RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Wale「Ambition」
wale-ambition.jpeg

新世代MCの注目株であり、Rick Ross率いるMaybach Music Groupの若頭的存在でもある、Waleの通算二作目となる『Ambition』を御紹介。BirdmanとLil Wayne率いるほぼ一人勝ち状態のレーベル“YMCMB(Cash MoneyとYoung Money)”に対抗出来るHip Hopレーベルは、今の所このRick Rossが率いるレーベル“Maybach Music Group”ぐらいではないでしょうか。そんな勢いあるメジャーレーベルと契約したWale、前作『Attention Deficit』もなかなかの仕上がりでしたし、まあ何処でもやっていけるMCではあるのでしょうが。しかし短いスパンで出せて良かったですね、野作目ジンクスを唱える程に前作が爆発ヒットしていないのも吉かも。
それでは簡単にですが内容がどんなものなのか・・・・・・まずはTone Pが制作で美しく流麗なピアノ旋律でスラスラと流す「Don't Hold Your Applause」で幕開け、Waleの緩やかで穏やかなラップも女性声の吐息メロディも素敵。Mark Henry(Terror Squad周辺の人物の模様)が制作したホーンの華々しい散り音がたまらなくカッコイイ「Double M Genius」、ド派手なんだけれどもドス黒く渋いソウルアッパーはモロに好みですね。そのMark Henryが引き続き制作を担当した「Miami Nights」もホーンのピカピカと輝く音色がスカッと炸裂する、なんともファンキーメロウなアッパーでやはり僕好み(的中)。Waleのけして軽過ぎない少ししゃがれた疾走するラップも最高にキレている、走る度にダイアモンドダストを巻き散らす爽快なアップでグッド。久々の登場な気のするToompが制作を担当した「Legendary」は、Barbara Blake And The Uniques「You Got Your Hooks In Me」をサンプリング。キーンキーンとつんざめく様に鳴る金切り音にストリングスが壮麗に絡み合う、なんとも厳かで重圧たっぷりのミッド。Jerrin Howard制作で、あのMiguelが客演参加した「Lotus Flower Bomb」は素晴らしい仕上がりに思わず御満悦。プアープアーとミステリアス且つスペイシーに広がる繊細シンセの空間に、Waleの歯切れ良くカットするラップが空を裂き、Miguelの妖艶に屈折するハイトーンヴォイスがなんとも美しい色彩を描き華を添える、溜め息の様なメロディにとろけてしまう極上スロウ。Tone Pが再び制作したピコピコバウンスが痛快過ぎる「Chain Music」もクール、こういうジャングルチックなタフで無骨なビートの方がWaleの男っぽいゴツゴツ声は映えるし、最近はこういうダラけた無機質ビートって少ないからちょっと新鮮。Koreなる人物が制作した「Focused」では同期っぽい盟友、Kid Cudiが客演参加という事でやはり注目。電子鍵盤のズバズバズバと溺れる様に浸食するメロディがナイトメアっぽい影を生み出していてクール、そして何よりこういうメロディアスなものでは月の男であるKid Cudiが目立ち過ぎて、やはりずば抜けた引力フックで主役のWaleを喰ってしまっています。Cloud Eaterが制作を担当したアコースティックギターの爽やか清涼な爪弾き音が心地良い「Sabotage」では、現代を代表するナヨ声シンガーのLloydが客演参加。そんなLloydの力一杯に絞り上げる甘美な歌声が胸を締め付ける、どこか南国風味なユルさも癖になってしまうレイドバックチューンはサンセットで聴きたい感じ。Ne-Yoを客演に招いた「White Lion(Coolin')」はDeputyが制作、キュインキュインと曲線を描き滑らかなメロディを聴かせるミッドで、Ne-Yoの甘酸っぱいヴォーカルがよくお似合い。現在要注目ProducerであるDiploが制作を担当した「Slight Work」では、同じく新進気鋭のMCであるBig Seanが客演参加。サイレン音をこれでもかと連続でファンファン鳴らし、そこにピコピコハンマーで叩くみたいな小馬鹿にしたポカポカ打ビートが埋める、あまりにもトラックが面白い一曲は流石。この圧巻ビートにこの二人は少し勿体無かった気もするぐらい、違うMCに是非ともジャックして欲しいビート重視曲。Meek MillとRick Rossというレーベルメイトが揃い踏みの「Ambition」はT-Minusが制作、トロトロと溶けゆく火を灯した蠟燭の様な、そんなミステリアスで儚いドリーミーさが燻る極上スロウはあまりにもドレッシー過ぎる(褒)。Tha Biznessが制作を担当した「Illest Bitch」もかなり好き、爪弾くポロロンなアコースティックギター弦に、90年代R&Bを思わせるトークボックス模様の歪んだ電子音がうねる、なんともカラフルで艶やかなミッド。再びToompが制作したスベスベした電子音が悩ましい「No Days Off」も、Tone Pが制作したドラマチックな教会風のダークアッパー「DC Or Nothing」も、どこか気品高いサウンドが耳を惹きます。最後を飾るのは大ボスRick Rossに加えて、新世代のシンガーJeremihまで召還した「That Way」。あのLexus "Lex Luger" Lewisが制作したシルキーにして滑らかな肌触りのメロディはソウルフルで御洒落、そこにJeremihのビタースウィートでエロい吐息交じりのヴォーカルが乗るんだから素敵にキマっています(鉄板)。

流石はRick Rossが送り出すだけあり、全く以て抜かり無しといったところ。しかしあまりに統一感があるせいか、かえって前作の方がバラエティに富んでいて面白かった気も(辛口)。僕は英語分からないのでなんとも言えませんが(つまり語る資格無しなのですが)、これがコンセプトのあるアルバムならば成功なのかな。ただ聴いていてインパクトあったのは前作『Attention Deficit』かな、本作も結構カッコイイですけどWaleに似合っていない気が(個人的見解)。でもセールスが確実に伸びているし、きっと僕がズレているのでしょう、Rick Ross同様にどうしてもサウンドばかり高評価してしまいそうな僕が居ます(臍曲)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment