RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rahsaan Patterson「Bleuphoria」
10gi7gl.jpeg

一時期は重宝され崇拝されていたネオソウルの一派として活躍、ソングライターとしても輝かしい功績を残すRahsaan Pattersonの通算五作目となる『Bleuphoria』を御紹介。とにかく玄人受けの良い印象が強いのがRahsaan Patterson、最近ではこのネオソウルという括りもかなり縮小され、第一線で活躍しているアーティストは数少ない。しかもこのネオソウル系のアーティストは皆が寡作な者が多く、そんな中でも既に五枚目を世に出しているRahsaan Pattersonは素直に凄いと思います。しかも国内盤までがリリースされたのが嬉しい(僕は当然国内盤を購入)、という事はやはりここ日本で需要が高いという顕れなのでしょう(推測)。
それでは簡単ではありますが内容に触れて・・・・・・まず当然ですが全曲の制作にRahsaan Pattersonが関与、そしてKeith CrouchにJamey Jazという旧知の面々が制作に携わっております(期待)。まずはKeith Crouchとの共作「I Only Have Eyes For You」、The Lettermanのカバー曲らしいです。キラキラと光り輝く粒シンセがとても神秘的で、そこに穏やかに裏返るRahsaan Pattersonのファルセットにウットリ骨抜きになりますね。続く「Ghost」はJamey Jazと共作、そしてあのJody WatleyがBack Vocalに参加という一曲。激しく叩きつけるドラムスにエレキギターと電子鍵盤が交錯する、近未来的なやはりPrince風味のファンクチューンでグッド。Rahsaanのねじれる様なハイなファルセット&機械的なヴォーカル、Jody Watleyの麗しき歌声、もうこれらが余計にに高揚感を煽ります(急上昇)。「Crazy(Baby)」はKeith Crouchとの共作、ここではあのFaith EvansがBack Vocalで参加(しかもあのShanice Wilsonも少しだけ登場)という驚き。電子鍵盤のひとつのキーのみを叩いて紡いだメロディ作りに、どこかThe Neptunesっぽさを感じる無機質感がたまらなくツボ。やはりここでもうねる様なシンセの波を利用したグルーヴを展開、矛盾しているけど懐かしさを感じる未来ファンクで、閃光の貫くFaith Evansの慈悲深い歌フックが効いている事は言うまでもない。ブオンブオンとこもって響くどろっとしたシンセを潜って、Rahsaanの囁くような妖しい歌声で幕を開ける「Easier Said Than Done」はKeith Crouchとの共作。この題名で外す曲はないと個人的に思う「Stay With Me」はKeith Crouchとの共作、アクアブルーな清涼感100%のメロディが心地良いミッド。フックでのRahsaanの歌声の重ね方が最高に綺麗で、そっと耳に息を吹きかける様な甘く透明感のある歌声で心が洗われるのを感じるラヴソング。これまた題名で撃沈の「Miss You」はRahsaan Patterson単独制作、融けて流れてしまいそうなドリーミーなメロディが華やか且つ艶やかな極上スロウ。溜息が洩れるほどに悩ましく官能的なメロディは、どこか遠い異空間に放り出された様な感覚に。でもRahsaanの柔らかなファルセットヴォーカルが相性抜群で、ふんわりと包み込まれ安堵感を覚えるという不思議なバラード。ふわふわと浮かび流れる綿雲の様な電子音に、温もりたっぷりのアコースティックな演奏がそっと寄り添う「Goodbye」はJamey Jazとの共作。ここでは終始Rahsaan Pattersonが消え入る寸前の淡くぼやけたファルセットを駆使、木漏れ日の様な温かさと幻想感が入り混じる昇天スロウで、これはRahsaan Pattersonにしか描けない天国だと思います(癒)。これまたミネラルウォーターばりのスッキリ透明感ですり抜ける「Bluephoria」はKeith Crouchとの共作、水泡の様に膨らんでは消えるシンセの連続がやはり心地良い。あのAndrae CrouchとTata Vegaが参加という豪華な「Mountain Top」はKeith Crouchとの共作、ゆっくりと大らかな自然の息吹の様なトラックなんですが、沸々と込み上げる熱感みたいなものが身体中を伝わる、パワー漲る一曲で面白い仕上がり。「Makin' Love」はKeith Crouchとの共作、ガラス細工の様な脆く繊細な輝きを放つシンセチューンで、その上をスーッとRahsaan Pattersonの柔和でありながらも、時に激しく昂るヴォーカルがたまらなくカッコイイ。そして途中でまるで心臓が止まった様な感覚で、とろりとまどろみ溶け合うメロディがとてもエロチックに濡れて光ります(恍惚)。Rahsaan Patersonが単独制作の「6 AM」では、あのLalah HathawayがBack Vocalで参加しています。ここでもすっと夜明け前の高速を飛ばして、横目にすっと飛び過ぎてゆく灯の様なぼんやりしたシンセの連続が鮮やかで美しい。ただそのシンセにもRahsaan PattersonとLalah Hathawayの温度が伝わって、なぜか妙な安心感と愛情を感じてしまうスタイリッシュなベッドソング(個人的解釈)。普通ならば情事の際をベッドソングと形容すべきなのでしょうが、愛し合った二人が夜を明かし隣りでじっと寝そべっている瞬間も、ベッドソングと呼ぶべきですね。歪んだヴォーカルエフェクトを使いダークで病的な雰囲気を演出する「Insomnia」はJamey Jazとの共作、これも凄くトラックが凝っていて、どろどろと暗澹としたメロディから急と眩しく激しく転調する様はまるで真夜中の覚醒のよう。こういう退廃的なメロディは時として退屈になってしまうものですが、Rahsaan Pattersonは上手く消化してドラマチックに展開させていて流石で御座います(感嘆)。最後を飾るのはRahsaan Pattersonが単独制作の「God」、静かに疾走するシンセメロディは神秘的で滑らか、ヴォコーダー風のエフェクトをバッチリ使う、Rahsaan Pattersonのネットリと絡み付く様なハイなファルセットも単純に気持ち良いですね(昇天確実)。

この手の音ですから好みの別れそうな一枚ですね、ハッキリ言って僕は結構好きです(正直)。いや、やはりネオソウル好きにはこのなんともいえない身を捩る様なソウル感はたまらないです。あと月並みかもしれませんが、このほんのりサイバーでスペイシーなシンセ使いでのツヤツヤ感は、Prince好きならあっという間に溺れてしまう一枚だと思います。ちょっぴり昔のファンクも織り交ぜた、玄人好みのする一枚、今度は森林浴しながら聴いてみたいと思う本作は天晴れです(賛辞)。あと個人的には、ちょっとだけBabyfaceっぽい声でもあるかな、なんて思ったり。まあ兎に角、素晴らしい一枚に仕上がっておりますよ(垂涎)。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment