RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kelly Rowland「Here I Am」
ebdf57b4.jpeg

Beyonceとは幼馴染みでDestiny's Childの初期から最後まで通してのメンバーだったKelly Rowlandの通算三作目となる『Here I Am』を御紹介。Destiny's Child時代はどうしてもBeyonceの影に隠れがちだったKelly Rowlandも、Nelly「Dilemma」への客演でソロを好発進。ここ最近はエレクトロポップ(そして流行)を巧く乗りこなして、ヨーロッパ市場で大きなヒットを連発、ナショナル・フットボール選手のRoy Williamsとも結婚し、正に順風満帆な人生を歩んでいますね。そのせいか、DC時代に比べてとても綺麗になった(豊胸手術も手伝ってか)とめっきり評判のKelly Rowland。このジャケットもとてもミステリアスで良いですね、やはりジャケットは重要です。
それでは簡単にですが内容を御紹介しますと・・・・・・まずはC. "Tricky" Stewartが制作(ソングライトにEster Dean)の「I'm Dat Chick」で幕開け、派手にギラギラと光り輝く電子音を少し隙間を開けて敷いたメロディが、デジタルクールでとても尖ったサウンドを演出。Kelly Rowlandのロボットチックな歌声も面白い、単純にアルバムスタートとしては勢いがあって良いかな。「Work It Man」はなんだか久々に名前を見た気のするRodney "Darkchild" Jerkinsが制作を担当、客演には男性MCのLil Playyなる人物が参加。ビヨーーと微振動起こしながらジワジワ広がる電子音がマッタリ感を生むミッド、やはりここでも少しビートに隙間があって、Kelly Rowlandの溜めのあるキュートな歌声が響きます。そして本作の最重要曲がロングヒットを記録したシングル「Motivation」、制作を担当したのはJim JonsinとRico Loveの鉄板タッグ。ピチャピチャと頭上から水滴が落ちる洞窟の中を歩く様な、しっとりミステリアスで官能的なメロディがかなり中毒性が高く、徐々にこの神秘的で深遠なメロディが心底まで染み渡って潤いを与えてくれます。時折ファルセットを効かせながらゆっくりグラインドする様なヴォーカルのKelly Rowlandも素晴らしいし、客演参加のLil Wayneはしんなりとソフトなヘロヘロラップでやはり毒性を高めていますね。チキチキチキと小刻みに入るビートとピアノ鍵盤の繊細な音色が美しく疾走する「Lay It On Me」はHit-Boyが制作(ソングライトにEster Dean)、客演には若手注目株のBig Seanが参加。この曲も一瞬はエレクトロポップ100%かと思いきや、ベースにはカリビアンでトロピカルなメロディがあって、それがダンサブルな印象を強めています。Rico LoveとEarl & Eが制作を担当した「Feeling Me Right Now」はピアノ旋律のループが素敵、煌びやかで華やかなメロディがデジタライズされた事で不思議な魅力を放っています。再びRodney "Darkchild" Jerkinsが制作した「Turn It Up」もエレクトリカルなライティングが目に痛いほどに眩しいパワーチューン、でもビートがとても細部まで計算し構築されている為にかなりエッヂのあるバキバキな一曲となっています。久々に名前を聞いたThe Runnersが制作を担当した「All Of The Night」はとても素晴らしい、客演にはRico Loveが参加しております。2 Live Crew「One And One」を下敷きにしたストリングスをスルスルと絡めたトラックはシルキーで肌触り抜群、吐息っぽいKelly Rowlandの柔らかな歌声は艶っぽくて優しくキュート(惚)。Christopher "C4" Umanaが制作の「Keep It Between Us」もまるで夜明け前の静けさ&仄明るさというか、とっても線の細いメロディが緩やかに温度を帯びてゆき光を屈折させ輝く極上スロウ(堕)。Kelly Rowlandの丁寧で奥行きのある歌声がまた美しくて、そっと寄り添う様な安心感&密着感を感じさせます。もはやKelly Rowlandの盟友ともいうべきProducerとなった感のあるDavid GuettaとSandy Veeが制作を担当した「Commander」はSF的なサイバー色の強いデジタルアッパー、僕はこの曲にはあまり最初から反応しませんでした(残念)。完璧な四つ打ちサウンドでグイグイと乗り回すクラブバンガー「Down For Whatever」はRedOneにJimmy Joker、客演参加もしているThe WAV.sが制作した一曲。StarGateとNe-Yoという完璧なタッグが制作を担当したのが「Heaven & Earth」、彼ららしいピアノ鍵盤のメロディを基調とした純度の高い澄んだメロディは純白そのもの。清廉潔白としたその爽やかなメロディに乗せて、“ほらね、私を失ったでしょう、自分で蒔いた種よ♪”と強がりながらもちょっと悲しげに歌い上げるKelly Rowlandに聴き惚れるばかり(射抜)。鉱石みたいなガチガチの四つ打ちシンセサウンドがどこか無機質な輝きを放つ「Each Other」は、意外にもSouldiggazが制作という事で少し驚き。これはビートこそ流行を意識しているかもしれないけど、どこかダークで先鋭的なメロディがツボに入る可能性大なデンジャラスチューン。あとはオマケとして「Motivation(Rebel Rock Remix)」「Motivation(DJ Mike D Pop Remix)」「Commander(David Guetta Remix)」等のRemixを収録。そんな中でも聴く価値大アリなのが、Rico LoveとEarl & Eがメロディを敷き直した「Commander(Urban Remix)」でしょう。まず僕は原曲よりもこのどろーりと粘液性のある妖艶で悩ましいハニーメロディの方が断然好き、しかもここでは盟友Nellyがラップで援護射撃するという嬉しい要素もフュージョン。やっぱりこうやって聴いて感じるのはNellyのしっとり甘美なメロウ曲での存在感の凄さ、こんなにスウィートにラップで囁けるMCはそういませんよ(称讃)。

エレクトロポップ一直線な一枚になったらと不安でしたが、きちんとR&B系のスロウ及びミッドも収録されていて安心しました(安堵)。ただKelly Rowlandは歌声的にスロウが似合うと思うので、そういう意味ではスロウの配分が少なかったかなという印象も。エレクトロ市場でヒットを飛ばしてるけれど、僕はやっぱりR&Bなトラックを歌って欲しいと願っています(そういう意味では1st『Simply Deep』が一番聴き易いと僕は思う)。派手さはないけれど、でもすごく良い一枚だと思います、「Motivation」も収録されていますし。次回作にも期待したいですね、あとDestiny's Child再結成にも期待したい(夢話)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment