RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Robin Thicke「Love After War [Deluxe Edition]」
Robin-Thicke-Love-After-War-cover.jpeg

父は俳優のAlan Thicke、母は歌手のGloria Loringという芸能一家出身でもある白人ソウルシンガー、Robin Thickeの通算五作目となる『Love After War』を御紹介。これだけ浮き沈みの激しい音楽業界で、もう五枚ものアルバムを発表出来ている時点で凄いですね。それもこれもThe Neptunes率いるレーベル“Star Trak Entertainment”の力もあるでしょう、しかしRobin ThickeがずっとStar Trakに在籍しているのも少し驚き(笑)。ちなみにExecutive Producerには、あのAndre Harrellが名を連ねていますね。そして妻は美しきPaula Patton、Robin Thickeはもうほぼ最強ですね。このアルバムは通常盤と豪華盤の二種類があり、僕は勿論“Deluxe Edition”を購入しました。
それでは非常にさらっと内容を紹介します・・・・・・まず全曲の制作は勿論、Robin ThickeとPro Jの往年の黄金コンビで手掛けております。そう言えば昔はRobin ThickeとPro Jで他アーティストへの楽曲提供もしていましたが、最近は行っていない様な気が。まずは躍動感たっぷりに汗が迸る滑らかファンキーな「An Angel On Each Arm」で幕開け、少し掠れたハスキー声でザクザクとした軽快なノリで突っ切ります。派手で煌びやかなステージ音楽みたいな喧騒感と煙たさがたまらない「I'm An Animal」では、Robin Thickeの肉感のあるガウガウと噛み回すような獣チックな吠え声が最高にホット。オーケストラみたく流麗で壮大な楽器シンフォニーに乗せて、Robin Thickeの白騎士なハンサム声が優雅に旋回する「Never Give Up」はAlondra De La Parra「Huapango」をサンプリング。Marvin Gayeばりに思い切りソウルフル且つセクシーなメロディに、オールドスクールなハンドクラップを効かせた展開が痛快な古風ミッド「The New Generation」も心地良い。軽くボサノヴァっぽい爽やかさを取り入れたミント風味なソウルミッド「Love After War」は、Robin Thickeのもはや十八番的なトラック。オルガンの溜めの効いた穏やかで艶やかな旋律に、ふわっと溶ける角砂糖のようなRobin Thickeの甘美なファルセットが鼓膜を撫でる溜息モノの美しさ(失神)。Robin Thickeの囁くような繊細なファルセットが幾重にも折り重なったショコラソウル「All Tied Up」もたまりません、夜中にシャンデリアの美しいレストランで流れていたら思わずシャンパンで乾杯してしまいますね(妄想)。街灯の乏しい真夜中の街路を静かに歩き辿り着いた小さな酒場、ほんのり感じる物淋しさがクールな「Pretty Lil' Heart」は盟友Lil Wayneが客演参加。やはりここでも曲者Weezyは健在で、しっかり存在感を発揮していますね。するすると解けてゆく結び目みたく、滑らかシルキータッチな琴の音みたいなメロディが綺麗な「Mission」。まるで衣擦れみたいなRobin Thickeの裏声がたまらない、往年のソウル曲を彷彿とさせるレトロな佇まいが素敵過ぎますね(恍惚)。アコースティックギターを爪弾き奏でる、ちょっぴりスパイシーで擦れた雰囲気がバーボンの芳醇な香り(そしてどことなくSadeっぽい異国情緒)を思わせる「Tears On My Tuxedo」。ゆったりまったりと空気を絡め取り、ピンクの靄の中へと誘ってしまう「Boring」、スパニッシュ(?)風味の刺激的なギター弦律に乗せて華麗に舞う「Lovely Lady」。ボサノヴァテイストなメロディにRobin Thickeのぼやけた歌声が燻る「Dangerous」、映画のサントラに使われそうなオールディーズ調の軽快ポップ風「Full Time Believer」。キラキラと輝く水面のようなピアノ鍵盤の音色に、Robin Thickeのスウィートで繊細な透明感抜群のファルセットが、木漏れ日のような温もりと共に鼓膜へ浸透する白騎士ソウルチューン「I Don't Know It Feels To Be U」は絶品と称する以外に手は有りません(絶賛)。ピアノとアコースティックギターの演奏でゆったりと進行するどこかカントリーテイストも匂いウッディなスロウ「Cloud 9」、聴いているだけでなんだか涙が滲んで零れるブルージーな月夜スロウ「The Lil' Things」も聴いていて和むし落ち着く。最後を締め括るのはRay Charlesみたいな土臭さが香る甘渋スロウ「What Would I Be?」、とにかく余す所無くカッコいいのがRobin Thicke。
とここまでが本編の内容で、豪華盤には更にDisc 2が用意されているのです(驚)。ブルースとロックっぽいタフなスウィング感がたまらなくセクシーな「Stupid Things」に、暗黒街を孤独に闊歩する様なギラギラ感がクールなワルっぽいソウルチューン「Compass Or Map」、ほんわかと温かく穏やかなギター伴奏曲「We Are Family」の三曲を収録。なぜこの三曲が本編に入らなかったのかが謎、なぐらいにきちんと毛並みの揃った粒揃いな楽曲ばかりです。

そうなんです、“Deluxe Edition”になると全二十曲も収録されている特大ボリュームな一枚。ですが全く飽きさせないし、途中で満腹にならず、全曲を聴き終えてきちんと“余韻”を残してくれるのが素晴らしいではありませんか(賛辞)。確かに毎作どれもRobin Thickeは似ていると思います、しかしこれで良いのです、これが立派なお家芸であり伝統芸能なのです(拍手)。本当にソウルフル、僕が生まれていない時代の往年ソウルってこんな空気感だったに違いない。最近はソウル回帰の流れも顕著ですし、こういうソウルフルな作品が増えると素直に嬉しいな。Robin Thicke、容姿も歌声も魂も二枚目ですね(悔)。


スポンサーサイト

Comments

これはね~ 買おう買おうと思って忘却の彼方でした。
こういった存在はJon.B以来っすね
やっぱデラックスエディションですか。入手します!
ezeeさん、コメント有り難う御座います!
そうですね、Jon. B以来ですねー。そのJon. Bはたしか、Robin Thickeを目の敵にした発言がありましたよね。ピアノの腕前で勝負だ的な......どちらも素晴らしいシンガーですよね!
豪華盤購入でも捨て曲無しですよ、お薦めで御座います!
入手したら是非、ブログにアップしてくださーい★

Leave a Comment