RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nikki Jean「Pennies In A Jar」
Nikki-Jean-Pennies-In-A-Jar-album-cover.jpeg

新星Lupe Fiascoの楽曲に客演していたのが記憶にある、Nikki Jeanの記念すべきデビュー盤『Pennies In A Jar』を御紹介。Nikki JeanはそれこそLupe Fiascoと共に世に出た印象があるのですが、彼女はそれより以前にDice Law(The Roots)らによるPhillyのグループ、Nouveau Richeの一員として活動していた経歴の持ち主。そんな彼女のデビュー作『Pennies In A Jar』が発売されるという事で、僕はAmazonで速攻で購入しました。なんというか、このモダンでアンニュイでアダルトなジャケットからして素敵ではありませんか(興奮)。CD蒐集家の僕にとってジャケットも作品の魅力を大きく左右する大きなファクター、その意味でいくとNikki Jean『Pennies In A Jar』はまず余裕の合格で御座います(阿呆)。
しかし肝心なのは当然ですが内容の方なのですよ・・・・・・まず最初に断っておきますと、このNikki Jeanのデビュー盤には驚く程に豪華な面々がソングライトで参加しているのです(警戒)。そして本作の全編を手掛けたのが、S*A*M & SluggoというProducerチーム。彼らは The Academy Is...、We the Kings、Hey Monday、Coheed and Cambriaといったロックバンドをはじめ、Katy PerryやGym Class Heroesといった幅広いアーティストに楽曲提供している手練。まずはジワジワと迫りつつ一気に華やぐストリングスメロディが溜息モノの「How To Unring A Bell」で幕開け、この曲はThe DelfonicsやThe Stylistics、Spinners等の楽曲を手掛けた事でも知られるThom Bellとの共作だというから凄い。冒頭で聴こえるちょっぴりスリリングなメロディからの、気品溢れるスウィートソウルへの転調は鮮やかな一言に尽きますね。Nikki Jeanの甘美でそっと吐息を漏らす様なヴォーカルも綺麗で、とても艶っぽくて心地が良い。続く「Steel And Feathers(Don't Ever)」では、なんとあのBob Dylanとの共作なのだから凄過ぎる。これがまた澄み切った心温まる叙情詩的な極上スロウで、Nikki Jeanのなんとも柔らかくスウィートな、吐息を優しく紡ぐヴォーカルで胸の奥からほっこり温まります(涙)。そっと触れる様に爪弾くアコースティックギターの音色からはフォークを感じつつも、その真っ直ぐと神々しい輝きと慈悲深きメロディはゴスペルっぽい趣も感じられたり。ジャカジャカと奏でる弦音に乗せてトロピカルなメロディが小気味良く流れる「La Di Da Di Da」はLuige Creatoreとの共作、軽快でオシャレでポップなフレンチな風味の聴いた一曲でカワイイ。本作中で最もオールドファッションソウルを復元したナイスな一曲「My Love」は、なんとあのLamont Dozierとの共作というからとっても驚きです(Motownのソウルサウンドを支えたHolland–Dozier–Hollandの一員で、彼らはThe MarvelettesやThe SupremesやThe MiraclesやThe Temptations等へ楽曲提供を行った)。指スナップを効かせて陽気にキュートに華やぐメロディがとてもスウィートだし甘酸っぱくてたまらない(恍惚)、こう聴くと少しDiana Rossにも似たNikki Jeanの綿飴みたいにフワフワと心地良いヴォーカルがすごくお似合い、あのストリングスがキュインと音色を上げる所で一緒に胸キュンしてしまいます。ラヴコメディ映画のラストシーンなんかで流して欲しい、すごくハートウォーミングでハッピーな一曲で大好きです(絶賛)。表題曲である「Pennies In A Jar」ではあのBurt Bacharachと共作という事で更に衝撃、ストリングスの流麗で夢見心地なメロディは、キラキラと瞬く満天の星空の様に優しく淡く美しい(溜息)。そんな美しい蒼天へと溶け合うように甘美なNikki Jeanの歌声に惚れます、スタンダードなJazzチューンで、子供に絵本を読んで“おやすみ”と伝えた後に聴かせたい一曲。ポップシンガーのJeff Barryとの共作で臨んだ「What's A Girl Supposed To Do」もとにかくカワイイ、Nikki Jeanのふわりと舞い上がる様なフックもドリーミーで良いし、途中の曲の転調なんかも往年のポップソングを思わせる行間でたまらない(滲)。ポコスカと叩くパーカッションの乾いたビートに、ホイップクリームみたいなメロディ&ヴォーカルが乗っかる「Rockaway」。この曲はあのCarole Kingと共作したというポップチューン、Nikki Jeanの歌声は相変わらずキュートだけれど、メロディはなかなか刺激的なアッパー寄りのポップ(といっても優しい)でグッド。カントリー音楽界の重鎮Bobby Braddockとの共作となる「Million Star Motel」では、Nikki JeanをフックアップしているLupe FiascoとBlack Thought(The Roots)が援護射撃という粋な計らい。万華鏡の様に彩られたメロディはどこかノスタルジックな曇った響きを残していて、そこにLupe FiascoとBlack Thoughtという詩人二人のサポート、悪いはずがありませんね(鉄板)。Nikki Jeanのコケティッシュな魅力が溢れ返っている(キュートではなくコケティッシュ(仏語)なのだ)「Patty Crash」はPaul Williamsとの共作、嬉しくて思わず跳ねてしまった様なカラフルなピアノ鍵盤メロディが素敵です。どこか異国情緒溢れるスパイシーで壮大なスケールが漂う「China」は、多くの名曲を創っているJimmy Webbとの共作との事。題名からも分かる通りどこか中国的というか、蓮の花のようなアジアンな香りのする弦律が美しい一曲。映画スコア等も手掛けるBarry Mann & Cynthia Weilの夫妻と共作された「Mercy Of Love」も素晴らしい、穏やかでまろやかなメロディはどこか土臭い温かみがあって、Nikki Jeanのふんわりと包み込む様なヴォーカルが時に熱っぽく響き渡る極上スロウ。最後を飾るのはCarly Simonとの共作を実現した「Sex, Lies & Sunshine」、まるで映画を観ている様に展開するメロディはハートフルだしカラフルだしイチゴショートケーキみたいな可愛さがギュッと詰まっています(幸福)。最後の最後までNikki Jeanの綿飴みたいなヴォーカルに胸がキュンキュンしっ放し、良い意味で全く癖のないスッキリと澄んだ歌声が素敵。

これはR&Bではないかな、ソウルっぽい曲も数曲はありますが。制作のクレジットを見ても一目瞭然ですが、まるでアメリカのポップ音楽史を綺麗になぞり復元した様な珠玉の一枚です(賛辞)。その時代を全く知らない僕でも、あっという間にタイムトリップしてしまう懐かしさが此処にはありますね(落着)。最初はNikki Jeanと聞いて新鋭のR&Bを聴けるかもと期待したので、この偉大なソングライター達の面々を見て不安にもなったのですが、これは完璧にアリで御座います。ポップもフォークもソウルもカントリーも混ぜ込んだ様な一枚は、どことなくちょっとJanelle Monaeっぽい感じもあったかな(個人的感想)。Nikki Jeanの容姿もけしてとても美人という感じではないのですが、しかし整った端正な顔立ちでキレイではありますよね(褒)。という訳で今後も期待したいNikki Jean、この一枚がさほど話題になっていない(僕の気のせい?)のが不思議なくらい、良い一枚で御座います。ちなみに本作は国内盤の発売が決定した模様、持っているのは輸入盤だから買い直そうかな.........。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment