RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Idle Warship「Habits Of The Heart」
idle_warship_habits_of_the_heart201.jpeg

Brooklyn出身MCのTalib KweliとPhiladelphia出身のシンガーResによるユニット、Idle Warshipの初の公式アルバム『Habits Of The Heart』を御紹介。もうTalib Kweliに関しては説明不要ですね、Resに関しても以前に『How I Do』なる素晴らしい作品をリリースしているので、そういう意味では玄人ならばかなり認知度の高いユニットで御座います。以前はGraph Nobelも含めた三人で活動していましたが、今は脱退して二人で活動していますね。Idle Warshipとしては以前に『Party Robot』というアルバムを発表していましたが、これは正規にCD化されず終いでしたね(惜)。という事で僕的にはかなり待望のデビュー盤、このセクシーな油絵みたいなジャケットも素晴らしいではありませんか(これはRes.........ではないよな?)。
それでは簡単になりますが内容をふんわり・・・・・・まずはオルガン鍵盤の不穏で埃っぽいメロディでじりじり焦がす様なブルージーさが香るアッパー「Enemy」で幕開け、制作はFarhotなる人物が担当。焙煎珈琲みたいなほろ苦いテイストが渋くてカッコ良く、Talib Kweliのエッヂの効いた甲高くスピーディなラップと、Resの艶っぽくも骨太でファンキーなヴォーカルが入り乱れます。Farhot制作の「The Floor」はその名の通りに電光散らしながらリズムがバチバチと炸裂するダンスチューン、普段から考えるとこういうエレクトロ風味な曲にTalib Kweliが乗るのは珍しいのですが、普通にイケていますね。Resのけして軽過ぎない拳の効いたヴォーカルが良い塩梅なグルーヴを創り、ディスコチックなベッタリしたノリを生み出していますね。S. Mckie & C. Whitfieldが共同制作したホーンの効いた「God Bless My Soul」も、ボサノヴァっぽい軽快なグラインドが小気味良く、妖艶で挑発的なResの情熱的な真っ赤な歌声がもうたまらなく刺激的でホット。あのDJ Khalilが制作を担当した「Are You In」は女性シンガーのKay Colaが客演参加、力強く叩く乾いたドラムスとぐわんぐわんと揺れて曲線を描くシンセが、聴き手を勢いよく異空間へと傾れ込ませる、万華鏡みたく色彩をクルクルと目まぐるしく変化させるロックなアッパーで最高に痺れる。 Jean GraeとJay Knockaを客演に迎えて電撃をビリビリ走らせるエレクトロサイバーな「System Addict」もDJ Khalilが制作を担当、やはりここではJean Graeのラップがかなりスパイシーで、曲全体をピリっと引き締めていますね(流石)。ダーティーに歪んだエフェクトでサイボーグチックに進行する電子回路的なサウンドもナイス、嫌いではないですよ。まだまだDJ Khalilが制作を担当した華やかなハンドクラップチューン「Laser Beams」も、バーボンの様に喉元をカッと熱く灼きつける様なResの情熱的なヴォーカルがカッコ良くて失神寸前になります(目眩)。John ForteとロックバンドのChester Frenchが客演参加し、その片割れであるMaxwell Drummyが制作を担当したのが「Covered In Fantasy」。蒼く光り輝く夜空みたくひんやりとクールなシンセチューンは、尖っているだけその繊細さとドラマチックさを増していて、Idle Warshipとの相性も非常に抜群。ひび割れた様な荒くギザギザなメロディ&ビートがタフでカッコ良いし、ミクスチャーロックなんだけど王道Hip Hopしているマッチングが素晴らしい(溜息)。再びFarhotが制作した「Rat Race」の晴れやかな青空の下を滑走するようなドライブチューンも良い、Resの開放的で伸びやかな歌声に身も心も軽くなりますね。Farhot制作の「Katya」では元Destiny's ChildのMichelle Williamsが客演参加、Resが居るのでMichelle Williamsの色は少し薄めだけど、まあ良いか。優美で穏やかなメロディにTalib Kweliの歌う様なフロウがキュートな「Beautifully Bad」はFarhotが制作、ただここはResの煌めきたっぷりに澄んで美しく慈しみ深い歌声を単純に堪能したい、本当にResがこれほどに繊細でエレガントな歌声をしていたとは少し驚き(昇天)。最後を締め括るのはやはりFarhot制作の「Driving Me Insane」、エレキギター弦のリフが勢いよくビンビンと跳ね回すガチガチのアッパーで、辻斬りさながらに華麗に斬り込んでゆくTalib Kweliがたまりませんね(失禁)。

僕、これは発売当時にAmazonで購入していたのですが、実際あまり聴き込めていなかったんです。その結果、年間Top10にも入らなかったのですが、最近ようやく時間も出来て聴いていたら、なかなか良い。今こうやって聴きながら書いていると、サクサクノリノリで気持ち良く聴いている自分が居て。もっと高評価を昨年に下すべきだった一枚、昨年はそれよりもTalib Kweli単体の『Gutter Rainbows』をよく聴いていたので、こっちが疎かになっていました(阿呆)。確かにエレクトロなんだけどレトロも混ぜ合わせてあるので厭味じゃないし、この二人だからどっしり重みもあって安定感は抜群かと。ごちゃ混ぜな空気感も面白いし、音楽好きなら結構すんなり楽しめる一枚かな。しかしこうやって聴いているとやはり、Resの新作を期待してしまいますね、結構な美人ですしね(結局)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment