RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
37位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z「The Blueprint 3」
jay-z-the-blueprint-3-album-cover-540x540.jpg

誰もが認めるHip Hop界の帝王でありCEO、Jay-Zの通算十一作目となる『The Blueprint 3』を御紹介。あの悲劇の同時多発テロと同日発売だった傑作『The Blueprint』、その“Blueprint”シリーズ三部作の完結編となるのが本作、本当に待ち焦がれていました。本作はまずそのジャケットが凄く芸術的でカッコイイ、本作はジャケットワークにも中のブックレットにも一切Jay-Zが写っていないのも特筆すべき点(本作がキャリア上初)、Jay-Zを外して客観的にHip Hopを見詰めた作品だという意味なのでしょうか。あと本作ではExecutive ProducerにShawn CarterとKanye Westが名を連ねています、Kanye Westは裏方としては最高なんですがね(苦言)。
それでは2009年度最も重要な一枚の内容を御紹介……まず本作はゲストが多く、『The Blueprint 2』に次ぐ多さ。しかしこのゲストの起用法も従来のJay-Z手法、大体は主にフックのみを任せていて、そこが絶妙な匙加減。まず幕開けとなる「What We Talkin' About」、製作はKanye WestとNo I.D.でサンプリングにFrederic Mercier「Spirit」を使用。静かにじわじわと広がってゆくトラックに徐々に加速するJay-Zに興奮、客演にはEmpire Of The Sunの片割れLuke Steeleが参加。Jay-Zが皆に感謝を示す余裕満々の「Thank You」はKanye WestとNo I.D.製作、Marcos Valle「Ele E Ela」使いのまったり和やかなトラックにJay-Zが心地よさげにラップをかまします。本作の軸ともいえるのが話題曲「D.O.A.(Death of Auto-Tune)」、この曲には皆が一瞬でやられましたね(物議)。最近流行を超えて横行に近かったオートチューンに死の宣告を与え、黙祷を捧げた一曲、策士(エンターテイナー)Jay-Zの真髄を魅た気がします。No I.D.製作(サンプリングにJanko Nilovic and Dave Sucky「In The Space」)のエレキ弦にトランペットに硬質ドラムスが交錯する、生バンド感抜群のファンキータイトなトラックも、アンチエレクトロで真っ向勝負でぶっ飛んでます(一撃必殺)。前作『The Blueprint』で盟友Nasへの宣戦布告となった「Takeover」と同位置にあるのが、現行シーンに歯止めをかけた警告であるこの曲ですね(重要)。余談ですが途中でFreewayが“That's Too Far!”の一声を放ちます。そして続くヒットシングルとなったのが、殺伐とした行進系の歪んだトラックに合わせて“ここを仕切っているのは俺達だ♪”とRihanna、Kanye Westを率いて歌う「Run This Town」、製作はKanye WestとNo I.D.でThe Four Levels of Existence「Someday In Athens」をサンプリング。Rihannaのあの癖のある挑発する様な黒猫声(いや、黒豹声)がたまらないスパイス、あの毒々しい“えーえええええ♪”は耳にこびり付く。Jay-Zの地元であり“夢の叶う街”New York、そんなN.Y.の光と影を綺麗にスケッチしたのが「Empire State Of Mind」。製作はAl Shuxなる人物でサンプリングにThe Moments「Love On A Two Way Street」を使用。単調なピアノ鍵盤の鳴りのループに合わせ、Jay-ZがN.Y.の情景と共にまるで散歩するようにリズムを取ってラップするのがカッコイイ(痺)。それに全く負けないのが客演のAlicia Keys、あの美しくも力強い歌声で高らかに歌い上げる“にゅーーーよおーーーくッ♪”で誰もが痺れて失神するハズ(鳥肌)。この曲を聴いていると僕は心底、N.Y.市民でありたかったと悔やまれます(阿呆)。The Inkredibles製作の柔らかブライテストな電子曲「Real As It Gets」ではYoung Jeezyが客演参加、本当にYoung Jeezyはボーカルが素晴らしい、Jay-Zが彼を起用したのも頷けます。Swizz Beatzが製作&客演の「On To The Next One」は、いかにもSwizz Beatzらしい読経の様なフックが不気味に脳裏で鳴り続ける、まるで僧院系のトラックで中毒性が高い(依存症)。あと余談ですがこの曲でJay-Z、ほんのちょっぴりオートチューン使っています(笑)。盟友TimbalandとJermone "Jroc" Harmon共同製作のエレクトロ流線系のメロディにシンコペイトビートが散りばめられた「Off That」が最ッ高にクール、客演には新進気鋭のDrakeが参加。Timbalandらしい怪しげなシンセサイザー光線がビュンビュン駆け抜ける疾走チューンで、Jay-Zもフルスロットルでクールにラップを滑走させる斬れ味抜群のアッパー(惚)。Drakeのあの低い蛙声での歌うようなフックもスピード感バッチリでイイ、存在感のあるイイ声しています。煌びやかさと華やかさが見事に融合したキラキラ眩しい流麗曲「A Star Is Born」、製作はKanye WestとNo I.D.で(Additional ProductionにKenoe)下敷きにMother Freedom Band「Touch Me」を使用。Hip Hopの歴史を彩ったスター達に“拍手を送ってくれ♪”とJay-Zが煽る中で、そのMC陣にかつてBeefを繰り広げたNasやMobb Deepに言及しながら、その功績を素直に称えるラインが僕のお気に入り。そんなスターMC達が列挙された後“僕もスターになれるだろうか♪”斬り込んで来るのは、Roc Nation(Jay-Zが新たに設立したレーベル)の契約第一号である新進気鋭J. Cole、ライトに流すラップも良いけれどJ. Coleはここではナイスな歌フックで援護射撃していてグッド(有望株)。Hip Hopが次の世代に脈々と受け継がれ進化し、永遠に不滅なんだと痛感させられる一曲(希望)。まるで地面からユラユラとくゆら立つ様な不穏なべコボコビートがジリジリ迫るジャングル曲「Venus vs. Mars」は、TimbalandとJermone "Jroc" Harmonが共同製作。こういう変態趣味は確かにTimbalandの十八番だけれど聴くのは久々、そういう意味ではTimbalandも原点回帰か。ここでのJay-Zの冷徹でシャープなラップが凄まじくキレてます、このスタイルは新しい気がします(新鮮)。織り重なり響くストリングスが美しい「Already Home」はKanye WestとNo I.D.が製作(サンプリングにGladdy's Allstars「Mad Mad Ivy」使用)、ここではまた新進気鋭のKid Cudiが歌フックで参加、人気実力を妬む連中に“俺はとっくに帰ってるよ♪”と余裕で手を振るJay-ZはまさにKing Of Hip Hop。「Hate」ではKanye Westが再び客演参加、Kanye West製作のオートチューン声をメロディの一部にしたトラックが憎い、偽者MC達を一気に蹴散らすJay-Zのラップがあまり痛快で最強。TimbalandとJermone "Jroc" Harmonが製作の「Reminder」、オルガンっぽい電子音を不気味に鳴らすゴシック超のダークチューンに乗って、“忘れているなら思い出させてあげる♪”とそのキャリアを誇る王様Jay-Zに感服するばかり(土下座)。このドロッとした堕落ビートに歌声を乗せるのはK. Briscoeなる女性で、彼女のデジタルノイジーな歌声がまたたまらない中毒性で神経ヤラれます(溺)。プアーーな電子音がホンワカと撫でる様に広がるスウィートな「So Ambitious」の製作はThe Neptunes、Pharrellがあの細いファルセットでハイな歌声を聴かせます。最後を締め括るのはKanye West製作でAlphaville「Forever Young」使いの「Young Forever」、客演には英国白人シンガーのMr Hudsonが参加。マッタリとまどろんだ電子音が朝靄の様に優しく包み込むドリーミーなトラックで、Jay-ZのリラックスしたラップとMr Hudsonの歌声がマッチしたクロスオーヴァー曲。

『The Blueprint』はJay-Zが幼い頃から聴いていたソウル音楽を絶妙にサンプリング、自身をHip Hopに投影させて大きな青写真を描き上げました。『The Blueprint 2』は当時の人気者達を集結させ、現状のHip Hopが持つ華やかでパワフルな世界を描き上げました。そしてこの『The Blueprint 3』では「D.O.A.(Death Of Auto-Tune)」で現状の音楽業界に警鐘を鳴らし、新進気鋭の若手を起用し、これから先のHip Hopを製図するのに必要な要素&感情で青写真を描き上げています(慧眼)。Jay-Zが自身をHip Hopの一部として“Hip Hopを保存してゆくのは当然の責任”“Hip Hopに稼がせてもらって、自分がHip Hopに対して果たした貢献はと考えた時、自分の感情や事実に基づいたものが必要だと思う”と発言しているのをみても、Jay-ZがHip Hop全体を愛し考え、より大きく成長させようとしている姿勢が窺えます。だからこそJay-ZはHip Hop界を牛耳るCEO(最高経営責任者)だと思います、Jay-ZもHip Hopも、また新たな局面に突入しています。2009年度の重要な一枚である事は確実、是非聴いて下さい。

スポンサーサイト

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Redman「Red Gone Wild :Thee Album」
redman-redgonewild.jpg

ファンキーでファニーなキャラクターで愛され尊敬される超ベテラン、Redmanの通算六作目『Red Gone Wild :Thee Album』を御紹介。その火薬声で一気に聴き手に火をつけ焦がすRedman、僕のお気に入りのMCの一人で御座います。前作『Malpractice』からおよそ6年ぶり、いやはやなかなかスッとは出さないですね~。しかしこの可愛くもファンキーなジャケットがたまらないですねぇ(惚)、この色使いとかマットな感じがアートで素敵(あと日本語で“赤い男”って書かれてるのも)、今までのRedman作品の中では一番の仕上がりですね。
じゃあ気になる内容はどうなっているかを書きますと……これが物凄く良い一枚に仕上がっていて、かなりヤバイですよ(喧伝)。まずはE3製作&客演の「Fire」で幕開け、ちょっぴりドロリとした電子音にRedmanの灼熱ラップがジリジリと迫るナイスな短曲。「Put It Down」は驚き、あのTimbalandが製作を担当。いかにもTimbalandな骨太ダークなバウンシービートが地響き鳴らすトラックに、Redmanのゴツいラップが跳ねて壊す素晴らしい融合(痺)。Timbalandとしてもくいう系統のビートは御無沙汰な気がして素敵、Redmanの火薬声にもTimbalandはお似合いで素敵。続く「Gimmie One」はPete Rockが製作、Marvine Gaye「The Break In」使いの埃っぽい真っ黒ファンキーなビートは流石、Redmanの緩急ついたトリッキーなラップも渋くて、Hip Hop黄金期を思い出させるクラシックな出来映えに感動。盟友Rockwilder製作の「How U Like Dat」はベヨンベヨンと響いて鳴るビートが跳ねてて軽快、Redmanのラップもかなり走ってて聴いてて思わず縦ノリしてしまう、最後に登場する客演のGov Matticも良い声しててグッド。Scott Storch製作のスカスカドカドカ打楽器ビートがクールファンキーな「Freestyle Freestyle」も最高、シンプルにラップで勝負するRedmanの余裕たっぷりのラップも、“ふりーすたいる♪ふりーすたいる♪ふりーすたいる♪”と繰り返すフックも絶妙、そこでちょっとサイケに転調するのもナイススパイスでカッコイイ(痺)。Erick Sermon製作&客演で、Keith MerrayにBiz Markieまで参加(!)の「Walk In Gutta」も渋い、Blondie「Heat Of Glass」使いの曇った燻し銀トラックが王道な仕上がり。Da Mascot製作でLove Unlimited「Midnight Groove」使いの「Wutchoogonnado」がまた懐かしいソウルフルなトラックが真っ黒で美しくて渋い(痺)、そのうえ客演のMelanie Ruthrfordなる女性シンガーの(良い意味で)古臭いソウル趣味な歌声が素晴らしいアクセントに(助演女優賞)。「Dis Iz Brick City」(フックのみでReady Roc参加)はなんとあのDJ Clark Kent(!)が製作を担当、Millie Jackson「You're The Joy Of My Life」使いのメロウソウルフルな泣き節がベタベタな作りで、それがまたDJ Clark Kentっぽくて素敵(絶賛)。Erick Sermonが続いてはAl Green「Right Now Right Now」からメロディ&歌声も借りた「Rite Now」も渋い、ちょっと地味なのにRedmanが火を吹けば激熱な一曲に仕上がるんだから凄い。WattsがBob Marley「The Sun In Shining」使いのReggae風味曲「Blow Treez」はそのまったりドロリな感触がまたカッコ良く、客演のMethod ManとReady Roc(それからAdditional VocalのGov Mattic)も良い味出してて煙たい。ぶっ壊れクラシックって感じの「Pimp Nutz」もRedmanだとキマる、製作はVitamin Dが担当。再びRockwilder製作の鋭い鋼鉄工場ビートが超クールな「Hold Dis Blaow!」もカッコイイ、このコンビも素晴らしい相性ですねぇ(感嘆)。そのRockwilder製作の「Merry Jane」はSnoop DoggとNate Doggが客演参加。いかにも西海岸なゆったりとしたノリのスウィートビートが可愛くてナイス、そこに絡むSnoop DoggのユルユルラップとNate Doggの下手ウマな歌声もガッチリお似合い(最高)、Redmanもこういう曲に乗せる事あまりないから新鮮で凄く良かったですね。Da Mascot製作でGoblin「Snip Snap」拝借のドラムブレイクビートが脳天直撃で痺れる「Gilla House Check」も、Redmanが受け継ぎ語り続ける王道Hip Hopって感じで、最近のHip Hopが忘れている魅力がギッシリ。Erick Sermon製作の「Soopaman Luva 6」はCurtis Mayfield「Give Me Your Love(Love Song)」を使用、ドラマチックなメロディに乗せて渋く吠えるRedmanも良いんですが、ここでは歌声を貸すMelanie RutherfordとHurricane Gが素晴らしい仕事っぷりで拍手。その二人は続く「Soopaman Luva 6 1/2」でも参加、ここではそんな歌わないのが残念。最後を締め括る「Suicide」はAdam DeitchとChris Pinsetの共同制作、サイバーなシンセサイザーが妖しく光って、そこにゲームチックなビコビコ電子音が跳ねながら交錯するダークアッパーで、そんな癖あるビートもRedmanが完全に喰っているナイスなエレクトリックチューンで最高。

いや素晴らしいですよ、一言で表すなら“痛快”とでも言いましょうか(褒)。ハチャメチャに暴れて遊びながらも、きちんと芯の通ったタフな一枚に仕上げるRedmanのその器量には頭が下がるばかり。古き良きHip Hop味がここには濃厚に練り込まれています、素直にHip Hopの楽しさを思い出させてくれる力強い名盤に大満足ですよ。Redmanってやっぱカッコイイですねぇ、僕はこの一枚でまた惚れ直しましたよ。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

J. Cole「The Warm Up(Mixtape)」
jcole-warmup.jpg

Jay-Zが新たに設立したレーベル“Roc Nation”の契約第一号アーティスト、J. ColeのMixtapeアルバム『The Warm Up』を御紹介。あのJay-Zが認めた才能なんですから注目せずにはいられませんよね(約束)、ちなみにJ. ColeはJay-Zの新作『The Blueprint 3』収録の「A Star Is Born」でも客演をこなしています(抜擢)。そんな訳で、本来なら公式リリースされていない作品は紹介しないのが僕の中の規則だったのですが、かなり期待しているMCなのでMixtapeでも取り上げて記事にしました。
それでは気になる内容を御紹介致しますと……Mixtapeという事で詳細が分からないのですが、ほぼ全曲の製作をJ. Cole自身が手掛けている様です(憶測)。そうだとするとかなり曲作りが巧い、ラップもなかなか巧者で良いんですよ。まずはオシャレなピアノ旋律に弾く様なビートが絡む「Welcome」で幕開け、J. ColeのスタイルはLupe FiascoやTalib Kweliみたいな感じで、静かでちょっとキー高めで流れる様にスマート、良い味出してます。「Can I Live」はProducerが分かっていて Syienceが製作を担当、早回しした声が悲鳴の様に響くシリアスで悲しさ漂う一曲で、このドラマチックなトラックにJ. Coleの熱のこもったラップが光ります。オペラっぽい女性の声がループしながらハイハットのチチチチ音が妖しく響く「Grown Simba」、単調なトラックなだけにJ. Coleのマイク一本での実力が試される一曲(勿論合格)。「Lights Please」は本作からの公式シングル曲(?)、ゆったりと間を置いて鳴らすピアノ鍵盤に硬質なドラムスが絶えずビートを刻む、完璧MC至上主義の一曲(最高)。派手さはないけれどシンプルなビートが素晴らしい感触、J. Coleが淡々と撃つラップを思う存分堪能できます。まったりとしたホーンが心地良く鳴り響くスローなJazz風味曲「I Get Up」も味わい深い、フックで軽く歌うJ. Coleもなかなかイカしてますよ。ブルースロックなエレキギターが渋く、ソウルフルなハーモニーも重なる「World Is Empty」もなかなかのもの。低く鳴るベースのビートに合わせて時折ギコギコ音とハンドクラップを散らした疾走チューン「Royal Flush」は、Mos Defなんかが好みそうな渋い一曲。「Dollar And A Dream II」は静かにしっとり鳴るクラシックピアノの音色に合わせて、J. Coleの軽快なラップがダンスステップを踏む様に舞うオシャレな一曲。「Heartache」はEliteが製作を担当、ファンキーな硬質ドラムスビートが炸裂するタイト過ぎる攻撃的な一曲(痺)、唾飛ばしながら荒くラップして立ち回るJ. Coleが最高にカッコイイです。70年代ソウル曲を甘さそのままに回したメロウチューン「Get Away」、まったりと溶ける煌びやかなメロディにJ. Coleの歌うような優しいフロウが映える一曲。「Ladies」ではLee Fields and The Expressionsが客演参加、これまた懐かしい匂いのするソウル曲をばっちりサンプリング、バンドチックな演奏がまた雰囲気を盛り上げる美しい一曲。ヒラヒラと神秘的で不思議な電子音が浮遊する「The Badness」はOmen客演、仄暗い深海を彷徨tっているような感覚のトリップ曲。昔のKanye Westが作りそうな「Hold It Down」は、古き良きソウルを復刻した様なヴィンテージメロディがたまらなく渋い(涙)。J. Coleのふんわりと歌うような鼻歌フックも雰囲気バッチリで素敵だし、流麗なピアノ旋律が心の琴線に触れるナイスメロウ(惚)。最後を飾るボーナス曲「Losing My Balance」は、爪弾くアコースティクギターが爽やかな風と共に哀愁を吹き込むブルージーな南国風味曲、思わず夕暮れ時の陽の沈む海を思い出す情感たっぷりのトラックが素敵。あとはビートをそのまま拝借した曲もありまして、Talib Kweli「Get By」使いの「Just To Get By」、Jay-Z「Dead Presidents II」使いの「Dead Presidents II」、Kanye West「Dolive Slow」っぽい「Dreams」(Brandon Hines客演)などなど。

Lupe Fiascoっぽくも感じるけれど、僕的にはTalib Kweliに似た印象を受けました。いや、しかしこのJ. Coleはかなり良い気がします、僕が結構好きなタイプのMCですねぇ(太鼓判)。Kid CudiやDrakeも要注目ですが、このJ. Coleも侮れませんよ~(厳重警戒)。この全曲をJ. Cole自身で手掛けているのならなお凄い(驚)、Mixtapeといえど素晴らしい仕上がりになっています。ネット上のあちこちでダウンロード出来ますし、J. ColeのOfficial Siteでも無料ダウンロードが可能です。現段階で公式のデビューアルバム『Lights Please』は2010年リリースとアナウンスされています、延期やらお蔵入りなんかになりません様に(懇願)。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Drake「So Far Gone(Mixtape)」
So Far Gone - Front Cover

最近やたらと話題のカナダ出身の俳優兼MC、DrakeのMixtapeアルバム『So Far Gone(Mixtape)』を御紹介。音楽業界に疎い僕でも流石に知っていたのが、この新進気鋭のMCであるDrake、もう巷じゃ話題持ち切りですよねぇ(騒然)。デビュー前からあちこちのメジャーレーベルが契約を持ちかけて、結局はLil Wayne主宰のYoung Money Entertainmentと契約を果たしました。まだデビュー前で音源が無いので、ネット上でこのMixtapeを落としてiPodで聴いてまして。最近は本作から何曲か選んで一枚にしたEPという形で公式リリースされた様です、僕はそちらは購入してないので、いつも聴いているこちらを御紹介します。
それでは気になる内容なんですがこれがなかなか素敵でして……まずは本作で多くの曲を手掛けているNoah "40" Shebib製作の楽曲から御紹介します。まずは幕開けを飾る「Lust For Life」、Tears For Fears「Ideas as Opiates」をサンプリングしたトラックは、静寂の中にポコポコと打楽器が鳴り響きまた静寂に吸い込まれるという、なんとも不可思議で静かな一曲。このトラックはKanye Westっぽい作り、そこに絡むDrakeの抑えたこもった声質のラップが耳にすんなりと入る一曲。「Houstatlantavegas」ではThe-Dreamみたいな酩酊トラック&歌い回しを披露、ここではDrakeがちょっぴり加工された歌声でスマートに幻想的に聴かせていて、途中でコロッと平坦なラップに切り替えて魅せるトリッキーな一曲。「Successful」ではTrey SongzとLil Wayneが揃って援護射撃、Trey Songzの艶やかながらもどこか冷たい歌声がスーッと広がる深海曲が魅力的。こうやって聴くとDrakeとLil Wayneは声が似てる(無論、ここでもLil Wayneはオートチューン魔法使いまくり)、Lil Wayneは爬虫類声で、Drakeは蛙声……いや違うか(笑)?Peter Bjorn and Johnの同名曲をRemixした「Lets Call It Off」も、そのままUKなロックを持ってきたトラックが軽快でノリ易い。オシャレなミッドナイト曲「A Night Off」ではDrakeが甘く美しい歌声を披露していて、高くナヨった歌声が魅力的な客演Lloydと対等に張り合っているから面白い。フワフワと電子音が輝き浮かぶメロウチューンで、互いの歌声が溶けるナイスな一曲。ヘリコプター音にトークボックスが後ろで炸裂し続ける、滑らかセクシーな「Bria's Interlude」はOmarionが客演参加。どこか遠くで聴こえるOmarionの歌声に、完全ロボットなフックが奇天烈な濃~いInterlude。心臓の鼓動にも似たドロドロしたビートが絡みつく「The Calm」では、Drakeがシリアスながらもスムーズなラップを披露。とここまでがNoah "40" Shebib製作曲、ここからはそれ以外の曲を御紹介。Notorious B.I.G.「Warning」のフックを思い切りスクリューした「Nov 18th」はDJ Screw製作、これはまぁまぁかなぁ。Jay-Zの同名曲のビートをそのまま拝借した「Ignorant Shit」、Lil Wayneを援護射撃に迎えてDrakeもなかなか鋭いラップで威勢良く駆け抜けます。「Say What's Real」はKanye West「Say You Will」のビートをほぼそのまま拝借、こうやって聴くとDrakeがKanye Westっぽいフロウスタイルの持ち主である事にも気付いたり。変てこビートが印象深い「Unstoppable」はSantogoldの同名曲のビート&歌声をそのまま拝借(Lil Wayneも参加)、ここでのDrakeのラップスタイルはLil Wayneに似てる気も。Boi-1da & Northern Profit製作の「Uptown」はBun BとLil Wayneが参加、Drakeのラップと歌声のスイッチングの妙技も光っていますし、雄臭いBun Bのゴリ声とLil Wayneの粘着質な声も好対照で面白い一曲。D10製作(ArrangedにNoah "40" Shebib)の「Sooner Than Later」も、ちらちら鳴るピアノ旋律とハンドクラップに、流麗な電子メロディとデジタル加工されたDrakeのファルセット気味の歌声が浮遊する、不思議な魅力が漂うスペーシーな一曲でグッド。最後を締め括る「Brand New」もD10製作(ArrangedにNoah "40" Shebib)、宇宙っぽい静けさ広がるスナッピンビートに、Drakeのヘロへロな歌声がゆたゆた浮遊する最近流行りなスタイルの一曲。しかし本作で最も注目なのはやはり、米国でも大ヒットとなりDrakeを世に知らしめた「Best I Ever Had」、製作はBoi-1daが担当。どこか古臭いメロディに明るくカラフルなガシャガシャ電子ビートが降り注ぐトラックもハイセンスですし、そこにちょっぴりメロディに乗せてオートチューン使った歌声&ラップをかますDrakeが見事に輝くナイスな一曲。

歌を交えながらのラップですんなり聴き易い一枚、Drakeもなかなか良い歌声しているんで良いです。僕的には歌:ラップを6:4にしてもらうと丁度良い塩梅な気がします。完璧に新世代のMCといった感じで、これからこういうMCがどんどん出現してくる気がしますねぇ。本作はネット上のあちこちで無料でダウンロード出来るので、皆様も是非落として聴いてみて下さい、Mixtapeですがなかなか良いですよ(薦)。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z「Chapter One: Greatest Hits」
jayz-chapter1-cov.jpg

Jay-Zの初期の楽曲を集めたベスト盤『Chapter One: Greatest Hits』を御紹介。本作はJay-Zの衝撃的デビューアルバム『Reasonable Doubt』から、『In My Lifetime Vol 1』、『Hard Knock Life Vol 2』から厳選された楽曲を収録、今のJay-Zがベスト盤を作ったらもっと違う内容になるでしょうね。どれもJay-Zのクラシックな楽曲ばかりで、それはつまりHip Hopの歴史における古典的名曲の目白押し状態という事に相成ります(太鼓判)。
それでは気になる内容を簡単に御紹介したいと思います……まずはミュージカル『Annie』のテーマ曲を思い切りサンプリングした「Hard Knock Life (The Ghetto Anthem-Radio Edit)」で幕開け、子供達の可愛い歌声に合わせてストリートの厳しさを語る、Jay-ZがLiveで必ず演奏する一曲。45 Kingが製作を担当したこのトラックが素晴らしい、これはかなり斬新な手法で他にはない味わい。Track Mastersが製作した「Wishing On A Star(Radio Edit)」ではあの煌めく魅惑の歌フックが綺麗、アダルトで紳士的なメロウ曲でJay-Zのスムーズなラップが映えます。Daven "Prestige" Vanderpoolが製作の「Sunshine(Radio Edit)」ではBabyfaceとFoxy Brownが参加、キラキラと輝くキュートなメロディに絡むBabyfaceのシュガーヴォイスがとにかく甘いナイスな一曲で、僕は結構好き。ヒンヤリと冷たい空気を含みながら真夜中の高速を走り抜ける様な感触がたまらない「The City Is Mine (Album Version)」はTeddy Rileyが製作、客演参加で艶やかなハーモニーを聴かせてくれるBlackstreetの面々もナイスな援護射撃で最高です。そしてJay-Z初期の楽曲でも最高の一曲だといえるMary J. Blige参加の「Can't Knock The Hustle(Radio Edit)」が登場、あのKnobodyが製作したMarcus Miller「Much Too Much」を使った黒くギラギラ光るソウルフルなトラックに、少し早口にスマートにラップする余裕綽々のJay-Zが神の様にカッコイイ(失神)。そこにあのMary J. Bligeの熱いシャウト手前の歌声が迸るんだから間違いない、今では完全無敵なスターとなった両者が“ベイビー♪いつの日かアナタもスターになれる♪”と歌っているのが面白い、あの頃は二人も若かった。Foxy Brownとの粋な絡みがエッヂの効いた跳ねるビート上で踊る「Ain't No Nigga(Original Radio Edit)」は、Jay-Zの師匠であるBig Jazが製作を担当、この曲も絶対にJay-Zがプレイする有名な一曲で男性陣と女性陣の掛け合いが素敵。Daven "Prestige" Vanderpool製作の燻し銀な名曲「Imaginary Player」を挟んで、Jermaine Dupriが製作&客演の「Money Ain't A Thang」、これはJDの鼻声ラップと跳ねたビートに乗って軽快に疾走するJay-Zがカッコ良い一曲。Irv Gotti製作の「Can I Get A...」ではJa RuleとAmil、ちょっぴりミステリアスなメロディと絶え間なくバウンスするビートだけでも病みつき度100%なのに、そのうえあの耳に残る呪文みたいなフックがたまらない(このフックはJa Rule考案なんだとか)。それからSwizz Beatzが電子鍵盤の上を滅茶苦茶に指滑らしビートにしたクレイジーな「Money, Cash, Hoes」、このビートは完全にイカレてるけど素晴らしい、Swizz Beatzの本当に黄金期を感じます(天才)。そのうえこの派手な狂気ビートに凶暴なDMXまでが絡むから凄まじい、これは確実に押さえるべき一曲。完全なBad Boyサウンドがキャッチー過ぎるRon "Amen-Ra" LawrenceとSean "Puffy" Combs製作の「I Know What Girls Like(Fly Girly Dub)」はPuff DaddyとLil' Kimが客演参加、ただ存在感あるのはLil' Kimです(笑)。Meccaの色っぽい歌声が美しいアダルトメロウ「Feelin' It」、Ski製作でピアノ旋律が細やかで美しい流麗曲。続いてもSki製作でHip Hopの歴史の上で重要文化財指定の「Dead Presidents II」も最高に痺れる(卒倒)、Nas「The World Is Yours」から声を拝借した、後のJay-Z×NasのBeefの発端ともなった一曲。ここからは一応ボーナストラック扱い、しかし目玉曲ばかりだから大事なんですよ。英国では重鎮のProducerであるD-InfluenceがRemixを担当した「Wishing on a Star(D Influence Remix)」、元ネタよりMelissa Morganを客演に招いた機転の効いたRemix「Can't Knock the Hustle(Fool's Paradise Remix)」はオリジナルをも凌ぐ勢いの格好良さ、不穏な空気を醸し出す鋼鉄ビートがガッチガチな「Ain't No Nigga(Rae & Christian Mix)」と、どれもが好Remixで知っておかないとマズイ曲ばかり。しかし一番の最重要楽曲は最後を飾る「Brooklyn's Finest」、Jay-ZとあのNotorious B.I.G.がマイク握って激突する一瞬昇天モノの名曲で御座います(雄叫)。兎に角この両雄の激突が聴けるのは貴重、もしBiggieが生きていたらずっと二人でKing Of N.Y.の座を争奪戦していたでしょうね。

この一枚に名曲ばかりが収録されていて、昔のJay-Zを知らない方はこれ買えばとりあえず押さえる事ふが出来ます。どれもがヒットした楽曲ばかりで、やはりJay-Zが稀代のヒットメイカーMCだという事を痛感させられます(納得)。ちなみに最後に収録されているNotorious B.I.G.との「Brooklyn's Finest」は国内盤のみの収録、なので絶対に国内盤の購入をお薦めします。Jay-Z『The Blueptint 3』でJay-Zに興味を持った方、このベスト盤を聴いてもっとJay-Zファンになって下さい(勧誘)。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Zが歴史的快挙
jayz-bp3banner.jpg

Hip Hop界を背負って立つ王様、Jay-Zが遂に歴史を塗り替えました(喝采)。
Jay-Zの新作『The Blueprint 3』が初週で約47万6千枚を売り上げ、Billboard Top 200で初登場一位を見事獲得(当然)。Jay-Zはこれが自身11度目のNo.1獲得、これはあのElvis Preslyが持っていた記録を破っての、“ソロアーティストのアルバムチャートNo.1獲得数史上最多”の大記録を達成しました(祝福)。

いやぁ、素晴らしい、いつかこの日が来ると思ってはいましたが、やはりJay-Zがこの快挙を成し遂げた事は素直に嬉しいです。これで名実共に“King Of Hip Hop”の称号を手に入れましたね。まだ本作は国内盤が発売されていないので、僕は全てを聴けていません(涙)、早く聴きたくて気が狂いそうですよ。

この大記録を機に、皆様にもこれまでJay-Zが発表した作品の数々を聴いて頂きたい(熱望)。
Jay-Z最高、これからも最高の作品を届けてください!おめでとうございます!

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Seal「Human Being」
human_being.jpg

ブラジル人の父とナイジェリア人の母の間に産まれたロンドン出身のR&Bシンガー、Sealの通算三作目となる『Human Being』を御紹介。僕にUK Soul/R&Bの魅力に覚醒させてくれたのが、何を隠そうSeal、今ではかなり好きなアーティストの一人。本作のジャケットも芸術的で格好良いですよねぇ、2パターン有る様ですが、僕は国内盤なので上記のジャケットです(こちらの方がもう一つよりもカッコイイ)。
それでは気になる内容を御紹介しますと……まず最初に述べておきますと、全曲の製作をTrevor Hornが担当しています。幕開けを飾る表題曲「Human Beings」、この曲は射殺されこの世を去ったBiggieと2Pacの二つの悲劇を歌った一曲。暗く悲しいトーンを背負いながらもフックでは“光を遮っている♪光の中を歩いてみろ♪”と、微かに光る希望を一気に輝かせるSealらしいメッセージ曲。曇った内に響くような音使いがじっとりとぬるい肌触りの「State Of Grace」、結ばれない男女の愛を歌った悲しく儚いメロディとSealの歌声が身に沁みる(悲)。細かく鳴るキーボード音とシンセサイザーがちょっぴり近未来な感覚がフレッシュな鮮やかさを放つ「Latest Craze」はJazzアーティストのEarl Harvinが参加、電子音もSealがやるとこんな風にまろやかで丸みのある肌触りになるんだから不思議。Chris Bruceの奏でるアコースティックギターの音色に心洗われる「Just Like You Said」は、愛がひび割れ少しずつ崩壊してゆく様を描写した、ブルージーな失恋曲。優しく包み込むようなSealの歌声、静かに深々と鳴り響く楽器の生音は柔らかく人間みたいな温もりがある、一片の詩を読むような悲しくも切ないバラード(涙)。アコギ一本を爪弾き奏でる弾き語り曲「Princess」、これまたSealの独特な詩の世界観がブワッと広がる不思議なラヴソング。Sealのハスキーな歌声が痺れる程にカッコイイ「Lost My Faith」、ゆったりと雄大で全てを飲み込む大地のように大きな魅力をまとった一曲。恋に落ちた一人の男の高揚する感情を歌い上げた「Excerpt From」は、徐々にビートが加速するエレクトロ寄りの静寂疾走チューンで、Sealのこういうノリも爽快で聴いていて気持ちが良いので好き。恋愛における男の失敗を正当化する「When A Man Is Wrong」は、弱い男達に贈るSealなりの応援歌(笑)。優しく鳴るギターの音色とスーッとドラマチックに広がってゆくメロディ、“正しい解答を出すために、間違いを繰り返す事もある♪”と歌うSealなりの愛の解釈を歌ったラヴソング(惚)。マイナー調のメロディにプカプカと漂うSealの歌声が不思議な感覚を刺激する「Colour」、少しずつゆっくりと色を変えてゆくメロディが妖艶な一曲。Jazzyな雰囲気でしっとりと艶やかなメロディが美しい「Still Love Remains」、時折ファルセットを使いながら“お前以外の誰と、俺が生きていけるというのか♪”と切々と暗く歌うSealに涙が零れそうになる失恋曲(暗)。Sealの擦れた優しくも寂しい歌声に心打たれる静寂のバラード「No Easy Way」は素晴らしい(感動)、愛する女性が自分の元を去って行く心境を歌った切ない詩がたまらない(涙)、Sealの静かに瞼を閉じて恋人に“さよなら”を告げるような歌声が苦しいぐらいに胸を締め付けます(心臓発作)。失恋した時に静かに部屋でひとり、こんな曲を聴きたい、そんな美しくも儚く切ないお別れの一曲です(号泣)。最後には演奏のみの「Human Beings Reprise」も収録されていて、これもTrevor Hornの劇的で素敵なメロディを堪能できるのでお薦めですよ。

素晴らしいの一言、Sealの世界観にどっぷりと浸かって溺れてください(溺愛)。Seal作品って、けして幸せいっぱいという感じではないんですが、そこがまた魅力だったりします。人生もけして甘い出来事ばかりじゃないから、そこに正面から向き合わないといけないし。あとSealの書くラヴソングは情緒溢れる綺麗なものが多い、それは失恋も含めて。こういうラヴソングを書ける人はそういないから、そこも僕がSealを好きな理由のひとつです、このジャケットも素晴らしい国内盤の購入をお薦めします、是非聴いて下さい。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

MTV Video Music Awards 2009 NYC
毎年恒例の“MTV Video Music Awards 2009 NYC”が開催されましたね。
例年なら実家にいるので全編を当日に観るのですが、今年は一人暮らし中なので観れてません(涙)。音楽好きの母ならきっと録画してくれていると思うので、今度帰省した時にきちんと観たいと思います。

janet_jackson_mtv09.jpg
Janet Jacksonの登場は沸きましたねぇ、兄Michael Jacksonのメドレーダンスが披露される中、最後にMichael JacksonとJanet Jacksonの共演曲「Scream」が掛かった途端、会場は歓喜の渦、特にBeyoceが物凄くはしゃいで喜んでいたのが印象的。煙の中から登場したJanet Jacksonの迫真のステー人グがカッコ良かった、特にバックスクリーンに映るMichael Jacksonとシンクロさせて踊る姿が凄まじかった(溜息)。でも最後のところはちょっと涙ぐんでたりして、でも堂々と立つJanet Jacksonが素敵でした。

lady_gaga_gettymtv09.jpg
インパクトといえばLady Gagaのステージも凄かった、個性的なんて言葉じゃ片付けられない異様な世界観で、僕はちょっと恐くもなりました(笑)。Lady Gagaって歌が上手いのか下手なのか分からないし(今回もなんとなく口パクだった気が)、顔が可愛いのかそうじゃないのか分からないですよねぇ(微妙)。途中の片足上げてピアノ弾いた時は笑ったけど、その後の血の惨劇は会場も一瞬どよめいてましたね(驚)。まぁ、独特で御座いました。

beyonce-getty-mtv09.jpg
凄かったのはBeyonce、Beyonceは「Single Ladies(Put A Ring On It)」を熱唱。ちなみにこの曲でBeyonceは“Video Of The Year”と“Best Choreography”と“Best Editing”を受賞しました(祝福)。
胸元がガッツリと開いた銀黒のレース生地のレオタード(?)が物凄いセクシーでカッコ良かった。この曲は本当に攻撃力抜群でかなりぶっ飛んでる、この勢いは誰にも止められませんね(不可能)。激しい踊りは奇抜で斬新で派手で、斬れ味抜群、Beyonceの丸い胸、大きなお尻、太めの太股が凄いセクシーでたまらなかいです(下心)。Beyonceの隣りで踊る二人も綺麗で良かった、この二人が着ている衣装も可愛いですね。
とにかく会場が大盛り上がり、最後には会場全体にダンサーが登場して皆で踊りまくっていて、それを観た時はさすがに鳥肌が立ちましたもんね(笑)。とにかくBeyonceもステージングが巧いなぁと実感、観る者を魅了するBeyonceは素晴らしいアーティストで御座います(拍手喝采)。

jay_z_pg-mtv09.jpg
最後を飾ったのは我らがKing Of Hip HopことJay-Z、ここではAlicia Keysを迎えて「Empire State Of New York」を一緒にステージング(興奮)。Jay-Zがバックステージからステージに上がるまでを追ったカメラワークがもう最高にカッコ良かったぁ、歩きながらラップしたJay-Zの声がちょっと調子悪かった気もしますが、王様らしい威風堂々の入場に会場も沸いてましたよ。スクリーンに次々とN.Y.の名所が映し出されたりして、演出が凄く凝ってて良かったです。

jay-z_alicia_keys_pg-mtv09.jpg
Alicia Keysも最初はピアノ弾いててJay-Zから離れていたんですが、途中で一緒にステージ中央へ。とにかくこの曲ではAlicia Keysの力強い歌声が痛快に響き渡って気持ち良い、Jay-ZもAlicia Keysも弾けるナイスな一曲で最高に良いですよね。でやっぱりAlicia Keysって綺麗ですよねぇ、素敵です、最後に二人が並んで決めポーズしているのも良かったです。

kanyewest_taylor_swift_getty-mtv09.jpg
ただ今年のVMAはトラブルも発生、“Best Female Video”を受賞したTaylor Swiftのスピーチ中に、目立ちたがり屋のエゴイストKanye Westが乱入。壇上でKanye Westがマイクを奪い「Beyonceが受賞すべきだ!」と吠えてしまいました(残念)。Kanye Westってこういう事するから純粋に好きになれない、昔みたいに裏方で頑張っている方が好き、才能がいくらあってもこういう事はしたら駄目ですよ(最悪)。

beyonce_taylor_swift_getty-mtv09.jpg
そこでBeyonceが自身の受賞スピーチの際には、スピーチできなかったTaylor Swiftを壇上に上げてあげる一幕もありました。これはこれでBeyonceの株も上がったし、良かったかなぁと思います。それに僕みたいなBlack Music馬鹿も彼女が気になりましたし、知名度ももっと上がったんじゃないかな(それでもあんな事されたTaylor Swiftが可哀想過ぎる)。Taylor Swift可愛いですしね、これからも頑張って欲しいです。

Jay-ZとAlicia Keysのステージに乱入した彼女については、あえて何も触れません、最悪、書くだけで彼女の名前が出ることになるので(売名行為に手を貸すみたいなので)書きません。

こういうトラブルが無かったら、今年も最高のVMAで御座いました。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

David Jordan「Set The Mood」
davidjordan-stm.jpg

あのTrevor Hornが発掘した英国発のシンガーソングライター、David Jordanのデビューアルバム『Set The Mood』を御紹介。Trevor Hornは昔、The Bugglesなるバンドを組んでいた人物でProducer。僕がTrevor HornをSealの作品で知りました、それからはSealと共にTrevor Hornのファンにもなりました(最近ではJohn Legend「This Time」なども製作)。そのTrevor HornがExecutive Producerとなっていて迷わず購入したのが本作、David Jordanの横顔を写したこのモノクロジャケットも素晴らしいので、お気に入りで御座います。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……全10曲中の5曲をTrevor Hornが製作していますので、まずはTrevor Horn製作曲から御紹介したいと思います。少しJazzっぽいノリに電子鍵盤のリズムが軽快に絡む「Love Song」、これがかなり渋くてクールでカッコイイ、R&Bって感じではないけれど有り。途中の壊れた音使いなんかはPrinceっぽい趣向、David Jordanの歌声もなかなかタフでほろ苦で素敵です。完全にRockテイストに仕上げたギリギリ尖ったトラックに合わせて、David Jordanもファルセット歌声を重ねる「Move On」も、けしてR&Bではないけれど有りですよ。これぞTrevor Horn節といった気のする、アコースティックギターで聴かせる心温まるスローバラード「Sweet Prince」が素敵(溜息)、フックに向かうにつれて高くなるDavid Jordanの歌声、フックでのオルゴール調なメロディへの転調、David Jordanの優しく包み込むような歌声とどれもが美しい(惚)。まるで子守唄のような一曲で、聴いていて安心してリラックスしてしまいます(休息)。ちょっぴり妖しく艶やかなメロディが魅惑の香りを漂わせる「If I'm In Love」、どこか異国情緒なすパイシートラックでDavid Jordanの跳ねた歌声もカルメンチックで素敵。70年代っぽいざらついた感触のカントリー音楽っぽいノリが土埃をあげる「Glorious Day」も面白い、くたびれた村の一角の酒場で安い酒を煽っているようなトラック。最後を締め括る「Fight The World」もRock味のブルージー曲、というか完璧にブルースで御座います。ここまでがTrevor Horn製作曲、残りの4曲はSteve Lipsonが製作を担当してまして。まず幕開けを飾る「Place In My Heart」は、電子鍵盤音に時折エレキギターが鳴るスキップ曲で、David Jordanが終始細いファルセットで歌い上げる一曲。Kanye Westなんかが作りそうなブレーメンっぽいノリが面白い「Sun Goes Down」なんかも、なかなかファンキーでナイスな仕上がり。David Jordanのスムージーな歌声に惹き込まれる「Set The Mood」も、結構渋いJazzyトラックでバーボンの様な味わいが濃厚。冒頭のファルセットを綺麗に重ねた歌声から、そのまま流れ込む悲しげなピアノ旋律に耳をガッチリ奪われる「Only Living Soul」も美曲。これはかなりSealっぽい作りのUKソウルな一曲、流麗な中にもどこか静かな激しさを湛えたドラマチックなトラックが素敵な仕上がり(拍手)。

どことなくLenny Kravitzを彷彿とさせる作風&歌声で、Sealとは違った味わいでしたねぇ。R&B/Soulって感じではなかったけれど、たまにはこういう音楽も良いかなと思います(薦)。仲間とオシャレにお酒を片手に談笑しながら聴いたら、きっと素敵だろうなと想像してしまいます(妄想)。Seal好きにはまぁお薦め、Trevor Horn好きなら絶対に購入しましょう。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

Jay-Zが “Answer The Call Live”を敢行
jay_z_911_benefit_concert_1.jpg

皆様、Jay-Zの最新作『The Blueprint 3』はもう購入されましたか?
僕は国内盤を購入するので、まだ購入しておりません。ちょこっとずつは試聴しているんですが、丸々は聴いていません、購入した時の感動が減るのが嫌なんで(慎重)。

そんなJay-Zが最新作『The Blueprint 3』を引っ提げて行ったのが、このコンサート“Answer The Call”で御座います。このコンサートが行われたのが先日の9月11日、つまり9.11同時多発テロが起こった日(Jay-Z『The Blueprint』が発売された日でもあり、『The Blueprint 3』も同日発売予定でしたが、リークを恐れて急遽早まりました)。今回のコンサートは、その9.11テロの犠牲者と追悼と、救助活動を行ったすべての人々の名誉を称えた、チャリティーコンサートとなりました。

流石はJay-Z、やはり魅せ方が巧い、これがJay-Zの最大の魅力。
最近は慈善活動にも積極的ですし、どちらかというと社会的な発言も目立ってきたり、Hip Hop界でもどちらかというと静観する立場で堂々の貫禄を魅せています。Beyonceと結婚もしたし、人間的にももっと大きな器を目指しているのではないでしょうか。とにかくこのコンサートも大盛況だった様で、豪華なゲスト陣も出演したみたいです、Jay-Zはやはり王様ですね。

この日演奏されたコンサートの演目はこちら……

jay-z-answer-call.jpg

―Set List―
01. "Pledge of Allegiance"
02. "Star Spangled Banner"
03. "Empire State of Mind"
04. "Where I'm From"
05. "Brooklyn Go Hard"
06. "Heart of the City (Ain't No Love)"
07. "Already Home"
08. "Run This Town"
09. "Can't Tell Me Nothing"
10. "Good Life"
11. "Diamonds"
12. "Jigga My"
13. "Izzo (H.O.V.A.)"
14. "Jigga What, Jigga Who"
15. "U Don't Know"
16. "D.O.A. (Death of Auto-Tune)"
17. "99 Problems"
18. "Venus Vs. Mars"
19. "Show Me What You Got"
20. "Give It to Me"
21. "On To The Next One"
22. "I Know"
23. "Dirt Off Your Shoulder"
24. "Can't Knock the Hustle"
25. "Playback"
26. "Big Pimpin'"
27. "Hard Knock Life (Ghetto Anthem)"
28. "Young Forever"
29. "Encore"


……流石はJay-Zといったボリューム、涎タラタラで御座います(朦朧)。
ただいまYouTubeでほぼ全編の動画がアップされていて、時間かかりますがこのライヴの模様を観る事ができます(感謝)。しかし僕も、ハッキリ言ってまだ全て観終わっていないんで、すべての感想を述べる事はできません(涙)。

jigga-start.jpg
登場した途端に会場のボルテージは最高潮、ライヴの魅せ方でいったら、Jay-ZはMCとして超一流だと思います。誰もが知っているヒット曲をこれだけ持っているだけで、もう充分に強いですよねぇ(拍手)。この後多くのゲスト陣が登場するんですが、絶……ッ対にその存在感は喰われません(驚異)、王座はあくまでJay-Zのものなのです。最初の方で観たので印象深かったのは、Santigold(Santogold)が援護射撃をかました「Brooklyn Go Hard」、これは凄まじく格好良かった、Jay-Zの事だからたとえ国内盤といえど、ボーナス収録なんてしてくれないんですよねぇ(涙)。Santigoldが思った以上に可愛い顔してて驚き、ダイナマイトボディでした。あと要注目のMCであるKid Cudiも登場してて、かなり興奮しましたね、彼には最近ちょっと期待しています、こういう若手起用の仕方もJay-Zは巧い。

jigga-rihanna-911.jpg
僕的には久々に顔を見た感のあるRihanna、大丈夫そうで本当に安心しました(安堵)。曲は勿論「Run This Town」、ここでもその存在感は抜群で、あの横を刈り上げたモヒカンみたいな髪型もクールにキマってたし、あのダラ~っとした歌声も不穏に響き渡るナイス客演でした。しっかしRihannaは脚がメチャ綺麗、いつも見惚れてしまいます(下心)。

jigga-kanye-911.jpg
その「Run This Town」でRihannaと一緒に登場したのがKanye West、彼はその後も自身の曲「Can't Tell Me Nothing」「Good Life」などを熱唱。やはりかなり盛り上がってましたねぇ、特に「Good Life」でのあの揺れは半端じゃない(笑)、Kanye WestがMCとして人気があるのも頷けるなぁ。

jigga-beyonce-911.jpg
Jay-Zの奥様Beyonceも勿論登場、しかしJay-Zとの絡みは一切無く、披露したのは自身の曲「Diva」を、激しいダンスと共に一節だけ。もっと観たかったと思ったのは僕だけでないハズ(残念)、Jay-Zとの絡みも観たかったんだけどなぁ、しっかしBeyonceは綺麗でした(溺愛)。

jigga-johnmayer-911.jpg
驚いたけど納得の共演だったのがJohn Mayer、Grammyの常連でもあるし、いつかはJay-Zからの白羽の矢が立つであろうと思っていました(予感的中)。そのJohn Mayerはギター抱えて「U Don't Know」から演奏で登場、この曲自体が僕はかなり好きな曲なので痺れ上がりました(失神寸前)。そのまま流れ込む「D.O.A.(Death of Auto-Tune)」ってのがまた良いですね、これでT-Painも召還していたら最強だったなぁ(Jay-Zならやりかねないし、可能だと思います)。

jigga-mjb-911.jpg
女王Mary J. Bligeは勿論この曲「Can't Knock The Hustle」で登場、王様と女王様が揃うと流石に迫力があります(貫禄)。MJBのあの地面を踏み鳴らしながら踊りまくるあの様、あれがなんともカッコイイんでうよねぇ(痺)。二人の息もピッタリ、この曲ももはやクラシックですよねぇ。MJBはそのまま自身の新曲(?)を披露、これがまたエッヂの効いた一曲で攻撃力抜群でしたよねぇ。

他にもPharrellやSwizz Beatz、P.Diddy、Memphis Bleek、そして実はAlicia Keysも出演しているんです。Alicia Keysは最初の演目「Empire State Of Mind」で威風堂々の登場、その歌声がMadison Squear Gardenに轟き響き渡る様は圧巻、やはりAlicia Keysの歌声は聴く人々を飲み込みます(魅了)。しかし気になったのはJay-ZのAlicia Keysの扱い、他のゲストの時は絶対に紹介&煽りがあったのに、なぜかAlicia Keysの時は無かったんですよねぇ。Alicia Keysは後に「Heart of the City (Ain't No Love)」でも歌声を披露、その時もさらっとAlicia Keysは退場、なんでだろう……。

とにかく素晴らしいライヴでした(興奮)、是非DVD化して欲しいです(熱望)。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

期待のガールズグループ Richgirl
richgirl-photo.jpg

最近気になっているのがこの女性四人グループ、Richgirlです(薦)。
左からLyndriette、Brave、Seven、Audraの四人で構成されるRichgirl、彼女達はあのRich Harrisonが主宰のレーベル“Richcraft Records”が送り出しています。皆がなかなか綺麗でセクシーで、まずガールズグループにはこの基準を超えて欲しいんで、合格で御座います(上目線)。
そしてそんな彼女達を援護するのがあのRich Harrison、Beyonce「Crazy In Love」やAmerie「1 Thing」、Jennifer Lopez「Get Right」なんかの多くのヒット曲を生み出したのがこのRich Harrisonで御座います。僕はこのRich Harrisonの創る音が結構好きで、あの落ち着きのないガチャガチャ騒音ビートが、僕にはすごくツボでもうノリノリになってしまいます(踊)。



そんなRichgirlの先行シングルとなっているのが「He Ain't Wit Me Now(Tho)」、製作は勿論Rich Harrisonで御座います(鉄板)。
とにかくもうガチャガチャとぶっ壊す行進ビートが痛快で、それでいて華やかで派手、そこに絡むRichgirlのセクシーな歌声が最高。四人が入り乱れて踊り倒すPVも最高にセクシーでカッコイイ、やっぱり女性が踊る姿って魅力的ですよねぇ(溜息)。この曲を聴いていて思うのが、最初の歌い出しを担当している(殆どメインで歌っている)娘、Videoで確認する限りLyndrietteだと思うんですが、かのじょの歌声がまぁBeyonceにソックリで驚き。

最近は本当にR&Bグループが苦戦している状況だから、もっとこういう個性のあるグループに頑張って頂きたい。その為にはまずデビューして欲しい、良い曲に恵まれていても結局デビューできず終いなんてのも多々あるのがこの業界、なんとかCDにして出して欲しいです(切願)。皆さんも良かったら聴いてみて下さい、お薦めで御座います。

Richgirl Myspace


Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Gordon Chambers「introducing... Gordon Chambers」
gordonchambers-intro.jpg

優秀なソングライターとして多くの楽曲を提供している、Gordon Chambersのデビューアルバム『Introducing... Gordon Chambers』を御紹介。とは言っても浅い知識の僕は、このGordon Chambersを知りませんでした(恥)。その経歴は輝かしく、楽曲提供したアーティストはAnita BakerにBrownstone、BrandyにTamia、Tevin CampbellにCarl ThomasにFaith EvansにUsherにと、そりゃまぁ豪華な顔触れで驚きで御座います。そんなGordon Chambersが発表した作品なんだから、もう凄いに決まっていますね、きっと。
それでは簡単にですが内容を御紹介しますと……まずはTroy Taylor製作の「Touch You There」で幕開け、パーカッシヴが程よく効いたヒンヤリと涼しげな都会の夜の様にスタイリッシュなミッドナイトチューンで、幾重にも重ねられたGordon Chambersの潤いたっぷりの滑らかな歌声がすんなりと浸透する一曲。続いてもTroy Taylor製作で琴を撫で奏でるような流麗なメロディに思わずウットリする「Never Fall In Love」、爽やかクールの中にもどこか色っぽさのあるトラック&歌声が素敵なミッド曲。Vato製作の「Slippin' Away」では往年の名曲、Spandau Ballet「True」をそのまま拝借したトキメキメロウチューンを甘く披露。この原曲自体が僕は好きだからこれも普通にアリ、まったりと甘い時間を過ごせるベッタリポップな仕上がり。またまたTroy Taylorが製作を担当した「My Imagination」なんかも流麗な中にもどこかセンチメンタルな響きがあって、最近でいうNe-Yoみたいな清涼感と切なさが混じった天然水曲で好き。「Be Happy」はAndreao "Fanatic" HeardとSherrod Barnesが共同製作、乾いたギターの音色に跳ねたパーカッションと歌声が気持ち良い、南国風味の一曲。これまたスパイシーなギター弦の音色にキラキラな電子音とドカドカキックが響く「Still In Love」は、Ken Fambro製作のエッヂの効いたアッパーチューン。ここではSara Devineが客演参加で麗しい歌声を披露、これもどちらかといえばポップ寄りの清涼さ抜群の炭酸水曲。濡れたピアノ旋律やホーンの音色がオシャレで大人な夜を演出する「My Valentine」は、Gordon ChambersとBrian Becchusが共同制作。ここではCarl ThomasとRay Hargroveが客演参加、三者の甘く艶っぽい歌声が溶けて絡まるビタースウィートな一曲(溺)。引き続きGordon ChambersとBrian Becchusが共同制作の「I'll Miss You Most」がまた素晴らしいバラード(涙)、客演にMike Phillipsが参加。ピアノ基調のしんみりと美しいメロディはどこかゴスペルライクで聖なる響き、そこに響くGordon Chambersの澄み切った歌声が透明度抜群で心にスーッと浸透して潤います(浄化)。「That's When You Fall In Love」はBarry Eastmondが製作、思わず溜息が零れてしまう夜会曲で悩ましいです(吐息)。晴れた日の森の中を駆け抜ける様な爽やかさが心地良い「Always Be Proud」は、Troy TaylorとGordon Chambersが共同で製作。けして黒くはないけれどやはり清涼で爽快、こういうミント曲もなんだかんだで好きですね。小気味よく鳴り響くホーンの音が絶妙な、アダルトなJazz風味の一曲「Never」は、Gordon ChambersがAnita Bakerに提供した同名曲のカバー。最後を締め括るのはピアノ鍵盤と爪弾くギターで聴かせる純朴スロー「The Only One」、製作はGordon Chambersが単独で担当。Boyz II Menとかが歌ってもしっくり来そうな、真っ直ぐと抜けるドラマチックなバラードで、ただただその美しさに聴き入るばかりです(溺愛)。

そんなよく分からなくて購入したんですが、この一枚はかなり良いですねぇ(溜息)。歌声も素敵だし歌唱力もある、メロディも真っ直ぐと純粋で聴き易いものばかり、癖が無いので誰でもすんなり聴けます。もう一度よく見直して、Gordon Chambersが書いた曲を聴いてみようと思いました。すっきり素敵な一枚、皆様も聴いてみて下さい。

Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Three 6 Mafia「Last 2 Walk」
Three_6_Mafia-Last_2_Walk.jpg

DJ PaulとJuicy Jから構成されるMemphisはTennessee出身の凶暴Hip Hopグループ、Three 6 Mafiaの通算七作目となる『Last 2 Walk』を御紹介。元々は6人組だった様ですが脱退、現在はDJ PaulとJuicy J、逮捕されていたLord Infamousの三人の様です。ただ本作はDJ PaulとJuicy Jによる作品となっている様です、僕としても馴染みが深いのはこの二人なので違和感は無いのですが(笑)。
それでは内容の方を簡単に御紹介致しますと……製作は全曲、勿論DJ PaulとJuicy Jの二人が担当しています(ブックレットを紛失しておりまして、詳細が分かりません)。まずはおどろおどろしくホラーチックに幕を開ける「I Told 'Em」、分かり易くダークにループする電子音に、チキチキと鳴り続ける金属音、その上で暴れる三人のラップが暑苦しくゴリゴリな一曲。ストリングスが鳴り響くシリアスながらもサウス丸出しの「Trap Boom」はProject Pat客演、フックでの“とらっぷ♪ぶんぶん♪”は絶対に一緒に言うしかないです。テクノっぽい音が流れては壊す「I Got」ではUGKの片割れPimp CとProject Patが参加、途中で急にシリアスに転調する辺りがトリッキーというかThree 6 Mafiaっぽい。ピアノ旋律が静かに鳴り響く「I'd Rather」ではUnkが客演参加、Unkは軽いノリのラップ&声質なのでThree 6 Mafiaと違ってて、これはこれで良いアクセントにはなってたかなぁと。「That's Right」では人気者のAkonが客演参加、しかしそこまでAkonの旨味が出なかった気がします(惜)、思い切ってAkonに任せてしまって爽やかサイダー曲とかに挑戦した良かったのに。シンプルなピアノの音色ループがどこかホラーチックな「Corner Man」、ギュルギュルとスクラッチかましながら鋭さはなく、底辺を這ってラップがダラダラと流れる鈍い感触の「Weed, Blow, Pills」と、とにかく重たいビートの連続。その流れを一気に断ち切るのがLyfe Jennings客演参加の「Hood Star」、キラキラ輝く流麗なメロウ曲にLyfe Jeningsのちょっとほろ苦甘い歌声が乗っかって、Three 6 Mafiaの灰汁(悪)の強いラップもまろやかになってます。単調なリズムで軽快にラップして戦陣切ってゆく「Get Ya Rob」(Project Pat客演)、大御所タッグのUGKをおぞましい雰囲気の迎えたオーメン曲「On Some Chrome」、Lil' Wyte客演のグダグダと転がるローリング曲「Rollin'」、銃声がバンバン鳴り響く悲しいギャングスタ曲「Click Bang」、Project PatにSpanish FlyにAl Kaponeに8 BallとMJGがマイクを回す「First 48」、繊細なピアノ旋律にピコピコな電子音が絡む完璧サイケなエレクトロ曲「Lolli Lolli(Pop That Body)」と、どれもがThree 6 Mafia印な暗黒チックな黒魔術曲の連続。異色曲なのはRock界よりGood Charlotteを迎えた「My Own Way」、ただこれも完全にThree 6 Mafiaなトラックで、果たして融合する意味があったのかとちょっと疑問に思ったりも(難癖)。

う~ん僕は正直ハマれなかったというのが本音、これでもだいぶサウスマナーの音楽も飲み込める様になったんですが。なんか一本調子過ぎて途中でダレてしまいます、彼らの音楽が本当に好きな方ならたまらないのかもしれません。同じ様な感じでいけば、僕は断然Ying Yang Twinsを推しますね(個人的見解)。いや、Three 6 MafiaとYing Yang Twinsは違いますがね(笑)。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Toni Estes「Two Eleven」
toniestes-two.jpg

Virgin Recordsが送り出した女性シンガーToni Estesのデビューアルバム『Two Eleven』を御紹介。ハッキリ言ってToni Estesについて何も知りません(無知)。ただソングライターとして、あのWhitney Houstonなどにも曲提供したりしてるみたいです(凄)。よくは知らなくても僕は黒人シンガーの盤なら購入します、一か八かで御座います。
それでは本作の内容はどうだったかと言いますと……まずは「Independent Lady」でジャキジャキ鋼鉄な幕開け、製作はなんとあのTeddy Rileyが担当しています。Blackstreet「No Diggity」のテンポを速めた様なトラックはカッコイイし、客演参加のLil' Zaneのラップを切れ味抜群で素晴らしいです。続く「Hot」はTeddy Bishop製作(ソングライトをJohnta Austin)の乾いたギター弦を掻き鳴らすアップ曲で、Toni Estesのクールな歌声をエッヂ効いててカッコイイ一曲でグッド。電子ピアノの鍵盤音を流して鳴らすビコビコ細かく跳ねる「Told Me」はBryan-Michael Coxが製作を担当、この曲も近未来的な流麗アッパーで一時期のShe'kspereを思い出させる仕上がりにニンマリ、しかしToni Estesが端正な歌声しているので全くぶれてなくて素晴らしい(褒)。「I Adore」は再びTeddy Bishop製作(ソングライトはJohnta Austin)、ポワワンと浮かんだ様な柔らかなトラックが可愛くも綺麗で、Toni Estesの整った美貌溢れる歌声(美人声)が活かされたミッド曲。「Let Me Know」はBryan-Michael Coxが製作(この頃の表記は“Bryan Michael-Cox”だったり、“Bryan Cox-Cox”だったりします)、幾重にも重なった吐息のように優しく儚いToni Estesの歌声と、哀愁たっぷりのドラマチックなトラックが超お似合いで素敵な仕上がり。レコードっぽいプツプツ音に擦れたギター弦が絡まる「She Already」もBryan-Michael Cox製作曲、この曲の持つフィーリング(ゆったりと落ち着いたコク深い味わい)はMary J. Bligeを感じさせる一曲で、Toni Estesの才能の豊かさを感じる好楽曲。「Big Thangs」はあのWarryn "Baby Dub" Campbellが製作を担当、爪弾き奏でるアコギのメロディにシンセ音が疾走するエッヂの効いたアッパーで、これもDestiny's Childっぽい早口乗りがカッコイイ現代的な一曲。そのWarryn Campbellは続く「Change Of Heart」は、爽やかな夏空を感じさせるウェストサイドっぽいHip Hop風味のトラックが爽快でグッド、とにかくToni Estesが良い声しているからアッパーもスローも合います。Babyface周辺で仕事していたJon-Johnが製作の「U Don't Got What I Want」は、ビヨンビヨンな電子音がうねるビートに、斜に構えたToni Estesの耳馴染みのいいフックが痛快なアッパービートで結構好き。「Stupid」はTeddy Bishop製作(Johnta Austinがソングライト)のしっとりバラード、Toni Estesの清潔で透明感のある歌声がスーッと広がり浄化してくれる切ない一曲。「Let's Chill」はJon-John製作、とはいってもTeddy Riley製作のGuyの同名曲のカバーで御座います(興奮)。最初にトークボックスで悩ましく揺らめいただけでもう僕は鳥肌モノ(痺)、Toni Estesならではの味わい(色っぽさはそのままに、よりスマートに艶っぽく滑らか)に仕上がっていて素敵な抱擁曲にうっとり(溺愛)。「She Can't」はBryan-Michael Cox製作(ソングライトにJohnta Austin)のしっとりどこか悲しげなスロー、やはりBryan-Michael Coxはこういう美曲を作るのが巧いなと唸らされる一曲。最後を締め括るのはWarryn Campbell製作のカラフルポップなキャンディ曲「Still Your Son」、普通にシンセ音を鳴らすだけでなく、ちょっぴり変てこな音(しゃっくりみたいな声?)を混ぜ込んであるのが憎い演出で面白い。

そんな期待していなかったけれど、これが結構(というかかなり)素晴らしい仕上がりで驚きました(嬉)。Toni Estesがかなり端正なイイ声していて、聴いていて凄く気持ち良かったですし、製作陣も思いのほか豪華(しかも皆がイイ仕事っぷり)で、そこも大きな得点源でしたよ。アップもスローも器用に歌いこなすToni Estesに拍手でした、ただこのアルバムは販売されていないみたいなので、中古とかで運良く見つけたら購入してみて下さい。

Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Black Eyed Peas「Bridging The Gap」
BlackEyedPeas-BridgingTheGap.jpg

ラップして踊れるHip Hopグループ、Black Eyed Peasの通算二作目となる『Bridging The Gap』を御紹介。この作品の後に発表された『Elephunk』よりFergieが加入し、現時のBlack Eyed Peas(以降はBEPと省略)の構成となっています。will.i.am、apl.de.ap、Tabooの三人で作られた本作、最近のBEP好きでもここは知らないなんて方も多いかもしれませんね。
それでは気になる内容を御紹介したいなと思います……まず幕開けから熱いのが「BEP Empire」、製作をあのDJ Premierが担当した鬼の如く黒く硬い一曲(痺)。いかにもPrimoらしいシンプルなベンベン鳴らすループの応酬にスクラッチがキュルキュルと擦られる渋過ぎる一曲で、三人のストレートなマイクリレーにも痺れます。「Weekends」はwill.i.am製作でサンプリングにSly and the Family Stone「Family Affair」と、Mandrill「Lord Of The Golden Baboon」を大胆に使った派手な一曲。こういうキャッチーなネタ使いは当時のwill.i.amも得意としていたのですねぇ、こういうタイトでストレートなトラック聴くと、やはりBEPの面々はガッツリとラップ勝負できるんだなと感心します。フックで聴こえてくるEstheroなる女性シンガーのアンニュイな歌声も素敵、良い味出しています。「Get Original」もwill.i.am製作で、これはどこかWu-Tang Clanっぽい武闘派な声も聴こえるダークでストイックなトラックで、客演参加のChali 2naがまた野太く荒っぽいラップで武骨に盛り上げてくれます(興奮)。「Hot」はapl.de.apが製作を担当、これがまた最高にJazzyでファンキーなトラックで良い感じ。will.i.am製作の「Cali To New York」ではDe La Soulが参戦、ジャカジャカなトラックに時折ロボットチックな変声が施されたこの曲は不思議なクールさ。BEPの面々だけでも充分素敵なマイクリレーですが、そこにDe La Soulまでが加わるんだから最高にディープ。叩き続けるドラムロールっぽい音の鳴りにベース弦が渋く絡むwill.i.am製作の「Lil' Lil'」なんかは黒くて渋い、これはもうHip Hop愛好家にはたまらないシンプルビートで最近のBEPでは聴かないソリッドな音(痺)。ピアノ鍵盤のダラダラした音にLes Nubianの艶やかで冷たい歌声が華を添えるwill.i.am製作の「On My Own」ではMos Defがマイクを握る、なんとも硬派な一曲に痺れます。昔のRockテイストのメロディに鍵盤ハーモニカみたいな一音程がずっと鳴り続ける「Release」と、乾いたギターの音色が真夏っぽいアンニュイさを演出する「Bridging The Gaps」はapl.de.apが製作を担当。Afrika Banbaata&Soulsonic Force「Planet Rock」を大胆にサンプリングしたベース響き渡る骨太ビートが最高に尖っていてファンキーな「Go Go」はwill.i.amが製作、これはもうザックザクなビートに合わせて跳ねるBEPの面々のラップが最高にホットで失神寸前になります、機械でエフェクトかけた歌声も摩訶不思議な魅力で面白い。これは正にBlack Eyed Peas流儀(というよりwill.i.am流儀)で痛快、分かり易いけれど嫌味じゃない、Hip Hopへの愛情を感じる楽しい一曲。「Rap Song」はWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisのタッグが製作を担当した、軽くハイチな乗りが爽やかなギターサウンド満開のトラック。途中で聴こえるWyclef Jeanの南国風味の歌声も素敵、この両者は愛称がいい気がします。インド民謡っぽくもありカーニバルっぽいメロディ&乗りに、オートチューン使いが面白い「Tell Your Mama Come」もwill.i.amの音楽域の幅広さを感じる一曲でグッド。Macy Grayをfeat.した爽やかRock風味の「Request + Line」は、Rhett Lawrenceとwill.i.amが共同で製作を担当。これらに加えて国内盤にはボーナストラックとして、Police「Magic」をサンプリングした清涼で流麗な「Magic」「Bridging The Gaps(Version 2)」の後に隠しトラック「Empire Strike Black」の三曲が収録されています。

いかにもwill.i.amらしい耳馴染みのいいキャッチーなトラックながらも、そのどれもが王道Hip Hopへの愛が滲んだタイトなトラックの連続で、結構良かったと思います。ただどれも平均的で個性が弱い気がするの事実、そういう意味ではFergieを加えた後期のPopなBEPの方がパンチ力は有るかもしれません。ただ純粋に硬派なHip Hopを望む方なら、この時期のBlack Eyed Peasを好むかもしれません。僕はどちらのHip Hop形式も好きなので、違った感触で双方とも楽しめています。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Justin Timberlake「FutureSex/LoveSounds[Deluxe Edition]」
Justin_Timberlake_-_FutureSex-LoveSounds_(Deluxe).jpg

その緻密で繊細に構築された楽曲とボーカルで完璧なクオリティを実現し、偉大なる一人のアーティストに確実に近づいたJustin Timberlakeの2ndの豪華盤『FutureSex/LoveSounds[Deluxe Edition]』を御紹介。もう彼を只のアイドルだと馬鹿にする輩はいないでしょう、彼がこの作品で提示した世界観は芸術に近くて、彼の才能が存分に発揮されたクラシックな一枚となりました。そんな本作ですから“きっと後から豪華盤が出るだろうなぁ”と思っていたら、やはり出ました(複雑)。なるべくこういうのは避けて欲しいですが、そこはファン心理、出ると絶対に購入してしまいます(性分)。
それでは以前書いた記事と重複する部分がありますが、内容を簡単に御紹介……まずはじっとりとまどろんだ電子ビートに徐々に引っ張られて幻覚に陥る「FutureSex/LoveSound」で幕開け、製作はTimbalandとJustin Timberlake(以降はJustinと表記)、それからTimbalandの右腕のNate HillsことDanjaが共同制作。少しこもったJustinの歌声が脳内に響いてくる、不思議な感覚の一曲で幕開けとしては謎めいていて惹きつけれられてグッド。ちなみに本作では三曲を除く全曲をTimbaland×Justin Timberlake×Danjaの三人で共同制作しています、つまりJustin Timberlake自身がサウンドプロダクションにしっかり関わり、創り上げているのです(感心)。本筋に戻って続いてはヒットシングル「SexyBack」、ビコビコと跳ねる先進的でアシッドなビートは中毒性の高いクラブバンガーなトラックで素晴らしいし、そこに絡むJustinの歪みの効いたエフェクトをかけたボーカルが最高にクールで冴えています(痺)。過激でセクシーな詩もぶっ飛んでてヤバイ、最初聴いた時はこれがJustinの曲だと一瞬分からなかった実験的で先鋭的な一曲。合いの手参加のTimbalandの低音ボイスフックも良い、とにかく怪しく乗れる一曲でグッド。「Sexy Ladies/Let Me Talk To You Prelude」は二曲連続構成、「Sexy Ladies」は少し間の抜けた電子ピアノ鍵盤音がスカスカと鳴るトラックが、どことなくPrinceっぽくもある一歩一歩と歩く様な隙間電子曲。そのまま流れ込む「Let Me Talk To You Prelude」がまた、ドカドカビートにキンコンカンコンと金属音が鳴り響くTimbalandらしい派手に突き進むビートがたまらない。そして本作最重要曲である「My Love」の登場、フック以外をすべて繊細なファルセットで彩りフックでは多重に重ねたボーカルワークを施す辺りがトリッキーで、聴いてすぐに嵌ってしまった、どこかにトリップする感じがたまらない機械的ラヴソング(惚)。ここではJustinの類稀なソングライト能力が鋭く発揮されていて、“二人が手を繋ぎながら、足指を砂まみれにして浜辺を歩いている姿が思い浮かぶ♪”というラインが僕は好き。また援護射撃で参加したT.I.がまたカッコイイ(痺)、T.I.の流麗で少し斜に構えたラップが冴えてます、これもこの曲の不可欠なエッセンス。TimbalandとJustinの口音(Beat Box)を軸に構築したダンス曲「LoveStoned/I Think She Knows Interlude」も、とにかくガンガンに乗って踊ってしまうエッヂの効いた一曲。Justinの神経質でガラスの様に繊細で、危険な感性が研ぎ澄まされ表現された「What Goes Around.../...Comes Around Interlude」は、まさにJustin節が炸裂した恋人の裏切りを恨む失恋曲。「What Goes Around...」での“因果応報、やった事は回り回って、元のところに戻ってくるものなんだ♪”と警告するラインが印象的、悲哀に満ちたJustinのプラスチックな歌声もどこか病的でそこがまた魅力的。途端に転調してドロドロと熱を上げて燃えて灰となり燃え尽きる様な「...Comes Around Interlude」がまた不思議な魅力で、これがInterludeなのが勿体無い(惜)。続く「Chop Me Up」ではTimbalandに加え、Justinとは同郷出身のThree 6 Mafiaが客演参加。ダークな鍵盤音を連続した毒々しいサウスマナー感じるトラックも耳に残るし、Three 6 Mafiaのゴリゴリと低く構えて攻めるラップも良いスパイスになっています。ビュイビュイなシンセサイザーにドカドカとビートが交錯し前進する、ひと夏の恋を歌った「Summer Love/Set The Mood Prelude」の「Summer Love」は、どこか甘酸っぱくも癖のある電子トラック&メロディフックが耳にしんみり残るラヴソング。そのまま流れる「Set The Mood Prelude」はJustinの儚く細いファルセットが響き渡る綺麗な一曲。そして本作で最も優美でドリーミーなラブバラードが「Until The End Of Time」、繊細でシルキーな柔らかいトラックがスムーズで心地良く、じわじわと体中に浸透してゆく甘美なトラックが素敵(溺愛)。そこに流れるJustinの優しい吐息の様な囁きの様なファルセットが、もう溜息が出るほどに綺麗で情感たっぷり。Justin流のゴスペル曲ともいえる「Losing My Way」は、どこかざらついた感触を覚える荘厳でオーケストラ調のトラックが力強く、後ろで聴こえるTimbalandの歌声も良いスパイスになっています。とここまでがTimbaland×Justin Timberlake×Danjaによる製作曲、彼ら以外にも楽曲を提供している方もおりまして。「Damn Girl」はJAWBreakersが製作を担当、このJAWBreakersとはJustin Timberlakeとwill.i.amで構成されるProduceチームの事。硬質なドラムビートに合わせてファンキーな裏声で唸るJustinにPrince流儀を感じてしまう僕、途中で援護射撃するwill.i.amもやっぱりカッコ良くてナイス客演。そして本作の注目曲はあのRick Rubinが製作したアコースティックバラード「(Another Song)All Over Again」です、Justinのピアノ弾き語りにギター弦がしっとりと寄り添うメロディがブルージーで、思わず涙が滲んでくる優しい一曲。Justinの心の奥底から湧き出る様な優しく包み込むような歌声が、しんみりと心に沁みるあまりに真っ直ぐで綺麗なラヴバラード(名曲)。この曲はJustin Timberlakeという一人のシンガーが、ただただ一人ステージで歌い上げる芸術的な一曲。
とここまでが本編で、ここからは“Deluxe Edition”のみ収録のボーナス曲が登場。まずはあの歌姫Beyonceとのデュエットが実現した「Until The End Of Time(duet with Beyonce)」、相手は歌って踊れるBeyonceなんだから「SexyBack」や「My Love」でも良かったんでしょうが、そこを敢えて歌のみ勝負のこのドリーミーバラードに起用する辺りが憎い。Justinの繊細なファルセットも良いけれど、Beyonceの伸びやかで艶やかな歌声もこの曲に似合っていて、素敵な共演となっています。Larry "Rock" CampbellとDJ Wayne WilliamsがRemixした「SexyBack(DJ Wayne Williams Ol' Skool Remix)」では新たにMissy Elliottが参戦、一味違う弾けた電子トラックにMissy Elliottのファンキーラップが絡むクラブ向けの好Remix。最後にはトラックはそのままで新たに50 Centをfeat.した「Sexy Ladies(Remix)」まで収録(豪華)、これまた少し隙間のあるサイケなトラックに、50 Centのボケたラップがクールに絡むマッドな共演でやはりグッドです。

またこの“Deluxe Edition”には特典DVDが付属しておりまして、これがまた最高にクールな必見の内容になっているのです。まずは先行カットされヒットした「SexyBack」のPVメイキング「Making Of SexyBack」、監督のMichael HaussmanがJustin Timberlakeと「SexyBack」を賞賛する「Michael Haussmann Interview」、そのまま流れ込むのが「SexyBack(Video)」。真っ黒なスーツを身にまとったJustin演じるスパイがもうセクシーでやたらカッコイイ(惚)、SpainのBarcelonaで撮影された近未来的な部分と古風な佇まいが同居した建物が芸術的でハイセンス。「My Love」PVを撮影したPaul Hunter監督の話を撮った「Paul Hunter Interview」、そしてそのまま「My Love(Video)」へ流れる。もうとにかくこのPVが最高に格好良くて、本作でもこの「My Love」が一、二を争う程に好きなんですが、それもこれもこの曲にこのPVが伴っているからです(断言)。まずなんと言ってもJustinのダンスシーンが満載なのが魅力、あの独創的な振り付けと彼のダンステクニックが見事に融合していて、観ていてどっぷりと魅了されます。白の場面と黒の場面が交錯するシーンも最高にクール、Timbalandの奇抜なビートを更に惹き立て増幅させる、ナイスな演出です。そしてこのPVに出演しているT.I.がまた格好良いんですよ、そしてT.I.に絡む女性がかなり可愛くてエロくて最高(下心)。あと最後のカメラがJustinを頭上から足元からとパーンしながら撮影した最後のシーンも面白い、Justinの発想なんだとか。あと映像作品としてかなり凝った作品となったのが「What Goes Around.../...Comes Around(Video)」、監督にSamuel Bayer、脚本にNick Cassavetes、共演にセクシー女優No.1にも輝いたScarlett Johanssonを迎えた短編映画の様な一本。Scarlett Johansson演じる自分を裏切った恋人に詰め寄るJustinのあの怒りと狂気に満ちた迫真の演技、観ていて恐ろしいものが有りました、この曲自体がかなり病的だからこれぐらいの内容でないと追いつかない。最後のクライマックスも衝撃的、これは観て下さい。「LoveStoned/I Think She Knows」PVを撮影したRobert Hales監督の話を撮った「Robert Hales Interview」を挟んで、そのまま「LoveStoned/I Think She Knows(Video)」へ。スペクトログラフなる技術を駆使したサイバーな映像が最高にクールで、映画『2001年宇宙への旅』や『スターゲイト』を参考にしているんだとか。ここからはライヴ映像の連続で、これがまたホットです。少し小さめのライブハウスみたいな場所でマイクスタンド一本にバンド引き連れ歌う「LoveStoned/I Think She Knows(Live from Concert Prive, Paris)」、ブルーの光線の中でこれまたマイクスタンド一本にバンドスタイルで歌う「My Love(Parkinson UK TV Performance)」、Timbalandも一緒にメドレー形式で歌って踊る(ライブならではのアレンジも加えられている)「SexyBack/My Love/LoveStoned/I Think She Knows(MTV Europe Music Awards Performance)」と、どれも綺麗な映像で満足のいく内容です。しかしとっておきはやはり最後に収録された「My Love/SexyBack(MTV VMA Performance)」ですね、ピンスポットを浴びながら独りステージ下からせり上がって来て、そのまま繰り出されるカクカク動く奇抜なダンスを余す所なく堪能できる絶品ライブ(熱狂)。とにかくPV以上にJustinのダンス技術を楽しめる内容になっていて、豪華盤を買わないと味わえない特典です。

……気付けばかなり長い記事になってしまいました、もし万が一読んで下さっている方がいましたら、グダグダ書いて申し訳御座いません(猛省)。ただこんなに書いてしまう程に、僕はJustin Timberlakeという一人のアーティストが大好きなのです(崇拝)。まだ通常盤の『FutureSex/LoveSounds』を購入していない方は、是非ともこの豪華盤を購入して下さい、音楽史に残る傑作ですので(絶賛)。

Category: 日記  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

umizoi-1.jpg

昨日、8月31日は僕の勤め先のアルバイトの良介とチャッキョンと三人で、山口県の角島に行きました。
何ヶ月か前にチャッキョンがうちにアルバイト採用されて、その時にこの三人で歓迎会も兼ねたランチを開催したんですが、その時に僕が“いつかこの三人で角島に行こう”と話したんです。その時にまぁ“チーム角島”を結成したんですが、そのまま月日は流れていました。

んでつい最近、良介が就職決まりまして。
という事で急展開、是非とも“チーム角島”を決行しましょうという運びになり、最後の夏の思い出に朝9時半集合で出発しました。
行きだけで二時間ちょっとかかるんで、皆が到着するまでにグダグダになるかなぁと思っていたんですが、高速降りて関門トンネル通り抜けて、山口県入ってくると徐々に皆がウキウキソワソワ(楽)。そのうちに海岸線が見えると皆がカメラをパシャパシャ、ちなみに朝は完璧に曇りだったんですが、海が見え始めると急に晴れ間が見え始めました。本当に海が綺麗、青というかエメラルドグリーンというか、本当に透き通ってて綺麗なんですよ(惚)。

tunosimaoohasi-2.jpg

そして遂に角島の入り口となる角島大橋に到着、やったー、やっぱ綺麗!
本当に出発時は曇っていたんですよ、天気予報も曇り時々晴れ、なのにこの快晴なんだから素晴らしい(驚)。ここでも皆がカメラでパシャパシャ、何度もここには来ているんですがやはり何度来てもその綺麗さに感動してしまいます。海って良いね、自然って良いね。

tuno-orekyon-3.jpg

18歳のチャッキョンと25歳の僕、はしゃいでいたのは確実に僕の方(笑)。

tunosimamae-4.jpg

角島大橋前のモニュメント(?)の前で良介とチャッキョン、良介はちなみに22歳、若い二人。

oohasiwataru-5.jpg

そして角島大橋を横断、この渡っている瞬間も最高に気持ち良い、これは運転する人の特権。

kaisendon-6.jpg

着いた頃には12時半過ぎていたので、先にランチする事に。
前の日の晩にネットで調べて付近の食事処を検索してプリントアウトしておいたんですが、当日の朝が9時半集合であまりに早くて(個人的感想)、慌てて出たもんで忘れてしまいまして。結局そこら辺をウロウロしていたらネットで探していた食事処“おおはし”を発見、ここで食事する事に。
ちょっと定食屋っぽい雰囲気、愛想のないどこにでもいそうな店員のおばちゃん、壁に掛けられた俳優の西田敏行さんのサイン、メニューに時価と書かれた定食達(恐怖)、旅先の食事って気分満開で良かったです。
三人いろいろと迷った挙句、皆が海鮮丼を注文しました。上の写真はその海鮮丼、途中まで食べたところで写真撮ろうと思い立ち激写、もう器に盛り沢山の刺身や蟹やイクラや穴子の蒲焼や玉子焼きやらが乗っていて、超豪華でした。

syokuji-cr-7.jpg

いつもの如く僕は一番に完食(笑)、それでも箸を休め休めして食べたんですが。若い二人も始終“おいしおいし”言いながら食べていました、本当に美味しかったです、途中でイカ焼きとかたこ焼きとか食べなくて本当に良かった。

boat-co-8.jpg

その後はゆったりと角島灯台の周辺を散策、風が心地良く吹いていて、日差しの割にそんなには暑くありませんでした(幸運)。皆であちこちで記念写真を撮ったんですが、その中の一枚でお気に入りなのがコレ。浜に打ち上がっていたボートにチャッキョンと二人で乗って、大航海気分を満喫しました(阿呆)。

tunosimabanzai-10.jpg

で最後は近くの漁港で足まで海に浸かってチャプチャプと水遊び、ひんやり冷たい海水が気持ちよくて、皆で童心に帰ってはしゃぎました。2時半頃になって帰りたくない気持ちと戦いながら帰路につく、なぜなら僕と良介は18時から出勤だから(涙)。帰り道では良介も流石に爆睡、僕とチャッキョン二人でゆったり話しながら帰りました。
あ、そうだ、帰り道に警察に捕まりました(笑)。一旦停止箇所での一旦停止が甘いという事で、今回は警告で済みました(安堵)。もう三度も違反切られているから、これ以上は違反切符ヤバイです。その後の店舗での働きは本当に最悪、疲れ切っていましたよね(瀕死)。

でも楽しかった、最後に素敵な夏の思い出が出来ました。


で、その角島ドライブ当日のBGMに抜擢されたのがこの二枚で御座います……

lionel-jut-tuno.jpg
行き道でプレイしたのはLionel Richieの『Just Go』。とにかく爽やかな一枚で、なんとなくiPodをクルクルして掛けたんですが、これがもう青い海と空にバッチリ似合っていて、最高の選曲でした(自画自賛)。製作陣もStarGateにAkonとかなり常夏爽やかな布陣ですもんね、Lionel Richieの淀みの無い美しくもジェントルマンな歌声が最高でした。これから先の夏にも持ってこいの一枚ですねぇ。
Lionel Richie『Just Go』過去記事はこちら

india-teslove.jpg
帰り道でプレイしたのがIndia.Arieの『Testimony: Vol. 2, Love & Politics』。もう彼女のギターサウンドが夏の海と空と愛称抜群なのは今までの経験で知っていたので、迷うことなくこの一枚を選曲しましたね。んでまたIndia.Arieの歌声は絶……ッ対に帰り道、ちょっと寂しくなる気持ちも代弁してくれるあの歌声が切なくて良いんですよ(涙)。今回は少し帰る時間が早かったので出来なかったけれど、来年は夕陽が水平線に沈んでゆくのを観ながら聴きたいです(残念)。
India.Arie『Testimony: Vol. 2, Love & Politics』過去記事はこちら


とはいえ他の二人は邦楽しか聴かないので、結局は僕一人がBGMに聴き溺れていただけですが(笑)。