RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Syleena Johnson「Chapter V: Underrated」
syleenajohnsonchaptervu.jpeg

大御所ソウルシンガーSyl Johnsonの愛娘でありChicago出身の歌姫、Syleena Johnsonの通算六作目となる『Chapter V: Underrated』を御紹介。ここ最近にJay-Z & Kanye Westが「The Joy」にてSyl Johnson「Different Strokes」を無断サンプリング使用したとして、訴訟騒ぎになっている様ですね。そんな偉大なシンガーの血を引きソウルフルな歌声で聴き手を魅了するSyleena Johnson(彼女はKanye Westのヒット曲「All Falls Down」で、Lauryn Hillに代わり客演参加していた)、そんな自分と世間の評価のズレを認識してか、アルバムのタイトルもずばり“過小評価”としましたね(納得)。でも通なリスナーからは充分に評価され愛されているSyleena Johnson、こうやってアルバムをドロップ出来ているのがその証拠かと思います。
では簡単に内容に触れていきたいと思います・・・・・・まず本作の制作でいうと、ほぼ全曲をToxicが担当しているのも興味深いですね(ToxicといえばTwista作品で御馴染み、TwistaもChicago出身)。そんなToxic制作曲から触れるとまずはボクシングのゴング共に幕を開ける「Underrated」、客演にはDo Or DieのAKが参加。どこかラップに近い捲し立てる様なSyleena Johnsonのハスキーなヴォーカルに、Twista顔負けの旋風ラップで高速斬りしてくるAKが最高にホットで面白い。ToxicとN8が共同制作の「Fade Away」はギュインギュインと軋む様な電子音がグイグイとメロディを引っ張る、サイバーだけどカラフルで華やかなアッパーでグッド。ここでもSyleena Johnsonはその掠れ声でフラットに拳を効かせて歌っていて、そんな中でもメロディの転調と共に柔らかく滑らかな歌声を重ねたりして軽やかに仕上がっています。僕的に本作の要注目曲だと思うのがあのTweetと共演した「Angry Girl」、ToxicとBryon DorrisとEarl Powellの共同制作。爽やかに軽やかに奏でるアコースティックギターの澄んだ音色と、ピアノ鍵盤の煌めく音色が美しく絡むフォーキーなミッドで、Syleena JohnsonとTweetの優美で穏やかな歌声がまろやかに溶け合う美曲となっております(癒)。同じくToxicとBryon DorrisとEarl Powellの共同制作の「Like Thorns」はピアノ鍵盤の固く冷たいメロディが悲劇的なバラード、濁流にも似たストリングス敷いたメロディは重厚で、だからこそSyleena Johnsonの(良い意味で)枯れたドラマチックなヴォーカルがより説得力を増し胸にズシンと響き残ります。「My Shoes」ではゆっくりと全てを飲み込む様なダイナミックなヴォーカルで、ピアノ旋律の中でゆったりと優雅にダンスする様に聴き手を魅了するアダルトなスロウ。バキバキと攻撃的に攻め込む「Go Head」では、カルメン以上に叩き散らすハンドクラップビートに乗っかりファンキーに突き進むのが痛快ですね。一瞬これはTimbalandの制作曲かなと思ってしまう「Go Head」では、女性MCのNa'Teeが客演で参加。ジャングルの奥地から漏れ聴こえて来る様な地響き鳴らすドコドコビートが泥臭く、Na'Teeの挑発的なラップもなかなかカッコ良くて良い化学反応起こしています。Syleena Johnsonの囁く様なシースルーヴォイスがたまらなく綺麗な「Bad Person」は体にスルスルと浸透する美曲、滑らかでクリアなメロディながら硬質ビートとシンセが特徴的で、昇天寸前で衝撃がきて目が醒める刺激的なトラックが中毒性高いです。ToxicとBryon DorrisとEarl Powellの共同制作の「The Champ」でもそっと首筋を撫で回す様な悩ましいSyleena Johnsonのヴォーカルがたまらない、そっと触れないと脆く壊れそうなSyleena Johnsonの歌声、そんな中でも芯の強くすべてを抱き締める様な大らかさがあって安心感抜群のスロウ。最後を飾るのは「Stone Wall」で最近よく聴く純白系の澄み切ったスロウ、白銀の世界で聴いたら感動倍増しそうなキラキラと神々しいメロディは壮大で美しい、Syleena Johnsonの慈しみ深い歌声にただただ溺れるばかりです(後光)。とここまでがToxic制作曲、それ以外にも何組かが制作を担当していまして。まずは本作からの先行シングルだった「A Boss」はNikolaos "Unik" Giannulidisが制作、ビガビガと鮮烈な電光を放つサイバーなアッパーで、Syleena Johnsonがそのパワフルな歌声で大きく振りかぶり叩きつけます。あとはChris "Big Dog" Davisが制作の「Little Things」は、男性シンガーのMaloneがまた素晴らしい歌声で絡むクラシックソウル曲(昇天)。これはもうまったりとジワジワと胸を焦がす古き良きソウルマナーを踏襲したミッドで、これでこそSyleena Johnsonと思わず唸ってしまうディープな一曲です。

流行系のアップテンポ曲も織り交ぜながらも、きちんと聴かせるスロウ曲も配合した一枚で、流石はベテランSyleena Johnsonといった安定感で御座いました。とっておきのキラーチューンというのは無かった気もしますが(Tweet召還曲も、いまひとつ物足らなかった気がします)、それでもSyleena Johnsonのド渋く黒く光り輝くソウルフルヴォイスで満足出来ますし。ただやはりSyleena Johnsonは極上スロウが絶対的に似合う、そういう意味ではアップ曲は皆無でも良いのかもしれません。最後がちょっとキツイ書き方になってしまいましたが、良いアルバムでしたよ、これからももっと“Chapter”が続く事を祈っています。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment