RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nicki Minaj「Pink Friday: Roman Reloaded」
nicki-minaj-debuts-vibrant-pink-friday-roman-reloaded-cover-art.jpeg

怪物と化してHip Hop界を食い荒らしているキュートな悪魔こと(褒言葉)、Nicki Minajの通算二作目となる『Pink Friday: Roman Reloaded』を御紹介。多くの客演で名を馳せて、満を持して放ったデビュー作『Pink Friday』も上々の出来で、次回作への期待を繋げたNicki Minaj。そんな中でなんだかサラリと発売をアナウンスされ、ちょっと前作の続編なミニアルバム程度のものかと思われた本作『Pink Friday: Roman Reloaded』、蓋を開ければ大容量の歴としたフルアルバムでした(陳謝)。本作はそのタイトル通り、NickiのオルターエゴであるRoman Zolanski(Nicki Minajとは双子らしい)に焦点を当てたらしいのですが、こういう話は難しくて僕には分かりません(素人)。
それでは簡単にいきます、膨大な曲数ですし・・・・・・まずはカトリックからバッシングされたパフォーマンスも話題となったBlackout制作の「Roman Holiday」で幕開け、もうスタートからドカッドカッと規則的に鳴るビートにジャングルチックなアグレッシヴなビートの応酬、その上を転げ回るようにラップし歌い上げるNicki Minajのクレイジーっぷり。続くHitboy制作の「Come On A Come」はうわずったゾワゾワ系のゴーストチックな電子音に乗せて、まるで聴き手を馬鹿にしたようなNicki Minajの歌フックが気持ち悪くも面白くなってしまう一曲。鍵盤一音をコツコツ叩き回してから上げて落とすというメロディラインを、延々と繰り返す事で余計に狂騒感覚を煽って病的な気持ちにさせる「I Am Your Leader」もHitboy制作で面白い。Nicki Minajだけでも手に負えないのに、そのうえクマ髭ボスことRick Rossはボムを落とすし、ヤクザな二枚目Cam'ronまで出て来てクールにやさぐれるんだから鉄壁です(卒倒)。洞窟内でポップする様な電子音の水滴っぽい響きがじわじわ浸透する「Beez In The Trap」はKenoe制作、売れっ子の2 Chainzも揃ってズルズルな悪どいラップで聴き手の感覚を引きずり降ろして次第に麻痺させるトラップチューン(霞)。Ryan & Smittyが共同制作した「HOV Lane」はとにかくウルサイぐらいにドカドカベタベタと電子音が四方に飛び散るバウンスチューン(揺)、Nicki Minajの人形チックに表情を硬くして無機質に進めるラップもオモロい。後ろで鳴り止まない警報みたいなビープ音と、その上からどっさり被さる硬質でハードな打ビートがヘヴィー過ぎる「Roman Reloaded」。引き金を引いて飛び出す凶弾みたいなNicki Minajのバンバンなフロウは尖っていて刺さりまくり、それを絶妙な塩梅で舐め回しまろやかさを演出するLil Wayneの奇怪な爬虫類フロウも抜群のスパイス。NasにDrakeにYoung Jeezyという種々雑多ながら正統派なMCで固めた「Champion」、T-Minusが制作したちょっぴりアジアンな滑らかさと鮮やかさが滲む麗しいオリエンタルメロディもかなり秀逸ですね(流石)。その色彩の緩やかな変調にあわせて巧者な男ども三人のフロウが流れる情景は圧巻の一言だし、それらを繋ぎ止めるNicki Minajのエモーショナルでしとやかなヴォーカルが艶やかでたまりません(夢想)。Andrew "Pop" Wanselが制作(Oakも関与)したぼんやりとカラフルなライティングシンセが眩く彩るドリーミーメロウ「Right By My Side」、ここではありそうでなかったChris Brownが客演参加。ここで驚くのがNicki Minajのポップヴォーカルの才能で、Chris Bownと並行して歌っていても遜色無し、フックでのマッタリとグラインドしながら曲線を描くロボットぽいカクカクしたヴォーカルも可愛い。M.E. Productionsが制作した「Sex In The Lounge」ではLil Wayneと共に、なんとあのBobby Vが参加するという飛び道具(嬉)。キラキラと眩く煌びやかな電子鍵盤音の跳ねるようなメロディに、Bobby Vの甘酸っぱくてフレッシュな歌声が響いて胸をキュンとさせる流麗ミッド、Nicki ManajもLil WayneもちょっとBobby Vに喰われ気味なほどに良い味出しています。RedOneにRami、Carl Falkが制作したシングル曲「Starships」は、波しぶきをあげるようにスプラッシュする電子音のウェーブに乗っかり、Nicki Minajのオバケみたいな奇怪キュートなフロウがサーフするホットなアッパー。最初この曲を聴いた時はそこまでピンと来なかったけれど、それも数回聴くとこのザッパーンと押し寄せて来るキラキラポップ感が心地良くなっちゃって。同じくRedOneにRami、Carl Falkが制作した「Pound The Alarm」も、ビカビカと派手に輝くシンセサイザーがジグザグに折れて交錯するテクノポップチューンで跳ね回ります。RedOneとAlex Pが共同制作した「Whip It」も電子音オンリーながらも、どことなくカリビアンな陽光温度なメロディラインが情感を生んでいる一曲で、それこそしなって打つ鞭みたいなNicki Minajの柔軟なフロウが冴えています。RedOneとJimmy Jorkerが共同制作したロボットサイバーな電光石火チューン「Automatic」も、その眩しいぐらいの明滅ライティングの中でNicki Minajのポリゴンチックなヴォーカルが機械的に旋律を奏でるキレキレのアッパーに。ドロドロと歪な曲線を描きながら垂れ落ちるシンセのメロディが毒々しい「Beautiful Sinner」はAlex Da Kid制作、ちょっぴりダークでソリッドなメロディにもNicki Minajのピンキーな歌声は違和感無くハマっています。久々のJ.R. Rotemが制作を担当した「Marilyn Monroe」は、繊細で綺麗なピアノ鍵盤のスルスルと解けるメロディに激しく弾ける様な打ち込みビートが絡んで、Nicki Minajの悲哀に満ちたドラマチックでエモーショナルな歌声が胸にジーンと響き渡る美しいバラード(感動)。Dr. LukeとCirkutが共同制作した「Young Forever」は、どこか和風な琴の音みたいな弦律がゆるやかに艶っぽく流れる華やかなミッドで、Nicki Minajの毒気の少し抜けたフローラルな歌声が素敵。再びAndrew "Pop" Wanselが制作を担当した「Fire Burns」も、すーっと消える様なミストラルな電子音がミステリアスでヒンヤリした感触を増幅させているスロウ。本作で最も異色なコンボとなったのが、あのBeenie Manを召還したKane Beats制作の「Gun Shot」。伸びやかで穏やかな温かいメロディはどこかJessie J「Price Tag」を思わせるライン、そのライン上をNicki Minajのふわふわと舞い落ちるようなタッチの花弁ヴォーカルが触れ、Beenie Manのトロピカルなヴォーカルが楽園感を加味させるナイスな合体技。本作からの先行カットとなったのがDJ Diamond Kuts制作の「Stupid Hoe」、四方八方にビートを散乱させて目まぐるしく暴れたビート重視のトラックは正にNicki Minajの独壇場(笑)。そこら中をビートでビシャビシャに汚しながら、眼をクルクルキョロキョロさせてモンスターチックにはしゃぐNicki Minajはハイテンションなのに冷徹。とここまでが本作の内容で、ここからはボーナス曲扱い。まずは既出曲ながらかなりエアプレイされた人気ぶりから必ず収録されると思った、David Guetta制作の「Turn Me On」。ゾクゾクする程にクールでスマートな四つ打ちのダンスビートに乗せて、Nicki Minajの急加速して突っ切るハイウェイにも似たヴォーカルがキレキレでやはりグッド。Dr. LukeとKoOol Kojak、Cirkutが共同制作した「Va Va Voom」もそのブンブンビートとどこか懐かしい70'sポップみたいなメロディがチープでキュート。Dr. LukeにBenny Blanco(要注目)とCirkutが制作の「Masquerade」もやはり懐かしい感触のエレクトロポップで、まったりと伸びやかスムージーなNick Minajの歌声がじんわり残ります。 

はいヤラレました、結局はNicki Minajが歌ってしまってもノらされてしまいました(撃墜)。何度かTwitter上では呟いたけれど、そもそもNicki Minajを普通のMCとして捉えていた僕が間違いでした(いや、元より狂人扱いしてはいましたが)。彼女は生粋のポップアイコンなんですね、下手すればRihannaに対抗できるぐらいのポテンシャルを秘めている気がする。Rihannaの尖っていてクールで研ぎ澄ました感性とはまた違って、まるで聴き手を無邪気に嘲りながら愛想を振り撒く暴れ回るという、およそ対極な立ち位置。なんだか喰われてしまうんだよなー、でなんだか心地良いという不思議さ。全体的に勿論やりすぎなんで、そこを好きになれるかどうか。もうNicki Minajにはこの路線を突っ切って欲しい(可愛)、と思っていたら次回作でいきなり方向転換してハードコア路線に立ち戻ったりして、そういう戦略的な一面もありそうで怖い(震)。リリースされた時期もちょうど良かった、これを冬に聴いていたらまたちょっと感想違ったかも。これから青空と海を見にドライブに出掛ける季節、きっとお供にしちゃいます(必須)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment