RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
24位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Keshia Chante「Night & Day」
Night  Day

CanadaはToronto出身でモデルや女優業もこなしている、Keshia Chanteの通算三作目となる『Night & Day』を御紹介。Keshia ChanteといえばあのAaliyahの伝記映画でAaliyah役を演じるなどの話もありましたが(少し面長な感じが確かに雰囲気あったり)、結局その映画の制作は進行しているのかよく分かりません(調査不足)。僕としては個人的に楽しみにしていたし、是非とも実現に漕ぎ着けて欲しいところ。前作『2 U』からおよそ五年ぶりとなる本作、やはり音楽業界でサヴァイブするのは厳しいですね。なんだかサラっと気付かぬうちに昨年発売されていましたね、すぐに購入しました。
それでは簡単にですが内容に触れておきますと・・・・・・まず本作は題名の『Night & Day』通りに、全14曲が“Night”と“Day”の二つに分けられるというコンセプトになっていますね。まずは前半となる“Night”から、幕開けを飾るのはCraig McConnellが制作した「Hotline」。ピコポコと鮮やかにウェーブを聴かせて跳ね回すシンセサイザーに乗せて、Keshia Chanteのキュートでポップな歌声が色彩豊かに映えるダンスアッパー。続いてはA1exGが制作を担当した「Table Dancer」、ここでもビーンビーンと全てを刺激して麻痺させる様な電撃的なシンセ音がザクザクとカットするアッパーで攻めますね。Justin Forsleyが制作(ソングライトにはTaio Cruz)の「Set U Free」もテクノっぽい打ち込みを施した宇宙的なサウンドの広がりを魅せる、四つ打ち風味のサイケディスコチューンで、一辺倒だけどカラダが勝手にリズムに乗ってしまう一曲。引き続きJustin Forsleyが制作を担当した「Edit, Cut & Delete U」は、バキバキとへし折る様なエレキギターの暴れ回すメロディに、鼓笛隊ばりにバチバチと火花を散らす硬質なドラムスビートが炸裂するエッヂの効いたアッパーでカッコ良いですね。「Victorious」はMark Cyrusが制作を担当、ペッポコペッポコとやや変則的な癖のあるビート回しがなかなか面白いアッパーで、終始ハジけ飛ぶビートに翻弄されずにひらひらと舞い降りるピアノ旋律、というなんだかヘンテコな取り合わせも面白くて好き。ブアーーーと暗がりにほんのりと灯りが点く様な、ぼんやりと光を零すシンセサイザーの音色が流麗で美しい「I Hope U Cry」も素敵。制作はJNEWなる人物が担当、何度も繰り返すフックもゆらゆらと幻影的で耳にやんわりと残って心地良いです。落ち着きなくソワソワ辺りを徘徊する様な、ヒンヤリと冷たく突き刺さるアイスシンセが鋭利で美しい「Shooting Star」はRob Wellが制作。こういう凍えそうなカチンと冷たい電子トラックも、Keshia Chanteの艶やかで麗しいヴォーカルにかかると、ミステリアスでミストチックな美しさを放つから素敵。とここまでが前半“Night”で、ここからが“Day”となりその幕開けはVic Park制作の「Hang My Jersey」。ひっそり静かでとろんと流れてゆく柔らかな電子音がドリーミー且つ色気たっぷり、客演している男性MCのP Reignのラップもクールでなかなかグッド。引き続きVic Parkが制作した「Pillow Talk」は哀愁たっぷりの泣きのギター弦に感情揺さぶられるブルース、微熱混じりにジワジワと焦がす様に歌うKeshia Chanteも美しく切ないですね(涙)。Toneが制作を担当した「I Miss U」は、スッキリと透き通ったクリアなピアノ鍵盤の繊細なメロディと、大地を吹き抜ける風みたいな躍動感溢れる太鼓ビートが爽快な後味を残す清廉なバラード。Leona Lewisなんかも歌いそうなこういう純白曲も僕は好き、複雑に紡ぎ合わされた織糸みたいなフックもすごく華麗で、胸をキュンキュンさせてくれますね(幸福)。jACKなる人物が制作の「Hush」は、教会オルガンみたいな神聖で奥深い響き(エコー)が神秘的で眩い。美しいファルセットで聴き手を極楽へ導くKeshia Chanteのウィスパーな歌声も、もはや後光が射していて拝みたくなるぐらいに綺麗。またもや登場のVic Park制作の「Test Drive」は、冷たい雨が降りしきる様な寂しく心細い濡れミッドで、ドラマチックなメロディにKeshia Chanteの微弱いヴォーカルが胸を刺す一曲。アコースティックギターを爪弾く寂寞スロウ「If U Say」もVic Parkが制作を担当、穏やかながら心を揺さぶるKeshia Chanteの線の細い歌声はとても繊細で丁寧、彼女がとても歌唱力のあるシンガーなんだと実感できますね(感心)。窓から朝陽が差し込むような、目が醒める様なスッキリと色鮮やかな流麗ミッド「Ghost Love」はRob Wellsが制作。悲しげなんだけどどこか前向きでエナジーに満ち溢れたKeshia Chanteの歌声は、凛と美しく、朝露のように無垢で涼しげな輝きを放っていて素敵です。

サウンド的には最近のRihanna作品が好きな若い方にもウケが良いかな、でも僕が感じたのはどこかKeri Hilsonみたいな作風だなあという事。サウンド的には活発でアッパーな“Night”と、静かでしんみりなスロウの“Day”と、逆なのではないかと思ってしまうのですが。詩を理解したらきっと違うのでしょう、誘惑と勢いのある真夜中を超えて、ひとり目が醒めて夢の様な夜が終わった事を悟る美しい朝、といった感じなのでしょうか(憶測)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment