RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Snoop Dogg & Wiz Khalifa「Mac & Devin Go To High School」
Mac And Devin Go To High School (Music From And Inspired By The Movie)

Snoop DoggとWiz Khalifaが共演する映画のサントラ盤となる、『Mac & Devin Go To High School』を御紹介。まだちょっと肝心の映画の内容はまだ詳細不明ですが、どうやら学園生活モノになるのでしょうか、甚だ疑問ではありますが(笑)。しかしこの二人といえば大の愛煙家(つまりはマリファナ好き)という共通点があり、そのおかげか最初からこちらとしてもかなり想像しやすいタッグ。そのサントラ盤が先に到着、しかも色々とゲストを呼ぶのではなく完全にSnoop DoggとWiz Khalifaの二人が共演。そうなると目的はこのアルバムで、映画はもはやオマケなのではと考えてしまいますが、映画は全米公開も予定されているらしいです。
それでは簡単にですが内容を触れておきますと・・・・・・まずはWiz Khalifa率いるTaylor Gangと契約したJuicy Jも客演参加した「Smokin' On」で幕開け、制作はChristopher "Drumma Boy" Gholsonが担当。ジワジワそわそわと迫る底辺を這う紫煙みたいなシンセの揺れがたまらなく妖しい、Snoop DoggとWiz Khalifaのスモーキーなラップの掛け合いは正に相性ピッタリ。そこにゴリゴリで豪気溢れるJuicy Jの蒸気吹き出すラップが入る事で、一本芯の通ったファンキーなスロウに早変わりしますね。「I Get Lifted」はなんとあのWarren Gが制作を担当、クレジット無記載ですがフックを担当しているのはLaToiya Williams。キラキラと煌びやかに輝くラインストーンの様なソウルフルなメロディに、ほんわり吐き出す煙の様に柔らかくスウィートな二人のラップがまったりレイドバックして響きます。当代要注目のProducerの一人であるExileが制作を担当した「You Can Put it in a Zag, I’mma Put it in a Blunt」も素敵過ぎてとろけるスウィートさ、サンプリングにThe Dramatics「In The Rain」を使用した曇った響きにじっとり濡れた色ツヤを感じる幻想的なスロウ(昇天確実)。ここではSnoop Doggのズルズルと引きずり込む様なフックが耳にこだまし、Wiz Khalifaのちょっぴりハイトーンに歌う様なフロウが濃霧の様に聴き手を煙に巻くトロトロチューン。Hollan Dozier Holland「Come Together」を絶妙にサンプリングした「6:30」は、あのNottzが制作という事で納得の仕上がりですね(流石)。強めで太めのドラムスビートのキックに晴れやかで爽やかスッキリな電子メロディが気持ち良く響き渡る、二人の良い意味でダルくリラックスしきった間抜けなフロウが最高にスカッシュさせてくれます。Jesse "Corparal" Wilsonが制作を担当した「Talent Show」は、ポカスカと鳴るパーカッションとシャンパンゴールドな気泡たっぷりの滑らか電子メロディがなんとも麗しいセクシーなミッド。ここでは女性の吐息に近いヴォーカルも入れつつ、Wiz Khalifaがゆったりと甘くまろやかな口溶けの歌フックを披露していて素敵、聴いているだけでコチラがハイになり骨抜きにされてしまう中毒性抜群の蜜ミッド。これまたMixTape界隈では既に注目株のJake Oneが制作を担当した「Let's Go Study」も甘美、そっとふっと囁きかける様なSnoop Doggのくすぐったい煙ラップが心地良くて、Wiz Khalifaのトローリと滲む様に伸びやかな宙に浮かぶ風船みたいなラップがなんだか不思議な魅力を放ちますね(夢想)。The Smeezingtonsが制作でBruno Marsが客演参加もこなす「Young, Wild & Free」は、本作からの先行シングルでしたね。ピアノ鍵盤の軽やかでキュートな跳ねるメロディが心を和ませるミッドで、どこかレトロな御洒落さが香るメロディもさることながら、Bruno Marsのメロディアスさも掻き消しそうなWiz Khalifaの柔軟さがなんとも憎い(笑)。E. DanとBig JermによるI.D. Labsが制作の「OG」、客演にはこれまた煙たくトロトロ状態のフロウをかますCurren$yが参加。Amnesty「We Have Love」を下敷きにしたホーンべったりと悩ましい官能的で壮麗なメロディもたまらない、このゆっくりと愛撫する様なメロディは反則気味に妖艶ですね(興奮)。そこにこの煙モクモクな三人が絡み合うのですが、やはり三者三様で全く違ったカラー&魅力を放出しているのだから凄い。再びJake OneがThe Isley Brothers「Groove With Me」を濃厚凝縮してサンプリングした濃密な骨抜きスロウ「French Inhale」、客演にはMike Posnerが参加していますね。Mike Posnerの細く甲高い中性的なヴォーカルも良いですが、やはりフレーズだけで入るRonald Isleyの声があまりに渋い飴色の輝きを放っていて眩しいです。そんなトラックに更にビターなチョコレートをとろーり垂らす様な、二人のまろやかなラップがもうたまりませんね(腰砕)。Larrance Dopson(of 1500 or Nothin')が制作した「It Could Be Easy」は、ビヨビヨと微振動しながらじわじわ滲み渡る電子音がどこかサイバーなんだけど柔らかな感触を生み出す一曲。そんなちょっぴり近未来なメロウに歌声を重ねるのは、まさかのRaheem DeVaughnとJ. Blackという豪華さ。だからソウル臭さも充分ヒシヒシ感じさせる艶やかさがある、全てがキッチリ噛み合っていて素晴らしくボヤけた美しさを演出しています(褒言葉)。「World Class」はCardoが制作を担当、アコースティックなギター弦メロディに絡む、水中で聴く様なプクプクとこもったシンセ音がこだまする、澄んだ深層水メロディが不思議と魅力的でグッド。最後を締め括るのも同じくCardoが制作を担当した「That Good」、ここでは深夜のハイウェイを思わせるヒンヤリ冷たく輝くアスファルトみたいな流麗電子チューンでまた最高にクール(痺)。こういうメロディがきっちり有るトラックはこの二人には似合う、客演抜きでも充分歌わずに音階を奏でられるフロウを持っているのは強み。

予想通りの仕上がりなんですが、それで充分に満足な息も相性もピッタリな一枚です。しかも蓋を開けてみれば客演も制作陣も豪華で驚き、これを聴き逃すのはちょっと勿体無いですよね(警告)。昔はもっと硬派で覇気のあるMCが好きだったのですが、最近はWiz KhalifaやCurren$yといった少し輪郭のぼやけたマッタリしたMCも俄然好き。せっかくサントラも聴いたのだから、映画の方もここ日本で機会があれば観てみたいですね。Wiz Khalifa『Rolling Papers』で肩透かしを喰らったと感じた方、むしろこちらの『Mac & Devin Go To High School』を聴いた方がしっくり来るかもしれませんね(予想)。大人のリラックスしたパーティーで流してもオーケイ、僕は一人でパーティー気分味わいながら食器洗って聴いています(孤独)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment