RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

01 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
40位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/30のツイートまとめ
roc_queen

見つけた時はビビった、たしか500円で掘り起こした気がする。Spike Leeがデビューに関与。 http://t.co/xi5tzBRg
01-30 00:01

驚くほど、眠れない。#nowplaying Goodbye - Abiah - Life As A Ballad
01-30 01:39

スポンサーサイト

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/29のツイートまとめ
roc_queen

再掲、この並びが豪華なので単純に好きなのだ(Alexandra Burkeがブラだ、というのも大いにある)。http://t.co/Vxq2GciB http://t.co/8QQFTx1e
01-29 02:10

久々にブログ更新、今更なんだけど。JLS「Evolution [Deluxe Edition]」 http://t.co/Vxq2GciB
01-29 11:54

DC再結成ラヴソング集、昔のも収録するなら、いっそLeToyaも入れたら良かったのに。#nowPlaying Second Nature by Destiny's Child on iOS http://t.co/Qk05xE0R? http://t.co/ix8j98pV
01-29 12:42

悲しいけれど、やっぱりこの頃のサウンドを聴いた時の、鳥肌ザワザワが半端じゃない。#nowPlaying Temptation by Destiny's Child on iOS http://t.co/Qk05xE0R? http://t.co/vgc72pv0
01-29 12:43

500円で掘り起こした。Jam & Lewisが関与した時期、しれーっとジャケットがじわじわ好きだなー。 http://t.co/OJ5nnPow
01-29 23:54

これも二枚組で500円で掘り起こした。Angie StoneやAshanti、BlueやBlackstreetまで参加してて、突然Redmanが登場したりするトリッキー盤。 http://t.co/61Si1QKv
01-29 23:58

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Angie Stone「Rich Girl」
Angie.jpeg

二十年以上のキャリアを誇るR&B界のゴッドマザー(というにはまだ若いが)、Angie Stoneの通算六作目となる『Rich Girl』を御紹介。Angie Stoneはその昔に、ラップトリオであるSequenceやコーラスグループのVertical Holdとして活動していたりする古株なんですよね。なんだかんだで99年のデビュー作『Black Diamond』から、等間隔でリリースを重ねているので、安定したキャリアの持ち主ですよね(感嘆)。本作も名門Stax Recordsからの配給という事で一安心、ただ本作のジャケットはAngie Stoneのこれまでの作品の中で比べると、ちょっと物足らない僕がいます(笑)。
それではちょっと感想をつらつら打たせて頂けますか・・・・・・軽快にサクサクと流れる優雅なストリングスに、Angie Stoneの歌声が幾重にも織られた「Intro: Real Music」はAngie Stone本人の制作曲。Warren K. JonesにLevi B. Stephens、Isaac L. Lewisが共同制作した「Do What U Gotta Do」は、バウンバウンと膨張気味にバウンスするベースの低い唸りが重厚クールで、その上で上下に変幻自在と色彩を変えるAngie Stoneのコク深い歌声がたまらない一曲(鳥肌)。冒頭の軽快ザクザクな弦音からしてオールドタイムなソウル曲を復元させていて痺れ上がる「Backup Plan」が最高、制作は鉄人ことMike Cityという事で更に痺れましたね(痙攣)。風を絡ませてスッキリカラフルにグルーヴを紡ぐ疾走チューンは最高にホットで、そんな中でリズミカルに跳ねるAngie Stoneの艶美なヴォーカル、そして途中で施されたちょっとした残像エフェクトなんかもたまらない仕組み。J & J2 Productionsが制作を担当した「Proud Of Me」は、ピアノ鍵盤のキラキラ煌びやかなな音色が舞い降りる繊細スロウで、恋人が優しく髪を撫でて微笑むような(比喩)、そんなAngie Stoneの歌声の温もりにほっこりと包まれる極上スロウ。"DMICK's" Demond MickensとKorey Bowieが共同制作した「First Time」はまるでたくさんの花のつぼみが一気に花開いたように、ぱっと眩く美しく輝きだす華やかなミッドでやはり凛として美しく沁みます。Aaron "Freedom" Lyles制作の「Guilty」はじっくりと聴かせるフォーキーでブルージーな一曲で、この曲調はAngie Stoneのコク深い芳醇な歌声だと重たくなるかと思いきや、そこは多重録音でAngie Stoneの線を細めた高音も綺麗に織り込んであって。あくまで壮麗な、そして優美な仕上がりに僕はもうただただウットリ(溺)。Malcolm-Jamal Warnerによる「Interlude」を挟んで、そのまま流れ込む爽やかな木漏れ日ソウルチューン「Alright」は再びJ & J2 Productionsによる制作曲、どこまでも柔らかくメロウなソウル曲でとにかくグッド。またまた"DMICK's" Demond MickensとKorey Bowieが共同制作した「Livin' It Up」もさっぱり清涼なスウィングが気持ち良過ぎて昇天確実なアッパー、ちょっと強めの炭酸みたいに刺激的だけどクリアなAngie Stoneの歌声で胸は踊るばかり。表題曲となる「Rich Girl」はWarren K. JonesにLevi B. Stephens、Isaac L. Lewisが共同制作、まるで往年のコーラスグループが歌っているのではと思ってしまう程の多重録音によるハーモニーの美しさにとろけるばかり(骨抜)。再びMike Cityの登場でたまらず興奮してしまう「Right In Front Of Me」は、程よくギラギラした電子音のフラッシュライクな瞬きが壮絶クールな一曲でグッド。「I Can't Take It」はCorey "Co-T" Tatumが制作を担当、これはもう昔の濃厚ソウル曲をそのまま蘇生させた漆黒グルーヴ曲。スルスルと解けてゆくAngie Stoneの多重ウコーラスに鼓膜の方が絡まってしまい、そのまま柔らかな夢世界へ流されてしまうドリーミーソウル「Push 'N' Pull」はJ & J2 Productionsが制作を担当。燻し銀な重厚ソウルチューンでド渋くキメる「U Lit My Fire」はCorey "Co-T" Tatumが制作を担当、やはり激渋ですね。最後を締め括るWarren K. JonesにLevi B. Stephens、Isaac L. Lewisが共同制作した、優しく奥深いまろやかなスロウ「Sisters」まで、一貫してソウルフル手前な美しくコク深いR&B曲が目白押しでもうコッチは昇天。

うーん、今こうやって夜に部屋でひとりきり流して聴くと、やっぱり良いですねー(惚)。とっても聴き易いんですよね、これまでのAngie Stone作品の中でも最も聴き易いのかも(R&Bライクというか)。というか、昨年中も実は散々と本作にはお世話になっていたのにも関わらず(つまりかなりの再生回数だったという事)、なぜか年間Top10の時には入れなかったんですよね。なんだろう、やっぱりAngie Stoneともなるとこのクオリティは当然だと思えるし、ある意味これまで通りだったので、Top10にまでは入れなかったといいますか(阿呆)。でもやっぱり良い、こういうお洒落でカッコ良いソウルな音楽がないと、ダレてしまうんですよね。冒頭でジャケットが物足らないと書きましたが、内容はもう最高の一言に尽きる、Angie Stoneって痩せたらとってもカワイイだろうな(妄想)。でもあのふくよかさが良いのか、すべて独り言です。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/28のツイートまとめ
roc_queen

Chief Keefの髪型が、激似合い過ぎる。http://t.co/HPHQzLbh http://t.co/59y0yhl4
01-28 00:36

メモメモ。Video Jose James http://t.co/s15q9Rbt
01-28 23:11

Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

JLS「Evolution [Deluxe Edition]」
JLS_-_Evolution_(iTunes_Deluxe_Edition).jpeg

英国から誕生した人気グループ、“Jack the Lad Swing”ことJLSの通算四作目となる『Evolution』を御紹介。知ったかぶりするつもりはありません、彼らの作品を買うのは前作『Jukebox』と合わせて二枚目。いや、デビュー時から気にはなっていたのですが、僕の住む田舎のタワレコでは普通に置いていないんですよ(涙)。なのに最近は置いてある(それでも発売からだいぶ経ってからだったし、在庫もすぐに切れていた)んだから、きっとそれだけJLSが大きくなったという事なんですよね(笑)。本作は英国出身の彼らが限りなくアメリカへ寄った作品という事で、よりいっそうとファンを拡大しそうな触れ込みで発表されましたね。
それではざっくりと適当ですが内容を触れていきますね・・・・・・まずはShondrae "Mr. Bangladesh" Crawfordが制作を担当(Co制作にDem Jointz、ソングライトには旬なSean "Elijah Blake" Fentonの名も)した「Dessert」で幕開け、これがMr. Bangladeshの絶妙なクドいスパイシー加減を残しつつも、基本はスッキリと爽やかで甘酸っぱいメロディを敷いていて心地良い。最近は少なくなった気のする後追いリフレインフックも気持ちよさ全開ですし、途中のMichael Jacksonばりの柔らかく繊細なファルセットの昇華具合も最高。同じくMr. Bangladesh制作(Co制作にDem Jointz)の「Hottest Girl In The World」もザクザクと棘のある刺激的なギターリフに、これまたMJ顔負けな(いや、というよりもこれはJustin Timberlakeのファルセットに近い感触)裏声でするりと滑ってゆく疾走チューン。バキバキとへし折るようなメロディとアグレッシヴに跳ね散るビートが炸裂するにも関わらず、まるで摩擦係数ゼロなスベスベしたテイストなのはJLSのコーラスワークの成せる業かと(誉)。あのThe Runnersが制作を担当した(Co制作にはJon-DavidとDavid L. Anderson II)サイケデリックで先鋭的なエレクトロ風味な「Have Your Way」、これもかなりベタベタなんですが素直にノれるし小気味良いと言えます。Rodney "Darkchild" Jerkinsが制作した(Co制作にはPaul "Hollywood Hotsauce" Dawson)「Hold Me Down」、静かに降りしきる雨の様にドラマチックで壮麗なメロディが印象的なミッド。これはどちらかというと王道ポップサッドといった趣で、最近でいうところのBruno Marsみたいなアプローチかなとか感じたり。よくよく聴くと背景でキラキラと電子音が小さく閃いていたりと、かなり繊細な作りになっている一曲。「I Like It」はTMSなる人物(チーム?)が制作を担当した一曲で、ブイブイとちょっぴり歪んだ電子音をうねうねとくねらせたダークで重たいメロディが印象的。でも実際にはフックなどはかなり切なくてこみ上げる様なじんわりとほのかに微熱を放出する、かなりナイーヴなメロディ曲線を誇る一曲だったり。またもやShondrae "Mr. Bangladesh" Crawfordが制作を担当(Co制作をArmando Buelna)した「All The Way」、これなんかは完全に従来のJLSの路線を踏襲した爽快な四つ打ちダンスチューンで無敵状態。しかしこういう光線が瞬きピュンピュンと駆け抜けるテクノポップチューンまで創る、Shondrae "Mr. Bangladesh" Crawfordの手腕に驚かされるばかり(冷汗)。“ららららら♪”なフックと、ブブゼラみたいなブイブイーン音がなんだかジワジワと効いてくる「Give Me Life」はJaz Rogersが制作を担当。これもビカビカと眩い光が交錯するジグザク直角なメロディが面白くて、そんな中でクールにじっとり舐め上げる様なJLSのヴォーカルが恰好良い一曲。本作中でも最も白眉かと思えるのが、Rodney "Darkchild" Jerkinsが制作した(Co制作にはPaul "Hollywood Hotsauce" Dawson)「Don't Know That」かと僕は思います(予想)。これはもう凍えたハートが結露して濡れてしまうような、切なくて淡いミッドチューンでたまらなくツボ。胸がきゅっと音を立てる程に切なく締め付けられるJLSの甘酸っぱいコーラスワークも素晴らしく、とっても分かり易くてキャッチーな繰り返しフックもじんわりと耳に残る根雪のような感触。なんとあのThe Midi Mafiaが久々に制作を担当した「Troublemaker」、客演にはNicki Minaj風のラップを聴かせるBebe O'Hareが参加。スクラッチを挟みながらギザギザな輪郭の電撃を走らせるエッヂの効いたアッパー、その上を華麗に舞うJLSのファルセット寸前のクリアなヴォーカルの波状攻撃で完全にノックアウトされる痛快アッパー。「Gotta Try It」はShondrae "Mr. Bangladesh" Crawfordが制作(Co制作はやはりDem Jointz)を担当、ここではまろやかでクリーミーな小粒な電子音を美しく散りばめた、まるで宝石箱みたいな輝きの極上スロウジャムを用意。ゆっくりじっとりと背筋を這うようなトローリ甘美なトラック、JLSの歌声も波打ちグラインドしていてとても官能的。とここまでが本編の内容で、豪華盤にはこれらに加えてDisc 2が用意されており6曲が収録されております。まず「Homeless Heart」はDEEKAYが制作を担当した壮大で透明感のある一曲で、まるで地平線の見える広大な大地の上でポツンと立ち尽くして、風を受けてその匂いを感じてるような感覚に陥る素敵な一曲。続く「Heartrock」もDEEKAYが制作を担当したテクノポップなナンバー、ビカビカと点滅するストロボシンセに合わせてカッティングの効いたJLSの歌声が気持ちよく滑走する一曲。「Single No More」もDEEKAYが制作を担当、Ne-Yo以降に流行ったスッキリとクリアテイストな微炭酸メロディで、こういう純粋なR&Bもやはり澄み切っていて美しくて好きの一言。「Talk It Out」はHarmonyことH-Moneyが制作を担当、跳ねて転がるようなメロディがとてもキュートでべったりな曲調なだけに耳に残る一曲。あとはオマケ的な楽曲で、新たにビートとメロディを敷き直しよりダンサブルになった「Hottest Girl In The World (Wideboys Remix)」と、新たに尖ったクールなラップを聴かせるTiffany Foxxを客演に迎えた「Dessert」の別Ver.を収録。

うん、なるほどグッと聴き易くなりましたね。それは昔からある程度としてUS産のR&Bに慣れ親しんだ人達にとってであり、JLSファンとしてはなんら変わりなく今まで通りとして楽しめているのでは。ただ、これまでの作品と比べると明らかにメロディが立っていて、よりJLSの歌声を楽しめる作風になっていると思うのですが、どうでしょうか(個人的見解)。これからもっと全米でも活躍して欲しいですね、もっとBackstreet Boys並みの真っ直ぐなポップバラードなんかも聴いてみたいな。昨年中に購入できなかったのが悔しい、今年もっと時間みつけて聴きたい一枚。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/27のツイートまとめ
roc_queen

ヤッバイ、これすっごく欲しい、喉から手が出そう。http://t.co/dOk0vZ63
01-27 00:31

このTwitterで音楽好きの人達と繋がりができたけど、みんな本当に勉強熱心。そんな知らないし、そこまでは究められない。#nowplaying Nothing More - Andy Allo - Superconductor
01-27 01:01

bmrやらBlastやら、数十冊持ってて、パラパラは読んでるけど、毎度とインタビューがメイン。歴史的側面とか、お勉強っぽいのは、あまり読まない。読むは読むけど。#nowplaying Brand New Me - Alicia Keys - Girl On Fire
01-27 14:45

それよりも、歌い手がその作品をどう考えてるのかが気になる。その方がとっても重要で、それでまた感触が変わるんだ。#nowplaying Fire We Make Feat. Maxwell - Alicia Keys - Girl On Fire
01-27 14:46

Miguelさんとこのカップル、なんか素敵で羨ましい。。。http://t.co/LJnRev07
01-27 14:47

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/26のツイートまとめ
roc_queen

落ち着かない。しかし、Sweetbackはなかなか中古では、出逢えないなー。#nowplaying Two Mirrors - Gotye - Making Mirrors
01-26 15:53

昨年の間に買っておくべきだったなー、この人の声は好きだ。#nowplaying Bronte - Gotye - Making Mirrors
01-26 16:05

僕的にNelly Furtadoのベストアクトは、Michael Bubleの楽曲に参加した「Quando, Quando, Quando」だったりする。http://t.co/vNHJsahvhttp://t.co/ggqYJjoc
01-26 23:58

Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nelly Furtado「Spirit Indestructible」
Nelly-Furtado-Spirit-Indestructible.jpeg

ポルトガル出身の両親を持つカナダ出身の歌姫、Nelly Furtadoの通算五作目(英語作品としては四作目)となる『Spirit Indestructible』を御紹介。なんというか兎に角ゴチャ混ぜな音楽世界で生きているNelly Furtado、やはり色んなエッセンスが彼女の中に宿っているのでしょうか。僕なんかはそんなよく知らずに、やはりTimbaland経由で彼女を知ったクチ(初購入が彼女の『Loose』)、しかし今では全作持っているという不思議な結果に驚き(笑)。でもやっぱり正直にNelly Furtadoのアルバムはそんなに聴き込めていないのが現状、やはり僕的には聴くタイミングを選ぶんですよね。でも本作もちゃっかり購入しておりました、しかし例に漏れず年末リリースラッシュに飲まれ、年明けてからようやくゆっくり聴いたんです(恥)。
それではザックリ適当ですが感想をつらつらと・・・・・・まずは本作を語る上で外せないのが製作陣、本作ではあのRodney "Darkchild" Jekinsが大半の楽曲を制作しているというのが大きなトピック。まずはそんなRodney Jerkins制作の楽曲から触れてゆくと、幕開けを飾る「Spirit Indestructible」から彼が制作を担当。どことなく神秘的な僧院を思わせる奥行きの深い壮麗なメロディを軸に、いかにもRodney Jerkinsらしいジグザグ細かい波形のシンセがバキバキと暴れ回るアッパー曲。続く「Big Hoops (Bigger The Better)」はまるで早口で呪文みたいに唱えるフックが印象的、その後ろでゆっくりぐんにゃりと絡んで響く野太いビートと、Nelly Furtadoのべったりと平坦でネチっとひっつくヴォーカルが麻薬みたいにじわり。「High Life」ではまだ弱冠17歳なMC、Ace Primoが参加しなかなかネチネチと青いラップで良い味出しております。ブブブブブブブブとホーンに似た電子音がだらだらと垂れ流しになった、ヘンテコなサーカス風味曲「Parking Lot」もいかにもNelly Furtadoらしい放牧感というか開放感というか、フリーダムな感触が出ていて面白い。サクサクと奏でるアコースティックギターの涼しげな音色と、強めにバカバカとキックする打ビートの交錯が刺激的な「Bucket List」は、Nelly Furtadoのクールでエッヂの効いた結晶化した歌声が美しく輝く一曲。ピコポコと細やかに流麗に鳴る電子音の瞬きが壮麗で美しい「Waiting For The Night」も、バグパイプっぽくブイーと伸びやかに響く音色や不規則に踊るように跳ねるビートの混じりが、部族音楽っぽい土臭さを出していて面白い。Andre Lindalとの共同制作となった「Miracles」も、冷たく蒼い夜空と金色の砂で二分されたミステリアスなコントラストのアラビア砂漠みたいなトラックで、Nelly Furtadoのまったりと絡み付く歌声も含めてとっても魅惑たっぷり。と一応これまでがRodney Jerkins制作曲、他の曲はまた違うProducerが制作しておりまして。まずはSalaam Remiが制作した曲が数曲、Nasが参加した怪しげでダーク且つスモーキーなミッド「Something」がそれ。これはまあSalaam RemiとNasの御馴染みタッグがかなり存在感強くて、なんだかNelly Furtadoが客演みたいに感じたり。後Salaam RemiはSara Tavares客演の異国情緒漂うクネクネ曲「The Most Beautiful Thing」や、重たくて厚みのあるストリングスの中で艶やかに舞い疾走する「Enemy」などを手掛けております。ピューイーピューイーとうねる電子鍵盤のねっとりとしたメロディとぶわぶわと膨張するようなメロディが綺麗な、コスモチックな浮遊曲「Circles」はChris ZaneとMichael Angelakosが共同制作、この曲のぼやけた感触はNelly Furtadoのミステリアスで掴みどころのない歌声にピッタリお似合い。最後を飾るUKロックなテイストを保った「Believes (Arab Spring)」はBob Rock、Rick Nowels、Nelly Furtadoが共同で制作を担当。このカッと目眩みしそうなぐらいに閃光を放つメロディと躍動感、その上を気持ち良さそうに昇天するNelly Furtadoの華美な歌声がすごくハマっていて素晴らしい。

うーーーん、Rodney Jerkinsとの融合はどうだろう。普通にカッコイイしトラックもイケてるんですが、どうもNelly Furtadoにはガチガチ過ぎるというか、少し硬過ぎたかなーと感じる部分もあって。というのもNelly Furtadoは僕が思っている以上にやんわりと上手く歌えるというイメージがあって、もっと伸びやかで広い空間のあるトラックが多くても良かったんじゃないかなって。同じ電子音使いでも、やっぱりTimbalandは毒気が強くて(そして部族音楽っぽさも濃厚で)上手く融合していた気がしました。うん、難しいな、けして悪いという事はないのですが。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/25のツイートまとめ
roc_queen

今日はレコードが掘れた、今では100円とかで汚いカゴに放り出されてるなんて……救出成功。 http://t.co/HyiQH3SD
01-25 00:00

これも百円玉一枚で助け出した(いや、税金で五円も発生か)、この頃のサウンドも良いなー。 http://t.co/B4c5ZO8o
01-25 00:03

SadeのライヴDVDを観てる。けれど、そろそろ寝ようかな。 http://t.co/QsfOty00
01-25 02:01

Solangeと共に、遂にこれをゲーーット!待ってました、ちゃちい梱包だけど、プレスされてよかった! http://t.co/HBheAzep
01-25 17:36

部屋で結構な音量でこれ聴いている、待ち続けていたので、グングン胸に入ってくる。#nowplaying The Calm - Andy Allo - Superconductor
01-25 21:34

Andy Allo聴き終えたから、Princeにシフトチェンジ。bmrでも読もうかな、意外とあまり深くは読まないという罰当たり。 http://t.co/oGte9rKB
01-25 23:43

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/24のツイートまとめ
roc_queen

Jesse Powell、これはなかなか出逢えないのでは?500円なり。 http://t.co/IlATkCIc
01-24 12:41

映画のサントラって、本当にバカに出来ない。これもそう、面子が凄まじい、Jay-ZにBlackstreetにErykahまで。 http://t.co/2BRUUa1e
01-24 12:46

これ、既出やらカバーやらも混ざってたんだけど、やっぱり彼らが好きなので買っちゃった。国内盤、250円で安かったので。 http://t.co/eAKVRpPl
01-24 12:49

IKEAに初めて来た、引っ越したい。 http://t.co/azqC8D2V
01-24 17:11

D'Angeloが五年先をいった作品になるだなんて、もう何年も作っていないのに。真実ならば凄いし、楽しみ。
01-24 17:13

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/23のツイートまとめ
roc_queen

癒されたくて、これをiPhoneに新たに装填。#nowplaying Home - Westlife - Back Home
01-23 00:36

500円。期待して買ったけど、ちょっと違ったかな。でもま、これがジャケ買いの醍醐味。 http://t.co/xqdyoXe7
01-23 00:37

この二枚、何気に持ってなかったんだよな。合わせて千円、これはもうハズれる訳がない。 http://t.co/dZ0wSwFy
01-23 00:39

これぞなジャケット、Scarface様。渋い。 http://t.co/7Ptgz5mt
01-23 00:41

やっと2ndを入手、1stしか持ってなかったので。UKの期待の若手、だったんだけど今は? http://t.co/cI2hPUfr
01-23 11:30

Shakiraが無事に男児を出産、おめでたい!
01-23 12:43

Soulive周辺が関与みたいだったので、あとアフロが凄かったので(笑)。500円なり。 http://t.co/W5WzSUmO
01-23 12:56

これも500円なり。BilalにN'DambiにGlenn Lewisが参加、買うしかなかったね。新作も買えず終い。 http://t.co/3YlKCzXU
01-23 12:58

やっとこさ出逢えた、Three 6 Mafia周辺?昔はスリムで美人さんだなー。500円なり。 http://t.co/amhsDoRD
01-23 18:53

Chefの2ndも500円で掘り当てた、RZA離れ。 http://t.co/bw2NxqeO
01-23 18:54

Continue

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/22のツイートまとめ
roc_queen

いろんな意味で、彼女に期待している。http://t.co/UCVx0pAR
01-22 13:52

今日は本社会議、業績悪いから散々だった。その反動で、帰りにわざわざ立ち寄ったブックオフで、7000円分も掘ってしまった(阿呆)。
01-22 22:51

D'Angelo、僕は俄かに出るのでは、なんて期待が滲んでいるけれど。
01-22 23:19

あまりチャートは気にしない、というかほぼ見ない(流されそう)。でも、MixTapeはきちんとチェックしないと、と最近また痛感。
01-22 23:29

でも物凄い量で、普通に買ったCDでさえ聴き込む時間ないのに、それでMixTapeもってのは厳しい。新譜も一枚一枚に、愛情をかけて、ゆっくり聴きたい。と言いつつ、今はIndia.arieのデビュー盤聴いている(笑)。
01-22 23:31

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/21のツイートまとめ
roc_queen

この二人で本国ではライブしてるんでしょ、生で拝みたいなー。http://t.co/QZkUGy2U
01-21 12:18

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/20のツイートまとめ
roc_queen

なんかこの頃のkelisは、キャワユイと言える。 http://t.co/89R2y655
01-20 01:04

明日からまた、仕事かぁー。#nowplaying Somebody That I Used To Know Feat. Kimbra - Gotye - Making Mirrors
01-20 01:32

ずつとこの曲が気に入ってたのに、買いたいと思った時に、近くのタワレコには無くて。それで買いそびれたまま、年越して。#nowplaying Somebody That I Used To Know Feat. Kimbra - Gotye - Making Mirrors
01-20 01:33

もっと早く買えば良かった、好きだったやっぱり。#nowplaying Somebody That I Used To Know Feat. Kimbra - Gotye - Making Mirrors
01-20 01:34

なんだ、どーしてこの二人が?http://t.co/SSG2cQ1Q
01-20 01:38

人員配置を間違えた。#nowplaying Love Sosa - Chief Keef - Finally Rich
01-20 13:00

Chief Keefのインパクトは意外と僕にはデカかった。 http://t.co/63bV0XIQ
01-20 21:56

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Chief Keef「Finally Rich」
Chief-Keef-Finally-Rich-608x608.jpeg

Chicago出身の弱冠16歳の大型ニューカマー、Chief Keefの記念すべきデビューアルバム『Finally Rich』を御紹介。いやはや、最近の音楽業界の動向は速過ぎてついてゆけない、Chief Keefも僕の中でその一人。「Bang」一曲で一気に知名度を拡大し、そのままMixTapeを幾つか連投したらそのままメジャー昇格(いや、今やメジャー契約が吉かどうか分からないけれど)。かのInterscopeとの契約を獲得し配給された本作、あのDr. Dreが自身のヘッドフォンラインにChief Keefのものを作るというんだから、その期待度は計り知れませんね。しっかし十代とは思えない怖さ、ハッキリ言って買おうかどうか迷ったのですが、Soulja Boyの例もあるのでとりあえず購入。
それではザックリしてて失礼ですが毎度の感想を・・・・・・まずはシングルヒットを記録したYoung Chop制作の「Love Sosa」、バウンバウンと大きく間をとり揺れるバウンスにチチチチチチと叩かれる高音ビート、その中で重油みたいに真っ黒でドロドロなChief Keefのラップが垂れ流される毒々しい一曲。これまたゆっくりのっそりと貫禄たっぷりに悪態垂れる「Hallelujah」もYoung Chop制作、ピリピリと緊迫感のある焦げ臭いバウンスビートに痺れるばかり。甲高い金属音が耳障りに響き渡る、冷徹でエッヂの効いた「I Don't Like」もYoung Chop制作。どことなくSoulja Boyあたりがやりそうなチープで一辺倒なフロウ回しがいなたくて耳に残るかも、ベトベトに引っ付くビートとラップ(粘)。Futureの専売特許と化しそうな、トロトロと青白い陽炎エフェクトで煮込まれた、ヴォーカル寄りなフロウが中毒性高くて困る「No Tomorrow」はMike Will Made-Itが制作。まだまだYoung Chopが制作を担当した「Hate Bein' Sober」は、50 CentとWiz Khalifaというよく異物なコンボセットだけど豪華には違いない布陣(笑)。埃が宙を舞って光を受けて光るような、ふわふわ感とザラザラ感が混じった融解シンセビート。それと共にけして気張らずにジワジワと熱を放出するChief Keef、鼻にかかった暈けたフロウでじわーりいたぶる50 Cent(この感じはデビュー頃に近い)、軽々と空を切り飛ぶWiz Khalifaと、誰も空気の抜けたフロウながら全く味が違って面白いごった煮曲。これまた注目の若手、KE On The Trackが制作を担当したコスモチックな眩い光の漏れるミッド「Kay Kay」はモロにFutureっぽくて少し戸惑うけれど嫌いになれない(汗)。YGが制作を担当した悪魔チックな漆黒ギスギスビートが渦巻く「Laughin' To The Bank」、単調に繰り返す“ははは♪ははは♪”の笑い声フックがやけに耳に残って困りモノ。またもやYoung Chopが制作した「Diamonds」ではFrench Montanaが客演参加、ゆっくりと重い鎖を引きずる様な重厚な鉄屑ビートで厳つく捩じ上げます。Leak E Leakが制作の「Ballin'」は、ピカピカと鉱石みたいな鮮やかな輝きを放つ電子音が散りばめられたドリーミーなミッドで、ここではChief Keefが完璧に歌ってしまっています(笑)。Casa Di制作の「Understand Me」ではYoung Jeezyが援護射撃、三音ぐらいしか鳴らさない鍵盤音のザクザクした殺伐メロディの上を、煙たくてキナ臭い二人がぶはーーーとラップを吐く感じがエグイ。Young Chopが制作の「3Hunna」ではRick Rossが援護射撃、引き金を引く音と銃声がアクセントになった荒れ果てたタフビート上で、Chief Keefのトレードマークである掛け声“ばいん♪ばいん♪”が最も連呼されます。最後を締め括るのもYoung Chopが制作の「Finally Rich」、ストリングスの効いた電子音の瞬きが煌びやかなストロボチューンで、柔らかくまろやかに溶けて崩れるChief Keefのラップはなかなか魅力的。

あれ?なんか知らないけれど、僕はこのギトギトした感触は好きだなー(笑)。なんというか50 Centが絡んで来たのがよく分かるギャングスタイル、それこそ銃声が絶えず聴こえるような血腥さ。しかもなんともチープで薄っぺらな重圧ビートを味方に、淡々と少ししゃがれた声で言葉を繋ぐChief Keefのラップスタイルは、聴けば聴く程に中毒性を増すスルメイカな味わいでして(虜)。英語も分からず無知な僕なので本当に感覚ですが(きっとかなり下劣なのだろうが)、ただ純粋にクールだなと思いました(阿呆)。なかなかプライベートがハチャメチャ過ぎてそこは引きますが(苦笑)、これからどう変遷するかはちょっと楽しみかな。Futureや50 Centが好きならば結構気に入るのではなかろうか、と僕は思いましたが(個人的見解)。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/19のツイートまとめ
roc_queen

『ミッションインポッシブルゴーストプロトコル』に、Paula Pattonが出てたとは!
01-19 00:52

HMVで国内盤が二点で15%オフだったので、これら。ずっと欲しかったGotye、買いそびれてたColdplayのデビュー盤。 http://t.co/QXgnepxV
01-19 17:07

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/18のツイートまとめ
roc_queen

Machine Gun Kellyに撃ち抜かれていない輩は、損している。 http://t.co/2ed3KL0Q
01-18 00:56

Six other covers どれも良い。 http://t.co/WEEqGi9k
01-18 09:23

MGKのアルバムにBad Boyから参加したCassie嬢、やはり歌には力がなかった。でも可愛いしセクシーなので、2ndアルバムが出たら買うだろうと思う。 http://t.co/oqhV6cEi
01-18 09:27

お猿さんみたいなMGK。 http://t.co/09jYRZME
01-18 09:30

なんだか、年末に慌ただしく聴いていた盤が、最近ゆっくりじっくり聴いて、じわり染みてる。#nowplaying Listen To Your Heart - Alicia Keys - Girl On Fire
01-18 10:13

ふーん。#nowplaying Runnin Blind - Elijah Blake - Bijoux 22 (EP) [Mixtape]
01-18 13:02

ほえー。#nowplaying Vicky's Secret - Elijah Blake - Bijoux 22 (EP) [Mixtape]
01-18 13:13

今日は会社の人達と飲み会、今から憂鬱。#nowplaying Fire Fly - Childish Gambino - Camp
01-18 17:38

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/17のツイートまとめ
roc_queen

所々、Juelzのフロウ回しが変化してる。これはオーソドックス。#nowplaying Bad Guy (Feat. Jadakiss) [Prod. By Dr. Freak] - Juelz Santana - God Will'n [Mixtape]
01-17 11:08

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Machine Gun Kelly「Lace Up [Deluxe Edition]」
mgk20lace20up_jpg_630x630_q85.jpeg

Ohio州はCleveland出身の弱冠22歳の白人MC、MGKことMachine Gun Kellyの記念すべきデビューアルバム『Lace Up』を御紹介。アポロシアターでのコンテストで優勝したり、MixTapeが好評を博しXXLが選ぶ“2012 Freshman Class”でも選出されたりと大活躍。結果、あのDiddy率いるBad Boy Recordsと契約しメジャーデビューという華々しい経歴をスタート。僕はそんなにMixTape関連はチェックしないので、このMachine Gun Kelly(以降はMGKと省略)はハッキリ言ってスルーしていたのですが、かのBad Boyからの配給という事で速攻で買ったのを覚えています。90年代からHip Hopに浸かっているリスナーなら、このBad Boy経由に対する絶大なる信頼を分かってくれるものと信じて止みません(笑)。ちなみに本作のバックのモザイクは、“Lace Up”のタトゥーを刺れたファンからの写真を並べたものらしいです。
それでは簡単になりますが内容をチョコチョコ書きますと・・・・・・まずはBrinton "Woodro Skillson" EwartとRami "Rami Beatz" Eadehが共同制作した「Save Me」で幕開け、これはまるで吹雪く様に冷たく突き刺さる電子音とエレキギターとピアノ旋律の中で、MGKがノンストップで疾走するダークでクールな一曲。その上で客演のM. ShadowsとSynyster Gatesが雄叫びを上げてよりロック度を増していて、なかなかカッコイイんです。SykSenseとIrvin "Swirv" Whitlowが共同制作した「What I Do」では、Bun BとDub-Oが客演で参加。サウスマナーな泥臭いデコボコビートの上を戦車みたく突き進むBun Bの野太いラップと、コンコルドみたくシャキーンと滑空するMGKのラップの対比がナイス。GB Hitzが制作を担当した「Wild Boy」ではあのWaka Flocka Flameが客演参加、灼熱グラグラと煮え滾るような真っ赤な煮沸ビートの中でもMAXスピードで斬り込むMGKは痛快ですし、その背後からバウバウ言いながら吠え立てるWaka Flocka Flameの涎ダラダラな狂犬ラップが凄まじくて圧巻の迫力。表題曲となる「Lace Up」では御無沙汰なLil Jonが参戦、しかし制作はDrumma Boyという事で久々のCrunk節は聴けません(惜)。ただやはり阿呆みたいにシャウトしまくるLil Jonの厳つさは半端じゃなくて、完全にトラックと同化して凶暴さをグーンと上げております(名演)。Alex Kickdrum制作で、そのKickdrumsのFittsが客演で参加した「Stereo」は軽くロックなテイストで軽やかに駆け抜ける絶妙な一曲。これは白人MGKだからこそのポップさとスッキリ感が詰まっていて、MGKの微塵切りなラップも途中のFittsの歌フックでまろやかになっていてグッド。Anna YvetteとFrequencyが共同制作し、そのAnna Yvetteが客演参加した「All We Have」も抜群のミクスチャー感を織り交ぜた素晴らしい一曲。まるで一時期のEminemを思わせる煌びやかさと切なさと脆さが滲むガラス曲で、Anna Yvetteの潤いたっぷりな歌フックも含め良く出来ています。「See My Tears」はまさかのJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが制作を担当、いかにも彼らしい冷たく凍り付きそうな悲壮感が漂うダークな一曲で、MGKの早口ラップの鋭さが氷柱のように刺さる感触。そして僕が個人的に本作で最も注目したのは、あのDame Greaseが制作してDMXが客演した「D3mons」。90年代を席巻したDame GreaseとDMXというコンボ技で、お得意の悪魔崇拝的な腐敗臭漂うシンセを駆使した降霊術トラックでもう興奮しまくり。というだけでなく、MGKもこのおどろおどろしい濃霧トラックに紛れて怪しくスピットしていてカッコ良く、DMXとの相性はやはりかなり抜群かと。Tech N9neを冒頭に置いてヘヴィーにスタートする「Edge Of Destruction」はMichael "Silent Mike" BrascomとIrvin "Swirv" Whitlowが共同制作、Tech N9neの早口も勿論重要なんですが、やはり僕的には元祖マシンガンなTwsitaが隣りで早撃ちしているのがたまらない(失神)。同じ早口でもやはりタッチが違うのですね、やはり斬れ味はTwistaの方が数段上な気がします(研磨)。「Runnin'」はBoi 1daが制作で、Planet VIが客演したストリングスがザクザク効いたメロディアスで慕情溢れるメランコリックなしんみり系の一曲。Alex Da Kidが制作を担当し、売れっ子ソングライターのEster Deanが客演参加した「Invincible」もやはりスマート流麗でカッコ良く、すんなり聴けてしまうポップさがかなりグッド。Jon "JRB" BishopとIrvin "Swirv" Whitlowが共同制作の「On My Way」もドラマチックでナイーブなトラックがじわじわと沁みる、サンプリング駆使っぽい王道Hip Hopトラックという感じでざらついた感触がたまらない(鳥肌)。Blackbearが客演参加してブルージーでしゃがれた歌声を聴かせる「End Of The Road」、オルガン鍵盤のまったりと流れるメロディが切なさと哀愁を漂わせるトラックはMGK自身とSlim Gudzが共同制作。とここまでが本編の内容で、豪華盤には加えて3曲のボーナスが追加されております。MGKとSlim Gudzが共同制作でThe Naked & Famous「Young Blood」をサンプリングした、エレクトロでキラキラ眩くシャイニーなポップチューン「Half Naked & Almost Famous」。JPdidthis1制作でYoung Jeezyが客演参加したスリリングな「Hold On (Shut Up)」も、完全にYoung Jeezy土俵に上がりながらもガチンコタイマンを張っていて素直にカッコイイ。最後を飾るのは、J.R. RotemがFoals「Electric Bloom」をサンプリングした「Warning Shot」。ここではレーベルメイトのCassieが参加、バツンバツンとチョップした電気音の中で瞬きフラッシュするCassieのベタベタな歌声、MGKの神速ラップが絶対にくだらない一曲になったであろう危険な一曲(笑)。

なんというか、良い意味でベッタベタなHip Hopをしていて、僕はかなり聴き易かったですね。どの曲も耳馴染みがあってキャッチーな感触は、やはりBad Boyのこれまでの経験がそうさせたのかも(邪推)。とにかく想像以上に均整バランスのとれた一枚で様々なサウンドを網羅、ゲスト陣もナイスな塩梅で、聴き易さはこの上ないです(優等生)。しかも考えたらこういう早口でスピットするMCというのも最近はかなり少ない、むしろゆっくりと歌う様なMCが隆盛している時代ですからね、そういう意味でもかなり重宝されるかもしれないキャラクターかも。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/16のツイートまとめ
roc_queen

読んでる本、焼きそば食べながら読んでて、こぼして汚した。ショック過ぎる。#nowplaying Breakfast - Chiddy Bang - Breakfast
01-16 11:25

Juelz SantanaのMixTape、昨夜は落とせなくて。で今、再度と挑戦中。
01-16 19:32

Brandyがこうやって髪を後ろで束ねてしまうと、余計に魚顔に見えてしまう。でも『Two Eleven』は良い出来だった、R&B復権の日も近い。 http://t.co/11J7EI2S
01-16 21:19

しかしBrandyは、見る角度によってはなんだか綺麗に見えてしまうという、トリックアート的な容姿の持ち主である(天邪鬼)。しかもBrandyは細身なのに、結構な曲線スタイルの持ち主である。 http://t.co/vVg5zQRg
01-16 21:50

わお、BrandyとCiara!http://t.co/6BvB8eHu
01-16 22:44

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Brandy「Two Eleven」
55HuP.jpg

もう二十年近くもR&Bシーンの最前線で活躍続ける、Brandyの通算六作目となる『Two Eleven』を御紹介。人身事故を起こした時にはもはやこれまでのキャリアも潰えたかと思われましたが、見事に息を吹き返しましたね(安堵)。最近では、音楽業界で働く恋人のRyan Pressとの婚約も発表、と公私共に順調の様でなによりで御座います。先に述べておくと本作『Two Eleven』は、Brandyにとっても10年ぶりにBillboardのR&BチャートでNo.1を獲得したそうで、完全なる復活作として彼女の第二のキャリアのスタート地点とも言えるかもしれませんね。
それではちょくちょく感想を書かせて頂きますと・・・・・・まずはTha BiznessとSean "The Pen" Garrettが共同制作した「Wildest Dreams」でひんやり幕開け、それこそBrandyの歌声ってとてもアイシーで冷たく霜降り声(脂の意味でなく、美しい霜が降りるという意味)なので、こういうスムージーで冷たく澄んだエッヂの効いたミッドにとてもお似合い。Shondrae "Mr. Bangladesh" Crawfordが制作を担当した「So Sick」は、電流チックにビリビリ流れるシンセにキラキラと瞬く流星群みたいな電子音が瞬く流麗トラックに、Brandyのスッキリ透き通ったヴォーカルがひらひらと舞う一曲。小さな水泡がブクブクと浮かび上がって消えるような、バブルシンセが神秘的に響き渡る「Slower」はSwitchが制作を担当。流石はSwitchといった無機質な電子音にメロウを吹き込むほんのりシュガーテイストな仕上げは魔法に近い、R&Bに革命を起こしそうな予感の人物。Jim JonsinにMr. Morris、Rico Loveが共同制作した「No Such Thing As Too Late」も透明感溢れるクリスタル構築な一曲で、透けて色彩の見えそうなBrandyの繊細で滑らかな歌声にウットリ骨抜きにされます(腰砕)。Shondrae "Mr. Bangladesh" CrawfordとSean "The Pen" Garrettが共同制作した「Let Me Go」もやはりかなり変則的で、ブーインブーインと排気ガスみたいなシンセを垂れ流しつつも、基軸にはちょっぴり南国トロピカルメロディを通したトリッキーな一曲。新進気鋭のH-MoneyことHarmonyが制作を手掛けた「Without You」は、ゆったりと穏やかなメロディの中にも焦燥感にも似たドキドキ感が昂る、ヒリヒリとドラマチックなトラックでBrandyの歌声が映えますね。またもやShondrae "Mr. Bangladesh" CrawfordとSean "The Pen" Garrettが共同制作した、本作からの先行カット曲「Put It Down」はChris Brownが客演で参加。ヘンテコな早口声の呪文がグルグルと回る、どこかマヌケなんだえれどそれが毒気たっぷりな一曲。吐いた息がそのまま純白の結晶となって零れ落ちるような、そんな凍てついて透き通ったメロディが鮮麗に響く「Hardly Breathing」は、Rico LoveとPierre Medorが共同制作したしんみり系ミッド。飛ぶ鳥を落とす勢いの若手Mike Will Made-Itが制作(Co制作はP-Nasty)した「Do You Know What You Have」は、ふわふわと宙を遊泳するような無重力状態を味わえる不思議な感触のとろとろミッドで、Brandyのネットリ艶っぽくもなぜだか透明感の凄まじいヴォーカルが冴え渡るドリーミーチューン(溺)。Warryn Campbellが制作(Co制作にBreyon Prescott、ソングライトにはあのFrank Oceanが参加)した「Scared Of Beautiful」も一筋縄ではいかない美しさで圧倒、セピア色の風景を逆回しして観ている様なミステリアスな魅力で、甘い蜜を滴らせる薔薇みたいな変幻自在な曲線を魅せる濃厚なスロウ(酔)。かのMario Winansが制作(Co制作にBrandon Ramon Johnson)したエキゾチックで壮大なミッド「Wish Your Love Away」も素敵、どこか最果ての地で愛するものに想いを馳せ焦がれる様な、そんな美しさとチクっと痛い刺激もあるメロディは、往年のBrandy曲を思わせる安定の仕上がり。Rico Love、Earl, EにPierre Medorが共同制作の「Paint This House」は、いつものRico Loveらしいじんわりと沁み込むスポンジミッドで一辺倒なのが気がかり。DanjaとRico Loveが共同制作した「Can You Here Me Now」は、ホラー寸前なゴーストシンセが濃霧のように辺りを妖しく冷たく包み込む一曲。「Music」は最近ちょくちょく名を見かけるベテラン、Mike Cityが制作という事で嬉しい限り。小気味良いパーカッションと、ひらりと舞い上がる花弁のような麗しく潤い含んだメロディが優麗で素敵。Shondrae "Mr. Bangladesh" CrawfordとSean "The Pen" Garrettが共同制作の「What You Need」も、滑らかで艶美なメロディを流すかと思いきや、突然と低く重たいビートを落としてまるで工業オイルっぽいテイストを滲ませるあたりが憎くてたまらない(一撃)。

僕としては先行シングル「Put It Down」に全くハマれず、そのせいか発売からほどなくして買うも、あまり聴く回数が乏しかった一枚(リリースラッシュ&仕事多忙な年末だったというのも大いに関係あるけれど)。しかしチャートアクションも好調だったみたいですし、なにより年間ベストであちこちにランクインしていた本作。僕も年を空けてじっくり聴いていると、やはりBrandyの魅力が詰まったナイスな一枚だったと痛感しております(悔)。それでも僕は、あまり世間での評価は高くなった前作『Human』の方が断然好きですが(笑)。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/15のツイートまとめ
roc_queen

少女時代でも最も(?)小さくてパワフルなTaeYeon、元はといえば彼女の歌唱力に惚れて少女時代に興味が湧いたのだ。ルックスを好きになったのはその後、本当である(言訳)。 http://t.co/5OQsDEs2
01-15 21:40

Justin Timberlakeの新作題名を聴いた瞬間、Princeのこれを連想したのは、浅はかな僕だけか?#nowplaying Shhh - Prince - The Gold Experience
01-15 23:18

つまり、Princeのこのアルバムの事を。#nowplaying The Most Beautiful Girl In The World - Prince - The Gold Experience
01-15 23:19

Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Girls' Generation「I Got A Boy」
I+Got+A+Boy.png

先日に引き続き韓国の人気ガールズグループ、少女時代ことGirls' Generationの韓国で四作目となる『I Got A Boy』を御紹介。普段から黒音楽ばかり取り扱っている私Queen、黒音楽でさえ中途半端な僕が、ちょっと手を出す程度で好きなのがこの少女時代。ハッキリ言って韓国盤なんて一枚も持っていないし、そんな興味もなかったのですが、ついHMVで大々的にコーナーが作られていて、ついつい購入(笑)。しかもこのアルバムは、ジャケットが中々凝っていて、各メンバーのバージョンが取り揃えてあるんです(鬼)。で、でっかく金髪のTaeYeon(僕が少女時代で最も好きなリードシンガーで、元リーダー)が載っていたのを観て、買っちゃいました。ポップでカラフルな色使いもなかなかお洒落でポップですし、ちなみに中はジャケットのメンバーのちょっとした写真集になっているみたい。ちなみに本作はBillboard World Abumsで堂々のNo.1を獲得しているみたい、そうだ、Billboardでも新たにK-Popのチャートが新設されていましたね。
それではザックリと適度な感想を書きますとですね・・・・・・まずは欧州のWill SimmsとYoo Young-jinが共同制作したシングル曲「I Got A Boy」(Billboard K-Pop Hot 100でNo.1獲得)で幕開け、これは少女時代ならではのキュートさを、刺々しく跳ねて破裂するジグザグ電子音の中に埋め込んだアグレッシヴなエレクトロポップチューン。とにかくド派手カラフルに飛び散る電子音に塗れる鮮烈な一曲で、Hip Hopっぽい要素も入れて(Rapもしている)なかなか手の込んだ変則トラック。かなり懐かしいフレイヴァー漂う魅惑のダンスチューン「Dancing Queen」はSteve BrookerとKenzieが共同制作(Billboard K-Pop Hot 100でNo.2を獲得)、そんな好きでもないけれどこういうヴィンテージタッチを艶やかに可愛く演じる辺りはPCDっぽいアプローチ。「Baby Maybe」はMitch Hansen制作、これはキラキラと眩い電子音が舞い散る素直に可愛さ満点なガールズポップチューンで、そんな中でもメンバーがそれぞれ結構歌えるのだと実感できる一曲。「Talk Talk」は先日に日本第二作にも収録されていた一曲で、ザクザクとエッヂの効いたエレクトロロック風味なトラックに、ファルセットで鋭く舞うフックが耳に残る一曲。Joseph Belmaati制作の「Promise」は昔のBrandyやMonicaなんかを思い出させる(LaFace全盛時代を彷彿とさせる)純粋R&Bミッド、しっとり濡れて輝く朝露みたいに綺麗なメロディに、優しくそっと寄りかかる様な少女時代のヴォーカルがふんわり聴こえるナイスな一曲。数多くのK-Pop曲を手掛けているKenzieが制作を担当した、いわば鉄板タッグで挑んだ「Express 999」もキラキラなエレクトロポップで流麗かつ鮮烈、しかし途中でダンステクノっぽいビコビコ点滅するリズムを挿入したり、かと思えば思い切りブリブリアイドルな王道キャッチーなフックを配したりと中々面白い。雪の結晶みたいにすぐと溶けて消えそうな優しく儚いメロディが切ない「Lost In Love」はPark Chang-hyun制作、バキバキとへし折る様な乱暴な電撃ビートに少女時代のコケティッシュなヴォーカルが華やかに疾走する「Look At Me」はTrinityが制作。「XYZ」はまさかのStereotypesの面々が制作関与で驚き、ベタベタな直角系テクノポップなんですがまーそれはそれで良いかな、呪文みたいな下降線フックも単純にノれますからね(笑)。最後を飾るのはHyuk ShinとJordan Kyle制作の「Romantic St.」で、これなんかは少女時代が歌ってしまうと単なるブリっ子になっちゃうから危険な一曲ですね。

ハングル語だから聴き難いかなーと敬遠していましたが、音楽に言葉の壁はありませんでしたね(笑)。大体、このブログで色々と黒音楽を書いているけれど、英語だって何一つ分からない訳ですから。絶対に買いだ!なんて事は全くないですし、やはりどこかアイドル臭さが抜けませんが、全米進出盤を出す際にはもっとクールにガツガツ攻めて欲しいものです(期待)。ただ女性好きの僕としては、Sunny盤も買って写真を拝みたいです(阿呆)。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/14のツイートまとめ
roc_queen

夕飯食べて、そのまま四時間ぐらい寝てしまい、眠れない。明日も朝早いのに、D'Angeloのライヴ盤を夜中に流してる、鮮烈な夢心地に陥る。
01-14 01:49

iPhone三台と、KindleとiPad、iPod nanoとiPod touch、全部にそれ専用のプレイリストを装填してる。だから、あれを聴きたいと思った時に、それが入ったデバイスに当たらないのは、辛い。
01-14 01:53

因みに、Dのライヴ盤はiPad装填モノ。隣りで青白く光ってるのはBluetoothスピーカーなんだけど、これがとても良くて、重宝している。 http://t.co/Y6QRoKXo
01-14 01:56

これがそのBluetoothスピーカー、確か6000円ぐらいで買った。凄く良い、でもTDKのあのデカイBoomBoxを狙ってる、迷ってる。 http://t.co/kvirYQov
01-14 01:59

結局眠れないまま、Dのライヴ盤を丸々聴き終えた。仕方ないから、このまま次はこれを垂れ流し。#nowplaying Foolish Heart - Abiah - Life As A Ballad
01-14 02:14

これ、三分の二ぐらい読んだんだけど、途中から仕事で手一杯になって、結局読み終えてない。また最初から読まないと、ちょっぴりうろ覚えで、感情移入できない。枕元にスタンバイさせたままは、勿体無い。 http://t.co/zKLj8E0y
01-14 02:15

なんだか寝た気がしない。ダル重いなー、一日は働けない。#nowplaying The Work Pt.1 - Prince - The Rainbow Children
01-14 08:13

これを聴きながら、夜に山路を超えてゆく。なんとも流麗ではないか。 http://t.co/qs10AKZ8
01-14 20:58

わざわざ中古屋寄ったのに、特に何も無く。と言いつつ、この二枚を掘り出す。 http://t.co/G5kPBmUS
01-14 21:31

Justin Timberlakeの新曲を聴いたら、やけにPrinceに浸りたくなった。#nowplaying Sex In The Summer - Prince - Emancipation [Disc 2]
01-14 23:33

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/13のツイートまとめ
roc_queen

なんだかんだで、この盤がかなり好き。Princeのデビュー作。#nowplaying So Blue - Prince - For You
01-13 09:13

Dawn Richard - Miles by Dawn_Richard via #soundcloud http://t.co/eQB3g2d6
01-13 09:23

コッチだけかな、LLが出演してる映画『S.W.A.T』がテレビであってる。
01-13 13:25

Photoset: 少女時代が好きというより、歌唱力もあってカワイイTaeYeonが好きといえる。その次はSunny、あのブリっ子がたまらない。... http://t.co/ITOyTPXP
01-13 18:02

Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

少女時代「Girls' Generation [Girls & Peace]」
girlsgeneration2-girlsandpeace-3.jpg

韓国と日本を股にかけて活躍し、遂には全米デビューまで果たした美女集団、少女時代の日本二作目となる『Girls' Generation [Girls & Peace]』を御紹介。そうなんです、僕は少女時代が好きでして(笑)。他の韓流のアーティストは全く知らなくて、少女時代と東方新起のみが僕の鑑賞対象となっております。少女時代は全部で9人で構成されているんですが、ヴォーカル担当は中の五人と意外にもきちんと選別されており、僕は中でもTaeYeonが一番のお気に入り。
という訳でいつもみたいに本腰は入れずにサックリ書きますと(失礼)・・・・・・まずは本作からシングルカットされた「Flower Power」はTRINITYが制作、これはビカビカと眩く鋭く明滅する照明シンセがザクザク感触を生み出すサイバーなアッパー。ブイブイと歪んで響く電子音のうねりを他所に、少女時代の面々の可愛くて華やかな歌声がスプラッシュする感覚がナイスですし、Sunnyの早口で唱える呪文みたいなブリッジがキュート。ドクドクと音を立てる鼓動ビートが強烈なERIK NYHOLM、ERIC PALMQWIST、TOM AEIO、HANK SOLOが共同制作の「Animal」も、エレクトロポップを巧く取り入れた衝撃波みたいなトラックで常に前のめりにエッヂーに攻め込みます。ラップ寸前な早口で捲し立てて滑走する斬り込み系のアッパー「I'm A Diamond」はDAPO TORIMIROとPRISCILLA RENEAが共同制作。これもカッコ良くて、一時期のTimbalandとDanjaが制作しそうなドカドカと地響き起こす泥臭いジャングルビートで痛快。LARS HALVOR JENSEN、MARTIN MICHAEL LARSSON、ZAC POORが共同制作した「Reflection」はどこか懐かしいレトロポップでキラキラと綺麗に輝く、少女時代のシャンパンゴールドなヴォーカルが弾けて跳ねる軽快な一曲。SEBASTIAN THOTT、ANDREAS OBERGが共同制作したフローラルで柔らかな香りが漂う花畑ミッド「Stay Girls」は鉄板の可愛さ、KALLE ENGSTORMが制作のこれまたTimbalandっぽい歪んだヘヴィーな重装備トラックが華奢な少女時代の歌声と対比して面白い「T.O.P」はどこかThe Pussycat Dollsを彷彿とさせるクールネス。 日本の歌番組でも何度も披露していたのが、純朴で切ない透き通った綺麗なバラード「All My Love Is For You」、BACHLOGIC制作の澄んで流れる小川のような清廉なメロディに乗せて、少女時代の優しく微笑むような天使の歌声が燦々と降り注ぐ素敵な一曲です(癒)。そして何よりここ日本で結構前から披露されていたのが「Paparazzi」なんですが、これが非常に微妙で全くハマらず、この曲のせいで本作も買おうかどうか迷っていた程(苦笑)。あとはガールズポップ丸出しなブリブリなポップロックチューン「Girls & Peace」、ERIK NYHOLMとPATRICK HAMILTONが共同制作した聴かせるピアノバラード「Not Alone」と、どれもベタであまりにひねりの無い楽曲が続きます。

うーん、どうも浅い仕上がりでちょっとガッカリ。日本デビュー盤となる前作の方が断然良かった、なにがこれほどに印象を変えたのかな(疑問)。前作ではかなりクールで尖った楽曲を中心に組んでいたんですが(国産R&Bっぽいタッチが強かった)、本作では元来の少女時代のスタイルであるアイドルっぽさが全面に押し出されていますね。せっかくTeddy Rileyと組んだりしても、またこの感じに戻ったんでは勿体無い。とか言いつつも少女時代は好きですけどね、だからこそUS進出を頑張って欲しい。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/12のツイートまとめ
roc_queen

Kindle Fire HD、そんな使いにくくないけどな。
01-12 17:09

iMacはなんとか復旧致しました。RTなどで援助して下さった皆様、ありがとうございました!多くのデータを失いましたが、多くの優しさを頂きました。
01-12 17:24

Justin Timberlake好きはどうやら多いけれども、果たして'N Sync時代の楽曲から好きな人はいないだろうか。その頃を含めて、JT談義をしたい。
01-12 17:38

明日の休みを有意義に使わないと。#nowplaying The Question Of U - Prince - Graffiti Bridge
01-12 23:15

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/11のツイートまとめ
roc_queen

本当なのか、信じていいのか?http://t.co/2YbcaSoE
01-11 00:25

最近はCiaraやKeri Hilson、Leona Lewisとあちこち彷徨った。けれど、結局は一周回って、Beyonceに僕は戻って来るのだろう。 http://t.co/7vS2TJEH
01-11 01:16

胃もたれかな、朝から体が折れ曲がる鈍痛。でもこの曲が沁みる、半分、悶えて折れ曲がる。#nowplaying The Wind - Allen Stone - Allen Stone
01-11 08:15

JTとTimかー、Danjaもそばにいるのかな。
01-11 12:29

ほえー、Lil Twistモデルのヘッドフォンか。欲しいな、というか音楽活動は? TWIST BY TWIST LOL!! http://t.co/50TnDpkS
01-11 12:38

日本でも買えるかなー。TURN UP!! http://t.co/S0TpFpoF
01-11 12:38

Justin Timberlakeが再始動しそうだ、しかも新曲にはJay-Zが参加するという噂が流れている。何で読んだか覚えていないが、Justin Timberlakeが『FutureSex/LoveSounds』を… http://t.co/VP462UnS
01-11 23:37

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/10のツイートまとめ
roc_queen

コンセント、Kindleケーブル、USBハブ。
01-10 01:19

え、N.O.R.E.って、P.A.P.I.に改名したの?
01-10 11:56

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

01/09のツイートまとめ
roc_queen

白黒Ciara、ニットからのぞく肩に物凄く興奮する。 http://t.co/mpHKdquZ
01-09 22:59