RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

SWV「I Missed Up」
swv-i-missed-us.jpeg

Coko、Taji、Leleeの三人で結成された“Sisters With Voices”こと、SWVの(クリスマス盤を除いて)通算四作目となる『I Missed Us』を御紹介。前作『Release Some Tension』から数えると、およそ15年ぶりとなる再結成アルバムという事で、巷のR&B愛好家が涙を流して歓喜している本作。それこそフロントマンであるCokoはソロ作を四作リリースしたりして順調にソロ活動していたので、もう再結成はないかなと思っていたので素直に嬉しいですね。しかしSWVのお三方が並んだこのジャケット、威風堂々と言いますか、みんながかなり体格ガッチリになって貫禄充分ですよねー(笑)。ベテランの大迫力でしょうね、凄いです(怯)。
それでは早速内容がどうなっているのか聴いてみますね・・・・・・まず本作の製作陣を眺めてみたところ、大半の楽曲をLambが制作しているみたいですね。そんなLamb制作曲から触れていきたいと思います、まずは冒頭を飾る先行シングル曲「Co-Sign」ですね。この先行曲からして失神したという方は多数だと思います、最初に硬くキックするビートとギュルギュル擦るスクラッチとオールドソウルマナーなタッチでたまらない(興奮)。そんなビートを縫って流れる煌びやかなで滑らかなメロディと、SWV三人の相変わらず甘酸っぱく胸キュンさせるハイトーンなハーモニーな絡んでくるナイス滑り出し。Big Kap & Fatman Scoop「Party Anthem Acapella」をベッタリサンプリングした昇天確実のアッパー「All About You」さえ、SWVの鬼キュートなヴォーカルで包めば爽やかでスッキリした後味の残るミントチューンに大変身です(魔法)。90年代の古き良きR&Bを彷彿させるキラキラとメロディアスでぐんにゃりグラインドする曲線が美しい「Show Off」、客演にはA.X.が参加。これは2012年のSWVの曲とは思えない仕上がりですよね、昔の曲だと言ってもきっと分からない、良い意味で予定調和な音色がキラキラ輝き降り掛かるミッドナンバーで落ち着きます(笑)。深々とひらひら舞い降りるピアノ鍵盤の繊細な音色がたまらなく可愛い「Everything I Love」、だんだんと熱を帯びて輝きも増幅する壮美なメロディ&ハーモニーの展開にぞわぞわと鳥肌が立ってしまいます(目眩)。Rufas feat. Chaka Khan「Do You Love Me」をサンプリングしたスッキリ軽快で華やかなアップチューン「Do Ya」は、客演にBrianna Perryを起用。ファンキーなんだけれどキュートでカラフル、骨太な筈なのにどこか華奢な滑走感がSWVらしい持ち味ですよねー(溺)。ポロポロと掻き鳴らすアコースティクギターの音色にジーンと心が馴染んで離れない「The Best Years」、どことなく昔のBabyfaceを思わせるような純真でクリアなメロディは透き通るようなSWVのコーラスにお似合い。部屋の片隅から見つかった想い出の詰まったオルゴールのような、懐かしくて心をギュッと締めつける艶やかな音色がたまらない「I Missed Us」も素敵過ぎる(涙)。まったりとシャボン玉のように光を反射しながら、ふわふわ浮かんで消えるSWVの歌声は優しく沁みる、眩しくて思わず眼を瞑ってしまうほどの輝きですね(誉)。「Better Than I」はヒラヒラと優雅に舞い落ちる電子鍵盤のささやかな響きが美しく、その影で妖艶にクネクネと曲がりくねるシンセメロディも綺麗。渋くてドラマチックな重厚感溢れるブルージースロウ「Keep You Home」も威風堂々の仕上がりで説得力たっぷり、これだけ甘酸っぱい声でもこういうダウナーなメロディも美しくこなすのが凄い。とここまでがLamb制作曲で、あとはそれ以外のProducer仕事。まずあのBryan-Michael Coxが制作した「Time To Go」は、ラインストーンを施したドレッシーな上品ミッドで、まるで絹擦れの音のようにしなやかでセクシーなメロディ展開でSWVの独壇場といった恰好。引き続きBryan-Michael Coxが得意のピアノ鍵盤をさらさらと弾き奏でる純度の高い純白スロウ「Use Me」も素晴らしい、美しいのだけれど寂しさや悲しさが随所に滲むそのメロディは繊細にして儚く、SWVの純真なコーラスが心の琴線に触れるどころか突き刺さるバラード(唸)。Ivan "Orthodox" BariasとCalvin "Ransum" Hagginsの名コンビが制作したのは「Love Unconditionally」も、キラキラと童話チックなベタな煌めき電子音にグングンと響くビートが絡んだ面白いドリーミーチューンでグッド。最後を飾るのはMichael "Big Mike" Clemons制作の透き通る様で芳しいフローラルなバラード「If Only You Know」、人肌ぐらいの温もりでほんわか曇った音色が優しくて落ち着きます(安心)。

たーまーらーなーいッ(快感)。何年経とうがSWVはSWV、ブランクなんて全く感じさせない傑作がまた一枚生み出してくれましたね(鳥肌)。一言で表せば安定感抜群、いや安定どころか物凄くテッペンまで登り詰めています。気付いたら僕はクリスマス盤も含めてSWV全作品を所持していました、自分では気付いていなかったけれど結構SWV好きで聴いていますね(笑)。しっかし、ここまでジャケットの重たさと内容のライトさが反比例しているのも珍しいですね(笑)。往年のファンを感動させたSWVはやはり素晴らしい、これからもずっと愛され続けるグループとして、また作品を出して欲しいなー(待焦)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment