RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Oshy「Permanent Replacement」
Permanent Replacement

New YorkはHarlem出身のシンガー(スタイリストの側面も持つらしい)、Oshyの通算二作目となる『Permanent Replacement』を御紹介。このOshyは全く知らなかったのですが、彼をバックアップしサポートしているのが、あのRon Browzという事で気になり購入。Ron Browzといえば、最近だとBusta Rhymes「Arab Money」なんかを手掛け客演までしていたProducerですね。Ron Browzは他にも、NasやDMXやLudacrisや50 CentやJim JonesやLloyd Banksなんかにも楽曲提供している玄人だったりします。僕も何度か名前は見かけていたんで覚えていました、こういう時はどの作品もクレジット見ながら聴いていて良かったなと実感。
それでは気になる内容を御紹介しますと・・・・・・まずソングライトを見ると、全曲をこのOshy本人が担当していて、シンガーソングライター的な男なのだなと軽く驚き。まずはZagariなる人物が制作した「Permanent Replacement」で幕開け、これが繊細にして煌びやかな慎重なピアノ旋律を主にした静寂系スロウで、厳ついルックスに似合わずなかなか甘く柔らかな歌声で丁寧に歌い上げるOshyに驚きました(偏見)。続く「Do It Like This」はお目当てのRon Browzが制作を担当、空白をドシドシと踏みつけるようなエレファントビートで捲し上げる鋼鉄アッパーで、捻りは無いけれど聴くだけで充分にアドレナリンは放出され意識がハッキリする一曲。冒頭より突然とOshyがソウルフルなファルセットで緩やかに鼓膜を締め付ける「I Waz Wrong」、制作はBaby Paulが担当。突然とファンクの効いたかなり渋い70年代風のソウルチューンになって驚き、Oshyの歌声もそれまでとは違って低く艶やか、本当にOshyなのかと疑いたくなるほど(疑問)。昔のBoyz II Menが歌いそうな真っ直ぐで汚れのない、しっとりとソフトで優しいメロディが美しい「More Than Friends」はBig Stuffが制作。ゆっくりふわっと舞い上がる様にグラインドするOshyの甘美なヴォーカルはなかなかジェントルで素晴らしいし、こういう混じり気の無い、王道なメロディ展開で魅せる率直なR&Bバラードには弱いんですよね(弱点)。またまた今にも壊れそうなぐらいに繊細で、冷たく凍えたピアノ鍵盤の音色が胸を締め付ける「So Far Away」も好き、T-Town制作で女性シンガーとのデュエットなんですが記載無しで誰なのか不明。夜景を窓に映し出す高層ビルの立ち並ぶ都会の夜といった趣きの極上シルキースロウ「Alone」はChris & Teeが制作、恋人を失った過ちを嘆き悲しみ暮れるブロークンハートチューン(突刺)。再びZarariが制作を担当した「I'm Stick'n Wit You」は、アジアンっぽい弦音と笛音にハンドクラップが絡んだ、どことなくオリエンタルな曲線を描く神秘的なミッド。ギラギラと派手で下品なシンセがベタベタと光るダンスチューン「Do You Really Want This (Yes)」、制作はBlackなる人物が担当。Transformerが制作の「Rid'n Dirty」も大蛇のように這うギトギトの亜熱帯シンセが炸裂したアッパーで、面白さは皆無かな。Darnelleなる人物が制作のピアノ弾き語りバラード「Every Time」なんかはOshyの歌声の持つふくよかさがすごく溢れていて素敵、“どうして行ってしまうんだい♪”と切々と繰り返すフックと、締め上げる様なファルセットが胸に小さな棘を残す悲しい別離曲です(涙)。「Soon As I Get Over Her」はJ Crewが制作、Just BlazeやKanye Westがやりそうなソウル曲を45回転サンプリングした様なテイストのミッドで、ここではまるでNe-Yoみたいな押し寄せ畳み掛けるヴォーカル(特に終盤でのシャウトに近い絞り出す様な裏声は上等)で、綺麗に聴かせてくれます。最後を締め括るのはBert Price制作の「We Ball」は一時期のR. Kellyみたいなエスニックスパイシーなアッパー、国内盤ボーナス曲だから仕方ないとはいえ、このエンディングは少しヘンテコかな(苦笑)。

絶対に買いッ!とまではいかない平凡な一枚ではありますが(毒舌)、でも普通にOshyは歌えているし(その時に熱っぽい歌声はJodeciっぽかったり)トラックもどれも一定水準を保っているので、そつなくすんなり聴き終えます(褒)。一時期のNe-Yoブームの頃に出されたアルバムになるのかな、という訳で全体的にほんのりと甘酸っぱくて、R&B初心者にはすごくお薦めな一枚ですね。中古とかで安く売られていたら買ってみると良いです、なかなかまとまっていますから(安定)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment