RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Robert Glasper「Black Radio」
robert-glasper-experiment-black-radio.jpeg

Jazzピアニストであり作曲家でもある老舗“Blue Note”の新世代、Robert Glasperの通算五作目となる『Black Radio』を御紹介。僕は前作『Double Booked』からしか知らないので、あまりよくは知らないんですが取り上げます(苦笑)。JazzにGospelにHip HopやR&Bなどのエッセンスを織り交ぜた作風で一気に知名度を拡大、そのスタイルはやがてアコースティック志向の“Trio”とHip Hop & R&B志向の“Experiment”の2タイプのバンドを自身で構成。それを両立させたのが前作『Double Booked』、そして本作は“Experiment”名義での発表と相成りましたねー。前作はGrammyでも二部門にノミネートされ、本作も巷のコアな音楽ファンから早くも称讃されているみたいですね(伝聞)。
という訳でまたまたさらーっと水みたいな解釈を・・・・・・まずはShafiq Husayn(Sa-Ra)を客演に招いた「Lift Off」で幕開け、Robert Glasperの奏でるピアノ鍵盤をさらさらと流麗に流しながら、Shafiq Husaynらしいコスモファンタジーな電子音がカチカチと嵌め込まれたスマートな滑り出し。そして続く「Afro Blue」ではErykah Baduが客演参加、ホロホロと解れる様に柔らかなメロディ展開はまるで花弁が徐々に開いてゆく様な感触で悩ましく美しい。それもこれもErykah Baduのふんわりとほのかに芳しいフローラルなヴォーカルの成せる技かな、ゆったりと曲線的で穏やかな歌い口で身も心もリラックスしてしまいます(骨抜)。Lalah Hathawayによる「Cherish The Day」はそう、あのSadeの名曲の絶品カバー。元々よりSadeがJazzっぽい音質の楽曲を持つアーティストなんですが、かといってRobert Glasperの繊細にして緻密なピアノ旋律が重なれば、また違った質感になって色彩は全く別のものに(興奮)。またLalah Hathawayのふくよかで奥深い芳醇なヴォーカルが曲をぐっと魅惑的に仕上げていますね、少しハスキーで低めの声でブンブンと腹に響いてきますよ。「Always Shine」ではLupe FiascoとBilalという粋な二人を同時客演、静かにキラキラと輝きを放つメロディは湖畔の水面のような美しさ。そこに滑らかでクールなLupe Fiascoのラップがスリップし、Bilalが歌った途端に蒸せ返る程の情熱がじりじりと燃え上がるコントラストがたまらなく芸術的で素敵です(昇天)。「Gonna Be Alright(F.T.B.)」ではLedesiが客演参加、ポカスカと乾いたビートを刻むパーカッションと華やかなメロディ、それから麗しくもしなやかで強いLedesiの色鮮やかなヴォーカルが眩いミッドでやはり素晴らしいです(溜息)。Paris、Amber、Anitaの女性三人で構成されるKingを客演に招いた「Move Love」は、オーガニックで潤いたっぷりなメロディがぐんぐんとハートに浸透するミネラルウォーターみたいに透明度の高いソウルチューンでゴクゴク飲めます(水分)。Musiq SoulchildとChrisette Micheleというソウル愛好家ならば涎垂れ流すであろうコンボの「Ah Yeah」は、双方ともに歌うでもなく息を重ね合わせるようなメロディとの密着感がたまらなく官能的で、まったりとムーディーにとろける二人のハーモニーがチョコソースのように甘く香ります。「The Consequences」はこれまた通が喜びそうなMe'Shell Ndegeocelloが客演参加、途切れ途切れの吐息のようにふわふわと漂う彼女の歌声はもはや鍵盤の一部、ひらひらと天空から舞い落ちる羽根のような煌びやかさでもはや神秘的ですね(溜息)。「Why Do We Try」ではStokleyが客演参加、ちょっぴりデジタルノイズを加えたザラザラとした感触のエレクトロJazzといった感じで面白みアリ。「Black Radio」ではMos DefことYasiin Beyが客演参加、ドラムスビートでカッチカチに固めた攻撃的な礫トラックに乗っかりYasiin Beyが最高速度で駆け抜ける格好良さがたまらない(颯爽)。再びBilalが客演参加した「Letter To Hermione」はDavid Bowieの同名曲をカバー、これはもうバーの片隅でバーボンをちびちび飲みながら聴きたいブルージーなJazzで、やはりBilalの妖しさ満点な囁きヴォーカルが背筋をゾクゾクさせてくれます(失神寸前)。最後を飾るのはNirvanaを絶品アレンジカバーした「Smells Like Teen Spirit」でしみじみと幕切れ、こういうカバー対象の幅広さもやはりRobert Glasperの引き出しの多さに比例していますよね(屈服)。

僕はド素人なので詳しい事はよく分かりませんが、とにかく物凄くオシャレなんですよね(痺)。Robert Glasperの作品はよく何も考えず本を読み耽る時のBGMにしております(愛用)。前作同様にBilalが活躍していたのは筆者としては嬉しかった点、それも含めてかなり通でコアな人選もソウル愛好家に絶賛されている点かもしれませんね(憶測)。とにかくカッコイイ、“え?最近はそうね、Robert Glasper聴いてるかな”なんて会話したら大人でしょう(阿呆)。本作を気に入った方は、前作『Double Booked』もお薦めします、Bilalも二曲で参加していますよ。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment