RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Notorious」
roc-vove--Notorious.png

貧しい幼少期からストリートの悪党に、そして華々しい衝撃デビューから射殺されるまでの、The Notorious B.I.G.(以降はBiggieと省略)の激動の人生を映画化した『Notorious』のサントラ盤『Notorious』を御紹介。Biggieの人生を映画化すると聴いた時は、なんだかんだで結局は立ち消えになると思っていました。しかし無事に映像化され、しかもここ日本でもきちんと字幕のついたDVDまで発売されて嬉しい限りでした(歓喜)。肝心の映画『Notorious』についてはコチラを観て頂いて、ここではそのサントラ盤に焦点を当てたいと思います。
それでは簡単になりますが内容はこんな感じに・・・・・・まず本作は映画の主人公であるNotorious B.I.G.の名曲の数々を収録、その中に未発表曲と新曲を織り交ぜたものに。だから注目すべき新曲から、ここでは触れておきたいと思います。まずはBiggieの親友でもあったJay-ZがSantigold(当時はSantogold名義だったが後に改名)を伴ってクールにキメる「Brooklyn」ですね、しっかしここでのJiggaとSantigoldがあまりにカッコ良過ぎて、悶絶してから気絶しますよね(叫)。制作したのはやはりJiggaの腹心であり好敵手でもあるKanye West、彼の十八番のサンプリング仕様でSantigold「Shove It」の声をグルグル巻きループさせた一曲。硬質且つ瓦礫みたいなバラバラと砕けるビートとメロディはあまりに無機質、そんな殺伐とした中をJiggaが颯爽と韻踏みメロディを変えながら邁進するという、かなり癖のある一曲だけに耳にベットリとこびり付く中毒曲に(失神)。もう一曲はあのJadakissとBiggieの元妻であるFaith Evansがタッグを組んだメロウチューン「Letter To B.I.G.」、制作はあのNeedlzでネタ元は Linda Lewis「This Time I'll Be Sweeter」を使用。Jadakissの例のしゃがれた声で静かに切々とじんわりじっくりと進むラップは、それこそまるで手紙を読んでいるかのような情感が押し寄せますね。Faith Evansのそっと寄り添う様な囁きヴォーカルもたまらなく美しく儚い、考えると新曲は実際にBiggieとレコーディングした事のあるアーティストばかりが選出されたのですね。あとはBiggieの愛息であるCJ Wallaceが父とそっくりな声を重ねた「One More Chance (The Legacy Remix)」もアリ、まだまだ幼い声ながら少し曇って重たい圧のある声質は父親譲りかな(笑)。あとはデモ曲を三曲収録しているんですが、これもかなり粗い音質ながらそれが時代や想い出を感じさせてたまらなくイイんです(涙)。いかにもPuffy Combsが考えそうなMichael Jackson曲をネタ使いした「Microphone Murderer (Demo)」、ボカンボカンとボムのように降り掛かり爆破するビートのみで突き進むクラシカルでバトルチックな「Guaranteed Raw (Demo)」、あの巨躯とボケ声を少し宙に浮かせた様なハイトーンのフロウがなかなか希少で最高にホットな「Love No Ho (Demo)」と、どれもフリースタイルっぽい曲ながら非ッ常ーーーーに聴き応えのあるデモ曲ばかりでグッド。あと本作では、かなり有名ながらなかなか公式盤には収録されていなかった(不思議)「One More Chance/Stay With Me (Remix)」も収録されていて、むしろ原曲よりコッチの方が聴き慣れているのでその貴重さが薄れそうで怖い(苦笑)。あとはもう説明不要過ぎる名曲ばかり、ここで敢えて言うまでもないですが一応ラインナップだけ紹介しておきます。あのBone Thug-N-Harmonyを援軍に迎え、彼ら同様に高速スピットを器用にかますBiggieが単純に面白い「Notorious Thugs」は今考えたら異質なコンボ技。当時としては破格な超高額なPVも話題になった「Hypnotize」、Biggieの死後に編まれた超軽快な三羽烏のファンキーな暴れ曲「Notorious B.I.G.」、イントロを聴いただけでジューシーで甘い果汁を思わせてヨダレが垂れてしまうBiggieの代表曲「Juicy」、名前こそ知ってはいるが公式に収録されるのは今回が初めて(?)「Party & Bullshit」、警戒し緊張感溢れるピーンッと張り詰めた空気感がたまらない「Warning」、Primoのどす黒くてヘヴィー級のビートと不穏でアンバランスなメロディ感がイイ「Kick In The Door」、西海岸からToo Shortを招いたというのも興味深い(また意外と若かりし頃のCarl Thomasも参加しているのも味噌)ドロッとしたメロディがカッコイイ「The World Is Filled」と、どれもすぐにメロディが浮かぶ正に古典な楽曲のオンパレード。

だからといって本作をThe Notorious B.I.G.のベスト盤みたく扱うのはあまりに軽卒、これだけでは全然足りませんね。だからデモ曲と新曲目当てで購入すべきアルバム、あとは本編である映画『Notorious』の方をガッチリと確認すべきです(念押)。BiggieとPuffyやFaith EvansやLil Kim、そしてTupacとの出逢いまでが詳細に描かれていて、真偽は別として(きっと脚色も多少はあるだろうし、全員の想い出が一緒だとは限らない)とても興味深く観られる映画です。Hip Hopファンならば必見、その後でサントラ盤である本作を楽しみましょう。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment