RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Carl Thomas「Conquer」
carl thomas conquer

あのBad Boy Recordsの看板シンガーとして確固たる地位を確立した、Carl Thomasの通算四作目『Conquer』を御紹介。Bad Boy在籍時もそんなにリリース量が多かった訳ではありませんが、やはりBad Boy離脱と共に第一線も離れた感はあるCarl Thomas。本作はVerve Forecastからのリリース、前作からおよそ四年ぶりという事で、待たされたけれどこうやって聴けて嬉しい限り。何より本作のこのミッドナイトに佇むCarl Thomasの凛とした横顔がなんともカッコ良い、このジャケットだけで100点満点をあげたいと僕は思います(重視)。
それでは肝心なのは中身ですからそっちを・・・・・・まず幕開けを飾るのはJ.R. Hutsonが制作を担当した「The Night Is Yours」ですが、もうこの時点で都会のひんやりとスマートでクールな電子メロディが滑らかでカッコイイ(痺)。Carl Thomasの流れる街灯の様な滑走感のあるヴォーカルもグッド、僕は好きですね。続く「Long Distance Love Affair」は、Rico LoveとEarl & Eが共同で制作を担当。ボカボカと湿り気のある硬質ビートと、ちょっぴり南国風味のスパイスが効いたアッパーで、昔のMJBがやっていた様なHip Hopテイストが濃いトラックでナイス。あのAndre Harrisが制作を担当した「Conquer」、冷たくて繊細で刺々しく、それでいてドラマチックで綺麗なシンセメロディが深々と響き、Carl Thomasの滑らかで激情的に突き上げるフックが胸を締め付けるバラード(意識混迷)。再びAndre Harrisが制作した「Round 2」は、どこか宝石の原石がいっぱい詰まった洞窟の中を彷徨い進む様な、そんな妖しくも神秘的な仄めく光りが美しいシンセチューン。スーッと消えゆく寸前みたいなメロディとヴォーカルが美しく、聴いていて鼓膜にエコーし浸透する感触がたまらない。「It's Not The Same」はCarl Thomasの盟友とも言うべき、Mike Cityが制作を担当したアップ。カラっと乾いたクラップビートと白波の様に寄せるオーシャン風味の電子音の鳴りが気持ち良い爽快曲。Rico LoveとEarl & Eが共同制作した「Don't Kiss Me」は、ネタ元こそ無いものの完璧にオールドソウルを再現した、ハートウォーミングで穏やかなスロウで、Carl Thomasのビタースウィートな歌声が柔らかに響き渡ります(極楽)。Rex Rideoutなる人物が制作した「It Is What It Is」は、ひっそりとした静寂の星空を星が流れて消える様な、そんなほんのり宇宙チックでミステリアスなミッドで、Carl Thomasが囁く様に歌うこの流麗さがたまらなく好き。そして僕が最も興奮したのはやはり「It Ain't Fair」、なんとあのMario Winansが制作を担当しているのですよ(狂喜乱舞)。霧のかかった夜の街並みを思わせる、その静寂がかえって少し不気味でハートをヒリヒリさせる、どこか劇的で悲哀に満ちたメロディは流石のクオリティ(称讃)。またもやMike Cityが制作を担当した「Sweet Love」、じっとりと這ってとろーりとろーりと滴り落ちる曲線的なシンセが官能的で美しい(溜息)。あのBlac Elvisが制作の「Running」は壮大でアフリカっぽいメロディが吹き抜ける清涼曲、こういう曲も心が解放されて単純に無になれるから好きです。最後を締め括るのは「Don't Kiss Me (Remix)」で、トラックはそのまま新たにSnoop Doggを挿入したナイスなRemix。この丸っこいホーンがボワワンと鳴るメロディに乗り、Snoop Doggの脱力MAXなズルズルと広がるラップが中毒起こさせハイにしてくれるナイスエンディング。

あれーーー、軒並み何処もこのアルバムの評価が低かった様に思うけど、僕はすんなり聴けたし結構好きですがね(疑問)。その評価はセールスにも直結しているのか、あまり振るいませんでしたね、そんなにダメかな。僕は田舎住まいで本作を今年になってようやく入手したんですが、昨年に入手していたらTop10が変わっていたかも。製作陣も豪華だし、バッチリ夜景の写ったジャケットと完全にリンクした、素敵な一枚なので僕はかなりお薦め。往年のCarl Thomas好きにこそウケていないっぽいですが、一応全作品持っている僕はこんなCarl Thomasも断然アリだと思います(偏屈)。まあ聴かないのは絶対に損、だってCarl Thomasですからね(当然)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment