RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Heavy D「Love Opus」
heavy-d-love-opus-album-cover.jpeg

多くの友人に惜しまれこの世を去った、Heavy Dの(ソロ名義では)通算四作目であり遺作となってしまった『Love Opus』を御紹介。本作はiTunesによるデジタル販売のみという形式、なのでCDコレクターの僕は入手しないままでした。そんな矢先にHeavy Dが急逝、気にもなっていたしこれを機にDL入手しました。デジタル販売のみという経緯もあってか、かなり地味で簡素なイラストジャケットなのが、今となっては余計に寂しさを助長するというか(涙)。せっかくならば、これまで同様にHeavy Dの顔がドデカく撮影された(近年はダイエットに成功しスリムになっていたが)ジャケットを見たかったですね。
それでは簡単になりますが内容を御紹介・・・・・・というのも詳細を記したブックレットが無い為、どの曲でどういった人物が制作に関わっているのか皆目見当つきません(困惑)。Heavy Dが全曲を制作したなんて事も考えられますが、これまでの作品を踏まえてもそれは無さそうな。しかもBackgroundとはいえシンガー勢も多数参加していそう。ですが分かりません、ですのでいつも以上に感覚で述べます。まずは「Love In A Bottle」で幕開け、これがすーっとオーロラ調のささやかなシンセサイザーがたらーりと伸びてゆく、とても未来的で神秘的なメロディで中毒性が高い。フックで歌っているのはHeavy Dだろうか、少しエフェクトを掛けて重たさの中に妖しさを滲ませた作りは、Kanye West『808s & Heartbreak』の様なテイストでグッド。ポロポロと爪弾くギター弦にカラフルで捻じ曲がるシンセの曲線が美しい「Valentine 2/14」、硬質なドラムスビートに乗せてフラットにひたすら突き進むHeavy Dの、どっしりと声ながらも温もりのあるヴォーカルも素敵。オールドスクールなドラムス&ベースで構築されたビート重視のミッド「Still Missing You」では、あのCarl Thomasが客演参加という嬉しい驚き。ドロッと重たいグルーヴながらも、繊細かつ甘美なCarl Thomasのヴォーカルが所々で絡み溶け合う事で、なんとも不思議なビターテイストのソウル曲になっていて相性抜群で御座います(当然)。「I Can't」ではまさかのAnthony Hamiltonが客演参加、派手さはなく地味だけど燻し銀に光り輝く好ミッドで、やっぱりAnthony Hamiltonのほっくりする芳醇なヴォーカルがきっちり華を添えていますね(流石)。すっと透き通る様な清涼感溢れるメロディが美しいサマーソング「Put It All On Me」も好きだな、オーシャンブルーを思わせるスッキリとした紺碧シンセに胸を洗われるスムージーチューン。昔のソウル曲をぐっとピッチ落とした様なフレーズ使い、そしてそこに乗せるアジアン風味のメロディが融合し不思議な華美を実現した「Love Your Soul」も面白い。オートチューンっぽい声捩じ曲げも使いつつ、Timbalandっぽい変態メロディを駆使したこの曲は最も毒気が強いかな。アコースティックギターを奏でつつ、ドリーミーで幻想的な電子音をコーティングした「Dance For You」。The-Dream辺りが好きそうな静寂を巧く混ぜ込んだマッタリとクリーミーな電子メロディで、急速にトーンダウンしてHeavy Dのラップを聴かせる部分も面白い機能、女性ヴォーカルの艶やかなフックも脳の奥の方に振動するナイスなスパイス。最後を飾るのはまるでDrake、もしくは最近のLil Wayneのようなヘロヘロな夢想スロウ「Hello」、けして上手い訳ではないHeavy Dの歌フックと共にエコーの様に響く“へろー♪へろー♪へろー♪”が残響となり、胸にじんわりぼんやりと残ります。

驚く程にハイクオリティな内容に頭が下がるばかり、流石は超ベテランのHeavy Dの成せる仕上げです(芸術)。Heavy Dが亡くなったから贔屓目になっているとかではなく、とても独特のすべやかな質感で極上アダルトな一枚になっています。次々と多くの優れたProducerが登場していますが、やはりHeavy Dはそんな多くのProducerの先陣を切っていた人物だったのですね。全8曲と少ないですが濃い、ゲストもCarl ThomasとAnthony Hamiltonのみですがこれで充分過ぎる名俳優。これだけのベテランが現代をきっちりと掴んで作ったサウンド、そしてHeavy Dのコクのある深いラップに胸打たれるばかり。Heavy D最後の一枚となりましたが、この一枚を聴くだけでもHeavy Dの器用さ、慧眼さ、魅力を知る事は可能です(薦)。
スポンサーサイト

Comments

Love Opus
こんにちは。このアルバムが欲しくて探していて、こちのブログにたどり着きました。iTunes探しても今はもうどこにもないんです😭幻のアルバムですね…仕方なくyoutubeで聞いてますが…悲しい〜いきなり失礼しましたぁ〜
コメントありがとうございます、もうiTunesでも販売されてないのですね(悲)。僕はどうやって手に入れたのだろうか、何処かしらに転がってるだろうとは思うのですか……見つけたら、お知らせ致しますね!

Leave a Comment