RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

01 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mary J. Blige「Growing Pains」
mjb-gpcovs.jpg


Queen Of Hip Hop/SoulことMary J. Bligeの通算八作目となる『Growing Pains』を御紹介。毎回と凄く濃くて内容の充実した作品を提供してくれる女王MJB、今回は結構すんなりとリリースされた気がしました、そんな大宣伝してなかった気がします(僕だけ?)。しかしMJBは是体に知らん顔出来ません、最近では珍しくすぐに目的買いでタワレコに行きました。今回も女王らしく堂々の仕上がりなのは聴く前から明らか、いつも最新のトレンドをそつなく取り入れるそのセンスの良さにも注目したい本作で御座います。
それでは講釈抜きで内容に早速と……本作は国内盤でなんと全20曲という満腹ボリューム、打つのが大変です(笑)。まずは幕開けに相応しい「Work That」、製作はTheron OtisとSean "The Pen" Garrettが共同で担当。バウンスの効いた余裕たっぷりのMJBの歌声でテンションは既に最高潮、音はシンプルなんですがMJBだから力強く感じるんです。「Grown Woman」では御礼の客演返しにLudacrisが参加、Dejoinが製作担当したちょっぴりロキッシュなトラックにLudacrisの無骨なラップがガツンと効いていて最高、Ludacrisって好きです。そして先行シングルとして好評だった「Just Fine」の登場、製作は御存知C. "Tricky" Stewart×The-Dream(ソングライティング)、加えてあのJazze Phaが力を貸したんだからそりゃ超話題曲で御座います(当然)。しかも仕上がりは期待通りで満足、カラフルな光線が交錯する近未来サウンドに、疾走するMJBの歌声、もう完璧ですぐに好きになってしまいました。「Feel Like A Woman」は再びTheron Otis製作でソングライティングをThe-Dreamが担当、ちょっぴりアジアンなテイスト漂うのんびりなトラックにMJBの歌声がまったり絡む。「Stay Down」はBryan-Michael Cox製作(ソングライティングにJohnta Austin参加&ストリングスにRon Fair参加)の当然のバラード、いつものピアノ旋律はないんですが、ここではちょっぴり近未来的な音でしんみりと悲哀のこもったトラックを提供。とここまでシンセ主軸のトラックが続くのですが、「Hurt Again」が絶妙のタイミングでノスタルジック、それもそのはず製作はAndre HarrisとVidal Davisのコンビが担当なんですから(最高)。まるでレコードを聴いているかの様な柔らかさと煌きは匠の成せる業、さすがAndre Harris & Vidal Davisと唸らされます(感嘆)。こういう曲がなんだかんだで僕は好き、古き良きソウルミュージックですよね。「Shakedown」はこれまた話題騒然、C. "Tricky" Stewart×Jazze Pha×The-Dreamのトリオが曲を提供、しかもデュエットの相手にUsherを持ってくるという神業を披露(鳥肌)。The-Dreamらしいトラック(歌詞)ながらも実力ある二人の共演だから薄っぺらく感じないから不思議、もう完全に二人の世界、“奪いにきたの、あなたの愛を奪いにきたの”と繰り返すサビも素敵です。「Till The Morning」はMJBらしいトラックでサンプリング物……と思いきやそうではなく元ネタ無し、しかも製作はあのThe Neptunesだって言うんだから驚き(腰抜)。The Neptunesっぽくないんですが彼ららしい、エッジ効いているんだけどどこか懐かしさの香るトラックがたまらなくカッコイイ、これだからThe Neptunesって好きなんですよ(曲者)。C. "Tricky" Stewart×Jazze Pha×The-Dream製作の「Nowhere Fast」は国内盤のボーナストラック、リフレインを効かせたダークなトラック。「Roses」もC. "Tricky" Stewart×The-Dreamによる曲、これが今のトレンドと言われればそうなんだろうけど、僕は今のところそこまで好きでなく、嵌れない一曲なのは確か(辛口)。「Fade Away」はStarGate製作(Co製作をNe-Yo、ソングライティングもNe-Yo)のこれまたどことなく懐かしいバラード、国内盤では対訳が割愛されていて歌詞が分からない、この曲は意味が知りたかったから残念。StarGateのここ最近の一本調子でなく、違う一面(しかも魅力的)を聴けて嬉しいです。愛とは何かを切々と歌う、美しくもどこか影を帯びたバラード「What Love Is」もStarGate製作×Co製作(ソングライティング)Ne-Yo、この曲なんかはNe-Yoとデュエットなんかしたら面白かったかもなぁ、勿論MJBだけで充分に聴き応えあるけれど。「Work in Progress (Growing Pains)」はNe-Yo率いるCompound EntertainmentよりChuck Harmonyが製作(Co製作はNe-Yo)を担当、これがまた程よくキラっと伸びやかで僕の心にスーッと染み入るスロウ曲でグッド。「Talk To Me」はEric Hudsonが製作を担当(ソングライティングにJohnta Austinが参加)、The Emotions「Key To My Heart」をサンプリングしたトラックは美しく、本作で最もMJBらしい手法で創られた一曲ではないかと。「If You Love Me?」はBryan-Michael CoxJohnta Austinが再び製作を担当、ここでは伝家の宝刀であるピアノ旋律を主調としたメロディでやはり繊細でしとやかで涙腺緩みます。「Smoke」では再びCompound EntertainmentよりSyienceが製作を担当(Co製作をNe-Yo)、Ne-Yo『Because Of You』ではあまりピンと来なかったCompound Entertainmentの面々ですが、このMJB提供楽曲は全てが納得ゆく仕上がり、Compound Entertainmentの腕なのかMJBの腕なのか……この先のCompound Entertainmentの楽曲で判断したいですね。「Come To Me(Peace)」はC. "Tricky" Stewart×The-Dream製作曲、この曲はかなりポップで黒さは殆ど皆無な感じなんですが、僕個人としてはかなりツボです(最高)。ピアノに絡みつく電子音、天使降臨のメロディラインにMJBの優しく温かい歌声……ほっと溜息を吐いてしまうのは僕だけではないハズ(安息)。そしてここからは国内盤のみのボーナストラック三曲の登場、これがまた聴き逃す事は愚かだと言える力作。まず「Mirror」と最後の「Sleep Walkin」はC. "Tricky" Stewart×The-Dreamが製作を担当、前者ではEve(カッコイイ)を迎えてギター爪弾く音が印象的な一曲、後者ではエレキギターの音が印象的なロキッシュ風味で爽やかな一曲と、どちらも良い味を出しているんです。がしかし、最も素晴らしかったのは「Hello It's Me」、製作をMark Ronson、加えてストリングスをLarry Gold、ドラムスをAhmir "?uestlove" Thompsonが担当したフィリーの土の香り立つ一曲(豪華)。もうこれは反則ですよねぇ、楽器の生音が美しくあったかくて、レコードで是非聴きたい一曲です。もしかしたら本作で最も好きな一曲かもしれません、ボーナストラック扱いだなんて勿体無さ過ぎる(涙)。

MJBならばなにも一枚にこんな沢山の曲を詰め込まなくていいのではとも思いますが、でも捨て曲は絶対に無いしファンとしては嬉しい限りです。C. "Tricky" Stewart×The-Dreamが今が旬ってのはよく分かりますが、こんなに提供してもらわなくても良かったのではないかな~なんて思ったりも、Raphael Saadiqとまた創って欲しかったなぁ。余談ですが、本作のジャケットは格好良い、この短い髪型がすごく似合っています。

スポンサーサイト

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The-Dream「Love/Hate」
thedream-lhcovs.jpg


飛ぶ鳥落とす勢いのソングライターThe-Dreamのデビューアルバム『Love/Hate』を御紹介。いやはや、ここまでの大物になろうと誰が予想したでありましょうか、てか僕はド素人なんで全く彼の存在を知りませんでした(笑)。でも彼の作っている曲には知らず知らずに触れていたんですよね、ほんとこれからはソングラインティングにも目を光らせておかなければ(学習)。もしかしてもしかしてなんて思ってはいましたが、さすがはDef Jam、The-Dreamまでも表舞台に引っ張り上げましたね。なんだかんだで気になって僕もする~と購入していました。歌にはそんな期待はしていませんでしたが、The-Dreamと大ベテランのC. "Tricky" Stewartのコンビが創る音に興味を惹かれない訳もなく。
それでは内容を御紹介、先に触れておきますが全曲をTerius Nash×C. "Tricky" Stewartのタッグが製作担当しています(当然)。まずは先行シングルとなった「Shawty Is Da Sh*!」の登場、ゲストには同じくDef Jam所属のFabolousが参加しています。隙間が空いたキラった電子音のトラックは可愛いし、The-Dreamの顔に似合わず青臭い歌声(エフェクト)がばっちり嵌っててグッド。あ、ちなみにこの曲ではL.O.S.も製作に参加しています、Fabolousをもっと使っても良かったのではと。繰り返し呪文が十八番のThe-Dreamらしい「I Luv Your Girl 」も面白さではピカイチ、スナップ音に“あ~あ、あ~あ~あ~♪”なんかも耳に残る、しっとり濡れたトラックも艶っぽくて上手いです(策士)。車のエンジン音で始まる「Fast Car」(L.O.S.も製作参加)なんかはかなりポップで懐かしい味、晴れた日のドライブなんかにステレオから流れたら絶対にハイになれるであろう一曲(美味)。ちょっぴりダークな味付けを用いた「Nikki」はTimbalandに対抗意識かな(勘繰)、そこまでの効果は発してなくて、僕は彼らにコッチ系の音は求めてないのかなと実感。と思っていたらそれ以上にTimbaland趣味の光る(気がする)「She Needs My Love」が登場、最初の出だしで使われるスクリューが途中で使われ、曲に起伏をもたらしていてなかなか侮れない一曲になっています。それこそJ.Holidayに歌わせれば良かったのではと思う(失礼)「Falsetto」は、メロディも歌詞もフック(呪文繰り返し)もThe-Dream節が全開。この曲は……The-Dreamには勿体無い気がする、もっと他のシンガーに(Usherとかどう?)歌わせていたらバシーンと来たかも(残念)。浮遊感たっぷりに絡みつくシンセにThe-Dreamの下手い歌声が連呼する「Playin' In Her Hair」はモロに僕好み、単純にこういうリフレイン物に踊らされている自分が居ます。J.Holiday「Bed」って使われていたペコポコ音を巧みに使って妖しさ満開にした「Purple Kisses」なんかも彼らの圧倒勝利、艶っぽくて可愛らしいトラック(歌詞)にThe-Dreamのボコった様な歌声、時折飛び出すファルセット、癖になること必至で御座います。ギュイギュイ歪んだシンセ音で悪っぽく迫る「Ditch That...」は本作でも異色の仕上がり、Prince風味……って訳でもないか。情事をラヴソングに見立てた「Luv Songs」での異次元への滑り込み方もなかなかのもの、こういうメロディセンスは本当に彼らでないと無理なんでしょうね。若き歌姫Rihannaをゲストに迎えたデュエット「Livin' A Lie」ではもうRihannaが心得ています、こういうトラックは元々彼女にマッチしていたんでしょうね、このデュエットの完成度は凄まじいです。男性R&Bには付き物の母親賛歌「Mama」は完全にボコーダー使い、これがまた良い塩梅で、メロディ自体は結構正統派な感じだったりするんですが、声加工でまた違った息を吹き込んでいます(美)。

う~~ん、歌はけして上手くないと思うんですが、声質はけして嫌いではないので聴けるんですよねぇ。そういう意味ではやはりAkonやT-Painの一派に属するかと思われます。AkonもT-Painも流行った訳ですから、The-Dreamが流行らない訳がない、てか彼の場合は新たにリフレイン(呪文)歌唱法を生み出した訳で、その功績は大きいと思います。ただまぁ、別に裏方で沢山のシンガーに曲を提供したらいいかなとも思います(笑)。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

僕が選ぶ2007年アルバムTop10
……とまぁこんな感じでしょうか、そんな沢山はアルバム購入していませんし、2007年の最後の方に購入したアルバム達(Mary J. BligeやらThe-Dreamやら)はそんな聴き込んではいない為、ランキングからは敢えて外しました。こういう一年の最後に出たアルバムは、来年度のランキングに入るように、来年からは考慮したいと思います。



第十位 Marques Houston 『Veteran』
mhv10s.jpg


まずは第十位のMarques Houston『Veteran』、これはもうあの涙涙の失恋曲「Circle」での、あの切な過ぎるファルセット歌唱法での胸撃ち抜きからのランクイン。僕はMarques Houstonの歌声って好きなんですよ、この曲以外もどれも安心して聴けて良かった、でもBryan-Michael Coxの奏でるピアノ旋律とあの踊りが素敵でした。


第九位 R.Kelly  『Double Up』
rkd10s.jpg


次に第九位のR.Kelly 『Double Up』、この一枚は流石は大ベテランR.Kellyだけあっての豪華客演陣が凄かった、そしてそれなのにけして存在感で負けなかったR.Kellyに完敗でした(天晴)。T.I.とT-Painを新たに引き入れて自身のヒット曲にしてしまった「I'm A Flirt(Remix)」も面白かったし(笑)、他の客演も良かった。でもやっぱり一番はUsherとの共演「Same Girl」、曲のプロットも面白くてヤラレました。


第八位 T-Pain 『Epiphany』
tpe10s.jpg


次に第八位にはT-Pain『Epiphany』、これは自分でも意外でした(驚)、なぜならこのアルバムは購入当初はまったく好きではなかったから。でも気付けば車の中で聴いていたり、iPodスピーカーから流れる彼の歌声にピタと止まったり、いつの間にやら好きになっていました。もうちょっと歌中心の曲ばかりになっていたならば、もっと上位に喰い込んでいたと思います、今年もT-Painの勢いは止められないんでしょうか、Akonと共に一味違う曲を提供し続けて欲しいですね。


第七位 Rihanna 『Good Girl Gone Bad』
rgg10s.jpg


次に第七位のRihanna『Good Girl Gone Bad』、これもハッキリ言って自分では驚き、Rihannaって基本的にはそんな好きなシンガーではなかったので。しかしそこはやはりThe-DreamとC. "Tricky" Stewartの今を時めく黄金コンビが書いた「Umbrella」が凄まじかった、Jay-Z援護射撃ってのも文句無しの強さだったし、Rihannaの癖ある“えら~えら~え~え~♪”も嵌ってた。あとはTimblandとJustin Timberlakeが手掛けた「Rehab」も大好き、この曲はもうJustin Timeberlakeがそのまま歌っても良かったとは思うけれど。


第六位 Talib Kweli 『Eardrum』
tke10s.jpg


次に第六位のTalib Kweli『Eardrum』、このアルバムは本当に良質でボリュームも満点で文句無しでしたよね。Talib Kweliのあの甲高いラップもかなりツボですし、Hi-Tekにwill.i.amにJust BlazeにKanye WestにMadlibにPete Rockと、製作陣が通な人選でグッド、そのうえゲスト陣もUGKにRaheem DevaughnにKanye WestにLyfe JenningsにMusiq SoulchildにNorah JonesにKRS-Oneと面白かったですよね。でも一番好きだったのはJustin Timberlakeが製作&ゲストで参加した「The Nature」かな、これは格好良かったですよね。


第五位 J.Holiday 『Back Of My Lac』
jhb10s.jpg


次に第五位のJ.Holiday『Back Of My Lac』、これはもう彼の歌声にウットリで御座いました。最初「Bed」を聴いた時はそんなピンと来なかったけれど、いつのまにか“べー♪べー♪べー♪べ~~え~♪”って口ずさんでいる僕がいました(笑)。しかしこの「Bed」一曲だけだったかと言うとけしてそうではなく、全ての楽曲でJ.Holiday節が滲み出ていて素晴らしい出来上がり、Rodney Jerkinsが製作した「Be With Me」も今聴き返すとすっげぇカッコイイんですよねぇ、これからも是非頑張って頂きたいシンガーの誕生でした。


第四位 Kanye West 『Graduation』
kwg10s.jpg


次に第四位のKanye West『Graduation』、なんだかんだでやはり好きな一枚となりました。今回のKanye Westアルバムも彼自身のラップは聴いてて途中で飽きるんですが(失礼)、それをガッチリとカバー出来る良質な楽曲群がここまで順位を押し上げました。Kanye West自身だけでなく、DJ Toompを招いての楽曲製作も功を奏していました(流石)。T-PainやLil WayneやDJ PremierやChris Martinといったゲスト陣もどれもカチっと嵌め込まれていて素敵でしたし、なにより「Storonger」といった新たな世界を広げたその底力も圧巻で御座いましたよ。ただやはり、ラップの面では物足りなくて、あのまま同じ音構成で他のMC(Jay-ZとかTalib KweliとかTwistaとか)がやっていたら、もっと順位は上がっていたかも。


第三位 Alicia Keys 『As I Am』
aka10.jpg


いよいよ第三位はAlicia Keys『As I Am』、もうここからは実は僅差でもう順位付けるのも難しかったんですけどねぇ。とにかく今回のAlicia Keysはやってくれました、もう彼女は完全に別格となった感があります(涙)。もう全曲が完璧にソウルフルで熱くて優しくて……心温まる曲の数々で今年の冬は本当に助けられました。「No One」でのあの真っ直ぐ過ぎて胸を打たれる歌詞、「Like You'll Never See Me Agai」でのあの切なくも儚くも優しいあの歌声、John Mayerを迎えてのブルージーな「Lesson Learned」なんかもすごく素晴らしかったですよね。今までのAlicia Keys作品の中でも間違いなく最も好きな一枚だと断言できる、“音楽”の素晴らしさを教えてくれた一枚でした(賞賛)。


第二位 Jay-Z 『American Gangster』
jzag10.jpg


第二位に堂々のランクインは我らがJay-Z『American Gangster』、これはJay-Zファンでない方にとっても納得の順位ではないかと思います。まずあの硬質でざらついたトラック群は他のどのラップ作品と比べても、群を抜いて格好良かったと思いますし、あの空気感はJay-Zでなければ出せなかったと思います。ああいう一枚に仕上げる為にサウンドプロダクションも殆どを仕切ったSean "Diddy" Combsは冴えていたし、他にも飛び道具的なLil WayneやBilalなんかもバッチリで御座いました。The Neptunesが得意のスカスカサウンドで挑んだ「Blue Magic」も面白かったし、Nas参加の「Success」もバッチリ、最後を飾るJust Blaze製作の「American Gangster」も疾走感が快感、Jermaine Dupriもいつもと違った曲で良かった。黒い魂がギッシリ詰まったサンプリングネタたっぷりのこの一枚は僕好み、昔のソウルアルバムが途轍もなく欲しくなりました(欲望)。Jay-Zが久々に本気を出した一枚、最近のHip Hopに飽きた方には是非聴いて頂きたいですね。


第一位 Bobby Valentino 『Special Occation』
bvs10.jpg


そして遂に第一位、これは結構すんなり決まった気がします、それぐらいこのアルバムは高評価だったと思います、Bobby Valentino『Special Occasion』。まずはあの先行シングル「Anonymous」でガツンとやられましたよね、Timbalandに完敗でしたね、あのキラキラ感は予想外でした(射抜)。その他の曲もどれも素晴らしくて、Babyfaceのカバー「Soon As I Get Home」もツボでしたし、前作から引き続き多くの曲を提供していたTim & Bobコンビも素晴らしい腕ですし、その他のProducer陣も皆イ~イ仕事してるんですよねぇ(溜息)。ただ、そんな中でも最も好きで繰り返し聴いていたのが、Rodney "Darkchild" Jerkinsが製作した「Turn The Page」、この切なさったらない、Bobby Valentinoの高く甘酸っぱい歌声がまたたまらなく感情を揺さぶるんです(涙)。歌詞もすごく素敵で、この歌詞に助けられた事もありましたよ。とにかくBobby Valentinoというシンガーが、これからのR&B界には絶対不可欠なんだという事を、きっちり証明してくれた価値ある一枚だと思います。他のどの歌モノ作品よりも数段素晴らしい仕上がりだっと豪語できます(推薦)。



……という結果になったんですが、どうでしょうか、皆様の好きな一枚は納得できる位置にいましたでしょうか(笑)。やはり迷いに迷ったアルバムも沢山あるんですよねぇ、50 Cent『Curtis』とかT.I.の『T.I. vs T.I.P.』とか、Joeの『Ain't Nothin' Like Me』、あとはKeyshia Coleの『Just Like You』とかね。特にKeyshia Coleなんかは相当迷ったんです、凄く良いアルバムだったんすがリリース時期がかなり最後の方だったんで、聴いた回数で負けたんですよねぇ。でもそうやって考えたら2007年末に出たAlicia KeysとJay-Zの両作品が、Top 3にランクインしているのは凄いですよね。
今年もまた素敵な一枚がたくさん僕を喜ばせてくれるんでしょうね、今からすごく楽しみです。今年はレコードにも手を出そうかと思っているんです。でもね、それじゃ幾らお金があっても足りないなぁって……去年一年はそれで結局購入しなかったんですが……今ものすごく欲しいんですよねぇ、でも今は家電の買い過ぎで本当に貧乏、考えないとなぁ。