RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

LMFAO「Sorry For Party Rocking」
9aefb65e-s.jpeg

DJ RedfooとSkyBluの二人によるElectronic Hip Hop(略称をElectro Hopというらしい)デュオ、LMFAOの通算二作目となる『Sorry For Party Rocking』を御紹介。LMFAOとは“Laughing My Fucking Ass Off(大爆笑)”の頭文字を繋げたものとの事、そして彼らはあのMotown Recordsの創始者であるBerry Gordyの八番目の息子(DJ Redfoo)と孫(SkyBlu)らしい。つまり二人は共に34歳ながらにして、叔父と甥という日本では考えられない関係にあるのです。彼らはwill.i.am主宰のレーベル“will.i.am Music Group”と契約しており、本作のExecutive Producerにもwill.i.amの名前がクレジットされていますね。前作『Party Rock』もヒットし、受賞こそ逃すもGrammy Awardにもノミネートされた程。ちなみに僕は前作は購入していません、気にはなっていたのですが。ちなみに本作はいくつかの形態があるらしく、何も知らずに購入した僕は幸運にも曲数の多い“International Edition”を入手しておりました。
それではさらっと簡単な内容紹介に移ります・・・・・・ほぼ全曲の制作をParty Rockなるユニット(?)が担当しているみたいです(DJ Redfooが取り仕切っているのでしょうか)、そんなParty Rock制作曲より紹介。まずは幕開けとなる「Rock The Beat II」からして完璧に高速型近未来への滑走、ここで楽しめるかどうかで本作の好き嫌いが別れますね(笑)。カエルみたいなオエオエ声のループにピョコピョコ電子ビートが跳ねる「Sorry For Party Rocking」、音は確かに楽しいけれど二人のヴォーカルに面白さが無くて、ちょっと先行き不安に。Lauren BennettとGoonrockが客演参加の「Party Rock Anthem」は、本作からの先行カットシングルで世界各地で大ヒットしていますね。ピュイピュイ光線を放つ煌びやかなシンセの交錯が鮮やかで美しいし、スカッと爽快なライム風味のメロディも、余計にスプラッシュ感を増幅させていて素直に踊れてしまいますね。完璧四つ打ちにクラップを混ぜ込んでエッヂを効かせる「Sexy And I Know It」、このベインベイン感が心地良くてウネウネと身体を波打たせてしまいそう。話題の女性シンガーNatalia Killsを客演に招いた「Champagne Showers」は、どこかレトロで親しみ易い沸騰系のシンセの高鳴りに、思いっきりロボット回路を嵌め込まれたLMFAOとNatalia Killsがザクザクと動き回るサイボーグダンスチューン(意味不明)。電子音の中に埋もれてNe-Yo系の爽やかなメロディが見え隠れするスッキリ「One Day」、背景にはサウンド無しでインベーダーゲームばりのチープな撃ち音が突き抜けるシンプルさが毒々しい「Put That A$$ To Work」、Goonrockをお供にLMFAOが柄にもなく滑らかで涼しげなラップを奔らせるメロディアスな「He Came Here To Party」、やんわりとしなやかな曲線を描く官能エレクトロ「All Night Long」は客演のLisaの無機質エロな歌声が良い、早回しみたいなキュートな電子声がさえずるカラフルで軽やかな胸キュンチューン「With You」、ブビブビブビとガスっぽい電子音を散らしながら走る「Hot Dog」でのLMFAOの裏声使いは面白い。とParty Rockの制作曲がありますが、最も注目なのはwill.i.amにGoonrock、それにEva Simonsが客演参加した「Best Night」かな。真夜中系のヒンヤリと冷たくてスムージーなエレクトロは他にない程にソフトでしっとり、ぼんやりと瞬く明滅シンセが綺麗なスマート曲でなかなかよろし。あと僕が本作を購入する決め手となったのが、あのBusta Rhymesが援護射撃に加わった「Take It To The Hole」の存在。Rami Afuniなる人物が制作のマリオのお化け屋敷サウンド(分かりますかね)な上下にうねるシンセサイザーがまず奇妙で面白い、そこに超重量級のパーティー野郎Busta Rhymesが飛び込んで、やはり縦横無尽に暴れ回って跡形も無く吹き飛ばしてくれます(痛快)。世間様の注目曲はあのCalvin Harrisが制作&客演参加の「Reminds Me Of You」かな、僕にはこの曲はそんなに凄さが分かりません(素人)。あとは前作収録の「I'm In Miami Bitch」と、Lil Jon参加でとにかく怒号を浴びせ捲る怒濤アッパー「Shots」が収録されているのは、大きなオマケで嬉しい限り。

何度も聴くかといえば、きっとそんな事はないでしょうが、まあ楽しめた一枚で御座います。でも僕はやっぱり純度の高いエレクトロな曲はそんな好きではないみたいです、いつか慣れて嵌る日も来るかもしれませんが、今の所はさらりと聞いて終了しました。友達大勢とワイワイと大騒ぎしながら聴いたら、もっと味わいが深まるのでしょうね、僕は出不精なので無理かな(笑)。まだまだ元気一杯の若者にはお薦めです、あと生粋のパーティー好きも無条件で羽目を外せますよ。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment