天モノです(快感)。続いてもJared Gosselin×Phillip White×Ron Fairのトリオが手掛けた「What I Gotta Do」、ライトな仕上がりながらもキッチリと後味は残るミント曲。鼓笛隊の様なドラムの音から始まる「Okay」はwill.i.amとJustin Timberlakeから成る製作チームJAWbreakersが製作を担当、どことなくThe Neptunesを感じさせる様な色々な音がゴチャ混ぜになったカラフルな一曲。バックボーカルにJustin Timberlakeも参加していて、彼の裏声が散りばめられていてそれがまたグッド。will.i.amが単独で製作を担当した「Glad You're Here」はMacy Gray十八番のブルージーな一曲(深)、ここではBlack Eyed Peasの紅一点Fergieがゲスト参加、フックでのFergieの力強い歌声がよりこの曲に魅力を含ませているのは確実。「Ghetto Love」ではwill.i.amが御得意のサンプリング技、James Brown「It's A Man's Man's Man's World」を下敷きに。トラックの持つドス黒さに負けじと、ここではMacy Grayが熱~い歌声でジワジワと聴き手を焦がします(真髄)。あとこの曲、あのTeedra Mosesがソングライティングで参加しています。爪弾くギター音から美しいメロディに転調する温もりある「One For Me」はwill.i.amとRon Fairが製作を担当、Frank Sinatra「Dream」を下敷きにした夢見心地なトラックに合わせてMacy Grayが優しく歌います。Macy Grayによる途中々々の語りも楽しい「Strange Behavior」はMacy Grayとwil.i.amの共同製作、しかし実は歌詞の内容は結構残酷、その分楽しげなトラックとのコントラストがたまらないのかな。「Slowly」はRon Fairが単独で製作を担当、ちょっとカリブで南の島みたいな音が流麗でナイス、Macy Grayの歌声もこういう曲調でも充分に合っています。Justin Timberlakeの合図と共に始まる「Get Out」はJAWbreakersによる製作、ロキッシュなトラックでJustin Timberlakeのフックも良いスパイスになっています。「Treat Me Like Your Money」はwill.i.amとNoiztripによる製作、サンプリングにDead Or Aliveの懐メロ「You Spin Me Round(Like A Records」とRun DMC「It's Like That」を使用しています。ここでは満を持してwill.i.amがゲスト参加、弾けたラップを披露しています。あと国内盤いには恒例のボーナストラック、「AEIOU」「Braekdown」「Me With You」の3曲が収録されています。「AEIOU」はDamon Elliottによる製作曲、“AEIOU”ってのはやっぱり日本語の“あえいおう”から着想しているのかな。Jared GosselinとPhillip Whiteが製作を担当した「Braekdown」では、Romikaなる女性シンガーがなかなか素敵な歌声を披露しています。哀愁漂う曇ったトラックがなんとも痺れる「Me With You」はwill.i.amによる製作、最後を飾るに相応しい一曲。

いやぁ良かった、なんかMacy Grayを好きになりましたよ。will.i.amが製作を請け負っただけに、全体的にかなりまとまっていて、統一感があって聴き易かった。てかwill.i.amのトラックとの相性が抜群に良かった、Justin Timberlakeも加わったJAWbreakersも良い曲作っているね。僕が持っているMacy Grayのもう一枚、もう一度きちんと聴き込んでおかなければ(課題)。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Musiq Soulchild「Luvanmusiq」
muq-lamc.jpg


もはやPhilly(Philadelphia)を代表するシンガーにまで登りつめたといえるソウルの申し子ことMusiq Soulchildの通算4作目『Luvanmusiq』を御紹介。いやはやもう彼はかなりのベテランで御座いますね、Musiq Soulchildは常に気になっているシンガーの一人なんですが、まだ彼のアルバムは『Juslisen』しか所持していないんです(涙)。そんな訳で本作はすぐに購入致しました、Music Soulchildファンになりたくて(笑)。
そんな訳でいつもの様に内容を軽く御紹介……本作もMusiq Soulchildの魅力がギュッと濃縮された優良盤となっております(当然)。まずはなんといってもリリース前から評判良かった「B.U.D.D.Y.」はLab Ratzなる人物による製作で(歌詞はMusiq Soulchildに加えて、あのCarvin "Ransum" Hagginsが参加)、De La Soulの「Buddy」と同ネタ使いって事で往年のBlack Musicファンは涙を流して喜んでいるんだとか。すんません、僕はDe La Soulのその曲知らないんです(浅)、それでもこの曲が素敵だって事はちゃんと伝わりましたよ。フィリーな香りがプンプンするし、その心地良さに思わずスキップしたくなりそうな「Ms.philadelphia」はSauceなる人物が製作を担当、ここで特筆すべきはソングライティング、Shaffer SmithことNe-Yoがガッチリ参加しています。OrthodoxとRansunのコンビが手掛けたこれぞどストレートだって感じの「Teachme」は素敵、ピアノの美しい旋律と軽やかに踊るMusiqの歌声、痺れあがります(鳥肌)。最初聴いた時になぜかKanye Westっぽさを感じた「Betterman」は僕の大好きなRaphael Saadiqが製作を担当、この曲のリズムといい弾む感じといい、本当に気持ちの良いグッドミュージックとはこの事なんだと実感しました。さすがはRaphael Saadiq殿、そろそろ自身の楽曲を発表してくれないかなぁ……あ、この曲のもう一つ素晴らしい所は最後の部分での曲の転調、もうあのトラックでもう一曲作れば良かったのに~(惜)。「Thequestions」はMusiqとNeef-Uによる共同製作、これはもうMusiqのピアノ弾き語りって感じで聴き惚れる以外に方法はない一曲。「Today」はもう最近のR&B作品には絶……ッ対に欠かせないチームであるThe Underdogsが製作を担当。ここではいつもの刹那系(切ない系の意)の分量を抑えめに、サビでのフィリーの温かさを吹き込んだキラリ仕様です。「Makeyouhappy」は本作で最多の楽曲を手掛けたWarryn "Babby Dubb" Campbellが製作を担当、微量ながらもシンセが飛び交う感じが本作での良いスパイスになっています。ホーン飛び交うファンキースムージーがたまらなく快感な「Ridiculous」はこれまたすこぶる痛快な仕上がり、製作はWarryn "Babby Dubb" Campbell、さすがだなぁ。「Millionaire」はNeef-Uが製作を担当、素直に綺麗な極上スロウに“ビュンビュンビュン♪”と鳴る不思議な電子音が良い一捻りになってて面白い、Musiq Soulchildのファルセットもふわふわと心地良い。Warryn "Babby Dubb" Campbell製作のどスロウ曲「Takeyouthere」の美しさは心の琴線にバッチリ触れます、歌い出しでのか細い裏声がまたたまらない(鳥肌)。Lab Ratzが製作を担当した「Lullaby」も僕好みのキラキラスロウ、懐かしさも感じる輝きが眩しい優しい一曲。ここでサンプリングされているのは、Blue Magic「Stop To Start」で御座います。「Greatestlove」もWarryn Campbell製作、もう本当に文句無しに美しいんですよ(感謝)、前からWarryn Campbellの作る曲は好きだけど、今回のMusiqとの組み合わせでより一層好きになりましたよ。そして国内盤にはこれらに加え、ボーナストラックとして「Rewind」「Ridethrough」の2曲が収録されていまして。この2曲がこれまた素晴らしい仕上がり、共にIvan "Orthobox" BariasとCarvin "Runsum" Hagginsのコンビが製作を担当しているんだから聴き逃せないに決まってます。「Rewind」はそのままHip Hopトラックに持ってきても通用しそうな綺麗系なミッドナンバー、「Ridethrough」もこれまた爽快ミッドでドラムスが効いたかなりノれる一曲。この2曲がボーナストラックってのが信じられない(目疑)、まぁでも確かにこのアルバムの他の曲とは一線を画した素敵さがこの2曲には生まれてますね(最高)。

素敵だなぁぁああああああ(溜息)、普段の嫌な事なんか全部忘れて、気持ちよく昼寝しちゃう様なグッドミュージックの塊で御座います(至高)。Musiq Soulchildって本……ッ当に素晴らしいシンガーなんだなぁと今更ながら再度実感しました。このアルバムは本当に素敵です、先日御紹介したJoeといいBobby Valentinoといい、近頃はR&B作品が大漁豊作でたまらんですばい(拍手)。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bobby Valentino「Special Occasion」
bobbyv-socovs.jpg


キッズグループMistaの元メンバーで、現在ではLudacris率いるDisturbing Tha Peaceの所属のシンガーBobby Valentinoの通算二作目『Special Occasion』を御紹介。なぜにこれほどBobby Valentinoの新作が待ち遠しかったかって、それは勿論前作『Bobby Valentino』があまりに高かったから(絶賛)。あの頃は僕もTim & Bobをよく知らずに聴いてましたよ(無知)、しっかしあれだけのアダルトソウルを聴かせていたので30歳はとうに過ぎているだろうと思っていたらまだ25歳という若さなのに驚きです。
そんなBobby Valentino(以降Bobby Vと表記)の新作はと言いますと……文句無しに素晴らしい、かなりの力作に仕上がっています(覚悟)。まずはわずか38秒の「Intro」からしてやられました、Darrell Delite Allambyがその手腕を如何なく発揮、この38秒で僕の世界は止まりましたね。そして本作からの先行シングルである話題曲「Anonymous」が早速登場、製作は御存知もはや誰もその勢いを止められない奇才Timbalandが担当。Justin Timberlake「My Love」やOmarion「Ice Box」のクールな輝きとはまた一味違った、キラキラ輝いてハートをメロメロに照らす素敵曲。本当にTimbalandには毎回ヤラレます(完敗)、この曲も完全に中毒を起こしますから、Timbalandのラップもイイ味出してますから。“知りたいんだ、キミの名を、名無しさん♪”って歌詞も面白い、不思議で胸キュンなビートにピッタリな歌詞ですな。「Checkin' For Me」はEmile Ghantousなる人物が製作を担当したミッドとスロウの中間曲、なかなか素敵です。「Rearview(Ridin')」は再びTimbalandが製作を担当、ここでは先述曲とは打って変わってちょっぴりダークでどろっとしたビートを提供。これはこれで完全なTimbaland趣味で好き、ここで絡むDTPの首領Ludacrisの援護射撃ラップもめっちゃマッチ、Ludacrisの存在感って凄い。切ないギターにパーカッション、Bobby Vの甘酸っぱい歌声が心地良く乗っかる「If I Had My Way」はRodney "Darkchild" Jerkinsが製作を担当。いつものHip Hopテイストではなく敢えてこういう正直なミッドR&Bを持ってきたRodney Jerkinsは偉い。最近のRodney JerkinsはこういうメロウなR&B曲でも良い曲作ってますね、大好きです。始まった途端に切な過ぎる繊細なピアノ音で幕を開ける「How 'Bout It」は、もうすぐにBryan-Michael Coxだと分かりました(好)。ワンパターンと言われても構わない、僕はBryan-Michael Coxの奏でるピアノの音にもう完全な虜、彼のピアノは甘いドラッグさ(引用)。いきなりのBobby Vの高音歌声に一気にまた気を引き締められる「Turn The Page」は再びRodney Jerkins製作、ここでも周到に練り上げられた手堅いバラードを提供、恐るべしDarkchild(笑)。“二人の行き先は僕が知っているから、だからページはめくらないで♪”と歌う切ない恋を描いた歌詞も美しい、本作でも一番好きな一曲かもしれません。「Home Is Where You Belong」はDarrell Delite Allambyが再び登場、ちょっと昔のスロウR&Bを感じさせる甘男な魅力が溢れる好曲。「Let Him Go」はA Touch Of JazzのAndre HarrisとVidal Davisが製作を担当、毎回玄人なトラックを用意する彼らは今回も健在。擦れたギターがなんとも情感を揺さぶる彼ら得意の陰影が美しいトラックに、Bobby Vの歌声だけでも素晴らしいのに、加えてFabolousが聴かせるラップを囁くんだから激しく素敵(鳥肌)。Def Jam繋がりって事でFabolousの使い方がDef Jam上手いね(感心)、また敢えてこういう曲にFabolousを引っ張ったってのが、今度のFabolous新作への期待を高まらせます(策士)。そしてここからは4曲、盟友Tim & Bobの製作曲が連なります。後ろの方で鳴る“びょん♪びょんびょん♪”の音が良いアクセントな「Only Human」、都会な夜を彷彿させる御洒落なムードにどっぷりと浸かってしまう素敵なスムージー曲「Can't Wait 'Til Later」、Bobby Vが弾き語りの如くゆったりと聴かせるバラード「I Was Wrong」も(特にサビでの変調が)素敵、最後に「Soon As I Get Home」はBabyfaceのカバー、Bobby Vが歌うも完全にBabyfaceの香りが残っているのがまた素敵、サビでの歌い方なんかは正にBabyfaceのそれだと感じちゃいました。「Over & Over」はDarrell Delite Allamby製作の超スロウ、これがまた素晴らしい仕上がりなんですよねぇ、延々と広がる空間も持ったトラックに、Bobby Vの高音が響くド真ん中R&Bです。これらの秀逸曲に加えて、国内盤にはさらにボーナストラックとして2曲が収録されていまして。Sean GarrettとMidnight Blackが製作を担当した「Wreck」はどうなんだろう、Bobby Vが途中叫ぶ“いーーいっ♪”は必要なんだろうか……このアクセントの良さがイマイチ掴めません。Don Vitoが製作を担当した応援歌の様なノリの「Let's Go」は純粋に聴いていて面白いし楽しいアッパー興奮曲、学校に行きながら聴くとテンション上がるだろうなぁ、あと運動会とかで掛かったら最高でしょうね。

素ッ晴らしい~~~~~~(感涙)!Bobby Valentinoに乾杯ですよ、この男は本気で天才で御座います。前作のイメージを良い意味で完全に覆した感がありますねぇ、イマドキのビートにも難なく乗れる器用ぶりを発揮しました。しかしTimblandともなかなか相性が良かったなぁ、次はThe Neptunesとかとやってくれないかな(熱望)。昔ながらのソウルマナーを踏襲しつつも、モダンな雰囲気を上手く混ぜ込む素晴らしいシンガーですね。これからのR&B界を背負って立つ、この男Bobby Valentinoはそんな器のデカイ男です(絶賛)。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Joe「Ain't Nothin' Like Me」
joe-anlc.jpg


皆が愛しているベテラン男性シンガーJoeの通算六作目『Ain't Nothin' Like Me』を御紹介。浮き沈みの激しいR&B界の中で、毎回コンスタントに素晴らしいアルバムを届けてくれるJoe Thomas氏。僕もJoeは大好きでなるべく作品は購入していまして、久々の本作も発売前からかなり楽しみにしていました。最近はipodでもこのアルバムを聴いている事が多いですね、皆様ももう殆ど購入して聴いているんではないでしょうか。
とにかく素晴らしいシンガーJoeの久々の新作……内容はというとこれまたかなり優秀な一枚に仕上がっています(一流)。まず手始めの「Get to Know Me」からしてズルイ、鉄板コンビTim & BobがNas哀愁の一曲「You're Da Man」をべったりサンプリングし、しかもそこにNas本人を招いて渋いラップさせているんだから(最強)。「If I Was Your Man」はもう名前を聴かない日はないって感じのStarGateが製作を担当した、相変わらず柑橘系な切ないメロディがたまらない一曲。StarGateもある意味では一辺倒なので飽きるかなと思われるんだけど、この耳馴染みの良いキャッチーさが彼らの強み、すごく聴き易くてノリ易くて親しみ易い(策士)。「If I Want Her」はこれまたハンドクラップを多用した爽快な一曲、製作をRick Rude(総製作指揮をSean Garrett)が担当しています。「Where You At」はもう好きで発売前から何度もVideo観てたんで、僕的には既に耳タコな一曲(笑)。製作を担当したのはSean GarrettとOakのコンビ、ゲストにはNew Yorkの新星Papooseがラップで参加。どこかミステリアスで繊細なトラックに乗る情熱的なJoeの歌声と、Papooseのベテラン顔負けな男前ラップがもうたまらない一曲に仕上がっています(興奮)。Papooseのデビューはまだなのかな、かなり待ち遠しいです。「My Love」は鍵盤の貴公子Bryan-Michael Coxが製作を担当、という事は勿論彼の武器であるピアノと、ソングライティングにJohnta Austinが参加しています(当然)。美しいピアノは正にBryan-Michael Coxの神業、Joeの歌声にも勿論バッチリ合っています。続く「Go Hard」も同じくBryan-Michael Cox×Johnta Austinの組み合わせ、ここではちょっと変わった音を取り入れて神秘的なトラックを提供しています。「Ain't Nothin' Like Me」はThe UnderdogsとTankによる共同制作、ここではG-UnitからTony YayoとYoung Buckが参加しています。ここで50 Centが参加していたらかなり凄かったんですけどねぇ、ところで結局Young BuckはまだG-Unitに所属しているんでしょうかねぇ。「It's Me」は再びStarGateによる製作曲、ここでもまたキラキラと綺麗で繊細な極甘トラックを手堅く提供しています。「Let's Just Do It」はかなり久々な気がするCool & Dreが製作を担当したなかなかアップなミッドなナンバー、ちょっぴりスペーシーなシンセトラック上で、鼻声マッタリなFabolousがジゴロなラップを惜しげもなく披露しています(二枚目)。「Feel for You」は再びBryan-Michael Cox×Johnta Austinのコンビが登場、ここでのBryan-Michael Coxの鍵盤捌きはあのMarques Houston「Circle」で魅せたそのまま、切なさ爆発のピアノ主導のトラックにこれまたJoeの熱過ぎる歌声が胸に響き渡ります(涙)。「Just Relax」はCool & Dreが再び製作を担当、これがかなりズルくてA Tribe Called Questの名曲「Electric Relaxation」をべったり使用、ATCQ好きの僕は思わず鳥肌が立ちましたよ(発狂)。Joeの高く甘い歌声もナイスだけど、Dreのラップではなく歌声が聴きたかった、Dreは歌声がナイスなんだから。「Love Is Just A Game」はthe SMITH BROSなる人物(チーム)が製作を担当、ここではBoyz Ⅱ Men「I Do」をサンプリングして哀愁倍増させています、この曲はかなり秀逸で耳に残りますねぇ。「You Should Know Me」ではJoe Thomas本人とBryan-Michael Coxが共同制作、Joe一人で充分素敵な一曲を作れるんですケドねぇ。でもここはBryan-Michael Coxの手を借りて正解でした、素敵な化学反応を起こしています。「Life of the Party」もJoe ThomasとJoshua Thompsonの共同制作、ここではThe Stylisticsの「You Are Everything」をサンプリングし……ていると思ったらクレジットされていませんね(疑問)。確実にそうだと思ったんだけど……まぁ細かい事はともかく、この曲もまた正直な昔のソウルマナーって感じで素直に心地が良い、どこか懐かしくて耳馴染みがあってあったかいです。国内盤にはこれらに加えて最後に「That's What I Like」を収録していまして、これがあのTim & Bob製作なんだからかなり狙い目です。曲調としてはBrian McKnightに提供していた「Used To Be My Girl」みたいな感じ、ただ冒頭からちょっぴり和風な音が飛び出してそこでかなり惹き込まれましたよ(流石)。

いやはやJoe様は流石、天晴れで御座いますよ。往年のファンからすればこんな最近の売れっ子Producerにばかり曲を作らせなくとも、Joe自身が素晴らしいバラードを書けるのにとやきもきするかもしれませんね。でもやはり一流のプロダクションに一流のシンガーの歌声なんだから最強、向かうところ敵無しですよね。トラックに負けず、純粋にJoeを楽しめる一枚に仕上がっているかと思います。Ne-Yoの新作『Because Of You』は超えてたんではないでしょうか、僕は完全にそう感じました。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Toni Braxton「Libra」
tb-lbc.jpg


長きに渡り活躍している女性シンガーToni Braxtonの通算五作目となる『Libra』を御紹介。Toni Braxton、僕は結構好きな(ていうか大好きな)女性シンガーの一人です。勿論その色気に絆されるって部分も大いに有りますが(男)、やはりそのとても深い歌声には圧倒されますし、いつ聴いてもなんか落ち着いてしまうんですよねぇ(惚)。
そんなToni Braxtonの本作……勿論僕は購入しましたよ。全部で10曲ってのはあまりに少ないのでかなりギリギリまで悩みに悩んだんですが、やっぱり買っちゃいましたよね(予想通)。でも購入して良かった、さすがはToni Braxton、無駄なく秀逸な仕上がりでウットリです。「Please」はScott Storch(最近名前を聞かない気が)が製作を担当していまして、もうこれは完全なScott Storch節って感じでHip Hop味のするクールな一曲。「Trippin'(That's the Way Love Works)」は冒頭からの切なく悲しげなピアノの旋律ですぐにそれと分かりました、鍵盤の貴公子Bryan-Michael Coxが製作を担当(ソングライティングにJohnta Austin)しています(拍手)。いつもBryan-Michael Coxはこういう曲じゃんって言う方も居るやもしれませんが、それでも僕はBryan-Michael Coxの作るこういう刹那ピアノが大好きです(痺)、Toni Braxtonの歌声にガッチリ合致していて気持ち良過ぎます(涙)。続く「What's Good」もBryan-Michael Cox(ソングライティングにJohnta Austin)が製作を担当、ここではThe Crusaders「In My Wildest Dreams」をべったり使用しています。この曲はそう、Tupacのあの名曲「Dear Mama」(涙)と同ネタです、原曲知らない僕はTupac「Dear Mama」と相俟って感動しました。「Take This Ring」はRich Harrisonが製作を担当したいつも通りのガチャガチャと騒々しいトラック、これも毎回同じだと言う方も居るんでしょうが、僕はやっぱりRich Harrisonのこういうトラックって好きなんです(嗜好)。やっぱファンキーでRich Harrisonにしか出せないと思う、Hip Hopトラックを作ったら良いのに。「Midnite」はベテランコンビであるSoulshockとKarlinが製作を担当、タイトル通りのまったりムーディーな綺麗曲で思わずうっとりします(安息)。「I Wanna Be(Your Baby)」ではBabyfaceとThe Underdogsがガッチリ手を組んで製作を担当、カラっと乾いたギターの音がめちゃ心地良い、どちらかといえばBabyface味の濃い一曲。最近のR&B曲にはもう欠かせない要素となった手拍子(ハンドクラップ)を散りばめた隙間の空いたトラックが気持ち良い「Sposed To Be」、製作はAntonio Dixon(Underdogs Entertainmentになっているから、The Underdogsに師事しているのかな)なる人物が担当。Toni Braxtonがブルージーに歌い込む「Stupid」はCory Rooneyが製作、ド真ん中スロウでかなり良いスパイスになっています。再びAntonio Dixonが製作を担当したちょっぴりキラキラ系の音を組み込んだ流麗な「Finally」はお見事、途中で聴こえる水の“ぴちょん♪”みたいな音がまたなんとも僕の鼓膜を撫で回します。最後の「Shadowless」はKeri Lewisが製作を担当したギター一本にToni Braxtonの哀愁漂う歌声が絡む大人な一曲、素敵です。

やっぱりToni Braxtonって素敵な歌声してますよねぇ、容姿もセクスィ~でたまらんですし(整形してるらしいけど)。これだけ長い間走り続けている女性シンガーもなかなかいないですからね、これからも頑張って頂きたいですよ(応援)。しかしToni Braxtonは何故にいつもあんな色魔みたいな格好をしたがるんでしょうかねぇ(笑)。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tamar「Tamar」
tamar-tamcovs.jpg


隠れた実力派女性シンガーTamarのデビューアルバム『Tamar』を御紹介。Tamarの顔を見てピンときた貴方はかなりの通ですね、Tamar Braxtonといってピンときた貴方はなかなかのBlack Music愛好家だと言えます。そうです、彼女TamarはあのToni Braxtonの妹であり姉妹グループThe Braxtonsの一員だったあのTamarであります。そんな訳で綺麗だし興味あったので、すぐに購入致しました。
内容はと言いますと……さすがはToni Braxtonの妹、かなり豪華な製作陣が脇を固めていてなかなか芯のある一枚に仕上がっています。まずは「Get None」からして豪華、あのJermaine Dupriが製作を担当し、そのJDに加えて元Roc-A-Fella所属の女性MCであるAmilが参加しています。Jermaine Dupri御得意のジャキジャキトラックに、Tamarのけして高くない美人な歌声とJermaine Dupriの鼻声とAmilの癖ある高音ボイスが絡んだなかなかの快作。続くなかなかアップで心地良いグルーヴの「Your Room」、これは今や売れっ子(鉄板)なコンビTim & Bobが製作を担当しています。ほんのちょっぴりエスニックで奇天烈がちょびちょび顔を出す「No Disrespect」は、Missy Elliott製作と聞いてかなり納得。Darrell "Delite" Allambyが製作を担当したすっきり一直線の美メロ「Money Can't Buy You Love」は素敵、そのDelite自身もバックでボーカルを務めています。またまた登場のTim & Bobはまたまたアッパーな「Tonight」を提供、ギターがアクセントになったスパニッシュなトラックは素敵なんだけど、やっぱり彼らのバラードが聴きたいです(熱望)。そんな僕の願いに気付いてか(阿呆)、鉄人C. "Tricky" Stewartが製作を担当した好バラード「If You Don't Wanna Love Me」がめちゃ素敵、心洗われる様とは正にこの事で御座います(涙)。と感動に浸っていたらこれまたDarrell "Delite" Allambyが超心地良い「Once Again」を製作(痺)、Tamarの歌声をこれでもかってぐらいに堪能できる骨抜き美曲で御座います。Tim & Bobがちょっぴりメロウ路線に持って行きながらも“ぴゅんぴゅん♪”と電子音を配した「You Don't Know」は、良い意味で変化球な感じが上手い(流石)。そのTim & Bobは残る「Words」「Miss Your Kiss」でこれでもかってぐらいのドが付く美メロを用意、この二曲が文句無しに素晴らしい仕上がりで完璧に心を撃ち抜かれました(一撃)。Tim & Bobは今も昔も本当に素晴らしいんだなぁと痛感、そしてTamarの歌声にも感動。「Can't Nobody」「I'm Over You」「Way It Should Be」「Get Mine」はC. "Tricky" Stewartが一挙に製作を担当。中でもちょっぴりゴスペルライクで神秘的な「I'm Over You」なんか好きだなぁ、てかどれもキラリと光る秀逸曲です。

姉であるToniより声は高めで、普通の方ならTamarの方が聴き易いのかもしれません。がしか~し、やはりToni Braxtonの歌声ほどのインパクトに欠けるかなと思われます、やはりToni Braxton強しって感じです(天晴)。それでも製作陣もしっかりしているしTamarも歌上手いし、普通に高水準な一枚に仕上がっているかと思います。Toni Braxtonの作品を持っている方は、是非聴き比べてみて下さい。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Teedra Moses「Complex Simplicity」
Teedra-compcovs.jpg


TVT Recordsが送り出す女性シンガーTeedra Mosesのデビューアルバム『Complex Simplicity』を御紹介。あのお祭り男Lil' JonやYing Yang Twinsが所属している事でも有名なTVT Recordsからこんな美女(?)がデビューしていようとは(驚)。しかもこんなにもシックでアダルトでムーディーなジャケット、思わずこのジャケットに惹かれて購入したのがこの『Complex Simplicity』で御座いまして。
あんまり期待せずに購入した本作なんですが……その出来はと言いますと、これがすこぶる快作で御座いまして、けして聴き逃せない一枚に仕上がっています。「Be Your Girl」を手掛けるのはあのPaul Poli、本作では殆どの楽曲をこのPaul Poliが製作担当しているってのも大きな特徴ではないでしょうか。「One On One」なる楽曲(詳細不明)をサンプリングしたグルーヴ感もかなり心地良いゆったりダンサブルなナンバーで、ここでもうかなり僕は痺れました(即効)。そしてそのまま続くのがまたまたPaul Poli製作の「You'll Never Find(A Better Woman)」、ゲストに僕の大好きなMCである“ひゃっはーーッ♪”で御馴染みのJadakissが参加しています(興奮)。Alicia Myers「Better Woman Or Bigger Fool」を早回しサンプリングしたメロディアスでドラマチックなトラックに、Teedra Mosesの柔らかな歌声とJadakissの一癖ある燻し銀なラップが重なってメッチャ格好良いんです。引き続きPaul Poliが製作担当の「Caution」は、軽~くパーカッションとシンセ音が絡んだ小気味良いミッドテンポなナンバー。Paul PoliがOutkast「Spottieottiedopalicious」を絶妙に下敷きに使った摩訶不思議な「No More Tears」なんかは好き、Outkastらしいエレクトロドラッグな雰囲気は完全に残しつつ、Teedra Mosesの歌声もちょっと癖があってそこが上手く料理されてる気がします。完全に夢世界なぽわわん音の抱かれてしまう「Rescue Me」もPaul Poli製作、かなり癒されますよ。「Take Me」では僕の大好きなRaphael Saadiq氏が製作を担当し、しかもあの独特の歌声までも披露してくています(感激)。もう完全なSaadiq節のまったりクラシックにTeedra Mosesのファルセットが僕を昇天させます、Raphael Saadiqの歌声もいつも素敵、最高の一曲です(治癒)。本作で最も跳ねているのが「You Better Tell Her」、この曲はJonathan SmithことLil' Jonが製作を担当しています。これがまた程よい感じで跳ねていて絶妙なバランス感覚なんです、Lil' Jonが単に叫んで馬鹿騒ぎするProducerでないだと再認識(笑)。ここではVocal ArrangementにShaffer Smithの名前がありますが、Shaffer SmithってやっぱりあのNe-Yo君でしょうか、てか彼は他の殆どの曲でもVocal Arrangementとしてクレジットされていますよ。表題曲である「Complex Simplicity」は再びPaul Poli製作、思わず首でリズムを取ってしまう様な叩いたビートに、Teedra Mosesのセンス良い歌声がクール。かなり奇天烈なキラキラトラックなのがPaul Poli製作の「For A Lifetime」、これはかなり不思議な感じでちょっと癖になる味付けですよ。これまたPaul Poliが一癖も二癖もある美メロを用意した「Last Day」も素晴らしい仕上がり、幾重にも重ねられたTeedra Mosesの歌声(超高音)もかなり耳に残って後味が良い。

いやぁ、冒頭でも述べましたがそんな期待していなかっただけに、かなり楽しめた一枚でしたよ(褒)。ほぼ全編にわたって手腕を揮ったPaul Poliの仕事っぷり、僕はかなりの高得点を叩き出していたんではないかと思います。聴き様によっては単調なのかもしれませんが、それがTeedra Mosesの歌声をくっきり浮かび上がらせていて良かったです。

Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bravehearts「Bravehearted」
bravehearts-bcovs.jpg


Nas主宰のレーベルであるIll Will Recordsから第一弾アーティストとしてデビューしたBraveheartsのデビューアルバム『Bravehearted』を御紹介。Nasの作品にも何度も登場するラップデュオで、Nasの実の弟であるJungleとWizで結成されているのがBraveheartsで御座います。Nasの弟ってだけでも充分な話題だし、製作陣もなかなか凝ってそうだなぁと思い購入した一枚です。
それでは気になる内容はと言いますと、Nasほどにシリアスではなく結構ギャングスタでサウスなビートも織り交ぜたバラエティ色の強い一枚で御座います。Dirty SwiftとMidi MafiaのBruce Waynneが製作を担当した「B Train」からしてかなり硬い作り、バチンバチンとぶつ様な跳ねるシンセビートを二人が漢らしく乗りこなしています。「Quick To Back Down」は本作からの先行シングル、Lil Jonが製作&ゲスト参加って事でかなり異色と感じた一曲。ここでは兄貴であるNasも完全バックアップ、Lil JonらしいCrunkビートにNasってのが面白くて耳を奪われる一曲……なんですが想像以上の出来ではなかったかなぁ。不穏なビートに浮つく電子音は正にLil Jon節なんですが、どうもここまでの重さ(貫禄)が彼ら二人に無くてちょっと物足らない、Nasは流石に完全にフックのみ登場。「Twilight」はその名の通りキラキラ感がなかなか旨味なメロウトラック、製作をあのSwizz Beatzが担当(の割にはおとなしいなぁ)。ここでもNasが援護射撃、やっぱNasだけが浮き上がって聴こえてしまいます(当然)。でも流麗なこのトラックはなんだかんだで聴き所たっぷりで、耳を次第に奪われます。シンプルで硬質なドラムビートがNas風味な「Bravehearted」はNasの弟Jungleが製作を担当(驚)、サンプリングにThe Jungle Brothers「The Promo」を使用しておりまして、もうこれは完全にネタ勝ちといったところ。女性シンガーNashawnの起用が功を奏した「Buss My Gun」はDirty SwiftとBruce Waynne(Midi Mafia)製作、彼もよく名前を聞くProducerですよね。その跳ねたビートで一瞬Swizz Beatz製作曲かなと思った「Cash Flow」はLil' Jon製作、口笛鳴る可愛いビートに思わずニンマリ。Jully Blackの歌声がそのメロウ速度をさらに加速させるKenny Rogers & Dolly Parton「Islands In The Stream」使いの「Situations」はBastianyによる製作、こういう感じの歌モノに滅法弱い僕であります。「I Wanna」で遂にL.E.S.製作曲が登場、R&Bライクながらもなかなかスパイシーでよろしい。Dirty SwiftとBruce Waynne(Midi Mafia)製作の「Sensations」の爽快疾走感がたまらなく痛快で心地良い、このコンビネーションはかなり刺激的なトラックを提供してくれます(鉄板)。「Realize」はあのPaul Poliが製作を担当した水音差し込む潤った一曲、フックをNashawnとTeedra Mosesが担当したかなりメロディアスな一曲で、これも歌モノ好きの僕にはたまらない一曲。民俗音楽の様なゴチャゴチャ感が混乱する「I Will」はNeoが製作を担当、成り立っている様ないない様なトリップ感がまた良かったり(笑)。

いやはや、Nasっぽさってのはかなり薄かったんではないかな。まぁNasと同じ事しても全然面白くないし、かえってこうすべきだったのかも。惜しむらくは大物ProducerであるSwizz BeatzとLil' Jonがあまりイイ仕事をしてなかったかなぁと感じました、及第点って感じで。でもまぁ水準はなかなかのもの、良かったら聴いてみて下さい。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nas「Nastradamus」
nas-nastracovs.jpg


New Yorkを代表する孤高のlyricistことNasの通算作目となる『Nastradamus』を御紹介。デビューアルバム『Illmatic』以降の作品はちょっと酷評されがちなNas、このアルバムもその例に漏れませんね(残念)。がしかしNas作品はどれを取っても実は水準を遥かに上回る仕上がり、皆の期待が単にあまりに高い事から起こる落胆が、Nas評価を下げている原因なんではと僕は思っていたり(個人的見解)。今思い返せば初めてNasに触れたのはこの『Nastradamus』でした、大きなデパートのCD屋の視聴機にこのアルバムが入ってて。なんとなしに聴いて“Nas………茄子(ナス)?………カッキィ~なぁ(方言:“かっこいいなぁ”の意)……”と思ったのを今でも覚えています(その後、傑作『Illmatic』を購入する)。
そんなこんなで運命を感じる本作……世間様は駄作とする方も多い様ですが、そんな事はけしてないと僕は思います(断言)。トランペットの音で幕を開ける「Life We Chose」からして高揚させられるメロディアストラック、製作はNas作品には欠かせないL.E.S.による製作。Fred Wesley「Peace Fugue」を下敷きにしたホーンが程よく効いた、それこそNasを堪能できる一曲。続いてもL.E.S.がJames Brown「(It's Not The Express)It's The J.B.'s Monorail)」をサンプリングして製作した「Nastradamus」、恐ろしく可愛くてキャッチーな風合いのトラックで、Nasの歌う様なフックも珍しい。「Project Windows」はBad Boy Recordsお抱えの製作チームThe Hitmenの一員であるNashiem Myrickが製作を担当、と思いきや原曲が彼でその後新たにTone & Pokeが製作している様です。ピアノが鳴り響く感傷的なトラックにあのRon Isley総帥が味のあり過ぎる歌声で華を添えてくれています(涙)、Ronald Isleyのあの甘い“らららら~らら~♪”だけでも背筋に電気走りますね。「Come Get Me」ではDJ Premierがこれまた鋭過ぎるスクラッチで僕を興奮させてくれます、ここでの元ネタはTimmy Rogers「If I Were President」、このキュイキュイ(スクラッチ)は中毒起こしますし独特のグルーヴは正にPrimo節で最高。「Shoot 'Em Up」はMobb Deepの片割れHavocが製作を担当、彼らしいシリアスな音がなかなか素晴らしいんですが2分53秒は短いかと(残念)。「Last Words」ではL.E.S.がThe Ohio Players「Good Luck Charm」をサンプリング、ゲストにNashawnとMillennium Thugが参加、彼らを僕は知りません(無知)。どこかオペラに似た様な劇的なトラックがカッコイイし、Nasの持つ世界観にシンクロしていますねぇ。「Family」では旧知の仲であるMobb Deepが揃って参加、それならHavocに音作らせたらいいのに何故かDame Greaseが製作を担当、まぁ悪くはないんだけど……ねぇ。「Quiet Niggas」ではNasの弟分(というよりNasの実弟である)Braveheartsがゲスト参加、製作はDame Greaseで御座います。「Big Girl」はメロディアストラックの上でNasがBone Thugs-N-Harmonyみたく歌う様な早口フロウを披露、これがかなり飛び道具で僕はかなり嵌ってしまった一曲(早口フロウ好き)、製作はL.E.S.でThe Stylistics「You're Big Girl Now」をサンプリング。「New World」もL.E.S.製作、ここではToto「Africa」を下敷きに女性コーラスも迎えて良い意味でポップにキャッチーに作っています。こういう曲の時にはNasがもう少し弾けられたらなぁと思う、こういうトラックではやはりJay-Zの方が柔軟に対応出来るから(痛感)。「You Owe Me」は今を時めく名Producer、奇才Timbalandが製作を担当、ゲストにGinuwineが艶っぽい歌声を絡ませます。ここでのTimbaland節は結構軽めの(でも一癖も二癖もある)シンセとバウンスが織り交ざった素敵な曲を提供、あまり淀んでいない透明感の割合が多いトラックで乗り易い。Ginuwineの歌声もかなり良いですねぇ(流石)、最高の化学反応を起こしています。

僕はずっとJay-Zファンな訳で、言ってしまえばNasは目の敵にしていたんですが(阿呆)、それでも普通にNasの作品は聴いていました、だって良い物は良いんですもん。やっぱ今聴き返してもカッコイイです。Eskoberはもう新作の予定もあるみたいだし、これからまたJay-ZとNasでN.Y.復権を叶えてほしいです(素敵)!

Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

N*E*R*D「In Search Of」
nerd-isocovs.jpg


N*E*R*DはThe Neptunes(Pharrell WilliamsとChad Hugo)が友人のShaeを招いて結成したロックバンド、いつものHip Hopサウンドはかなり薄まっていまして。それでも何故かPharrellのそう上手くないケドも味のある歌声に惹かれてしまう僕、本当に時たまだけど聴きたくなるのがこのN*E*R*Dなんですよねぇ(不思議)。
そんな訳で本作の内容なんですが……完全なるRockサウンドでHip Hopファンにはつまらないのかもしれません(それでも完全なThe Neptunesサウンドなんですがね)。まず本作について触れておかなければならないのが、『In Search Of』には二通りが存在するという事。一つは彼ら得意の打ち込みを主体とした物(先発)と、残る一つはSpymobが楽器を演奏した物(後発)。僕が持っているのは……多分後者だろうと思います(曖昧)。まぁ兎に角、内容に触れてゆきましょうかね。「Lapdance」はなんだかんだ言いながらHip Hop色の強いジワジワと焼け付くようなビートがたまらない一曲、Lee HarveyとVitaなる人物がゲスト参加しています。軽快なドラムとPharrellのリラックスした歌フックで爽快に駆け抜ける清涼な「Things Are Getting Better」は最高、Pharrellのああいう裏声が本当に面白くて好きです。これまた本当にThe Neptunes臭がプンプンな「Brain」も流石の出来、一筋縄ではいかないのが彼ららしさです、RockとHip Hopの間を彷徨ってます。そのブルージーさに哀愁を感じる「Provider」ではPharrellが本気で歌ってます、途中で少しずつ明るく変調するトラックもいいスパイスになってます。「Truth Or Dare」では御仲間であるKelisとClipseのPusha Tがガッツリ参加、これはもうこの二人に完全に助けられている感じがします。これぞThe Neptunesって感じの電子音が可愛く鳴り響く「Tape You」、こういう常夏な青空トラックにJay-Zのラップが乗っかったら……といつもThe Neptunesのトラックを聴くと思ってしまうのがJay-Z愛好家の性で御座います。「Run To The Sun」もこれまたThe Neptunesのライトで芸術的な雰囲気を醸し出したトラック、こういうトラックでのPharrellの途切れそうに細い歌声は美味過ぎますなぁ(溜息)。ドラムスとエレキギターが効いた懐かし系の「Baby Doll」も、The Neptunesなりの完全Rock味を満喫できる(Pharrellのボーカルもかなりブチ切れで光ってます)シングル「Rock Star」もかなりイケテまっせ。あとは僕が個人的に気に入っているのが「Bobby James」、独特の凛とした静寂のトラックの中でPharrellが夢見心地に歌い上げる感じがお気に入りなんです。

いや~良いですね~、普通のThe Neptunesとはちょっと違う新しい感触なんですが、それでもこれぞThe Neptunesって感じで納得がいくんです(一流)。Rock好きでも満足出来ると思いますし、勿論Hip Hop好きでも(Pharrell好きなら)充分に楽しめる一枚に仕上がっています。Pharrellのボーカルが好きでたまらない僕には結構な御馳走でしたよ、彼らThe Neptunesの引き出しの多さを物語っている一枚です。余談ですが、以前にJustin Timberlakeも何かのインタヴューでこの『In Search Of』をお気に入りだと語ってました。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kelis「Kaleidoscope」
kelis-ksc.jpg


Thunder BitchことKelisの記念すべき衝撃のデビューアルバム『Kaleidoscope』を御紹介。このボディペインティング満載のジャケットからしてKelisの(いい意味で)ぶっ飛んでいるキャラが覗えるデビューアルバムがコレ、皆様御存知この頃のKelisといえば、あのThe Neptunesの秘蔵っ子としてStar Trakからのデビューだった訳で。今はThe Neptunesと袂を分かった訳ですから、そういう意味でも無性に聴きたくなる一枚ですよ。
そんなこんなの本作……当然The Neptunesが全曲の製作を担当、しかもそのどれもがThe Neptunesらしさが詰まった面白い楽曲の目白押しで御座います(全盛)。まずはダークで派手じゃないのがKelisにも幕開けにもピッタリな「Good Stuff」の登場、もう初っ端からThe Neptunes印のトラックで有り難い。ここではTerrorなる男性……いや、女性かな、MCを起用しています、最初はClipseかなと思ったんですが。続いてはThe Neptunes十八番のピュンピュンと電子音が迸る宇宙空間に迷い込む「Caught Out There」、Kelisの叫ぶフックがぶっ飛んでて素敵です(笑)。The Neptunesのメロウサイドが飛び出すもスネア(?)がバツッと鳴り響くのが良い味付けな「Get Along With You」も秀逸、こういうトラックやらせたらThe Neptunes以外は無いって感じです。どことなくアジアンな香りの電子トラックにMarkitaなる女性MCのラップがなかなか決まっている「Mafia」、こういうトラックはよくあるけれど(Scott StorchとかR.Kellyとか)The Neptunesがやっているのは珍しい気も。音数少なくポップに仕上げた「Game Show」はキュートの一言、またKelisの一癖ある低めの歌声がイカシてますな。美しい旋律でゆったりと幻想世界に僕を引き込む「Suspended」はKelisの魅力たっぷり、とろんとした時間が流れます。宇宙大好きなThe Neptunesの趣味が垣間見れる「Mars」は始終ポコポコティロティロって感じで浮遊感でふわふわ、しかしフックではKelisが浮き上がった僕をバチンと叩き落します(厳)。「Ghetto Children」でやっとPharrellが参加、とは言ってもPharrell WilliamsとChad HugoとShayで構成されているN.E.R.D.でですけどね。しかもここで特筆すべきはそのN.E.R.D.ではなくMare Dorseyなる男性シンガー、かなり歌が上手くて声も素敵、The Neptunesがこんなシンガーをまだ抱えているなら早くお披露目して欲しい。完全な弾けた電子音で僕を跳ねさせてくれる「No Turning Back」も良いですね、ちょっぴり後ろでPharrellの声のしていますし。これまた柔らかな音質で僕を和ませる「In The Morning」がたまらない、ピコピコ奇天烈なThe Neptunesも勿論好きですが、こういうライトでメロウなNepトラックが僕は大好物です(断言)。最後の「Wouldn't You Agree」はThe Neptunes風味が良い意味で薄まった直球バラード、ここでもまたJustin Vinceなる素晴らしい男性シンガーが参加しています。このJustin Vinceがこれまたい~い歌声しとるんですわぁ~(惚)、完全なるKelisとのデュエットなんですがもっと聴きたいと思いました、Justin Vince、早速ググらなくては~(決意)。

やっぱりKelisって良いですね、このアルバムを今改めて聴き返してそう実感しました(納得)。最近はThe Neptunes製作曲無しでいろんな製作陣に曲提供してもらって、どれも良い化学反応を起こしてて素晴らしいんです、でもやっぱりThe Neptunesトラックに乗っかるKelisも聴きたくなりますよねぇ(性)。

Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Beenie Man「Art And Life」
beeman-aal.jpg

Reggae界の現王様ともいえるBeenie Manの通算三作目となる『Art And Life』を御紹介。ハッキリ言って僕はあまり(というか殆ど)Reggaeはあまり聴かないんです、だからBeenie Manってのもそんな好きなアーティストって感じでもないんです(多分)。では何故このアルバムを購入したのか、それはゲスト陣からも分かるようにかなりR&B寄りに意識されたアルバムになっていたから。
その為なのか……どうもHip Hopでも直Reggaeなトラックにはどうも馴染めない僕も、本作はなぜかすんなりと耳に入ってきたんですよねぇ。まずは静かに幕を開けるピリッとした「Haters And Fools」、製作はDave Kellyなる人物が担当。「Ola」からして僕には嬉しい楽曲の登場、あのThe Neptunesが製作を担当しているんですから。The Neptunesが得意の変てこ弾けビートを提供、確かにReggaeっぽいんですがやはりThe Neptunes印、PharrellではなくCherryのSteve Perryなる人物がフックを担当。「Love Me Now(Rockwilder Remix)」はその名のままにあのRockwilderがRemixを担当した鋭い一曲、しかもゲストにフックでWyclef JeanとラップであのRedmanが参加しているんだから強力。ここでのRedmanは水を得た魚、Beenie Manを喰っていると思われます。「Girls Dem Sugar」は本作で僕が最もお目当てにしていた楽曲、あの小悪魔Mya嬢がガッツリ参加しているんですから。しかも製作はThe Neptunesで彼らの真骨頂(と僕は思う)胸キュン系のメロウトラック、Myaの可愛く甘~い囁き歌声がまたたまらなく興奮します。Louis "Flabba" Malcolm製作の完全Reggaeな「Crazy Notion」から一転、ダークに攻め込む「Original Tune」(The Shocking Vibes製作)はおどろおどろしい。浮遊感た~っぷりな電子音の中にもキラリと鋭さが光る「Jamaica Way」はThe Neptunesが製作を担当、ここでは歌フックにKelisが相変わらずクールな歌声を披露(素敵)。さっきのRemixの原曲「Love Me Now」がここで登場、Wyclef Jeanはそのままに製作はあのSalaam Remiが担当しています。そのSalaam Remiが再び製作を担当したのが最後「I've Got A Date」、Alvertis Isbell「I'll Take You There」を下敷きにした太陽燦々な常夏曲に仕上がっています。

てな訳で殆ど僕が聴いているのはR&B寄りな楽曲ばかり、Beenie Man真骨頂のRaggae街道まっしぐらな楽曲は記事同様によくスルーしちゃってます(笑)。とにかくMyaとKelisが参加しているこの2曲は聴いておいて損は無いです、かなり秀逸な仕上がりですんで。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Brooke Valentine「Chain Letter」
brooke-chain.jpg

Virgin Recordsが新たに送り出しためちゃくちゃセクシーな20歳、Brooke Valentineのデビューアルバム『Chain Letter』を御紹介。もうその見た目からして野郎共の胸をガツンと撃ち抜いたのがこのBrooke Valentineちゃん、本当に突然現れたって感じで驚いたのをいまだに覚えていますよ。
何故驚いたかっていうと……まず先行シングルの豪華な共演者に。その先行シングルとは「Girlfight」、あのお祭り馬鹿騒ぎのLil' Jonが製作を担当した完全なるCrunk & Bな一曲。勿論Lil' Jonも参加してそれだけで充分にインパクトあるんですが、加えてOutkastのBig Boiまでもが援護射撃をぶっ放しているんだから歯応え有り過ぎ(固)。Big Boi御得意の掛け声“ぼぉ~いすとぁ~っぷ♪”で始まりBrooke Valentineの小生意気で勝気な歌声、そしてLil' Jonの熱い掛け声(笑)、印象深いです。疾走感溢れるトラックでBrooke Valentineのクールな歌声が映える「Taste Of Dis」、Soul Diggaz(Ne-Yo作品で御馴染みのShea Taylorも参加)が製作を担当。Dynasty「Adventure In The Land Of Music」を下敷きにした懐かしくもファンキーな「Long As You Come Home」はSolomonなる人物による製作、この曲で初めてBrokke Valentineは結構歌えるきちんとしたシンガーだと認識しました(笑)。「Blah Blah Blah」ではWu-Tang Clanの奇人Dirt Mcgirt(Ol' Dirty Basterd)が援護射撃、製作はBloodshyとAvant(AvantってあのAvant?)。かなりエレクトリックなトラック上でBrooke Valentineの歌声よりも、Dirt Mcgirtの奇声(全くラップせず)が不気味に響きます。Soul Diggazが製作を担当したギター主導のブルージーな「Cover Girl」では、Brooke Valentineが打って変わって優しく歌い上げます。「Playa」はLRocとJermaine Dupri(ソングライティングにJohnta Austin)が製作を担当、Jermaine DupriがJanet Jacksonに歌わせそうな浮遊感あるライトな柔らかトラックに、Brooke Valentineの大人な歌声とJermaine Dupriのヘナ声ラップが心地良く絡みます。Lil' JonがちょっとやりそうなビュイビュイCrunk音をあしらった「Ghetto Supastarz」はB!nkによる製作、B!nkもちょこちょこ曲作ってるみたいで嬉しいんだけどもっと出てきて欲しい(愛好)。続く「Tell Me Why」もB!nk製作曲、Timbalandが好きそうな東南アジアな香りのトラックでAaliyahを思い出しちゃいます。Queen Delizなる女性MCを招いた「Million Bucks」はDiplomats周辺の仕事で御馴染みのHeatmakerzが相変わらずな音を提供、ここで45回転させているのはSpooky Tooth「I'm Alive」で御座いまして、これがまた良い味出してまして。Brooke Valentineを発掘したDejaが製作を担当した「Dying of a Broken Heart」は哀愁たっぷり、Brooke Valentineの擦れる様な歌声がより胸を締め付けます。The Neptunes辺りがやりそうなポップな電子音トラックがスッキリ爽快な「Pass Us By」、これもDejaによる製作なんです。またまたDejaが製作を担当したもう気持ち良いぐらいにド真ん中R&Bな「Laugh Til I Cry」は素晴らしい仕上がり、切なさ込み上げる情緒ある一曲です(素敵)。

あんまり期待していなかった分(失礼)、結構楽しめた一枚で御座いました。ただこれからどうやってBrooke Valentineが生き残っていくかが問題ですよねぇ、Brooke Valentineならではの味を出さないと、Ciaraという強敵が立ちはだかっていますから。でもまぁBrooke Valentineは容姿もなかなか綺麗だし、ナイスバディだから其処が強みかな。でもま歌もイケてます、良かったら聴いてみて下さい。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Guerilla Black『Guerilla City』
Guerilla-gccovs.jpg

殺伐としたジャケットがカッコイイGuerilla Blackのデビューアルバム「Guerilla City」を御紹介。このGuerilla Black、その声といいフロウといい、あのBiggieに恐ろしく生き写しなんですよ(鳥肌)。僕は最初このGuerilla Blackの曲を聴いた時“お、またBiggieの変則新曲か”と思ったほど(焦)。本当に似ているんで驚き、当然The Notorious B.I.G.の再来と騒がれました。
そんな鳴り物入りが吉と出たか凶と出たか……Guerilla Blackのデビューアルバムである本作の内容はといいますと、その完成度の高さゆえに微妙な気もしました。Bob Marley & The Wailers「No More Trouble」を下敷きにしたレゲエ色残る「Hearts Of Fire」はCarlos Broadyが製作を担当、不穏な雰囲気とハンドクラップがGuerilla Blackのラップとばっちりマッチしてます。あのRed Spydaが製作を担当したメロディラインの綺麗な「Guerilla City」はもう最高の仕上がり、Guerilla Blackの歌フックもかなり痺れます(酔)。ここでのGuerilla Blackのラップの力強さにはBiggieに加えてTupacも感じました(個人的意見)、しっかしRed Spydaは素敵な仕事するなぁ~、もっと曲作って欲しいなぁ(熱望)。「Compton」はCarlos Broadyが製作したこれまた南国なトラックに、あのBeenie Manが参加してより強力な仕上がりに。Guerilla Blackの存在と上手い具合にBeenie Manのラップ(歌)が挟まっていい仕上がり。「You're The One」はその始まりからして完ッ全にYellow Man味なMario Winans製作&ゲスト参加曲、これはまるでBiggieリターンズって感じでなんか落ち着く。相変わらず素敵過ぎるMario Winansのミント系メロディに、艶かしいMario Winansの歌声で僕は溶けまくりの一曲(最高)。J-KwonやChingyがやってそうなサウス特有のスカッたバウンス曲でシンプルにGuerilla Blackのラップが光る「Trixxx」はRodney JerkinsとRick Rudeが製作を担当、この迫力は鬼気迫るものがあります(地鳴)。「Guerilla Nasty」はJazze Pha製作で十八番の痛快ピーヒャラ曲、Jazze Phaに加えて色気満点のBrooke Valentineが艶っぽく参加。こういうトラックでもGuerilla Blackのラップは勢い落ちないし、途中でのBrooke Valentine登場での変調もイイ感じでキマッてる。Roy "Royality" Hamiltonが製作したこれまたメロディ重視の「Sunrise」はGuerilla Blackの歌フックがまたもや気分を盛り上げます、サンプリングにGap Mangione「Diana In The Autumn Wind」をチョイス。Fredwreck Nassarが製作を担当した空気がウェッサイな「What We Gonna Do」、ここではまた鉄人Nate Doggが魅力なる下手ウマな歌フックを披露しています。完全な電子音バウンスにちょっと違和感を感じてしまうも、これがなかなか面白い「Say What」はCharles Williamsonが製作を担当。なんか分からんがLil' Jonっぽさも感じつつScott Storchっぽさも感じて、最終的に50 Centをも感じてしまう「Yes Sir」も好きですよ(Gabriel Rene製作)。Felliなる人物が製作を担当したシンプルなループの中にも一本しっかり芯が通っている「It's All Right」、これもGuerilla Blackが上手~く乗りこなしていてカッチョええんです。再びJazze Phaが製作を担当した「Girlfiend」はもう文句無しの仕上がり、Jazze Phaのこういう曲が特に好きな僕です。しかもこの曲ではJazze Phaの(ある意味)味わい深い歌声も充分堪能できるんです、こういう曲を夏の海沿い走りながら大音量で聴く訳でよ(最高)。そして最後を飾る「My First」はもう涙腺直撃間違い無しのクラシックな仕上がり(至高)、製作を担当したのはあのSki様で御座いますよ(拍手)。最後の曲はもうこれ以外では考えられないって程の美しい一曲、Guerilla Blackもここ一番の輝きを放っています、さすがはSki、名手で御座います(殿堂)。

本当に素晴らしい仕上がりで文句無しです、僕は本当に好きな一枚です。それだけにあまりにBiggieに酷似した声質にちょっと同情してしまいます、やはりBiggieが先に出てしまうでしょうからねぇ。僕はこのGuerilla Black『Guerilla City』は、Guerilla Blackの一枚として大好きです。確かにBiggieの声にかなり似ていますが、皆様その事はこの際一切忘れて、純粋にこの作品を楽しんで頂きたいです(薦)。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ashanti「Ashanti」
asnati-asha

R&B界の姫君ことAshantiの記念すべきデビューアルバム『Ashanti』を御紹介。兎にも角にも可愛いよねって事で皆様の認知度も高いであろう(偏見)Ashanti、Ashantiのアルバムでいったらこれが最高の仕上がりって言う方も結構多いのではないでしょうか。ちょっとムチっとした体つきがたまらないですよねぇ(好物)、顔もなかなか可愛いしですねぇ。
とまぁ容姿の話はここまでにして(笑)……気になる内容はと言いますと、デビュー作の割に派手でなく、落ち着いた雰囲気を纏った大人意識の一枚となっております。まず飛び出すのはもう大ヒット中の大ヒットを記録した「Foolish」、もうこの曲はAshantiの代表曲で御座いますよ。製作は7 Aureliusと首領であるIrv Gottiの共同制作、べったり下敷きに使われているのはもう皆様御馴染みEl DeBarge「Stay With Me」。この曲は彼方此方で使われているけど、このアプローチはもう正にThe Notorious B.I.G.「One More Chance」と全く一緒ですね。冒頭で盟友Ja Ruleの声がふんわり入っている「Happy」はChink SantanaとIrv Gottiによる共同制作、リラックスした高音ボイスがたまらなくハイな一曲。7 AureliusとIrv Gottiが製作した夏の浜辺を意識せずにはいられない「Leaving(Always On Time Part Ⅱ)」は続編、ですから当然Ja Ruleが例の濁声で歌う様なフロウをかましています。こうやって聴いているとやはりAshantiとJa Ruleの相性はバッチリ良いですね、この曲のちょっぴり南国な感じも極めてイイ感じです。7 AureliusとIrv Gotti製作の「Call」はポロロンポロロンとなる弦楽器の音と、Ashantiの薄めのボーカルが相俟って不思議な匂いがプンプンです。Chink SantanaとIrv Gottiが製作を担当した「Scared」ではIrv Gottiが満を持して(?)の参加、でも全然Irv Gottiの影が薄くて分かりませんので。7 AureliusとIrv Gotti製作の「Rescue」はAshantiにピッタリな伸びやかでスムージーな妖艶曲、なぜかこういう歌の方がAshantiっぽく感じるんですよねぇ。ほんのちょっぴりアジアンテイストなエッセンスを取り入れたトロ~っとした歌フックが悩ましい「Baby」はChink SantanaとIrv Gotti製作、キラキラした音にスクラッチがぶつかる「Vooodoo」は7 AureliusとIrv Gotti製作。その後も「Movies」(7 AureliusとIrv Gotti製作)でちょっぴりキラキラ感を織り交ぜて、女の子チックで可愛いタッチでしっとり歌い上げます。「Unfoolish」ではもう反則に近い荒技、The Notorious B.I.G.のVerseをそのまんま用いた最高の仕上がりになっています(当然)。しかも心憎い演出はもう一つ、最後にはThe Notorious B.I.G.「F***in' You Tonight」でのR.KellyフックをAshantiが歌うという重ね技を使っています(戦略)。最後の「Dreams」はタイトル通りに子供達の夢を綴った前向きな一曲、途中で入る子供達によるフック合唱も可愛くて仕方ない(微笑)。

いつも通りの良い感じの仕上がりに皆様満足の一枚だと思います、がしかしなんかこう物足りなさも感じちゃうのが僕の中でのいつものAshanti(不思議)。毎回同じ製作陣ってのも主な要因なのかな、何も7 AureliusやChink Santanaの腕が悪いって事ではなく、もう少し外部から敏腕Producerも招いていいんではないかなぁと。もうそろそろ新境地のAshantiも聴きたい、そう願っているのは僕だけではないハズ……?

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fat Joe「Jealous Ones Still Envy(J.O.S.E.)」
fat-jealcovs.jpg


Puerto Rico出身の巨漢ラッパーFat Joeの通算四作目となる『Jealous Ones Still Envy(J.O.S.E.)』を御紹介。Fat Joeって本当に分かり易い名前ですよね、覚えてもらいやすい愛称で御座います。あんまり太っててちょっと心配にもなるんですが、痩せたら痩せたで威力半減しちゃいそうなんでこのままでいくしかないでしょうね(運命)。
気になる内容はと言いますと……いつもの様にFat Joeの野太くも歯切れの良いラップが聴き手を薙ぎ倒す力作となっております。シリアスなシンプルループでひたすらラップする「J.O.S.E.」、製作はPsycho Lesが担当しています。「King Of N.Y.」ではRaggae界よりBuju Bantonがフック参加、盟友Cool & DreがEddie Kendricks「Just Memories」をサンプリングしたこれまたシリアスながらも派手な一曲。今風で言うトピックとして、あのDJ Khaledがボーカル参加しています(驚)。Quiicksilver「Fresh Air」を早回し下敷きしたファンキーな「Opposites Attract(What They Like)」はSelfなる人物の製作、ゲストに先日Terror Squadを脱退したRemy Maが参加、相変わらず男勝りなラップでカッコイイ。何にも増してよりシリアスでひんやりした薄氷トラックの「Definition Of A Don」はThe Alchemistが製作(納得)、ここでもRemy Maがゲスト参加、Fat Joeと渡り合えるのは彼女だけか。ギャングスタな雰囲気の中にも燻し銀な味わいが滲み出ている「My Lifestyle」はBuckwild製作(納得)、こういうトラックならNasとかMobb Deepとか出てきたら面白かったなぁ(贅沢)。「We Thuggin'」は完全にR.Kelly節な独特な跳ね方の一曲、しかし製作はRon Gなる人物が担当しています。R.Kellyがあの独特の惑わせ歌声を披露、こういう歌い方はR.Kellyの専売特許ですな。「Fight Club」はその名の通り、Fat Joeに加えてM.O.P.にPetey Pabloとかなり男臭い面子が縦横無尽に暴れ回ります(痛快)。Fat JoeもPetey Pabloも勿論カッコイイけれど、やっぱLil' FameとBilly DanzenieのM.O.P.に耳が奪われます(熱暑)。「What's Luv?」は完全な売れ線路線なんだけどやっぱりキャッチーで耳に残る佳曲、Irv Gotti(とAndre Parker)製作でAshantiとJa Ruleが援護射撃しています。Ashantiのエロ可愛い歌声に撃ち抜かれるし、Ja Ruleの程よい(個人的には物足りない)濁声フックが良いエッセンスになった一曲。「He's Not Real」ではFat Joe率いるTerror SquadよりProspectとRemy Maが参加。「Get the Hell On With That」ではTerror SquadよりArmageddon、それに加えてSouthの大物Ludacrisが威風堂々の参加。僕の大好きなB!nk製作のチキチキ浮つき攻め込むトラック上で一番輝いているのは……やっぱLudacrisかなぁ~(僅差)。「Murder Rap」では再びArmageddonが参戦、製作は最近名前を聞かない(寂)Rockwilderが製作を担当。どうせならRedmanを引っ張ってきてくれたら面白かったのになぁ。悲壮感に溢れたピアノの旋律が鋭く光る「Wild Life」はDJ NastyとLVMによる製作、ゲストにProspectとXzibitが参加しています。そして最後を締め括るに相応しい鉄人Buckwild製作の「Still Real」は素晴らしいの一言、Millie Jackson「You're The Joy Of My Life」を下敷きにした美しくもドラマチックで情緒的なトラックに、Fat Joeの力強いラップが見事に嵌っています(最高)。

いつだって骨太なラップで僕らを土俵から勢いよく押し出してくれるFat Joe、本作も例に漏れず天晴れな一枚で御座いました。ゲスト陣もしれ~っと豪華なので聴いて絶対に損は無いですよねぇ、中でもお薦めはやはりM.O.P.とPetey Pablo参加の「Fight Club」なんでよろしく。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Robin Thicke「The Evolution Of Robin Thicke」
robinthicke-eorcovs.jpg


青い眼のソウルシンガー兼ソングライターRobin Thickeの通算二作目となる『The Evolution Of Robin Thicke』を御紹介。皆様はこのRobin Thickeなる二枚目を御存知ですか、知っている方はかなりの通なんでしょうね、Robin Thickeのこの『The Evolution Of Robin Thicke』はつい最近Platinum(100万枚)アルバムに認定されたみたいです。いやいや、そんなに売れていただなんて(驚笑)。僕がこのアルバムを知ったのは、タワレコの一角で“Justin好き(勿論Justin Timberlakeの事)にはオススメ”って書いてあるのを見て“ふ~ん”って思ったぐらい、その車での帰りがけになんかRobin Thickeって聞いたことある名前だなぁと思って記憶の糸を必死に手繰ってゆくと……そうだ、Lil' Wayneの「Shooter」に客演していた名前だと思い出しまして。まさか白人だったとは思いもしなかったので、かなり驚きました。それで次に行った時になぜか気になりすぐに購入、それからずっと聴いてはいたんですが……そんなに売れていたとは。俳優Alan Thickeを父を持つRobin Thicke、以前はBabyfaceが立ち上げたレーベルNu Americaからの第一弾アーティストとしてデビューしていたそう。しかしセールスは芳しくなく、その後は裏方仕事などを手伝っていたんだとか(Usher「Can U Handle It?」やMya「Can't Believe」等々)。そんな中、The NeptunesのPharrellがInterscopeの社長のJimmy Iovineに“あのRobin Thickeはどうしてるんだい?”と尋ね、Robin ThickeとPharrellは音作り、そうしてこの『The Evolution Of Robin Thicke』はThe Neptunes率いるStar Trakからリリースされたんです。
それではようやく気になる内容にちょこっと触れます……もう一言で言えば、心地良いグッドミュージックの詰まった才能溢れる一枚って感じです(最高)。最初に書いておきますがほぼ全曲をRobin Thicke本人がソングライティング&製作(あとPro J)が担当しています、当然ですが。まずはFaith Evansをゲストに迎えたデュエット「Got 2 Be Down」の登場、もうこのFaith Evans登場だけでも僕は興奮しました。Marvin Gayeの様なトラックとRobin Thickeのファルセット駆使の歌唱もゆったり心地良いです。ピアノ伴奏と共に静かに歌声を昇華させる「Complicated」の儚さといったらない(笑)、この透き通った裏声は一体なんなんだ。続いてはギターの音色と共に結構地声も織り交ぜて(地声もファルセットも確かにJustin Timberlakeに似ている)歌い上げる「Would That Make U Love Me」、小気味良くて少し踊りたくなるThe Neptunes風味のするナンバー。「Lost Without U」は同じギター使いでも全く違ったアプローチ、本作からの2ndシングルで御座います。これはもうRobin Thickeの本領発揮って感じでしょうね(圧勝)、丁度良い脱力感(あとハイな感じ)と途中で鳴る“チン♪”って音からThe Neptunes製作だろうと思っていたんですが、違っていましたね。あ、ちなみにRobin Thickeが全ての曲を書いています、楽器もちょこちょこ演ってます(凄)。「Ask Myself」は完全なアッパーチューン、しかもかなりセンスの光るエッジの効いたRobin Thickeのファルセットで僕らを舞い上がらせる一曲。多重に重ねられたRobin Thicke歌声のフックがたまらなく高揚させる「All Night Long」、ゲストに実力派のLil' Wayneが参加しています(最高)。パーカッシヴなトラックにLil' Wayneの浮遊感のある高音ラップが良い感じに絡んでてグッド。これまたスペーシーなトラックだったからThe Neptunes製作かなと思ったら、これまた違ってました。しかしRobin ThickeとLil' Wayneの繋がりってなんだ、The Neptunesからの流れなのかな(でもThe NeptunesがLil' Wayneに曲提供した事は無い様な)。Christina Aguileraが『Back To Basics』で試みたアプローチを彷彿とさせる、完全に世界(時代)が違う「Everything I Can't Have」もRobin Thickeの幅の広さを実感できる面白い一曲。「Teach U A Lesson」は再びギター主導のブルージーな一曲、モノにしています。あまりに美し過ぎる歌声とトラックが僕の胸を綺麗に撃ち抜いた「I Need Love」、この曲を聴いているとなぜだか僕はSadeを思い出します。「Wanna Love U Girl」で満を持してのThe Neptunesの登場(待侘)、結局The Neptunesが関わったのは全16曲中でこの一曲のみ(驚)。ここでもPharrellが当然参加しているのですが、Pharrell得意の裏声(通称ファレルセット)ではなくラップのみ、やはりRobin Thickeの華麗なる裏声には負けるからかな(笑)。Robin Thicke自身のピアノ弾き語りの「Can U Believe」も最高の仕上がり、Robin Thickeの柔らかな歌声に癒され捲くり、ちょっとした切り傷ならきっと治癒できるハズ(断言)。「Shooter」は僕が始めてRobin Thickeに触れた記念すべき曲、Lil' Wayne『Tha Carter Ⅱ』にも収録されています。この気だるい歌い方に注意は惹かれましたが、後にこれほどRobin Thickeに嵌る自分がいるとは(予想外)。少し曇った跳ね音がたまらなくカッコイイ「Cocaine」、その名の通りかなり中毒性が高いですよ。「2 The Sky」はまたまたRobin Thickeによるピアノ弾き語り、この曲も範疇がどこだかは分からないが完全に他とは違う、Robin Thickeのジャンルを問わない感じが天才っぽい(惚)。歌い出し方からJustin Timberlakeかなと勘違いしそうな「Lonely World」は完璧な美メロ、もう文句無しの出来栄えでとにかく聞き入ってしまう、心に染み入る、切なさが込み上げる一曲。最後を飾る光降り注ぐ「Angels」は……素敵としか言えない、優しく美しいメロディとRobin Thickeの包むような歌声で完全に涙ポロポロ、本ッ……当にRobin Thickeって歌が上手いわぁ(惚)。

僕はこのアルバムかなり好きです、お薦めです、Robin Thickeは本当に才能のあるシンガーだと僕は思います。けして黒くはないかと思いますが、白い魂(ソウル)はかなりのもの、Justin Timberlakeに負けず劣らずの格好良さです。しかもこれだけ二枚目なんだから激しいですよね、これからもBlack Musicに良い感じで絡んで頂きたいです。次回作はもう少しThe Neptunes製作曲が聴きたいなぁ(願望)、それと古巣よりBabyfaceに一曲頼んで頂きたい(我侭)。