RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Roscoe Dash「J.U.I.C.E. EP」
roscoe-dash-Juice-HHNM.jpeg

ATL出身の弱冠21歳のニューカマー、Roscoe Dashようやくの待望デビューアルバム『J.U.I.C.E. EP』を御紹介。そうなんです、本来ならばInterscorp Recordsから『Ready Set Go!』で正式デビューする筈が、何故か紆余曲折でお蔵入り(涙)。僕はこの『Ready Set Go!』好きだったので、本当に残念でなりませんでした。このまま埋もれるのではと心配していましたが、Geffen Recordsから無事に本作でデビュー出来ましたね。しかし残念ながらEP盤、出来ればフルアルバムで聴きたかったけれど、背に腹は代えられませんね。しかもこのジャケットはどうもダサイ、もっと良い写真無かったのかな。
とまあ中身以外の愚痴は止めて内容に・・・・・・まずはJuluis Rivera III "Squat Beatz"が制作で、Paul Davis「I Go Crazy」をサンプリングした「I Do」で幕開け。時折光るピアノ鍵盤の音色がちょっぴり流麗だけれども、其処彼処に埃っぽさが漂っていて燻し銀な印象を与えるミッド。Roscoe Dashのカラーセロハンみたいに優しいフロウが心地良くて、客演する女性MCのK'Laにも匹敵する柔らかさが素敵。Mista Rajaが制作を担当した「The Impossible」は琴線的にポロロンメロディが美しくも繊細で華やか、そんなポワポワとドリーミーなメロディ上を、鼻にかかった甘い蜜味のヴォーカルで滑らかになぞってゆく紳士的なRoscoe Dashは確実に憎い奴だと思います(褒言葉)。これはもはやR&B曲ですね、この抜ける様な鮮やかさは心地良過ぎます。Kane Beatzが制作の「Good Good Night」は、Foster Sylvers「Misdemeanor」を下敷きにした一曲。金属同士の擦れる様な火花散るザキザキビートがハードでなかなかタフ、フックこそ彼得意の歌うようなものですが、それをグルグルとループさせた時の中毒性が好き。Andrew KnottとDavid Knottが共同制作した「Sidity」ではBig Seanが客演参加、この二人はBig Sean曲「Marvin & Chardonnay」で既に共演済みですね。確かにその曲には勝てませんが、そもその「Marvin & Chardonnay」だってRoscoe DashがBig Seanを喰っていたと僕は思っていますからね(個人的見解)。シンセサイザーのピリピリと緊張感走る高音の鳴りがミステリアスで、その合間を塗って艶やかにトローリととろけるRoscoe Dashの歌フックがナイスなコントラストかなと。Nard & Bが制作を担当した「Into The Morning」では、Big Sean同様に若手の中でも人気急上昇なWaleが客演参加。ソワソワと漂い迫るような霧っぽいシンセの音色がこれまたウットリしなやかで綺麗、ちょっと無骨な太さを持つWaleが入っているので良い塩梅で強弱が付いていますね。「Very First Time」は若手Producerの中でも注目の集まるSonny Digitalが制作を担当、Sonny Digitalらしくサンプリングには渋くThe Moments「What's Your Name」をべったり濃厚に使用。思わず喉が唸ってしまいそうな、バーボンみたく鼓膜に灼きつくソウルフルなメロディが渋カッコイイですね(痺)。Roscoe Dashがこのトラックに乗っかるのは少し違う気もしないではないですが、でもアルバムの振り幅としては良いのかな。最後を締め括る「Awesome」もSonny Digitalが制作を担当、これはゆったりと間をとって左右にグラインドする重たい電子音バウンスチューンでRoscoe Dashにお似合い、ガツガツと前のめりでキレのあるラップをかますRoscoe Dashもなかなか美味で御座います。

EPという事でたった7曲のみ収録、それもありますがRoscoe Dash自体ちょっと物足りなく感じてしまったかな。どうだろう、お蔵入りしてしまった『Ready Set Go!』の方が数倍カッコ良く仕上がっていたと僕は思うが。Roscoe Dashのどこか機械的に音階を踏むフロウがここではあまり活きていなかった気がするが、それでもそれなりには楽しめたので、まあ良いか。とりあえず客演ももっと数多く踏んで、存在感をより強固にして、次こそはフルアルバムを期待したいところ。なんだか評価低く書いてしまっているっぽいですが、僕はRoscoe Dashは好きですよ。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment