FC2ブログ

RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

03 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Daye Jack「No Data」
dayenodatat.jpg

ナイジェリア生まれでAtlanta育ちの期待の若手、Daye Jackの記念すべきデビューアルバム『No Data』を御紹介。ニューヨーク大学在学中にネット上にアップしたミックステープが話題となり、あのMax Martinと出版契約を結び、Warner Bros Recordsとの契約を果たした逸材。などと書いたものの僕は全く知らなかったんです、ただジャケットを見て気に入って購入した程度。一時期はJustin Timberlake『Justified』やOutKastの傑作『Speakerboxxx / The Love Below』なんかにも影響を受けたのだとか。
それではザックリと気になる内容を字で書き起こしますと・・・・・・まず本作の制作に関しては、あのMike Elizondoが全曲の制作に携わっておりまして。Mike ElizondoといえばかのDr. Dreと共にクレジットされ様々な楽曲を生み出した玄人であります(期待)。まずはMike Elizondo制作の「No Data」でスタートするのですが、これがもうHip Hop創世記のガチガチに王道なビートに、甘酸っぱい果汁をぶっかけたようなトラックがフレッシュでカッコイイ(痺)。Daye Jackのラップもどことなくオールドスクールなノリで、良い意味で単純明快に横スウィングするフロウで正直に心地良い。MAG制作でJayvonがRemixした「Deep End (Jayvon Remix)」なんかは90年代黄金期のThe Neptunesを彷彿とさせる、あの金属反響させたようなメタリックなサウンドとビートが鋭角にぶつかるアッパーで、時に突き刺すようにラップしフックでは飄々と歌うDaye Jackが良い塩梅。Klas Ahlundが制作を担当した「Supernatural」はDonmoniqueが客演参加しており、これがまたサイケでいて極彩色の宇宙空間が広がるスペイシーチューンでなんとも不可思議な魅力たっぷり。冒頭のDonmoniqueのじっとり絡み付くような艶っぽいラップも最高ですし、ファルセットでさらさらと流れるDaye Jackのヴォーカルも柔らかくてトリップ感覚抜群。Mike ElizondoとDernst "D'Mile" Emile IIが共同制作した「Finish Line」は電気を帯びたファンクテイストなトラックでやはりレトロな瞬き、バチバチと感電させるように火花を散らすDaye Jackのラップもそのライトな感触がグッド。「Data Love Interlude」はMike Elizondoが制作を担当、Interludeと銘打ちながらも2分程の尺でゆっくりじっくりとエレクトリカルな花園へと誘う幻想的な一曲で聴き逃し厳禁。続く「Lady Villan」もMike Elizondoが制作を担当、これはまた水溶性の高い瑞々しいシンセが露となって鼓膜に伝わるのがなんともフレッシュで、Daye Jackのここでのヴォーカルスタイルなんかは、どこかN*E*R*D的なクラッシュ感があってスッキリ爽やかに気持ち良い(酸味)。Mike EliondoとLars Stalforsが共同制作した「Bully Bully」の持つスパイシーでエスニカルなアッパー感も、なんというか乾いた空気を震わすDaye Jackのブリキの玩具みたいなヴォーカルが転がって面白い。やはりMike Elizondoが制作した「Raw (Remix)」では、客演にDenzel CurryとGrim Daveが参加。オールドテイストな埃っぽいロックを基調にした無骨なトラックで、バチバチと言葉を丸めて弾くDenzel CurryとGrim Daveとマイクを回すも、こうなるとDaye Jackは薄味に感じてしまう欠点も表出。80'sポップをコラージュしたようなべったりとしたカラフルさが可愛い「Casino」は、Mike ElizondoとDarnst "D'Mile" Emile IIが共同制作。こういう少し抜けてゆくようなDaye Jackのヴォーカルにはお似合いながらも、彼以外だったらもっと面白く出来るかもと思わせる惜しさも(辛口)。同じくMike ElizondoとDarnst "D'Mile" Emile IIが共同制作の「Kick - Door」では歌声をデジタルノイズ加工して、海岸線を走るような塩辛いポップで走行してゆきます。最後を飾る「No Data Outro」もMike ElizondoとDarnst "D'Mile" Emile IIが共同制作、昔のR&B曲に果実を加えてぎゅっと絞ったようなジューシーなトラックがなんとも甘酸っぱくて美味。

うーーーん、Mike Elizondoが軸を成したトラック群は凄く好みだったんですが、主役のDaye Jackのヴォーカルがあまりにも頼りなく薄味で、これなら他のシンガーにやらせた方が良かったかもと(失礼)。これが全てDaye Jackの自作自演ならば凄いと思うんだけれど、僕には猫に小判な感じにしか聴こえなかったというのが本音。次回作なんかを聴くと、また違うのかなー(困惑)。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽