RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

M.T.B.「It's Meant To Be」
Its Meant To Be

2015年に結成された若手男性R&Bグループ、M.T.B.の記念すべきデビューアルバム『It's Meant To Be』を御紹介。彼らのことはネット上のR&B新譜情報で知った程度なので(つくづく便利な世の中になったものだ)、彼らについては何も知らず、届いたCDもブックレットなども何も無い簡素なものだったので情報は皆無。という訳でM.T.B.のTwitterなどを覗いてみると、どうやらPhiladelphiaで活動している十代のグループみたいで、グループ名はそれこそ“Meant To Be”が由来なのだとか。メンバーはDevonttae、Rizzy、Mire、Dashの四人構成のようです。もうこんな風なR&Bグループは流行らない時代なので、こうして新生グループが誕生してくれるだけで僕みたいな三十路は目頭が熱くなるのです(感動)。
それでは涙を拭いながら感想を頑張って書きますと・・・・・・まずブックレットなども無いし、ネットであちこち探し回ってみたんですが、クレジットを一切見つけることが出来ずその辺は割愛となります(涙)。まずはちょっぴりトロピカルな電子音がまるでタピオカのようなプルプル食感でキュートな「Do Your Thing」でスタート、こういう爽やかクリアで甘酸っぱいようなメロウには、ティーンで組まれたM.T.B.のような青臭いヴォーカルがバッチリ合体して聴き易さ抜群。夜霧に溶ける星空のような甘ったるい瞬きが煌めくミッドナイトチューン「All Night」は、M.T.B.の流星群のように輝きの尾を引くハーモニーがとても美しく、夜空の青とシンクロして聴き手の胸をスマートに包み込む一曲。鍵盤音とストリングスがひらひらと舞う「Off My Mind」も、M.T.B.の甘いヴォーカルが木枯らしのように吹き抜け、ちょっぴり薄荷のようなクールさを醸し出す寂寞メロウでとてもしんみり沁みるのです(胸打)。思わず仰け反りたくなるド直球タイトルが気持ち良い「R&B Song」はR. Kellyマナーを思わせる好ミッドで、ふわふわと浮き上がっては消えてゆくメロディとビートはまるでシャンパンの気泡のようで、そこにシャンパンゴールドのように甘美な輝きを滑らせるM.T.B.のヴォーカルが揺れるのがまた心地良い(快感)。どことなくオリエンタルな香りの漂う「Keep Her」はしっとりとウェットで甘いフルーツジャムのようなミッドで、ちょっぴり糸を引くようにグラインドするM.T.B.の大人顔負けのセクシーなヴォーカルで脱帽。昔のRodney JerkinsやJermiane Dupriを彷彿とさせる、メタリックシンセと鋭利ビートが交錯したクールなパワーボム「F.W.B. (Friends With Benefits)」が最高、M.T.B.の良い意味で軽妙で素早いヴォーカルがサクサクっと突き抜けるのも痛快で、結局はこういう板金製のアッパーにいまだに弱いのだと実感。「Go Go Girl」は柑橘系のシンセがビカビカと明滅フラッシュするのが眩くて、そんな光もばっちり反射してしまうピカピカなM.T.B.のヴォーカルもまた素晴らしく、R&Bに光を練りこんで作ったような清涼な発光チューンでグッド。秋の風が淡い色味を寂しくトーンダウンさせるようなメロディが切ない「Waiting」、M.T.B.の澄み切ったクリーンなヴォーカルがこのメロディを波紋にしてより聴き手のハートに広げてしまうのでもう涙腺崩壊です。雲海のように棚引いて光を漏らすシンセと雷鳴のようなビートが轟く「I Love It」も90年代から00年代R&Bの遺産サウンドで、カラカラと爪弾く乾いたギター弦とM.T.B.の淡色系のクリアなヴォーカルの相性が抜群。指スナップに水面に映る波紋のような音色がじんわりとぼやけて消える「Music」も儚げミッドで素敵、M.T.B.のエヴァーグリーンのように眩いヴォーカルは夏の日の思い出のように聴き手のハートをきゅっとさせて切なく、まるでピンぼけ写真のような甘酸っぱさ。最後を飾るのは、氷いっぱいのグラスソーダを思わせる冷涼な微炭酸ミッド「Crush」で、そこに柑橘果汁を滴らせるようにM.T.B.のヴォーカルが混ざってスッキリ美味になり完成します。

いや、本当にChris Stokesが一枚噛んでいるのではと疑いたくなるほど、あの頃のB2Kを思わせるサウンドとヴォーカルワーク。どれが誰の声なのかまでまだ判別できないのですが、Chris Brownっぽいヴォーカルの子も居てとにかく皆が青臭くも上手い。MVを軽く踊ったりも出来るみたいですし、なんとか頑張ってアルバム三枚はリリースして欲しい(懇願)。単純に個々が歌唱力も抜群ですしハーモニーもバッチリ、トラック提供も誰かは分かりませんがどれもバッチリ及第点ですし、今後も僕はM.T.B.を応援したいと思います。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽