FC2ブログ

RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

French Montana「Jungle Rules」
frenchmonjungle.jpg

Puff DaddyとRick Rossの二大ボスのバックアップを受けてデビューした逸材、French Montanaの通算二作目となる『Jungle Rules』を御紹介。デビュー作となる前作『Excuse My French』では超豪華な客演陣を迎え、まさに鉄壁なアルバムを聴かせてくれたFrench Montana。それからすぐに2ndとなる『Mac & Cheese 4』、改め『MC4』のリリースをアナウンスするも延期が続き、結局はミックステープの形での配信となりボツに(涙)。この『Jungle Rules』もなんだかんだ、アナウンスから結構な時間がかかってリリースされた気がしますが、無事に発売されて喜んだのを覚えております。モロッコ系の血を引く辺りも業界では特異な点であるFrench Montana、Puff DaddyのInstagramでは#DiddyCropされて消えてたけれど、このまま長く活躍してほしいものです。
それでは気になる内容をここで触れさせてもらうなら・・・・・・まずは、今は亡き盟友Chinxを客演に迎えた「Whiskey Eyes」、制作はBen Billionsが担当。鉱物のように硬く光るシンセとビートとが幻想的にヒンヤリと響き渡る鉱山採掘チューンで、柔らかにしなりながらも雄々しく力強いFrench Montanaと、煙るトラックを叩くように繰り出す硬度のあるChinxの豪気なラップがナイスシンクロ。ここ数年よく聴くレゲエ(リディム?ダンスホール?)風味な妖しいトロピカルなチューン「Unforgettable」、制作はMike Will Made Itで、客演にはSwae Leeが参加。ある意味では流行りのテイストなのでベタなスウィートさなんですが、Swae Leeの甘酸っぱくて澄んだアルコールのような歌フック(彼が素晴らしい)に、なかなか渋くて男前な声でラップ響かせ歌うFrench Montanaのラップが沈澱する様が美しくてやはりポテンシャル高し(酔)。「Trippin」は再びBen Billionsが制作を担当しており、ゆらゆらとレロレロと滴って融けてゆく電子音はまるで、オーロラのようにひだを創りながら鼓膜を侵食する。そんな妖しく発光するトラックに、French Montanaのラップが乱反射して輝きを歪めるのも面白い。中近東テイストなピーヒャラ吹くようなシンセに、ドムドムと落下する太いビートがシンプルにパワフルな「A Lie」、制作はHarry Fraudが担当。この荒涼とし乾いた砂漠を彷徨うようなトラックにFrench Montanaと、客演のMax Bの鋭利でタフなラップはお似合いに決まってるし、もう一人の客演のThe Weekndの潤んだ歌フックは砂漠に咲くオアシス。客演にTravis Scottを迎えた「Jump」はNovaが制作で、サンプリングにはImogen Heap「Headlock」を使用。これはもう完璧に客演のTravis Scottのスタイルだし主役を喰ってしまっている(無謀)。太陽が沈み漆黒の闇の中をバサバサと低空飛行で羽ばたく烏のような、Travis Scottの不穏でボタボタとしたラップがたまらなく毒々しくも美しい。「Hotel Bathroom」はA1とIsm、Frank Dukesが共同制作。どこか異国の蒸し暑いホテルの一室で聴くような感覚を鼓膜に与えるトラックと、熱っぽく汗ばんだFrench Montanaの男前なラップがなんだかスパイシーな。Pharrellが客演した「Bring Dem」はHarry Fraud制作で、サンプリングにThe Paul Butterfield「Last Hope's Gone」とBob James「Mingus Fingus No. 2」を使用。グルグルと渦を巻きながら色彩を濁してゆくようなマーブルなトラックが催眠効果を発揮し、ふらついた鼓膜を起動させるべくバチバチと叩くビートのコントラストが面白い。これはPharrell制作でないけれど良い意味でチープさが彼らしく、Pharrellのプラスチックみたいな歌ラップがクールに映える。寺院で香を焚くように漂う音色が妖しくヒリヒリと響き渡る「Bag」はSherwin Charles制作、ここでも結局は客演のZiico Niicoの焦げ臭いフックに助けられている気が。London On Da Track制作でド直球なタイトルの「Migo Montana」は、MigosのQuavoを迎えてMigos直伝のズブズブな三連符ラップをマイクロ波に変換して脳内にゆっくり撃ち込みます。しかしここまでMigosの御家芸に乗っかるとFrench Montanaが霞むのは当然で、もうQuavoがただただ呪術ばりにラップを繰り出し縛るのを楽しむのみ。DetailとA1が共同制作した「No Pressure」もやはり客演のFutureが十八番とする毒ガス噴霧系の霧散シンセチューンで、朧と浮かんでは消えゆくFutureのラップが存在感抜群過ぎてつらい。Murda Beatzが制作した「Push Up」は砕けたガラス片のようなトラックの上で、シリアスに冷たくメロディを揺らすFrench Montanaがなかなかナイス。久々のScott Storchが制作を担当した「Stop It」ではT.I.が客演参加しており、この砂利の様な音色とビートを無理矢理に丸めたようなラフなトラック上では、どう考えてもシャープに滑走して抜き去る伊達男のT.I.のラップには勝ち目が無いのは明らか(鳥肌)。Beat Billionaireが制作した「Black Out」はYoung Thugが客演参加、するも今まで聴いたYoung Thug客演の中でも一二を争うつまらなさかも。Drakeの二番煎じ感は否めずともなかなか心地良いじっとりしたダンスホールメロウ「She Workin」は、Nic NacとCount Bassyが共同制作。しかしこれもFrench Montanaの功績というより、波打ち際で踊るように瑞々しくセクシーなトラックと、客演参加で夕暮れのような涼しげで鮮やかな歌フックを聴かせるMarc E. Bassyの歌フックのおかげかなと(辛口)。Alkalineが制作&客演した「Formula」なんかもやはりそうで、スパイシーホットで美味なのはトラックと客演の御陰様なのが悲しい。Rico LoveとDtownthagreatが共同制作した「Famous」もやはりレゲエ風味な流行トラックで、使い回しのように感じられて薄味になってしまう。「Too Much」はAlex L.が制作を担当していて、蜃気楼のようにゆらゆらと揺らめき三重線になるFrench Montanaのヴォーカルはクール。最後は2epikが制作した「White Dress」は、Fran Soto「Aeorien」をサンプリングしたトラックはなかなか壮麗で重厚ながら、French Montanaのラップがそれを消化し切っているかは謎。

いろいろと書いたけれどFrench Montanaの声はカッコイイので好きなんです、前作も結局はジワジワと好きになっていた感があります。それこそ前作同様に豪華な客演陣と制作陣によるもので、好く言えばどんなトラックやゲストにも柔軟にフィットする、悪く言えば彼ら無しでは成立しない気もしてしまう程にFrench Montana味が未だ不明。とは言っても声を聴けば一発で彼と分かるのですが、なんだか流行の後追い感は否めない印象の一枚。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽