RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

En Vogue「Funky Divas」
Funky Divas

メンバーの端正なルックスと歌声から、雑誌“VOGUE”を名前の由来としている(らしい)En Vogueの通算二作目となる『Funky Divas』を御紹介。Cindy Herron、Maxine Jones、Dawn Robinson、Terry Ellisの四名で構成されるEn Vogue、元は“4U”というグループ名が候補に挙っていたけれど、他に同名のグループが既に存在していた為、En Vogueに決定したのだとか。本作の次の作品ではDawn Robinsonが脱退した為、オリジナルメンバー全員が揃ったアルバムというのは本作が名目上最後かな。このジャケット自体がなんとも雑誌のカバーっぽい、皆まだ若いです(笑)。
ではいつもの無意味なザックリした感想を書かせて下さい・・・・・・まず本作で全曲を手掛けるのは言うまでもなく、En Vogueの育ての親といえるThomas McElroyとDenzil Fosterの両者。まずはHip Hopっぽいファンキーで熱っぽい歓声で一気にボルテージMAXを迎えてしまいそうな「This Is Your Life」、トラックこそゴリゴリなクランプビートがバキバキ鳴るアッパーですが、En Vogueの面々の可憐で女性らしい麗しさ溢れるコーラスで一気に清涼感が溢れるナイス化学反応。続く「My Lovin' (You're Never Gonna Get It)」もジャカジャカブーンな喧騒ビートと涼しげな笛音がアクセントになったHip Hopテイストのアップ、ですがEn Vogueが所々で挟む滑らかで色っぽいコーラスが絶妙に効いていてひと味違います。冒頭に男性MCがラップを披露して滑り込むまんまタイトルな「Hip Hop Lover」とアップテンポが続く、En Vogueのハーモニーって本当に品があってお行儀が良いっていう印象。乾いたパーカッションがスカスカと鳴るバキバキなロック調曲「Free Your Mind」は打って変わり、En Vogueが入れ替わり立ち代わりで咆哮気味な閃光シャウトを繋げる強烈な飛沫アッパー。Timbalandっぽい泥臭くベットリした亜熱帯ジャングルビート(とは言ってもまだTimbalandが活躍する以前)が面白い変態ミッド「Desire」、こういうドロドロした電子音とベットリ濃厚なホーンとの絡み付きが、熱く焦がれるような肉感と密接に連なっていて濃密エロい(賛辞)。「Giving Him Something He Can Feel」は王道なメロウソウルバラードで、ふんわりと柔らかくスウィートなメロディが月明かりみたくロマンチックな輝きを魅せる一曲。硬質なドラムパターン一本を軸にEn Vogueがラップで繋げていくという異色の「It Ain't Over Till The Fat Lady Sings」も、バックでは始終En Vogueの絹のようにスベスベした耳触りの高貴で美しいコーラスがブレンドされていてやはり面白い。ポカスカ叩かれる打楽器音が軽快でマッタリな「Give It Up, Turn It Loose」も、オーガニックですんなり鼓膜に吸い込まれるナチュラルハイなグルーヴがもう病み付き度100%ですね(愉快)。「Yesterday」は御存知あのThe Beatlesの同名曲の絶品アレンジカバー、ピアノと軽快なビートを織り交ぜて、En Vogueの花畑みたいにカラフルで色鮮やかなソウルフルなハーモニーが輝く素晴らしいリタッチ。爪弾くギターとパチンと弾けるようなメロディが切なさを膨らませるミッド「Hooked On Your Love」も華やかで晴れやかなソウルチューン、なんだけどEn Vogueのハーモニーがやはりみずみずしくて後味はサッパリと甘酸っぱいんですよ。Jazzっぽくもありどこか不調和な音の混雑具合が変テコな気もしないではないガチャガチャアップ「Love Don't Love You」、四つ打ちの機械的なビート&メロディがまるでRemix仕様なディスコチューン「What Is Love」も突き抜けていて気持ち良い(爽快)。最後は神への感謝を綴ったアウトロ的な「Thanks/Prayer」でエンディング、アカペラとかしてくれたら嬉しかったんだけど。

『Funky Divas』と銘打っているだけあって、結構Hip Hop寄りアプローチの光ったアップ中心の構成ですかね。最近また再結成して(しかもきちんとDawn Robinsonも戻って来ている)活動しているEn Vogue、新作聴ける日がもしかしたら来るかも。まあ、あまり期待し過ぎずにこうやって昔のアルバムでも聴き返していましょうかね(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment