RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Dreezy「No Hard Feelings」
dreezy-no-hard-feelings.jpeg

“Princess of Chicago Rap”と称されたりもする大型新人、Dreezyの記念すべきデビューアルバム『No Hard Feelings』を御紹介。その渾名の通りにDreezyはChicago出身の23歳、早くからMixtapeをリリースして話題になっていたらしく、そのラップを聴いて同郷の先輩であるCommonが見初めたのだとか(凄)。という訳で僕のDreezy初見はやはりCommon『Nobody's Smiling』収録の「Hustle Harder」で御座います。この時は正直あまり耳には引っ掛からず、名前だけを覚えているという状態で御座いました(恥)。という訳で早熟なRap愛好家からは待ちに待たれていたであろうDreezyのデビューアルバムは、大手レーベルInterscopeからの配給となっております。このジャケットからしてなんとも素敵、ジャケットが違っていたらもしかしたら買っていなかったかも(笑)。
それではどんなアルバムになっているのか聴いて書いて・・・・・・まずはSouthsideが制作し、Gucci Maneが客演で参加した濃密ギトギトな脂身ラップチューン「We Gon' Ride」で幕開け。Southside手製のトラックはズブズブと鉛玉のようなビートが上下するいつもの重ため、そこにDreezyの蝶のように舞い蜂のように刺す女性らしい軽妙なラップと、Gucci Maneの重たく引きずるような念仏ラップが響き沈殿するのが面白い。売れっ子のBryan "TM88" Simmonsが制作の「Spazz」も現行トラップを模った振り子ビートが催眠をかけるトラックで、Dreezyのミシン目のように正確細やかに打つラップがクールに鼓膜をチクチク刺激。BloodPopが制作を担当した「Body」では、客演にJeremihが参加しておりもはや鉄板な仕上がり。歌とラップの両刀使いであるDreezyのヴォーカルが活きた甘酸っぱいフルーティミッドで、果肉のようなJeremihのヴォーカルにツブツブ感触のDreezyのラップが美味しさを倍増させるトロピカル風味。「Wasted」はDetailとDre Butterzが共同制作(Co制作にGreg Kurstin)しており、火照った体を優しくクールダウンさせる夕暮れのような鍵盤音トラックに、Dreezyのちゅっぴり汗ばむように潤んだキュートなラップが単純に可愛い。本作でも要注目なのがTerrace MartinとLarrace "Rance" Dopsin、1500 or Nothing(!)と豪華な面子が共同制作した「Afford My Love」ですね。90年代R&Bを彷彿とさせる(もっと言えば黄金期のJanet Jackson)優しい雨音のようなトラックがビタースウィートにソウルフルで、しとやかにトラックの中を泳ぐ熱帯魚のようなDreezyのミルキーなラップも素敵ですし、器用者なWaleが客演参加することで余計にほろ苦さという旨味が凝縮されているエスプレッソ的美しさ。Larrace "Rance" Dopsinと1500 or Nothingが共同制作の「Don't Know Me」は、深い河を漕いで渡るようなドープなウェットサウンドが波打つ一曲で、Dreezyの弾力と丸みのあるラップが音を弾いて遊泳します。「Bad B*tch」はDwane "Key Wane" Weirが制作を担当、水気を含んだ潤んだDreezyのラップをも一気に氷結して白くしてゆく氷結トラックがクールでカッコイイ(凍傷)。J. Hillが制作(Co制作にDrew Fridge)した「Worth It」が僕的には本作の白眉曲でして、カラカラと触れては崩れる角砂糖のような鍵盤音がまずとてつもなくジャジーですし、そんなトラックの隆起のあいだを縫ってしっとりと滴るような、Dreezyのヴォーカルも織り交ぜた結露ラップも艶やかで唯一無二。「See What You On」はRon "Cardo" La Tourが制作を担当、これも水を潜らせたようなウォータリーなトラックがジャブジャブと鼓膜を洗い、Dreezyの瑞々しくフレッシュなラップがパチパチと弾けるのが爽快でウェット。Terrace MartinとLarrace "Rance" Dopsin、1500 or Nothingの豪華トリオが再び制作した「Close To You」ではT-Painが客演参加です(嬉)。静けさをそっと濡らして破る真夜中の雨のようにしとやかセクシーなスロウで、雫のように光の粒を連ねるDreezyのラップもさることながら、やはりオートチューンを使って漂うT-Painのヴォーカルは雨に煙る月光のように妖しくとろけて輝くのです(痙攣)。Fayo & Chaillが制作した「Ready」はRoy Ayers Ubiquity「Everybody Loves The Sunshine」をサンプリングし、もはやスチームにも近い湿度で聴き手をぼんやりと包み込む極上スロウジャムでDreezyも妖艶。Christian Davis制作の「Break The News」はボスンボスンと落ちてゆく乾いた部族ビートが土着化トラックで野性味があり、だけれどDreezyの華やかなラップ&ヴォーカルがそこに咲く強く儚い花のように輝きます。最後はDeputy & ZthePROが共同制作した「Invincible」で、これは撃ち抜くような太く先の尖ったビートと平行に、Dreezyの次々繰り出す薔薇の棘のようなラップが鋭く美しい、本作中で最もハードで華麗な一曲でラストに相応しい。

僕はDreezyのMixtapeは聴いたことがなかったので、Dreezyがこれほどまでにラップと歌の巧みな両刀使いだとは知りませんでした(驚愕)。まあ最近はこうやって歌との二段構えのMCは多い訳ですが、Dreezyは本当にその使い方が上手でバランスがすごく良い。歯切れのいいラップでハードな曲も、キュートな歌声のおかげでメロウな曲も自然にすんなりと鼓膜に届ける器用者で御座います。僕的にずっと推しているしアルバムを待っているDej Loafが足踏み状態な今、Dreezyの出現はかなりの脅威ですね。なんだかんだで気に入ってよく聴いている一枚、制作陣もハッキリ言って死角無しですし、もしかしたら年間Top10にもさらりと食い込むかも。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽