RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Young Jeezy「Thug Motivation 103: Hustlerz Ambition [Deluxe Edition]」
folder19.jpeg

Def Jamより華々しくデビューし一躍スターの仲間入りを果たした“Snowman”こと、Young Jeezyの通算四作目となる『Thug Motivation 103: Hustlerz Ambition』を御紹介。破竹の勢いで人気を拡大したYoung Jeezy、彼の後にDef Jamから登場し同じく人気を爆発させたのがRick Ross。そのRick Rossが自身のレーベル“Maybach Music Group”を成功させる中、このYoung Jeezyは前作『The Recession』からおよそ三年というブランクを経て、ようやく本作リリースに漕ぎ着けました。その間にも何枚かシングルをリリースしたりして、ファンの期待を煽りつつ延期していたので、このままお蔵入りしないかと案じておりました(安堵)。ただジャケットはYoung Jeezy(以降はJeezyと省略表記)の全作品中、最も僕は好きじゃないですね(笑)。ちなみに一番好きなジャケットは、2nd『The Inspiration』かな(余談)。
それでは簡単になりますが内容を紹介させて下さい・・・・・・観客の熱い声援をバックにしながら、刺す程に冷たく凍てついたJeezyのヴォーカルでスタートする「Waiting」。Lil Lody制作の幕開けとしてはかなり地味だし、ある意味面白くないトラックなんだけど、これにJeezyのガサガサした荒れた声が被さると面白くなる(不思議)。「What I Do (Just Like That)」はChristopher "Drumma Boy" Gholsonが制作を担当、ヒリヒリする程にミステリアスでおどろおどろしいメロディ、ピアノ鍵盤の静かな雫と重厚なビートがぶつかり絡まるヘヴィーな一曲。Lil Lody制作の「OJ」ではFabolousとJadakissというベテラン勢が参加、ここではなんと梶芽衣子「修羅の花」をサンプリングするという異色なネタ使い。確かに背景で和な琴線がほろほろと流れているけれど違和感無し、三者三様なスタイルがスマートに化学反応を起こした超クールな一曲。Lil Lody制作のドロッとした重たいビートのだるんだるん感が中毒性引き起こす「Nothing」、ここでもやはりJeezyの全てを焦がし尽くすような煙たいヴォーカルでのリピートフックが耳に残りますね。若手有望株であるFutureを早くも召還した「Way Too Gone」はMike Will Made Itが制作、少しブリザード系のヒンヤリ冷たく繊細な電子音が結晶メロディを紡ぐこの曲、そんな不思議な氷結感の中でJeezyの焦げ声とFutureのマヌケ声(褒めている)が浮遊してグッド。これまたここにきて株価急上昇中の2 Chainzが召還された「Supafreak」はD. Rich制作、トラック自体は鉄鋼メタリックなドカドカ系で普通なんですが、やはりこの二人の勢いがひしひし感じられて脅威的にカッコイイ(圧倒)。Midnight Blackが制作の「All We Do」はゴーストチックな電子音がうわずる様に響いて広がるスロウで、まあ普通の仕上がり。Ne-Yoが客演というだけでもトピックなのに、あのWarren Gが制作というのも驚きな「Leave You Alone」。Lonnie Liston Smith「Garden Of Peace」を下敷きにした流麗でしっとりしなやかな夜会系チューンはもう鉄板、Ne-Yoの柑橘系の甘い歌声でJeezyのフロウもよりエレガントに光り輝きますね(惚)。Lil Lody制作の「Everythang」ではJeezyが少し歌う様なフックを披露、このちょっと不器用な感じのメロディセンスがたまりませんね(笑)。僕の中で負け無し状態が続いているJ.U.S.T.I.C.E Leagueが制作の「Trapped」では、Jill Scottが参加しなんと冒頭ではラップを披露(驚)。やはりすーっと霧のような冷たさ&不穏さを潜ませたシンセメロディがJeezyにお似合いで、終盤のJill Scottのソウルフルな歌声もナイスです。再びJ.U.S.T.I.C.E League制作でAbove & Beyond「Air For Life」ネタ使いの「F.A.M.E.」、ここでは同郷のAtlanta出身のT.I.が客演参加。硬質で荒涼としたビートに咽び泣くような情感溢れるソウルフルなメロディが並行し、ドラマチックでシーンを切り貼りして進行するトラックは見事の一言。本作で最も豪華な共演となったのが、Jay-ZとAndre 3000参加という一撃必殺コンボを叩き出した「I Do」ですね(当然)。M16制作のLenny Williams「Let's Talk It Over」使いの燻し銀45回転ソウルフルチューンがもう痺れてぶっ倒れる眩さを放っていますね、Jay-Zのスマートでクールなフロウと、Andre 3000の華やかでフローラルでソフトなフロウが絶妙に混じり合う魔法曲です(卒倒)。しかし下手するとそれを凌駕しそうなぐらいに素晴らしい共演となっているのが、Snoop DoggにDevine The DudeにMitchelle'lという鬼の如くユルーーーく気だるい布陣を敷いた「Higher Learning」。Mike "Emaydee" Dupree制作のトロトロに煮込まれた甘味が煌めくスモーキーなスロウはソウルフルにして絶品、Jeezy以外の援護射撃が容赦無しにユルユルに妖しく揺らめく蜃気楼チューンで素敵。最後を締めるのは久々にTrick Daddyが客演参加した「This One's For You」、制作はLil Lodyが担当で男臭くて良い意味で咽せますね。とここまでが本編の内容で、ここからは“Deluxe Edition”のみのボーナス曲となっていますが、スルーするには勿体無い。鋼の様に頑丈で硬いマッスルフロウが最高にホットでカッコイイ若手Freddie Gibbsが客演の「.38」はLil Lody制作で、とにかく圧倒的にヘヴィーなパワーで押し切ります(踏躙)。Lil Lody制作で単純なドシンドシンと地響き鳴らすビートのループを紡ぐ重量級「Ballin'」は、ヘロヘロ爬虫類フロウを武器にする毒々しいLil Wayneを相棒にして、徹底的に睨みを効かせて前進し破壊します。Drumma Boyが制作の「Lose My Mind」ではPliesが参加、このPliesもかなりの曲者でシャウトに近い断末魔フロウでベッタリと毒を撒き散らします。最後はやはりLil Lody制作の「Never Be The Same」で幕切れ、悪くはないけどちょっと消化不良な気持ちにさせられますね。

うん流石の仕上がり、なんだかんだで客演も(一時期ほどではないが)多いし、業界内でも信頼の厚いMCの一人でしょうね。これだけ旬のアーティストを配置しながらも、あくまで主役はYoung Jeezyでその焦げ臭いしわがれ声で全てを飲み込んでしまっています。ただ少しMCのゲストが多かったかなというのは気になる、シンガーのみを配置しても良かったんじゃないかなと。まあこれは完全に僕の好みの配置図だし、そうするとRick Rossと戦略も被ってしまうから、逆に10曲ぐらいで全部単独ってのがベストかな。あとはかなり多くの楽曲を手掛けていたLil Lody、これだけ多くの曲を任せるには少し一本調子で、物足りなさを感じましたね(苦言)。まあ色々書きましたが充分に満足できた一枚、僕は最近はRick RossよりもYoung Jeezyを応援しています(以前はどっちでもなかった)。多彩なMCとの濃ーーーい対峙を愉しむべき、切磋琢磨な豪華パーティー盤といったところ。余談ですが、結局は名前のYoungを取って“Jeezy”にしていたのは止めたのかな、簡素に“Jeezy”ってのもアリかなと思っていたんですが。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment