RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Michael Jackson「Michael」
michaeljackson-michael.jpeg

誰もが認める“King Of Pop”ことMichael Jackson、彼の未発表音源を基に没後に発表された『Michael』を御紹介。本作『Michael』発売はかなりの物議を醸しましたね、亡くなったアーティストの音源を使って作品を創るというだけでも批判が起きるのに、本作ではその音源自体が“Michael Jackson(以降はMJと表記)自身のものではないのでは”と疑惑の声が噴出。しかもそんな疑問を投じたのが遺族側に多かっただけに、どうにもスッキリしないまま発売される形に。専門家によって紛れもなくMJ本人の声であると証明されたり、制作に携わったTeddy Rileyが歌声にエフェクト処理を施し過ぎたと謝罪したり、天国のMJも心を痛めたことでしょうね。
それでは非常に簡単ではありますが内容紹介に移ります・・・・・・まずは本作からの先行カットとなったのがAkonとGiorgio Tuinfortが共同制作(ソングライトにClaude Kelly関与)し、そのAkonもMJと歌声を重ねている「Hold My Hand」。いかにもAkonらしい陽光が降り注ぐ様に眩しくてキラキラ美しいメロディが優しく包み込み、MJとAkonのハイトーンなヴォーカルが一番星が瞬くように綺麗に淀みなく響き渡る、爽快なバラードです。生前にも何度とMJと仕事をしたTeddy Rileyが制作(Co制作をTheron "Neff-U" Feemster)の「Hollywood Tonight」は、MJ特有の“チャクワチャチャクワチャ♪”みたいな独特なビートボックスが炸裂し、そこにロックっぽく派手なエッヂーなメロディがガンガンぶつかるダンサブルな一曲。ピアノ鍵盤のゆったりとそっと心の琴線に触れるような優美なメロディが温かいバラード「Keep Your Head」、制作はC. "Tricky" Stewartが担当。野原を歩く子鹿の鼻のように少し震えるようなビブラートを使うMJの歌声はいつ聴いても慈しみ深く、聴いているだけで彼の優しい人柄が伝わって来て癒されますね。電話の受話器越しでMJが聴かせた貴重な音源を使った「(I Like) The Way You Love Me」はTheron "Neff-U" Feemsterが制作、受話器越しというフィルター効果で少し曇ったMJの口音ビートが随所に散りばめられ、晴れ渡った青空に丸い虹が架かったような鮮やかさと美しさがほのぼのと映える優良ミッド。Teddy RileyとAngeliksonが共同制作した「Monster」は50 Centが客演参加、クールでメタリックな電子音を装備したトラックに、バキバキとへし折る様に尖ったMJのヴォーカルと、50 Centのふてぶてしいラップが撃ち放たれる一曲。再びTheron "Neff-U" Feemsterが制作(Co制作にBrad Buxer)の「Best Of Joy」は最もMJらしい仕上がりの純朴バラードで、優しくそっと爪弾くアコースティックギターの音色に、柔らかくて甘いMJのファルセットがふんわり舞う一曲に。Teddy RileyとAngeliksonが共同制作の「Breaking News」、とにかくバチバチと火花を散らす様な激しい打ビートがカッコ良くて、これはやはりTeddy Rileyらしい趣向だしMJが踊るのを想像してしまうアッパー曲に。Lenny Kravitzが制作&客演で参加した「(I Can't Make It) Another Day」は、MJが完璧なロックシンガーであった事も証明した現代版「Dirty Diana」といった感じの一曲。Yellow Magic Orchestra「Behind The Mask」をサンプリングした「Behind The Mask」は今こうやって聴いてもサイケデリックで先鋭的、MJがそのサウンドと融合したがったのが(そしてそれだけ音楽にMJがアグレッシヴだった事が)よーく分かる一曲。最後を飾るのはMJ自身とJohn McClainが共同制作したアコースティックな美スロウ「Much Too Soon」、これはMJの素朴でハートフルな歌声が胸にじんわりと沁み入る素敵なバラードで、本当にMJらしさが香る真っ直ぐでハートウォーミングな、静かなエンディングを迎えます(感慨深)。

うーん、僕は普通にすべてMichael Jackson本人の歌声だと思うのですが、皆様はどうだったでしょう。作品のクオリティとしては、やはりMichael Jacksonの作品には遠く及ばないですが、それでもMichael Jacksonのヴォーカルをこうやってまた聴けただけでも嬉しい限り。最後に発表された『Invincible』が素晴らしい仕上がりだっただけに、本作のリリースを嫌がる熱心なファンも多かったですが、何より完璧主義者だったMichael Jacksonがこういう形での発表を望まないだろうというのが、作品発売の大きなネックだったかなと。でも聴けばやはりMJにまた出逢えた嬉しさが溢れますよね、これはもう仕方ない(微笑)。しっかしMichael JacksonとTheron "Neff-U" Feemsterの楽曲との相性が本作は抜群でした、もし生きていたらNeff-UやNe-Yoなんかと清涼なミッドや深いバラードなんか創っていたかも。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment