RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Common「The Dreamer/The Beleliever」
Common-The-Dreamer-The-Believer-e1321379511302.jpeg

最近は『Just Wright』や『Date Night』といった映画出演で俳優としても地位を築こうとしている実力派MC、Commonの通算十作目となる『The Dreamer/The Believer』を御紹介。本作でCommonは遂にKanye West率いるG.O.O.D. Musicを離れ、Warner Bros.傘下に自身のレーベル“Think Common”を設立しての、第一弾アルバムで御座います。デビューからもう約二十年ほど活躍しているCommon、こうやって順調に活動できているのが単純に凄いですよね。なのになんだかイマイチ評価が安定しない感もあるCommon、絶好の相棒となっていた同郷のKanye Westの元を離れたのは、吉と出るか凶と出るか。
それでは簡単になりますが内容を御紹介しますと・・・・・・という訳でKanye Westの参加は皆無、前作ではThe Neptunesがガッツリ関与していましたが、本作ではあのNo I.D.が全曲の制作を担当しております(拍手)。No I.D.といえば過去に『Resurrection』や『One Day It'll All Make Sense』といった名作をCommonと共に送り出した名Producerですよね。まずはMaya Angelouを客演に招いた「The Dreamer」で幕開け、エレガントで優美なピアノ旋律に乗せて、Commonの二枚目で優雅なラップがスイスイと滑るナイスなスタート。そして「Ghetto Dreams」ではNasが客演で参加(本作唯一の参加MC)、ピアノ鍵盤の一音を無機質に鳴らし、そこにベッタリと脂っこいホーンを飛ばし、途中で鬼のようなスクラッチをギュルギュル挟んだなんともハードでザラザラした激鉄アッパーでグッド。とにかくファンキーで骨太なトラックにCommonとNasの神懸かりなラップが衝突する、そんな鎬の削り合いにたまらなく興奮する一曲。本作からのシングル曲となった「Blue Sky」、スッキリと爽やかでハイなメロディが全てを突き抜けて聴こえる、どことなく教会チックな荘厳さも潜んだドラマチックな一曲。“歌ってばかりのヤワな男♪”と歌った詩が、Drakeへの口撃だという事で(むしろマイナスな)話題となった「Sweet」は、Doris & Kelley「You Don't Have To Worry」をサンプリング。バキバキとへし折る様なビートに唾飛ばし青筋立ててラップするCommonはかなりハードでタフ、正直にカッコイイし楽曲としてはナイスなんですが、Drakeを相手にしたのは少し戦法的に不味かった気がしますね。The Harold Melvin & The Blue Notes「To Be True」をサンプリングした「Gold」は、躍動感溢れるパーカッションの小気味良いビートと、流麗で繊細なメロディの浮遊感がたまらなく優雅で美しいミッド。しかもここで歌フックを担当しているのが、あのJames Fauntleroy II(The Underdogs)なのが驚き。彼の良い意味でいなたくてまどろっこしい歌声が曲のドリーミーさを増幅させているのは確実、ナイスな客演だと思います。The Impressions「I Loved And I Lost」をヴォーカルごと綺麗にサンプリングした「Lovin' I Lost」は正にCommonの真骨頂、切なくもほろ苦いソウルフルなメロディにCommonの感傷的なラインが次々と浮かんでは消える、激渋なハートブレイクチューン。Aynsley Dunbar「Memory Of Pain」をサンプリングした「Raw(How You Like It)」は、ちょっぴりブルージーでスモーキーな弦音を紡いだブルースロックチューンでやはり聴かせてくれてカッコイイ(痺)。再びJames Fauntleroy IIが歌声を披露している「Cloth」が僕はかなり好き、プカプカと輪郭無しで空間に浮かび溶けゆくシンセ音が柔らかくて切ないラヴソング。James Fauntleroy IIの淀んだ中に魅せる透明感のあるミステリアスな歌声がとにかく素敵、凍えそうな寒風の中で恋人を抱き締めた時に感じる温もりみたいなものを、このラヴソングの中に感じます(溺愛)。そのまま軽やかで華やかな煌めきチューンを展開する「Celebrate」も直球で胸キュン、Kenny Loggins「Celebrate Me Home」を下敷きにしたパール粒みたいなキュートな輝きを放つピアノ鍵盤のメロディも素敵な、シャンパンゴールドに輝くミッドチューン。「Windows」は遠くの方でこまだして聴こえてくる様なメロディがなんとも深淵で神秘的、James Fauntleroy IIの溶けて消えるような微睡んだ歌声もやはり癖になりますね。John Legendが客演(クレジットで見ると、本作唯一の参加シンガー)した「The Believer」は、ゴスペル風味の神々しく澄み切ったメロディに、慈しみ深いJohn Legendのハートフルな歌声と、リズミカルに滑走して高みへ登るCommonのラップがとっても清々しい一曲。最後を締め括るのはLonnie "Pops" Lynnによるリーディング「Pops Belief」、こういう締め括り方してスッキリするのはCommonのキャラクターの成せる技かなと。国内盤にはこれらに加え、より骨太でドス黒くファンキーな変貌を遂げた殺伐系の「The Believer(Remix)」と、Nasを引っこ抜いた事によりちょっと軽量化された感のある「Ghetto Dreams(Remix)」のボーナス曲二曲を収録しております。あと特筆すべきは、あのJames Poyserが数曲でKeysを担当している点ですかね(素敵)。

普通にカッコ良かったですね、盟友No I.D.が制作だったので想像通りの世界観ではありましたが、僕は充分に満足です。「Sweet」でDrakeみたいな歌う様なMCを揶揄したCommonだけれど、Commonもまたメロディのあるスウィートなトラックに乗っかるのが上手いMCだから、もっとそういう曲を増やしても良いと思います(個人的見解)。アルバムの持つ雰囲気的には、Kanye Westが制作していた時と似た空気感で、そこら辺のCommonが好きだった方にもすんなり馴染むのでは。ただ面白さでいえば前作『Universal Mind Control』が勝っていたかな、振り切れていた感が好きだったし。


スポンサーサイト

Comments

No. I.D.ってことで私もすぐ購入しました。安定感ありますね~
Hip Hoの伝統にのっとったっていうか、好きな音です。
ん~レヴューしたくなってきた
ezeeさん、いつもブログ拝見しています★
確かに、往年のCommonファンとしては、No I.D.全面制作というのは、垂涎モノですよねー。たまらなかったです。
最近は変化球なMCも多いから、こういうドの付くストレートなHip Hopも良いですよね。Nasとの絡み、最高でした!

Leave a Comment