RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

T-Pain「Revolver」
51ruJoqGyGL.jpeg

Tallahassee Pain、略してT-Painの通算四作目となる『Revolver』を御紹介。華々しいデビューより飛躍的な活動を続け、客演にも引っ張りだこ、かなりの短いスパンで三枚のアルバムを大ヒットさせてT-Pain。しかし彼の得意技オートチューンが音楽業界に蔓延し、そんなオートチューンにJay-Zが死を宣告するなど、T-Painにとってはそんなに嬉しくない状況が続きまして。T-Pain自身も“もっとCDが売れる仕組みにならないとアルバムは作らない”と公言し、一時は表舞台から遠ざかっていた感がありますね。久々に登場したT-Pain、もうオートチューンばっかりは飽きたけれど、彼はそのパイオニアだから存分に駆使してOK、まあ彼は新たにiZotope社と共に“The T-Pain Effect”を開発しましたがね。
それでは簡単にですが内容をなぞっておこうかと思います・・・・・・まずはキリキリと舞い散るストリングスの流麗なメロディに銃撃がバンッバンッと弾け飛ぶ「Bang Bang Pow」で幕開け、シャウト気味に熾烈な歌声をロボット声で披露するT-Painは気迫充分。客演には最強無敵状態なLil Wayne、相変わらずの爬虫類ラップで纏わりつきます。続いては客演にDetail(Co制作にも関与)を迎えて暴れ回す「Bottlez」はCatalystが制作、少し歪んだヘヴィーな打ビートを撃ち降ろすバキバキなトラックも火を吹いてて最高にホットで聴き応えは抜群。続いてはDJ Chuckieが制作(Co制作にはT-Pain)の「It's Not You (It's Me)」で、客演には引っ張りだこのお祭り男Pitbullが参加。これは煌めいて眩い四つ打ちビートが最高にダンサブルで軽快にステップ踏む意外に逃げ場は無し、T-Painの屈折しながら明滅するロボットエフェクトも聴き手を完全に痺れさせてハイにさせちゃいますね(昇天)。Nappy Boyお抱えのYoung Fyreが制作の「Default Picture」は思わずしんみりと夜空を見上げたくなるようなメロディが美しくも儚げ、詞の内容はTwitter上でそのプロフィール画像に惚れ込んだ男の一途(?)な想いを綴った現代的な恋物語がベース。そして本作からの先行シングルとしてヒットしたのがLily Allen「Who'd Have Known」をサンプリングした「5 O'clock」、客演にはそのLily AllenとWiz Khalifaが参加。オルゴールみたいに御伽話寸前の曇って温もりのあるメロディがハートウォーミングで可愛く、思わずニンマリと微笑んでしまう柔らかなスロウ。恋人の朝の五時の情景を歌ったこの微睡んでトローンとした丸みを帯びたメロディが素敵、Wiz Khalifaもやはりこういうマッタリとしたフロウを大の得意としていますね。T-Painが制作(Co制作にDavid "Preach" Bal4)の「Sho-Time (Pleasure Thang)」もポロポロと零れ落ちる電子音の連なりが、優しくて温かな明滅を繰り返すスウィートなスロウで抜群に素敵。T-Painの駆使するエフェクトというのはこういうスロウでこそ爆発的な魅力を発揮する、あの身を捩らす様に曲線を描くコンピュータ加工が、より官能的で絡み合う雰囲気を演出します(劇的)。同じくT-Painが制作を担当したピアノ旋律基調とした繊細で煌びやかなラインストーンスロウ「Rock Bottom」僕としてはかなりツボ、熱を帯びながらまるでサーモグラフィみたいな色彩を描いて上下するT-Painのヴォーカルラインが魅惑的ですっかり虜になりましたよ。Billboardなる人物(凄い名前だ)が制作した「Look At Her Go」では完全復活したChris Brownが参加、静かなだだ広い倉庫内でバシバシ叩くビートだけが響き渡る様なトラックはかなり攻撃的。T-Painに負けじとサイボーグ化して高音を効かせるChris Brownに皆が痺れるのかな、僕としてはそこまでは興奮しないけど(冷)。売れっ子の仲間入りしたTha Biznessが制作を担当した「Mix'd Girl」は機械的なビートにピピピピピと単調な電子音が連打するというシンプル過ぎるトラック、そこにこれまたフラット寸前にフックをリフレインさせるT-Painがかなり中毒性を増幅させるナイスな繊細チューン。再びYoung Fyreが制作を担当したのが「I Don't Give A Fuck」はキラキラと舞い落ちる雫みたいな電子音が、今にも壊れそうな脆い関係を綺麗に表現した浮気女を責める一曲(衝撃)。T-Painが制作の「Drowning Again」では、Nappy Boy所属の男性ヴォーカルグループOne Chanceが参加。これがピアノ弾き語りを軸にした悲哀に満ちた泣けるバラードで、大真面目にブクブクと冷たく仄暗い水底へと沈んでゆくようなT-Painの蒼い歌声に胸を打たれます(玉砕)。そして完璧なバックコーラスでより重厚で壮麗なメロディに仕立てるOne Chanceのハーモニーが素晴らしい、T-Painのバラディアーとしての側面をこの曲で思い知りますね。引き続きT-Pain自身が制作を担当した「When I Come Home」も緩やかで寂寞としたミッド、ゆっくりじんわりと明滅しながらもどこか乾いた感触のシンセが良いし、途中で転調してサイバーチックにビヨビヨうねるメロディも一癖あって面白い。またもやChris Brownが参加したYoung Fyre制作の「Best Love Song」は良い、ひらひら舞うピアノ旋律と壮大にして圧倒的なストリングス、波紋の様に一気に螺旋を描き広がるメロディとリフレインフックが痛快でグッド。これでもかというぐらいにフロアをガンガンと揺らして熱くさせてしまうダンスチューン「Turn All The Light」はDr. LukeとCirkutが共同制作、客演には歌うジェントルマンNe-Yoが参加。こうなるとやはりDr. Lukeの腕前はやはり凄いと思う、単純にノレて愉快になってしまう、ただT-Painがやっぱりフロアバンガーなんだと再認識してしまう盛り上げ上手っぷり(笑)。とここまでが本編の内容で、ここからは国内盤のボーナス曲で御座いまして。まずはR. KellyとBei Maejorという間違い無しのコンボが炸裂した「Center Of The Stage」、制作は意外にもGet CoolとT-Painという事。三者三様のテイストなんですがキッチリとフィットしてしまっていて、でもやはりR. Kellyの時折浮くファルセットに撃沈してしまう僕。T-Pain制作の「Regular Girl」はほんのりダークで妖しいメロディがじわじわ効いてくる、ちょっぴりホラーテイストな一曲。Young Fyre制作で“なってぃんなってぃんなってぃん♪”の呪文フックとガウガウビートを連続するゾンビアッパー「Nuthin'」も面白い、E-40とDetailも参加しているのでゴリゴリと狂気的に三人が暴れてくれています。最後を締め括るのはNappy Boy所属のJoey Galaxyが参加した「Booty Wurk (One Cheek At A Time)」、部族っぽい乱雑なビートにT-Painのベッタリしたヴォーカルが不穏に響き渡る一曲。

うん、やっぱりT-Painって面白いなというのが良い。もはやエフェクトは当然としても、そのメロディセンスはやはり目を見張るものがあるのではと。この人はアッパーよりも煌めきたっぷりなシティライツ風の夜会系スロウがとってもよく似合う。タキシードスロウとでも言いましょうか。そういう歌をもっと量産して欲しいな。これからも一定の需要はあると思う、Jay-Zによるオートチューンへの死の宣告は、けしてT-Painの需要とは直結していませんね(断言)。Producerとしても今後に期待したい、特にOne Chanceはなんとかメジャーデビューさせてあげて欲しいです(切望)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment