RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

8Ball & MJG「Space Age 4 Eva」
Space Age 4 Eva 1

TennesseeはMemphis出身の強面ベテランのサザンラップデュオ、8Ball & MJGの通算六作目となる『Space Age 4 Eva』を御紹介。Rapデュオと言われてすぐと思いつくのは、やはりOutKastかUGKかなと思うのですが、僕はこの8Ball & MJGやM.O.P.なんかもすんなり思い出される程好きだったりします。8Ball & MJGもかなりのキャリアで、それこそ作品を出す度に違うレーベルを渡り歩いている印象が強いですね。本作はInterscopeから発表なのですが、その後はBad Boy SouthやGrand Hustleなんかに所属していた時期がありますね。僕としてはBad Boyに留まって欲しかったんですがね、なかなか相性も良かったと思うのですが。
まあ四方山話はこの辺で打ち切りまして内容に・・・・・・まずはMJGが制作を担当した「Intro」なんですが、イントロと言いつつもしっかりとした一曲で聴き応えアリ。Corey Woodardが制作を担当した「I Know U」は、キュイキュイと鳴るストリングスっぽい音に乗せてスピーディーで軽快な二人のラップがキリキリ舞いする一曲。「Thingz」はJazze Phaが制作を担当、そのJazze Phaに加えてXscapeよりTiny(T.I.の奥様)が参加しているというトリッキーな一曲。いかにもJazze Phaらしいどろっと弛んだ曲線メロディがゆるーく響くミッドで、8Ball & MJGの(良い意味で)猛々しいゴリゴリなラップを、へなちょこなJazze PhaとキュートなTinyの歌声が見事に中和し滑らかに仕上げています(魔法)。またもやMJGが制作の「Collard Greens」もピコピコと電子音がチープに犇めき合ってシンクロしあう、なんとも懐かしい単調な打ち込みが逆に面白い一曲。Thoroughが客演参加した「Pimp Shit」は再びCorey Woodardが制作、まあ特に目立った音使いもなくて退屈な一曲と言わざるを得ません(辛口)。「Back Bounce」ではDJ Quikが制作&客演で参加、極めて音数少なくチキチキと細かく刻む蟻んこビートの上を、巨漢な二人がのしのしと闊歩するラップが面白い薄味なバウンスチューン。女性シンガーPeachee Pを客演に招いた「Space Age 4 Eva」はMJGが制作、これもまー特にサイケデリックでもポップでもなく中途半端に感じてしまう一曲に。しかし続く「Pimp Hard」では“ぷはあーー♪”と吐き出す様な煙たくトロいフックがなんとも中毒性高い、Jazze Pha制作のフラフラよろめく様な酩酊シンセもなかなか味付けが濃い。「Boom Boom」はあのSwizz Beatzが制作&客演を担当、Swizz Beatzらしいミニマルでスカスカなんだけれど、バキバキとへし折る様な電子ビートの飛び跳ね具合がジグザグで気持ち良いアッパーでやはり面白いですね(笑)。「Always」はMJGが制作で、どことなく昔のソウル曲をサンプリングした様なメロディラインに宇宙的な光線シンセとギターリフを重ねたスペイシーな一曲。ブビブビと微振動しながら放つ電撃シンセが鼓膜を刺激するバウンスチューン「At Tha Club」はJazze Phaが制作、こういう単純にビートのみでヘヴィーなラップを落とし続けるのが彼らの格好良さを引き立てますね。「Jankie」は再びDJ Quikが制作を担当、ダークでソリッドな鍵盤音の連なりにスリリングな8Ball & MJGのラップが交錯する一曲。Corey Woodardが制作で、男性シンガーBilly Cookを客演に招いた「It's All Real」は本作唯一のメロウ。ゆっくりと解けるように展開するピアノ旋律と、Billy Cookの柔らかくフローラルな昇天ファルセットが心地良過ぎるナンバー。最後を締め括るのはSwizz Beatzが制作&客演した「Thank God」で、重たく鋼鉄チックな冷たさが鼓膜を刺す一曲ながら、それが重厚さといった箔に繋がっていないのが残念。

タイトル&ジャケットからも想像つく様に、電子音をふんだんに駆使したスペイシーなサウンドで固められていますね。しかしそれが巧く作用しているかというと微妙で、やはり8Ball & MJGはゴリゴリの泥臭いヘヴィー級なビートで突進した方が気持ち良いというのが本音(辛口)。Swizz BeatzやDJ Quikなんかも参加していますが、彼らも全く本領発揮していない気がします(惜)。まーでも8Ball &MJGを語りたいなら持っておくべき一枚、そんな輩が居るかどうかは定かでないですが(笑)。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment