RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
26位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kanye Westの新曲「Monster」
Nicki+Minaj-sofa.png

Kanye Westの新曲が公開されています、「Monster」を皆様お聴きになりましたか?
この曲はKanye West、Rick Ross、Jay-Z、Nicki Minaj、Bon Iverが客演参加のやはり豪華な一曲。

さて、Kanye Westの新曲なのに、なぜNicki Minajの画像をドンと載せたのか……

僕もiPhoneを持っているので、せっかくならとTwitterアプリを入れています。
といっても特に呟く事もないので、専ら誰かのTweetを覗くばかり、でその中の一人がKanye West。
ただ英語で呟くものだから(当然なんですが)、何を言っているかはいつも不明(笑)。
翻訳機能が付いているので、ふわ~っとニュアンスのみが分かる程度。
そんな中でもKanye Westがこの「Monster」の出来を気に入っていて、しかもNicki Minajを讃えているのが分かりました。

で聴いてみると……なるほど、Nicki Minajの存在感が半端ではないのです(驚)。
なんというかかなり奇天烈で、クルクルとこちらを弄ぶかのように様々な表情を魅せるフロウで、かなり面白い。
Nicki Minajの客演仕事は確かにいつもなかなか良くて、久々に面白い女性MCが出てきたなぁというは感じてました。
でもここでのNicki Minajは最高にキレていますね、Kanye WestやJay-Zより目立っている気がします(圧巻)。
Kanye Westの新作も楽しみですが、Nicki Minajのデビューも待ち遠しいですねぇ。

スポンサーサイト

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Faith Evans「Keep The Faith」
faith-evans-keep-the-faith.jpg

The Notoirous B.I.G.の元妻でありBad Boy Recordsの“First Lady”とも呼ばれた、Faith Evansの通算二作目となる『Keep The Faith』を御紹介。Faith Evansはそれよりも以前からソングライト等(宿敵扱いされていたMary J. Bligeの楽曲にも参加していた)で活躍、それらを経て当時凄まじい勢いだったSean "Puffy" Combs率いるBad Boy Recordsからデビューしましたよね。Bad Boy Records好きの僕としてはやはりFaith Evansの作品は外せないし、Faith EvansがBad Boy Recordsを脱退したのは悲しい限りです(残念)。本作はBiggieが急逝した後に発表された作品、そういう意味でも大きな意味のある一枚かと思います。
それでは簡単に内容を御紹介しますと……まずはBad BoyらしくThe Chic「Chic Cheer」を思い切り良くサンプリングした「Love Like This」、製作はRon "Amen-Ra" Lawrence×Sean "Puffy" Combsが共同制作。Biggie「Juicy」に通ずる様なファンキーさの中に甘酸っぱさが香るダンスチューンで、Faith Evansのゴスペル仕込みの伸びやかな歌声が舞うビートフルな一曲に。続く「All Night Long」も引き続きRon "Amen-Ra" Lawrence×Sean "Puffy" Combsの共同制作、Unlimited Touch「I Hear Music in the Streets」を下敷きにしたジャカジャカなリフとポロロンと鳴る弦音が官能的で艶っぽく響き渡るしとやかなアッパー。これもFaith Evansの最後の方の叫びに近いヴォーカルが熱っぽく弾ける素敵な一曲、Puff Daddyがラップで援護者射撃を挟みます。ちょっぴり曇ったしっとり濡れたメロディがなんともFaith Evansにお似合いの「Sunny Days」はJ-Dub×Sean "Puffy" Combsが共同制作、サンプリングにはAl Johnson「I'm Back For More」を使用した超ソウルフルな一曲。プワンプワンと膨らみ曲線を描くシンセメロディ、低く太く響くベース弦の爪弾き、艶っぽく濡れているんだけれどどこか爽やかでスーっと抜ける様なFaith Evansのヴォーカルで心地良くなるラヴソング。初恋の切なく悲しい淡い気持ちを綴ったバラード「My First Love」、製作はCarl "Chucky" Thompson×Sean "Puffy" Combsの黄金玄人タッグが担当(興奮)。ピアノ鍵盤を貴重としたクラシカルで上品な煌びやか流麗曲はとてつもなくオシャレでシルキーな肌触り、“あなたは初恋の人、あなたに代わる人は誰もいない♪”と感情豊かに真っ直ぐひたむきに歌い上げるFaith Evansにただただ胸を締め付けられるばかりの美曲です(感動)。J-Dub×Sean "Puffy" Combs製作の「Anything You Need」も、グランドピアノが静かに重厚な音をひとつひとつ丁寧に奏でる優雅で滑らかな極上スロー、Faith Evansの輝きに満ちた丸みのあるヴォーカルに優しくくるまれる心地良さにウットリです(溺)。何度も裏切られ傷つく女性の気持ちを歌った切ない別離曲「No Way」はフックでの幾重にも重ねられたFaith Evansの歌声が冷たく悲しく胸に突き刺さる感触がたまらない(涙)、J-Dub製作のこのバラードにはBackground VocalにKelly Priceが参加しているのも特筆すべき点。Ron "Amen-Ra" Lawrence×Sean "Puffy" Combs製作でAngela Bofill「Gotta Make It Up To You」使いの「Life Will Pass You By」、キラキラと美しいラインストーンなメロディラインに、少し重たいビートが入りより深みとドラマチックさが加味されたサンプリングの妙技が光る一曲。ゴスペルをルーツに持つFaith Evansらしい神と人生を歌った一曲で、Faith Evansのレンジの広い秀逸なヴォーカルワークを堪能できる一曲。Dent×Sean "Puffy" Combs製作の「Keep The Faith」、重たい雲間からFaith Evansの純粋で力強く綺麗な歌声という陽光が差す、希望とパワーに満ち溢れた前向きな一曲で素敵。驚いたのが「Never Gonna Let You Go」で製作はあのBabyfaceが担当、Babyfaceらしいどこまでも澄んだゴスペル風の壮大な美バラードに、Faith Evansの全てに輝きと息吹を与える優しいヴォーカル(Background VocalでBabyfaceのソフトな歌声も聴こえます)に感動するばかり、“絶対にあなたを放さない♪”と真っ直ぐぶつける詩を聴いているうちに涙が零れそうになる事必至です(溺愛)。甘~くて溶けてしまうブラウンシュガーな濃厚ラヴソング「Caramel Kisses」はCarl "Chucky" Thompsonが製作、Faith Evansだけでももうフラフラになってしまうのに、更に112が客演参加して甘美で滑らかな歌声を重ねるのでもうトロトロの骨抜き状態にさせられます(昇天)。「Lately I」も本作のハイライト曲、ソングライトにはDiane Warren、製作はSteven "Stevie J." Jordan、Vocal ProductionにはDavid Fosterが参加というなんとも豪華な一曲。Diane Warrenらしい美しい詩は失恋を引きずる女性の心情を謳った切ないもの、穏やかで優しいピアノメロディが余計に悲しさや寂しさを胸に詰まらせる美しさが憎いバラードです(涙)。

やはりFaith Evansの歌声は良いですねぇ~~(感嘆)、彼女を支えるBad BoyのProducer陣も勿論すごく良い仕事っぷりで流石なんですが、それを120%に魅力増幅させるFaith Evansの艶やかなヴォーカルに拍手で御座います(称賛)。Faith Evansの魅力にどっぷり浸かれるのは勿論、Bad Boy Recordsの脂の乗りを感じる事のできる一枚で御座います。大人の女性には是非聴いて欲しいですねぇ、苦難を乗り越え更に強く美しくなったFaith Evansに出逢って下さい(薦)。

Category: 音楽DVD  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Notorious」
notorious-cover1.jpg

今なお愛され尊敬され続ける伝説のMC、The Notorious B.I.G.の生涯を忠実に描いた映画DVD『Notorious』を御紹介。この映画、ここ日本では公開されなくてとても残念に思っていましたが、まさかのDVD化にかなり驚きました(嬉)。このジャケットはいかがなものかと思うのですが、でもまぁ日本語字幕付きで観られる喜びを考えたらもうオールオッケイですね(拍手)。Hip Hopファンならば絶対に観たいこの映画、というか絶対に観なくてはなりません(義務)。
簡単に内容を御紹介しますと……The Notorious B.I.G.ことChristopher Wallaceの少年時代、ストリートでハスリンしていた売人時代、そしてMCを志し“Notorious B.I.G."を名乗り大物に昇り詰めた絶頂期、Tupacとの確執から大きな波紋を呼ぶ東西抗争、そしてBiggieが襲撃され命を奪われるまでを丁寧に描いた、半ドキュメンタリー映画。監修には盟友のSean Combsや実母のVoletta Wallaceも関与という事で、なるべく忠実に書かれた作品ではないかと思われます。Biggieを演じるJamal Woolardも顔の表情や声をBiggieに寄せていて、違和感なく観る事が出来ました。ラップシーンでは口パクでなく実際にライムしていて、それも下手くそじゃなくてすんなり聴けました。個人的に注目していのはLil' Kimを演じるNaturi Naughton、元3LWですしあの過激なLil' Kimを演じるという事でドキドキしていたのですが……まぁ~~~これが体当たりの演技で驚きました、完璧にNaturi Naughtonの裸体が観れるし(しかも超ナイスバディ)、激しいベッドシーンや下着を履くシーンは必見です(助平)。Lil' Kimっぽくネチッとエロいラップパフォーマンスも必見、3LWがまた活動再開しないかなぁと願ってしまいました。あとはBiggieの妻であったシンガーのFaith Evansを演じたAntonique Smith、彼女がもうすっごいFaith Evansにソックリで驚き、最初は“あら、Faith Evansは自身で出てるの!?”と思ったほどです。でもよく見るとFaith Evansより整った顔立ち(失礼)、やっぱりそこは女優さんですねぇ(差)。あとはBiggieの少年時代を演じるのは、Biggieの愛息であるChristopher Jordan Wallaceが演じていて、当然ですが亡きBiggieにもうよーーーく似ていて当たり役で御座います(笑)。あとはBiggieと路上でMCバトルをするPrimo役にJermaine Dennyが出演しています、Jermaine DennyはBrooklyn出身の注目MCであるあのRed Cafeなんです(驚)。Red CafeがBad Boy Recordsに所属している縁できっと出演する事になったんでしょうが、これは最近のHip Hopファンに嬉しいサプライズかと思います。Biggieの楽曲の誕生秘話なんかもちょっぴり観れたり、あとBiggieの名曲を詩を読みながら聴けるので、よりその世界観が鮮明に頭の中で描けるのでたまらないです。あとは特典映像にBiggieの遺した数少ないライヴ映像のひとつ、「Party And Bullshit」も収録されていて、まだまだ若いBiggieとSean "Puffy" Combsが映し出されています(貴重)。

The Notorious B.I.G.を知る上では観ておいた方がいい映画、思ったよりもきちんと作り込まれていて(もしかしてB級映画っぽいかなぁと心配もしていたので)さらりと観る事が出来ました。やはりBiggieとTupacを失った事は、Hip Hopの長い歴史の中で悲惨で痛ましい出来事ですねぇ(涙)。これを観た後には是非、The Notorious B.I.G.の名盤『Ready To Die』と『Life After Death』の二枚をガンガン聴くしかありません。

Category: 日記  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

tokkouyarou-a-movie.jpg

先日チカちゃんと一緒に映画『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』を観賞しました。
これ、僕もなんとなーく気になっていたら、チカも観たいというので早速観に行く事に(奇遇)。

この『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』、御存知の方も多いかと思いますが昔のTVドラマのリメイク。
80年代に人気を博した物語の様ですが、当然その頃に生まれた僕はよく知らずに観賞したんです。
しかしコレ、何も予備知識が無くてもすごく面白い痛快ドカンドカンアクションで、僕の中ではかなりストライクでした(笑)。とにかく何も考えずに観れるのが良い、そんな殺傷シーンも無いから眼を背けたくなるような事もないし、アクションは流石ハリウッドな派手さで面白い。
ストーリー展開は確かに単調かと思いますが、こういう映画にどんでん返しな結末を望むことがナンセンスかと思います。本作の面白さはその明快に加えて、ものすごくピッタリと嵌ったお似合いのキャスト陣。John "Hannibal" Smithを演じるLiam Neesonはその声の低さと荒さと落ち着きだけでもう渋くてカッコイイ、Templeton "Faceman" Peckを演じるBradley Cooperもやはり二枚目なんだけれどどこかチャラけた部分がまた素敵、B.A.を演じるQuinton Jacksonもあのモヒカンが超お似合い、H.M. "Howling Mad" Murdockを演じるSharlto Copleyはイカレ具合がちょうど良くてやはりナイスなスパイスでした。

jessica-biel-bikini-gq.jpg

でもやっぱり男目線で気になってしまったのは、Aチームを追いかける中尉Charisa Sosaを演じるJessica Biel。
あのスレンダーなボディに狼っぽく鋭い顔立ちがたまらなくセクシー(骨抜)、もう釘付けでした。
若い頃はムッチリボディが大好きでしたが、こういうスレンダーだけど出るトコ出てる体つきの女性も好き(阿呆)。
Jessica Bielといえば現在はJustin Timberlakeと交際中、Justin Timberlakeは勿論男前だし素敵だけれど、やっぱりこういう美人とばかり付き合っているのかと思うと、なんだか腹立たしいですね(笑)。

話がだいぶ逸れましたが(笑)、とにかくこの映画『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』は面白かった。
仲間同士の絆や忠誠を描いたドラマで、男なら絶対に好きだと思います。そんな暴力的でもないし展開もごく普通なので、女性と一緒に観に行っても全く問題なく楽しめるハズです(薦)。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Zena「All Of Me」
zena-allofme.jpg

英国はBirmingham出身の元Mis-Teeq、Zenaのデビューアルバム『All Of Me』を御紹介。英国を代表するガールズグループMis-Teeq、Zenaはその結成当時のメンバーだったのですが、1st『Lickin' On Both Sides』の製作前に脱退したそう。ずっとソロでの成功を望んでいたZenaはグループ活動が肌に合わず、すぐに脱退してソロデビューのチャンスをじっと待っていたというかなりの根性です(恐入)。このジャケットのZenaはちょっとダサい感じですが、中のアートワークを見るとすっきりした顔立ちが素敵ななかなかの美人なんです(重要)。
それでは簡単に内容を御紹介したいと思います……まずは幕開けを飾る「Let's Get This Party Started」は驚き、あのC. "Tricky" Stewartが製作を担当したジャカジャカ系の強烈アッパー。どこか隙間の空いた電子音の間を埋める強めのドカッビートが最高にクール、The Neptunesを思わせるクールでエッヂの効いたパーティーチューン。「Been Around The World(Original Mix)」はDIAが製作を担当(ソングライトにC. "Tricky" Stewart参加)の晴れやかでキラキラと煌めくミッド、Zenaの輝き溢れるシャインヴォーカルにお似合いのパール曲でスッキリと美しい、客演のVybz Kartelが冒頭のちょっとしか出番が無いのが不思議ですが。「Change The Game」はLeney Stewartが製作の電子鍵盤がカチカチと鳴る一曲で、低く鳴るベースラインが渋くてカッコ良く、なかなかタフなR&Bトラック。それに対比する様にZenaのキュートな歌声がひらひらと舞うのが気持ち良くて、より可愛くライトさが際立ってナイスです。雷鳴の轟きとしっとりと濡れたピアノ旋律が美しく琴線に触れる「Necessary Thing」、あのAnthony "Dent"が製作を担当した王道な純粋ラヴバラード(惚)。Zenaの滑らかで優しい歌声がそっと触れるように響き、きゅっと感情を掴まれるのがたまらなく切ない(涙)、ピアノを基調としたこの丁寧で繊細なメロディもただただ美しく溜息が漏れるばかりです。French製作の「Feelin' You」は宇宙船の中で聴いている様な感覚に陥る、サイボーグっぽいビコビコ電子音の連続がクールなアッパー。「All Of Me」はC. "Tricky" StewartとWirlie Morrisによる共同制作曲、これもドカッと強くキックする打ビートが痛快でよりタフに仕上げているUS産R&Bらしいソリッドな一曲でグッド。「Baby Be Mine. Part 2」はMichael Daley製作のビョンビョンと奇怪なシンセが跳ねるダークトラック、客演にMega Manが参加しRaggae風味を調合しています。Saqib製作の「I'm Ready」も押しては引く様なシンセサイザーの曲線的なメロディが耳に残る、ノイジーさを加味してZenaの正統派なヴォーカルを目立たせたカッコイイ一曲。ゲームの効果音っぽいコンピュータメロディにハンドクラップとビートを乗せた「Pull Ya Brakes」、Hip Hopっぽいラフで荒削りなビートがシンプルながらも先鋭的でいて骨太でカッコイイ、製作があのFocusという事で即納得。「Average Girl」は再びFrenchが製作を担当、これもシンセ駆使なんですがどことなく異国情緒を感じさせるメロディで刺激的な色香が漂う一曲でグッド。TimbalandやThe Neptunesが流行させた変てこジャングル系の雑種ビート「Get On It」はMaximum Riskが製作、なかなか癖があって良いですよ。懐かしいソウルも香る滑らか悩ましい「It's About Time」はTrevor "Melody Man" Davey製作、これもドリーミーな雰囲気も漂ったすごくすっきりとクリアな一曲で聴き易くて良い。Wayne LawesとRikardo Reidが共同制作の「Do She Know」、アコギの舞う様に軽やかな旋律にピコピコと電子音が交錯する現代的な一曲。Trevor "Melody Man" Daveyが再び製作の「Fallin' For You」もザクザクとシンセがカットするんだけど、根底には官能的でしとやかなソウルメロディがしっかりとあって、聴いていて思わず引き込まれ堕ちてゆくラヴソングになっています。最後を飾るのはピアノ弾き語りの極上バラード「In Too Deep」、Wayne LawesとRikardo Reidが共同制作。Zenaの可愛くて締めつける様なヴォーカルを幾重も織ったフックがすごく美しくて、そのキュートさが滲んでパチンと弾ける、友達の彼氏を好きになる禁じられた恋を歌った切ない純粋スロー(溺)。あとは強力なRemixを二曲収録、このRemixが本当に豪華過ぎて絶対に侮ることなかれ(警告)。まずはTrevor "Melody Man" DaveyがRemixした「Been Around The World(Unusual Suspects Mix)」はBeenie Manが援護射撃、相変わらずのザガザガフロウで完璧なダンスホール仕様に仕上げています。そして驚きはあのBpbby Brownが援護射撃とう贅沢(?)な「Been Around The World(Original RedZone Mix)」、Bobby Brownがグッと力んだ熱くほとばしるシャウトを被せていて……歌ってはいません(笑)。

英国産の割にはかなりUS仕様になっていて、これはもう普通のR&Bな一枚として安心して聴けると思います。しかも結構粋なProducer陣が揃っていて驚き、そういう意味でもこれは嬉しい一枚だったと思います。Mis-Teeqよりも断然充実していた本作を聴く限り、Zenaがソロ活動を選択したのは間違いではなかった言えます。今や名ProducerのC. "Tricky" Stewartが参加しているという意味でも、聴いて損はしない一枚、見かけたら購入してみて下さい。

Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mis-Teeq「Lickin' On Both Sides」
misteeq-lickin.jpg

Alesha Dixon、Su-Elise Nash、Sabrina Washingtonの三人で構成されるUKを代表する女性R&Bグループ、Mis-Teeqのデビューアルバム『Lickin' On Both Sides』を御紹介。Destiny's Childが解散した今、それこそ本当に女性グループの一時代が終わった感のあるR&B界。本当に一頃はかなりのグループが存在したのに、出ては消えるというスピードが凄い、やはり女性同士は難しいのかな(勘繰)。英国で大ヒットを飛ばしたこのMis-Teeqもその例に漏れず、たった二作を残して解散してしまいましたねぇ(惜)。
それではグダグダ長い前置きはこのぐらいにして……まずは今や超売れっ子となったStarGateが製作を担当した「One Night Stand」で幕開け、ビコビコビコと段階的に上がる機械的な電子音にするりとストリングスが絡む事で、ちょっぴりサイバーな艶っぽさが増幅しているナイストラック。「That Type oOf Girl」はEd Caseが製作を担当したクラブバンガー調に寄せた爽やかアッパー、Mis-Teeq特有のウィスパー気味のハーモニーが静かに響き、そこにAlesha Dixonのなかなかタフで骨太なRaggae風味のラップが旋風を巻き起こす一曲。ベンッベンッと小気味よく弾かれる弦音にキュートなシンセが跳ねる「Roll On(Blacksmith Rub)」はBlacksmithによる製作曲、晴れやかで陽々としたMis-Teeqのヴォーカルが軽やかでフワフワと舞う爽快なミッドで気持ち良い。どことなくDestiny's Childっぽいエッヂを感じさせる「B With Me」はMushtaq製作、これは重めのリフが聴いているながらも箇所箇所にはトロピカルなメロディも絡んだティンパニっぽい一曲。UKの専売特許であるガラージを取り入れたガチガチにぶち上げる「Why?」はDavid Brant製作、Destiny's Child顔負けの早口歌唱法はまるで早回ししたいみたい、キリキリ急回転したメロディに合ったエッヂ鋭い一曲に。「They'll Never Know」ではSo Solid CrewよりAsher DとHarveyの男性MCが参加、Synth(彼もSo Solid Crew所属)製作のトラックもやはりロボ宇宙船っぽいビカビカなメタリックなシンセチューンでガツガツなアッパーのラップ曲。Marshall 4 Marshall製作の「Stamp Reject」は一時期のTimbalandを思い起こす歪んだ重低音シンセの波が渦巻き押し寄せるパワフルな一曲、しかしこれだけのシンセ曲の中にあっては中毒性も薄れて勿体無い気も。Ceri Evansが手掛けガラージ感爆発の「All I Want(Sunship Radio Edit)」、とにかくただただドカッドカッドカッとビートをキックしてそれに合わせてMis-Teeqの囁きハーモニーが跳ねるアッパー。Jensen & Larssonが製作した「Nasty」は、どこか懐かしいディスコ調の煌びやかトラックで染み入るファンキー感がたまらない、ずっとシンセ続きだからこういう王道なファンクチューンが新鮮に聴こえて余計に活きます(貴重)。ジャカジャカと掻き鳴らすアコースティックギターの淀みの無いメロディに心洗われる「These Days」、製作はStarGateという事でこれは物凄く納得。最近のStarGateを知る僕らでも一発でStarGate作だと解るクリアで爽やかなミッド、スーッと体内を駆け巡り抜けてゆく甘酸っぱい一曲でグッド。Michael Gaves製作の「Better Better」は特殊そうな楽器をアレコレ奏でる事で、どこか異国情緒やスパイシーな刺激を堪能できるなかなか面白いカルメン曲。'Nsync「No Strings Attached」を思わせる大袈裟ビートが癖になる派手な大技「Secrets Of The Night」は好き、製作はJensen & Larssonのタッグが担当。ギターリフにぶつ切りカットされた電子音がクラクションぽく鳴る「You're Gonna Stay」は躍動感たっぷり、製作はThe Full Crew。最後を締め括るのはギター旋律がカラカラと鳴るエスニックな、David Brant製作の「Girl You'll Miss」

う~~~ん、Mis-Teeqのヴォーカルワークとかはけして嫌いではないんですが、やはりProducer陣が似たテイストの楽曲ばかり作っていて単調に感じてしまうんです(苦言)。そのどれもがガラージ主流で(仕方ないのでしょうが)途中でちょっとだらっとなるのは否めない、StarGateがもう少し関与して爽やか系を作ったら良かったし、もっと本格的なアーバン風のR&Bを積極的に取り入れても良かったと思います。まぁでも希少なガールズグループだったからやはり解散したのは残念、またいつか活動再開したら聴くと思います。中でもやっぱりAlesha Dixonが特別にカワイイし綺麗だしセクシー(惚)、ソロで活動しているので応援したいと思います。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jamelia「Thank You」
jamelia-thankyou.jpg

英国はBirmingham出身の見目麗しき女性R&Bシンガー、Jameliaの通算二作目となる『Thank You』を御紹介。昔の昔は“UK産のR&Bなんて……”と見向きもしなかった僕、しかし今ではかなりのUK産がCD棚に収まっています(笑)。このJameliaに関してはもうジャケットに惚れて購入したのを覚えています、Jameliaは歌手ながらモデルもこなす程の抜群のスタイル&なかなかの美貌の持ち主なので御座います。悲しいかな、やはり女性シンガーとなるとまず顔とかスタイルを見てしまう男な僕がいます(謝)。
それでは気を取り直して内容に話を移しますと……まずはCutfather & Joeが製作を担当した鋭さ際立つ鋼鉄アッパー「Superstar」で華々しく幕開け、これが激しいギターリフ&スクラッチ&ビートがぶつかりながら融合したナイスな攻撃曲で、Jameliaの凛としながらもキュートな歌声が跳ねる様が楽しくて良い。失恋により強くなった女性が“あなたのおかげよ、例を言うわ、ありがとう♪”と吐き捨てるタフな「Thank You」はSoulshock & BikerのSoulpowerタッグが製作、カラフルで不思議な響きを湛えたビー玉シンセが彩るトラックは煌びやか、そこにちょっぴり切ないアコギが絡み女性のスッキリとした美しさを見事に表現した晴れやかな一曲。Soulshock & Karlin(これぞ本来のSoulpower)が製作した「DJ」、ちょっぴりオリエンタルな弦音にドカッドカッと打ちつける太いビートがホットなTimbaland風味のバウンス曲。Cameron McVey & Matt Kent製作の「See It In A Boy's Eyes」は、あのColdplayのChris Martinがソングライト参加した異色曲。窓を打ち流れる雨の様なドラマチックなオルガンの響き、森の中の様な不思議な温もりが残るビート、どこかレトロでメルヘンなメロディライン、そのどれもがどこかColdplayっぽい感触のミステリアスなミッドでこれは要注目です(侵食)。R&Bではけしてないんですがこのグルグル回ってくる中毒性が心地良くて、マーブルな酩酊気分でハイになる素敵な一曲です。Jimmy Hogarthが製作の「Taxi」はダークメタリックな宇宙空間を、黄色いキャブで滑走する様なビコビコビューンなスペイシー曲でかなりカッコイイ。Jameliaの短く切る様なヴォーカルもクールで粋でカッコイイ、面白さ抜群で耳に残ります。Ignorantsが製作した「Dirty Dirty」は漆黒の歪んだシンセが悩ましく妖しく絡み疾走する、これまたあまりにラフカットな電子トラックが武骨でカッコ良過ぎるダーティ曲、Jameliaのラップもかなりイカしていて斬れ味抜群で痛快だし巧い(褒)。Copenhaniacs製作のポコスカ打楽器が鳴るフロア揺らすバウンシー曲「Club Hoppin'」、TimbalandっぽいジャングルビートにBubba Sparxxxが太くも滑らかなラップを走らす事でより重心の低いヘヴィーな一曲に仕上がっています(流石)。早回し声が炸裂しオモチャっぽいふざけた様なホーンがブヒッと鳴る「Cutie」は面白さ抜群のポップ曲(笑)、Jameliaの可愛いヴォーカルに被せて派手にゴタゴタと塗りたくったトラックは斬新だし耳にこびり付く。製作はC.EmmanuelことC.Swingが担当、本当に良い仕事してくれましたよ(褒)。Marc "M2E" Smithが製作した「Bounce」はモロにTimbaland趣味爆発、乾いた打ビートにピコピコと肩透かしな電子音がチグハグに絡むトラックは見事だし、途中エフェクトかけたりフックでは畳み掛けるように弾けさせるJameliaのヴォーカルワークも面白くて聴き入るばかり(途中のJameliaのラップもやはり巧い)。Busta Rhymes率いるFlipmode Squadの紅一点、Rah Diggaを客演に招いた「Bout」、C.Emmanuel製作の映画『ロッキー』のテーマっぽいホーン使いが面白いしド派手でファンキー、Rah Diggaもあのしゃがれた声で焦げ臭い援護射撃をかまします。細かく切り刻んだシンセサイザーを繋ぎ合わせた様なエッヂーな継ぎ接ぎ曲「Off Da Endz」も、民族っぽい声を組み込みながらも単なるごちゃ混ぜでなくきちんと構築されてる瓦礫チックがたまらない、製作はC.Emmanuelが担当。援護射撃にはSo Solid CrewよりAsher Dが参加していて、彼がまたメチャカッコ良い援護射撃でグッド。べったりとしたシンコペイトとジャングル電子音のグチャグチャ感が中毒性高い、どことなくRaggaeっぽいメロディも感じる「B.I.T.C.H.」はCopenhaniacsが製作、どこかLeft Eyeっぽい小悪魔さが香るJameliaのラップもやはり良いですねぇ(感心)。ストリングスがしなやかながらもサイバーな電子光線の唸りがトラックを捻じ曲げる「Life」、どこか退廃的ながらも色鮮やかな電子音が点滅し神秘的な美しさを秘めている「Antidote」、どちらもC.Emmanuelによる製作曲で彼の一流の手腕を堪能できる素晴らしく芸術的なトラックばかりです(聴惚)。とここまでの本編に加え国内盤にはボーナス曲として「Superstar(Bob 'Reef' Tewlow Remix)」「Superstar(Copenhanicas Remix)」「Superstar(Ayo Supersar JD Remix)」のRemix三曲を追加収録。中でもSo Solid Crew所属のJDがRemixした「Superstar(Ayo Supersar JD Remix)」は、一聴の価値ありかと思います。

かなり秀逸な一枚に仕上がっていて驚き、今聴き返してみてもかなりの高性能なシンセ曲が搭載された近未来的な一枚で御座います(称賛)。Jameliaの可愛い感じのヴォーカルも勿論良いんですが、あのLeft Eyeばりの小生意気なラップ技術には目を見張るものがあります(度肝)、僕的にはかなり良い味出していると思うのですが。あとはC.Emmanuelの仕事っぷりが凄まじく良い、確かに全てのトラックが似たテイストなんですが、そのどれもが一癖も二癖もあって斬新で耳に残ります。あとはChris Martinが書いた「See It In A Boy's Eyes」、あれはColdplay好きが聴いても絶対に気に入る一曲だと思います(要注意)。Jameliaの本作かなりイイです、まだ聴いていない方は是非とも聴いてみて下さい。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nathan「Masterpiece」
nathan-master.jpg

英国はLondon発の弱冠19歳でデビューを飾ったシンガーソングライター、Nathanのデビューアルバム『Masterpiece』を御紹介。Nathanの母親はRaggaeシンガーとして活躍したLorna Gee、という事でNathanは生まれて間もなくをJamaicaで過ごし、その後N.Y.に移り英国に戻り音楽活動を開始したのだとか。このスッキリとしたジャケットがなんとも印象的、本作もまた“UK版Ne-Yo”という触れ込みでの日本発売だったので、そこがどうも気に喰わなかったんだけど、まぁグッとこらえて購入しました(笑)。
それでは気になる内容を御紹介しましょう……本作で最多の楽曲を手掛けているのはWayne LawesとRickardo Reidのタッグ、まずは彼らの製作曲から触れたいと思います。ド太いベース弦の弾きにタフなビートが絡むHip Hop風味の「Round And Round」、冒頭ではNathanがラップっぽい歌唱で引き締めて、そのまま甘くハイトーンなナヨ声でクールにキメます。ヒラヒラと舞い上がるピアノ鍵盤の軽やかで晴れやかな「Get To Know You Better」、キラキラ輝く跳ねたメロディもすごく可愛いしNathanの甘美なミルクヴォーカルもお似合いで、思わず胸が躍らされるキュンキュン曲。もうモロにNe-Yo「So Sick」を焼き直した「Do Without My Love」もやっぱり聴き入らずにはいられない(溺)、StarGate製作でないのが不思議なくらいに酷似しています。少しだけホンワカと内に響く様なシンセと柔らかく切ないメロディに思わず胸を締め付けられるし、Nathanの優しくて懇願するようなヴォーカルがまた切なくて良い。「Come Into My Room」は彼のルーツともいえるRagge風味がスパイシーに効いた一曲で、ジャガジャガ奏でるアコギのメロディにNathanのなかなか悩ましいヴォーカルがネットリ絡み付くアダルトな一曲。「Kiss Me」はSixpence None the Richerの同名曲をリメイク、これもキラリと輝く陽光のような眩しさを纏った爽快さ抜群のアッパーで、客演参加しているSian Thomasなる女性シンガーのトロピカルな歌フックもすごくキュートで甘酸っぱさが最高です。お決まり水滴ピチョンにちょっぴりアジアンなメロディが滑らかに絡んで流れる「They Can't Take Me Away」もしっとりと穏やかあがらセクシー、Nathanの良い意味で軟弱な歌声が活きています。どこか懐かしいソウルの香り漂う「Everybody Needs Somebody」、ストリングスの奏でる四重奏にNathanのラップっぽい歌い回しが錯綜するなかなかトリッキーな一曲でグッド。妖しいシンセサイザー光線が歪んで放たれるバウンス抜群の「Just Wanna Love You」はダークでクール、Nathanのファルセットを器用に織り入れたフックもなかなかスペイシーで素晴らしいですねぇ。とここまでがWayne LawesとRickardo Reidの製作曲、それ以外もなかなか秀逸でして。まずはファンキーで骨太なソウル回帰曲のアッパー「Cold As Ice」がTone N SilverとMichael Daleyが共同制作、ポコスカ鳴るパーカッションと共にガンガンと跳ね回すNathanのヴォーカルも痛快でガツンと来る。Saleem Al Fakir製作の「Masterpiece Pt1」は電子鍵盤のレトロなカチカチ響きがなんだか温もりあって、そこにドラマチックに織られるストリングスもエレガントで素敵。Michael Daley製作の「The Right Way」はあのR.Kelly「Your Body Is Calling」をサンプリング使用した鬼スウィートな一曲、原曲の持つしなやかさ&悩ましさがユラユラと立ち昇る極上ミッドです(策略)。Michael Daleyはギター奏でる純粋で清らかなスローバラード「You Make Me Feel」も製作、この曲はとにかく美しく煌びやかで無垢で、ただただNathanのクリアで優美なヴォーカルがさらさらと心地良く流れる美曲で素晴らしい(溺愛)。ここでのNathanの線の細いハイトーンの歌声はどこかMichael Jacksonを思わせる柔軟さ、聴いている内にだんだんと気持ちが空へ昇って溶けてしまう名バラード(称賛)。そのMichael DaleyとNathanが共同制作した「Whant's Your Name」はUSのメインストリームを意識したガチダンスアッパー、アクセント効いてて良いですよ。そして注目なのがあのSalaam Remiが製作で参加している事、僕としてはこれが一番の関心事でしたから。Salaam Remiはまず宇宙空間をスーッと滑走するようなヒンヤリ系の「Snatch」を製作、Salaam Remiらしいレトロソウル感は無いけれどなかなかカッコイイです。そしてSalaam Remiは「Cold As Ice(Salaam Mix)」でRemixを担当、ここではあの髭熊Rick Rossが援護射撃という鉄骨補強、よりタフでHip Hopファンク感が倍増しています。国内盤にはこれらに加えてボーナス曲「We Got It」を収録、都会の夜のようにオシャレで煌びやかなトラックがシルキーでシックでソウルフルです(誉)。

Ne-Yoを意識しまくった甘酸っぱい系ばかりかと思ったら、意外とそういう曲は少なくてバラエティに富んでいてなかなか面白い一枚でしたよ。全部が「Do Without My Love」ばかりだと面白くないし他と一緒、だけれど「Do Without My Love」は一つの売りにだけして、あとはソウルマナーやHip Hop風味を感じさせるトラック群も充実していて、聴いててホッとしました(安堵)。突出していたのは僕個人としては「You Make Me Feel」かな、これは良い意味で英国R&Bらしい黒さの薄まった純白曲で、Nathanのそっと触れる様なヴォーカルに似合ってました。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kay B「Look No Further」
kayb-look.png

西アフリカはGhana出身の両親を持つ英国出身のシンガーソングライター、Kay Bのデビューアルバム『Look No Further』を御紹介。Ne-Yo(そして彼と素晴らしい楽曲を創り上げたStarGate)の出現により、UK産のR&Bがより身近に感じられる様になった事はすごく素敵、しかし日本はここぞとばかりにこういう甘酸っぱいR&Bを取り入れ過ぎてて、そういう風潮に天邪鬼な僕はどうしても反発してしまいます(頑固)。だから損する事もしばしば、だからこのKay Bもグッとこらえて素直に購入しました、このサングラスを掛けた横顔がカッコイイのも手伝いまして。しかしこのKay B、英国で有力なメディアでも“メジャー契約していない最も有望なインディシンガー”と紹介された事もあるとか、かなりの有望株の様です(期待)。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まず本作では最多の楽曲をあのStevie Hoangが製作、このStevie Hoangも知ってはいますが聴いていないアーティストの一人です(苦笑)。そんな訳でそのStevie Hoangが製作した楽曲から御紹介、まずは幕開けを飾る「Lady Of Soul(Intro)」から。キラリと光るピアノ鍵盤の触れる様なメロディに、Kay Bの甘くクリアで蒼々としたヴォーカルが浸透する素敵な幕開け。これまた甘酸っぱい果実のようにスプラッシュな胸キュンシンセが爽やかな「Groove Thang」も良い、青く澄んだ空を眺めながら風をいっぱい浴びながらドライブしたくなる、そんなスカイハイアンセムでフックの“あいあいあーい♪”も耳に残ります(余韻)。切ないR&Bには欠かせない嵐の轟きから始まる「Cheater's Dilemma」は双方の浮気曲、双方の裏切りを知りつつも恋人関係を続けたいと感じる矛盾を謳った、なんとも最近のR&Bにありがちなテーマ。ながらキラキラ光りながらポロロンと涙の様に鳴らす水滴シンセが美しく、Ne-Yo「So Sick」好きなら反応せずはいられない刹那系のミッド曲(涙)。「Party In The Jungle」は打って変わってTimbalandっぽいギュイギュイとパワーで捻じ曲げるジャングルアッパー、あまり癖はなく単調でそういう意味では面白さのない一曲かなぁ(辛口)。どことなくヴォーカルアプローチがR.Kellyっぽくもある「Call Cupid」、ちょっぴりギターを爪弾き行きつ戻りつするポワワンシンセの揺れが胸を切なく締めつける別離曲(涙)。“誰かキューピッドに電話してくれ、僕には今すぐ愛が必要だって伝えて♪”と謳う詩もそのままだけど素敵、Kay Bの懇願するように搾り出すヴォーカルが胸を突き刺す流麗で繊細なスロウジャム。乾いたギターを奏でてドライでしなやかなグルーヴを生み出す「Impress You」、これも“アイツじゃなくて僕を選ぶべきだ♪”と口説くそのままな題材ながら、早口で捲し立てる様な歌唱法や幾重にも綺麗に織られたヴォーカル加工が清涼感を残していてグッド。ピーヒャラ鳴らす怪しげな笛音が彩る思い切り中近東テイストが漂う「You Know I Like That」は、完……ッ璧にR.Kellyを意識した一曲でそこが逆に面白い。US産R&Bに全く引けをとらない極上スロー「Look No Further」もアーバン香る素晴らしい一曲、“もう探さなくていいよ、僕がいるだろ♪”と自信満々に囁く肉食的な口説き文句を、さらりと優美にじっとりと艶っぽく謳うKay Bが憎いです(褒)。ドクンドクンと脈打つような太鼓ビートに、オルゴールの様に儚く繊細なシンセが舞う「Don't U Walk Away」も良い出来映え、とにかくKay Bのスーッと伸びるクリアな蒼々声にお似合い。「Call Cupid(Unplugged)」はその曲名通りに指スナップ&ピアノ弾き語りの生演奏曲、Stevie HoangとRaoとIjahを客演コーラスに迎えてより上品に流麗に仕上げた、なんとも贅沢リッチな仕上がりでもう別物な味わい。「Party In The Jungle(Remix)」はトラックはそのまま、Mr.Max(Kay Bが以前に組んでいたPak Of 3なるグループの一員)のラップを加えてより加速したRemix。そのPak Of 3のMr.MaxとSanteが揃い踏みした国内盤ボーナス曲「Not Today」がかなりカッコイイ、弾く様なハンドクラップに高音シンセ&ピコポコ&スクラッチが重なるポップチューンで、三人の相性抜群過ぎてPak Of 3が好きになってしまう快晴曲。ここまでがStevie Hoangによる製作、本当に素晴らしい仕事っぷりです(称賛)。ベルのチンチン音に野太いキックビートがズシンと響く「Spotlight」はR-Sin製作、ダークな疾走感がなかなかカッコイイ。ビュイビュイと輝く光線シンセが眩しくてそのまま近未来にトリップする、途中のSnoop Doggっぽい歌い回しも面白い「Can YouKeep It Up」。ちょっぴりダーティサウスなトラップ感も垣間見えるドロドロデジタルサイバー「Just Come Around」(客演にVersatyle)の二曲はZouhair "Digital Clue" Qorchiが製作を担当。

うん、やっぱり良かったですね(笑)。やはり聴かず嫌いは損しますね、なんでも気になったら聴くべきです、分かってますが天邪鬼だから出来ないんです(笑)。完璧なNe-Yo系統の甘酸っぱいトラック群は勿論素晴らしかったですが、「Can YouKeep It Up」「Just Come Around」といった近未来型シンセ曲もカッコ良くて、イイ配置でしたよ。Kay Bのヴォーカルもさることながら、やはりStevie HoangのProducerとしての力量を痛感した一枚となりました。最近のR&Bが好きな方なら絶対に押さえておくべき、というかもう持っているか。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ciaraの新曲は「Speechless」
Ciara+xspeechless.jpg

Ciaraの新曲「Speechless」が公開されたみたいです(喜)。
そのジャケットも公開されていて、これがまたくっきりと陰影を美しく映し出した素敵な写真で御座います。
新曲「Speechless」はタイトルの割になかなかブライトでポップで跳ねたトラックで、Ciaraのウィスパーなヴォーカルをグッと麗しく際立てる素敵なドリーミーチューンになっています(好)。
この曲を聴く限りC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashとのタッグは好相性の様で、新作『Basic Instinct』が楽しみになるばかり。

Ciara-monocro-head.jpg

しかしその『Basic Instinct』、発売が延期されて10月になってしましましたね(涙)。
こういう延期ってのはあまり良い兆候ではないですよねぇ、さらっとリリースした方が良いと思うんですけどねぇ(不安)。
まぁ内容をより充実させる為の延期と考えたいですね、きっとそうでしょう。
Ciaraの次回作、Deluxe EditionとかでDVD付録なんかあったら良いのになぁ~(願望)。
Ciaraの悩ましい悩殺ダンスを堪能したいです……。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Vanessa Williams「The Sweetest Days」
vanessa-sweetest.jpg

アフリカン・アメリカンとして初めて栄誉ある“Miss America”に輝き、女優やシンガーとして活躍する極上美人、Vanessa Williamsの通算三作目となる『The Sweetest Days』を御紹介。僕も名前は聞いた事あるし、きっと映画とかで見かけているんでしょうが、よく知らないまま購入した覚えがあります(無知)。とにかく本作に凛として写るVanessa Williamsが本当に綺麗で、それに惚れ込んで何も知らないまま購入したんです(笑)。ちなみにVanessa Willimasは本当に美人で他の作品も持っているんですが、まぁどれも変なジャケットばかりで、まともに綺麗なのはこの一枚だけではないかと思います(独断)。
それでは肝心の中身はどうなっているかと言いますと……まずは製作に関しては全曲にVanessa Williamsが関与していて、その多くをGerry E. Brownと共同製作しています。なのでまずはGerry E. Brown×Vanessa Williamsによる製作曲から触れますと、幕開けを飾る「The Way That You Love」から。後ろで静かに刻まれるラップといい、そのリズムは正にR&Bなタッチながらどこかエレガントで滑らかでオシャレ。VibesにRoy Ayersが参加しているのもトピックの一つ、Vanessa Williamsの艶っぽくも品のある歌声がしっとりと華やかな一曲でグッド。爪弾くギターの曇りでブルージーに聴かせてくれる弾き語り「Higher Ground」、Vanessa Williamsの伸びやかな歌声にウットリ聴き入ってしまう温もりいっぱいのスロウ曲。キラキラと星降り注ぐ夜空の様なロマンチックでスムーズな空気がしっとり流れる「You Don't Have to Say You're Sorry」も素敵、思わず溜息がこぼれてしまうディズニー映画ばりの極上ドリーミーで御座います(溺)。多くの女性シンガーに今なお愛され続けるElla Fitzgeraldへ捧げた「Ellamental」、冒頭ではほんの少しElla Fitzgeraldのライブ音源をサンプリング、そのままクールでムーディーなJazz風味のトラック上をVanessa Williamsが滑ります(快感)。「Sister Moon」はStingの同名曲をカバーし、Back VocalにSting自身も参加するという贅沢さ。Stingを僕はよく知りませんが、こうやってよく黒人アーティストに共演を希望されるアーティストですね、この曲もハーモニカの妖しくも艶やかな音色がムードプンプンでセクシーな一曲でStingの音楽幅の広さを知らされます。フランス語の語りから入り込むアコーディオンが印象的な「Moonlight In Paris」、これもまるでパリの街角に迷い込んだ様な気分になるオシャレで優しい一曲で素敵、Vanessa Williamsの囁くようなヴォーカルが透明感に溢れてて心地良いんです。爪弾くアコースティックギターの弦音に心が和み癒される失恋曲「Constantly」、想っても届かない恋心を謳うほろ苦い詩をVanessa Williamsがちょっぴりむせび泣く様に声を出して歌う切ない曲(涙)。最後を締め括るのは「Long Way Home」、これもゆっくりじっくりと流れゆくメロディにVanessa Williamsがその美声を寄り添わせる、王道な作りがたまらない珠玉の美曲バラード(沁)。こういうもう真っ直ぐ純粋なスローに僕は弱い、“家路は長い、家までの道程は長い♪”と繰り返す詩も、端的なだけに意味が深くて考えさせられる人生曲となっています(深)。ここまでがGerry E. Brown×Vanessa Williams製作曲、残りはまた侮れない面子が揃っていまして。まずはポロロンと爪弾き奏でるギター弦がスパイシーな「Betcha Never」はBabyface製作曲、彼氏の浮気に浮気で仕返す女性を謳ったスパニッシュな一曲。Babyfaceは「You Can't Run」も製作を担当、ここでもギターを爪弾くもどこかメランコリックで清涼感溢れるメロディを準備、この作品の幅をグッと広げていますよ(好演)。あとはキラキラと光り輝くラインストーンの様な煌めきスロー「The Sweetest Days」をKeith Thomasが製作、ゆっくりと絡み合い溶け合う極上のスウィートラヴバラードで御座います(昇天)。国内盤にはこれらに加えてボーナス曲が一曲収録されていて、これが絶対に聴き逃せないんです(警告)。それはあのBrian McKnightとの濃厚デュエット曲「Love Is」、Brian McKnightらしいピアノ基調のピュアで壮大な王道バラードで、思わず涙が零れそうになるぐらいドラマチックなバラードに仕上がっています(昇天)。またこの美男美女が麗しい歌声を絡ませるんだからたまらない(極上)、恋人との一途な夜にしっとりと聴き入りたい美曲で御座います(憧)。

けしてR&Bな一枚とはいえないけれど、シンプルでスタンダードな美曲集といった感じで、美しきVanessa Williamsの魅力がぎゅっと詰まった素敵な一枚に仕上がっています(好)。Producerを多く配さなかった事ですんなり一枚を通して聴けるし、夜に恋人とディナーでもしながら流すBGM的な一枚にも良いでしょう。とにかくVanessa Williamsが容姿も歌声も綺麗、やはり男性が美しい女性に弱いのは真実ですねぇ(苦笑)。

Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Tony! Toni! Tone!「The Revival」
tonytony-revival.jpg

Raphael SaadiqとDwayne Wigginsの兄弟に、従兄弟のTimothy Christian Rileyの三人で構成されるTony! Toni! Tone!の通算二作目となる『The Revival』を御紹介。本作を語る上で欠かせないのが、この『The Revival』から前面的にTony! Toni! Tone!が(つまりRaphael SaadiqとDwayne Wigginsが)製作を指揮しだしたという点。デビュー作となる前作『Why?』では全曲をDenzil FosterとThomas McElroyが担当、そこから一転して自らクリエイティヴコントロールし、ニューソウルの旗手として確固たる地位を確立したんだから、ある意味ターニングポイント的な一枚かと思います。
それでは気になる内容を御紹介したいと思います……まずはそのTony! Toni! Tone!による製作曲から触れたいと思います、まずは幕開けを飾る「Feel's Good」から。ザクザクと切り込む鋭いカット音に、ちょっぴりNJSっぽいバウンスも盛り込んだ派手なアッパーで、でもRaphael Saadiqの青臭くてヤワなヴォーカルがハイに響く事でライトな仕上がりになっています(軽快)。どこかゴチャゴチャしたガラクタファンク感がPrinceっぽいフィーリングの「All The Way」、抜けた様に響くピーヒャラ音といいどこまでも遊び心満載のパーティーチューン。オールドHip Hopな荒削りトラックでギュイギュイと攻める「Oakland Stroke」では低い声でラップを披露、客演にVanessa Williamsを迎えていますが歌ったりする訳でなく、本当にチョイ役っぽ起用でちょっと残念だったり。クラクションぽい音を細かく構築してそこに柔らかなホーンメロディを上塗りした「The Blues」、途中でドゥーワップみたいなコーラスも挟みながらファンキーに且つ甘く歌う面々に胸躍る一曲。かと思えば「It Never Rains(In Southern California)」みたいなシルキーで甘美なメロウを配する憎い演出(惚)、Raphael Saadiqの良い意味でのっぺり甘いシュガーヴォーカルがスウィート過ぎてウットリしちゃう一曲(骨抜)。南カリフォルニアにいる彼女に会いに行くという遠距離恋愛曲、“南カリフォルニアに雨は降らない♪”というある意味単純な歌詞も、このしとやかで艶やかなメロディに掛かれば魔法の愛の言葉に変わるんです(不思議)。乾いたアコースティックギターの流麗な弦音に、アダルトでしっとり濡れたメロディが美しく繊細に絡む「Whatever You Want」も素晴らしい極上ミッド(惚)、Tony! Toni! Tone!三人のハーモニーが十二分に発揮されたオシャレなとろーり濃厚なラヴソングで、ちょっぴりファルセット聴かせるフックがまた官能的でたまらなく良いんです(溺)。ちょっぴり不思議な打ち込みビートに、王道なじっとり濡れたセクシーなメロディライン&カラッと爽快なアコギ弦を重ねる「I Care」もやはり素晴らしいです(称賛)、“君が好きだ、好きだよ♪”と純粋にひたすら優しく囁く真っ直ぐなラヴバラードに心温まりますねぇ(涙)。ちょっぴり機械チックに加工されたハーモニーフックがクールさを増幅させて、ミントっぽい突き抜け感が残って爽快な「Sky's The Limit」はカッコイイ(惚)。エッヂも効いているんだけれど気品漂うハイセンスなトラックは、打ち込みサウンドながらも古き良きソウルファンクを混ぜ込んでいて、大好きな彼女に想いを告げるため“本気ならハートを賭けろ、リミットなど無いんだから♪”と言い聞かせ奮い立たせる詩も、可愛くも男なら共感できるテーマでより聴き入ってしまいます。壮大な幕開けの「All My Love」は程よくシンセを散りばめたキラキラ煌めくラヴソング、ちょっぴりエフェクト掛けたヴォーカルも手伝って先鋭的なアプローチにもなっているんですが、やはり根底にはオールドソウルなフィーリングが横たわっていて、それが濃厚な味わい深さを生み出していて素敵なグルーヴを生んでいます。「Jo-Jo」はシンコペイトや電子音が細かく組み込まれたちょっぴりサイバーなファンクチューン、泥臭いメロディなんだけれど機械的にする事でメタリックな印象も受けるナイスアッパー。最後を締め括る「Those Were The Days」もシンセサイザーを多用したファンクチューンなんだけれど、箇所々々ではゴスペルっぽいヴォーカルアプローチも光っていて、それがまた陽々として明るいファンキーさをより鮮やかに彩っていて素敵です。とここまでがTony! Toni! Tone!製作曲、残りの三曲は前作に引き続きDenzil FosterとThomas McElroyが製作していまして。Raphael Saadiqのちょっと唸るようなヴォーカルがカッコイイ、硬派なHip Hop曲「Let's Have A Good Time」。Princeっぽいカラフルでポップな電子キャンディチューン「Don't Talk About Me」や、激しくキックする硬質ビートに乗せて思い切りバウンスするNJSの延長線上な「Skin Tight」と、どれも聴き逃せないファンクチューンになっています。

タイトル『The Revival』が示す通り、黒人音楽なら何でもござれ的な、様々な音楽要素がごちゃ混ぜにされて新しく昇華されたファンキーな一枚で御座います(流石)。やはりRaphael Saadiqの類稀なる才能に驚かされる一枚ですねぇ、これだけのクオリティも凄いけれど、この次に発表された『Sons Of Soul』が数倍カッコイイんだから恐ろしいです(ちなみに僕が初めてRaphael Saadiqに触れたのがTony! Toni! Tone!『Sons Of Soul』)。Black Music好きなら絶対に聴いて頂きたいのがTony! Toni! Tone!、そしてRaphael Saadiqで御座います(激薦)。本作は特に中盤の「It Never Rains(In Southern California)」「Whatever You Want」「I Care」「Sky's The Limit」「All My Love」の流れがたまらない(興奮)、ここだけでも聴いて欲しいです(溺愛)。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kanye Westの新曲「See Me Now」
kanyewest-shout813.jpg

Kanye Westの新曲「See Me Now」が公開されています。
この新曲「See Me Now」にはBeyonceとCharlie Wilsonという豪華なゲストを起用、製作はNo I.D.とLex Lugerによるものだとか。
どことなくキュートでポップなメリーゴーランドっぽい煌びやか曲で、BeyonceとCharlie Wilsonを起用した意味が分かる一曲。皮切りに発表された曲にこの二人が参加しているんだから、もう新作が待ち遠しくて仕方ない。

そんな新作は『Good Ass Job』のタイトルで発表されていましたが、最近Kanye WestがTwitter上でタイトル変更を名言。まだ何になるか決まっていないようですが、もう僕の中では『Good Ass Job』ですよ(笑)。
肝心の発売日も11月中にと延期、まぁお蔵入りになる事はないだろうから良いんですが、年内には届けてほしいですねぇ。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Levi'sとRaphael Saadiqがコラボ
RaphaelSaadiq-levispresents.jpg

古き良きソウルを現代に色鮮やかに蘇らせる、ソウルシンガーソングライターのRaphael Saadiq。
僕はTony! Toni! Tone!も大好きだし、Lucy Pearlも大好き、なぜならRaphael Saadiqが大好きだから。
彼が作る楽曲も大好きで、シンガーとしてもProducerとしても素晴らしい才能を持っています(惚)。

そんなRaphael Saadiqが、あのジーンズブランド“Levi's”とコラボしているんです(要注目)。
その企画“LEVI'S PIONIEER SESSIONS”でRaphael Saadiqは、あのThe Spinnersの名曲「It's A Shame」を見事カバーしているんです(歓喜)。
も~~~~~う、これがすごく良いんです(感動)、Raphael Saadiqを抜擢したLevi's最高ですッ!
Raphael Saadiqのソウルが優しく溢れ出しています、全く違和感ないんだから不思議です。

このRaphael Saadiq版「It's A Shame」、Levi'sのサイトに行けば無料でダウンロード出来ます。
E-Mailアドレスだけ登録してメールを受け取り、そこに記載されているURLからダウンロードしましょう(誘)。
聴かないのは絶対に損しますよ(警告)。

ちなみに僕はデニムのジーンズは必ずLevi'sです(余談)。
http://www.levispioneersessions.com/artists/raphael-saadiq/

Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Incognito「100゚ And Rising」
Incognito-100andrising.jpg

英国出身のバンドで“Acid Jazz”の流れを作り牽引した代表格、Incognitoの通算五作目となる『100゚ And Rising』を御紹介。“Acid Jazz”とはJazz FunkやSoul Jazzの影響を受け英国のクラブシーンで生まれたジャンル、という事で僕には範疇がよく分かりません(笑)。このIncognitoについてもよくは知らず、Jean-Paul 'Bluey' MaunickJoy Malcolm(ギター奏者)が主要メンバーで、作品ごとに様々なメンバーを迎えて楽曲製作しているそうです(“Incognito”とは“匿名者”という意味があるらしい)。本作では新たなメンバーに、Pamela Anderson(あのCarleen Andersonの従姉妹)とJoy Malcomの女性シンガー、Barry Stewartなる男性シンガーが新たに参加している模様。このジャケットが素敵ですよねぇ、僕はこのジャケットに惹かれて購入しました(笑)。
それでは気になる内容を簡単にですが御紹介……まず述べるべきは全ての楽曲をJean-Paul 'Bluey' MaunickJoy Malcolmが製作しています、これだけでもこの方の才能を物語るには充分です。鋭くも優雅なストリングスが一気に鼓膜を惹き寄せる「Where Did We Go Wrong」、しかし曲自体は明るく清らかで高らかと歌い上げるゴスペル風な輝きを帯びる人生曲。ポコスカ鳴らす乾いたパーカッションにちょっぴりスリリングで大人っぽいベース弦が低く響く「Good Love」、昔のMotownサウンドを思い出させるようなタッチが凄く懐かしくも美しく、Pamela Andersonのヴォーカルがすごく艶っぽくて素晴らしい。艶かしいホーンがしっとりしなやかに絡む晴れやかな「One Hundred And Rising」、トラックは清々しいんですが詩の内容は穏やかでないストリートの現状を歌ったシリアスな一曲。ドカドカなバンドサウンドでファンキーに捻じ伏せる「Roots(Back To A Way Of Life)」は渋カッコイイの一言に尽きる、ブラックなソウルをギュッと濃縮したサウンドにPamela Andersonの唸る様なヴォーカルが熱くほとばしるアッパー。と思えばちょっぴりクラブっぽいエレクトロで打ち込みなサウンドが滑走するアップ「Everyday」も繰り出す変則技、スッキリと弾けた音に思わず胸躍る一曲。Barry Stewartの紳士的でソフトな歌声がカッコ良過ぎて困る「Too Far Gone」は、Pamela Anderson×Joy Malcom×Barry Stewartの歌声が溶け合うの聴いてウットリするばかり、Jean-Paul 'Bluey' MaunickJoy Malcolmのギターも効いています。「Spellbound And Speechless」では上品なストリングスと硬質なドラムスビートが融合、Joy Malcomの舞い上がるような微熱っぽいヴォーカルが華やかなラヴソング。Jazzyっぽいピアノで煌びやかなに始まるオシャレ夜会曲「I Hear Your Name」はウキウキソワソワしちゃうハートフルな一曲、“あなたの名前が聴こえる、その途端に時間がぴたりと止まる♪”と歌う詩も素敵ですねぇ。ブラジルっぽい打楽器サウンドにジャカジャカと乾いたギターを重ねる「Barumba」はボサノヴァ風味、熱帯夜を彩ったような少しホットな夜を美しく演出するナイスな一曲。短く切った楽器フレーズをループさせた様なエッヂートラックが、サンプリング使用したHip Hopっぽい味わいを残す「Time Has Come」もクール、とにかくPamela AndersonとJoy Malcomのヴォーカルがしっかりしているので言葉少なくもきちんと成立しています(見事)。本作は他にインストゥルメンタル曲として「After The Fall」「Millenium」「Jacob's Ladder」の三曲が収録されていまして、これがまたJean-Paul 'Bluey' MaunickJoy Malcolmの素晴らしいギター手腕を味わい尽くせる珠玉の楽曲ばかりで御座います(満腹)。

若い人にはウケないであろう本作、しかし25歳以上ならばこの格好良さをひしひしと感じ取れるんではないでしょうか(芳醇)。どこか遠い旅先のホテルなんかで聴きたいなぁと思いました、なんというか成熟した大人気分を味わえる一枚で、バーや夜のドライブで流して掛けていてもオシャレにキマると思います。Pamela Anderson×Joy Malcom×Barry Stewart三人の歌声を楽器として、トラックに綺麗にはめ込み演奏してしまうJean-Paul 'Bluey' MaunickJoy Malcolmはカッコイイですね。なかなか素敵な一枚です、見かけたら是非聴いてみてください。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Dwele「W.ants W.orld W.omen」
Wwwdwele.jpg

Detroit出身でSlum VillageやKanye Westの楽曲参加などで、通なR&Bファンからは信頼を得ているDweleの通算四作目となる『W.ants W.orld W.omen』を御紹介。客演での仕事っぷりが素晴らしいんですが、自身のアルバムに関してはいつも地味な印象を受けるDwele。そのせいか僕も四作目となる本作が初めてのDwele作品となります、国内盤が発売されてなかったら購入を諦めるところでした(幸運)。タイトルからも分かる通り、本作は“欲望”“世界”“女性”をテーマにした三部作となっており、それでかジャケットのDweleも三分割になっていてグッド。
それでは気になる内容を簡単に御紹介します……まずはあのNottzが製作した「I Wish」、軽やかに且つダラダラと硬質ドラムスとピアノ鍵盤が流れ出すミッドに、Dweleの気だるくもソウルフルな歌声がハイに響きます。続いてはキラキラと輝く電子音の細やかな鳴りに、小粒のダイアモンドみたいな鍵盤がメロディを撫でる極上メロウ「She A Star」。Dwele自身が製作したこの曲は後ろで響く“あーあーあーあー♪”やラップみたいなノリで歌ったり、エフェクトかけて歌声捻ったり、そんな遊び心もオシャレな一曲に。G1製作の「Grown」はR.Kellyが手掛けそうなスパニッシュギター爪弾くスパイシーアッパー、ちょっぴり暑いトラックながらもDweleがスーッと流すような清流ファルセットで涼しげにキメてくれてグッド。Dwele製作の「Dodgin' Your Phone」ではDavid Bannerが客演参加、少々ホーンを散らしてフワフワと浮遊するトラックにDwewleがプカプカと裏声で遊泳し、David Banner登場では曲をハンドクラップをフルに効かせた機械チックな転調を魅せる面白い一曲。そのまま流れ込む「Dim The Lights」ではRaheem DeVaughnが客演参加、暗闇の中をボーっと妖しい明かりが灯る様な艶っぽいミッドナイトスロウジャムが心地良い(酩酊)。Dweleのシルキーなファルセットに負けじとRaheem DeVaughnも綺麗で悩ましい歌声を絡ませていて、素敵な共演に仕上がっています。Dwele製作の「How I Deal」では盟友のSlum Villageが参加、この曲はダークで重たいビートを絶えずキックし続けるトラックがHip Hop風味で骨太で、シンプルなだけに耳にこびり付く程に中毒性が高い。しかしフックではDweleのカラフルなヴォーカルが幾重にも織られていてそこがアクセント、Slum Villageも渋いラップでの素晴らしい援護射撃で曲を引き締めています。カラッと乾いた南国っぽいサウンドが吹き抜けるDwele製作の「Hangover」、二日酔いを歌った曲なのにこの爽やかさ&優美さはズル過ぎると思います、Dweleの柔らかく擦れたヴォーカルが心地良く脳内をループするトロピカル風味。ポコスカと鳴る打楽器がまったりとした感触を生み出すボサノヴァっぽい「My People」もDwele製作、こういうトラックを聴くとやはりDweleのファルセットがどれだけの魅力を持っているかを思い知らされます(一撃)。Dwele製作の「Detroit Sunrise」ではLloyd DwayneとMonica Blaireが客演参加、ここでもDweleが陽光のように眩しくも鮮やかなファルセット駆使で、聴き手をじわじわとハイにして体温上昇させてくれます(目覚)。Dwele製作の「I Understand」は彼氏に泣かされている意中の女性に“君の事を分かりたいだけ♪”と愛を告白する一曲、絶えず地上2mぐらいをプカプカと浮かぶ様な妙な空気感がたまらない溶けるミッドチューン。「Love You Right」はあのMike Cityが製作を担当したキラキラ輝いてオシャレ過ぎる夜会曲、アダルトな色気がムンムンの爽やか疾走トラックにDweleの艶っぽく色彩豊かなファルセットが幾重にも折り重なる極上のラヴソングでかなり素敵(惚)。Dwele製作のオールソウルな雰囲気がすごくまろやかでキュートな「Kissing Game」(国内盤ボーナス曲)、そっと囁きかける様なDweleのヴォーカルが優しくてウットリ眠たくなる程のドリーミー曲。「What's Not To Love」では再びMike Cityが製作を担当、Mike Cityらしい艶やかに輝いたオシャレ過ぎる紳士トラックがカッコ良過ぎる、これぞアーバンR&Bといったスマートチューン(惚)。「Give Me A Chance」は再びNottzが製作を担当、メロウながらもどこかタフなスパイスも効かせたトラックがカッコイイ。思い切りロボット化したDweleのぶつ切りフックが耳に残る「You Don't Love Me」(国内盤ボーナス曲)はDwele製作、ヴォーカルのパッチワーク感とシンセのチープな合成感が巧くマッチした浮遊曲に。再びG1が製作した「I Wanna」ではなんとDJ Quikが客演参加、特に西海岸な空気もないですがエッヂの効いたアッパーに仕上がっています。

う~ん、かなり期待していただけにちょっと平均点な一枚でちょっと残念だったかなぁ(辛口)。勿論Dweleの歌唱力は認めますが楽曲に関してはイマイチ印象が弱いというかパンチに欠ける、もっと多くを外部のProducerに任せたら違っていたかも。そういう意味ではやはりMike Cityの仕事っぷりは良かったし、互いの相性も良かった様に感じるので、Mike Cityに全編任せても良かった気がします(勝手)。素敵な一枚ではあったけれど、物足らない感を否定できない一枚かもしれません(惜)。まぁもっと聴き込むと印象が変わるかもしれませんね、Kanye West製作曲があればまた違っていたかなぁ~~~(残念)。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Teairra MariのMixtape『Point Of No Return』をDL
TMARICOVER-pointmix-500x500.jpg

Rihannaの出現で出鼻をくじかれた感のあるTeairra Mari(とは言っても、やはりRihannaの方がアーティスト性(スター性)は凄まじいか)。
なかなか良質なシングルを幾つか放ちながら新作の発売も待たれる中、最新MixTape『Point Of No Return』を発表しました。
こういうMixTapeモノってやはり侮れない、こういうのをたまに聴いて押さえておくと楽しいですからね。

まずはやはりこのTeairra Mariの圧倒的カワイイが爆発したジャケットがたまらない(下心)。
ちょっぴり丸いキュートな顔に似合わない豊満なボディがすごくセクシー、このジャケットが店頭に並んだら、Teairra Mariをよく知らない男性陣も思わず手に取ること間違いなしですね(断言)。

内容としてはMixTapeらしく、既存のヒット曲のビートトラックをまるっと使って、Teairra Mari仕様にいじって。
耳馴染みのある曲だからすぐに楽しめるし、すんなり流して聴く事が出来て良いんです。
オリジナルと比べて聴くのも醍醐味の一つかな。

Alicia Keys「Empire State Of Mind (Part II)」やKanye West「Power」、Rick Ross「Super High」、Usher「Hey Daddy(Daddy's Home)」、Drake「Find Your Love」や「Over」等々。

Teairra Mariに興味のある方は是非ダウンロードしてみて下さい。
ネット上を歩けばゴロゴロと転がっているので、簡単にDL可能だと思います。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Marsha Ambrosiusの新曲「Hope She Cheats On You(With A Basketball Player)」
marsha-ambrosius-basketball.jpg

シンガーと詩人という異色の組み合わせで人気を博したFloetry、残念ながら袂を分かっていますが(涙)。
そのFloetryの片割れでシンガーソングライターのMarsha Ambrosiusのソロデビュー盤『Late Nights & Early Mornings』の発売が決定したようです(祝福)。
かつてはDr.Dre率いるAftermath Entertainmentと契約、客演などで活躍するも結局はデビュー出来ずに契約解除しており、本当にソロデビュー出来るのか不安に思っていた矢先のこの報せ、嬉しい限りですね。
『Late Nights & Early Mornings』にはJust BlazeやAlicia Keysも参加予定、ソングライターとしてMichael Jackson「Butterflies」(この曲はMichael Jacksonの後期最大の名曲といっても過言ではない)をも手掛けたMarsha Ambrosiusの才能に期待せずにはいられません。

上に掲載したジャケットはその『Late Nights & Early Mornings』からの先行シングル、「Hope She Cheats On You(With A Basketball Player)」で御座います。
スッキリした清廉な写真で素敵ですねぇ、女性のこういう格好が僕は好きです(憧)。男女間の辛い別れを描いたというこの曲は、Marsha AmbrosiusとCanei Finchの共同制作との事。
これがものすごく良い曲なんですよねぇ(惚)、ソロ盤に期待が高まるばかりです。




NatalieFloacistStewart-think.jpg

Floetryのもう一方、詩人のNatalie Stewartもソロの活動を頑張っています。
個人的にはルックス的にNatalie Stewartの方が好きなので(阿呆)、Natalie Stewartにもポエトリーディング(スポークンワード)の作品なんかを早く制作して欲しいんですが(期待)。
気になる方はNatalie StewartのMySpaceに行けば、『The Floacist Presents Spoken Soul Vol.1』が無料ダウンロード出来ます。
しかし収録されている楽曲はほぼNatalie Stewart以外の詩人でして、でもまぁスポークンワードの魅力に触れるにはなかなかよろしい作品で御座います。チェックしてみて下さい。

http://www.myspace.com/natalie_m_c_stewart

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kid Cudiの新曲「Erase Me」
kidcudi-foodparker.jpg

新世代型MCとして大きな注目を集めるKid Cudi、その新曲「Erase Me」を御紹介。
非常にゆったりのったりしたロック調のトラックで、Kid Cudi得意の歌う様なラップが充満する、彼らしい一曲。
客演にはKanye West、だから製作もKanye Westかと思いきや、どうやらJim Jonsinみたいです。
Kid Cudiがラフに時にファルセット使いながら歌う一曲で、もはやラップではない気もしますが、これも次世代のHip Hopなんでしょうねぇ。

9月末に発売延期となった新作『Man on the Moon 2: The Legend of Mr. Rager』への期待も高まるばかり。
なんだかんだ言いながら僕は結構、Kid Cudi好きですよ、Drakeよりも期待しているかも。
早く2nd『Man on the Moon 2: The Legend of Mr. Rager』が届く事を祈っています。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kanye Westの新作『Good Ass Job』のトラックリスト
Kanye+West+suit-mono.jpg

Kanye West、その影響力が大統領並みに拡大しているHip Hop界の大物。
Kanye Westがデビューした頃はそれこそ“あのProducerがMCに転換かぁ……”ぐらいなものでしたが、その後のKanye Westの躍進劇は凄まじいもの、ここまでの天才だったとは知りませんでした(驚)。

Kanye Westはその独特な世界観を持った独創的な詩、それを見事に表現するガッチリとしたコンセプトで固められた斬新なサウンドプロダクション、あとは彼の持つ美術的なファッションセンスも大きな魅力だし、彼が“アーティスト”として称賛される所以かと思います。

とは言いつつ僕は、Kanye Westの作品を一枚丸ごとずっと通して聴くと、飽きちゃう事もしばしば(笑)。
いつも斬新でクリエイティブでカッコイイとは痛感しますが、世間様が騒ぎ立てる程に好きではないかもしれません(というより世間での評価が高いから好きになれないのかもしれません、僕は天邪鬼なんで)。


しかし、そんな僕でもかなり楽しみなのが、Kanye Westの次なる新作『Good Ass Job』。
その要注目作『Good Ass Job』に収録されるトラック群が発表されています。

『Good Ass Job』Track List
1. 「Hell of A Life f/Lil Wayne」Produced by Kanye West & DJ Toomp
2. 「Dark Fantasy」 Produced by RZA
3. 「Power」 Produced by S1
4. 「Chain Heavy f/Jay-Z & Eminem」 Produced by Kanye West
5. 「Ghetto University f/T.I. Produced by Kanye West & DJ Toomp
6. 「That's My Girl f/Kid Cudi & Katy Perry」 Produced by Kanye West & Jon Brion
7. 「Runaway」 Produced by Kanye West & Q-Tip
8. 「Lost In The World f/Rick Ross & Nicki Minaj」 Produced by Kanye West & No I.D.
9. 「Gorgeous(Ode to Kardashians) f/Drake, Game & Ludacris」 Produced by Kanye West
10. 「Monster」 Produced by Kanye West & DJ Premier
11. 「Holding Me Back f./Mos Def, Talib Kweli & Phonte」 Produced by Kanye West & Madlib
12. 「Devil In A New Dress」 Produced by Pete Rock
13. 「The Joy f/Common & John Legend」 Produced by Kanye West
14. 「So Appalled f/Drake & Jamie Foxx」 Produced by Kanye West & No I.D.
15. 「Blame Game」 Produced by DJ Toomp
16. 「Sweat On My Face」 Produced by DJ Premier

……あくまで予定かと思いますが、これは凄まじい事になりそうです(危機感)。
まず驚きはあの伝説のProducer、DJ PremierとPete Rockが揃い踏みで参加している点、RZAが参加しているのもかなりの注目したい点。
特にPrimoとPete Rockに関して言えば、先日紹介したDVDの中のインタビューの中で“Nasは『Illmatic』を超える作品を創れるか"という問いに対し、“Nasならきっと創れるだろう”と明言。
しかしそれには“俺達(DJ PremierとPete Rockの両人)が絶対に必要だ”とも断言、Pete Rockは“俺達が現役でやっている間にもう一度、皆で作品を創るべきだ、連絡待ってるぜ、俺達ならもう準備出来てる”と話していました。

そういった意味でもこの両人が揃い踏み(あとQ-Tipも参加しているのも注目)のKanye Westの新作はきっと凄い事になると思うし、往年のHip Hopファンが必ず興奮する傑作に仕上がる予感がします。
Kanye Westがこれだけ外部のProducerを起用するのも初めてですね、そこもかなり要注意ですねぇ。

kanye-west-lvnude.jpg

新作とは全く関係ないですが(いやプライベートが大きく影響した『808s & Heartbreak』は傑作になったから、あながち無関係とはいえないか)、恋人のAmber Roseとは本当に破局したのでしょうか。
Kanye Westが新作『Good Ass Job』の製作に没頭して二人の時間が作れず、すれ違いによって破局したなんて情報も流れていますが、真相はいかに。

僕個人としてはKanye West×Amber Roseはかなりお似合いだと思うから、交際を続けて欲しいんですがねぇ。
なんというかどちらとも我が強くかなり目立ちたがりなエゴイストっぽくて(けなしているという意味ではなく、それがKanye Westのアイデンティティだと思うのです、Kanye Westファンの方には御免なさい)、そんな二人の印象がすごくしっくり来るから、これからも公の場に二人で派手に登場して欲しいんだけどなぁ。

とにかくKanye West『Good Ass Job』はかなりの爆弾になりますよ……(厳重警戒)。

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The-Dream「Love King [Deluxe Edition]」
dream-loveking.jpg

現代を代表するソングライターと称してもけして過言ではない、The-Dreamの通算三作目となる『Love King』を御紹介。『Love/Hate』『Love vs. Money』に続く『Love King』という事で、Love物語は引き継がれていて。しかしThe-Dreamは本作での引退なんかも仄めかしていて(予定では次回作『Love Affair』の構想が語られてはいますが)、もしかしたらこれが最終作になってしまうかもしれません(心配)。Producerとして数々のヒット曲をコンスタントに提供、Mariah Careyに関しては作品一枚丸々のProduceを依頼すほどの絶大な信頼を得ています(Ciaraの新作もThe-Dream×C. "Tricky" Stewartが監修)。
それでは気になる内容を簡単に御紹介しますと……まず全曲製作は勿論Terius "The-Dream" Nashが担当、本当に感心すべき才能で御座います。The-Dreamの(良い意味で)青臭くキュートな歌声が響き渡る爽やかな「Love King」(Los Da Mystroとの共同製作)、The-Dreamらしいキラキラな電子鍵盤の軽やかメロディに後追いするフックが耳に心地良く残るドリーミー曲。続いてはT.I.を迎えて低く地響き鳴らすバウンシービートに指スナップがパチンと効いた「Make Up Bag」、サウスっぽい芯の太いトラックながら絡むメロディはコスモチック且つ悩ましく曲線的で、そこにThe-Dreamのソフトに触れる様なヴォーカルがこだまするのが心地良い。若き帝王T.I.が渋く二枚目なフロウを撃つ事で、より引き締まったスマート曲に仕上がっています(紳士)。小さく跳ねる電子鍵盤にビュイビュイとシンセサイザーが絡む小気味良い「F.I.L.A」、普通な仕上がりっぽく聴こえるけれど、それはThe-DreamがThe-Dream節を演じているからで聴けば緻密。スクリュー掛かったボイスにドロドロと溢れ出すようなダークにゆっくり渦巻く「Sex Intelligent」、一歩間違えれば退屈しそうなトラックながら、グダグダと引きずる様な闇メロディが際どい美しさをメタリックに発揮していてたまらない恍惚感を演出しています。そしてそれをそのままRemixアレンジするという遊び心が憎らしい「Sex Intelligent(Remix)」、より音数を少なくし少しだけ明るく光る光線シンセをくねらせる妖しく美しい一曲に。明るく可愛くポップな仕上がりに胸キュンさせられる「Yamaha」(Los Da Mystroとの共同製作)はPrinceっぽい風合い、カラフルなシンセが疾走感抜群に連発撃ち抜かれる明快で鮮やかなアッパー。「Nikki Part 2」(Los Da Mystroとの共同製作)もドカドカと静かに鳴るシンコペイトにキラキラ輝く電子鍵盤が降り注ぎ、エコーがかったヴォーカルが神秘さを増幅させるドリーミー曲。微振動を繰り返しながらジワジワ浸透してゆくメロディに侵食される「Abyss」(Los Da Mystroとの共同製作)、平坦で低いメインヴォーカルと高くふわっと舞うバックヴォーカル、そして挟まれるThe-Dreamの吠え声が絶妙なコントラストを描くミッドチューンで秀逸。The-Dreamのエロ回路がフル稼働する「Panties To The Side」(C. "Tricky" Stewartとの共同制作)では、ハードに削られた尖ったメタリックシンセに、The-Dreamのクールでダークでエフェクト掛かったヴォーカルが病み付き度高い一曲。Los Da Mystroらしいべコベコと凹ませるシンコペイトが滑らかな曲線を紡ぎ出す「Turnt Out」(Los Da Mystroとの共同制作)では、The-Dreamが線の細く柔らかなファルセットで唸り囁くヴォーカルスタイルを駆使、これが悔しい事にナイスにキマっていて痺れるんです(溺)。今にも走り出しそうなグランドピアノの鍵盤音と裏腹に、あくまでゆったりマッタリと伸びやかリフレインフックを回す「February Love」もThe-Dreamらしい魔法が効いたドリーミー曲。ライトなロックチューンにThe-Dreamらしいヘロヘロエレクトロ魔法を被せた「Florida University」は面白い、こういう融合技を軽くやってのけてなおかつThe-Dreamらしさを貫く技術が凄い(肝潰)。繰り返しフックも全曲の中で一番効いているし、カラッと乾いて軽く滑走しながらもやはりレイドバックしたドリーミーチューンなんです。とここまでが本編の内容、ここで紹介する“Deluxe Edition”には更に5曲が追加収録されています(盛)。電子構造ながらもどこかMotownっぽいオールドソウルなタッチも残る「Veteran」(Los Da Mystroとの共同制作)、キーキーと甲高く響くシンセが浮遊感を煽る「Priceless」(Los Da Mystroとの共同制作)、グランドピアノを淡々と鳴らすちょっぴりブルージーでマイナー調の「Take Care Of Me」、得意のスクリューをグルグルと重たくループさせて“えーーーい♪”で飛ばす「All Black Everything」、南国っぽい雰囲気が漂うトロピカルメロディに一人アカペラっぽいヴォーカル重ねが印象的な実験的な「Sorry」と、どれも聴き応えのある楽曲ばかりが収録されています。

驚くべき才能ですね、自作自演型の天才。自作自演型という意味では現在のHip Hop界の代表がKanye West、R&B界の代表は間違いなくThe-Dreamだと思います(断言)。確かに一枚ずっと通して聴くとちょっとだらしくなる時もありますが、一枚通してこの水準(ドリーミー)キープは凄まじいし、聴けば聴くほどそのサウンドの面白さにドップリ惹き込まれて溺れてしまいます。トラック&ヴォーカルの双方でThe-Dreamには独特でギラギラ妖しく光る魅力がありますねぇ。これで国内盤がすんなり発売されたら良いんですが、待ち切れずに結局本作も輸入盤で購入してしまいました。『Love/Hate』『Love vs. Money』『Love King』を歌詞対訳を読んだら、もっと評価が変わるかもしれません。特殊なR&Bスタイルとして是非とも購入して聴くべきかと思います、僕はなかなかThe-Dreamが好きな様です。

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rox「Memoirs」
rox_memoirs.jpg

JamaicaとIranの血を引く英国はSouth London出身の21歳、Roxのデビューアルバム『Memoirs』を御紹介。子供の頃からミュージカル劇団に加入し世界を飛び回り、Lauryn HillやMary J. BligeやSadeやD'Angeloに感銘を受けシンガーを志したRox。その後、英BBCが主宰する企画“BBC Sound Of Year 2010”に選出され、こうして華々しくデビューを飾ったそうです。このモノクロのジャケットがあまりにも美しくてウットリしちゃいますねぇ、この雰囲気もどことなくちょっとLauryn Hillを思わせるタッチじゃありませんか。
それでは肝心の内容はどうなっているのかといいますと……まず大きなトピックがひとつ、それは本作で大半の楽曲を手掛けているProducerのAl Shux。Al ShuxといえばJay-ZとAlicia Keys共演の特大ヒット「Empire State Of Mind」を手掛けた人物、そんなAl Shuxが大きく関与しているのも本作購入に繋がった大きな理由です。それではそのAl Shuxが製作した楽曲から御紹介、およそ半分の6曲を手掛けています。まずは幕開けを飾る「No Going Back」、ドラムスにタンバリンがジリジリとスパイシーなビートを連ねる火傷しそうなJazzy曲。再燃しそうな終わった恋にもう一度終わりを告げる、なんとも大人っぽい別離曲が妖しく艶っぽい。爪弾くアコースティックギターとストリングスの優しく柔らかなメロディに、Roxのほろ苦くも甘いカフェラテ声がしっとり寄り添う「DO As I Say」、恋する女性のものどかしくも悲しい恋心を一途に綴ったスローバラード。「Page Unfolds」は殺伐として乾いた硬質ドラムスにRoxの低く唸る様なヴォーカルが力強いブルージーな一曲、Roxのじっとり絡みつくヴォーカルが悲しさ煽る恨み節たっぷりの失恋ソング。軽快に鳴る電子鍵盤がカラフルな音色を奏でるちょっぴりドリーミーな「My Baby Left Me」、どこかウキウキしたメロディとは裏腹に“愛しい人に見捨てられたのよ♪”と歌うまたもや失恋曲。ものすごくレトロな仕上がりで古き良きソウルミュージックを感じさせる、メロディの持つ吐息っぽいまろやかさと温かさが素敵な一曲。「Forever Always Wishing」はジャカジャカ鳴らすアコースティックギターが寂しさと悲しさが充満する傷心バラード(涙)、ここではRoxの歌声がただ一人の女性って感じで、飾り気もなく真っ直ぐと歌っていてハートに突き刺さります。硬質なドラムスパターンとオルガンっぽい曇った鍵盤音がレトロチックな「Breakfast In Bed」、これもオールドソウルなレコードっぽい作りでコク深くてオシャレで軽やか。失恋して運命が変わってしまった女性の悲しみを、あえてカラリと乾いたスッキリしたメロディで彩った失恋曲。とここまでがAl Shuxの製作曲、他のProducerも良い曲書いています。まずはTMS Productionsが製作したドカスカとスウィングする「I Don't Believe」、Roxのちょっとナヨっとくねるヴォーカルがまた艶っぽくて素敵。ギター弾き語りっぽい極上スロー「Heart Ran Dry」はSun Gが製作(Add ProにAl Shux)、滑らかで消えゆくように儚い弦音にRoxの悲しくも深く澄んだ歌声がじんじんと沁み込む悲恋バラード(涙)。ここで聴かせるRoxの歌声にちょぴりLauryn Hillを重ねてしまう、感情を抑えようとするもつい込み上げてしまう様なソウルフルな歌声に泣かされて下さい(胸打)。最後の方のファルセットも凄く綺麗で繊細で伸びがあって心臓ギュッと掴まれる、Roxの純粋なヴォーカルの魅力に浸かります(溺愛)。同じくSun G製作(Add ProにAl Shux)の南国風味の爽やかブルージー「Precious Moments」、レイドバックしたのんびりまろやかな雰囲気がまるで沈む夕陽の様に寂しげで美しいスローで良いです。続いてもカリブっぽい晴れやかでカラフルなメロディが波打つ「Rocksteady」はSimone Lambaraiが製作を担当、Roxのレトロな空気を持つヴォーカルはこういう哀愁トロピカルなメロディにも意外とお似合い。暗く悲しく退廃的な美しさを纏う「Oh My」はまるでSade楽曲の様、製作はSun Gが担当(Add ProにAl Shux)。とにかく優美で滑らかなストリングスが印象的なオーケストラ調のスローで、Roxの激しい感情の揺さぶりが誰もが持つ胸の奥にある失恋の傷口を疼かせる、しとやかにそして繊細に広がる壮大でドラマチックな一曲(感動)。砂に純水がスーッと浸透するような静かな美しさが印象的な美曲「Sad Eyes」はSun G製作曲(Add ProはAl Shux)、とにかく吸い込むような静寂の中に冷たい空気が吹き込まれる様な、ただただRoxの枯れそうな涙の歌声が深々と胸に響くバラードです(刹那)。この曲には隠しトラックとしてゴスペル調の「Gallais」も収録されていて、ここではJennifer Hudsonに匹敵するぐらいのパワフルでエモーショナルな歌声を爆発させていて、その圧倒的な振り幅にウットリと聴き入ってしまいます(惚々)。国内盤にはこれらに加えてサザンカントリーっぽい懐かしさとハーモニーが綺麗な「Third Degree」、ちょっぴり打ち込み音が入りキュートさが輝く「Friends(Demo)」の二曲がボーナストラックとして収録されています。

う~~~ん素敵、古き良きソウルが香り豊かに再現されています(夢見心地)。あと書き忘れていますが、全曲のソングライトをRox自身が手掛けています。そのRoxの詩が等身大の愛をそのまま素直に赤裸々に書き連ねていて、その全てが悲しくて切ない失恋ばかりを歌っているのですが、人間として共感してしまうその脆さがすごく良かったです(共感)。Rox自身が“影響を受けたアーティスト”としてLauryn Hillを挙げていますが、だからといって似ていたかというと、そうでもなかった様に僕には思えます(しかし本作のレコーディングにはLauryn Hillとも縁が深いCommissioner Gordonが関与)。世間ではAmy Winehouseがかなり高評価されていましたが、僕はあまり好きじゃありませんでした、似たテイストで言えばRoxの方が断然素晴らしいと僕は思います(偏見)。感情豊かで繊細でいて、でもどこか熱くて悲しくて、じっくり聴き込みたい素敵なソウル盤かと思います(称賛)。