RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
26位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lauryn Hillの未発表音源
LaurynHill-guiter400.jpg

永遠不滅の傑作『The Miseducation of Lauryn Hill』を発表し、最高のアーティストの仲間入りを果たしたLauryn Hill。
僕が中学一年頃(?)に購入した、最初のR&Bアルバムがこの『The Miseducation of Lauryn Hill』。
Lauryn Hillに出逢わなければ、今のBlack Music好きの僕はきっといなかったです(偉大)。

しかしその後は全く作品を発表する事もなく(ライヴ盤『Mtv Unplugged No 2.0』は新曲ばかりでしたが、やはりオリジナル盤と呼ぶには無理が……)、ライブに登場したりThe Fugeesの再結成の噂が持ち上がったり、しかしLauryn Hillの新作は届かないまま(涙)。

そんな中でつい最近、Lauryn Hillの未発表曲「Repercussions」が流出しています(歓喜)。
いつ頃に製作録音されたのかなど、詳細は一切不明ですが、こうやってLauryn Hillの歌声に触れられるのはすごく嬉しい事。
Producerなんかもやはり分からないんですが、とにかくLauryn Hillの温もりやソウルが溢れた心地良いドリーミーチューンとなっています(惚)。流麗にせせらぎのように流れる琴の音っぽいメロディライン、Lauryn Hillの吐息の様に甘く柔らかなヴォーカル、もう最高に溶けさせてくれますよ(骨抜)。

ネット上を歩き回れば何処でも結構落ちていて、ダウンロードが可能です。
短い曲ですが聴く価値は充分に有ります、これは聴くしかない。
お願いだから、最後にあともう一枚、作品が出ないかなぁ……。

スポンサーサイト

Category: 音楽DVD  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

DJ Premier/DJ Pete Rock 「Legendary DJ Battle」
primo_peterock150.jpg

Hip Hop界を代表する伝説的DJ、DJ PremierとPete Rockが互いのプレイで激突する模様を収めた、Hip Hopファン垂涎の話題DVD『Legendary DJ Battle』を御紹介。これだけHip Hopを愛していながら僕はクラブ(?)とやらには行きませんので、ハッキリ言ってDJがどのようなものなのかあまり分かっていません。しかしDJ PremierやPete Rockの偉大さは感じ取っているつもりです。その二人がManhatten Recordsの30周年記念企画で実現した夢の東京イベントがDVD化、オーディエンスが日本人というのはなんだか萎えるんですが、それでも映像化されて本当に嬉しくて購入しました。
それでは本当に簡単に御紹介しますと……とにかく観るのが早いです、これは観て聴いて感じるべきです(なんだからこういう会場に足を運ぶべきなんでしょうが)。DJ PremierとPete Rockが相対してターンテーブルを前に陣取り、向かい合う様は本当に興奮する場面で御座います(鳥肌)。とにかくこの二人がただひたすらに交互にビートを紡ぎ連ねてゆくという、シンプルながらもDJの真骨頂を痛感させられる連続が圧巻です(唖然)。大きく分けて本編は七部構成になっていまして、この構成も僕みたいな初心者には分かり易くて(追いかけやすくて)素晴らしい演出。まずは今は亡きソウルの父親James Brownの楽曲をプレイする「JB Set」、もうJames Brownの渋くてしゃがれたあのファンキー声も挟みながら、ひたすら骨太にファンキーに踊らされる構成。James Brownの楽曲をそんなに知らなくても、やはりHip Hop曲ではかなりサンプリング使用されているので耳馴染みのある曲が多くてテンション上がります。“コレが無いとHip Hopは始まらなかった”とまで言える豪勢なトラック繋ぎが連続するのが「Motown Set」、このリレーを聴いていると本ッ……当に当時のMotown Recordsが遺した功績は偉大なるものだなぁとしみじみ感じさせられます(畏敬)。楽曲の本当にほんの一欠片しか使っていないんですが、それだけでも本当に渋くて味わい深くてカッコ良い、これこそ正にヴィンテージなんだと痛感します(感謝)。このイベントがMJ逝去後に行われたというのもあり、やはりここではJackson 5の楽曲が多くピックアップされていて、あのキュートで弾けた甘酸っぱいヴォーカルが聴き手のハートをギュッと掴んでしまいます(涙)。こうやって聴くとやっぱりMichael Jacksonが恋しくなってしまいますねぇ……楽曲のどれもがキラキラと輝いていてまるで星屑のように眩しくて、彼らが遺してくれた音楽に本当に感謝します(御礼)。その他は当然Stevie WonderやMarvin Gayeなんかも掛けたりして、とにかく最高に痺れるオールドソウルのオンパレードとなっています。そしてPrimoの“ブレイクビートってのは同じ箇所を何度も繰り返す技だ!”との分かり易い説明で流れ込む「Breakbeats Set」もやはり凄い、これは伝説的DJの二人だからこそ繰り出せる技とセンスの数々でただただ感心するばかりでした(嘆息)。ここではDJ Premierのあの神憑りなすクラッチ技をしっかりと見る事が出来て、それもかなり痺れるし感動してしまう。ある一曲のある一部分のみを切り取って独自の解釈でプレイする、これは物凄く耳が良くないと(完成が研ぎ澄まされていないと)出来ない神業、こういう優れた感性を持っているからこそこの二人が後にクラシックと称される多くの楽曲を創り出せたんでしょうね(納得)。そしてHip Hopファンが待ち望んでいたHip Hop曲のみで構成される「80's Set」「90's Set」が開始、ここでは一気にボルテージが上がるのを感じます(絶叫)。80年代の楽曲に関してはあまり知らないものばかりでしたが、今聴いても俄然カッコイイし骨太で胸躍らされる曲の連続、今の若い世代の僕らには逆に新鮮にさえ感じてしまいます(偉大)。90年代に関しては僕でも分かる曲が多くてより興奮度が高くなる、しかしもっと興奮しているのはその80~90年代の黄金期を生き抜いたDJ PremierとPete Rockの二人に違いありません。だからこそこの二人の盛り上げ様がもうヤバイ、二人が本当に愛して止まない本物のHip Hop曲が鎬を削りますから(汗)。そして最後を締め括るのは勿論、Hip Hop黄金期を築いたDJ PremierとPete Rockだからこそだからこそ出来る「DJ Premier-Pete Rock Works」、もーーー…………う名曲の数々で何も言葉に出来ない、冒頭からNasのクラシックが連続するだけで失神寸前ですから(骨抜)。Nasだけじゃありません、D'AngleloもBiggieもBusta RhymesもJay-ZもGuruも飛び出します、たまらないです。途中からは互いへの敬意を表して互い曲をプレイし出したりして、もう鳥肌がずっと立ちっ放しですよ。二人のこれまでの仕事が今のHip Hopの礎になっている事に感謝の念を送りたくなる、そんな名曲の数々のオンパレードです。しかも本作にこの素晴らしいライブの音源を録音した2枚のCDも付属しています、もう感謝々々で御座います。
本作のもう一つの見所「DJ Premier & Pete Rock Exclusive Interview」、それはDJ PremierとPete Rockの二人へのインタビュー映像も収録されている点。これはDJ PremierとPete Rockそれぞれにターニングポイント的なレコードについて語らせるという、なんとも夢のような企画でこれも最高ッ。DJ Premierが組んでいたGang Starrや、Pete Rockが組んでいたPete Rock & CL Smoothの楽曲完成までのエピソードも勿論沢山聞けます。しかしこのベテラン二人だからこそ聞き出せる逸話はそれだけでなく、Jay-Z『Reasonable Doubt』やNasの傑作『Illmatic』、Biggieの不滅盤『Ready To Die』の話まで飛び出すんだからもう昇天確実で御座います。他にもATCQの楽曲やBig Lの死など、様々な裏話を聞くことが出来ます。

もうとにかく最高のDVDです、DJ PremierとPete Rockの偉大さを肌で感じる事の出来る珠玉の一枚で御座います。この内容とボリューム(1DVDと2CD)で国内盤2980円というのはあまりに安い、Manhatten Recordsよくやってくれました(感謝)。DJとかがよく分からないド素人の僕でも充分に楽しめました、Hip Hop好きなら迷わず購入して間違いないと思います。やっぱりHip Hopて素敵です、ありがとう。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Big Boi「Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty」
600px-Big-boi-sir-lucious-left-foot-the-son-of-chico-dusty-HQ.jpg

Hip Hop界きっての最強デュオOutKastの片割れ、Big Boiによる待望のソロアルバム『Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty』を御紹介。OutKastといえばどちらかといえばAndre 3000がかなり目立つ存在で、Big Boiがちょっと地味に見えたりもするんですが、ソロ作はBig Boiが先に完成させたみたいですねぇ。Big Boi(OutKast?)主宰のレーベル“Purple Ribbon Records”からもJanelle Monaeが好調なセールス&評価を獲得するなど勢いに乗ってます、この紫を基調としたジャケットもそこから来ているんでしょうか。
それでは気になる内容を簡単に御紹介……トークボックス使って緩やかに「Feel Me(Intro)」で滑り込み、そのまま盟友Mr.DJが製作の「Daddy Fat Sax」へ。ちょっぴりスクリュー使いながらスクラッチやシンセサイザーを多用しながら独特の先鋭感を演出した近未来的なワープ曲。Sleepy BrownとJoiという家族同然の二人を客演に迎えた「Turns Me On」、製作もOrganized Noizeという事で完璧にOutKastっぽい味わいに仕上がっています。後ろで静かにピコピコ鳴る電子音に線の細いシンセメロディが軽やかに疾走するナイススライディングな曲、Sleepy BrownとJoiの鼻から抜けて宙を舞うようなヴォーカルもハイで素敵。宇宙船っぽいトリップ音を出しつつもブレイビーツっぽいオールド主義なメロディも最高に気持ち良い「Follow Us」はSalaam Remiが製作、客演にはPurple Ribbon所属の白人バンドVonneguttが参加。このミクスチャー感覚がハイセンス&遊び心満載でOutKastっぽいカラフルさ、ロックっぽくもHip HopしているSalaam Remiの面白さが詰まった一曲。Scott Storchが製作を担当した先行カット曲「Shutterbugg」、Soul II Soul「Back To Life(However Do You Want Me)」とThe System「You Are in My System」をサンプリング使用。チープな電子音の連続ループに歪んだ“ぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶ♪”声が絶えず響く、流行のエレクトロなんだけど懐かしさプンプンで、なんとも中毒性の高いロボット型トラックが面白い。Big Boiの細かく刻み攻め込む鋭いカットのラップも最高に冴えているし、トークボックス使ったちょっぴりサイケでクレイジーなトラックに淡々と斬りかかるBig Boiがカッコ良過ぎる。合衆国チックなゴスペルとホーンが飛び散る雄大な「General Patton」、製作はJbeatzzが担当。Terrence "Knightheet" Culbreath製作のドカドカ打楽器と弦楽器がトローリと融合するオリエンタルな「Tangerine」、客演にはT.I.とKhujo Goodieが参加。Big Boiのあの低く落ち着いた声でラップするのが好きだし、T.I.もKhujo Goodieも良い味出していて土臭いサウンドもイケテます。Yelawolf客演のチキチキ系の浮ついたビートの「You Ain't No DJ」は相棒のAndre 3000が製作、しかしAndre 3000にしてはあまり捻りのないトラックでちょっと残念かなぁと(辛口)。「Hustle Blood」はなんと同郷のLil Jonが製作を担当、客演にはJamie Foxxが参加という異色っぽい組み合わせ。まったりとレイドバックした泥臭いサウンドにJamie Foxxのリラックスしたヴォーカルがスーッと伸びゆくスロウ曲、これはこれで非常にALR産っぽいドロ~リ感で好きです。「Be Still」はRoyal Flushが製作を担当したオシャレなJazzy電子曲、Janelle Monaeが艶っぽくもちょっとボケたヴォーカルで華やかさを演出していて素敵です。「Fo Yo Sorrows」ではGeorge ClintonにToo ShortにSam Chrisとベテラン勢が参加、Organized Noize製作の不可思議系のふらふらメロディにBig Boiの早口ラップが滑ります。「Night Night」ではATLの新進気鋭B.o.B.とJoiが参加、上がったり下がったりする浮遊系の電子音&ホーンの鼓動が面白いサイバー曲はDJ Speedy製作。Joiは結構目立っているんですが、B.o.B.を歌フックだけでなくラップさせたらもっと面白かったかも。DJ Cutmaster Swiff製作でHarold Melvin & The Blue Notes「I Miss You Part I And II」をべったりサンプリングした「Shine Blockas」、客演にGucci Maneが参加しよりくどくて濃い味付けのこってりソウル風味に仕上がっています。「The Train Pt.2(Sir Lucious Left Foot Saves The Day)」はOrganized Noizeが製作のこれまた宇宙系な静寂遊泳シンセ、同じくOrganized Noizeが製作の「Back Up Plan」もザクザクと波寄せるビートがOutKastっぽくて落ち着くミッドアッパー。

Big Boiのソロではありますが、かなりOutKast路線の延長線上な空気感でファンも一安心な一枚。Andre 3000関与曲がたった一曲だったのですが、基本的にOutKastが創り上げた世界観をBig Boiが一人で遊泳しているといった感じでした。そういう意味では冒険している曲はなかったし、これといったキラーボムも無かった気がします。ただ流石はBig Boiで安定したトラック群だし客演陣もなかなか良い味出しているので、聴くべき一枚なのは確か、でもやっぱり少し地味だったかな(笑)。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rick Ross「Teflon Don」
rickross-teflon.jpg

Maiami出身でギャングどころか元看守だった過去を持つ、Rick Rossの通算四作目となる『Teflon Don』を御紹介。MCとしては完璧にマイナスな要素となった経歴スキャンダル(そう呼んでも大袈裟じゃない)、しかしRick Rossの人気がそれで陰る事はまず無さそうですね(鉄壁)。その証拠に本作も順調にリリースしてきました、しかも良いスパンでRick Rossはドロップ出来ていますねぇ。髭熊なこの風貌からは想像のつかないメロウ系を得意とするRick Ross、やはりかなり期待して購入してしまいました。
それでは気になる内容を御紹介しましょうか……まずはRick Ross作品では御馴染みのJ.U.S.T.I.C.E. League製作の「I'm Not A Star」で幕開け、相変わらずドロドログドグドと重く渦巻くサウスな重厚トラックに、Rick Rossの野太い熊声がダラ~と伸びる一曲。続く「Free Mason」はThe Inkrediblesが製作した郷愁ソウルフルな曇ったメロディが印象的な燻し銀曲、客演には前作を除き参加しているJay-Zが参加(Additional VocalにJohn Legendが参加)。このミッドナイト系統の涼やかで流麗なトラックはオシャレだし、Jay-Zがなんだか久々に昔のようなハスラーな雰囲気のスマートに流すフロウを放っていてカッコイイ、John Legendのレトロソフトなヴォーカルも際立っています(素敵)。Bobby Sealの演説から始まる「Tears Of Joy」はNo I.D.が製作を担当、サンプリングにはWillie Hutch「Hospital Prelude Of Love Theme」を使用。煌びやかなピアノ旋律と滑らかなホーンで、曲線的な悩ましいメロディラインとジリジリ焦がすような硬質ビートが重なり合うアダルトな一曲。太くゴツくもどこか影と哀愁を持ったRick Rossのラップも流石の持ち味だし、客演参加のCee-Loの怪鳥の如く吠える歌声が鋭くハートに突き刺さるソウルフル過ぎる一曲。Rick Rossの完璧な構想で継承され続ける「Maybach Music III」、今回もT.I.にJadakissにErykah Baduという豪華極まりない面子での総攻撃に聴き手は確実に撃沈。J.U.S.T.I.C.E. Leagueが製作の生音オーケストラ駆使の艶やかで壮麗でドラマチックなトラックは息を呑むほど美しい、まるで映画スコアの様に壮大で緻密な一曲を繰り出すからJ.U.S.T.I.C.E. Leagueは恐ろしい(称賛)。そしてRick Rossの大ボスな巨漢声、T.I.のあの挑発するようなクールで鋭いラップ、Jadakissの低く構える奇声に近いダークなラップ、Erykah Baduのマッタリと溶ける色っぽく悩ましい歌声とどれを取っても最高な共演曲(興奮)。微振動するシンセビートの波にカラフルなメロディで揺れるぶっ壊れ気味の「Live Fast, Die Young」はKanye West製作&客演(John LegendもAdd Vocal)、Kid Dynamite「Uphill Peace Of Mind」やThe Bar-Keys「If This World Were Mine」等をサンプリング。どこかレトロな味わいの中にもKanye Westのカラフルな遊び心が混じった新鮮な一曲で、重たいRick Rossと軽いKanye Westの対比も面白くてなかなか味のある一曲に仕上がっています。「Super High」がなんと驚き、あのDJ Clark Kent(懐)とThe Remedyが共同制作しています。The Enchantment「Silly Love Song」を使った流麗でしなやかでシルキーな肌触りの極上ソウル使いは流石はDJ Clark Kent、途中で聴こえるスクラッチと言い、この甘美でオシャレ過ぎる夜会曲にヤラレました(嬉)。しかもこのメロウソウルフルな世界を彩るのはスウィート全開の紳士Ne-Yo、スマートで癖のない柑橘声でより輝きが増します。そこから大きく転換する振り幅も含めて面白いのが「No.1」、製作はNate "Danja" Hillsで客演にはTrey SongzとDiddyが参加。Danjaらしい騒がしく落ち着かないピコピコ電子音&電ビートのクール曲に、Trey Songzの機械っぽくフラットに歌うヴォーカルが最高に熱いシンセ曲で、コレなら飛び道具のDiddyを使うのはかなりアリですね(笑)。意味深な(?)曲名も気になるLex Luger製作のドロドロ重たいダーティサウス仕様の「MC Hammer」はGucci Maneが客演参加、あまりに濃~い味付けもちょっと癖になるグッドリ酩酊曲。引き続きLex Luger製作のサウスマナーの「B.M.F.(Blowin' Money Fast)はStyles Pが客演参加、冷徹クールで切れ者のStyles Pがラップ撃ち放つ事で少しサウス薄まりシリアスさが増してグッド。Rick Rossが新たに続編しそうな車曲「Aston Martin Music」はJ.U.S.T.I.C.E. League、客演にはDrakeとChrisette Micheleという間違いない布陣を用意(策士)。ヒンヤリと冷たい電子音が静かに点滅する様に光り消える、幻想的で高級感の香るトラックは極上そのもの。Chrisette Micheleの吐息に近い艶っぽくも美しいヴォーカル、Drakeの柔らかなファルセットを利かせたヘロへロなヴォーカルも最高のフックとして機能しています(必殺)。そして最後を飾るのはなんとあのRaphael Saadiqが客演(!)する「All The Money In The World」、製作はThe Olympicksが担当。せっかくなんだからRaphael Saadiqに曲ごと作らせたらもっと面白くなったろうに、そこがこの曲の惜しい点。この典型的なサウスHip HopなトラックにRaphael Saadiqのベッタリ子供っぽいヴォーカルは合わない(辛口)、Raphael Saadiqの極上なレトロソウルフルなトラックだったらもっと活きたのに……まぁでもRaphael Saadiqのまろやかシュガーな歌声を聴けるのは素直に嬉しいですが。

まぁ簡単に言ってしまえばズルイ一枚に仕上がっています、この客演陣を揃えるのは(Rick Rossは毎作ながら)ズル過ぎますよねぇ(贅沢)。ただRick Rossが“他のMCが豪華ゲストを多数起用する”のとちょっと違うのは、その共演が少し想像できない点にあると思います。どれだけ客演の多いMCやシンガーを起用しても、“あのRick Rossとどう絡むのか”とちょっと期待してしまうんですよねぇ。Rick Rossのあの熊みたいな巨躯とはかけ離れたしとやかでオシャレなスマート曲の数々もそう、そういう意味ではRick Rossも自分演出が巧いMCなのかもしれません。当然の如く高水準をキープした一枚で満足しました、やはり売れるんでしょうねぇ。

Category: 日記  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

umi723in200150.jpg

一週間ぶりの“RocBox 2”ブログの更新。
御無沙汰しています、管理人のQueenで御座います。

なかなか記事が書けませんでした。
僕の人生の中で重大な事件が起こったからです……

……虫歯が出来ました(涙)。

僕、これまで26年間生きてきて、一本も虫歯が無かったんです。
本当に歯だけが丈夫で、僕の体の中でも唯一なぐらいに自慢の部位が歯でした。

それが一ヶ月前ぐらいに物を食べてて、左の奥歯が欠けたんです。
しかも食べていたのはポテトチップス(笑)。

この時点で「あぁ、なんだかヤバイよなぁ……」とは感じつつも……
放っておいたんですよ、そんな痛みとかも無かったし……

そしたらつい数日前の夜中、突然と奥歯が疼き出して……
次の日に朝一番で歯医者に行ったら、ガッツリ削られました(涙)。
これからまだ治療するみたいです、神経をどうのこうのして、支柱をどうの、被せてどうの……


すごくショックです、夏のボーナスが歯の治療代として消えてゆきます(虚)。


あと、人事異動で店舗を移ることになりまして。
今の店舗にはオープンの頃からいて、かれこれ三年ほどいました、もう主状態でした(笑)。
ずっと「そろそろ移動だよ」と囁かれ続けて、今回本当に異動となりました。
まだ実感が沸かないのでそんな悲しくもないですが、きっと寂しくなるだろうなぁ。


そんな事を考えながら海に行きました。
みんな泳いでて気持ち良さそうだったので、僕も足だけ浸かりました。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Bilalの新作『Airtight's Revenge』のジャケット公開
bilal-Airtights-Revenge-Artwork450.jpg

Bilalが遂に超待望の新作をドロップしそうです、その名も『Airtight's Revenge』。
前作『1st Born Second』が高評価を得ながらも、次に用意した作品『Love For Sale』が音源流出して発売できなかったという悲運に見舞われたBilal(音源リークも、それが出回ってしまった事も、そのままBilalへの期待に繋がっている訳ですが)、なのでこの『Airtight's Revenge』は2ndとなりますねぇ。

ず……っと新作を期待されながら出なかったBilal、客演ではJay-ZやErykah BaduやGame、Solangeなどの楽曲に客演するなどしていましたが、こうして新作が出る事をずっと願っていました(切望)。

発売日は9月15日、国内盤も今のところ同日発売で予定されいるみたいです(興奮)。
次は音源流出して欲しくないし、しても必ずリリースして欲しい、購入しますからッ(必死)。

『Airtight's Revenge』 Track List
1. 「Cake & Eat It Too」 Produced by Bilal Oliver & Steve Mckie
2. 「Restart」 Produced by Bilal Oliver & Steve Mckie
3. 「All Matter」 Produced by Bilal Oliver & Steve Mckie
4. 「Flying」 Produced by Bilal Oliver & Nottz
5. 「Levels」 Produced by Bilal Oliver & Shafiq Husayn
6. 「Little One」 Produced by Conley “Tone” Whitfield
7. 「Move On」 Produced by Bilal Oliver & Steve Mckie
8. 「Robots」 Produced by Bilal Oliver
9. 「The Dollar」 Produced by Bilal Oliver & Steve Mckie
10. 「Who Are You」 Produced by Bilal Oliver & Steve Mckie
11. 「Think It Over」 Produced by 88 Keys

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Christina Milian「So Amazin'」
Christina-Milian-So-Amazin.jpg

十代からメディアで活躍しシンガーも女優業もこなすChristina Milianの通算三作目となる『So Amazin'』を御紹介。登場した時はまだまだあどけない女の子だったのに、その後メキメキと大人の女性(しかもかなりセクシーな女性)へと成長した事で、僕を含め多くの男性ファンを獲得しているChristina Milian。シーンの移り変わりが激しい中でコンスタントに作品をドロップ出来ている事は、それだけでかなり凄い事ですよねぇ(天晴)。
それでは気になる内容を早速と御紹介しましょう……まず本作を語る上で外せないのが製作陣、本作ではMiami出身のCool & Dreがほぼ全曲の製作を担当しています。なぜなら本作が発売された頃はChristina MilianとDreが恋人同士だったから、果たして吉と出ているか凶と出ているか。まずはそんなCool & Dreの製作曲から御紹介、彼らが一曲を覗いて全て製作しています。幕開けを飾る「Say I」(ソングライトにJazmine Sullivan)はThe Jackie Moore「Sweet Charlie Babe」をサンプリング、客演にはレーベルメイトのYoung Jeezyが参加。チキチキチキと硬質ビートを連ねてレトロソウルフルなメロディを流した渋ファンキーなトラック、Young Jeezyのサグ濃いーしゃがれたフロウが静かに火を吹くHip Hop風味曲。The Miracles「Give Me Just Another Day」をサンプリングした「Twisted」、じわじわと熱を帯びてゆくソウルフルなトラックは高揚感を煽るし、すごく女性的な柔らかさを持ったChristina Milianのちょっぴり熟したヴォーカルも美しい。彼氏の浮気を知って傷ついた女性の心を切々と歌った「Gonna Tell Everybody」、R.Kelly「Half On A Baby」やNotorious B.I.G.「Notorious Thugs」を下敷きに。しっとりと濡れた悲しいピアノ旋律とカチカチ鳴るビートがどこか冷たく、より悲劇的で寂しい感情を増幅させる胸締めつけるバラード。ここでChristina Milianがリフレインで聴かせる“なーなーなーなーなーなー♪”フックや、早口での歌唱なんかはすごく耳に残るし、胸にだんだん染み入る素敵な失恋曲に。あのThree 6 Mafiaが客演参加した「Who's Gonna Ride」、バックで始終流れるゴーストチックな電子鍵盤はThree 6 Mafiaっぽいけれど、どうせなら彼らのカラーに思い切り合わせてどっぷりドローリに仕上げたら良かったかなぁ。歪んだシンセサイザーの波光線に浮ついたビートが面白く絡むロボクールな「So Amazing」、ここではラップぽいフックでDreが参加。近未来っぽいデジタルサウンドはThe Neptunesほど奇抜でないにしろなかなか巧いし、囁くような甘声のChristina Milianにはお似合いの一曲。続く「Hot Boy」もDreが客演で参加、上がり下がりする冷たくも神秘的な深海シンセの波にゆらゆらと揺られるChristina Milianが可愛い。途中のChristina Milianの変声の“おーー♪”もかなり良いアクセントで、意外と癖になるクール曲。The Average White Band「If I Ever Lose This Heaven」をサンプリングした「Foolin'」も、ロック基調ながらも崩した変形ビートでキッチリR&B曲に仕上げていて斬新な味わい、原曲ヴォーカルもそのまま跡を残させていてそれも聴いてて面白い。まるでTimbaland並みに歪んだ重たく変態なシンセサイザーでベチベチ打ちつける「My Lovin' Goes」がかなりツボ、この感触は一時期のAaliyahを彷彿とさせる(トラックと言いヴォーカルと言い)グチャグチャ&ベットリ感があまらないクール過ぎる一曲(興奮)。The Blue Magic「Just Don't Want To Be Lonley」を下敷きにした「Just A Little Bit」も、基本のメロディラインはソウル風味ながら彼ららしい電子音使いでよりスタイリッシュに仕上がったナイスな一曲。爪弾くアコギがかなりスパニッシュでスパイシーな「She Don't Know」、彼女がいる男性と愛し合い“彼女は知らない♪”と歌う詩もかなり刺激的な一曲。Cool & Dre以外では「Y'all Ain't Nothin'」をThe Heavyweightsが製作曲(ソングライトにはNe-Yoが参加)、まったりと曇ったトラックが艶っぽく大人っぽい。国内盤にはこれらに加えて、共にCool & Dre製作のボーナス曲を二曲収録しています。ビヨーンとゆるやかに伸びるミッドナイト系のヒンヤリ流麗曲「Tonight」 、これもオシャレさ全開で深夜の高速を飛ばして聴きたい一曲に。シンプルに音数少なく一音を絶えず鳴らす手法がThe Neptunes趣味な「Wind You Up」もCool & Dreが製作、このスカスカ感は病み付き度高いしChristina Milianの薄めのヴォーカルを綺麗に惹き立てていますね。

僕としてはCool & Dreが好きなので、どれも小粒ながらも結構楽しめた一枚で御座いました。Christina Milianはヴォーカルがウィスパーで触れるような感じなので、こういうクールで無機質っぽい電子トラックの方が映えるのかもしれません。でももっと小悪魔っぽい挑発的なトラックがあっても良かったかもしれない、アッパーとまでいかなくてもしっとりと濡れるミッドなんかあると良いかも。ちなみに本作はセールス不振だった為、その後Christina MilianはDef Jamとの契約を切られてしまいました、確か(曖昧)。これからも是非頑張って欲しい、次回作を期待しています。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The-DreamとChristina Milianが離婚
vibe_dreammiliancov500.jpg

R&B界の新たな大物カップルとして話題になったThe-DreamとChristina Milian。
ようやく(というかあっという間に)結婚し、愛娘も誕生し幸せいっぱいだったこの夫妻がなんと破局(驚愕)。
わずか一年足らずでのスピード離婚をなりました、すごく残念です(涙)。

もうこのニュースもちょっと前の話になるし、何故今更な気もしますが。
まぁこの“RocBox 2”は音楽ブログなのでそんなゴシップはあまり書かないでいるのですが、さすがにこれは書いてしまいましたね(悲)。

The-DreamといえばあのNiveaと結婚し離婚、Christina Milianといえば一時期はCool & DreのDreと交際していましたね。その後にまさかのThe-DreamとChristina Milianの交際が発覚、仲睦まじい写真も沢山撮られ、Christina Milianの次回作にはThe-Dreamが大幅関与という事で、そこにもかなり期待していました。
しかし、こんな感じだとそれもかなり微妙かなぁ……残念。

二人の破局の原因は、The-Dreamの浮気発覚が引金の様。
こんな可愛い奥様を貰っておいて、どうしてそうなるのかなぁ(疑問)。

でもアーティストとしては双方共に大好きなので、これからも頑張って欲しいです。
特にChristina Milianは応援したい、一児の母としてこれからきっともっと大変。
頑張れ。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

B.Howard「Genesis」
bhoward-genesis.jpg

ソングライターとして多くのアーティストに楽曲提供もしているシンガーソングライター、B.Howardのデビューアルバム『Genesis』を御紹介。僕は全く知らなかったBrandon HowardことB.Howard、これまでにもNe-Yo「Ain't I Gotta Tell You」をはじめ、Marques Houston、Ginuwine、Chris Brown、Lupe Fiascoと錚々たる面子にソングライト提供していたそう。そして彼の祖母はThe CaravansのJosephine Howard、母はSide EffectのMiki Howardと、完璧なまでの音楽サラブレッドだそう。これだけでもかなりの鳴り物入りなのに、その端正な顔立ちが似ている事からMichael Jacksonの隠し子だなんて囁かれたりと、もう話題に事欠かない大型新人です。
それでは気になる内容を簡単に御紹介しますと……まずは煌びやかながらどこかまろやかな輝きを放つダンスチューン「Dancefloor」で幕開け、この曲はB.HowardとあのJames Poyser、Sidney "Speakerbomb" Millerが共同で製作を担当。そしてもっと凄いのはDrumsをAhmir "Questlove" Thompson、ArrangedにMichael Jackson『Off The Wall』を手掛けたBenjamin Wrightまで参加したという最強バックアップ。確かにこの曲の持つ心地良くドリーミーな浮遊感溢れるディスコ風味曲は、Michael Jacksonが『Off The Wall』で創り上げた世界観に通じるものがあります。とにかく滑らかでキラキラ眩しいミラーボール曲で、B.Howardの細くしなやかなファルセットフックにも胸がキュンとする一曲。ピコポコとサイバー光線を妖しく放ちながら駆け抜けるソリッドな近未来曲「Super Model」、製作はB.HowardとRay "Ra Charm" McCulloughが共同制作で、Back VocalにKaitlen HowardとGenevieve Jackson(Randy Jacksonの実娘)&VocorderでTeddy Rileyが参加(!)。宇宙っぽい冷たいシンセサイザーの波の中で、B.Howardのサイボーグチックな裏声フックと女性二人のヴォーカルが色っぽく絡み合うロボット曲。B.HowardとInfinityが共同制作(VocorderにTeddy Riley)の「Addict」も完全にサイボーグ仕様の電気仕掛けグルーヴが最高にクールなダンスチューン、単調なシンセループがどこかレトロでそれがまたオモシロイ未来感覚を生んでて病み付き度高し。「Electric Lights」はTeddy RileyとB.Howardが共同で製作、客演には女性シンガーKamilahが参加。小粒のダイヤとハンドクラップが散りばめられたスーッと抜ける清涼チューンで、B.HowardとKamilahの高く澄んだ歌声が昇天しながら溶け合う透明曲。時計の針のチクタク音をなぞりながらビュイビュイと電子音がうねる「Finally」はB.HowardとRamon "Reo" Owenが共同制作(Additional ProductionでTeddy Riley)、最近流行のテクノっぽいノリのブライトチューン。同じくB.HowardとRamon "Reo" Owenが共同制作(Stiring ArrangedにBenjamin Wright)の「Once Again」は、ちょっぴり曇った電子鍵盤が流麗ながらマイナー調のメロディを奏でる悲しい失恋曲。ドドドドドドドドと震える様に鳴る心臓の鼓動にも似たビートとか、一聴するとR&BではないColdplayっぽい脆くて繊細なメロディが美しく儚い、“また僕は、破れた、恋に破れたのさ……♪”と繰り返すフックも耳に残るドラマチックな一曲(余韻)。「Take It Slow」はB.HowardとSidney "Speakerbomb" Millerが共同製作、The-Dreamっぽいエコーがかった奥行きのあるメルティーなとろける電子曲が悩ましくもキュートなスロウジャム(快感)。しんみり切ない静寂の中で深々とB.Howardのヴォーカルが響き沁みる哀愁漂うスローバラード「Flashback」、B.HowardとQuannah Hicksの共同制作。この曲ではDrumsにMichael Jackson「Beat It」「Thriller」を担当したNdugu Chancellorが参加。壊れた愛を元通りにしたいと泣きそうな声で切々と歌い上げるB.Howardに胸を打たれる(涙)、ただただじわじわと未練と後悔と愛情が溢れて流れ消えてゆく美しさ(溺)。B.Howardが単独製作した「She's Got A Man」、細くカラフルで眩い曲線を描くシンセに乗せてB.Howardの甘くしとやかなヴォーカルが揺らめくミッド。不気味な笑い声で始まる「Spend The Night」もB.Howardが単独製作で、この曲はモロにNe-Yoマナーが光る爽やか甘酸っぱいミッド、軽やかでクネクネ曲がったシンセラインながらも力強い打ビートが骨太に仕上げている一曲。B.Howard製作(Additional KeysでJames Poyser)のキラキラと柔らかく夢見心地なトラック「Crush」、ここで途中に聴かせる裏声ハミングはまるでMichael Jacksonっぽい滑らかさで耳に吸い付く、ここまで穏やかでドリーミーなのにも関わらず詩の内容は“僕らは恋に落ちない♪”と女性をフる曲。大地の息吹と鼓動を感じさせる民族音楽の如き「Ananda」、平和を願ったアフリカ音楽っぽいアレンジに胸踊る躍動感溢れる一曲。Chris "TEK" O'RyanとB.Howardが共同制作(VocorderにTeddy Riley)の「Killah」、浮気がバレて彼女に撃ち殺されるという詩を歌った衝撃の幕切れ曲。シンセを使いながらもアコースティックな弦音でブルージーに仕上げた渋スロウ、B.Howardの繰り返すフックがじわじわと浸透し病みつきになってしまうラストソング。またこの曲の後には隠し曲としてB.Howard製作の「Just Not Giving Up」も収録、こちらも神秘的な琴音に乗せてB.Howardの甘くしなやかな歌声が優しく包み込む、恋人に素直に謝って仲直りする愛に満ちた美しいミッドチューン。

僕個人としては触れ込み程にMichael Jacksonを思わせる事も無かったかなぁと。それよりも限りなくNe-Yoに近い気がします、と言っても酷似している訳でなくNe-Yoとはまた違う歌声だし、B.Howardなりの世界観も構築されていてすごく良かったと僕は思います。やはりソングライターだけあって、自分で書いた曲は自分が巧く表現できるのかもしれませんね。メチャ渋いモノクロのジャケットからはちょっと遠い、ライトな電子音を散りばめた現行R&B的なトレンド意識の一枚だったかと思います。ここ日本で国内盤が発売されたのも納得、しかしそこら辺の美メロ(甘メロ)主導のR&Bとは確実に一線を画す“何か”があった様に感じます。まぁでも若い世代にもすんなり受け入れられる一枚、Ne-Yo好きならまず購入で間違いなしで御座います。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

CONVERSEによるコラボ曲に注目
Kid+Cudi-grass-smile.jpg

あの誰もが履いてるスニーカーブランド“CONVERSE”。
そのCONVERSEの人気企画である“3 Artists 1 Song”、その名の通り三人のアーティストで一曲を創るというもの。
その企画で今回選ばれたのが、新進気鋭のMCであるKid Cudi、そしてRostam Batmanglij(Vampire Weekend)とBethany Cosentino(Best Coast)という異色の三人なんです。その三人が組んで製作されたのが「All Summer」なる曲。

とは言いましても僕は後者のお二方を勿論知りません(笑)、でもこういうコラボは大好きですよ、様々なジャンルのアーティストを知る良いキッカケにもなりますし。
何よりも僕がかなり注目しているKid Cudiが参加しているだけでもかなり目玉、しかもKid Cudiがまたクロスオーヴァーしたトラックを得意とするだけあってより強力に仕上がっています。
この「All Summer」、聴いてみる価値アリですよ、ほぼKid Cudiの曲と言っても過言ではありません。
しかもこの曲、CONVERSEのサイトに行けば無料でダウンロード出来ます、急いでください。

finalallsummerheader-dl.jpg
http://www.converse.com/

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ciaraの新作『Basic Instinct』のジャケット公開
ciara-basic-instinct-newcov.jpg

Ciaraの待望の新作『Basic Instinct』のジャケットワークが遂に公開されました(祝福)。
このちょっとエラの張った角張った顔がなんか気ぃ強そうで、そこがまたセクシーで好き。
あとこの唇ね、良いなぁ~……という事でCiaraの顔が超アップで写されたこのジャケット、かなり好きです。

しかも嬉しい事に発売日は繰り上がり、全米で8月17日に決定したそうで。
もう期待は高まるばかりですねぇ……国内盤がいつになるかはまだ分からないみたいです(焦)。

何度も言う様ですが、新作『Basic Instinct』はあのTerius "The-Dream" Nash×C. "Tricky" Stewartのタッグが全面製作だそうで、そこの注目が集まる点だと思います。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Razah「The New R in R&B」
razah-rb.jpg

Jamaica出身でN.Y.はBrooklyn育ちの期待の若手シンガー、Razahの通算二作目となる『The New R in R&B』を御紹介。20歳の時にあのVirgin Recordsと契約を結ぶも、レーベルとの折り合いが上手くいかずに結局お蔵入りとなったのが本作『The New R in R&B』、当時はシングルヒットも多くて最も作品ドロップを期待されていたR&Bシンガー
だったと思います。インディでの発売だったので気乗りしなかったのですが、やはり気になったので結局購入しました(後に国内盤が発売されたのがショックでした)。
それでは気になる内容を簡単に御紹介しますと……これが本当に簡単な記事になっちゃいます、インディ発の輸入盤所持という事で、全くクレジットが無い状態なのでほぼ情報無しで御座います(涙)。一応、製作陣としてはSwizz BeatzやThe Heatmakerz、DJ Green Lanternなんかが参加している様です。まずはあのTeddy Pendergrass「When Somebody Loves You Back」をサンプリングした爽やか過ぎるミント曲、「Feels So Good(Remix)」でスッキリと幕開けを飾ります。その頃のソウルフィーリングを存分に活かした渋くも流麗で軽やかなメロディが素敵、Razahの若々しく甘酸っぱい歌声にもばっちりフィット。ここでは援護射撃にMemphis Bleekが参加、彼らしいスカイラインを優々と越えるラップで盛り上げます。続いてはMobb DeepよりProdigyが参加した「I'm In Love With You(Remix)」、A Tribe Called Quest「Stressed Out」を組み入れたこのトラックはドカッドカッと蹴られるビートに、これまたスーッと抜ける様なメロディが爽快。Razahの早口で繰り返すフックも耳馴染みがよく、やはりキャッチーさ&爽快さで抜きん出た一曲に。煌びやかなメロディをちょっぴり早回しでループさせた都会の夜風の「I Ain't The One」、Razahの抑えたヴォーカルが綺麗にスーッと伸びる疾走曲でなかなか良いです。思い切りタフで重たいエレキギターのリフでメロディが紡がれたロキッシュな「Where You」ではJuelz Santanaが参加、この曲とRazahの相性はちょっぴり疑問ですが、Rockネタを得意とするJuelz Santanaがかなりのハマリ役で良い仕事しています。ポロロンと鳴るピアノ鍵盤にビートが絡むどことなくスパイシーな「Que Sera Sera」、息継ぎ少なめに繰り出すヴォーカルがより鋭さを増長させるミッド。「Gotta Keep Ya Head Up」では南の大御所Bun Bが参加、ゆったりとレイドバックした曲をピッチ早めたようなサウス仕様の一曲でBun Bの野太いラップがやっぱりカッコイイ。蒼々と輝くシンセサイザーの波がクールな「Roll With Me」は先鋭的でカッコイイ、愛車で颯爽と自然を駆け抜ける時に聴きたいスピード感溢れるサマーアンセム。45回転早回しのトラックがゴリゴリHip Hopっぽい味わいでたまらない「Rocking Chair」はGwen Maccrae「Rockin' Chair」のリメイクっぽい曲、クレジットこそ無いけれどCam'ronがしゃがれた声でタフで強力なラップをかましていてかなり効きます。往年のソウル曲を思い切り45回転使いした一時期のKanye WestかJust Blazeがやりそうな「Make You Mine」、流麗で艶っぽい吐息混じりの歌声を絡ませるのはCoco Chanel。「Mother Nature」ではアングラで活躍し続けるMixtape界の天才Papooseが参加、どこかMichael Jacksonっぽいハミングが印象的な一曲。昔のソウル曲からヴォーカルを抜き出しループさせ、現行の煌めき電子音に融合させた清涼チューン「Not My Girl」。ここで再びJuelz Santanaが参加していてこういう早回しっぽいトラックもまた彼の独壇場で輝きまくりです。ポロポロとゆったりと溶け出すように爪弾くアコギのメロディがセクシーな「How Do You Know」ではSwizz Beatzの元奥様のMashondaとデュエット、Mashondaの透き通るような可愛い歌声がRazahの甘酸っぱい歌声と相性抜群。どんよりと重たいオルガン鍵盤がマイナー調のメロディを奏でる「Hold On(Better Days)」、ブルージーでRazahの唸るようなヴォーカルも聴ける力強い一曲。ギュイギュイとうねりながら繰り出されるちょっぴりノイジーなアッパー「I'm In Love With You」、ここでは盛り上げさせたら誰にも負けないFat Man Scoopが参加。トラックとFat Man Scoopがゴリゴリながらも、Razahが爽やかで軽やかなので良い感じにスッキリ仕上がっています。最後を飾るのは「Gangsters, Hustlers & Ballers」、どこか影のあるストリート受けしそうなサグっぽい一曲。

全体的に45回転早回しっぽいトラックが多く、そのどれもがR&BというよりはHip Hop志向なトラックだった様に思います。こういうサンプリング主体のトラックが好きな僕としてはかなり聴き易かったです、Razahの歌声も(良い意味でも悪い意味でも)癖が無く、すんなり耳に入ってきます。トラックの質もかなり良いし(きっと凄い製作陣なんだろう)、参加したMC達もかなり豪華な面子ばかりで、お蔵入りというのはあまりに勿体無い一枚です。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Teairra Mariの新曲PV「My Lovin」公開
teirra-exhale.jpg

Teairra Mariの新曲PVとなる(?)「My Lovin」が公開されました。
新曲もPVも沢山封切りになっているTeairra Mariですが、なかなか新しいアルバムは届かないですねぇ(焦)。
Teairra Mariは可愛いしセクシーだし、Roc絡みだったのもあるのでかなり期待してるんですけどねぇ……
まさかこれだけのトラックがあるにも関わらず、お蔵入りなんて事になったら……(涙)。

「My Lovin」はあのDrakeのヒット曲「Find Your Love」をそのまま使った、というよりTeairra Mariによる焼き直しみたいな一曲。
Drakeの歌う「Find Your Love」も勿論良かったけれど、Teairra Mariの歌うセクシーな艶っぽい同曲も素敵。
PV冒頭のTeairra Mariが黒の下着を脱いでゆくシーンがものすごい興奮度、その後も泡風呂の中でTeairra Mariが吐息混じりに歌っていて、完璧に男心を分かってやっています(確信犯)。
頭に巻いているタオルがマイナス点ですが、曲もPVも賞味の価値あり。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Whitney Houston「I'm Your Baby Tonight」
whitney-imyourbaby.jpg

母親に歌手のCissy Houston、従妹に歌手のDionne Warwickを持つ血統書付きのシンガー、Whitney Houstonの通算三作目となる『I'm Your Baby Tonight』を御紹介。様々なトラブルを克服して最近、また復活を遂げたのも記憶に新しいWhitney Houston、R&Bファンとしては嬉しい限りでしたねぇ。その圧倒的な歌唱力、元モデルというだけあって端麗な容姿、女優としても幾つかの映画をヒットさせているのも頷けますね。この夜景をバックにしたモノクロのジャケットがなんとも古いんだけど、僕はこのジャケットも含めてこの作品が結構好きなんですよねぇ。
それでは気になる内容を簡単にご紹介したいと思います……まずは表題曲となる「I'm Your Baby Tonight」、製作はL.A. ReidとBabyfaceのLaFaceコンビが担当。スッキリとした味わいながらもどこか強く芯の通ったアダルトなミッドで、軽やかに鳴る電子鍵盤音がWhitney Hostonの艶やかな歌声をより輝かせるラヴソング。昔の彼女の名前を忘れられない彼氏にサヨナラを告げる「My Name Is Not Susan」もL.A. ReidとBabyfaceが共同制作、小気味良くパーカッシヴなトラックが女性の最後の切れ味みたいなのを表現していて強くしなやか。湿っぽく濡れたホーンでじっとりと幕を開ける「All The Man That I Need」はNarada Michael Waldenが製作を担当、静かになだらかなメロディラインながらフックでは激情的に熱く歌い上げるWhitney Houstonの歌声が胸に響き渡るドラマチックな一曲。続く「Lover For Life」もNarada Michael Waldenが製作を担当、吐息にも似たほんわかと柔らかなドリーミーなトラックが優しく美しい、Whitney Houstonの息使い感じるそっと囁くような歌声も最高に心地良いミッド。電子鍵盤のカラフルな波にパーカッションが弾くように響く「Anymore」、流麗で透き通るようなメロディに胸がキュンとなる純粋な美バラード「Miracle」はL.A. ReidとBabyfaceが共同制作。特に後者はBabyfaceでないと書けない滑らかで優しくて、純粋無垢なスロウバラードでWhitney Houstonの麗しい歌声が天使のように見守るように響く感動の美曲(溜息)。「I Belong To You」は再びNarada Michael Walden製作、どこかアジアンチックなカラフル電子音メロディがふわふわと心地良い一曲。Whitney Houstonが突き抜けるような元気一杯の歌声を天高く響かせる「Who Do You Love」はなんとあのLuther Vandrossが製作を担当、惜しくもLuther Vandrossはヴォーカル参加していないのですが、母親のCiccy HoustonがBackground Vocalで参加しています。続く「We Didn't Know」はなんとStevie Wonderが製作を担当、Stevie Wonderは楽器演奏に加えデュエット参加までしています(歓喜)。Whitney HoustonとStevie Wonderの歌声がまろやかに溶け合うのが気持ち良い、カラフルで華やかなトラックも綺麗でエモーショナルでグッド。Michael Masser製作の「After We Make Love」はしっかりと王道をゆくキラキラと美しく輝きを放つバラード、Whitney Houstonの深く澄んだヴォーカルがハートの奥までしっかりと浸透し愛を紡ぐ、あまりに甘美でドリーミーな溶けてしまいそうなラヴソング(感動)。「I'm Knockin'」はWhitney HoustonとRickey Minorが共同制作、パチンと弾けるよう鳴るホーンの音色が鮮やかなポップチューン。Keith Thomasが製作したカラフルポップな電子鍵盤が跳ね回す「Takin' A Chance」も、Whitney Houstonの元気溢れる晴れやかなヴォーカルで気分爽快。最後を飾るのはNarada Michael Walden製作の「Higher Love」、Narada Michael Waldenらしいカラフルなメロディが楽しそうに光り輝くポップなアッパー。

どちらかというとアップな感じの曲が多い気もしますが、この頃(90年代R&B)の魅力がギッシリ詰まったアルバムだし、Whitney Houstonの軽やかで華やかなヴォーカルを思う存分楽しめるという意味でも大きな価値のある一枚かなと。まぁでも今聴き返すと確かに、もっとゆっくりじっくり聴かせるバラードを配しても良かったかもしれませんね。でも好きな一枚です、夏のドライブのBGMにいかがでしょうか。

Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Roots「How I Got Over」
roots-howigot.jpg

Drums担当のAhmir "?uestlove" ThompsonとMC担当のBlack Thoughtによって結成された生演奏主体のHip Hopバンド、The Rootsの通算十作目となる『How I Got Over』を御紹介。移り変わりの激しいこのHip Hop業界において、その独自のスタイルを貫き不動の地位を確立しているのがこのThe Rootsですねぇ、いまだに彼らみたいなHip Hopバンドというのは現れていませんね(出現してもおかしくはないのに)。けしてキャッチーさは無いんですが、無駄や飾りを削ぎ落としたハードでコアな独特の音使いがとにかくカッコイイ、燻し銀なHip Hopを聴かせてくれるから僕も大好きです。
それでは気になる内容を簡単に御紹介しますと……まずはDirty ProjectorsのAmber Coffman、Angel Deradoorian、Haley Dekleの不思議なハミングが奏でられる「A Peace of Light」で幕開け、製作はAhmir "?uestlove" ThompsonとRay Angryが担当。「Walk Alone」はTruck North、P.O.R.N.、Dice Rawとのマイクリレー、ちょっぴり暗いピアノ鍵盤のしとやかな鳴りと、モワモワしたスモーキーな歌フックが耳にじんわり残る哀愁漂う一曲。寂しげなヴォーカルにチチチチと硬質なドラムスがビートを刻むタイトなスロウ「Dear God 2.0」はMonsters of Folk「Dear God(Sincerely M.O.F.)」をサンプリング、そのままMonsters of Folkの歌声を活かしたソウルフルでクリアな一曲。P.O.R.N.とDice Rawに加えて注目若手のBluが参加した「Radio Daze」、これも?uestloveの叩くドラムスがあまりに荒涼としていてカッコ良く、彼の紡ぎ出すビートがグイグイとこのタフな世界に惹き込みます。三者三様のマイク回しも必聴でやはり味わい深い、ただただひたすらフロウを吐き出す様が神憑り的にカッコ良くて痺れてしまいます。少し柔らかなソウルフルなメロディが絡む「Now Or Never」はPhonteとDice Rawが客演参加、心地の良い流麗でいてソウルの散らばったメロディ&ヴォーカルに胸打たれる事必至、こういうメロウが途中で挟まって良かったです。ブルージーでスピーディーなオシャレアッパー「How I Got Over」もカッコイイの一言に尽きる(惚)、客演にはDice Raw参加。ドカドカと叩き突き進むメロディアスでファンキーなトラックが最高に痺れます。亡きDillaへと捧げたであろう美しい「DillaTUDE:The Flight Of Titus」を経て流れ込む「The Day」も柔和で煌びやかで美しい、客演にはBluとPhonte、女性シンガーのPatty Crashが参加。ちょっぴり浮遊感のあるメロディも?usetloveのドラムスで引き締まって聴こえるのでキッチリHip Hopしてて、それでいてPatty Crashのネオソウルっぽい鼻から抜ける様なヴォーカルが耳に残るミッド曲。Joanna Newsom「The Book Of Right On」使いでJoanna Newsomが客演の「Right On」、原曲の持つどこか掴めない不思議な感覚の酩酊感にThe Rootsの音が混じってHip Hopを象っている感じが面白い、客演のSTSがまたネチっと鼻声の甲高いラップで援護射撃していてなかなか良いです(注目)。John Legend「Again」を思い切りサンプリングしヴォーカルもモロ使いした「Doin' It Again」はもはや続編曲、John Legendの持つまろやかな渋味&流麗なピアノ旋律をそのままにタフで鋭いBlack Thoughtのラップが鬼のごとくカッコ良く乗っかる一曲(惚)。そして続く「The Fire」ではそのJohn Legendを客演召還、ゆったりと溜めを作って揺らすビートとピアノ&オルガン鍵盤が武骨でファンキーで黒く光る、そこにJohn Legendのザラザラとした感触の煙たい歌声が無機質に絡むソウルフルな一曲。ブパブパブパブパと上がってゆく電子音が面白いしナイスアクセントな「Tunnel Vision」を挟み、キリキリとエッヂの効いたスクラッチっぽい電子音の連続が先鋭的な「Web 20/20」がマジでカッコイイ(失神寸前)。僕が好きなPeedi PeediとTruck Northを客演に迎えてゴリゴリにマイクを回す攻撃的な一曲で、エレクトリックな刺激が最高に痺れるガチアッパーで斬れ味抜群です。最近よく聴いた楽器ブブゼラみたいなブイーー音が耳にこびり付くドロっと重たい「Hustla」、STSの上空を飛ぶ甲高いラップが最高にハイで気持ち良いんで好きですよ(惚)。

やはり今回もThe Rootsでないと描けない(創れない)世界観をバッチリ表現していて、唯一無二な生のHip Hopを聴かせて頂きました(御馳走様)。Black Thoughtも勿論カッコいいし好きだけど、客演参加のDice Raw(常連)やPhonte、Blu、Peedi Peedi、STSなんかもかなり良い仕事していましたねぇ。特に僕が応援しているPeedi Peediにはもうちょっと出番を増やしてほしいです、もっと言えばちょっとソロも聴いてみたい(我侭)。この流れでいくとThe Rootsがガッツリ関与しているという、John Legendの新作もかなり気になりますよねぇ。The Rootsの生演奏の息吹を聴いて、部屋でライブ感覚を味わってください。

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Drake「Thank Me Later」
drake-thank-me-later-coverart_20100629214432.jpg

Lil Wayne率いるYoung Money軍団の看板スターにして、現Hip Hop界最大の新人王Drakeのデビューアルバム『Thank Me Later』を御紹介。デビュー前からこれだけ話題になるMCというのもかなり稀、デビュー前にJay-ZやAlicia KeysやMary J. Bligeなどの大物から客演依頼されるほど(驚異)。しかしDrakeの無料(!)MixTape『So Far Gone』の完成度を考えれば当然の結果、ちなみにDrake『So Far Gone』のジャケットが物凄くカッコ良かったから、本作もあんな感じに仕上げて欲しかった(願望)。
それでは期待度特大で発表された本作に簡単に触れますと……まず本作を語る上で重要なのは製作陣、Drakeの盟友といえるNoah "40" ShebibとBoi-1daがそれぞれ多くの楽曲を手掛けています、これは嬉しい限りでした。しんみりと静かに流れる優しい煌めきシンセに硬質なドラムス&ピアノ旋律がしっとり絡む「Fireworks」、製作はNoah "40" Shebib(Co製作をBoi-1da)が担当。パンパンと遠くで上がる花火の音、そんな花火が散った後に感じる寂しさみたいな感覚が渦巻く深夜系のトラックがメロディアス。Drakeの蛙っぽいラップも良いけれどやはりまったりトロンと歌うまろやかヴォーカルが素敵、この切り替えがDrakeの最大の魅力。しかもこの曲ではAlicia Keysが客演参加、Alicia Keysの艶っぽくも滑らかな歌声がまたオシャレで儚げでたまらない(惚)。Drakeが舞うような柔らかな歌声をエフェクト掛けてよりフワッと軽く仕上げた「Karaoke」はFrancis & The Lightsが製作を担当、無機質に鳴り続けるドラムスにプアプア鳴る電子鍵盤が浮遊感たっぷりのラヴソング。Noah "40" Shebib製作の「The Resistance」も真っ黒なバックに星が輝くような宇宙空間を彷徨うような、不思議な感覚になってしまう浸透系メロウ。Boi-1da製作の劇的なストリングスが尖った鋭い感触を作り出しているソウルファンクな「Over」、DrakeがLil Wayneにも似たへばった蛙声で攻撃的なラップを繰り出す沸々と滲む自信を繰り出す一曲。「Show Me A Good Time」はKanye Westが製作(Co製作にNo I.D.)、ピアノループに変てこな早回し声をもループさせたKanye Westらしいレトロな味わい深い灯りも見え隠れするメロウ曲。「Up All Night」はBoi-1da製作のドカドカと重ためのビートが渦巻くダークな一曲、レーベルメイトのNicki Minajが肝の据わったクールなラップで援護射撃を放つのもカッコ良くキマっています。「Fancy」はSwizz Beatzが製作を担当(Co製作にNoah "40" Shebib)、そのSwizz BetazとT.I.が客演するという豪華な共演。Ace Spectrum「I Don't Want To Play Around」を45回転早回ししたストリングス効いたキュートなトラック、Drakeに負けじとT.I.もソフトに甘く吹きかけるようなラップを披露しているのもグッド。途中で転調したまた幻想空間にトリップするような靄っぽいメロウ感もたまらなくクリーミーな口説き曲。Noah "40" ShebibとOmenが共同制作した、深海っぽい冷たさの中で光が点滅するような感覚が美しく不思議な「Shut It Down」。ここではThe-Dreamが客演参加し、共に深海にゆっくり静かに沈んでゆく感触がものすごくドラマチックで甘美で切ない(痺)。Drakeのクリーミー×The-Dreamのドリーミーが最高にメルティでスウィート、あまりに心地良く官能的なスロウジャム(溺愛)。Noah "40" ShebibとBoi-1daが共同制作の「Unforgettable」では、Aaliyah「At Your Best(You Are Love)」をサンプリング、絶え間なく鳴る打ビートに滑らかで悩ましい曲線を描くシンセが絡むしっとりと美しい一曲に溜息、しっかりAaliyahの歌声も聴けます(惚)。客演にはYoung Jeezyが参加し息継ぎ無しに近いシームレスなラップで流線的、こういうメロウでもあの煙たい声は魅力抜群です。ドロっと重たい硬質なドラムスにエレクトーンっぽい歪んだメロディが底辺を這うダークで退廃的な「Light Up」、製作はやはりNoah "40" ShebibとTone Masonが共同で製作。ジリジリ焦がすようなデンジャラスな空気のトラック、客演に大物Jay-Zを迎えて対等にやり合うDrake。Boi-1daとNoah "40" Shebibの共同制作でHank Crawford「Wild Flower」使いの「Miss Me」ではLil Wayneが参加、どちらも押し潰した様なぺチャ声でラップするところが似ている、Weezyと違いDrakeが甘ったるく歌える点がハイブリッド仕様なのかな。Noah "40" Shebib製作の「Cece's Interlude」はDrakeのスウィートで優しい歌声が酩酊気味に響き渡る、Interludeでは勿体無いクリーミー曲。シングルカットされた「Find Your Love」はKanye West製作(Co製作にNo I.D.とJeff Bhasker)、これはもうKanye West『808s & Heartbreak』の流れを思い切り汲んだ繊細で脆いラヴソング。Kanye WestよりDrakeの方がヴォーカルが冴えている分、より純度が高く濃厚で綺麗な味わいのスロウ曲に仕上がっています、Drakeはとにかく歌声が甘ったるいんです。Timbalandが製作するも重たくなく、でも引きずるような煌めく電子音&ストリングスはどこか癖ありな「Thank Me Now」も面白い。とここまでが本作の内容で、国内盤には加えて三曲のボーナス曲(どれも既出曲ですがやはり重要)を収録しています。まずはDrake人気の火付け役となったヒット曲「Best I Ever Had」、Boi-1da製作でサンプリングにHamilton, Joe Frank & Raynolds「Falling In Love(Again)」を使用。けして派手なく優雅にしとやかに光り輝くラグジュアリー曲は胸キュン必至のメロウチューンで、そこに乗せるDrakeの蛙声(だけどスウィートで可愛い)ヴォーカルが耳に優しく寄り添うのがたまらない。電子鍵盤の連なりで持っていく「Uptown」はBoi-1da製作、Lil WayneとBun Bという濃いキャラMCに挟まれてもけして喰われないDrakeはやはり存在感あり。最後を締め括るのは成功を夢見る男の心情を歌った「Successful」はNoah "40" Shebib製作、客演にTrey SongzとLil Wayneを招いたアングラ時代に生み出したとは考え難い、冷たく広大で無重力なスペイシー曲にウットリ。

うん、大物ゲストを起用するも完璧にDrake世界に仕上げた力作で御座います。Drakeの抜群のキャラ(ヘナヘナと平べったく無機質に繰り出すラップと、スウィートでまろやかに歌い上げるヴォーカルの差が病み付き)も確かに凄いですが、やはり本作にて多くの楽曲を手掛けたNoah "40" ShebibとBoi-1daの両Producerの手腕が見事で、彼ら三人の世界観がとても先鋭的で輝いていました。この三人とOliver El-Khatibで構成される“October's Very Own”の活躍にも大きく期待したいと思います、ちなみにLil Wayneと共にExecutive producersとしてクレジットされています。しっとりとした静寂の中に柔らかな光がチラチラと点滅するような、儚さや切なさがこもった繊細な楽曲ばかりで、Drakeのヴォーカルをフルスロットルで活かした、新時代到来を告げる秀逸な一枚で御座います。