RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Brade II The Soundtrack」
BladeII_covf.jpeg

ヴァンパイアと人間の混血であるBladeを主人公に、Wesley Snipes主演のSFアクション『Blade II』のサントラ盤、『Blade II The Soundtrack』を御紹介。この映画の存在は勿論知っていますし、地上波でも何度も放映されているんですが、僕はいまだに一作も観た事がありません(恥)。Wesley Snipes出演の映画自体、よくよく考えると観た事ない気が。しかし映画を観た事なくてもサントラ盤は絶対に要注目、サントラでしか実現できない組み合わせや新曲が収録されたりしますからね。
それでは簡単に内容を紹介していきますと・・・・・・このサントラの面白い点はその組み合わせにあって、普通ならばブラックムーヴィーならば、ブラック系のアーティスト同士でコラボするのが常。なんですがここではゴリゴリのMCと、ハードなロックアーティストを掛け合わせるという異色な演出が施されています(吸血鬼と人間の混血という、映画の設定に準えたのかも)。これは聴けそうでなかなか無い合体技、さてどうなっているのか。まずはRuff RyderのFirst LadyことEveと、Fatboy Slimが共演した「Cowboy」。Norman Cook制作のこのトラックは少し隙間スカスカなザックリしたアップで、どことなくカリビアンな吹き抜け感があってカラフルかつクール。Eveの斬れ味とフックの煽り感が合致した気持ち良さ。Robert Del NajaとNeil Davidgeが共同制作の「I Against I」はMos DefとMassive Attackが共演、金属が擦れるような緊迫感と硬直感が共存するジャキジャキ鎖状のトラックはキリキリ軋む、そこにMos Defの落ち着き払ったエフェクト加工されたクールなラップが研ぎ澄まされ、かまいたちみたく真空を切り裂くエッヂの効いた一曲。Paul OakenfoldとSteve Osborneが共同制作の「Right Here, Right Now」はIce CubeとPaul Oakenfoldが共演、バギバギとへし折る様に唸るエレキギターのパワフルで破壊的なメロディにゴツゴツしたスクラッチが重なり、その上を戦車みたく威風堂々と進行するIce Cubeの重量級のラップが爆撃する一曲。BT制作の「Tao Of The Machine」はThe RootsとBTが共演、これはもうハイウェイを逃避行するかの様なアンストッパブルに疾走するドラムスビートが痛快、アドレナリンを大放出させるBlack Thoughtのキレキレのラップもカッコイイ。Roni SizeとCypress Hillが共演の「Child Of The Wild West」はRoni Size制作、ロックしながらもちょっぴり打ち込み電子音が被さっていてトランスっぽい状態を生み出しています。Dub Pistols制作の「The One」ではBusta RhymesとSilk The Shockerが共演、Busta Rhymesが暴れ易いように敷き詰められた硬質で荒削りなメロディがタフで超ホット、やっぱりこの縦横無尽さがたまりませんね(興奮)。Danny Saber制作の「We Be Like This」はFabolousとJadakissが共演、これもカッチリとタイトなドラムパターンに乗っかったかなり王道なオールドスクール風のビートで、クールに滑るFabolousとクールに弾けるJadakissの相性も抜群で聴いてて鳥肌モノのアグレッシヴさ(発狂)。Dan The Automator制作の「Gorillaz On My Mind」はRedmanとGorillazが共演、Redmanの焦げ臭くてファンキー&ファニーなラップが骨太な一曲。Groove Armada制作の「Gangsta Queens」では題名通りに、ギャンスタなレディのTrinaとRah Diggaが共演していて、キュートで声高なTrinaとしゃがれた低音のRah Diggaが好対照で面白い一曲に。The Crystal Method制作の「PHDream」はBubba Sparxxxが登場、このBubba Sparxxxも独特なフロウ回しでかなり曲者なので僕は好き、ロックぽいトラックとの相性もかなり良くてナイス。なんだかとっても異色なのがMobyとMystikalが共演したRemix曲「Gettin' Aggressive(Mowo! Mix)」、暑苦しくシャウトしまくるMystikalが激アツ過ぎて、鼓膜を火傷すること間違い無しなドカドカな仕上がりで脳天直撃で御座います(覚醒)。

参加しているMCの面子もかなり良いし、なによりも普段なら聴けない科学反応サウンドで面白い。元々Hip opとRockは兄弟関係にあるとは思うけど、最近はあまり聴かないからかえって新鮮だったり。映画『Blade』シリーズも観たいなと思います、やっぱり一度は観ないといけませんよね。聴いて損は無いと思います、中古品とかで見つけたら是非購入してみてはいかが。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment