RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
26位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/30のツイートまとめ
roc_queen

仕事が忙し過ぎて、本も読めてないし、ブログも更新できない。今夜は寝る前に書こうかと思ったけど、気力がない。♪「Violet Nude Women」 - The Internet『Purple Naked Ladies』 #inthemood
08-30 01:37

Beanie Sigelの早期出所を願って、新譜をAmazonで購入。
08-30 14:34

Diddy率いるBad Boyが新たに契約した新人。 http://t.co/WuJg33CC
08-30 14:51

スポンサーサイト

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/29のツイートまとめ
roc_queen

『るろうに剣心』、思った以上に面白かった。
08-29 00:43

新品がワゴンに290円だったから、買った。よくは知らないが。 http://t.co/eOssoZ9Z
08-29 12:35

30代手前の方なら、やはり気になるグループ。これ、セールスどうだったっけ? http://t.co/RY0yD5KX
08-29 14:55

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/28のツイートまとめ
roc_queen

RZA監督映画のサントラ盤、これは絶対に買わなきゃ。http://t.co/KcksJ5vI
08-28 09:11

会ったら、やっぱり切なかった。でも、心地良く痛んだ。
08-28 11:55

職場のバイト君が卒業する、なので贈り物にMaxwell、Jason Champion、Noel Gourdinの三枚を購入。
08-28 19:54

なんか、あれやこれやとどんどん新譜&新人が出て、ついていけてない。とりあえず、Dweleに焦点絞ってますから。
08-28 19:56

これから映画『るろうに剣心』を観る。子供の頃、唯一集めてた漫画なので。
08-28 20:56

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/27のツイートまとめ
roc_queen

Missy Elliottの再始動、嬉しいね。
08-27 14:41

Juelz Santanaが年内に新作リリース予定らしいけど、無理じゃないかなー。いや、聴きたいけど、まだ何も新曲とか出てないし。
08-27 14:42

最近はStingを聴き始めたんだけど、やはり僕は英国産の音楽が、なかなか好きらしい。
08-27 14:47

え……Keri HilsonがTrey Songzの子を身籠った、なんて噂があったの?危ない、失神しかけた。
08-27 18:04

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/26のツイートまとめ
roc_queen

Photo: 8月25日、Aaliyahの命日。I Miss U…… http://t.co/995huA2k
08-26 01:02

そう、Aaliyahの全作品をシャッフル再生しながら、寝ます。
08-26 01:10

ふむふむ。♪「Forrest Gump」 - Frank Ocean『channel ORANGE』 #inthemood
08-26 13:26

Patrick Stumpのソロが良かったから、580円で買い。Jiggaも少し参加。 http://t.co/kPZlwg3f
08-26 22:31

これ380円だった、Laurynも歌ったあの名曲入りベスト盤。 http://t.co/iconHn44
08-26 22:33

普段はベスト盤はあまり買わない。でもEssentialシリーズは買ってしまう、一度聴きたかった彼らを。 http://t.co/XsDb64fc
08-26 22:34

でまさかのこれが180円だった、今夜はこれがBGMかなー。 http://t.co/ihY1iZtY
08-26 22:36

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

R. Kelly「Write Me Back」
r-kelly-write-me-back_thelavalizard.jpeg

Public Announcementを引き連れての92年のデビューから、もうずっと第一線で活躍し続けるR&B界の帝王、R. Kellyの通算十一作目となる『Write Me Back』を御紹介。様々なスキャンダルに見舞われながらも、その卓越したソングライト能力(それはそのまま時流を汲み取る事の速さにも直結している)と圧倒的な歌唱力で、浮き沈みの大きい音楽業界で不動の地位を確立しているR. Kelly。前作が『Love Letter』で本作が『Write Me Back』、“お返事下さい”って事で続編かなーとも思ったけれど、そうではないみたいですね。
まあ誰もが知っている前置きなんてどうでもいいですね・・・・・・まず本作は全ての楽曲をR. Kelly自身が手掛けており、クレジットをよく確認するとKeyboardsをR. Kellyが担当し、StringsとHornsのアレンジにはR. KellyとあのLarry Goldが参加しております(拍手喝采)。まずはソワソワワクワクする様なシャンパンゴールドなピアノ鍵盤とベースの響きがたまらない高揚アップ「Love Is」でスタート、まろやかに大きくグラインドするR. Kellyのソウルフルでオシャレな歌声でもう興奮。柔らかくほのかに香るフローラルなステッパーズ調ミッド「Feelin' Single」はR. Kellyの十八番、ここではBill Withers「Lovely Day」をサンプリングに使用。軽やかにステップを踏みながらにこやかに踊る舞踏会みたいなR. Kellyの楽しげなヴォーカル、そしてそんんな会場を煌びやかに照らす絢爛なシャンデリアみたいなメロディが素敵。黄金色に甘く輝くハニー色なメロディが軽やかに旋回する「Lady Sunday」もステッパーズ風味、うっすら埃を被ったオールディーズなソウル曲がじわじわと輝き熱を放つ「When A Man Lies」も濃厚なんだけどスッキリ爽快で、やはりR. Kellyの歌声のスウィートさを実感させられます。Warryn "Baby Dubb" Campbellとの共同制作となる「Clipped Wings」なんかは、僕はどことなくEric Claptonっぽい雰囲気を感じるのですが。シックでアダルトで悲しく寂しげなピアノ旋律が胸の隙間を疼かせるし、そんなしんみりメロディの上で悶え叫ぶようにシャウトするR. Kellyの歌声に涙が零れます(想出)。ポカスカと少し乾いたパーカッションが小気味良く響き渡る爽やか清涼なトロピカルソウルチューン「Believe That It's So」、少しウィスパー気味にうっすらとシルキーな歌声で丁寧繊細に歌うソウル曲「Fool For You」とやはり懐古趣味なトラックが続きます。プカプカとした音色を奏でるオルガンでスタートする「All Rounds On Me」では、ブリブリにスウィンギンするレトロロックチューンでElvis Presleyが憑依。腰に爪先とクネクネ動いてしまう事間違い無し、途中のR. Kellyのコール&レスポンスも最高にノリノリ。本作で最も現代的なサウンドとなっているのが「Believe In Me」、シンセサイザーでちょっぴり尖らせた氷結ピアノ旋律に乗せて、仰々しいのが大好きなR. Kellyらしいゴスペルクワイヤ(ともすればオペラ風?)な荘厳なスロウ。で、本作で僕が最も大好きで素晴らしいと思うのが「Green Light」でして。確かに既出感はあるのかもしれませんが、こういうじっくりゆっくりと垂れ堕ちるような汗ばんだネットリ濃厚スロウこそR. Kely節ですよね(いや、というよりRonald Isley節かな)。ポロポロと脆く零れるハープみたいな音色と、R. Kellyの女性の背筋を舐め上げるようなファルセットが官能的で素晴らしい溶け合いに(昇天)。パパンパンと叩く手拍子に乗せてR. Kellyがスカッと気持ち良く咆哮しちゃうダンスチューン「Party Jumpin'」なんか、下手すればコントみたいになってしまうけれど、R. Kellyが大真面目にやれば一気に華美なパーティーチューンに大変身(跳)。『Happy People』っぽいサウンドで滑らかに「Share My Love」を挟んだら、すーっと蒼く輝く透明感のある海洋バラード「Beautiful In This Mirror」でお口直し。爪弾くアコースティックギターがスパイシーに鳴り響く「You Are My World」では完璧にMichael Jacksonマナーな歌唱を披露、MJそのままの物真似っぽくてどうも...と思いつつもやはりクールで研ぎ澄まされていて、エッヂの効いたヴォーカルでなんだか聴き入ってしまうのも事実ですね(残像)。Dennis-Manuel Petersとの共同制作である「Fallin' From The Sky」は凍てついた結晶シンセがひらひら舞い降る冷たいスロウ、繊細で刺々しいメロディ&リフレイン&ヴォーカルエフェクトが現代的アプローチでナイスだし、高所恐怖症のR. Kelly(飛行機嫌いだったかな?)らしい詩にも注目ですね(笑)。最後を飾るのは王道の極上バラード「One Step Closer」、暖炉に焼べる火みたいにじんわりとハートの芯まで温めてくれる優美な一曲です。

当然、素敵なアルバムに仕上がっています、R. Kellyでないと完成し得ないクオリティ。あとは、R. Kellyに何を望むかで、本作の評価は大きく変わるかな。僕の場合はそろそろ『12 Play』みたいな濃厚エロ路線を復活させて欲しいので、そういう意味で物足らなかった。確かに前作『Love Letter』も素晴らしかったけれど、最近は古いソウル音楽のリバイバルをする向きもあって、それにR. Kellyは乗っかった形で。シカゴステッパーズを復活させた『Happy People』は、絶対に彼にしか出来ないリバイバルだったからもっと傑作だったんだと思います。だからこそ、今度こそはトローリ濃厚な官能スロウを聴かせて欲しかった、かな(我侭)。とまあ、いろいろ書いていますが、結局は各々がR. Kellyにいまこのタイミングで何を望んでいるか、で印象が変わるかと思います。僕にとってはタイミング的に『12 Play』系統を望んでいた(ただ、R&B市場全体が原点回帰している風潮には賛同)ってだけで、またちょっと経ってから聴いた時には、やはり素敵な快作だと言うに決まっているのですが(笑)。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/25のツイートまとめ
roc_queen

これ、昨日250円で掘ったんだけど、なかなか素敵でリピート。UK恐るべし。 http://t.co/O8wfTleZ
08-25 11:46

良い意味で、意外と分かりやすい。♪「Sweet Life」 - Frank Ocean『channel ORANGE』 #inthemood
08-25 14:10

RZA監督の映画『The Man With The Iron Fists』のサントラ、やはり出るのか。買わないとだなー。♪「Pyramids」 - Frank Ocean『channel ORANGE』 #inthemood
08-25 14:31

そうかぁ、今日はAaliyahの命日か。今夜の帰ってからのおやすみBGMは、Aaliyahだ。♪「Pilot Jones」 - Frank Ocean『channel ORANGE』 #inthemood
08-25 14:34

どことなくだけど、MusiqとかDweleっぽさを感じる瞬間がある。♪「Crack Rock」 - Frank Ocean『channel ORANGE』 #inthemood
08-25 14:40

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/24のツイートまとめ
roc_queen

もうすぐ会えるよ、Frankに。
08-24 13:25

ブクレコね、面白そう。
08-24 13:26

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/23のツイートまとめ
roc_queen

おおーOne Chance!
08-23 13:17

Trey Songz、全米初登場No.1は初になるんだ。意外。
08-23 16:12

休憩時間恒例の、今日のBGMはコレ。 http://t.co/JBlXkQFG
08-23 16:25

明日、いよいよFrank Oceanを買うよ。 http://t.co/CRqZZjx6
08-23 16:35

今日、仕事前に少し時間あったから、千円投資で中古屋に。上手く掘れた、探し回ってたVG。 http://t.co/PPpilhuL
08-23 16:39

締めはこれに。 http://t.co/RrxqFP0c
08-23 16:44

Weezy 対 New York、どっちに付く人が多いのか(笑)。
08-23 16:50

Wu-Blockのアルバム、E1から10月発売予定だとか。楽しみだなぁ、ジャケをもっと凝ったものにして欲しいな。
08-23 18:48

本当だ、Frank Oceanが日本に居る(居た?)みたいだ。http://t.co/gGGrCDxA
08-23 20:17

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/22のツイートまとめ
roc_queen

僕が愛してやまない理想のルックスの持ち主、Ciara(ルックスと敢えて書いているが、勿論ダンスの技術や歌声も好き。ただ、彼女の人柄までは知らないので、悪しからず)。新曲「Livin' It Up」を遂に解禁、Malib… http://t.co/vbTMU6e6
08-22 00:39

休憩時間、これ聴いてリフレッシュ。再結成したら、物凄い嬉しいのに。 http://t.co/tnDCMaKS
08-22 12:47

あとちょっとで休憩終わり、これでもっとホットになります。 http://t.co/jw4cJ9i3
08-22 13:00

夕方休憩、ジャムパン食べながらGaye聴いてる。ナイスなスロウジャム。 http://t.co/Aw52U7mW
08-22 18:32

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/21のツイートまとめ
roc_queen

なかなかの音量でSaadiq、T-Bozとの艶っぽ過ぎるデュエットが流れてる。Saadiqの新作、80年代風ねー。
08-21 01:05

Ciaraの新曲「Sorry」のアートワーク到着、楽しみだぁー!スロウか、な?http://t.co/CCXBR0jt
08-21 01:07

朝からバタバタ忙しく、苛々するので、Bustaの怒涛のラップを聴く。一番はじめに買ったBusta作品が確かコレ、だから最も聴きやすい。♪「Taste It」 - Busta Rhymes『It Ain't Safe No More』 #inthemood
08-21 09:17

朝から仕事バタバタ、ようやく昼御飯。なんか疲れたので、Sly聴いて奮い立たせている。 http://t.co/VI1vHc0z
08-21 14:12

ハァッロッ!やアァーリィッ!でお馴染みのFreewayが新作『Diamond In The Ruff』の制作をアナウンス。嬉し過ぎる、Free好きの僕。 http://t.co/gYSZsLZc
08-21 14:22

てか、FreewayってCash Moneyに在籍していた時期あったっけ?ど忘れしてる。 http://t.co/s35NmyC2
08-21 14:24

あの曲をDL中…… http://t.co/nZYloZbe
08-21 14:32

iPod classicに、これを装填してて助かった。心が浄化される……微笑み。 http://t.co/DgyLewOm
08-21 14:42

ATCQの映画、東京では公開されるんだ。こっちではないかな、てか、DVD化されたら買うんだけどなー。
08-21 17:59

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/20のツイートまとめ
roc_queen

カーワーイーイー。http://t.co/U3iZp45a
08-20 11:58

人生の中で、かなり重要なこの一枚。死ぬまで、擦り切れるまで、きっと聴く。♪「Soul Station」 - 稲葉浩志『マグマ』 #inthemood
08-20 16:43

なんか、R. Kellyは聴けば聴くほど、難しいなぁ。なんか、散らかってないか。♪「眠れないのは誰のせい」 - 稲葉浩志『マグマ』 #inthemood
08-20 16:47

いまiPhoneのホーム画面壁紙は、Kelis。ロック画面を替えたいな。
08-20 16:52

そうなんだよな、Robertの懐古主義を、どうしてもSaadiqと比べてしまう。その上で、物足らないのだ。♪「You Are My World」 - R. Kelly『Write Me Back [Bonus Tracks]』 #inthemood
08-20 22:30

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/19のツイートまとめ
roc_queen

Chris Brownはもういい加減にRihannaからは離れた方が良い、なかなか可愛いKarrueche Tranと仲良くしてほしい。と言ってももうKarrueche Tranとは破局したとの噂もあるが、真相はいつも… http://t.co/UIbCD8Wv
08-19 11:56

Karrueche Tranの海辺でのビキニ姿、Rihannaとどちらが好みか。 http://t.co/ve3w23Qf
08-19 12:04

今日までブックオフで全品20%オフがあっている、散々掘り回したけれど、もう一度行くべきか。
08-19 12:59

痩せて綺麗になったJordin Sparks。 http://t.co/AsRvAb59
08-19 14:05

映画『Sparkle』にDolores役で出演し、サントラ盤にも参加しているTika Sumpter。 http://t.co/3PkYZFqv
08-19 14:07

80円で掘った、ハウス系みたいだけど、ジャケがクールだったからつい。 http://t.co/I8ILKmFb
08-19 22:48

これも80円で掘った、知らないけど綺麗だったからジャケ買い。 http://t.co/cukI5bXd
08-19 22:49

これも80円、あまりに学生時分に大人気だったから、天邪鬼な僕は手にしないままだったから(笑)。 http://t.co/YMeKH36M
08-19 22:51

これは共に200円、なんとなくうろ覚えだったMC二人。 http://t.co/KdW5oN2a
08-19 22:53

Dr. Dreの新作はもう絶対に出ないから(笑)、これを200円で掘った。 http://t.co/ifHGKVx1
08-19 22:56

Continue

Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

「Sparkle: Original Motion Picture Soundtrack」
sparkle-soundtrack.jpg


1976年の同名映画のリメイク作でJordin Sparks、Whitney Houston等が出演した同名映画のサントラ盤『Sparkle: Original Motion Picture Soundtrack』を御紹介。映画『Sparkle』は1960年代のニューヨークを舞台に、貧乏でみじめな生活から抜け出すため歌手グループを結成した3姉妹の栄光と挫折を描く音楽ドラマ。激やせしスリムになったJordin Sparksが主演を務め、先述のWhitney Houstonは母親役を、他にもCee-Loも出演のもトピックかな。残念な事にWhitney Houstonの遺作となってしまった本作、そういう意味でもここ日本でももしかしたら公開されるかもしれませんね(予想)。
それでは豪華共演を期待できる本作の中身をちょこっとだけ・・・・・・まずは映画にも出演しているCee-Lo Green(いつからCee-Lo Greenが正式表記になったのだろう)の「I'm A Man」、制作はMIDI Mafiaが担当。バカスカドカスカと激しく乱れるドラムスに、ベッタリと野太く響き渡るホーン、バンド演奏で豪快にスウィングするトラックにCee-Loの怪鳥声がクアーーーとソウルフルに響く一曲。「Yes I Do」はOak制作でCarmen Ejogoが登場、まったりとスウィートで晴れやかなメロディにウットリと心躍るフローラルソウル。Chuck Harmony制作の「Running」ではあのGoapeleが登場、僕は正直言ってこの一曲目当てで購入したかも(笑)。いつもの静寂を身に纏うGoapeleでなく、ザクザクとスリリングでスウィンギンなバンドチューンに乗せて疾走する滑らかファンキーな一曲。Carmen Ejogo、Tika Sumpter、Jordin Sparksの三姉妹で歌うPop WanselとOak制作の「Jump」はキュートな中にもファンクが宿った跳ね系メロディ、三人がしっとりと吐息混じりな色っぽい声でハーモニーを奏でるPop Wansel制作の「Hooked On Your Love」は背筋がゾクゾクする程に悩ましい、そして極めつけはあのR. Kellyが制作した「Something He Can Feel」も三姉妹が清らかで神々しいハーモニーを織っていてたまらない(溜息)。R. Kellyらしいピアノの清廉としたメロディを基調としたゴスペル風味な煌めきチューンで、優しく穏やかで胸にしんみりと沁み入りますね(感動)。ピアノ弾き語りのバラード「His Eye Is On The Sparrow」はWhitney Houstonのソロ、制作を担当したのはThe Underdogs。やはりひと味違って深みのあるWhitney Houstonの歌声が美しく可憐、パイプオルガンの音色も相俟ってより神秘的で荘厳な仕上がりになっております(後光)。Oakの弾くピアノに乗せてJordin Sparksがソロで煌びやかに歌い上げる「Look Into Your Herart」もとにかく綺麗、雨上がりの青く晴れ渡った空に虹が架かるような、そんなスッキリした眩さと温かさが滲む素晴らしいバラード。R. Kellyが制作した「One Wing」もJordin Sparksのソロ、R. Kellyの濃厚でコクのあるソウルメロディに、若々しくどちらかといえばフレッシュなJordin Sparksのヴォーカルが合うのか少し疑問でしたが、充分に歌唱力もあるし歌いこなせています(どんどんとキーが高くなるところも、全く声量を落とす事なくきちんと盛り上げている)。本作で数ある楽曲の中でも一番素敵なのはR. Kelly制作でJordin Sparksのソロ曲となる「Love Will」、まあ本作にあって唯一現代的なR&B曲だからというのもあるけれど。どこまでも甘美でドリーミーで柔らかなメロディはR. Kellyの作曲家としての素晴らしさを痛感させられるし、Jordin Sparksのキュートで柑橘系のジューシーな歌声がピッタリお似合いの胸キュンチューンになっております(賞賛)。最後を飾るのはWhitney HoustonとJordin Sparksがデュエットした「Celebrate」、制作はR. Kellyが担当。ウキウキと跳ねそうな華やかなメロディが躍動感たっぷりで、二人がまるで本当の母娘みたくにこやかに歌声を重ねているのが微笑ましい。晴れ切った空の下をこの曲を大音量で流しながらドライブしたら、きっとそのまま天高く舞い上がってしまいそうな勢い。

Whitney Houstonは勿論の事、Jordin Sparksも頑張っているみたいだから、是非とも映画の方も鑑賞したい。ここ日本でも公開予定なのかな(調査不足)、映画を見終わった後に本作を聴いたら、きっとまた違った楽しみ方が出来るんだろうなー(待焦)。どちらかといえばエレクトロなポップ曲を歌う事の多い(気がする)Jordin Sparksにとっても、この手のソウルサウンドと合体するのはナイスな実験だったのでは。R. Kelly曲との相性もなかなか良かったし、次回作ではこういうレトロなR&Bにも果敢に挑戦させてあげて欲しいな。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Chris Brown「Fortune」
Chris-Brown-Fortune-Cover-HQ.jpg

若手男性R&Bシンンガーの中でも圧倒的な人気を誇り、もはやポップシンガーとしても絶対王者となりつつあるChris Brownの通算五作目となる『Fortune』を御紹介。なんだかんだでトラブルに巻き込まれながらも(いや、自分で引き起こしながらも)全く人気の衰える気配のないChris Brown、むしろ登り詰めてしまっている気もしますね。ハッキリ言って彼の素行の悪さは明瞭ですし、そういう所が僕はとても嫌いです(断言)。なので本作はもう買うまいかと思っていたんです、しかし音楽的な事はそれとは切り離して考えようと思いやむなく購入(涙)。
とまあ不満タラタラな感じですが内容に触れて・・・・・・まずは先行カットされナイスヒットとなった「Turn Up The Music」で勢いよく幕開け、まずこの曲が超お気に入りだったので購入したと言っても過言ではない。クレジットを確認して驚いたのが、これはあのThe UnderdogsとFuegoによる共同制作だったんですね(愕然)。バシャバシャと電光石火な飛沫を上げて炸裂するシンセビートに、どこかアフリカンな躍動ビートが乱れ弾ける最強ダンスチューンはChris Brownの独壇場もいいとこ(笑)。フックでの閃光感はChris Brownの良い意味で青臭いハイトーンがもたらす功績。@popwanselが制作を担当した「Bassline」はベッタリと扁平なChris Brownのエフェクトヴォーカルを、真っ直ぐビートに突き刺したダウナーな一曲。それとこの曲、どことなくKeri Hilsonの「The Way You Love Me」に似ている気がする。Big SeanにWiz Khalifaと若手急先鋒なMCを取り揃えた「Till I Die」はDanjaが制作を担当、水道管の中を水が行ったり来たりしている様なバブルビートが印象的で、ハッキリ言ってMC二人の援護射撃はあまり機能していない気も(苦言)。H-Moneyが制作した「Mirage」はNasが客演参加、Miguelが提示していた様などこかレゲエっぽい節回しの効いたドローリ粘性のダウナーなメロディが退廃的でカッコ良く、そんな蜃気楼の様なメロディだからこそ燻し銀なNasのラップが冴えますね。じんわりやんわりとささやかな電子音が浸透し色彩を変化させる滑らかな雪解けスロウ「Don't Judge Me」はThe Messingersが制作、アンビエントで耽美的なサウンドは抜群だし、Chris Brownのそっと囁くような純朴で透き通ったヴォーカルは目を見張るものがあります(畏怖)。「2012」はAdonisが制作(Co制作をKevin McCall)、マッタリと柔らかに溶け合う女性の細い指先みたいに美しいシンセが、そっと絡んで解けず落ちてゆく幻想スロウでグッド(溺)。「Biggest Fan」は久々のThe Runners制作(Co制作をThe Monarch)で、ここではそれこそ元Rich GrilのSevynのBack Vocalが効いていますね(絶妙)。真夜中の都市をぼんやり照らすネオンみたいな優しく淡い音色が美しく、でもそんな中でも熱く迸るような感情が洩れるのがまた悩ましく曲線的。Polow Da DonとJason "JP" Perryが共同制作した「Sweet Love」、時折ザザザザとギザギザに尖って響く引きずりシンセのメロディが、散々愛し合った昨夜のベッドを思い出す感覚と重なって余計にエロい甘美なベッドチューン。Tha Biznessが制作でKevin McCallが客演参加した「Strip」も巧い作りで、バキバキと氷柱をへし折るようなクリアな尖りビートと、指スナッピンでいきなり速度をロウに落とす(音数も落とす)感じ、でKevin McCallがラップで斬り込んでくるタイミングと全てナイス。「Stuck On Stupid」はあのBrian "BK" Kennedyが制作を担当(Co制作をDante Jones)、雄大かつ荘厳なピアノバラードはまるで大地を颯爽と駆け抜ける風のよう、そこにChris Brownの宙に叫ぶ様な清廉なヴォーカルが胸に沁み入り涙へと温度を変える素晴らしいバラード(感動)。またもやPolow Da DonとTommy Hitzが共同制作した「4 Years Old」は、繊細なストリングスの美しい人生歌でアコースティックで温もりあるトラックにジーンと来ます(響)。再びBrian "BK" KennedyとBoi-1daが共同制作した「Party Hard」もどこか澄んでいて清らかなメロディが印象的、そのままChris Brown制作の「Cadillac (Interlude)」に流れ込み、ここではSevynが正式に客演参加。サクサク爪弾き奏でるアコースティックギターの弦音から一転して電子音を爆発させて眩く輝くSFダンスチューン「Don't Wake Me Up」、制作はBenny & Alle BanassiとFree School(Co制作をBrian Kennedy)。この曲にも正直ヤラレていて、完璧スプラッシュ弾けるエレクトロなんだけれどどこかフォーキーさも仄かに残していて、そこにどこか憂いめいた繊細なChris Brownの咆哮が重なり、変にエモーショナルな気分にさせられるんです(刹那)。Sabrina Antoinetteが客演参加した「Trumpet Lights」はPolow Da Donが制作(Co制作をJerome "J Roc" Harmon)、四方八方に飛び散るスライムビートがヘンテコで面白くこのジャングルビートでは手も足も出ず跳ねるだけ(踊疲)。とここまでが本編の内容で、あとは国内盤のボーナス曲に。引き続きPolow Da Donが制作(Co制作をJerome "J Roc" Harmon)の「Tell Somebody」、これもひんやりスムージーな清涼感あるシンセが広がってゆくスロウでドリーミーに揺らめく。「Free Run」はまたもやThe Underdogsが制作、湧き水みたいに透き通った潤いたっぷりなメロディにゆっくりとChris Brownのファルセットが浸透するポップバラード。Free SchoolとChris Brownが共同制作(Co制作をJonas Jeberg)した「Remember My Name」はSevynが客演参加、H-Money制作の「Wait For You」はピコポコとカラフルな風船みたいな電子音が飛んでゆく様なメロディ、R.A.P. 1220なる人物が制作の「Touch Me」もSevynのキュートでポップ系なヴォーカルがナイス、最後を飾る「Your World」はThe Messingers制作で爽やかで壮大なポップミッドに。

やはり音楽的才能は確か、しかも前作『F.A.M.E.』より本作『Fortune』の方が数倍良かったですね(正直)。こういうエレクトロというかポップサウンドを身につけてのChris Brownは最強になっている気がする、この路線をUsherも『Raymond Vs Raymond』(というより『Versus』?)『Looking 4 Myself』と取り入れてますが、やはりこの手のサウンドだとChris Brownに劣る気がします(困惑)。これでもっと大人になったらなーとつくづく思う、どれだけ音楽が良くてもやっぱり少しマイナス点が入る、かな。でも本作は良かった、Chris Brownの魅力が充分に発揮されていますね。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/18のツイートまとめ
roc_queen

今夜のBGMはJesse Boykins IIIでバッチリきめてます。
08-18 00:03

で、Janelle Monaeに移行。
08-18 00:15

今の僕は、Frank Ocean国内盤とDweleの発売を楽しみにだけ生きている。
08-18 11:10

どうだろう、僕的には世間様で駄作とされた(セールス不振とされた?)『Here I Am』の方が、断然とカッコ良かったと感じてる。♪「Sins Of My Father」 - Usher『Looking 4 Myself [Bonus Tracks]』 #inthemood
08-18 12:27

あ、間違えた、Usherの『Here I Stand』。車からiPod nano持って来て聴いてるケド、やっぱりコッチの方が色々な要素が揃ってる。
08-18 12:35

Usher「Before I Met You」を聴く、やっぱりこういう悩ましくドロッとメロディが滴るような曲でこそ、Usherの旨味が出ると思う。やはり『Here I Stand』好きだなぁ。
08-18 12:42

ライヴが上手い下手もあるじゃない、Jay-Zは確実に上手い。魅せ方、盛り上げ方を知ってる。♪「Rich Dad, Poor Dad」 - Big K.R.I.T.『Live From The Underground [Explicit Version]』 #inthemood
08-18 19:16

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/17のツイートまとめ
roc_queen

Janetか、Dweleか迷ったけど、もう寝ないとだからGoapeleに決定。iMacをBluetoothスピーカーに接続。
08-17 01:28

JJ Doomの新作がフルストリーミングされてたから聴いたけど、これ欲しいな。単純にカッコイイ、MF Doomよく知らないんだけど。http://t.co/Jl4y6V7T
08-17 16:31

Rick Ross、入墨のおかげか肥満体もカッコ良く見える。 http://t.co/p7E0e63t
08-17 22:16

Rick RossにはMMGも良いけれど、Slip-N-Slideの面々もガッチリと盛り上げて欲しい。Trinaは勿論、最近ではJagged Edgeも所属している(残念ながら公式サイトを確認したところ、Trick D… http://t.co/JNBZVcBq
08-17 22:24

そしてこれが現在のTrina、もはやあの頃のB***hなTrinaは存在していない。ゴージャスなセレブリティとなったTrina、もうあのボディは露出しそうになくて残念。 http://t.co/tNw1EKuY
08-17 22:29

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rick Ross「God Forgives, I Don't [Deluxe Edition]」
ross__0.jpeg

今やHip Hop界の巨大会社となりつつある“Maybach Music Group”を取り仕切るボス、Rick Rossの通算五作目となる『God Forgives, I Don't』を御紹介。その昔はSlip 'N Slide Recordsに所属し(勿論今も所属中)、Trick DaddyやTrinaの作品に客演参加していたRick Ross、今では強大化しMMGという巨大組織を動かす社長ですからね、それこそハスリン(稼)。勢力図をどんどん刷新しそうな勢いのRick Rossの五作目、なんだかそんな宣伝もなくサラーリとリリースされた気がするのは僕だけでしょうか。しかし、この豪華盤のジャケットよりは、通常盤の方がカッコ良くて好きなんだけどなー(残念)。
それでは気になる内容を簡単ですが書きたいと・・・・・・まずは例の“めいばっくみゅうじっ♪”と“すうぇーい♪”の声から始まる「Play For Us」で口火を切り、KenoeとGot Kokeのコンビ制作の「Pirates」へスライドイン。The Mad Lads「I Forgot To Be Your Lover」をサンプリングしたゆっくりじっくり進行する重厚なソウルサウンドは派手さ皆無ながら、Rick Rossの曇った熊声がぼんやりと響くナイスなスタートに。Crown Of Glory「I'm So Grateful (Keep It Touch)」をネタ使いした「3 Kings」は、今とても要注目なJake Oneが制作を担当(MixはDr. Dreが担当)。Dr. DreにJay-Zというベテランを迎えた王者三つ巴な豪華共演(ただ、この並びにDr. Dreは違う気もするが)、しかもBack VocalにはJoiStaRRの名もクレジットされていますね(驚)。高級な絹生地みたいにスベスベと滑らかなシルキーソウルサウンドにウットリ(溺)、この三人のマイクリレーだけでも豪華絢爛でまるでめくるめく舞踏会の様、最後をJay-Zで締めさせる辺りは我侭な真の王者への配慮かもしれませんね(笑)。Wilson Pickett「Shameless」をベッタリ濃密にサンプリングした「Ashamed」は久々のCool & Dre制作、ドカスカと重たく響くビートに重層なストリングスがどろーりと垂れ落ちるサウンドに、Rick Rossの曇ったフロウがたまらなくお似合い(痺)。もはやRick Ross作品には欠かせないJ.U.S.T.I.C.E. League制作の「Maybach Music IV」ではNe-Yoが参加、漆黒に塗られ輝く大きなボディのマイバッハ車のように優雅で威圧感のあるRick Rossのラップに、ふんわり香るNe-Yoのヴォーカルは濡れた路面をギラギラ光り輝かせるヘッドライトのように眩いばかり(惚)。引き続きJ.U.S.T.I.C.E. League制作の「Sixteen」ではあのAndre 3000が客演参加、ネットリと蜜のように絡み付くホーンの甘美な鳴りと、ファルセット気味に華やぐAndre 3000の歌フックがもうたまらない(失神寸前)。ちょっぴりJazzyで荘厳なスベスベしたメロディ、Andre 3000のパフパフした軽やかなラップもやっぱり最高にイカしています(昇天)。Cortex「Prelude A (30 Round)」」をネタ使いした「Amsterdam」も悩ましく官能的で曲線的なメロディが綺麗、淡々とラップするRick Rossの静かな疾走感もまたクールでグッド。ザクザクした機械的なコールドシンセがつんざめく「Hold Me Back」はG5Kid、トラックは嫌いじゃないけれどやはりこの手の音に乗るRick Rossは好きでない。そんな流れを引きずる「911」はYoung Shumが制作、ドドドドッドドドと爆裂するビートに警報の様に空間を切り裂くシンセがおどろおどろしくのしかかる圧迫チューン。MMGの最終兵器状態にあるMeek Millが援護射撃に加わった「So Sophisticated」はThe Beat Bullyが制作、ジワジワと毒を充満させる緊張シンセの中でキレキレMAXなテンションで特攻する二人がカッコイイ。Roy Ayers「Get Money」を下敷きにした甘美ハーモニーをメロディに組み込んだ「Presidential」はThe NeptunesのPharrellが単独で制作。ハーモニーを軸にふんわり華やかなメロディを膨らませ、Pharrell得意のスーハー吐息でタイトに締めて、その上をなぞる様にElijah Blakeの柔らかなファルセットが包み込む素晴らしい一曲。Reefa制作の「Ice Cold」では新たにMMG入りしたOmarionが客演参加、バシバシと飛び散るアグレッシヴなドラムスの散乱の中にひっそり流れるピアノ旋律、そしてOmarionの吠える様な熱く迸るヴォーカルが超ナイス。「Touch'N You」はRico LoveとPierre Medorが共同制作、そして客演返しでUsherが参加。すーっと紺碧の深海に沈んでゆく様な冷たさと透明感と酩酊感を味わえるクリアな電子ミッドは妖しげで艶やか、その中でUsherのファルセットが海中の海月みたいにふわふわと舞い落ちる不思議な魅惑がたまりません(美味)。Cardiak制作のピアノバラード「Dices Pineapples」はWaleとDrakeが客演、ふわとろと口の中で溶けてゆくチョコレートみたいにほろ苦い繊細なメロディ、やはりここではDrakeの朧げで幽玄とした溜息みたいなヴォーカルが効いていますね(虜)。J.U.S.T.I.C.E. League制作でJeffrey Osborne「Baby」をネタ使いした「Ten Jesus Pieces」はStalley参加、まろやかに微熱まじりな音色のホーンが色気たっぷりで、じっとりとそこに絡んで男臭く哀愁たっぷりに響く二人のラップが男前過ぎます(骨抜)。とここまでが本作の内容で、Deluxe Editionには加えて二曲のボーナストラックが用意されておりまして。まずはあのNasを客演に招いたJ.U.S.T.I.C.E. League制作の「Triple Beam Dreams」、とにかくモノクロ調の殺伐としたトラックで冷たく尖った二人のラップが刺さります。最後はDVLPが制作した「Rich Forever」でJohn Legendが参加、燻し銀でエモーショナルな仕上がりはJohn Legendの真摯な歌声によるものでしょう(胸打)。

ハッキリ言ってRick Rossが誰かしらの楽曲に客演していても、そんな興奮しないし、むしろ楽曲によってはたまーに邪魔に感じる時さえあるほど(辛口)。ただ、Rick Rossのソロ作品となると毎度毎度とグッと惹き込まれる自分がいるんです、彼ののっそりした重量ある語り口と、芳醇なワインのような濃厚で艶やかなソウルサウンドの溶け合いは絶妙(賛辞)。だからこそ直前までは通常盤を購入しようとしていたのですが、店頭に行くと結局は豪華盤を買った次第です。しかもボーナス曲のゲストがNasとJohn Legendですからね、それも背中を押しました(笑)。本作も売れているみたいですね、やはり自身のアルバムでこそ輝いていると僕は思います。Hip Hop界の王様になる日も、そう遠くないかもしれませんね(危惧)。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

08/16のツイートまとめ
roc_queen

Shontellが再始動、キレイ系シンガーの活躍は凄く応援している。 http://t.co/8i3Ganxj
08-16 09:18

Beanie Sigel「Reunion」のPVが日本では観れない、なのでこれ確認。 http://t.co/oMexVz9Z
08-16 09:24

ずっと仕事忙しくて、『ロールシャッハの鮫』が途中で止まってる。
08-16 11:21

あとブログも止まってる。
08-16 11:21

この面子でアルバム出さないかな、絶対に買うのに。いや、それよりもBeanie SigelとScarfaceのコラボ盤が先決か。Beanie Sigel F/State Property「The Reunion」: http://t.co/uP7cb8AE
08-16 11:34

やったー!Miguel ? ‘Kaleidoscope Dream’ | Tracklist http://t.co/oJz6tkQI
08-16 11:37

早く欲しいー、プレスされてるー!欲しい盤が多過ぎて困る。http://t.co/BF3CjJA4
08-16 11:55

ああー、こうやってみるとコッチが欲しくなる。http://t.co/OgqHT3dp
08-16 11:58

おっ、Diamondの新曲出るか!http://t.co/iLb6n3q0
08-16 11:59

Sade、iPhoneに装填してなかった。残念。♪「Mr. U.F.O. Man Featuring John Ostby」 - Kelis『Wanderland』 #inthemood
08-16 13:44

Continue

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/15のツイートまとめ
roc_queen

LeToyaのビキニ姿、赤が眩しい、綺麗。。。http://t.co/oQPEjUDt
08-15 00:47

やっと入手、カッコ良い。 http://t.co/3wGVn0Ih
08-15 00:52

これは国内盤を安く見つけたので、輸入盤から買い直し。ジャケットださいのが痛い(笑)。 http://t.co/TzrCB8TK
08-15 00:54

でこれがかーなーりお気に入り、今日は帰宅してからずっと通して聴いてた。Prince関与が素晴らしい、出逢えてよかった。 http://t.co/NJKSekPl
08-15 00:56

Swizzの投稿でGirls On Fire、Coming Soonって、新曲かな?http://t.co/sVyAx43S
08-15 08:15

JiggaがDrakeに抜かれるなんて……Jiggaも早く新作出して、抜き返して欲しい。
08-15 11:44

こういうIsleyマナーな曲は抜群に良い。♪「Green Light」 - R. Kelly『Write Me Back [Bonus Tracks]』 #inthemood
08-15 14:49

Nasでもゴーストライトしてもらう事あるのか、真相はどうか分からないけど。こういう曲はRobertさんっぽい。♪「One Step Closer」 - R. Kelly『Write Me Back [Bonus Tracks]』 #inthemood
08-15 14:55

このアルバム、意図は分からないけど、本当に名人の七変化。♪「Clipped Wings」 - R. Kelly『Write Me Back [Bonus Tracks]』 #inthemood
08-15 15:03

本格的に復帰しそう、嬉しい。あとはProducer陣。DMX ? ‘Undisputed’ | Album Cover + Tracklist http://t.co/D2HPeqc1
08-15 18:42

Continue

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/14のツイートまとめ
roc_queen

映画『The Fast And The Furious』に出演しているMichelle Rodriguez、映画『S.W.A.T.』など手荒い格闘シーンをこなす武力派のアクション系女優。なので眉間に皺を寄せて睨みつけて… http://t.co/0R084OmX
08-14 02:00

また傷つけて、無傷な自分に傷つくんだよなぁ。おやすみなさい。♪「Playing House Featuring How To Dress Well」 - Active Child『You Are All I See』 #inthemood
08-14 02:17

悔しいけど、本作はまたイイカンジ。ただ素行が悪いので、好きになれない。♪「Party Hard / Cadillac [Interlude] Feat. Sevyn」 - Chris Brown『Fortune』 #inthemood
08-14 14:27

いやいや、DJ Khaledって結局、何者なのか?
08-14 14:39

Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Fast & Furious: Original Motion Picture Soundtrack」
Fast  Furious

Vin Diesel、Paul Walker、Michelle Rodriguez等が出演したカーアクション満載のアクション映画のサントラ盤、『Fast & Furious: Original Motion Picture Soundtrack』を御紹介。これは大人気シリーズ“ワイルドスピード”シリーズ四作目、邦題では『ワイルドスピードMAX』となっていますが、原題では一作目とほぼ変わらないので同じ作品だと勘違いしそうなややこしさ。本作では一作目のメンバーが再び最集結、ただ大好きなMichelle Rodriguezがかなり最初の方で死んでしまうのでちょっとガックリ(あとは映画を御覧下さい)。
それでは気になる中身をほんのりと御紹介しますと・・・・・・まず映画の舞台が半分ほどが南米を舞台にしており、それを反映した作りとなっている事を前置きしておきます。そしてこのサウンドトラックを監修したのがStar Trak、そうあのThe Neptunesが率いるレーベルで御座います。という訳で大半の楽曲をThe Neptunesが制作しており、まずはそんな楽曲群から触れておきますね。まずはThe Neptunesとの相性は抜群過ぎるBusta Rhymesが登場する「G-Stro」、Busta Rhymesの息継ぎ無しの連打連打連打な破壊力MAXのラップが火を吹くアッパー。電子音とハンドクラップで空間スカスカな程度に埋めたバウンスチューンで、Pharrellの例のハアハア息遣いや女性の喘ぎ声(?)もナイスアクセント。メタリックな中にもどこかレゲエっぽいメロディセンスも感じるホットな一曲、やはりBusta Rhymesの奇天烈で怪物なキャラが立っています(派手)。「Loose Wires」は男性シンガーのKennaが登場、KennaはChad Hugo(The Neptunesの片割れ)と組んでアルバムを一枚出していますね。ボンワリと妖しげなシンセ光線を瞬かせる電子チューンはThe Neptunesの専売特許、そこに乾いた常夏パーカッションが響き、蜂蜜みたいにとろーり黄金色に輝くKennaの甘美な歌声が面白い一曲。「Blanco」は今や大人気となってしまったPitbullが単独で登場、ブアーーーンとグラインドしながらのっぺり広がるホーンに似た電子音、ドカドカポコスカ突き進むダンサブルなビート、そして熱気ムンムンでジュンプしながら突進するPitbullと向かうところ敵無し状態。そのPitbullにTego Calderonが客演した「You Slip, She Grip」もブイブイな電子音塗れでギトギトになってしまうオイリーな一曲で、正にThe Neptunesサウンドのど真ん中。「Head Bust」ではShark City Clickなる男性MCが登場、これはガチガチな電子音にトライアングルっぽい間抜けなキンカン音、そしてロックテイストな尖ったギター音がつんざめくゴチャゴチャ混ぜ感が面白い一曲。「Bad Girls」ではPitbullとRobin Thickeという異色な組み合わせが実現、これもStar Trak仕切りだからこそ実現した共演。Robin Thickeが甘くソウルフルなファルセットを響きかせるだけでもう痺れる、単独でも良かったのに。ここまでがThe Neptunesが制作した楽曲、他には数曲は外部Producerが制作しておりまして。本作の幕開けを飾る「Bang」はBlaqstarrが制作、最近デビューアルバムを完成させたRye RyeとM.I.A.が揃って登場。まるでマシンガンみたいに散弾ビートでダダダダダダダダと高速で疾走するトラックでアドレナリン大放出、二人のキュートなんだけど生意気なラップが良いですね。PibullにLil Jonが援護射撃というお祭り以外のなんでもない(笑)「Krazy」はFrederico FranchiとLil Jonの共同制作、ブイブイと捻れる電子音にこれでもかってぐらいにリピートするフックでだんだん神経麻痺する暑苦しいアッパー。レゲエ界の大御所Don Omarが登場する「Virtual Diva」はArmando Rosarioが制作、僕は初めてDon Omarの声を聴いたんですが意外と甘くスッキリした声で驚きました。J. Drew Sheard II制作の「La Isla Bonita」はTasha登場、これは誰もが知っているMadonnaの歌っていた名曲のカバーでやはり夏には最適なスパニッシュ風サウンド。

ほぼPitbulが主役状態なので、Pitbull好きでない僕はあまり興味の湧かず、むしろThe Neptunes狙いで聴いた一枚です(笑)。でもThe NeptunesサウンドとPitbullの相性はなかなか良く、イイ感じにお祭り騒ぎしていて、残る夏の日々のドライブには最適な一枚で御座います。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/13のツイートまとめ
roc_queen

中古巡り、こっちのチェーン店が1500円以下は半額のSALE。まずコレ、輸入盤で持ってるんだけど、国内盤が50円で見つかったので買い直し。 http://t.co/BYYkwUJ2
08-13 11:14

これは300円、Seal参加ってのにも惹かれて。 http://t.co/DPMfXzDy
08-13 11:15

これも300円、聴くかなー? http://t.co/1UB7Qnpo
08-13 11:16

ジャケットが何より素敵、300円。 http://t.co/4ad1w9Jq
08-13 11:17

タワレコに行って、前で立ち尽くしてた。微笑んで見つめてました(笑)。 http://t.co/mHIoySF9
08-13 19:49

2 Chainzの新PV「I Luv Dem Strippers」、題名通りにストリップ気味。しっかしここまでTity Boiが大物になろうとは。Playaz Circleも聴いていたケド、そこまで重要視していなかった。http://t.co/6ABK7qR9
08-13 21:46

いやいいんだ、Drake主導のAaliyah作品には、Missy Elliottが携わらなくていい。
08-13 21:54

実家に帰ったら、母親がElle Varnerを絶賛してた。ポストAlicia Keysというより、ポストAmy Winehouseっぽいとは母の言葉。僕もそうだなーと想った、やはり親子。
08-13 21:56

最近、母親はLloydにハマっているらしい。
08-13 22:39

今日はブックオフが20%オフだったので、また色々と掘ってみた。♪「They Say Feat. Tay Walker」 - The Internet『Purple Naked Ladies』 #inthemood
08-13 22:42

Continue

Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「The Fast And The Furious: Original Motion Picture Soundtrack」
The Fast  The Furious

Vin Diesel、Paul Walker、Michelle Rodriguez等が出演したカーアクション満載のアクション映画のサントラ盤、『The Fast And The Furious: Original Motion Picture Soundtrack』を御紹介。僕は全く車には興味が無いのでこの映画はストーリーに惹かれて観たって訳ではなく、やはりシリーズ通してブラックミュージック系のアーティストがこぞって出演しているから(単純)。そんな人気シリーズの第一弾作品のサントラがこれ、ちなみにブラックミュージック系のアーティストではJa Ruleが少し登場していますね。
それではすっごく簡単な感想を書かせて頂きます・・・・・・まず特筆すべきは本作の監修を務めたのがあのIrv Gotti、御存知Murder Inc Recordsの社長でございます。まあHip Hop、R&B好きだと優れたProducerとしての印象も強い彼、当然その内容にも期待が高まってしまう訳です。まずはFaith Evans「Good Life (Remix)」で幕開け、客演にはJa RuleにVita、Caddillac TahというMurder Incの面々が揃い踏み。Irv Gottiと7が共同制作し、The Whole Darn Family「Seven Minutes Of Funk」をサンプリング(Jay-Z「Ain't No Nigga」と同ネタ)ベースの野太く唸るグルーヴが真っ黒に光るトラックに、Faith Evansのちょっぴり潤んだ冷たい歌声が響いて超クール。しかもJa Ruleの太く吠えるもメロディ感じるフロウや、Vitaのお茶目で尖ったラップも混じって最高にホットな仕上がり。Caddillac Tahがそのままブンブンフロウを振り回す「Pov City Anthem」はMr. FingazとIrv Gottiが共同制作、携帯電話のボタンプッシュ音みたいなチープな電子音を繋げてメロディにしたトラックも面白いし、Caddillac TahのJa Rule顔負けな暑苦しく弾けたラップもキレキレ。7とIrv Gottiが共同制作した「When A Man Does Wrong」ではAshantiが登場、まったりととろけてゆくキャンドルの灯みたいな、奥行きがある濃密なスウィートチューンにAshantiのチョコソースみたいな歌声がかかります(骨抜)。Irv Gotti制作の「Race Against Time Part 2」はTankが登場、今程に濃厚で蒸すような熱いヴォーカルでなくサラーリ流麗に煌めくTankは少し不思議な感覚(笑)。客演にJa Ruleも参加し、ゆるーくマッタリ仕上げていますね。Dat Nigga RebとIrv Gottiが共同制作した「Furious」はJa Rule、客演にVitaと01が参加。ザクザクとノコギリで押して引いて切るような電子メロディに乗っかり、ガンガンと衝突クラッシュするJa Ruleの濁声が痺れる。でもここで一番美味なのはVitaのキュートで刺激的なフック、ナイスな配置で御座います。続いてはあのR. Kellyが自作自演で登場する「Take My Time Tonight」、ギターの仄かなメロディが甘く香り立つ艶美でまろやかなビタースウィートなバラードでやっぱり素晴らしく、ちょっぴりゴスペルチックな清純系の澄み切ったヴォーカルを奏でるR. Kellyが神懸かり。南部の大物であるScarfaceが登場(客演にI.G.)する「Suicide」はDLとIrv Gottiが共同制作、緊迫感あるスリリングで殺伐としたトラックにScarfaceの喉奥から滲み出るようなフロウがモクモクと黒煙上げて聴き手を圧倒します。「The Player」はGeeとIrv Gottiの共同制作で、Murder Incの肝煎りBlack Childが登場。鍵盤音をジャカジャカとゆったり鳴らし、西海岸っぽいヒュールリ電子音を伸ばした一曲。SPK制作の「Tudunn Tudunn Tudunn (Make U Jump)」はFunkmaster FlexにNoreagaが登場、しかし客演がNoreagaで主役はFunkmaster Flexというヘンテコなコンボ(笑)。Fury ¥制作の「Hustlin'」はFat Joeが登場(客演にArmageddon)、いかにもN.Y.っぽいざらついていて荒涼としたサウンドにFat Joeのドカドカ踏み込む男気ラップがカッコイイ。僕的には結構好きだったデュオ、Boo & GottiがDr. Dreの名曲「The Watcher」トラックでフリースタイルを披露する「Freestyle」も聴き応えアリ。本作で最も異色かつド派手なのが、Limp Bizkitを主軸にDMX、Redman、Method Manとこれ以上ない凄腕濃いキャラが脇を固めた「Rollin' (Urban Assault Vehicle)」ですね。しかも制作はあのSwizz Beatzなので鉄筋ガチガチな硬質アッパーでもう尖りまくり、その上を全て砕け散らすヘヴィー級のMC三人が木端微塵に突進する痛快さね(失神)。Damizza制作のちょっぴりサイバーでテクノ風味な滑走アッパー「Life Ain't A Game」はJa Ruleの独壇場、グングン加速しすぐとMAXに達し切り裂くJa Ruleのラップはやはり脂乗っていますね。同じくDamizza制作の「Cali Diseaz」はShade Shiest、Nate Doggが客演で参加。歪なストリングスをぎらつかせたドロリと重たいトラックでは、やはりNate Doggの灰汁が強過ぎて全て彼の功績になってしまっています。Petey Pabloが少しだけ柔らかく滑らかに仕立てた重油トラック「Didn't I」は既出曲ながら、このサントラ盤の流れにピッタリ沿っていてナイス。Ja Rule「Put It One Me (Remix)」はVitaとLil' Moが援護射撃のメロウな一曲、Lil' Moの柑橘系のソウルフルヴォイスに負けず、滑らかで麗しい歌フロウを駆使するJa Ruleが最強。最後は7とIrv Gottiが共同制作の「Justify My Love」、VitaにAshantiが客演というMurder Incの女性陣が奮闘。

映画云々は置いておいて(いや、ストーリーは普通に面白かったです)、やはりこの頃のMurder Incは良かったなーと回想してしまいますね(残念)。Ja RuleとAshantiの二大看板スターで荒稼ぎしていたIrv Gotti、Produce手腕はある筈だから、なんとかまた息を吹き返して欲しい気も(犯罪は駄目、罪は償うべき)。Ja RuleとAshantiが好きな方はまだ多い筈、特に僕みたいな三十代近い人ならば。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/12のツイートまとめ
roc_queen

Nazanin Mandi、どこかエキゾチックな雰囲気だけど、混血なのか? http://t.co/8nZeqiFL
08-12 00:16

Nazanin Mandi続投、Miguelは彼女を想って歌っているのだろうか。こんな美女と抱き合っているからこそ、あんな艶やかな歌を作れるのだろう(妄想)。 http://t.co/Vp0BxWfr
08-12 00:18

Teyana Taylorのカラダが素晴らし過ぎる。http://t.co/YekNlgw9
08-12 07:56

Fiend好きだから、公式デビューして欲しい。 via #soundcloud http://t.co/svnJXmIO
08-12 12:23

Photo: Tygaがどうやら婚約した模様、お相手がこの方。モデルのBlac Chyna、ただ本当に結婚まで至るかは、保証できない。 http://t.co/5tTzqu53
08-12 12:33

Photo: 引き続きBlac Chyna、夏感じるBikini姿。 http://t.co/LB9zDadK
08-12 12:34

JD、Johnta、Dondriaの3ショット。このトリオでまた聴かせて欲しいけどなぁ。http://t.co/rJqq7g9D
08-12 16:27

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/11のツイートまとめ
roc_queen

遅ればせながら入手、やはりタワレコ猛プッシュでした。 http://t.co/78uFnkKC
08-11 00:09

片っぽはタワレコ取り置きにて、片っぽはAmazon経由で入手。夜中の読書に聴く。 http://t.co/9HVqwpEZ
08-11 00:11

あとはタワレコのワゴンSALEで、一枚290円で掘った。T.I.とのビーフさえ無ければ、Lil Flipはもっと延命出来てたのでは? http://t.co/TDz7NK0F
08-11 00:18

そんなワゴンSALEの中に埋れてた、イチバンの掘り出し物がコレ。Nas全作品は(ベスト含め)所持してるけど、これも持ってる人はそういないのでは……? http://t.co/gMBuOjwk
08-11 00:21

あとこれ、無駄遣いの衝動買い。カッコ良い。 http://t.co/z9jKwikm
08-11 00:50

最近、ゆっくり眠れてないかな。♪「You Hold The Water」 - How To Dress Well『Love Remains』 #inthemood
08-11 01:01

やっと聴けてる。♪「Stop The Clock」 - Elle Varner『Perfectly Imperfect』 #inthemood
08-11 07:56

また何か、映画を観に行きたいな。♪「Suicide Dream 1」 - How To Dress Well『Love Remains』 #inthemood
08-11 12:32

BangladeshのSwizzへの発言は自分の意図と違う伝わり方らしい、何を語っていたのか真相が気になるところ。♪「Goodbyes」 - Kelis『Kelis Was Here [Bonus Track]』 #inthemood
08-11 12:34

まーたWi-Fi忘れたー。皆さん外出時はWi-Fiどうしてるの。やはり田舎でなく都会なら、あちこちにアクセスポイントがあるのかな。♪「Ahh Haa」 - Juvenile『Rejuvenation』 #inthemood
08-11 12:41

Continue

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/10のツイートまとめ
roc_queen

DweleにMint Condition、あともう一枚あったんだが。♪「To The Top Feat. Kalenna Harper」 - Ja Rule『PIL2』 #inthemood
08-10 16:31

Jaのコレ、出来はまぁまぁだけど、やはり復活は嬉しかった。♪「Never Had Time Feat. John Doe」 - Ja Rule『PIL2』 #inthemood
08-10 17:29

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/09のツイートまとめ
roc_queen

ん~……♪「Free Run」 - Chris Brown『Fortune』 #inthemood
08-09 12:15

んんーー……♪「Looking 4 Myself Feat. Luke Steele」 - Usher『Looking 4 Myself [Bonus Tracks]』 #inthemood
08-09 12:19

そうねー……♪「4 Years Old」 - Chris Brown『Fortune』 #inthemood
08-09 12:21

今年のUsher対Chris Brownは、悔しいけどChrisの勝ち、かなぁ。♪「Sins Of My Father」 - Usher『Looking 4 Myself [Bonus Tracks]』 #inthemood
08-09 12:26

Aaliyah作品のDrake主導はちょっと気に食わない。けれど現在のTimbalandが曲を提供するよりは、Noah 40 Shebibの方が、Aaliyahにあった楽曲を提供できる気がしてならない。
08-09 12:29

Justin Timberlakeがスタジオ入りしているだと……早く新作を聴かせてー!次は誰と組むんだろう?
08-09 12:38

結局Bustaのコレって、正規で発売されないのか?バーコード付いてるけど。http://t.co/5t62dv1p
08-09 12:40

BangladeshがSwizz Beatzを批判かー、なんか面白い構図なんだよな。この曲も、Bangladesh作。♪「Bossy Feat. Too Short」 - Kelis『Kelis Was Here [Bonus Track]』 #inthemood
08-09 19:25

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/08のツイートまとめ
roc_queen

癒される、国内盤出ないかな。♪「Lost & Found」 - Lianne La Havas『Is Your Love Big Enough? (Deluxe)』 #inthemood
08-08 01:24

今日は会議、憂鬱。行きのBGMはJustin Timberlake『Justified』、僕にとって永遠の名盤。
08-08 08:05

海辺のShontelle、美しいー。やはり南国育ちは違いますねー。http://t.co/7ep3nUld
08-08 14:53

会議終わり、帰りのBGMはこれ。 http://t.co/90NS7dp6
08-08 19:17

バカンスっぽいEve、早く音楽活動再開してほしいなぁー。http://t.co/1ISAadvI
08-08 22:29

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

08/07のツイートまとめ
roc_queen

Elle Varnerの新作出たかー、今年は女性陣が豊富だなぁー。
08-07 10:37

Nas×Kelis元夫妻、この瞬間の二人がクールで好きだった。 http://t.co/ZWd4yddV
08-07 11:00

Elle Varner早く欲しい、けれど明日の会議が終わらないと憂鬱過ぎて、買いに行く気力もない。
08-07 12:23

Lianne La Havas、犬っぽい可愛さ。 http://t.co/udQ4aMm7
08-07 13:05

どういう状況か知らないが、料理を盛りつけているKelis。Thunder B***hとは思えない良妻っぷり、なんだか可愛い。 http://t.co/xABJJpd8
08-07 13:16

映画『ワイルドスピード』をやっと観終わった、DVD買ってて観てなかったヤツ、どうも車好きじゃない僕にはね。でもシリーズであと二作持ってる、今からこのまま『ワイルドスピード2』も観よう。
08-07 13:24

Ne-Yoの悶絶PV「Lazy Love」でとてつもなくエロい演技を披露していた女性。気になり過ぎてかなりの時間使って検索したら、Yonceeなるモデルだそうだ。 http://t.co/rDRactdy
08-07 14:19