RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

J. Cole「Cole World: The Sideline Story」
Jcolesidelinecov.jpeg

あのJay-Zに認められ、Jay-Zが新たに設立したレーベル“Roc Nation”の第一号契約アーティストとなったシンデレラボーイ、J. Coleの華々しいデビューアルバム『Cole World: The Sideline Story』を御紹介。Jay-Zに見初められたといっても、最初J. Coleはラップを聴いてもらおうとJay-Zの元を尋ねたが、Jay-ZはJ. Coleを鼻先であしらい門前払いしたのだとか(驚)。その後にJ. Coleは幾つかの傑作MixTape『The Come Up』や『The Warm Up』、『Friday Night Lights』をドロップし、一気に知名度を獲得し、jay-Zの近年の傑作『The Blueprint 3』にも参加。そろそろ出るか出るかと聴衆の期待を煽りながらなかなか作品は出ず、その間にDrakeやCurren$yやWiz KhalifaやWaleがデビュー、それからだいぶ時間を経てやっとデビューを果たしました(待望)。それもボスがなかなかGOサインを出さないJay-Zなんだから仕方ない、とりあえずこうやって公式盤を手に出来て良かったです(安堵)。
それでは気になって仕方なかったその内容を簡単に・・・・・・まず特筆すべきはJ. Coleがほぼ全ての楽曲を自身で制作している点、彼のMixTapeに慣れ親しんだ方には常識的な事ですが、やはりセルフプロデュース出来るってMCはそう居ないのだから凄いですよね。なのでまずはJ. Coleが制作した楽曲から触れます、どれもなかなか燻し銀な仕上がりです。最初の二曲(「Intro」を除く)をまず飛ばして、本作で唯一の既出曲(MixTape『The Warm Up』収録)となる「Lights Please」、無機質なピアノ鍵盤の上をタカタカタカと硬い響きでビートを刻みながら進むトラックで、少し冷めた声で“ライトをお願いだ♪”と謳うこの曲は、派手さは皆無だけど滲みて来るカッコ良さがありますね。Rhythm「The World Is a Place」をネタ使いしたしっとりとスベスベした感触のJazzy風味スロウ「Sideline Story」は恐ろしく上品、こういうシルク生地のトラックでこそ男前度が試されるんですがJ. Coleは余裕でクリア、小気味良く滑って流すメロウチューンでグッド過ぎる(鳥肌)。ビコビコと歪で捻れたクラッシュシンセが連打する奇天烈なアッパー「Mr. Nice Watch」も、途中でピアノ鍵盤の音色を入れてトーンダウンさせたりとやはり一筋縄でいかない。しかもこの曲ではボスであるJay-Zが参加、少しノイジー加工されたヴォーカルで低く唸る様にラップするJ. Coleをよそに、どんどんと加速し突っ切るJay-Zのラップが最高にクール。ビリビリと痙攣しそうなぐらいの電撃が全身を伝う細かいシンセサイザーの響きで構成された「Cole World」、ここでのJ. Coleの雰囲気にはどこかLil Wayneっぽい毒々しさが滲んでいますね(憶測)。あの1500 or Nothin'がStringsで参加している「Lost Ones」は曲名もそうだけど、どことなくLauryn Hillっぽいフィーリングを感じずにいられないまったりスロウ。緩やかで穏やかな温もりあるストリングスに乗せて、少し湿っぽく慈悲深く切々と語る(途中で視点を変えると同時に声のトーンを上げる)J.Coleは達者なストーリーテラーだと思われます(推測)。Curtis Mayfield「Think」をサンプリングした「Nobody's Perfect」ではなんとMissy Elliottが参加、それこそMissy Elliottが作りそうなダルーンと弛んでボトムスの効いたダウナーなスロウで、妖しくも艶やかに光を洩らす辺りはMissy Elliott狙いで制作した曲なのでは(勘繰)。ラップでなく歌に近いフックを披露するMissy Elliott、この選抜はかなり巧く機能していますね(誉)。教会に燦々と響き渡るような厳かで力強くすべてを揺るがし叩き潰す「Rise And Shine」では、冒頭でJay-Zの語りが入りこの若い才能(勿論J. Coleの事)を絶賛、この曲の持つ神懸かり的な沸々と燃え滾るパワーと大行進っぽい太鼓ビートは、どこかKanye Westの名曲「Jesus Walks」を感じさせる圧迫感がありますね(怯)。その感触をそのまま引き継いだ荘厳でスケールのドデカい曲が、Milton Nascimento「Francisco」をサンプリングし、全てを吹き飛ばしそうなビートの応酬で魅せるドラマチックな「God's Gift」。Eero Koivistoinen「Bells」を下敷きにした笛音とホーン音がアクセントのソウルフルメロウ「Breakdown」も上出来、Kanye West「The New Workout Plan」を部分使用した「Wrok Out」はトークボックス駆使して凸凹なメロディ&ビートを紡ぐだるーいノリが良い感じでなかなか面白い(頷)。とここまでが本編でJ. Coleが制作した楽曲、何曲かは他のProducerを召還してまして。まず幕開けを飾るのはJ. Coleの自己紹介的な挨拶曲「Dollar And A Dream III」は、The Universityが制作を担当。序盤をスルスルと滑り落ちる様なピアノ鍵盤に身を任せながら、終盤では少しだけダークで途切れ途切れなシンセ音&呻き声を引きずる癖のある展開をきちんと用意していますね(策士)。初期のTimbalandとWyclef Jeanを混ぜ合わせた様な、泥っぽいレゲエ風サウンドがグルグルと旋回する「Can't Get Enough」は新進気鋭のBrian Kiddが制作。ここではTrey Songzが参加しているのですが、一聴すると彼と判別できないベッタリした歌い方でなんだか損した気分になります(不思議)。あとは盟友ともいえるDrakeが参加した、壊れかけみたくポロポロと鳴るオルガン鍵盤が織りなすドリーミーさと刹那的メロウが混じったクラシックタッチの「In The Morning」はL&X Musicが制作。しっとりと官能的で滑らかに背筋を伝うこのトラックでは、やはり囁くようにメロディをなぞるDrakeの巧さが活きていますね(戦略)。国内盤にはこれらに加えて、OutKast「SpottieOttieDopalicious」を下敷きにしたベットリと油ぎったホーンビートがボコボコと野太く響く野性的な「Who Dat」と、静寂の中で深々とビートをこだまさせて無機質にフロウする「Daddy's Little Girl」も収録されております。

なかなか侮れない才能で期待を裏切りませんでしたね、期待の新人だけど期待のデビュー作は期待はずれだったなんてよくある話だし、そう考えたら大健闘。全てのトラックを自身で創り込んで華麗にラップするその姿は真摯で優雅で、Kanye Westほどの独特で毒々しい世界観まではいかないけど、Q-Tipっぽい(良い意味で)オタク的な佇まいが良いんですよね。WaleやBig Seanなんかより、僕は断然とJ. Coleを推したいと考えております(宣告)。やはりセルフコントロール出来るアーティストは強い、確固たる自分の世界というのがあって。聴き手も安心してこの音世界を彷徨えますね(冒険)。なんとなくこの一枚を聴いていて、Jay-ZがJ. Coleを気に入り自身のレーベルと契約した理由が分かる気がします(嗜好性)。そのうちこのJ. Coleが、Jay-Zのアルバムに楽曲提供する事が出来たらネクストレベルに達したと判断して良いと思います(憶測)。MC陣はどんどんフレッシュでフレキシブルな若い才能が出現していて素直に面白いですね、これぐらいにR&B界にも若いシンガーが溢れると良いんですがね(期待)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment