RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Joe Jonas「Fastlife」
Joe-Jonas-Fastlife.jpeg

Jonas Brothersのメンバーとして活動する、Joe Jonasの初のソロアルバムとなる『Fastlife』を御紹介。Jonas Brothersは長男のKevin、次男のJoe、三男のNickの三兄弟で構成されるポップロックバンド。その三人バンドでもリードヴォーカルを務めていたのが、このJoe Jonasなのだそう(調査)。そうです、僕は名前こそ知っていますが、Jonas Brothersの音楽は聴いた事ありません。しかし本作はその製作陣がかなりBlack Music寄りだったので試しに購入、ちなみにJoe JonasはあのTaylor Swiftと交際していた時期もありましたね。
それでは簡単するりと内容を御紹介してゆくと・・・・・・全曲のソングライトにJoe Jonasは関与している様です、どの程度なのかは未知数ですが。まずは完全にTimbaland超えした感のあるDanjaが制作した「All This Time」で幕開け、広大な土壌を思わせる大らかで眩いシャイニーチューンはスッキリとクリアで気持ち良い、Joe Jonasのファルセットを交えた(良い意味で)甘ったるい歌声もすごく聴き易くて、すんなりと入って来る印象。Rob Knox制作(ソングライトにJames Fauntleroy)とThe Underdogs周辺が手掛けたミステリアススムージーな「Just In Love」、ビカビカと眩く光線を放つ電子鍵盤の音色に、乾いたスカスカのビートが鼓動を強める、なんだか異国情緒さえ感じるスパイス加減がナイスな一曲。ここのフックでのJoe Jonasのヴォーカル重ねが一癖あって耳にザワザワと余韻を残す、電子音全開なのにノスタルジーさえ感じるメロディラインは素敵。Brian Kennedyが制作(Co制作にはあのChris Brown)の「See No More」、ピコピコとうなだれた様に鳴り続く電子ビートに、時にハードに吠える様なJoe Jonasのヴォーカルが胸を焦がし締め付けるエモーショナルな一曲。何度も繰り返すフックも鼓膜にこだまして抜群のインパクトだし、Joe Jonasが意外とハードとソフトの両面ヴォーカルを駆使できる事を示した、激動のバラードで好きです。再びDanjaが制作を担当した「Love Slayer」は最近の流行真っ只中の四つ打ちのエレクトロバンガー、こういうテクノサウンドは嫌いだけれど、Danjaが作るこの四つ打ちはギラギラと強めのメタリック仕様でやはりエッヂが違う気がして、なんだか嫌いになれないのも本音。再びRob Knox制作(ソングライトにJames Fauntleroy)の「Fastlife」は、ブビブビと曇って歪んだシンセサイザーが毒ガスの様に充満する妖しく光るクールチューン。閃光の様にバッと輝くJoe Jonasのファルセットもなかなかカッコイイ、バシャバシャと瞬くストロボライトの様にカラフルで鮮やかなスペイシー曲でグッド。Danjaが制作(ソングライトにClaud Kellyも参加)した「Make You Mine」はダートで尖ったシンセアッパーで、轟々と喉元を唸らせ骨太に迫るJoe Jonasがなかなか男前な一曲。さらさらと流れる艶やかで寂しげなアコースティックギター&ピアノのメロディが印象的な「Sorry」はRob Knoxが制作を担当、ストリングスも効いた溜め込んだ切なさが鮮やかに燃え上がる様な、静と動が瞬間的に衝突する様な美曲で胸を打たれます(涙)。「Kleptomaniac」はAdonis Shropshireが制作を担当、とは思えないぐらいに電子音がバキバキとメロディを屈折させながら突進する機械的なアップチューンで少し驚き。Danja制作(気付けばあのKevin CossumがDanja曲ではガッツリ関与している)の「Not Right Now」も目が痛くなって眩みそうな程の電光石火なテクノポップチューン、まあJoe Jonasの歌声にはピッタリお似合いだと思いますが。続いてもDanjaが制作を担当した「Take It And Run」も完全な電子音構築なアッパー、同じ電子音使いでもどことなくダークナイトでヒンヤリした雰囲気が漂うゴーストチューン。そこらの鉄屑を使って鳴らした様な鉄骨ビートがスカスカのグルーヴを紡ぎ出す「Lighthouse」、制作は注目株のHit-Boyが制作を担当(Chris BrownとKevin McCallも関与)しています。トローリトローリとまろやかに伸びるJoe Jonasの軟らかく淡いヴォーカルが際立つドリーミースロウで、とても綺麗で深遠なメロディはやはり癖がありますね(警戒)。最後を締め括るのは、あのLil Wayneを援護射撃に迎えた最強版といえる別Ver.「Just In Love」、Lil Wayneが入る事でやはりまた旨味が濃厚になりますね。

なるほど、そんな悪くはなかったです。歌もけして下手でないし、この現代的な打ち込みサウンドも(Jonas Brothersファンからするとどうかは別として)、Joe Jonasのヴォーカルにすごく合っていたと思います。あとは彼の立ち位置かな、Justin Timberlakeみたく踊れる(だけでなく作詞作曲も楽器演奏も出来るが)訳でもなさそうなので、この音を纏っても少し威力が落ちる気がするし、かといってRobin Thickeみたくソウルフルになれる訳でもない。まあポップシンガーとしての一枚と捉えるべきか、その点では及第点は超えていると思いますし(辛口)。聴いても損はしないと思います、製作陣を加味すればChris Brown好きなんかはすんなり楽しめる一枚だと思います。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment