RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Melanie Fiona「The MF Life [Deluxe Edition]」
Melanie-Fiona-The-MF-Life-album-cover.jpeg

CanadaはTronto出身のGrammy受賞シンガー、Melanie Fionaの通算二作目となる『The MF Life』を御紹介。物凄く気になりながら、前作『The Bridge』は近くのショップでは売っていなくて結局入手出来ないまま(涙)。その『The Bridge』は“52nd Grammy Awards”において“Best Female R&B Vocal Performance”にノミネートされるなど称讃を浴びました、やはり早く購入すべきでしたね(惜)。その後もJohn Legend & The Roots「Wake Up Everybody」に参加するなど、話題には事欠かないMelanie Fiona。やっとMelanie Fionaの作品を手に取れて、素直に嬉しいですね(期待)。このスッキリと清涼なジャケットも好印象、人の横顔ってなんだか不思議な魅力を放つんですよね。
それでは気になる内容をさらっとですが紹介したいと思います・・・・・・まずはあのNo I.D.が制作(ソングライトにはJohnta Austin)を担当した「This Time」で幕開け、客演には若手実力派のJ. Coleが参加。いかにもNo I.D.らしいジャキジャキと尖ってエッヂの聴いた弦リフチューンは最高にクール、Melanie Fionaのふくよかながらもタイトで骨太なヴォーカルも勿論グッドですし、J. Coleの澄まして斜めにキメるフロウもホットで巧い援護射撃に。ポトポトと滴り落ちる電子音の蛍火が儚げで妖しく美しい「4AM」、制作はRico LoveとEarl HoodとEric Goudy IIの三つ巴。最近流行のアンビエントな静寂&退廃的なメロディが艶やかで美しいスロウ、それこそ冷たい夜の空気を肌に感じて震える様なMelanie Fionaの歌声がドラマチックで、ひっそりと静まり返った部屋に時計の秒針の音だけが神経質に響き渡るような奥行きを感じる一曲です(絶賛)。No I.D.制作(ソングライトにJohnta Austin)の「Break Down These Walls」もハートの鼓動とシンクロして奏でられるピアノ鍵盤の煌びやかなミッド、ブルージーさもほのかに匂わせながら進行する燻し銀なテイストはやはりNo I.D.節。T-Minus制作(Vocal ProductionにNoah "40" Shebib関与)の「I Been That Girl」もやはり静寂の中にラグジュアリーな音を散りばめたアンビエントなスロウでたまらない、シルクのベッドシーツの隙間から除く女性の脚みたいなセクシーさと言いましょうか(説明下手)。ゆっくりじっくりと背中を伝う様なMelanie Fionaの色めいた歌声がたまらず骨抜き状態、ゆっくりと夢想の中へと垂れ落ちてしまいますね(溺)。「Wrong Side Of A Love Song」は久々の登場となるJack Splashが制作を担当、レトロヴィンテージなド渋いソウルチューンに拳の効いたMeanie Fionaの感情揺さぶる熱いヴォーカルが閃きます(直撃)。Salaam RemiことSalaamremi.comが制作の「Running」にはNasが参加、カチカチ叩く硬質なドラムビートに温かみのあるのどかな美メロディを紡いだエレガントソウル曲。そこにNasが絡む事でやっぱり曲がより引き締まる、Salaam Remi×Nasというコンボは鉄板ですものね(当然)。「Change The Record」はこれまた久々感のあるLos Da Mystroが制作を担当、客演には異色MCのB.o.B.が参加しております。跳ねるようにカラフルなメロディを飛び散らせる鍵盤音の鳴り、その空間を裂くように入るしなやかなビートと、やはりどこか先鋭的でメタリックなツヤを輝かせる刺激的なアッパーはLos Da Mystroの巧さ。しかもそこにメロディアスなB.o.B.のラップがザクザクと挟まる、幾度も繰り返し熱を放出するMelanie Fionaのカットフックも素晴らしい(病付)。Jay FenixとAndrea Martin(!)が共同制作した「Gone And Never Coming Back」は威風堂々たるMelanie Fionaの歌声に圧倒されっぱなし、燦々と降り注ぐ陽光のような眩いピアノ鍵盤曲は、純度がとっても高くて聴き手のハートをも透かすほどの神々しさ(感動)。再びJack Splashが制作したファンキーで微熱混じりのブルースチューン「Bones」、Melanie Fionaの咆哮が鼓膜にズシンと響いて離れませんね(魂揺)。Infinity制作の「Watch Me Work」も完膚なきまでに打ちのめすファンキーグルーヴで最高にホット、Melanie Fionaの歌声がこれでもかと力一杯に鼓膜を打ちのめしてくれます(一発K.O.)。ウクレレっぽい弦音とジャカジャカと小気味良く爪弾く、のどかで穏やかなトロピカルソウル「Can't Say I Never Loved You」はEspionageが制作を担当。またもやNo I.D.が制作し、今や盟友ともいえるJohn Legendが客演参加した「L.O.V.E.」はもう歓喜の声で全てを掻き消したい(幸福)。すべてを温かく包み込んでしまう二人のLoveに満ち溢れた、相性ピッタリなヴォーカルの溶け合いがミルキー、思わず口元緩んで微笑んでしまうようなスウィートさが滲んでいるカフェラテチューン(甘美)。T-Painのヒット曲「5 O'Clock」との一時間差を利用した続編的な「6AM」はT-Painが制作、これは遊び心たっぷりで素直にその要素だけでも楽しめる(笑)。のですがそこはT-Pain、やはり策士で器用、きちんとエフェクト多用させてロボチックメロウでいて艶っぽい色香曲にしていて、全く企画倒れしていないのです(感服)。普通ならば交わらないであろうMelanie FionaとT-Painという異質な掛け合わせがまた面白い、でもどちらもメロディを丁寧になぞっていて素晴らしいデュエット曲に仕上がっています(拍手喝采)。とここまでが本作の内容、ここからは“Deluxe Edition”のみ収録のボーナス曲ですね。まずはSham &Motesartが制作の「Rock Paper Scissors」、バンド演奏の躍動感がギッシリ詰まったハートフルなソウルチューンで奥深く汚れなし。「Can't Do This No More」はまたまたJack Splashという事で大活躍、どこかAlicia Keysっぽい仄暗さというか、ヒリヒリとした冷たさがメロディに滲んだミッド。「What Am I To Do?」もJack Splash制作なんですがちょっと毛色が違う、単調に組み込まれた鍵盤メロディにパチパチと光を放つ光ファイバー的なシンセがちょっぴりサイバーでカッコイイ。そんな中でふわりと翻るMelanie Fionaのファルセットが、なんだか余計に肌温を滲ませていて綺麗でドキッとする。最後はDwayne "Supa Dups" Chin-Quee制作のカリビアンテイストな「Like I Love You」、こういうトラックもそつなくこなすMelanie Fionaがカッコ良過ぎますね(痺)。

完璧に僕のハートを撃ち抜きました、見事の一言に尽きる(賛辞)。Kelly Rowlandは「Motivation」で暗く淀み漂うダークで優雅な美を演出、しかしそれを収録した作品『Here I Am』はその流れを上手く汲み取れていなかった気がしました(個人的見解)。そこのところ、Melanie Fionaは「4AM」も同じ様にアンビエントな空気感を漂わせながら、それも上手く組み込みながら素敵な一枚に仕上げていると思います(成功)。時期尚早かもしれませんが、今年発売の女性作品の中では群を抜いて好きな一枚かもしれません(認定)。全くダレずに最後まで堪能できました、とにかく抜群にセンスの良い作品だと僕は思います(溺愛)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment