RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽DVD  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Usher「Rhythm City Volume One: Caught Up」
Usher-Rhythm-City-Vol-1-Caught-Up__51JXIeSyD5L.jpeg

Usherが大傑作となったアルバム『Confessions』発売後に制作したショートムーヴィーをDVD化した『Rhythm City Volume One: Caught Up』を御紹介。本当にR&B史に残る超大作となった『Confessions』、それに気を良くしたのかUsherが自身主演の映画を制作。俳優としてのUsherはどうなのか、果たして僕には分かりませんが、まあやっぱりUsherファンには気になる一枚ですよね(笑)。このジャケットからしてどうもB級な匂いがプンプンしますねー。ここはヒロイン役を務める綺麗な女優に(そしてその露出具合に)期待するしかありませんね(阿呆)。
それでは簡単スルリと内容に触れておきますね・・・・・・先述しましたがこれはショートムーヴィーになっていまして、簡潔にいうと『Confessions』収録の「Caught Up」のPVを無理矢理と膨らませたものかな。Usher扮する高級ナイトクラブの人気ステージシンガー(Usher本人だがあくまでステージシンガー)は、ある日そのナイトクラブに訪れた謎の美女Asiaと出逢う。彼女に一目惚れしたUsherはAsiaに近づくが、彼女はその美貌と魅惑で男から金品を奪う女泥棒だった、そのAsiaが悪者に捕まりUsherは彼女の救出に向かう......みたいなのが大体の物語のあらすじ。そうなんです、ストーリーは本当に陳腐なものでありきたり。しかしそのドラマの中でUsherの楽曲がPV化されて繋がっている為、よりスムーズ且つスマートに楽しめるといったもの。男を瞬く間に骨抜きにする美女泥棒の役をJoy Bryantが演じ、敵となるマフィアのボス役をClifton Powellが演じています。あと冒頭でUsherの友人役として、あのSean "P.Diddy" CombsとNaomi Campbellが演じているのも見所の一つですね(贅沢)。ムーヴィーの中でまず歌われるのが「Take Your Hand」、スタンドマイクを器用に操り絡み付きながら歌い踊るUsherはやはり興奮モノ。他の男性&女性ダンサーとの息の合ったダンスも斬れ味抜群で見応えアリ、こんなカッコ良いステージが繰り広げられるなら、一度で良いからこのナイトクラブに出入りしてみたい(夢)。続いてはAsiaを誘いつつ滑らかで官能的なダンスで絡む「Seduction」、Joy Bryantの胸元がパックリ開いたドレスでのUsherとの緩やかなダンスの絡みが最高にエロい(溜息)。あとはその踊っている場所に“感覚のための祝宴”と書かれた、謎の掛け軸が飾ってあるのが気になるところ。そしてUsherは自身のシンボルマークである“U”のネックレスを奪われ、それを取り返しに向かう時に流れるのが「Red Light」。本当にハリウッド映画並みのカーアクションを演じ、赤いライト一色のクラブへと潜入するUsher。そして再び仲間と車に乗り込みネックレス奪還へ、その時に流れるのがあの「Caught Up」。元々このPVは観ていたから、ようやく全てが繋がりましたね。ここでUsherは悪の親玉に捕まったJoy Bryant演じるAsiaを助け出します、果たして二人の運命は......それは観てのお楽しみという事で。このムーヴィーでは『Confessions』のDeluxe Editionのみ収録の二曲「Seduction」「Red Light」が演奏されているのが面白い点、Usherのキレキレのダンスと、息を呑む程に美しいJoy Bryantを堪能するのが乙ですな(通)。あとはこのムーヴィーを仕上げるまでのドキュメンタリー映像もたっぷり収録、ダンスのリハーサルなども観られるのでファンは必見かも。
そしてこのDVDには他にも『Confessions』から五曲分のPVを収録、むしろこれを目当てに本作を購入しても充分に元を取れるでしょうね。まずは同郷Atlanta出身のLil JonもLudacrisも出演している「Yeah!」、このスカスカの電子ビートのバウンスにクールな咆哮がいつ聴いても最高。このPVで魅せるダンスも少し風変わりな感じで、思わず真似したくなる簡単な振り付けもあったり。最後の方のLil Jonのガナリ煽り部分はCDでは聴けないので、ここで楽しむのも良いかなと。そしてUsher屈指のバラードとなった「Burn」、愛する女性の面影を想い二人で過ごしたベッドが燃え上がるシーンは、何度観ても切なくなるし涙が溢れますよ。ほぼ踊っているシーンは無いのですが(最後の方で曲線的でまろやかなステップのみでダンスするのがカッコイイ)、それでも充分に惹き込まれて見入ってしまう素晴らしい出来映え。かなりヒットしたのは記憶に残っているけれど、PVの方はあまり覚えていなかったのが「Confession Pt. II」。四方を壁に囲まれた部屋の中で、椅子に座り頭をもたげたり、ピアノの上でダンスしたり、女性の腰にしがみつき哀願したり、ダメ男を演じているUsherにも注目ですね。そしてあのAlicia Keysとの共演が実現した必殺のキラーバラード「My Boo」も収録、勿論Alicia Keysもバッチリ出演しています(絶叫)。まずこのPVでは冒頭に「Bad Girl」も流れるのでそれも必見、そして赤いキャミソール姿でベッドに横たわるAlicia Keysが凄まじく綺麗でセクシー(失神)。最後の今にもキスしそうな二人に興奮しっぱなし、本当に切なくて美しい珠玉のバラードですね。あとは単品で「Caught Up」のPVも収録、これだけ入っていればショートムーヴィーが月並みな仕上がりでも充分に許せちゃいますね。
しかしこれだけではないのです、本作はディスク二枚組になっているんです。一枚は当然このDVDで、あと一枚は新曲四曲を収録したCDまで付いています(贅沢)。まずはあのRobin ThickeとPro Jayのコンビが制作した静寂スロウ「Dot Com」、これがまるで宇宙空間をひっそりと漂うような、Usherの囁くようなヴォーカルがエコーしながら響く神秘的なタッチのスロウでグッド。続く「Doin The Most」はJimmy Jam & Terry Lewisが制作を担当、爪弾くアコースティックギターとピアノ鍵盤のメロディが切なく美しく凛と響くミッド。この曲はとにかく純度の高い真水のようなクリアさで心が洗われる、UsherとJam & Lewisの相性の良さを再び実感する聡明さ。ベース弦の弾ける様なエッヂーなメロディがしなやかなグルーヴを紡ぎ出す「It Is What It Is」もJam & Lewis制作、どことなくStevie Wonder風味のソウルフル曲でこれもたまらなく透き通っていて素晴らしい。MJ風のファルセットも飛び出すアジアンテイストな鋭いメロディが妖艶に絡む「What You Need」は、どうやらAdonis Shropshireが制作しているみたい。

これだけのボリュームなんだから、絶対に買って損はしません。普通なら「Yeah!」「Burn」「My Boo」などのPVだけ詰め込んで販売しても、充分に売れたのではないかと思います。しかしそこはR&B界の新たなKingとなりうるUsher、かなり創り込んだナイスな作品を提供してくれています。新曲も聴けますし、Usherファンならば必携の作品でしょうね。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment