RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Tank「This Is How I Feel」
Tank-new-album.jpeg

元アスリートという経歴を見事に立証する、鍛えられた完璧な肉体美を売りとする(?)Tankの通算五作目となる『This Is How I Feel』を御紹介。TankはUnderdogsに師事し、自身を含めJ. Valentine、Bob Newt、Lonny Bereal、Jerry "Texx" Franklinで構成されるProducerチーム“Song Dynasty”としても活躍していますね。とにかく執拗なまでに上半身裸で熱っぽく歌い上げるTankの歌声は絶品、男の僕でもかなり虜になっております(笑)。意外にもこうやって順調にリリースを重ねているTank、やはり支持が厚いのでしょうね。
それではさらっと内容を紹介していきたいと思います・・・・・・まずはVincent "Invisible" Watson制作でChris Brownを客演に迎えた「lonely」で幕開け、しかしChris BrownとTankはよくコラボしますよね(仲良)。キラキラと煌めくラインストーンみたいなシンセメロディに、ゆっくりとマッタリとスムージーな二人の歌声(Chris BrownがPliesみたいな声で吠えていたり)が溶け合うセクシーさが漏れ出ているスロウ。爪弾く弦音がスルスルと解けて消えてゆく「Your One」は、Troy TaylorとJerren "Jkits" Sqruillが共同で制作を担当。ふんわりフカフカとした膨らむメロディが煌びやかで美しく流麗、そこにTankのゆっくりじっくりと熱を帯びながらカーブするヴォーカルがすごく官能的で思わず身が悶えますね(骨抜)。新進気鋭のT-Minusが制作を担当した「Compliments」では、Tankに負けず男前なT.I.と女性シンガーのKris Stephensが客演参加。カチカチと硬質なビートを重ねながらもとても透明感のあるクリスタルでクールなスロウで、とても涼しげで繊細なKris Stephensの癖のない歌声もなかなかグッド。T.I.は相変わらずいちいちカッコイイですね、こういう静寂を基調としたトラックでもさらりとこなします。冒頭のTankの舞い上がる羽根の様なファルセットで一気に昇天してしまう「Don't Give Up」はTank制作、終始かなり際どく高いトーンで歌い上げるTankの歌声にはヒリヒリしてしまうし、それを途端に緩めてファルセットを繰り出されると、思わず吐息洩れるほどとろけてしまいますね(溺)。ピコピコとぼんやり滲んだ点滅信号音がこだまする不思議なデジタルミッド「Nowhere」もTankによる制作、なんだかコスモチックなクールで機械的なトラックがとてもカッコ良い。しかもBusta Rhymesまで登場(なぜだかクレジット記載無し)して、少し抑えめだけれどパンチの効いたタフなラップで余計にバキバキとポリゴンチックな角度が生まれて最高。「Off Your Hands」は要注目の若手であるKevin McCallが制作を担当、幾重にも織られたTankの骨太なんだけど滑らかで艶やかなヴォーカルのハーモニーが重厚に響く、少しダウナーでドロっとした感触のスロウで病み付き(飲込)。表題曲となる「This Is How I Feel」はDanjaが制作を担当、仄暗い空間でゆっくりと閃く熱を帯びたシンセが妖艶で、このスカスカで隙間の空いたメロウさはDrake風の造りかなと(憶測)。なんだかベッド一つしかないベッドの上で、抱き合いグラインドする男女のスロウで激しい感情の溶け合いとリンクする色っぽさが滲んでいます(意味不明)。今にも泣き出しそうなTankの微かに震えるようなヴォーカルが痛々しい珠玉のバラード「Next Breath」はTank制作、もう僕はこの曲が大好きで何度も繰り返し聴いています(感動)。このじわじわと体温を奪ってゆくような冷たい感覚、破滅的だけれどそれが綺麗さに通ずる悲しい輝き、Tankの真っ直ぐで淀みのない歌声が胸に突き刺さって涙となる、Tankのどこまでも深い歌声が聴き手のハートの痛みに共鳴する屈指のバラードです(傑作)。そしてそのまま流れ込む優しく穏やかで澄んだピアノバラード「Better Than Me」もTank制作、僕はこの曲もものすごっく好きです(称讃)。優しくそっと見つめる様なTankの柔らかな歌声に包まれる、厳しい冬を越えて迎える春の温かな花咲く景色を思わせる優美さに似た安息感。遠くで見守るという愛情もある、離れて余計に愛しくなる瞬間ある、なんだか色々な想いが胸を詰まらせて泣けてくる純粋なバラードですね(号泣)。そして最後を飾るのは透明感のある壮大で純朴なバラード「Lost It All」、制作はTroy TaylorとPatrick "GuiterBoy" Hayesが共同で担当。ストリングスやエレキギターなどの楽器演奏が美しく絡み合った圧巻のトラックは流石、なんだかとても晴れやかでスッキリと清廉なTankの歌声に救われるし癒される優しく温もり溢れる一曲です(感動)。

まずハッキリ言っておくと、僕は前作『Now Or Never』よりも本作『This Is How I Feel』の方が好きですね。色々な要素を混ぜつつ(つまり外部Producerを多く起用)も、少ない曲数と各曲のもつ雰囲気をきちんと統一させたスッキリ纏まった一枚で聴き易さ抜群。そして何より僕としては、「Next Breath」「Better Than Me」「Lost It All」の最後の三連続コンボが完璧に喰らいましたね、その三曲だけリピートして聴いている自分がいます。素晴らしい安定感と男の官能的美しさ、やっぱりTankの歌声が僕は好きな様ですね(虜)。


スポンサーサイト

Comments

お久しぶりです。
Tank自分も聞いてます。
甘く、セクシーで、ちょい悪でって感じで
大人を感じさせtますね。
自分は「OFF Your Hands」が好きで
結構繰り返し聞いてます。
にしてもこのアルバムはなんでこんな安いんでしょうね?
コメント有り難う御座います!
そうですねー、その曲も好きだなー、どれも素敵ですよねーーーー★そして本当に安い、前作も1000円以内でしたもんね。
どうしてでしょうか、全てがそれぐらいお買い得だったら、かなり買い占めるんですがね(笑)。
またブログ更新、楽しみにしていますよー★

Leave a Comment