RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bridget Kelly「Every Girl EP」
Every Girl cover

Jay-Z率いるレーベル“Roc Nation”の歌姫として注目を浴びている、Bridget Kellyの公式デビューEP『Every Girl』を御紹介。Jay-Zが自身のヒット曲「Empire State Of Mind」をパフォームする際、Alicia Keysに変わってその熱くソウルフルな歌声で会場を沸かせていたのが、他ならぬこのBridget Kellyです。このRocBox 2でも何度か取り上げる程に、僕はこのBridget Kellyのデビューをまだかまだかと待ち望んでおりました(熱望)。そんな彼女の公式デビュー盤はEP形式でしかも無料でダウンロード可能という嬉しい驚き、僕はこの時をずっと待っていました。ルックスも骨太な中にも美しさが宿っていて、このルックスも大いに手伝って僕はBridget Kellyが大好きで御座います。
それでは簡単にですが内容を御紹介・・・・・・さて無料という事で、他アーティストのビートやトラックをジャックしたものが多いかと思いきや、全てがオリジナル曲でしかも豪華な面子が揃ったかなりの力作に仕上がっています。まずはあのFrank Oceanが書き下ろし、Shea taylorが制作を担当した話題曲「Thinking About Forever」で幕開け。ポワーンポワーンとぼんやりしたシンセのゆっくり明滅するメロディがすごく深遠で、そこにトローリと流れるBridget Kellyの繊細で脆いファルセットがたまらなく艶やかで滑らかな夢想曲。すごくメロディもシンプルで音数も少ない為に中毒性が高まり、軽くクラクラと目眩を起こしそうな程に官能的な極上スロウに仕上がっております(昇天気味)。続いてはThe-Dreamが書き下ろしShea Taylorが制作を担当した「Seek And Destroy」で、これは良い意味でRihanna以降に顕著な南国トロピカルテイストなダウナーチューン。Bridget Kellyの少しはハスキー気味のヴォーカルがとってもソウルフル、The-Dreamらしい繰り返しフックもグルグル回って、ゆったりとまどろむ温かな一曲でなんだかホッとしますね(安堵)。続いてはJames Fauntleroy II(元The Underdogs)が書き下ろし、Reginald "Syience" Perryが制作を担当した表題曲「Every Girl」。小気味良く細かく刻むドラムスビートに、キラキラと涼しげな輝きを携えて点滅し続ける電子鍵盤のメロディがスベスベしていて気持ち良い。Bridget Kellyのちょっと抑えめのヴォーカルもとてもクールで、無機質&サイバー寸前のメタリックなこのトラックにピッタリお似合いです。法廷での一幕からスタートする「White Lies」では、どこかほんのりとダークで暗澹としたメロディに、Bridget Kellyの重みのあるヴォーカルが堂々と響き渡ります。「In The Morning」はShea Taylorが制作し、Ne-Yoがソングライトという事でもはや鉄板な仕上がりが必然。ふわふわと浮遊感のあるメロディに、ボコンボコンと深く響く太鼓ビートが不思議な幻想を生み出す極上スロウ。変幻自在に曲線を描き交錯するメロディがとてもドリーミーだし華やか、Bridget Kellyのじっとりとしたセクシーなヴォーカルも僕を骨抜きにしますね(快感)。Ester Deanが書き下ろし、Shea Taylorが制作を担当した「My Heart」もカッコイイ。スパイシーで刺激的なアコースティックギターの弦律に、ザクザクとカットするシンセ&ビートがエッヂを効かせる尖ったアッパーでグッド。フックでのBridget Kellyのカッと閃光を放つ様な力強い歌声もたまらない、女性的なタフさがトラックを巻き込んで暴れます。そういう意味ではビカビカと眩しいエレクトリックなライティングが近未来的な「Love You After All」もタフでハード、James Fauntleroy II制作のトラックがとにかく先鋭的でサイバーでカッコ良くて、身体中に一万ボルトの電撃が走り抜けます(痛快)。最後を飾るのはSonyae EliseとBrian Judahが共同でソングライトした「Stranger To Love」で、Greg OganとJohn Adamsが制作を担当。ピアノ鍵盤を主旋律にしながらも純白のシンセもさらさらと絡み合い美しく広がる、スッキリと澄み切ったバラード(涙)。Bridget Kellyの真摯で麗しいヴォーカルが胸を打つ、聴いている内にだんだんと心が浄化されふわっと体が軽くなる、ヒーリング効果絶大な煌びやかなスロウとなっております(感動)。

絶対に要注目のBridget Kelly、このアルバムは製作陣も豪華だし、チェックしておいて損はないと思います(激薦)。というよりチェックしない事こそ大損、これから大躍進すると僕は確信しております。それも全てはJay-Zの采配次第かとは思います、あまり出し惜しみし過ぎない様に気をつけて頂きたい。たったの8曲と思いますが、クオリティが充分に高い為に、すごく満足のゆく一枚に仕上がっています。これがそのままCD化されたら、ジャケットとブックレットがきちんと追加された状態でなら必ず購入すると思います(気召)。
http://www.bridgetkelly.com/2011/10/download-every-girl-now/
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment