RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tyga「Careless World: Rise Of The Last King」
Careless World_ Rise Of The Last King

“Thank You God Always”の頭文字を取って、Tygaの通算二作目となる『Careless World: Rise Of The Last King』を御紹介。あのGym Class Heroesの Travie McCoyとは従兄弟同士、Hip HopにRockを混ぜ込んだミクスチャー的なデビュー作『No Introduction』はセールス的にはさほど揮いませんでしたが、そこで共演したLil Wayneに見初められYoung Money入り。その後はChris Brownとの共演MixTape『Fan Of A Fan』も大好評を博し、満を持してのYMCMBからのドロップ。レーベル的にもTyga的にも絶好のタイミングで出された本作、スルーする筈がありません。
それでは非常に簡単に中身がどんなものかって話を・・・・・・まずのっけから“窓から見える輝く梅一輪”という日本語曲のフレーズが飛び出す「Careless World」で幕開け、Jess Jackson制作でサンプリングにOmni「Thru The Vibe」を使った柔らかで滑らかなスマート電子チューンは不思議な感触の壮美曲でドラマチック。The NeptunesのPharrellが単独制作&客演で参加した「Lil Homie」は、いかにもPharrellらしい涼しげでスムージーな電子音(そしてハーハー言う呼吸音)が蜃気楼のように揺らめくマッタリチューンで、Pharrellの甘ったるいだけの(褒言葉)ファルセットが昇天モノの一曲。Jess Jackson制作の「Muthafucka Up」ではレーベルメイトのNicki Minajが援護射撃、ヘンテコな声ループと太鼓音をベコベコに叩き上げてアグレッシヴなビート曲で、TygaとNicki Minajの短く切った単語帳みたいなラップがサクサクと突き進む痛快な一曲。Jess Jackson制作でBootsy Collins「I'd Rather Be With You」もネタ使いした「Do It All」は、ミステリアスながら妖艶なドゥーワップ調のハーモニーを背景に、Kanye Westみたいなビート&変声の乱れ咲きな硬質なトラックが魅力的で、そんな奇怪でぶっ飛んだ曲の中で極めて落ち着いたフラットなフロウを滑らせるTygaが非常にクール(興奮)。Big Seanが参加した「I'm Gone」は売れっ子Boi-1daが制作したスムージーでロマンチックな静寂が夜風のようなヒンヤリ感を纏うミッド、輪郭の掴めない幻想的でまろやかな電子音の中で微睡む、Tygaのベッタリしたラップが逆に鮮明に焼き付く(圧迫)。Jess Jackson制作の「For The Fame」ではChris BrownとWynter Gordonが参加、ゆったり間をとるストリングスの荘厳なメロディのウェーブに乗せて、シンガー二人の甘酸っぱく甲高いヴォーカルが眩い閃光を放つキラキラ曲。Key WaneとJess Jacksonが共同制作した「Potty Mouth」ではBusta Rhymesが参加、この曲はとにかく完全な二部構成なのが面白い。棘の立った漆黒の鍵盤音がグルグルと漂うダークなトラックでは身軽なTygaが舞い、スクリューを挟んで狂って悲鳴を上げるような鍵盤音がホラーチックな彷徨うトラックではBusta Rhymesがドカドカと鼓膜を殴打してきます(痛快)。Donte "Dnyce" Blacksher制作の「Faded」は真っ暗な洞窟内を探検しながら光る鉱石を探しているような、ふんわり輝きを放つ電子音が魅惑的で病み付き度高し、しかも援護射撃にLil Wayneが登場しヘロヘロながらエッヂのあるフロウで惑わせます(奈落)。DJ Mustard制作の「Rack City」はエイエイと煽る掛け声と三音だけで構築したダークな鍵盤音のループがシンプルなだけに危険、しかもTygaはどこかYing Yang Twins考案の囁きラップに近いスタイルでジワジワと鼓膜を浸食する曲芸を披露(毒冒)。David D.A. DomanとJess Jacksonが共同制作の「Black Crowns」はまるでDrakeみたいな振る舞い、すーっと空間に漂い充満するお香のような柔らかな感触の電子音が美しく妖艶、アンビエントなトラックに揺れる蠟燭の灯りみたいなJess Jacksonのヴォーカルも素敵ですね(溶)。キラキラと眩く明滅する電子音がネオンのように美しいカーヴィーなメロウ「Celebration」はCalvo Da Gr8が制作、しかもT-Painを客演に起用しよりブリリアントでラグジュアリーな高貴な一曲に仕上がっていますね(溺愛)。ヅカヅカと叩く太鼓ビートに滑らかでレイドバックしたアコースティックギターの爪弾きがセクシーな「Far Away」はJess Jacksonが制作、客演のChris Richardsonの澄み切ったハイトーンヴォイスもクリアで清涼感たっぷり。David D.A. Doman制作でRobin Thickeが客演参加した「This Is Like」もメルティでビターな高級チョコレートみたいな甘美さでグッド、吐息交じりにまろやかにとろけるRobin Thickeの歌声で意識が朦朧としますね(骨抜)。Arthur McArthur制作の「King & Queens」ではNasとWaleが揃って参加、こういうスウィートでシルクタッチなトラックでもNasの燻し銀でタイトなラップは恐ろしく映えますね(鮮烈)。J. Coleが客演参加の「Let It Show」は久々のCool & Dre制作曲、いかにも彼ららしいリラックスし切ったソウルフルでドライヴィンな軽快曲で爽やかで穏やか。Jess Jackson制作の「Love Game」はビートの雰囲気がKanye Westそのもの、真似とかではなくてなんか巧いんだよな。David D.A. Doman制作のフォーキーで乾いたメロディが哀愁漂う「Lay You Down」、Lil Wayneも参加しジワジワと温度を上げてゆく慕情系のメロディが沁みます。最後を締めるのはあのMarsha Ambrosiusが参加した「Light Dreams」でJess Jacksonが制作、サルサっぽいスパイシーでメランコリックな太鼓音が効いた艶やかでしっとりしたスロウに、Marsha Ambrosiusの芳醇で官能的な歌声がふんわり香るナイスなメロウ。

うーーーん、前作とは全く路線が違いますが、良いですね。やはりYMCMB繋がりもありDrakeっぽさはありますが、僕はこれはこれでナイスだと思います(馴染)。何より本作は大半の曲を制作した、英国出身の白人ProducerであるJesse Jacksonの功績がかなり大きいと思います。DrakeにとってのNoah "40" Shebibが、TygaにとってのJess Jacksonですね、この先の仕事っぷりが俄然気になるProducerですね(注視)。対抗レーベル(?)であるG.O.O.D.のBig Seanのアルバムより、僕は断然コッチの方が好きですが。YMCMBの勢いはやはり凄い、これ聴いた方は改めてTygaの1stを聴くとその振り幅がまた楽しめるかも。


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment