FC2ブログ

RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

僕が選ぶ2011年アルバムTop10[Hip Hop部門]
2011年ももう暮れ、という事で御馴染みの年間ランキング10枚を選出。
まずはコチラ、僕が選ぶ2011年アルバムTop10[Hip Hop部門]を発表します。
とは言っても僕は富豪でもないし、生活もありますので、買う枚数も限られています(言訳)。
そんな中で12月入ってからiTunesをシャッフルしまくりながら熟考した結果が以下。
やはりこれだけMixTapeなんかが高評価を受けると、なんだかちょっと難しい。
それらも含めて考えようかと思いましたが、僕はそんなに落として聴き込んでいないので。
皆さん、そんなに沢山の枚数をどうやって聴きこなしているのでしょうか(不思議)。
そう、聴き込むという意味でもこのブログでのランキング集計は変でして。
対象は2010/12/16~2011/12/15までに発売されたものから選考。
あと輸入盤より国内盤が発売が遅く、古いと思われる盤が入る場合も。
という訳で僕はその期間に発売されたものだけ厳選。
今でもまだ順位を考えてしまう所もありますが(難航)。
それでは2011年の僕の中で優れた十枚、これらが選ばれました。



第十位 Styles P『Master Of Ceremonies』
11stylespmas.jpg

第十位はStyles P『Master Of Ceremonies』、この順位はもしかしたら低過ぎるかもと今でも心配しています。それぐらいに素晴らしくカッコ良い一枚で、かなり聴いていた一枚。やはり長きに渡ってシーンをサヴァイブしているだけあって、これでもかという程の硬派な姿勢で貫禄充分に魅せてくれます。客演陣もかなり渋い人選でそれも効果アリ、特にLloyd Banksの起用は僕的に興奮しましたね。やはりThe Loxの中ではダントツにJadakissのファンですが、Styles Pも(そしてSheek Louchも)かなり燻し銀でカッコ良くて痺れました。
アルバム記事はこちら


第九位 Tinie Tempah『Disc-Overy』
Disc-Overy [201109]

第九位はTinie Tempah『Disc-Overy』、この一枚のランクインは書いている僕もちょっと意外かも(笑)。でも考えたら車の移動時にかなりよく掛けていた一枚で、この直球エレクトロなサウンドとその上を滑走する光速フロウに結構ハマりました。英国出身というバックグランドも異色でやはりアクセントになっていますね、Kelly RowlandやRange(元Roc Nation所属)といったシンガーによる客演も上手く機能していて、電気的なんだけどとても聴き易かったと思います。このアルバムも新世代のHip Hopを象徴したサウンドで単純に面白いと思います、近未来SFチックなジャケットも相俟ってお気に入りの一枚で御座います。
アルバム記事はこちら


第八位 Phonte『Charity Stars At Home』
11Charity Starts At Home

第八位はPhonte『Charity Stars At Home』、Little Brother随一の器用な男Phonteの初ソロ作品です。盟友9th Wonderの参加もあり、かなり安定した手堅い仕上がりで大満足だった一枚。時折と歌声も織り交ぜながらしっとりとライムするPhonteはやはり器用の一言、古いレコードを流している様な埃っぽくも艶やかなモノクロ調のトラックがもう渋くてたまりません。客演陣も豪華で粋な人達ばかりでこのアルバムを鮮やかに彩っていて素敵。リラックスして部屋でまったりと聴ける、レトロソウルを感じさせてくれるシックで品のある一枚に感服です。
アルバム記事はこちら


第七位 Curren$y『Weekend At Burnie's』
11Weekend At Burnies

第七位はCurren$y『Weekend At Burnie's』、もはやCurren$yは僕のお気に入りのMCなのですんなりランクイン。やはりこの煙たくユラユラと妖しく揺れるマッタリとスムージーなトラックで中毒を起こしてしまいますよね、そこにCurren$yのプカプカと浮かび遊泳する飛行船みたいな骨抜きゆったり気体フロウが絡むんだからもう酩酊状態です(溺)。Curren$y率いるJet Lifeの面々もキッチリ参加し、存在感も抜群なのでこれからの活躍に期待してしまいます。中でも僕が注目しているFiendも参加していて、その曲「Televised」なんかは結構お気に入りだったり。毎度と御馴染みのイラストジャケットも他と違っていてグッド、Curren$yのルックスも好きだからそろそろ彼自身にも写って欲しいですが(笑)。
アルバム記事はこちら


第六位 Drake『Take Care』
11Take Care

第六位はDrake『Take Care』、世間様からしたらこの順位はあまりに低いと叩かれる事必至な気もしますが(苦笑)。しかし僕は元々そんなにDrakeが好きな訳でもないので(嫌いな訳でもないですが)、この順位は僕としてはちょっと驚くほど高めだったり。しかしDrakeは本作で本物のアーティストだと実証してくれましたね、二枚目のジンクスなんて彼には無関係でした。これがDrakenの創りたかった完璧に甘美な世界なのだと共感出来たし、Drakeにしか創出しえない(Commonの言葉も借りて)スウィートな一枚だったと思います(喝采)。やはりDrake×40×Boi-1daというトリロジーの相性の良さが際立っていましたし、The Weekndの関与も本作では多大な意味を持っていますね(絶妙)。最初から最後まで通して聴くしか許されない、シャッフル再生など言語道断な一枚。このゴールド基調のジャケット、僕は結構好きです(似合)。
アルバム記事はこちら


第五位 Snoop Dogg & Wiz Khalifa『Mac & Devin Go to High School』
Mac And Devin Go To High School (201105)

第五位はSnoop Dogg & Wiz Khalifa『Mac & Devin Go to High School』、発売されて間もないですが僕の中でかなりお気に入りで高評価に。まずSnoop DoggとWiz Khalifaという絶対に外さないタッグ結成が面白い、どちらも煙好きで痩身&長身と容姿はそっくり(笑)。ほぼ即興で組んだ様な二人なのに、そんな事を感じさせない抜群の相性で鮮やかで美しい蜃気楼を演出し聴き手を魅了。少ないながらも的確にポイントを突いた素晴らしい客演陣も絶品、僕の中では全てが上手く機能していたと感じる一枚。もう少し発売が早く聴き込めたなら(本作は12/13発売)、もしかしたら順位はもうひとつ上だったかもしれませんね。
アルバム記事はこちら


第四位 Jay-Z & Kanye West『Watch The Throne』
2011-lastWatch The Throne [Deluxe Edition]

第四位はJay-Z & Kanye West『Watch The Throne』、2011年で一番の話題作は本作だったのでは。Jay-ZとKanye Westという強烈なエゴの持ち主同士の共演がまさか実現しようとは、夢想だにしませんでしたからね(汗)。当初はこの二人の割に(期待した割に)そこまでの破壊力もなかったかなと思ったのですが、やはり聴けば聴く程に凄く創り込まれた圧倒的な世界観で、一筋縄ではいかない複雑巧妙に創造された芸術に近い一枚でしたね(嘆息)。新旧の豪華な顔触れがこうやって集結する事もなかなか無い、いや絶対に無いと思います(断言)。Jay-Z、Kanye Westのどちらが欠けてもこの作品は創れなかったでしょうね、この二人の衝突感(凸凹感)が何より面白いのだから。この黄金装填のジャケットからして一線を画していますしね、多くのビートジャック曲も生まれましたし、やはりシーンを牽引したと思います。
アルバム記事はこちら



第三位 Wiz Khalifa『Rolling Papers』
Rolling Papers [250last]

栄えある第三位はWiz Khalifa『Rolling Papers』、発売当初は本作がこれほど上位に食い込むとは予想だにしませんでした(驚)。何よりWiz KhalifaがMixTapeで聴かせていたサウンドとは違った、かなり垢抜けたシンセサイザー駆使の電子寄りのサウンドの連続にまず面食らったと言いますか(慌)。ハッキリ言って期待したものとは違ったと思い、ちょっとガッカリ肩を落とした程。しかし聴けば聴く程にWiz Khalifaのトロトロにとろけたメロウなヴォーカルがサウンドと綺麗に混ざり合って、結局は僕の脳内でグルグルとヘヴィーローテーション状態でした。兎に角「Black & Yellow」のインパクトも絶大でしたし、やっぱりWiz Khalifaの魅力の虜になった一枚。メジャーに移籍してもこうやって惚れさせてくれたその力量に感謝、本作を聴く時の心地良さはもう半端ないですし。それにこのWiz Khalifaを象徴するかの様なジャケットが文句無しに素晴らしい、モクモク煙の奥でうっすら気味悪く浮かび上がるWiz Khalifaに一撃K.O.されましたから。
アルバム記事はこちら



第二位 David Banner & 9th Wonder『Death Of A Pop Star』
11Death Of A Popstar

惜しくも第二位はDavid Banner & 9th Wonder『Death Of A Pop Star』、これを選出する方はあまり居ないのかも。しかし僕はかなり好きで何度も繰り返し聴いた一枚、曲数も全10曲とかなり少ないのですが。他のタッグ作品はどれも予想可能な(かなり近い身内での合体)ものが多かったのに対し、このDavid Bannerと9th Wonderというなんとも異色なタッグ結成がまず何より面白かった(企画力)。9th Wonder寄りの渋いサウンドにDavid Bannerの南部仕込みのゴリゴリなラップという組み合わせがとても新鮮で、David Bannerを改めてMCとして認識させられた点でも大きい一枚。またLudacrisにMarsha Ambrosius、Erykah Badu、Anthony Hamiltonといった通な人選も素晴らしくてもうヤラレっ放しで御座いました(昇天)。Michael Jacksonの死にインスパイアされたという本作、この電工都市みたいなエレクトロサイバーなジャケットも超お気に入りで御座います。
アルバム記事はこちら



第一位 The Roots『Undun』
The2011Roots-Undun-Undone-new-album-questolove.jpg

そして堂々の第一位はThe Roots『Undun』、僕はThe Rootsの歴代作品の中での第一位だと思います。短編映画を観ている様に進むこのアルバム、何かのサントラとかいう次元でなく、本当に一本の映画を観終えた気分になるのだから不思議。これぞThe Roots、生演奏バンドである彼らでした紡ぐ事の出来ないHip Hopで、圧倒的な違いを魅せてくれました(鳥肌)。一枚を最初から最後まで通して聴ける作品が少なくなった昨今、だからこそ余計に重宝してしまう一枚なのかもしれません。何度聴いても同じモノクロ世界に惹き込まれ、走馬灯の様にすべての景色が眼前を流れゆく、意識が次第に剥がれてゆきポツンと孤独になり無限の音世界を彷徨う、そんな感覚。映画化の構想も持ち上がっているという本作、まだまだ楽しませてくれそうな予感。The Rootsとしても再び脂が乗り切っている時期ではないでしょうか、そういう意味でもキャリア上の重要作品とも言えます。本作を第一位に挙げる方は多いでしょう、天の邪鬼な僕ですがここは素直に本作を褒め讃えたいと思います(拍手喝采)。
アルバム記事はこちら



.........さあこれが僕の選んだ十枚、いかがでしょうか。
皆さんと被る盤もかなり多いでしょうね、The Rootsの第一位は納得では。
そんな買っていなくてもこの難しさ、どれもそれぞれに素晴らしさがあるから難しい。
ここに選ばれはしなかったけれど、迷ったのはTyler, the Creator『Goblin』Evidence『Cats & Dogs』Killer Mike『Pl3dge』あたり。
Big Seanはそんな僕はハマらなかったかな。
勿論Kanye Westの『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』も最後まで悩みました。
しかしまあ、僕はそこまで何度も聴いたりしなかったというのが本音。
まあでも、今年はかなり順当で平均的なランキングだったかな。



※番外編 Nicki Minaj『Pink Friday』
Pink11111 Friday

さてこれも恒例の番外編、Nicki Minaj『Pink Friday』を今年は選びました。これも先述した様に国内盤の発売日が遅かったので、昨年でなく今年のランキング対象。本作は事実上の第十一位なのです、最後までTop10の何処に入れようか迷った一枚でした(四苦八苦)。ハッキリ言って再生回数ではTop3に入るのではと思う程、かなり聴いた一枚ではあるのです。しかしそれは気に入ってるからというより、その魅力をなんとか理解しようと探り探り聴いたという感じかな(笑)。このポップでキュートなサウンドもNicki Minajの魅力だとは思いますが、やはりクレイジーでダークなぶっ飛んだNikci Minajも聴きたかったかな(欲望)。でもやっぱりNicki Minajのルックスがめちゃ大好きなので虜な僕、次回作への期待も込めてここで大きく取り上げました(結局)。
アルバム記事はこちら


スポンサーサイト

Comments

 年間ランキング楽しみにしてました。これだけ多くの新譜をチェックしてるだけでもすごいのに、それをきちんとジャッジできるというのは一つ一つ丁寧に聞いてるということであって、単純に偉いですよ。尊敬します。

 このTOP10で私も持ってるのはStylesとRootsの2枚です。Phonteも聞いておいたほうがよさそうですね。私は中古CD屋巡りばかりで新譜はあまり買わない(というか手が回らない)ほうなんですけど、Pharoahe Monchは発売日に買いに行きました。実際のところ内容も良かったと思うんですけど、どうでしょう?
J-HOODの伯父さん、いつもありがとうございます!そして、新年明けましておめでとうございます!今年もどうぞ
よろしくお願いします!

いやはや、僕も基本は中古掘りが大好きです(笑)。新譜はお金がかかり過ぎて、本当にたまりません(笑)。ある程度には聴いているんですが、詳しくは無いので、本当に個人の好みに偏った順位です。それでも楽しみにして頂いていたと聞いて、それだけでもう書いた甲斐がありました(涙)。

僕もPharoahe Monchは迷ったんです、ああいったHip Hopが僕も大好きなので。しかしこういった系統でいくと、Phonteが抜きん出たという感じで、いや本当にPharoahe Monchもカッコ良かった、いまJ-HOODの伯父さんに言われて、また迷いそうな程(笑)。

また良かったら、J-HOODの伯父さんのベスト10枚も教えて下さいね★

Leave a Comment