RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

03 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/30のツイートまとめ
roc_queen

James Poyserに、Ndegeocelloも参加してたから買ってみた。中古300円、思ったよりロック寄り? http://t.co/zEkzBzkcCr
03-30 12:40

これは激安100円で放り出されてた、Westlifeの一員のソロ作。 http://t.co/F9ARQk28VB
03-30 12:43

これは500円、Dipsetデビュー10周年を祝して、ちょっとマイナーなHell Rell。 http://t.co/yzLZmzu762
03-30 12:48

スポンサーサイト

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/29のツイートまとめ
roc_queen

#nowplaying: "Right At The Core" from "A Love Surreal" by BilalJTで巷が沸点超えてる中、僕はBilalもゆっくりじっくり聴いている。Princeぽい、彼のもまた美味也。 http://t.co/yDAWw2Eq0E
03-29 01:43

また、本が途中で止まってる。仕事、忙しいというか、気持ちに余裕が無くなってる。ブログも更新なかなか出来ず、放置状態。
03-29 01:45

Tyler, the Creator、遂にErykahを引っ張り出したのか。凄いな。
03-29 14:25

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/28のツイートまとめ
roc_queen

#nowplaying: "Say The Words" from "Looking 4 Myself" by Usherなんだかんだで、この作品は聴き返してる、何度も。Usherが好きだし、この作品も素敵ではあるし。 http://t.co/BtGGLkPGje
03-28 16:45

#nowplaying: "Numb" from "Looking 4 Myself" by Usherこの中の「Climax」の革新性を、あと何カ所かで作品全体に散りばめられたなら、きっと軍配はUsherに上がってた。 http://t.co/ccC1gqX8xq
03-28 16:48

#nowplaying: "Looking 4 Myself Feat. Luke Steele" from "Looking 4 Myself" by Usherその意味でJustinは、ソウル回帰に寄せつつ、サウンド革新してる。 http://t.co/Q1HS7ktVSe
03-28 16:53

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/27のツイートまとめ
roc_queen

今更、OmarionのMixTapeを落とした。「Paradise」もよかったし。でも、MMG加入は、吉と出るか凶と出るか?
03-27 01:04

Ashantiの新作は、もう出ない気がする。というか、もはやベストなタイミングは逸してしまってる気がする、致命傷。#nowplaying Trying Not To Fall Asleep - Brian McKnight - More Than Words
03-27 01:14

凄いなー、時代は進む、置いてかれそう。Check Out Lil Wayne's "I Am Not a Human Being II" Animated Cover http://t.co/zugRzjsM0b
03-27 13:03

なんか素敵カワイイ、Brandy。http://t.co/lEAsoKsQot
03-27 14:11

この組み合わせでこそ、Usherの真骨頂が実現する、と期待する。皆の願いが通じたのかも。http://t.co/x0LYq7XDyG
03-27 14:20

Angel Hazeが選ばれてる。XXL Mobile - Latest News - XXL Freshman Class 2013 Cover Revealed http://t.co/zNc98Kx5Oh
03-27 21:40

Kid Cudiの新作、もう出そうなんだ!しかも、Weezyの新作ってもう出てるの?
03-27 22:35

今日も、中古を掘りに行った。朝ミーティングの後で。で疲れて帰って、九時まで寝てしまって、後悔。
03-27 22:57

なんか最近、音楽情報が溢れかえってて、気付いたら新作が静かに出てたりして、驚く。Weezy。
03-27 22:59

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/25のツイートまとめ
roc_queen

一気にこの三人の新譜が出揃うという、奇跡。毎日、日替わりで味わう。クリアファイルは、タワレコで買ったら貰えた。 http://t.co/Fo7tDAdp3h
03-25 00:19

#nowplaying: "Never Be The Same" from "A Love Surreal" by Bilalやっぱり天才だと思う、モロに僕のツボにハマる。 http://t.co/Dwk6ecIHHY
03-25 08:08

このToo $hortがゴキゲン過ぎる。XXL Magazine (xxl): Too Short Escapes Felony Drug Possesion Charges In Recent Arrest: http://t.co/eqkQ5qTGNx
03-25 08:10

#nowplaying: "Best Of Me" from "Open Invitation" by Tyrese時間を空けて聴くと、余計に沁みるなー。本当にTGTのアルバム出るかな、期待して待ってていいかな。 http://t.co/hWPDJzb9Jf
03-25 12:52

もう誰もDr. Dreの新作は期待していない。
03-25 22:36

こないだこれを300円で発見し確保、Eminemが本当に関与で、時代を感じた。 http://t.co/pLKfwoV4Ql
03-25 23:27

勿論、JTの新作はすこぶる良い出来な訳で、中でもどの曲が好きかなと。
03-25 23:37

#nowplaying: "Black Orpheus" from "Zulu Guru" by Jesse Boykins III & MeLo-Xと言いつつも、聴いてるのはコレ。夜中には良い、てか目が冴えて眠れなくもなるが。 http://t.co/0wVE8H2EOX
03-25 23:41

John Legendの新曲、Who Do We Think We Are (ft. Rick Ross)、Ross参加がちと僕にとって微妙だけど、B!nk製作ってのが相当デカイ。 #soundcloud http://t.co/RnZJHE7e6N
03-25 23:57

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

T.I.「Trouble Man: Heavy Is The Head」
ti-trouble-man.jpeg

“サウスの帝王”の名を欲しいままにし、どころかHip Hop界の若き帝王寸前まで登り詰めた男、T.I.の通算八作目となる『Trouble Man: Heavy Is The Head』を御紹介。いや、惜しかった、本当にT.I.は帝王の座に最も近い時期があったんです。しかし刑務所に収監されたのが痛かった、あの空白さえ無ければ、あのまま上昇して確固たる地位を築けたのに(と言いつつも、同じく刑務所休業が発生したLil Wayneは衰えた感は無いが)。と言いつつもきちんと作品はコンスタントにリリースしていますし、やはり安定感は抜群、しかも二枚目っぷりは健在ですしね(羨)。この西部劇の映画ポスターみたいなジャケットはなかなか乙ですな、アリですな(安堵)。
それでは肝心な中身はどうなってますでしょうか・・・・・・さあ、まずはMarvin Gaye「Trouble Man」をベッタリ甘酸っぱく漂わせた(サンプリングした)「The Introduction」でスタート、制作はK Tracks、Tommy Brown、Travis Saylesが共同制作。ただソウルフル風味はちょびっとだけで、渋めの電子音をグラインドさせて突き抜けさせ、T.I.が少し裏返るようなサグい声でフックを繰り返すのがカッコイイ一曲。The O'Jays「Shiftless, Shady, Jealous Kind Of People」を下敷きにした野太く唸る「G Season」はCardiakとElliot Stroudが共同制作、ボコボコと地雷が爆発するオフロードをズカズカと突進するようなタフなT.I.のラップは二枚目。客演には若手有望株のMeek Millが参加、相変わらずの金切り声寸前のキレキレなラップで援護射撃を放ちます。T.I.の盟友といえるDJ Toompが制作を担当した「Trap Back Jumpin」は、サウスの泥臭いバウンスをMAXに引き上げた、ドロドロと重油っぽいビートを破裂させたヘヴィーなミッドで、そんなモッサリしたトラック上でもナイフの様に斬れ味鋭いT.I.のラップの威力がグッド。No I.D.とBrian Kiddが共同制作したってだけで要注目な「Wildside」は、電子鍵盤上を指先でジャーッとなぞったエッヂ抜群のメロディと、砂塵のようなザラザラした礫ビートがチキチキと刻まれたラフなビート。こういうマイナー調でロウテンポなトラックでもT.I.は恰好良い、だけどここで客演しているA$AP Rockyがこういうスローモーションなトラックは巧く、少し抜けたような空気を含んだパフパフしたフロウが妖しくキマったナイス援護射撃。Lil Wayneが客演参加した鉄板チューン「Ball」、制作はRico LoveとEarl & Eが共同で担当。これはもうガチャガチャにビートとピコポコ電子音を乱打した電撃みたいな喧騒曲で、ノンストッップ息継ぎ無しで跳ね回る二人のラップが超ホット。かのAndre 3000を召還したシリアスでドラマチックな「Sorry」は、Jazze PhaとClef、Po Johnsは共同制作。ポロポロとひび割れながら壊れるようなピアノ旋律の儚げな音色と、厳めしくカチカチと硬く鳴るビート、終盤でのAndre 3000の旋風みたいに吹き抜ける、針みたいに尖った光速ラップが最高にキレキレ。Willie Hutch「I Choose You」を45回転早回しで下敷きにした、哀愁メロウな甘美バラッド「Can You Learn」はDJ Montayが制作。最近はこういう早回しでの甘酸っぱいソウル使いって極端に少ないから逆に新鮮、ゲストのR. Kellyが歌声を挿しているので余計にスウィートでまろやかな味わいでかなり美味。「Go Get It」はT-Minusが制作を担当、ズルズルと悪魔的に響き渡る濃霧のように息苦しく冷たいゾワゾワ電子音の中を、ステルスみたいにギラギラしたラップで切り抜けるT.I.のラップの痛快さ。続いてもT-Minusが制作(Co制作にはNikhil "Kromatik" Seetharam)した凍てつくドラマチックチューン「Guns And Roses」では、P!nkがそのすべての痛みを叩き壊すようなエモーショナルで骨太なヴォーカルで華を添えます。ここ最近でまたトレンドとなりつつある、ドロドロ腐敗させたスクリュー趣味な「The Way We Ride」はLamar "Mars" Edwardsが制作を担当。こういう爛れ落ちるようなバウンスビートの中で舞うT.I.というのは異様な美しさがあって、かえってその斬れ味が増す不思議な味わいがある(溺愛)。Lil Cが制作を担当した「Crusin'」ではT.I.がシュガーエフェクトも駆使して甘ったるく歌っている異色曲、このタイトルだからある程度はサッパリ清涼なメロディ物は予想したけれど、まさかNellyばりにT.I.が歌うと思わずかなり驚いた(感想はというと、僕はまあアリだと思う)。T-Minusがまたもや制作した「Addresses」はいかにもT.I.のバキバキ系の鉄鋼ビートが炸裂、ただ昔ほどのヤンチャさが無い気も。「Hello」はThe NeptunesのPharrellが単独で制作、それでもThe Neptunesだと分かる柔らかな電子音の暈けた明滅と、チキチキと細かく振動する機械ビート、それからほんのり甘くビターなソウルフルなメロディでたまらない(酔)。しかも客演には怪鳥Cee Lo Greenと来たから文句なし、フローラルで柔らかなメロディ&ヴォーカルでふんわり昇天してしまいます。再びDJ Toompが制作した凹凸凄まじい南部仕込みのバウンスビート「Who Want Some」は強烈、何よりもトラックの裏でT.I.の“あいっ♪あいっ♪あいっ♪あいっ♪”を連ねているのがズルイ。SanchezがElton Johnの名曲「Your Song」をサンプリングし、そのサビをAkonに歌わせたモロ反則な悲哀チューン「Wonderful Life」、Rock CityとJevon Hillが共同制作した「Hallelujah」(歌フックはNetta Brielle)と、アダルトな魅力も滲んで来たT.I.の侘び寂びが味わえるエンディングとなっております。

昔のサウス丸出しなギラギラした、脂の乗ったT.I.とまではいかないまでも、様々なスタイルを取り入れながらもシャープでサグいT.I.節は健在でやはり痺れますね。90年代のHip Hopに慣れ親しんだ三十路寸前の僕にとって、T.I.って新世代のMCだった筈なのに、今では昔ながらのファン気分なんですから、Hip Hopの流れが急激に変動しているのを痛感しますね。それこそA$AP Rockyなんかが招集されていて、そこでは渋味の違いを魅せつけてくれてて、互いにカッコイイ魔法が生まれているのも面白い。惜しむらくは、もう何曲かDJ ToompとT.I.の合体曲を聴きたかったかなー、まあでも充分にカッコ良くて満足で御座います(美味)。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/23のツイートまとめ
roc_queen

画像: この頃のChristina Aguileraはとってもキュート。 http://t.co/BUdNztHdz8 http://t.co/hIWT910gGS
03-23 12:27

画像: Ciara詰め合わせ。 http://t.co/1nbqZxbn9r
03-23 12:36

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/22のツイートまとめ
roc_queen

ああああああ素晴らしいーーー!India Arie - Cocoa Butter by thisisrnb via #soundcloud http://t.co/pO1VQvsZcG
03-22 12:43

たいへんよろしゅう御座います。#nowplaying The Front, The Back, The Side Feat. Niko McKnight - Brian McKnight - More Than Words (Deluxe Edition)
03-22 12:52

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/20のツイートまとめ
roc_queen

近くのショップに在庫ないので、久々にAmazonで予約Bilal。
03-20 12:26

最近やっと、この音世界に慣れてきて、ゆったり遊泳できる様になった。#nowplaying Suddenly - A$AP Rocky - LONG.LIVE.A$AP (Deluxe Version)
03-20 12:59

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/19のツイートまとめ
roc_queen

最近またこれをiPhoneに装填して、お気に入りになってる。 http://t.co/LYwEMpz8k3
03-19 00:49

Keriも誰かと交際してたよね、皆がどんどん奪られる。http://t.co/VmKjTPBIfA
03-19 00:56

深夜に堪らない。http://t.co/UEhMWmmV83
03-19 00:57

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/18のツイートまとめ
roc_queen

最近は花粉症だから、なるべく部屋の中にいる。でこれを読み終えた、まぁ面白かった。僕はどうも、古臭いらしい。 http://t.co/naYhKFUTP4
03-18 20:27

画像: 僕が今、注目している女性MCは、Tiffany Foxxだ。 http://t.co/diTb6BkP4Q
03-18 21:03

画像: Lotus、睡蓮、仕上がっているChristina Aguilera。 http://t.co/BUdNztHdz8 http://t.co/S6gyOE7flz
03-18 21:12

画像: ショートヘアのChristina Aguileraもかなり素敵。 http://t.co/BUdNztHdz8 http://t.co/GbAkcra4Yj
03-18 21:15

画像: 僕の中のChristina Aguileraはこれ、この容姿以外の何物でもない。 http://t.co/BUdNztHdz8 http://t.co/yG01oJ21TO
03-18 21:22

こんな夢みたいな放送あってたなんて。知らなんだ。。。 ( #wmj_live live at http://t.co/WLRYbigbbd)
03-18 21:31

BangladeshのMT欲しいけれど、どうもジャケットが気に喰わない(笑)。
03-18 21:38

Usherは若い頃こそ、大人で官能的なスロウを聴かせて、大人になってから若作り寸前なアッパーばかり配して。今こそまた、スロウジャム聴かせて欲しいのに。
03-18 21:42

今からこれを読む、買ったままだった。 http://t.co/5mZekmow7b
03-18 22:19

Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Christina Aguilera「Lotus」
a4dixpgcuaee8tu-jpg-large.jpg

その圧倒的な歌唱力で見事にアイドルを脱却した骨太タフな歌姫、Christina Aguileraの通算五作目となる『Lotus』を御紹介。同じ番組出身であるJustin TimberlakeやBritney Spearsと共に、音楽界を席巻したChristina Aguilera、最近彼女を知った若者ならばやはり、アメリカの大人気番組“The Voice”での審査員といった印象が強いのかな。しかしその歌声を聴けば、誰もがぶっ倒れる事間違い無しな迫力と上手さ。Britney Spearsに比べるとかなり本格的なシンガーといった出で立ちで、ポップからソウルからR&Bまで歌いこなす才女。そんな彼女もみるみるブクブク太って、甥まではちょっとオバサン化してしまい、このジャケットからでもその寸胴みたいなボディがチラリ(涙目)。
まあ体型と作品の中身は無関係なんで泣き言はこのぐらいにして・・・・・・まずはAlex Da Kidが制作した「Lotus Intro」で幕開け、ボワンボワンとぼやけた電子音の膨らみトラックの中で、アンドロイドチックな微振動ヴォーカルでじわじわ遊泳するスムーズな滑り出し。そしてTracklacersが制作したズカズカと加速する硬質ビートと明滅シンセが華やかでエッヂーな「Army Of Me」は、流線形のメタリックトラックに乗っかり吠え立てるChristina Aguileraの激旨な歌声がガツンと響く。Lucas Seconが制作を担当した「Red Hot Kinda Love」はインディアンみたいに高揚しバキバキ跳ねるスパイシーな一曲で、力強く唸ったり裏声ですーっと抜いたりするヴォーカルが入り乱れ、なんだかまるで気ぜわしくもカラフルで愉快なサーカスを観覧しているような気分。またもやAlex Da Kidが制作を担当した「Make The World Move」では、盟友(?)となりそうなCee Lo Greenが客演参加、飛沫みたいに飛び散るアグレッシヴなホーンや電子音が眩い鮮烈アッパーで、ソウルフルで馬鹿力な二人のヴォーカルがぶつかって閃光を放つナイスなダイアモンドみたいな一曲。「Your Body」はMax MartinとShellbackによる共同制作、ビカビカと目が眩みそうなぐらいの強烈なフラッシュを連続させる、ギラギラで爆発力抜群の炸裂系のアッパーは十八番スタイル。でもけして速度は早過ぎずにじっくり間を取って、グイグイとグラインドする辺りが憎いメロディ運び、だからこそ一発一発をバチンと弾けるChristina Aguileraの歌声がカチリと嵌る訳で。またまたMax MartinとShellbackが共同で制作をした「Let There Be Love」は、もう飽き飽きな四つ打ちビートからの段階踏んで駆け上がるシンセサイザーの煌めきポップなんですが、やはり聴いたらテンションMAXで跳ねてしまうキャッチー過ぎるベタアッパー(悔)。ただやはりかなりメロディがゆるやか曲線でスマート、ギラギラ寸前のキラキラで止めて流麗で色鮮やかに仕上げているのは巧い(策士二人)。「Sing For Me」はStep Manahanが制作を担当、まるで時間を逆戻ししている様なザクザクと引き摺るピアノ旋律、荒び冷たくも芯のあるタフなバラードはChristina Aguileraの骨太艶やかなヴォーカルにとってもお似合い。同じくピアノ鍵盤の弾き語りによる純粋なバラード「Blank Page」はChris Braide制作、潤いと気丈さを含んだ清廉とした歌声に力強くも優しくきゅっと抱き締められる綺麗な一曲。激しく打ち叩かれる太鼓の大群ビートが押し寄せるも、どこか繊細で脆そうなガラスメロディが耳に残る「Cease Fire」、Alex Da Kid制作のドラマチックで凍てつき尖った痛々しいバラード。Dwayne "Supa Dups" Dhin-queeが制作を担当した「Around The World」は、硬質なビートとピコポコとレーザーみたいなシンセが激しく交錯しスプラッシュする強靭なアッパーでグッド。Alex Da Kidが制作した「Circles」はまるでRihanna印なトロピカル味のキュートポップで、フックでの捻れたエフェクトもカッコイイしなんだか病み付きになってしまうハジけっぷり。またまたAlex Da KidがJayson Dezuzioが共同制作した荘厳で雄大なパワーバラード「Best Of Me」は、Christina Aguileraの猛々しくも凛として輝く女性的な逞しさが光る一曲。番組『The Voice』繋がりでBlake Sheltonと共演した「Just A Fool」はSteve Robsonが制作、これはもうベタベタ王道な圧巻バラードなんだけれど、厭味もなく単純に聴いていて痛快だし心が鼓舞される躍動感たっぷりのラヴバラード(鳥肌)。一応ここまでが本編の内容で、国内盤にはこれらにボーナス曲が追加されております。まずAlex Da Kidが制作した聖なる光が全てを包み込む後光バラード「Light Up The Sky」、これは下手すると大袈裟になりがちだと思うけれど、Christina Aguileraの威風堂々たる歌声がそれを感じさせず、またブリッジの少し南国っぽくユルく透かす辺りのメロディ運びも秀逸。Busbee制作の「Empty Words」もそういう意味では王道のバラードで聴いていて安心、こういうのが本当にお似合い。それら王道に対し、ジャングル臭い泥ビートに塗れるアグレッシヴなアッパー「Shut Up」は結構と奇天烈で楽しい。Alex Da Kid制作で下品に際どいひっちゃかめっちゃかな繁雑ビート&メロディが痛快。あとは「Your Body (Martin Garrix Remix)」「Your Body (Ken Loi Remix」がオマケで付いています。

んーーー、やはり物足らない仕上がりかなー(困惑)。やはり僕ら世代はガッツリ『Stripped』を聴いた身なんで、こういう一辺倒なポップ作品ごときでは物足らないというか。そういう意味では成功とまでは言えないまでも、失敗作と野次られる前作『Bionic』の方がまだ攻めていたし、尖った部分はあったか。でもAlex Da Kidは良い仕事しているし、ガッツリ歌うChristina Aguileraを楽しめるのは本作の方だし、なんとも難しいところ(微妙)。というかやはり、太り過ぎというのが一番大きいかな、その分Christina Aguileraの持ってたシャープでエッヂーな感触が薄れている気がします(詮索)。とか言いつつも普通にカッコイイし、楽しんで聴ける魅力はある訳で、やはりChristina Aguileraに対する期待度が半端じゃないってのが真理か(苦笑)。またバッチリ痩せて、ダーティなあの頃を取り戻して欲しいなー。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/17のツイートまとめ
roc_queen

フォトセット: Nicki Minajじゃそろそろ、凶暴性を全面に出して欲しい。 http://t.co/DdEVfC42cT
03-17 18:52

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/16のツイートまとめ
roc_queen

まぁ、順当か。The 25 Best Justin Timberlake Songs http://t.co/pXCpLQ7vi0
03-16 14:23

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/15のツイートまとめ
roc_queen

画像: Iggy AzaleaとA$AP Rockyのカップル、僕は好きだったのだが(残念)。さてIggy... http://t.co/p3wAUrojt5
03-15 21:31

画像: CiaraとLudacris、Ciaraと50 Centなど、色んな恋仲を妄想しヤキモキしていたが(Bow... http://t.co/AEmQKHDbLW
03-15 21:35

画像: Nicki Minajの今後が心配、もっとハードになれば良いのに(悔)。 http://t.co/ecDnV8pQ7T
03-15 21:47

Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Abiah「Life As A Ballad」
0001869320_500.jpeg

N.Y.を拠点に活動する熟練シンガーソングライター、かつてはJeremiahの名で作品を出した経緯も持つAbiahの通算ニ作目(Jeremiah名義のファースト・アルバム『Chasing Forever』を含めて)となる『Life As A Ballad』を御紹介。Abiahは十歳で作曲を始め、その後は大学でオペラを専攻してたのだとか。Abiahはその後、George MichaelやAmel Larrieux、Yolanda Adams等のバックヴォーカルを務めていた時期もあるとか。そんなAbiahといえばやはり、かのRobert Glasperの従兄弟というのが大きなトピックとなっていますね、ここ最近の風潮でいえば仕方ないのですが。そして本作はかのN.Y.レーベル“Purpose”からの配給という事で、通ならば確実に手に入れたい一枚。
という前置きはこのぐらいにして・・・まず本作の全曲を制作したのは、Jeremiah Abiah本人とKeith Wittyの二人。あとは先述のRobert Glasperが全曲に演奏で参加しているのも大きなトピック、今や天下のRobert Glasper様ですからね。まずは本作からの先行シングルとなったのが「September」、それこそピアノ旋律のポロポロと零れ落ちるような儚げで柔らかな音色がたまらなく美しいバラード。凛として淡いメロディの上で、Abiahの濃厚なんだけどスウィートな力強いヴォーカルがひらひら舞う素敵な一曲。僕的に驚いたのが続く「Doves」で、これはかのPrince「When Doves Cry」を大胆にアレンジした意欲的なカバーで御座います。ただこれ、一聴しただけではそれと分からない程のアレンジで、原曲の持つ棘や鮮烈さやタフさを徹底的に削ぎ落とした、ピアノとストリングスを基調とした清冽で透き通った珠玉のバラードへと昇華しています(驚)。ただAbiahの月に吠えるようなドラマチックなヴォーカルは、時としてPrinceみたいな妖艶さを放っていて凄まじくクール。アコースティックギターの雨曇りみたいなじっとりした音色が沁みる「Foolish Heart」も素晴らしい、まるで柔らかに煙る様な夕立の中を濡れながら歩くような、そんなウェットな感触と緩やかなメロディが溶け合う一曲。「This Time」もAbiahのちぎれ雲のようにぼんやりとした輪郭のヴォーカルがふわふわ漂う、アコースティックなナンバーで聴いていてぐっとくる。じっとりと濡れた艶やかなAbiahの歌声にじわじわと酔いが回るジャズっぽいナンバー「Goodbye」、とにかく天へと突き抜ける一筋の光明のようなAbiahの繊細なファルセットが心地良く、ウィスキーを片手にゆらゆらと聴き淀んでいたいアダルトなナンバー。さらさらと爪弾くアコースティックギターの音色が鮮やかに響くミッド「Next Time Around」はほんのりスパイシー、そのメロディ上を清廉と美しいAbiahの歌声が流れに沿って漂い去る一曲。ほんのり仄暗くドラマチックな「Life As A Ballad」はRobert Glasper節な気のする漆黒のバラードで、Abiahの歌声の発する熱だけが鮮やかに照り、そのまま空気を焦がしてモノクロにしてしまう迫力で、その色彩のコントラストが鮮明で綺麗なとっても力強いスロウ。やはりしとしとと降り続ける雨のように、静かで優美なAbiahの歌声にそろそろと溺れてしまう「September (Reprise)」もエレガント。最後を飾る「Turn The Light On」も脆く儚げなピアノ旋律にそっと歌声をすり寄せ、物憂げにしっとり降り続く細雨のようなAbiahの歌声にウットリ、徐々に世界が色を涸らせてモノトーンになってゆくような感覚がかえって心地良い珠玉のバラード(賛辞)。

なんだか巷では“Robert Glasper関与”というのが一人歩きしている気がして、もっとAbiahだけにスポットを当てていい一枚だと思うんだけど(悔)。かくなる僕はRobert Glasperが関与しているとはつゆ知らず、「September」のMVを観て途端に惚れ込んだ次第です。どこまでも純朴で温もりのあるソウル作品で、この一枚を聴いていると見つめる景色がすべて色を失い、モノクロに転調して、だからこそすべての景色の線が美しく鮮明に浮き上がって、よりハートの深部に刺さるのです(感動)。雨の日にじっくりゆっくり、読書でもしながら聴きたくなる一枚、梅雨時にまた引っ張り出してしまう予感がしますね。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/13のツイートまとめ
roc_queen

JTの試聴ストリーミング始まってるみたいだけど、絶対に聴かない。買ってからの楽しみ。
03-13 12:22

面白い!NY復権して欲しい!The 25 Best Brooklyn Anthems http://t.co/19AH2dTom5
03-13 13:22

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/12のツイートまとめ
roc_queen

僕の一位予想は、二位でした。The 25 Best Ludacris Songs http://t.co/4kjOpWO2c4
03-12 15:56

これは素敵過ぎる、Lianne La HavasがJill Scottをカバー。Jillも勿論良いけれど、Lianneめっちゃ素敵!Lianne La Havas - He Loves Me (Jill Scott): http://t.co/2zohemIdME
03-12 23:53

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/11のツイートまとめ
roc_queen

こないだこれを250円で掘り当てたんだ、幸運だったと思うよ。彼のレコード、すべて集めたいなー。 http://t.co/8Avs7QO2rE
03-11 00:02

なにげに、これ持ってなかった。コンプリートしました。 http://t.co/1dngSxmV1C
03-11 00:20

帰ったら、Hit-Boyのミクステ落とさないと。
03-11 00:21

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Hit-BoyがMixTape『HITstory』を解禁
surftshrothitboy.png

売れっ子ProducerであるHit-Boy。
Chase N. Casheと共にソングライトチーム“The Surf Club”を結成。
MySpace上の活動でPolow Da Donの目に留まり、Zone 4と契約し本格始動。
数多くのアーティストに楽曲を提供、中でもJay-Z & Kanye West「Niggas In Paris」を作ったのが彼。
現在はKanye West率いるG.O.O.D. Music所属、これからが有望視されている一人。

そんなHit-Boyが新たにMixTape『HITstory』をドロップ。
Producerなんだからビート集かと思いきや、彼がラップをした楽曲の詰め合わせ。
これがなかなか乙で、聴き易くスマートでグッド。
トラック自体もいろいろと変態な部分を掛け合わせながらも、どこた流暢にして華麗。
昔ながらのHip Hopのエッセンスを薄めて混ぜ込んだトラックメイクにゾクゾク。
これを聴かない手はないです、是非とも落としてチェックして下さい。

844a5742.jpg

DLはコチラから可能




テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/10のツイートまとめ
roc_queen

画像: Andy Alloが叩く、Princeシンボルが入ったタンバリンが欲しい。 http://t.co/nhgNTB8086 http://t.co/KntaRsv28A
03-10 12:07

画像: Alicia Keysのカッチリしたショートカット、嫌いではない。 http://t.co/8nTyeV909U http://t.co/bfPjY4s9P8
03-10 12:10

フォトセット: Twin Shadowの作品は、宵の明星に似ている。 http://t.co/LGbF3zFi6o http://t.co/rbuHqkW9A7
03-10 21:41

画像: 胸元をつまみ上げるSolange、愛くるしい。 http://t.co/kv2G70h6Fy http://t.co/P1giYW4obw
03-10 21:43

Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Twin Shadow「Confess」
Twin-Shadow-Confess.jpeg

ドミニカ共和国生まれ、Brooklyn在住のTwin Shadowの通算ニ作目となる『Confess』を御紹介。Twin ShadowはGeorge Lewis Jr.のシンガープロジェクト名、こういう表現がアメリカには多いけれど、結局は日本でいう芸名ってのと違うのかな(疑問)。Twin ShadowはGrizzly BearのChris Taylorがプロデュースした『Forget』でデビューし、この作品がインディー音楽界で話題となり、かのPitchforkでその年の年間ベストの第26位に選出されるという功績。と言っても音楽ド素人の僕は知る由もなく、本作が初Twin Shadowで御座います。この仄暗く淀んだような青みがかったジャケットが妖艶クールで最高、僕にとってはジャケットは重要です。
それではザックリとした感想を書いてみますと・・・・・・まず本作の制作を手掛けるのは、George Lewis Jr.(つまりTwin Shadow本人)とWynne A. Bennettのようで、Wynne A. BennettはBack Vocalでも参加しているみたいですね。まずはシングルでもある「Golden Light」で滑らかに清らかに幕開け、この宵の明星みたくじんわりと輝く電子音の瞬きがとっても美しく幻想的で、その上をTwin Shadowの靄っぽくぼやけたまろやかなヴォーカルがふわふわ漂う感触がまたもやドリーミーで素晴らしい。ザクザクとしたエレキギターのカットにバスバスとキックするビートが尖っていて恰好良い「You Call Me On」はロック調の一曲、エフェクトをかけてグニャグニャと変形歪曲するTwin Shadowのダークでソリッドなヴォーカルが鮮烈で刺激的。ハートの鼓動に呼応するゾクゾクするリフがインパクト大で、ジューシーな電子音が迸る華麗な一曲。疾走感を最大限に発揮した開放感たっぷりのロックテイスト曲「Five Secounds」、まるで何かに焦がれる様な、ハートがバクバク鼓動を打つような、このハラハラするメロディの高揚がたまらない(興奮)。なんというか70年代のファンタジーSF映画を観ているような懐かしさ、チープでベッタリしたカラフル電子音を散らしながら走る、息遣いにも似たTwin Shadowのまろやかでパワフルな歌声がナイス。爪弾くギター弦の音色が湿っぽくこだまし、闇を仄かに照らすような滲んだ明るさが魅惑の「Run My Heart」もどこかレトロなタッチのメロディ。なんというかだだ広い水平線の向こうから朝陽がじんわり昇るような、そんな微かな眩さと温度の上昇を思わせるトラックが夢想趣味で綺麗だし、Twin Shadowの乾いた風に絡まりながら潤いを弾けさせるようなヴォーカルがまったりと清冽で美しい(溜息)。これまた懐かしい感じのザクザクとエッヂのある弦の跳ねるようなメロディが軽やかな「The One」、Twin Shadowの歌声は割と低めでちょっと暈けているんですが、それが楽曲の持つ鮮やかに少しエッチングを効かせて、錆びた風味のある重厚クリーミーなテイストに仕上げていてグッドなんです。「Beg For The Night」での真っ直ぐと清純な歌いっぷりも素敵で、万華鏡の様にめくるめく色彩の艶やかさと相俟り、灯影のようなジワジワと煌めき照らすTwin Shadowのヴォーカルが神秘的。ベコボコと捻じ曲がったビートとピコポコ電子音が機械的に絡む「Patent」は、とても無機質でスペイシーな無重力トラックで、ヒンヤリした感触と遊泳感がたまらなく病み付きなミッド。瞬く満天の星空の下を滑空するようなロマンチックなメロディが聴き手を飲み込む「When The Movie's Over」、銀河を滑らかに艶やかに輝かせながらとろけるTwin Shadowのダウナーなヴォーカルがたまらない。Lana Del Reyみたいな陰鬱で刺々しいピアノ鍵盤メロディが耳にチクチクと刺さる「I Don't Care」、Kid Cudiなんかにも通ずる退廃美ロックで、擦れた声でじわじわと焦げ臭くなるTwin Shadowの悶えに近い歌声も病み付き。最後を飾る「Be Mine Tonight」は静寂の中で生命的躍動感が華開くエネルギッシュな恍惚ミッドで、幾度と繰り返されるフックが雄大に広がり全てを光で飲み込んでしまう圧巻の一曲。しかしこの後には隠しトラックとして「Mirror In The Dark」も収録されており、これが音数少なくベチャベチャとした泥みたいな電子音の瞬きの中で、Twin Shadowの暈けた歌声が燦然と輝き抜群の明度で澄んだスロウに仕上げている魔法曲でグッド(余韻)。

素敵の一言、R&B好きでもすんなり聴けるであろう、結構ごちゃ混ぜな音楽スタイルでクール。そういう意味では、どことなくPrinceを思わせるようなコラージュ嗜好で、鮮烈でありながらも少し円やかさも残した、秀逸なポップアルバムだと思います(絶賛)。なんというか、とても癖のある歌声で巧いのだけど仄かにダークさもあって、でもまろやかさも兼ね備えているから暗くなり過ぎないという絶妙な匙加減。ストップモーションのスローモーションを音で表現したカッコイイ音楽、これからの活躍にもかなり期待できますね(興奮)。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/09のツイートまとめ
roc_queen

Futureはランクインはするも、大体8か9位あたり。しっかし、一位が彼とはね。The 10 Most Stylish Rappers From Atlanta Right Now http://t.co/g9ioMQcEhw
03-09 08:21

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/08のツイートまとめ
roc_queen

この頃の黒音楽は知らない、だけど250円だったので買いました。 http://t.co/aN9KG9YNsU
03-08 14:29

第一弾は持ってて、第二弾探してた。幸運、しかも250円だった。RZAでなく、Bobby Digitalです。 http://t.co/gTguwPJUhX
03-08 14:31

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/06のツイートまとめ
roc_queen

なんかお似合い、Futureならば許せる。http://t.co/D6hsAmn2Uk
03-06 08:04

Ciaraは踊れるからアッパーを、ってのも分かるけど、僕はやはりCiaraはこういうスロウが似合うと思う。Body Party by Ciara Official via #soundcloud http://t.co/4DmGDZ6Q5A
03-06 12:24

Mike-Will Made It、ずっと良い仕事してる。Body Party by Ciara Official via #soundcloud http://t.co/4DmGDZ6Q5A
03-06 12:26

Ciaraに恋人が出来たのは悲しいが、相手が僕の好きなFutureだから、許せる。Body Party by Ciara Official via #soundcloud http://t.co/jcDWV0nc9I
03-06 12:27

いや、真剣にFutureはカッコ良い。昨年はあまりにも、Kendrick Lamarに票が集まり過ぎてた。#nowplaying You Deserve It - Future - Pluto
03-06 12:39

ソングライター然としてきたFuture、かと言ってガッツリ歌って欲しいとまでは思わないけど、でも彼なりのR&B盤作ったら、是非聴きたい。#nowplaying Turn On The Lights - Future - Pluto
03-06 12:42

だそうです。http://t.co/sdOPSkGoKE
03-06 12:43

中古で掘った、250円。Andre HarrellとHeavy Dの両巨頭が関与、いいはずだ。 http://t.co/zrhmP3Mt95
03-06 21:47

祝20周年って事で買い、250円。第一集よりは豪華になってるかな、てかLil Jon関与ってのに驚き、A&Rやってたんだっけ? http://t.co/OdTAYc3e2I
03-06 21:54

KwameってProducerなだけかと思ってたら、ラップとかしてたんだ。驚き、どっちが先かな。250円なり、これは掘り心地良し。 http://t.co/RrGL8icUiH
03-06 21:58

Continue

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/05のツイートまとめ
roc_queen

まさか、Audiogalaxyのサービスが停止していたなんて。これでは、中古堀りに支障が出る。#nowplaying When Stars Collide - Andy Allo - Superconductor
03-05 09:30

やっぱり上手いよな。#nowplaying Zero Feat. Meek Mill - Keyshia Cole - Woman To Woman
03-05 09:33

カッコ良いよねー。RAHBI RAHBI - "Distant Shade" (FREE Download) via #soundcloud http://t.co/a6j7x2dExE
03-05 09:44

落としてなかった。LucilleGhatti Ya Girl lurks (luv you boi) via #soundcloud http://t.co/SK4c9tMalD
03-05 09:45

誰か、Audigalaxyに代わるサービス知らないかな。
03-05 10:57

やっぱりTweetの新EP、デジタル配信のみなんだ。道理で見つからないはず、デジタルは買う気しないなー。#nowplaying River - Emeli Sandé - Our Version Of Events [Special Edition]
03-05 12:30

やっぱり、ちょっと侮ってたかなと、後悔してる。#nowplaying Where I Sleep - Emeli Sandé - Our Version Of Events [Special Edition]
03-05 12:31

さっき、店の中でLeona Lewis「Collide」が流れた途端、物凄くテンションが上がって、あーこの曲をこんなに好きだったんだと、改めて実感できた。有難い。
03-05 16:50

Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Andy Allo「Superconductor」
alloconductor.jpeg

カメルーン共和国出身で十代のときにカリフォルニア州サクラメントに移住したシンガーソングライター、Andy Alloの通算ニ作目(公式プレスリリースとしては初か)となる『Superconductor』を御紹介。Andy Alloといえばやはり、かのPrinceからの寵愛を受ける逸材として知られる美人シンガー(Princeの恋人だなんて噂も)。Prince率いるバンド、NPG(New Power Generation)の一員としてギタリストで参加もしており、いつもPrinceとAndy Alloを交互に確認しないといけないので大変なんです(笑)。Andy Alloは以前に『Unfresh』をデジタルリリースし好評を得て、その後にCDプレスもされて出回りました。本作『Superconductor』も下手したらCD化されず、Princeみたく新聞のオマケとか販売されたらとヒヤヒヤしてましたが、なんとか無事にリリースされてホッとしました(苦笑)。
それではザックリとした感想を書かせてもらいますと・・・・・・まずは本作の製作陣なんですが、全曲をAndy Alloが手掛けており、うち三曲をかのPrinceと共作しているみたいですねー、Princeが後ろ盾とは恐ろしいですね(鳥肌)。そして勿論、Andy Alloも所属するNPGもきちんとクレジットされております(当然)。まずは表題曲となる「Superconductor」がPrinceとの共同制作曲、確かにPrinceっぽいカラリと晴れ上がったような蒼く澄んだメロディでスッキリ爽快。髪型とは裏腹にけしてファンキーではなく、どちらかといえばシュガーテイストで可愛いAndy Alloのヴォーカルが華やかに舞い上がる素敵なアッパー。SaxophoneにMaceo Parker、TromboneにTrombone Shortyという無敵艦隊ばりの強力ホーンを従えて骨太に唸る「People Pleaser」が最高に超絶カッコイイ(卒倒)。二人のじわじわと温度を上げてスプラッシュするホーンの飛び散る音色、その中を転げ回るAndy Alloのじっとりと挑発的でネットリした艶っぽいヴォーカルがもう鮮烈で気絶しそう。さっき述べた通り可憐で線の細い歌声なんだけれど、こういうタフでグルーヴの強いドス黒いトラックでもけして負けない、Andy Alloの艶かしい軽やかさが最高にクール。Andy Alloのさらさらと爪弾き流すアコースティックギターの音色に心洗われる浄化スロウ「Gone」、これはPrinceとの共同制作曲ですね。紅葉溢れる秋の小径みたいな、淡くも鮮やかな色彩のメロディはじーんと心に沁みる優しい一曲。Andy Alloのほんのりと滲ませる穏やかな歌声も綺麗で澄んでいて、慈しみ深い歌声にまったりと黄昏れてしまう深みのあるフォーク曲。またもやPrinceとの共同制作曲である「The Calm」も、いかにもPrince流の清廉として澄み切った美曲でたまらない仕上がり(昇天)。生音がゆっくりと絡まり合いながら、次第に美しい雫となり潤いを与え、ゆっくりと蕾が花開いてゆくような柔らかく華やかなドリーミースロウ。Andy Alloの囁きかけるような淡い歌声、まるでひらひらと舞う蝶のような可憐さと美しさがあって素敵です(溜息)。ベースの野太い弦音に金色のホーンが弾ける滑らかファンキーな「Yellow Gold」もカッコイイ、生音演奏の旨味が凝縮されていて、少し溜めを効かせてグルーヴする感触が最高。とってもシルキーでお洒落なシャンパンゴールドの微炭酸ソウルといった感じで爽やかな後味、Andy Alloのスウィートなリフレインフックもじわじわ効いてくる一曲(酔)。「Nothing More」はAndy Alloによるアコースティックギターの弾き語り曲、ブルージーながらも柔らかでふわふわとした感触の哀愁メロディは素晴らしく、涙に似た切なさと潤いをたっぷり含んだ一曲。この曲にはどことなくSadeっぽい慕情が滲んでいるというか、なんだか異国の街の片隅で聴いているような寂寞とした感覚がなんとも美しい。再びMaceo ParkerとTrombone Shortyがホーンで参加した先行シングル曲「If I Was King」は、パチンパチンと弾けるような弾力ある楽器演奏が小気味よく軽快。華やか絢爛なメロディに、Andy Alloの甘美でフローラルなヴォーカルが(少しエフェクトかかってダブっているのも乙)はんなりと香る心躍るミッド。サクサクと爪弾き奏でるアコースティックギターの音色が、モノクロな陰影を描く、儚げで憂いを帯びたフォークスロウ「Story Of You & I」も素晴らしい。ここでもどこかSadeみたいな寂しげでほろ苦い歌声を聴かせるAndy Alloの卓越した表現力にウットリするばかり、雨降る朝みたいに光と潤いが混じり流れる閑寂のバラード。最後を締め括るのは、ベースの唸りが空間を歪曲させて、不思議と艶やかなマーブル色彩を放つ「When Stars Collide」。Andy Alloの靄がかったようにふんわりと漂う蜜味ソウルフルな歌声が、とても繊細で美しくまるで花弁がひらひら舞い降りるような神々しささえあります(恍惚)。

いやーーー大満足、Prince関与なんですが極めてAndy Alloらしさが出た素敵なソウル盤だと思います。Princeのけばけばしさなどはまるでなく(Princeの場合はそれが功を奏す場合も多いのですが)、メロディ&生演奏を重視した華麗でいて艶かしい美しき一枚に仕上がっております。他のR&B作品とはやはり違った感触、なのでとても新鮮に聴けます。スルーするのはあまりに勿体無い素敵な一枚、昼下がりにも真夜中にも似合うスレンダーなソウル盤です。併せて前作『Unfresh』も聴く事をお薦めします、とってもカッコイイですよ(太鼓判)。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/04のツイートまとめ
roc_queen

画像: 水辺 × Alicia Keys、僕も溺れたい。炎との相性もなかなか抜群だったとは思うので、次は水と戯れて欲しい。... http://t.co/UFZCBbJMwc
03-04 10:42

画像: なかなかたくましい脚をしている、Reabokの広告モデルを務めるAlicia Keys。 http://t.co/8nTyeV909U http://t.co/mxYK5EdSqW
03-04 10:46

画像: Yunaと、双子姉妹のデザイナーCOCO & BREEZY。 http://t.co/xSLA91IRJE http://t.co/ecl7Fgzpcq
03-04 10:52

フォトセット: 『Goldenheart』を聴く限り、Dawn Richardはなかなか未知数だと思う。... http://t.co/79231FCPBz
03-04 11:11

これを二日間で読み終えた、久々に読了したなぁ。しっかし、それほど面白いと感じられなかった、んー、やっぱり古いミステリが好きか。 http://t.co/ObM7WKpAVH
03-04 17:21

Nicki Minajが少し迷走してしまった今、個人的にはDiamondが台頭する好機だと思っている。http://t.co/etRjQ6SuN7
03-04 20:27

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/03のツイートまとめ
roc_queen

Prince率いる3rd Eye Girlがかなり気になる。デビューできるかは、あまり期待できないけれど。#nowplaying Work Hard, Play Hard - Wiz Khalifa - O.N.I.F.C.
03-03 16:32

これね、神懸かり。 http://t.co/AlBYw4k7qS
03-03 16:35

Maxwell、水をモチーフにした作品とか創らないかな。http://t.co/JASdLXKgNP
03-03 23:15

Melody、アルバム出せないかなー?http://t.co/BhuEtdonoX
03-03 23:20

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

03/02のツイートまとめ
roc_queen

Tweetの新作EP、出たのかな?デジタルオンリーなのかな?欲しいんだが。http://t.co/MzXVEBubFn
03-02 21:14

画像: Dawn Richardはなかなかクリエイティブ、独創的なアーティストな気がする(期待)。 http://t.co/sZVAEuXj2H http://t.co/HIiCFDapM3
03-02 23:37